searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

にいやさんのプロフィール

住所
広島県
出身
未設定

41才からの遅咲きのシンガーながら、オリジナルは100曲越え、手がけたアルバムも15枚。精力的に活動した時期を経て60代に突入。「朗らかに生きる」を模索の日常を赤裸々に綴る。

ブログタイトル
あめつちの詩
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/niiya-mari
ブログ紹介文
「あめつち」に響く歌声の持ち主、シンガー・ソングライター「にいや」こと「新屋まり」が奮闘の日々を綴る
更新頻度(1年)

126回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2015/01/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、にいやさんをフォローしませんか?

ハンドル名
にいやさん
ブログタイトル
あめつちの詩
更新頻度
126回 / 365日(平均2.4回/週)
フォロー
あめつちの詩

にいやさんの新着記事

1件〜30件

  • 銀の龍の背に乗って /covered by 新屋まり

    銀の龍の背に乗って/coverby新屋まり「銀の龍の背に乗って」をスタジオ録音。ピアノの森光さんとスタジオ入りしてリハをしたらすぐに録音・録画。森光さんは1テイクだったかな。さすがな早業。私は2日間に亘ってしまった。中島みゆきさんのオリジナルは世界観が素敵。力強くて今どきの歌と違ってシンプル。けれどメッセージが伝わってくる良い歌。オンラインライブ「ForeverYoung」で森光さんにサポートしてもらって初めて歌った。あの時に選曲したのはたまたま。ライブ中に森光さんから出た話にはちょっとびっくりした。編曲者の瀬尾一三を以前から尊敬していたそう。2年ほど前に縁あって親交があったそうだが昨年亡くなられたと。演奏しながら込み上げたそうだ。「銀の龍の背に乗って」編曲者と検索すればお名前が出て来る。編曲者って縁の下の力も...銀の龍の背に乗って/coveredby新屋まり

  • ラディーナ/新屋まり

    ラディーナ/新屋まりあれから20年。2001年9月11日アメリカの高層ビルに飛行機が突っ込んだ。爆発炎上する映像をテレビで見て衝撃を受けた。テロ組織にハイジャックされた飛行機が乗客を乗せたままビルに突っ込んだ。「米国同時多発テロ」と後に言われた。アメリカは、テロ組織の温床と決めつけてアフガニスタンの攻撃に踏み切った。私は大きな違和感を感じた。ヒロシマを歌っている身の上。新たなグランンド・ゼロ(爆心地)をアフガニスタンに生み出すことに抵抗があった。テロがあることをアメリカは前もって知っていたのではという話がネット上にあった。主導者のビンラディン氏を殺害して終わりにするという名目だったがあれから20年経っても解決しなかったばかりかますます混沌としている。アメリカは莫大な費用をアフガニスタンに充てたが一般市民にその恩...ラディーナ/新屋まり

  • まさかのブレーキ踏みまちがい事故

    先日来、股関節と尾てい骨周辺にちょっとした疼きがあった。運転しながらちょっと考えて「やっぱり行こう」と左に舵を切った。到着したら急なお休みになっていた。「せっかく来たのに」ちょっとイラッとしてその先の駐車場でUターンを試みた。広い駐車場を選ばす右の狭い駐車場に乗り入れた。数cm段差があるのでちょっとアクセルを踏んだ。何度かここでUターンしている。すぐにブレーキを踏まないと狭いぞと知っている。が、ブレーキを踏んだはずなのに速度が落ちない。「え???」と思った。分けが分からないまま正面からビルの壁にドーーンと大きな音を立てて突っ込んだ。事故った!と我に帰ってすぐにドライブレコーダーの電源を抜いた。1分で書き替えられるのでもしも事故をしたらすぐに抜いて下さいと保険会社に言われていた。ここだけ頭がクリア(笑)一瞬のこと...まさかのブレーキ踏みまちがい事故

