大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。
読者になる
住所
北区
出身
南区
ハンドル名
キタダハルキさん
ブログタイトル
大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。
ブログURL
https://kantanstresskaisyou.hateblo.jp/
ブログ紹介文
「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の」心理カウンセラーのブログです。会社頼みを脱却しつつ、余計なリスクは背負わない「無理のない生き残り方」をブログに綴ってます。
自由文
自分では仕事を頑張っているつもりなのに、なぜか仕事がうまくできない・つまんない…という会社員のあなたへ。上司と合わなくて抑うつ症を発症し、新入社員の座から9か月で逃げ出した落ちこぼれ会社員だった私でも、独立系心理カウンセラーへと転身するに至った、「会社に依存しなくても社会でやっていけるようになる」マインドについて、体験を交えてお伝えするブログです。
更新頻度(1年)

179回 / 313日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2015/05/04

キタダハルキさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 47,993位 39,681位 35,138位 35,197位 35,108位 35,084位 34,815位 975,639サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
転職キャリアブログ 108位 77位 61位 61位 61位 63位 64位 4,157サイト
転職・転職活動 32位 24位 19位 20位 20位 19位 18位 1,402サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 87,894位 975,639サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
転職キャリアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 162位 4,157サイト
転職・転職活動 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 45位 1,402サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,639サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
転職キャリアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,157サイト
転職・転職活動 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,402サイト

キタダハルキさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、キタダハルキさんの読者になりませんか?

ハンドル名
キタダハルキさん
ブログタイトル
大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。
更新頻度
179回 / 313日(平均4.0回/週)
読者になる
大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。
  • 仕事で「やってしまった!」ときにすぐ使える、シンプルな気持ちの切り替え方法。

    気づいたならば、とりあえずOK。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 仕事をしていて、一番落ち込むときって「うわ、やってしもた…」ってときだと思うんですよ。これに関しては、ひとり仕事をしていると余計にそう。誰も取り返してくれないですしね。 だからこそ、こういう状況であんまり落ち込んでしまうと、気持ちが萎え過ぎてしまうんですよね。すると、どんどん悪い方向に行ってしまいます。失敗が怖くなりすぎて、マジで何もしたくなくなり、そういう「気分」だけではとどまらずに、本当になにもしなくなる、できなくなる…これではさすがにどうしようもありません。 そこで、今回は「やってしまった!」という状況に…

  • 「サザエさん症候群」に追い込まれないために実際に役に立った考え方とは。

    「サザエさん症候群」に悩んでいるあなたへ。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 さて、休み明けとかが近づいてくると厄介になってくるのがいわゆる「サザエさん症候群」。念のためサザエさん症候群がどんなものかをwikiを利用して説明すると… 主に学生や会社員など、月曜日から学校や勤務が始まる人に起こりうる症状とされる。ごく軽度のうつ病の一種とする説もある。ただし、夏休み中や冬休み中などの長期休暇の場合は翌日の月曜日も休みのためあまりなる人がいないこともある。 世界的にはBlue Monday(ブルーマンデー、「青の月曜日」)と言われ、休日明けの物憂い月曜日として広く認識されている。 要…

  • そこにいた私は、私であって私でなかった。~就職活動で、私は一度死んだ。

    あなたは今、「あなた」を生きていますか? こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 私、抑うつ症になったことで様々なことを学んできたんですが…その中でも大きかったのが、知らず知らずのうちに自分が「ブレている」ということに気づいたことでした。 思えば、大学を卒業するまでは、自分を基本的に曲げずにやってきたんですよ。例えば、受験とかは失敗したとはいえ、言うても行きたい大学に行きましたしね(もっと言うと、もう勉強頑張りたくない!が本音だったw)。だからこそ、楽しい生活を送っていけたし、今にも繋がっていく「自由」なライフスタイルの基礎が出来上がったんだと思います。 ところが、この「自由」なマイ…

