searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

くるくるドーナツさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
くるくるドーナツ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kawanishi-yoshida
ブログ紹介文
スローな日々の気ままな日記 てのひら美術館
更新頻度(1年)

1回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2015/03/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、くるくるドーナツさんの読者になりませんか?

ハンドル名
くるくるドーナツさん
ブログタイトル
くるくるドーナツ
更新頻度
1回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
くるくるドーナツ

くるくるドーナツさんの新着記事

1件〜30件

  • 手味人展

    11月30日(土)から12月2日(月)まで、日生中央の阪急サピエ1階の一部をお借りして年1回行っていた手味人(しゅみじん)展を行いました。今年で9回目。たいていは20人前後の参加者ですが、今年は17人がそれぞれの作品を持ち寄っての展示。私はイラストとマンガで参加。この企画の発案者は武井さんという方で、以前ご自宅をリフォームしてご夫婦で「ルポ」というカフェを営んでおられました。私はそこのパンフレットなどをつくっていました。客はクリエイティブな方もたくさんおられましたた。上の写真はルポの室内おしゃれな感じのお店だったので、遠くから来られる客もいました。この「手味人展」はもともとこの店の客とその知り合いの方で始まったものです。来年で10年を迎えます。ここらが引き時かと、来年で最終になるかも。手味人展

  • 元町へ

    年友人のF・優さんが神戸元町で1日だけの展示即売会をするというので、さっそく時間をとって会いに行きました。1階がポレトコという小物雑貨を扱っているお店。その入口の横にある小さな階段を上がっていくと、画廊になっています。もう閉店間近でしたので、奥様と娘さんの3人で展示品を片付ける準備をしていました。片付けおわるころに若い女性二人が入ってきて「もう、終わりですか」と寂しそうな顔をしていたので、優さんがまたバッグから一部を取り出して並べたのが上の写真。サンタさんの一刀彫。帰りは元町の商店街を少し抜けたところにある、小さな焼き鳥屋さんで食事をしました。私は最寄り駅の駐車場に車を置いてきているので、お酒は飲めません。焼き鳥、手羽先、シシャモと出されるものは本当においしかった。今日お会いするのは6年ぶり。私は優さんの左隣に...元町へ

  • りんごジャムだよ

    なんか久しぶりのアップなので、アップの仕方をすっかり忘れていました。手こずりながらのアップです。リンゴが安くなっていたので、ジャムにしました。単に瓶に詰めるのは面白くないので、ダイソーで小さな瓶を購入してシールを張りました。冷凍保存すれば、何カ月ももちますがご近所にお配りしました。ジャムにする果物は安物で酸っぱいもののほうが酸味も残って美味しいジャムができます。完熟のものはジャムにするより、そのまま食したほうがやはり美味しい。季節も春から夏に向かうというよりは、春と夏が混在してやってきているようで身体がなかなかこの気まぐれな陽気についていきません。一年前につくった梅酒も今が飲み頃で、美味しくいただいています。少し琥珀色に色づいて大人の飲み物という感じです。あたりまえだけど。りんごジャムだよ

  • 梅酒

    この夏、知人から梅酒の漬け方を教えていただいて自分でも漬けてみました。家に大きめの瓶があったので、その大きさに合った量の梅酒を漬けました。約3リットル弱。正確には2.7リットル。お酒はあまり呑むほうではないのですが、その知人からいただいた梅酒があまりにもおいしかったので漬けてみようという気持ちになりました。大人の味?がするサッパリとした美味しい梅酒でした。半年たったので、瓶の中の梅だけを取り出しました。梅酒はほんのりとした琥珀色になっていました。あと半年寝かせておくと更においしくなるそうです。梅は少し黄色く色づいたものを購入して、氷砂糖も控えめにするのがこの美味しい梅酒をつくるときのポイントです。少し飲んでみましたが、旨い!半年後が楽しみです。  梅酒

  • ウー寒い

    この冬は、ほんとううーに寒い。毎年12月にストーブを出すのだけど、今年は11月から出している。こたつもあるけど、だらけるので出さないことにしている。10月まで暑い日が続いていたので、扇風機をしまったついでにストーブを出した。暑い夏が終わって寒い夏になり、そして冬がやってくる。秋がどこかへ、行ってしまった。なんか世の中、間違っている。丹後半島伊根の高橋さんも元気でやっておられるのだろうか。別件で缶バッジを作ったついでに、なまこドンの缶バッジも作って高橋さんにお送りした。  さっそくお礼のお電話をいただきましたが、なにせラインスタンプが約束の数に至っていないので、私も高橋さんに対しては肩身が狭い思いをしている。最近は10点程度でも受け付けているらしいのですが、なにせ40点作ると大見栄をきったので作るほかはない。1年...ウー寒い