  • 老後の生き方を模索して。

    ししとうとピーマンが後少し収穫できたら夏野菜は終わりだ。草刈りをした。耕運の担当は弟。それを待って白菜と大根を植える。春に植えたじゃがいもはイノシシに掘り起こされて全滅。タマネギも3分の1は掘り起こされたのだが母はそのことを覚えていない。「そうだったかね~」と言うので「土の中に残っていた苗をまた植えなおしたでしょ!」と言うけれど5分したらまた同じことを聞く。母は質問したとたん別のことに頭を巡らせているらしく他人の話を聞いていないからいらっとする。イノシシが来てから防獣ネットを張ったけれどあまりに適当過ぎて用を無さなった。ちゃんとしたものを張るか野菜は作らないかーにしたい。私と母以外の家人は野菜をあまり食べない。スーパーかコンビニに生える物を買えば事足りている。買えばよいと母も言う。そのつもりでいると畠が荒れるか...老後の生き方を模索して。

  • 答えは自分の中にある

    昨年までの数年、何かにつけてうまく行かなかった。「うまく行く」とは自分が期待する結果を享受すると「想定する」こと。そうではなかったと残念がり、後悔してはいら立っていた。それは怒りに近かった。「期待」は自分だけではなく「他人にも向けていた。「期待値」自体が私の本質から離れていたのだと思う。一時期のあの苦しさから脱した感がある。脱する為に色々なことを試みた。嫌な事から遠ざかるにあたっては真っ先に歌活動を停止した(笑)人と会わないのもコロナ下で好都合だった。本を読みYouTubeで私に役立つ情報を取り入れた。自身の内面をチェックするのは辛いことではあるけれどそうやって自他を許したりココロの方向性を定めたつもり。ほぼすべての友人関係が入れ替わりリアルに会う人はほとんど居なくなった。相変わらずの情報難民ではあるが、本当に...答えは自分の中にある

  • 人生最後のギター

    15年くらい良き相棒だった「タコマ」君だがご老体になったというのかな。音の鳴りが悪くなっていた。昨今のライブではマイクで音を拾う人はほぼいない。本体にピックアップをつけていたが低音が鳴るタイプなのでブオ~~~ンとハオリやすくく音響さん泣かせだった。信号が弱くて音を拾えないことが度々あったことだし最初から電気仕掛けで音が出るエレアコが欲しかった。※見た目きれい。音も深みがあるタコマ君。活動も20年。ライブをするたびに赤字。後何年活動する?と自問自答していた時期。10万円のエレアコと決めて決めた。「タコマ」君みたいに小ぶりなアレアコが欲しかった。「タコマ」君はもう製造していない。「フェンダー」社に吸収されたと聞いた。音色は違うけれどどことなく「タコマ」君の面影がある「フェンダー」君に決めた。店頭ではこんなもんかなと...人生最後のギター

  • トーク&ライブ「ケセラセラ」延期のお知らせ

    9月12日(日)開催予定でしたが、新型コロナ蔓延防止の為11月12日(金)に延期されました。開演時間など内容に関しては変更ありません。引き続き宜しくお願いします。平日昼間開催になります。チケット払い戻し期限は9月30日となっております。ご迷惑をおかけします。新しいギターを相棒に皆様にお目に掛かります🎵いましばらくお待ち下さいませませ。トーク&ライブ「ケセラセラ」延期のお知らせ

  • テレビ生出演のハードル

    自分が映っている動画をテレビ画面に映してみることができる。市町村の情報をカバーするケーブルテレビも一般的になった。だからテレビで知りあいを目撃しても昔ほどのインパクトはない。「新屋さんピオネットに出ますか?」と「きりり俱楽部」の方に言ってもらい、気軽に考えていた。9月12日のコンサートが近い。「きりり俱楽部」さんから出演の声を掛けてもらった。その告知で出演となった。てっきり収録だと思っていた。MCの太田さんは「きりり俱楽部」のメンバーさん。気取りがなくてお友達のノリでご一緒した。全くの予備知識なく打ち合わせへ。全体の流れとか聞くべきだったが、ラジオには何回か出ていて、原稿があればよい方でいつもテキトウでしたわ。が、テレビは全然別物だった。まずスタジオが違う。大きなカメラに番号が振ってあってモニターや大きなタイマ...テレビ生出演のハードル