  • 「本音では会社を辞めたいのに、結局続けてしまっている…」これを止めたいときに読む記事。

    本当は、会社を辞めたいのに…? こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 仕事を続けるか辞めるか、ってなったときに本音は「辞める」に傾いているにも関わらず「続けてしまう…」という方、結構いますよね。ちなみに、こういうケースは私のカウンセリングでは「意外と少ない」です。私自身、本音からズレた行動を推奨しませんからね。 ※一方で仕事を辞めそうになっていたけど、続けたかった!という本音を発見する方はいます。こういうケースなら、もちろん仕事を続けていく方法を探していきます。 ただ、正直なところ「自分の本音」って意外と分からないことが多いんやろうな、とも思っています。それこそ、上で書いたようなケ…

  • 仕事に対して「厳しすぎる」と、かえって迷惑をかけてしまうという話。

    仕事に厳しく、意識が高いのは「立派」ではあるけれど… こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 私のところに相談に来て下さる方はホント、ありがたいことに「意識の高い」方が多いんですよね。仕事に対する姿勢は真面目ですし、どうすれば職場環境が改善していくのか、そういう視点まで持って仕事に取り組んでいる方もとても多いんですよね。 ただ、その一方で気になるところもありましてね。その気になる点っていうのが、あまりにも自分に厳しすぎる、ってことが多いんですよ。傍から見たら「ちょっとした」ことのように感じるし、おそらく周囲もそのように考えているであろうことも、許すことができずに落ち込んでしまったり、…

  • 「どういう助けられ方」をすれば、生き残りやすいのかを考えてみた。

    生き残るには「助けられ方」が大切。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 起業してから早7年。おそらく何度も言っているとは思いますが、私は華々しい経歴があるわけではなく、むしろ人に助けられまくってここまでやってきています。(この記事なんて、その典型例) kantanstresskaisyou.hateblo.jp ただし、この「助けられまくって」ということって、案外大事なことなんじゃないかと思いましてね。というのも、起業ってピンチの連続ですからね。お金だったり、人間関係だったり…大きめのピンチをなんとか「助けられながら」乗り越えてきたからこそ、いまこうしてブログを書いていられるわけ…

  • 会社を辞めるか辞めないかは「プライド」だけで決めちゃいけないと思う。

    時には、こういう姿勢も必要です…。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 私、会社を辞める前はめっちゃくちゃプライドが高かったんですよね。 恥をかきたくないから、人にわからないことを質問するのも抵抗があったし、できる限り頭を下げたりしなきゃいけないようなこともしたくなかった。でも、それじゃうまくいかんかったのは以前コチラの記事でもお話しした通りです。 ★参考記事 kantanstresskaisyou.hateblo.jp で、このプライドを維持したまんまだったから、仕事がどんどんできなくなっていったわけなんですが…それを強制的に捨てなければいけないタイミングが訪れたんですよね。今…

  • のん気に「自分に合う」形でやっていけば、結果は勝手についてくる。

    のん気にやってる方が、うまくいく。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 最近改めて思いますが…ほんっと、私はのん気やなぁと思います。ブログの更新ペースも正直全然大したことないですからね(笑)。マイペースに「やりたい」と思ったことをやって、「やりたくない」と思ったらやめて…その繰り返しで生きています。 当たり前、ではあるんでしょうけど…カウンセラーの仕事を始めたてのときはそりゃぁもう、やることだらけで忙しかったんですよね。知識不足を補うための読書だったり、ブログも認知のためにドンドコ更新して、PRのためにお茶会の開催をしたりも…。 で、そのころと比較していま、どうかと言われたら…今…

  • 私は「自分が使えない人だ」と自分で思ったから、会社を辞めた。

    私が、たったの新卒9か月で退職、という大きな決断を下した理由をお話しします。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 私が、会社を辞めるという決断をするまでは早かったんですが、そっから実際に行動に移すまでには、当然ではありますが時間かかりました。抑うつ症を発症した瞬間、「辞める、もう限界」って気持ちは強かったものの、この程度でやめていいものか…というように、なんか「道がふさがる」ような感覚がありましたから迷いました。 これは、会社員という立場を手放した後のことが想像できないというところが大きかったです。とにかく、会社を辞めるという体験自体が当然ながらなく、周りに私より早く会社を辞めた…

