searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

にいや徒然エッセイさんのプロフィール

住所
広島県
出身
未設定

41才からの遅咲きのシンガーながら、オリジナルは100曲越え、手がけたアルバムも13枚。精力的に活動した時期を経て60代に突入。「朗らかに生きる」を模索の日常を赤裸々に綴る。

ブログタイトル
にいや徒然エッセイ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/niiya-mari
ブログ紹介文
「あめつち」に響く歌声の持ち主、シンガー・ソングライター「にいや」こと「新屋まり」が奮闘の日々を綴る
更新頻度(1年)

134回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2015/01/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、にいや徒然エッセイさんの読者になりませんか?

ハンドル名
にいや徒然エッセイさん
ブログタイトル
にいや徒然エッセイ
更新頻度
134回 / 365日(平均2.6回/週)
読者になる
にいや徒然エッセイ

にいや徒然エッセイさんの新着記事

1件〜30件

  • 母のお仕事

    介護といえるほどの介護は要しない母85歳。両膝に人工関節が入っていて畳に座ると立ちあがれないし杖をつかないと歩きづらいがたいていのことは自分でできるからりっぱなものだ。しいて言えば料理ができなくなった。料理するには必要な食材を調達しなくてはいけないがその組み立てができなくなった。「何を買うんだったかいの~?」と言うばかりで覚える気がない。実は母は料理が嫌いだ。これまで何十年もいやいややってきた。食べることにあまり関心がない人。どうおいしく食べるかという発想がない。いかに安くイージーに仕上げるかが問題のようだ。それは万事に共通している。その割にはどこでもすぐに財布を取りだして支払う気満々。「なんぼ払えばええ?」と聞くからね。それじゃサギに!簡単に!ひっかかるよ~!!と日々諫めておる次第。母は料理はしないが食べるこ...母のお仕事

  • 秋のお楽しみ~柿もぎ

    ビューティフルな青空だった。栗拾いを完了。そのまま柿もぎへ。竹竿を切りだすのはなかなかでカラスがつっついたまま地面に転がっていたのをいくつか食べた。2年連続で柿もぎに来てざるに山盛り持って帰った人から今年もボチボチ柿もぎに行きたいと言われたのだけれど前夜まであったんですけどカラスのせいで1つも無いんです・・と誤った。今年もやられた。うちの柿は採られないとどこかの人が言っていたし枝もたわわに実っている柿の木も実際にはあるのに毎年わが家の木だけが狙われる気がする。カッカ、カラスの勝手でしょ~♪の歌が脳内を旋回する。渋柿の木をカラスも知っていて残っているはそれなのだ。しかし、我が家にはもう1本甘くてもっと大きな富有柿がある。カラスにだいぶやられたが細い枝にはまだ残っていたはずだ。高枝切りばさみと大きなバケツを手に行く...秋のお楽しみ~柿もぎ

  • 秋のお楽しみ~栗拾い

    先日ご近所さんが我が家の栗を拾いたいと来られたのは1週間ほど前かな。まだ早かったとのことだった。栗の木は家から見えるけれど道路を渡った川端にあってわざわざ行かない。わが家では誰も栗の事を気にしていないが、ご近所さんは今か今かと「栗拾いXデー」を待ち望んでおられる様子。昨日電話があって行っても良いかとのことだったので「どうぞ」と言っておいた。ご近所さんが首尾よく栗を拾えたのかどうか確かめに麻呂をだっこして見に行ってみたら、いがぐりが地面にけっこうたくさん落ちていた。その分は中身がない。栗の木にはりっぱな竹竿がたてかけてあった。「ご自由にお取りください」的な。家人の仕事ではないはず。・・我が家の栗の木よね。あたしはにわかにケチになったし、栗ご飯食べたいと猛烈に思った。翌朝まで待って妹を伴いいざ栗拾いへ。あたらしくい...秋のお楽しみ~栗拾い

  • ゴーto京都

    コロナ感染拡大の影響で甥が結婚式を中止した。甥の母=妹が京都に宿を確保したままだというので私も行くことにした。妹との二人旅は初めてかも。腐る母と老化著しい麻呂を丸2日置き去りにするのは気がひけたが京都駅についたらそんなことも忘れた。「私の頭上に雨は降らない」と豪語。傘も持たずに宇治駅に到着。台風の影響で小雨だったが何とかなった。宇治の平等院は10円玉の絵柄。正直なところ厳島神社の壮麗さには遠く及びませぬ。が、敷地内のカフェで抹茶を飲んだらこれが物凄くおいしかった。この日、ダムの放水で宇治川を渡れず。近くのパワースポットは逃した。京都観光らしさを味わうべく夜のツアーに参加。夕食に舞妓さんが付いていた。それとも舞妓さんに夕食か?9000円がgotoで5000円少々。「きっと大学生のアルバイトよね」と斜めにかまえてい...ゴーto京都