  • 「ケセラセラ」動画

    新屋まり/ケセラセラこんな時代だからこそ「ケセラセラ」何とかなるっしょで歌の力を届けたい。新屋まり/ケセラセラ「ケセラセラ」作詞・作曲・歌・ギター/新屋まり編曲/森光明こんな時代だけれど「何とかなる」を合言葉に。森光さんの編曲で乗りの良い歌に...youtube#video「ケセラセラ」動画

  • 生かされて/ 新屋まり

    生かされて/新屋まりタイトルから作りたいと思ったが、なかなか思いつかなかった。ふと思い付いたタイトルは実に地味でヒット曲たりえないと悔しかった。私はヒット曲が欲しかった。それでも自分を世に生み出してくれた多くのご先祖や支えてくれる人のおかげがあって歌えているということをこの歌のタイトルから瞬時に教えられた。悔しくて嬉しくて、テーブルにポタポタと涙がこぼれ落ちた。1番では若かりし恐れのない自分の視点で、2番では老境を意識した視点で書いた。いくつかのグル―プとコラボ。合唱曲として歌ってもらった。できた頃はイントロから歌い始める箇所でいつも込み上げてしまい歌えなかった。いつまでも代表作と言いたくない。もっと違う切り口で歌える歌をとこの数年思ってきた。でも、もう一度ちゃんと向き合って歌っていきます。生かされて/新屋まり

  • 墓参にまつわるちょっと前の話

    夏休みはそこそこあったがどっこにも行かず仕舞で夏のおもひでは皆無なのです。このたびの集中豪雨で町内に床下浸水被害がたくさん出ていることを思えば夏のおもひでが全然ないってことぐらいどうでも良いけれど。母にとってはお盆は一大行事。親戚がたくさん集まった時代が脳理に焼き付いている。盆暮のイベント以外に楽しみがなかった時代が永かった母にはこの時期が今でも特別。墓掃除したか、花は買ったかと何度も繰り返し言っていた。コロナのことがあり客人を断ったのに飲み物を用意しろだのお菓子をどうするかだの、天気が悪いから墓参りがどうだと騒ぐばかり。結局、我が家のお墓参りに行かず母の里のお墓参りに一緒に行った。山道を上がるので母の脚にはきつい。「これが最後かもしれん」とポツリ言う。母方の元々のお墓はそこそこ離れた別の場所にある。何代か前は...墓参にまつわるちょっと前の話

  • 「よろこびの歌」動画

    よろこびの歌原爆投下から100年は草木も生えないと言われた広島にいち早く花を咲かせた夾竹桃。人もまた、どんなに深く傷つけられてもいつか必ず立ちあがり太陽に向かって花を咲かせよろこびの歌を歌う。その力強さを歌にした。「ヒロシマレクイエム・コンサート」では「声三部作」の後に歌った。「声三部作」は圧倒的で絶望的な重みを持っている。終わり方が特に絶望的で受け止めるのはつらい。里山の景色を眺めながら運転をしていて自然に生まれた「よろこびの歌」だがたまたま「声三部作」と同じ6拍子でAm。「声三部作」とセットのような歌になっているのだった。「この歌があるから救われる」という意見もある。天地自然がいつまでも美しく、そこに人が生かされることが、未来永劫享受できるように祈りを込めた。編集に四苦八苦した。それ以上にネット環境がアレレ...「よろこびの歌」動画

  • 集中豪雨が一段落して。

    おとといから昨日にかけて猛烈な雨だった。広島県下全域で避難勧告が発令された。一昨日の朝は雨音で目覚めた。ゴーゴーと水の流れる音が至る所から聞こえていて不気味だった。エリアメールは何度も鳴る、無線放送がウーーウーーと避難勧告が出る度に逃げろ命を守る行動をと訴えて落ち着かなかった。我が家の地域は河川の氾濫は免れていた。土砂崩れが近くの谷で起きなくはない。河川と違って見えないところからふいをついてくるのがちょっと不安ではある。「北広島町に避難勧告」と1日中全国ニュースに流れたので全国の友人知人から安否の確認をもらった。その前日になる。雨天で1日伸びた11日に母校が甲子園で戦った。この日も「北広島町」が全国ネットのテレビで何度も登場。私は家族をテレビ画面で見つけた。初戦で強豪校の横浜。甲子園19回出場校に対して春夏合せ...集中豪雨が一段落して。

  • 声 三部作 (後編)