  • 調子が悪いときは、ほんとに少しでいいから素直に仕事を休むが吉。~結果的にその方が仕事も早いよ、というお話。

    調子が悪いときは、素直に、調子が悪いでOKなんですよ。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 今日のテーマは、仕事を安定してこなすために重要な考え方ということでお話ししていきたいと思います。 私の業界は、心を扱う業界。そして、私はカウンセラーとして活動している以上、自分自身の心の安定感は欠かせないものです。ただ、正直なところ同業者の話を聴くと、おいおい、大丈夫かいな…と思うことも結構多いのが実情です。カウンセラーとしてそこそこ食っていけるようになるまでには時間もそれなりに必要なこともあり、むしろその状況に心を病んでしまって脱落していった同業者も数知れず…コレ、おかしいでしょ?医者の…

  • 「怒った」ことを後悔しないために、必要な「覚悟」の話。

    怒ったことを、後悔しないために… こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 しまった、言い過ぎた…カッとなり過ぎた…。 仕事を教えたり…という立場になったら、よくあるシチュエーションですよね?怒り過ぎてしまった、って思ったとき、「怒りの言い訳」が登場します。 怒りの言い訳とは、真っ当っぽい理由を探して、怒りを正当なモノとして相手に認めてもらおうとする心の動きです。ただ、この「怒りの言い訳」、ホント、ヤバいです。正直なところ、やってしまうと人間関係が一撃でブッ潰れることも珍しくありません。 では、どうヤバいのか、具体例を交えてお話ししたいと思います。

  • 「ダメな時に一緒に居てくれたとしても」、実は残しちゃいけない人間関係もある。

    そういえば、あの人がいるときの私の状態って…。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 よく巷では「ダメな時に一緒に居てくれる人は大事にしなさいよ」みたいなこと、言われてますよね?確かに、ダメな時でも一緒に居てくれる人は、特に会社を辞める、とかそういう話になったときには非常に大事になってきます。少なからず、自分自身リスクを背負うことになりますしね。 ただ…私は正直この「ダメな時うんぬん」の考え方、不完全だと思っていましてね。 というのも、「ダメな時に一緒に居てくれたとしても」残しちゃいけない人間関係もあるから、なんですよね。今日はそのお話しを…

  • 私は「自発的に」働きたかったから、会社を辞めた。

    会社を辞めた一番の決め手は、これができないのがわかったからでした… こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 今日は、私が会社を辞めよう!と腹が決まった最大のきっかけについてお話ししたいと思います。 正直な話、就職活動を人の二倍以上の期間取り組んで、せっかく入社した会社を一年足らずで辞めるっていう判断は、普通ではありえないと思います。それ相応に苦労してきたわけだし、しがみつく必要があるんじゃないか…そんな思いも過ぎったりしました。 以前お付き合いしていた方と、三年は辞めるな!っていう約束も交わしていましたしね。(この記事でもお話ししましたかね) kantanstresskaisyou.…

  • 「自分と向き合う」って、どういうこと?

    わかりやすい、自分との向き合い方。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 カウンセリングを受ける受けないに関係なく、自分の問題を解決していこうと思ったら必ず出てくるのが「自分自身と向き合う」時間。当たり前ですけど、自分の問題ですから、自分自身の中の問題を片づけていかないと現状が変わっていかないんですよね。 ただし、この「自分と向き合う」って、どうもうまくいかないケースも多く目にするんですよね。 どううまくいかないか、というと…自分の抱えている問題を真っ直ぐ見ることができなかったり、はたまたその問題を誰かや何かに責任転嫁してしまったり…ってことが起きるケースもよう見ます。 そこで今日…