  • 空堀童話会

    童話作家の藤田冨美惠さんから本「笑いの変遷」が届く。藤田さんは初期漫才台本作家秋田實(あきたみのる)さんの長女。「笑いの変遷」は藤田さんご家族の評伝を記したもので、中央公論社から上梓したもの。漫才に関心のある方には、貴重な資料も含まれているということです。まだ、全部を読んでいませんが楽しませていただこうと思います。藤田さんとは15年くらいのお付き合い、と言っても藤田さんが朝日カルチャーで童話を教えておられた生徒さんたちと作っていた冊子のお手伝いをデザインの面で私が参加していたというものです。藤田さんと知り合ったきっかけというのは、長くなるのでここでは割愛させていただきます。その冊子「空堀から童話を書く」も藤田さんがある程度目的を達したということで5年ほど前に廃刊。その後、賀状挨拶だけのお付き合いになりましたが本...空堀童話会

  • 息子帰省する

    息子が休暇を取って帰省しました。30を過ぎていますが、結婚の予定はさらさらなさそうです。魚の旨いのが食いたいというので、今日は日本海のほうに車で日帰りで行ってきます。我が家は兵庫県川西市の北部にあります。家を出て約2時間30分程度で舞鶴市街へ12時も近くなったので舞鶴のとれとれ市場で昼食。月曜日とあって、客もまばらでした。店の人も手持ち無沙汰というか、あまりやる気がないようにも見えました。腹ごしらえをしてから、いざ天橋立へ。笠松公園駐車場に車を止めから、リフトで展望台へ。女性も男性も股覗きをして、はしゃいでいました。龍が天に昇っていくように見えるとか。ちょっとしたアイデアで、観光の目玉になったりもするのですね。息子帰省する

  • ここはどこ?私はだれ?

    ウーム(-_-;)前回から1年以上もブログに穴をあけてしまいました。ブログの外の世界でウロウロしておりました。というわけで再開です。この1年いろいろありました。ホームページはJcomコムさんが「やーめた」と言ってサービスをすべておしまいにしてしまいました。ですから、私のホームページはどこを検索してもどこにも見当たりません。一昨日は大きな台風が関西も直撃しましたが、いっとき風雨がつよまった程度で被害はうちの近辺にはなかったもようです。書くことはたくさんあるのですが、何をどこから書いてよいのか皆目けんとうが付きませんので今日はこの辺にしておきます。ここはどこ?私はだれ?

  • スイカ

    今年も懲りなく庭の隅にスイカの苗を植えました。懲りなくというのは、ここ3年続けて失敗をしているからなのです。写真のスイカはまだテニスボールの大きさくらいですが、ここからが難しい。スイカの根っこはかなり長く伸びるので、周りの土を柔らかくしておかなければなりません。それに直径が10センチくらいになると黒くなって傷んでくるか、ヒヨドリやカラスがつつきにきます。家の前の幼稚園に行っている男の子も楽しみにしているのですが、さて今年はどうなることやら。昨年は小玉スイカが一つできたので、その子と半分ずつ分けて食べました。ところで、なまこドンのLINEスタンプが思うようになかなか進みません。もともと私はLINEなどやってもいないので使っている方の気持ちもよくわかりません。いろいろと案を40個ほど考えなくてはなりません。まっ、急...スイカ

  • なまこドンなのだ

    連日の暑さに加えて、湿気の多いこと。体からカビが生えそうです。先週末、伊根で「なまこドン」の初お披露目があったようで、写真が送られてきました。まずまずの人気ぶりだったようです。それにしても中に入っている人は暑いだろうなぁ。一応着ぐるみの中には小型の扇風機が入っているようです。この「なまこドン」が伊根の新しい顔のひとつになってくれればよいのですが。町は協力的なようなので伊根町非公認広報大使の高橋さんの今後の活躍次第だと思います。ガンバッテネーッとまるで人ごとのようにエールを送る私しなのでした。なまこドンなのだ

  • おいらはなまこドンだぁ

    丹後半島伊根のサブキャラ?なまこドン。着ぐるみができました。伊根には元々「ふなやん」という舟屋をモチーフとしたゆるキャラがありましたが、伊根町非公認広報大使の高橋さんからの依頼で気持ち悪いけどカワイイをコンセプトとしたキャラクターの作成を頼まれていました。昨年は写真にあるように干しナマコのストラップパッケージに使用したものがマスコミに取り上げられました。着ぐるみは黒装束の忍者のように見えなくもありません。私もチェックに伊根へ行かなくてはなりませんが、ラインスタンプも作らなければなりません。いま高橋さんは、伊根町のキャラ「ふなやん」とどのように住み分け、あるいは協同するか町と協議を重ねると言われていました。実際におもてに出てくるのは9月くらいになりそうということでした。でも、いったい誰がこれを着るのでしょう。寒い...おいらはなまこドンだぁ

カテゴリー一覧
商用