    声三部作(後編)被爆建物である旧日銀広島支店を会場に鎮魂のコンサートを開催。原爆を体験された故・森川定實氏の遺作である詩「声」を作曲。初の合唱曲にチャレン...youtube#videoコロナ下で練習開始は7月第1週からになった。直前にコロナ関連で参加できなくなった人もいて、前回までの参加者はなし。一人でもどうにかして歌うとある意味で腹をくくったコンサート。「声」は原爆直下で生存された人のみが知る地獄絵図を感じたまま見たまま詩に遺されたもの。歌にするという意図がないぶん言葉そのものが持つ迫力に圧倒された。合唱曲の素養があるわけではない。作曲の何たるかを学んだことのないポップス系シンガーソング・ライターである私が咄嗟に「自分にやらせて」と言ったことの浅はかさや重大さをその後で痛感したのだった。それでも曲は生まれた...声三部作(後編)

  • 声 三部作(編集失敗作品)

    声三部作格闘する事3時間。1曲づつの動画ならばそれほど手間取らないけれど1時間40分、丸ごと1本を編集するって私の編集アプリだとアップロードするだけでも時間が掛かる。必要な箇所を抜いたらほとんどの箇所を一旦捨てて次に同じ作業をして何曲かの動画にするのです。無料ソフトをダウンロードしていっきに3本できないかと悪戦苦闘したけれど手におえなかった。懐かしのソフトでどうにか完了。ユーチューブに上げるのも我が町だと40分も掛かるけれど何とかできた!で??あれれ??「声三部作」なのに2部と3部がちょんぎれて出来上がっている。あれま。クレジットページを入れた時に削除したのでしょう。既に午前4時に近い。やり直しにまた3時間だなんて悲し過ぎる。聞きどころがありませんが。一応見てやってください。声三部作(編集失敗作品)

  • 「不具合」の原因について考えてみる

    マイナーながらいつもどこかが少し不具合だ。「いっつもどこかが痛いって言っている」「私はどっこも何ともない。」と10歳くらい年上の人に指摘されてしまった。痛いだのだるいだのがあいさつ代わりになった。腱鞘炎とかアレルギーとか歯痛とか関節痛に神経痛。不眠傾向やら逆に眠くて倒れそうだとか。なかでも神経痛は辛かった。丸3か月、左背中から臀部そしてふくらはぎまで激痛。仰向けに寝ることもできなかった。やっと神経痛から解放されたら次は顎関節。歯科医院で訴えてみたが明確な回答はなく、バランス整体でも治らなかった。そんな時「病気になる原因」は「はっきりしている」と言う人をユーチューブで目撃した。体への感謝がないのだそう。私の場合に限れば当たっているかも。思春期からず~~~っとここがこうだったらいいのにと思っている。一か所ならず欠点...「不具合」の原因について考えてみる

  • テーマ「ヒロシマ」に救われて

    初サポートしてくれた高橋英司さん、物凄く緊張したそうだ。1度だけシャカシャカと合わせて当日軽く確認したらもう本番。私がやろうとしているのはライブであって「発表会」ではないから練習に練習を重ねた音を再現するのとは違うなんて思っているのですぅ。会場のパセーラ「Sofa」は本屋さん。奥の本棚の向こうに素敵なスペースがあるのです。宮角孝雄夫妻に声を掛けてもらい氏の写真展「PEACE&JAZZ」でミニライブさせてもらった。下見に来た時に音響機材があったので必要最低限の機材を持参。相当な荷物になったが、良かった~と思いながらセットアップ。ら、マイクと本体を繋ぐシールドが置いてないと分かった。予備に1本だけ持参していたが高橋さんのマイクの分がない。初のコーラスありですもの、どうにか調達せねばっ。本番は15時。既に14時。そこ...テーマ「ヒロシマ」に救われて