  • まずは、仕事ができないと「口にする」のを止めてみよう。

    仕事ができない、と自称する必要なんてない。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 私自身、会社員時代のことを思い返した時に今思うともったいなかったな、と思うことがありましてね。 そのもったいないこととは、自分自身を「仕事ができない」と自称していたこと。 実際問題、たしかにあの当時の状態を、私は「仕事ができる」とはよう表現しません。数字上も、メンテナンスで仕上げた数は少なかったし、なおかつやり直しになる回数も多かったし、もっと言うとやり方を間違える回数も多かったわけでね。 ただね、ここで「仕事ができない」と自分で烙印を押したことが余計にアカン流れを生んだ、と言いますかね…。今日はそん…

  • 尊敬を「卑屈」にしないために。~エライ人との対面で緊張し過ぎないコツ。

    尊敬している人の前だと、萎縮や緊張がヒドイというあなたへ…。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 あなたには、「尊敬」している方はいらっしゃいますか?おそらく、一人ぐらいはいると思います。私もパッと思い浮かべて、5人くらいはいます。 突然ですが、ここで、その「尊敬する人」にまつわる、簡単なイメージをしていただきたいと思います。 ★イメージワーク あなたの尊敬している方と、会話のシーンを思い浮かべてください。相手とどのような会話をするのか、など詳細に思い浮かべてみてください。 …いかがでしょう? おそらく、大半の方は緊張したと思います。そして、思ったことをイメージの中であっても上手…

  • 「違和感」を無視せず見極めることが、あなたの身をたすく。

    「違和感」こそが、身をたすく。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 うーん、なんか違う。 違和感って、生きていたらそこかしこで感じますよね。大小さまざまですが。ただ、その時に何も意識しなかったら、その違和感は無意識の中に埋没していきます。 ただ、これが何回も起こってくると、だんだん「大きな声」になってくるんですよね。つまりは、自分自身の意識の中で、「違和感」が支配する領域が大きく広がってくるってことです。 この感覚、なかなかに不快なことが多いかと思います。 特に、違和感は「慣れていない」感覚がベースになるので、モヤモヤとか、ザワザワとか…そういった感覚が身体のパワーを減衰させるこ…

  • 上司が「無能」だと思ったときに、自分にやりたい「問いかけ」の話。

    上司が「無能」だと思うなら…。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 今日は職場の悩みの中でも「言いにくい」悩みの代表格である、上司が無能で困っている…ってなケースについてのお話ししてみたいと思います。 正直に言いますが、私が以前勤めていた会社の上司に関して、無能だと思っていました。自分で出した「指示出すまで待ってろ」指示を忘れて「お前なんでここにおるねん!」って恫喝するように言われたときは頭かち割ったろか、とホンキで思ってました(だから精神科にかかろうと思ったのもある)。 では、このときに私はどういう行動を取ったのか。実体験を踏まえてお話ししたいと思います。

  • ネガティブが、自分の道を軌道修正してくれたという話。

    ただ「打ちひしがれる」ことがしんどくなってきたら… こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 「なんでこんな目に遭ったんやろ…」 私が抑うつ症を発症したときは、どうしても、こんな風に考えてしまうことがありました。一応、きちんと勉強してそれなりの大学に行き、戦力として期待されて入社したはずなのに、今はベッドの上でただ、時間が過ぎるのを待っている…。 こういう状態は本当にきつかったです。このように、その場で打ちひしがれることは当然あることですし、悪いことでもありません。むしろ、冷静に捉えるためには必要な段階。もっとも、そのように気づくことができたのは、あくまで「治ってからしばらくしてのち」…

  • せっかく「いいこと聞いたのに、やらない症候群」からの脱出方法。

    ナメてかかると、痛い目見ますぜ。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 シンプルですが、紙にペン等で書き出すことってモヤモヤしたときにかなり効果があるんですよね。ほんでコレ、たぶん以前にも言ったことがあるかと思います。(詳細は以下の記事をご覧くださいね) 書き出して、出来事に向き合おう。~冷静な気持ちを簡単に取り戻す方法。 - 仕事のストレスって、意外と簡単に消えていくんですよ。kantanstresskaisyou.hateblo.jp では、なぜ今、改めて言う必要があるのか…理由はシンプル。やらへん人が多いから。それだけです(笑) 正直な話、書くのが大事ってことを、聞いたことが…

  • 「私の人生、なんか同じ問題ばかり起きてる気がする…」と思ったら読む記事。

    「本当に、それでエエんか?」 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 私自身、いま…というか、ずっと気を付けていることがありまして。それは、同じような問題を繰り返さない、ということ。その理由は単純で、私自身がものすごくテンションが下がる&そういう人を見るとガッカリしてしまうから。 ただね、ぶっちゃけた話、いま私が言うたようなタイプの人が好き、って人はまぁいないと思うんですよ。要は進歩しない人、っていうことだし。その「進歩しない期間」が長くなればなるほど、当然ながら信用も失っていきます。リスクになりますからね。 それでも、この「同じような失敗を繰り返す問題」って、非常に起こりやすいんで…

  • いくら正しかろうが、納得できてない話は聞かんでいい。

    正しいことって、聞かなきゃいけない? こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 カウンセリングをしていると、結構よく聞かれることがありましてね。 というのは「○○さんは△△って言ってましたけど、馴染めなくて…」ってなこと。つまるところ、その通りにやらなきゃいけないんでしょうか、みたいな話ですね。 こういう聞かれ方をした場合、私が答えるのはただひとつ。 「やんなくていいですよ。馴染めないなら。」 これは、その方法が正しくても、そういう答え方をします。今日はその理由についてお話しします。

  • 全力でやらなくても、仕事はうまくいく。~八割でも、毎日続けられるなら誇っていい。

    全力でなくても、続ければOKなんです。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 私が抑うつ症を引き起こした背景は、仕事のストレスだけではなくて…気質的な問題もあったんですよね。その気質っていうのが、とにかく「一日一日を全力で駆け抜けようとしすぎ」だったところ。 いやね、楽しかった時はよかったんですよ。その方がより「濃く」一日を感じることができて、充実してましたから。特に、大学時代は音楽に打ち込んで本当に本当に楽しかったんで、すべてを全力でやってましたよね。 だったんですけど、これが社会人になると、ね…。まったく気を抜けず、手も抜けず、それなのに仕事ができるようにはならず…っていう三重…

  • どういう気持ちで、サプライズをするんや?ってこと。~頑張りが認められなかったときに読んでほしい記事。

    「やり過ぎ」「頑張り過ぎ」と言われて、傷ついたことがあるあなたへ。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 私、今振り返ると、率直に言って「頑張ること」が大の苦手、っていう感じでずっと人生やってきてましてね。なんというか、真面目にやってるつもりなんだけど、頑張り切れないというか。受験然り、趣味然り、いつも「ちょい手抜きっぽい感じ」になっていたんですよね。そんで、これがコンプレックスでもありました。なんで、自分は頑張れないんだろう、頑張れば成果を出せるはずなのに…。こんなことを常に思っていました。 だから、それこそサプライズやらなんやらと、特別な場を演出できる人がすごいなぁ、と思いつつ…

  • 「ネガティブガン見」のススメ。~ネガティブ思考は、徹底するのが一番抜けやすい。

    ネガティブ思考になるなら、いっそ徹底的に。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 心理カウンセラーって仕事をやっていても、ネガティブな気持ちになることはあるんですよね。体調が微妙だったり、ストレスがかかる案件があったりすると、どうしても不安定な気持ちが顔を覗かせることはあります。もちろんですが、これ自体はまったく悪いことだと思ってはいなくて。当たり前にある「人間味のひとつ」だと思います。 ただ、ネガティブをどう処理するかっていうので結構評価が分かれてくるよなぁ…ってのは思うんですよね。いつまでも処理できないと、やっぱり「いつまでやっとんねん!」みたいな気持ちが出てくるのもこれまた摂…