  • 76年目の原爆の日を迎えて

    原爆投下から76年。100年は草木も生えないと言われた広島市だが大きな川があり緑豊かな美しい街になった。私が10代の頃は川に沿って粗末な家が並ぶ地域があった。大人になって知ったのだが「原爆スラム」と言われていた。今では原爆の痕跡はわずか。街中に被爆した建物や被爆木という表示、そして大小様々な慰霊碑が混在している街だが、日常でそれを意識することはあまりない。昭和20年。父は16歳だった。学徒動員で呉の海軍工廠にかりだされていた。8月6日広島市が壊滅状態なので北広島町(旧・豊平町)へ帰還しろとの命令が下った。横川駅まで電車で移動した父は原爆投下直後の広島市を見ている。比治山まで何も無かったとだけ父は言った。最晩年、病気療養で入院した父はしゃべることも食べることもできなくなった。ある日、父は恐怖にひきつった目を大きく...76年目の原爆の日を迎えて

  • i鎮魂のコンサートin被爆建物

    原爆投下から76年の8月を迎えた1日。「ヒロシマレクイエム・コンサート」当日となった。旧日銀へ朝9時集合。合唱参加の5人と指揮者の寺井さんも遠路島根県から参加。会場設営と機材の搬入をしたらまっさきに合唱練習を開始した。全員参加はこの日が初めて。しかも寺井さんは練習時にピアノ伴奏だったので、伴奏あり指揮ありで歌うのはなんと初めてだった。本番まで4時間しかない。1時間の練習を終えて私のリハーサルを1時間。そこからゲネプロで出入りや使うマイクを確認。この時点で本番を終えたくらいの達成感と疲労感だった。折しも雨が降らず連日猛暑。コロナ感染も拡大傾向の中、40人近い人が来て下さった。今回もピアノ吉野妙さんは安定した演奏ぶりと超安定キャラで私のぺースメーカー♪(←ご本人の意図ではない)エレクトーン演奏の倉田香織さんの音がこ...i鎮魂のコンサートin被爆建物

  • 200回目?コンサート前日。

    「ヒロシマレクイエム・コンサート」が明日になった。先だって吉野妙さん宅へリハに。妙さん宅には素敵な音楽スタジオが2つある。「スペース蘂」は妙さんが子供の頃家族で建てたそう。そしてスペース「遊々」はお父様の手作り。大きな建材を一人で抱えてこつこつと作業されていたから完成した時は私も感動ひとしおだった。倉田香織さんもサポートに加わってくれる。以前同じ選曲で3人でやったことがあるのでサクサクと完了。昨夜は合唱の練習へ。3曲だが5回の練習では万全ではない。そこへコロナ関連で二人が不参加となった。過去の参加者は仕上がっていたが初めての方ばかりになった。その7人で演奏を交えて練習できるのは当日のみ!アンコール曲は余裕だろうなんて思っていたけれど妙さんと香織さんとで私が歌った最新音源をこの日に渡した。明日までにメロを覚えても...200回目?コンサート前日。

  • FMラジオ出演

    26日月曜日下山。60キロ先の広島市内へ行くことをこう言う。8月7日(土)15時から宮角孝雄氏の写真展でライブさせてもらえる運び。下見に基町クレド・パセーラ3階にある「Sofa」へ。同名のカフェもあるけれど会場は反対側の本屋さん。素敵な本屋さんの中にこれまたハイセンスなフリースペースがある。昨年の展示会で私の写真を見たとお店の方。PA機材の確認をさせてもらった。自前の機材を地下駐車場から搬入する方法が心配だったがちょ~嬉しい。ズームでしか会ったことがないが高橋英司さんがサポートしてくれる。そこから廿日市市へ。宮島の対岸の街。「FMはつかいち」の番組「歌って♪七コロン日ノリ陽気」に生出演させて頂いた。前回番組出演時のパーソナリティー大田典子さん(ノリさん)から尾本喜代美さん(コロンさん)にご紹介頂いた。早くついた...FMラジオ出演

  • 生きて、歌う。

    昨夜の合唱練習は島根県の浜田市で。日本海に面している。我が家から45分ほど。夕方から島根県に向かうことはほぼない。空がきれいだった。傾き掛けた太陽に向かって走ったら着いた。畳ヶ浦は海水浴場。久しぶりに行った。夕陽が海に沈みそうという絶妙のタイミングで海岸に着いた。山ばっかり見ているから感動した。合唱まで時間がある。浜辺に座ってコンビニの蕎麦を取りだす。夏の夕陽と海にはぴったり(笑)広い砂浜が丸い海岸線を描いて岬へつながっている。私が座っている場所から右側へおそらく200メーターの地点だ。トモミ君が沈んだ場所だ。臨海学校での事故だった。トモミ君は保育園のおゆうぎ会で「月の砂漠」の王子さまだった。私はお姫さまだった。淡い初恋の人だった。トモミ君は10才のまま時を止めた。あれから50年。「私はおばさんになったよ」とト...生きて、歌う。

  • 我が家にまつわる謎のミッション

    10年ほど忘れていたことをふと思い出した。我が家の家系に関わることだ。10数年前に縁あって出会った社長夫妻の別荘で歌わせてもらった。そこは平家の落人村と言われている。その時はもう廃屋だったが、目の前には叔母の嫁家があった。社長夫妻が買われた古民家はその婚家と親戚だった。集落で叔母を知る人が私を見て、「おばさんと良く似とる」「うりざね顔だの」と言われた。その方は叔母や私を「平家の出」と暗に思われたようだ。我が家は由緒正しい百姓。本当のところは謎だ。それからもイベントに何度か行かせてもらった。沖縄在住で特殊能力のある方とそこへご一緒したことがある。敷地に入るや「あなたがここに来たのは偶然じゃない」と言われた。「あなたのご先祖の武将が都からここに落ちてきた。」と、思いがけないことを言われた。その真意を考える間もなく、...我が家にまつわる謎のミッション

  • 見ず知らずのカラス

    一山越える通勤路をいつものように快調に飛ばしていたら道路脇に座っているカラスが目に入った。道路側を向いてきちんと座っている。普通は高い場所に居るもので、怪我でもしたのだろうかと思った。勤務を終えて同じ地点を通ったのは24時間後。同じ場所に同じ姿勢で例のカラスが座っているではないか。梅雨明けの晴れ間は猛烈に暑い。日当たりがするアスファルト上に直接座っている夕方には猛烈な雷雨があって珍しくガタガタっと地震も来た。真っ暗な夜を過ごして今はまた猛烈に暑い。どれほど辛く心細いだろうとカラスの心境を思ったらかわいそうでかわいそうで、自宅に帰ってからパンを持って折り返した。子カラスだと思ったが車から降りて近づいたらそこそこの大きさだった。最も我が家付近にいる大型で黒黒と光る羽を持つ親分のようなカラスと比べたら小ぶりで羽に艶が...見ず知らずのカラス

  • 免疫力アゲアゲ作戦

    三次市には素敵なホールがいくつもあってメジャーな表現者が中央から続々来ている。文化の香がする街だ。私も三次市の方に縁あって何度か歌わせてもらっている。この秋「三次市民ホールきりり」のサロンホールでソロライブの運びとなった。昨年4月に私の主催でライブを企画していたけれどコロナ感染拡大傾向だったので中止にした。しばららく主催公演も諦めていた。「きりり俱楽部」の主催でお声掛け頂いた!三次の皆さまお待たせしました。って一部の方だけれど。前回チケットを買って下さっていた方ひとりひとりにお待たせしてすみませんとアタマを下げたい。で、今回はにいや完全ソロでいく。ギター弾き語りでトーク&ライブ形式にチャレンジです。ま、いつもギターを抱えているしライブでは良くしゃべっていますけど。サポートなしってだいぶ心細いけれど頑張ってみます...免疫力アゲアゲ作戦

  • 令和3年夏 ライブ告知

     ライブ活動自粛も1年半。この夏から少しずつ再開の運び。波が押し寄せて来る感じですぅ。この波に乗りますよ~。皆さんもご一緒に大海原へ乗り出しましょ~♪ライブならではの生音、生歌のパワーを皆様にお伝えしたい。会場でお会いできますように。また一部のコンサート模様やスタジオ録音した楽曲をYouTube「新屋まりオフィシャルサイト」に順次アップ致します。よろしくお願い致します。■8月1日(日)「ヒロシマレクイエム・コンサート」時間14時~15時半会場旧日銀広島支店1階入場無料ご予約は必要ございません。 ■8月7日(日)宮角孝雄写真展「Peace&Jazz」新屋まりライブ15時~15時40分サポート高橋英司(ギター)コロナ対策の為、先着15名様となっております。早めに会場にお越し下さいませ。入場無料■8月21日(土)「世...令和3年夏ライブ告知