  • 自信をつけるために、「捨ててはいけない」プライドってあるんですよ。

    プライドには、捨てちゃいけないモノがあるんです。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 プライドで、飯は食えないー。 こういうフレーズ、聞いたことありませんか?よくある「ビジネスマガジン」みたいなヤツに、こういう論調の記事やらを書いている方も多いため、プライドは「要らないモノ」もとい、あっちゃいけない、ぐらいに捉えている方も多いと思うんですよね。 ただ、私はそうは思っていなくてですね…。私は、プライドにもいわゆる「陰と陽」があって、要るプライドと、要らないプライドがあると考えているんです。 では、要るプライド、要らないプライドとは、それぞれどういうものなのか?以下で詳しく説明してい…

  • 苦手な人との仕事のストレスをカンタンに「軽減」できる方法とは?

    苦手な人は、苦手だけれど… こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 仕事でよくあるイヤーなシチュエーションとして、「苦手な誰かと組んで仕事をする」っての、ありますよね?言うまでもないですが、これが苦手という方が大半だと思います。私自身も、いわばこのシチュエーションで気持ちを病んでしまって抑うつ症を発症したので、ぶっちゃけ、できることなら避けたい…って気持ちはあります。 そんなこともありますので、この苦手を克服するのは絶望的だと思っている方もかなりいると思います。実際問題、私もいまだに「得意」かと言われたら、そんなことはないんですよね。ストレスは溜まりますし。 ただ、少しでもこのストレ…

  • 「人に頼るという選択肢」さえ頭に入れておけば、意外と生きていける。

    意外と生きていけるから、恐れなくていい。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 今さっき、このブログのアクセス解析を確認していたんですが…検索キーワードの中に「意外と生きていける」ってのがありました。率直に、うれしいですね。伝えたいメッセージのひとつですしね。 ついに先日、私は抑うつ症克服7周年を迎えました。これは、私自身が会社に所属する以外の道で生きていくぞ、と決意した日と重なっていて、私にとってとても大事な一日です。その当時はなんだかんだで会社という形に戻ってしまうのかなぁ…とかも思いましたけど、気づけば7年。それこそ小学校を卒業できるぐらいの年数経ったのかと思うと、結構感慨深…

  • 考え事なんて「今日、何を食べるか」ぐらいでじゅうぶん。

    一日が、なんとなく短く感じてしまうというあなたへ。 こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 最近の私は、だんだん一日が長く使えるようになってきたなぁと感じています。というのも、以前はどうしても深夜族⇒朝遅い⇒寝れない⇒それはアカンと思って早寝しようとする⇒うまくできずに結局徹夜⇒…以下略 こんなリズムを持っていたのもあって、一日がなんとなくとても短くなってしまうことが多かったんですよね。 で、それが最近は、わりと「一日が長いなー」と思えるというか。お菓子作ったりパン作ったり、家事をしたり仕事しながらも、それでもなおまだ、やりたいことに費やせる時間があるな、って思えているんですよね。 …

  • どう転んでも、起こる未来は自分が選んでいる。~「就職」に必死過ぎて、「仕事内容」にまで気が回らなかった私の失敗談。

    就職したら、どっかでゴールだと思っていましたね… こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。 今日は、ピンポイントに前職時代のお話しをしたいと思います。 私、仕事がイヤになった理由の最大要因はもちろん上司との不和なんですけども…実は、もうひとつ大きな理由があったんですよね。 それは、「苦手」な仕事内容だった、ということ。 当時私がしていた仕事は、機器のメンテナンスと、配送。図画工作・家庭科といった手先系の教科が大の苦手だった私には、メンテナンスは毎日が「図工・家庭科」のような不快さがありましたし…配送も、運転での事故歴がある分、相当大きなストレスを抱えながらやっていました。そんなある日の…

カテゴリー一覧
商用