  • 「ヒロシマレクイエム・コンサート」開催に向けて

    昨夜、島根県へ越境。合唱練習へ。3回目で参加者4名。うち3人と初顔合わせ。高速道を飛ばして浜田市からも参加して下さった。残り2週間でまだパート分けというレベルですぅ。セリフ箇所は全員が揃ってからと指揮者の寺井氏。ほぼ自己練習です。島根県で合唱団をいくつも指揮されている寺井さんがどうにかなるでしょと言うのだからどうにかなるはずだ。私のミッションはこっちではない。出来上がったチラシを広島市内の各所に配布せねばだ。で、高速で片道1時間先へ行く。会場の旧日銀広島支店は原爆投下でも崩れなかった。初めて内部に入った時の衝撃から広島や平和の歌が生まれた。あれから20年近い。 地下金庫室前で初のソロライブを敢行した「にいや原点」の場所でもある。独特の雰囲気がある。会場の1階は残響が大きくて音楽はやりづらいと言われているが私にと...「ヒロシマレクイエム・コンサート」開催に向けて

  • 野菜の収穫

    自身のブログタイトル下に短い紹介文をつけている。「この星の美しさを綴る」と銘打ったけれどねそうでもないと気づいたのでそこを削除した(笑)以前と同じ「奮闘の日々を綴る」に戻した。あめつちとは天地と書く。この自然環境豊かな北広島町が好きだ。でも、心からいつくしむ余裕もなくバタバタと無駄に奮闘しているような気がする。あめつちを愛でるには畑が良い。昨年から野菜作りを始めた。地面に種を撒けば食べ物になるって不思議よね。今年はちょっとだけ上手になった。2日畑に行かないときゅうりが巨大になる。実にまっすぐなきゅうりがたくさん採れる。私の腕が上がったのかと思いや「さすが農協の苗は良い」と母。ああ、そうなのねっ。苗を植えて竹を建てただけだもの。ピーマンとオクラも育ってきた。モロッコ豆は特にどんどん育つ。弦が高~く伸びている。大量...野菜の収穫

  • レコーディング再チャレンジ

    前回のレコーディングで歌入れがボロボロだった「月光」。鬼束ちひろが19歳で書いたという名曲。たいした難曲だ。これまでで一番練習したかも。50回歌いこんで再チャレンジに挑む。それでも歌えないってことが大いにあるのがスタジオ録音。ダメならあと50回歌いこんで3たびチャレンジするか、それとも森光明氏のピアノと私のギターそしてタンバリンのカラオケ状態の音源をアップして歌えるもんなら歌ってみろーみたいな動画もありかな~とも考えた。ほほ。前回の映像プラス、今回も撮影を兼ねていた。今回は撮影助手なしでスタジオ入りした。撮影が始まると歌に気を取られてアレレ~だった(爆)何はともあれ「月光」の歌入れ優先。シャウトしたいがキーが高い。高いだけならいけるけれど「月光」なりの発声でなくては。地声と高音のはざまで声が裏返りそうな上にリズ...レコーディング再チャレンジ

  • 合唱練習開始

    「ヒロシマレクエム・コンサート」まで3週間少々。指揮者の寺井さんの先導で、先週から練習が始まった。広島県人は私だけで、県外へ出かけるのは自粛中だったのでギリギリまで様子を見ていた。今日は島根県邑南町の市木小学校へ合唱練習に行く。七夕の飾りがあった。トロフィーがずらし。以前、水泳が強かったのですと。合唱練習は週1回のみだ。全5回で本番を迎える。コロナ下という特殊な事情もあり参加経験のあるメンバーは2、3人。初参加の方も含めて全員練習は当日まで困難ということも判明した。それでも、コロナ下で職場から禁止されたという人もおられるそうだ。参加してもらえるとは有り難い。今日は寺井さんほか3人で練習した。ちえさんは、にいやさんが一人でも歌うと言っていたから参加したそう。おほほ。1人より2人。2人より3人。それが前回と同じ10...合唱練習開始

カテゴリー一覧
商用