  • オンライン縁側ライブin妙国寺 【告知】

    オンライン縁側ライブin妙国寺【告知】[parts:eNozsjJkhIPUZENDA6NkM1+XCAODZDfjiGJfJjMTAyZjMwMmAyYEcHBwAAD3FQhJ]新屋まりソロ配信ライブは高台にある妙国寺さんから。夕陽が本堂に差し込んでキラキラ光って極楽浄土!っていう図をイメージしております。雨女をこの日は封印して何としても夕陽をお見せします。サポートは田中翔太朗。本来ベーシストなのにベースは持たず。キーボードとピアノそして初のウクレレ伴奏です。楽しみ過ぎる~。※投銭を何卒よろしくお願い致します。投げ銭サイトもございますが、あれはどうも良く分からないという方にはこちらからでも有り難く受け付けております。加入者名めろなーむ口座記号01330ー0口座番号71691一口1000円(別の投げ銭サイトで...オンライン縁側ライブin妙国寺【告知】

  • ジャンプの構え

    コロナをきっかけにありとあらゆる物事の当たり前や価値観が大きく変わった。昨年から実のところあたくし活動のありかたに煮詰まっていた。コロナの影響でライブやらイベント出演が何本も流れたが一息つけたのは結果的にはオーライだった。何か満たされない気がしていた。ライブの度に激しく消耗した。傍からすれば楽しそうに見えているのだろうな~と思うが、その為に費やすエネルギーや時間が報われていない気がしたし、ライブするにあたって思うに任せないコトやモノや途切れなくあって関わる人との摩擦も多々あった。自粛期間があったから改めて歌うことの楽しさを実感できた。聞いてくれる人が居なくても私は元々歌っているのが幸せだったのだ。それさえ忘れていたなと思う。先日のオンラインライブを見て「おねえちゃんは歌っていると生き生きしている」と妹が私を評し...ジャンプの構え

  • 四季は巡り行く

    赤い彼岸花が緑のあぜ道を彩る。彼岸花を見るたびに秋が深まってきたと知る。この時期、奈良県の里山が一面の彼岸花におおわれていて、それはそれはみごとだった。大輪の彼岸花は華やかだけれど家に飾ると火事になるそうだと聞いたことがある。どうりで花材としては見たことがない。茎に毒があってかぶれるというのも理由にあろうか。その毒性とも相まって彼岸花の見た目には毒々しさがある。大輪の薔薇のようなからりとした陽性とは異質の妖艶さを放っている。そして独特の寂しさを感じるのは私だけだろうか。「永江の庄」とは広島県庄原市の一部のことで平安時代の呼称。一の谷の合戦で討ち死にした平敦盛の奥方「玉織姫」が永江の庄に落ちて来たという伝説をたまたま庄原市のホテルで目にした。町のPRとして置かれていた紙1枚の短い文章だったがいたく惹かれた私は歌に...四季は巡り行く

  • ブルームーーン

    カラリとした空気のずっと上に青空と白い雲。同じ青空でも夏とは違うからりとした空気。秋だな~。この木の先に赤とんぼとまれ。私の声が聞こえたかも。今晩は満月。今月は2度満月があるのです。2度目の満月をブルームーンというのだそう。お願いごとが叶うのだとか。その日、お寺で配信ソロ・ライブです。ジャズナンバー「ブルーム-ン」を歌おうとしている。メルカリで買ったミニピアノで練習中。ライブのサポートは田中翔太朗君。母と息子ほどの年齢差ながらもう数年。今回は初めてウクレレで伴奏してもらうんだ~。どんな感じになるかな。次のブルームーンは3年後だそうです。妙国寺ご住職が言われるに10月は本堂に夕陽が届いてとてもきれいなのだそう。ユーチューブで配信しますが、会場での観覧もお待ちしています。「縁側配信ライブ」日時10月31日(土)16...ブルームーーン

  • 自然って何だ?

    「スーパーサイエンスミュージアムプロジェクト委員会」という民間の教育活動があるそうだ。運動にシフトしがちな学校のクラブ活動にまじわれない子らに科学を切り口に学びの場を提供するプロジェクトのようだ。その委員会主催でトークショウが行われた。抽選だったがチケットを手に入れた。植田氏との対談でご登壇されたゲストは養老孟司先生。東大医学部卒で作家である前に学者さん。80代だそう。足取りが軽いとは言い難いけれど脳内の活力はさすがでした。北広島の芸北地区の寒さにはちょっと驚かれたようだが4連泊なのだそう。その間地域の子供たちとの自然観察もされたよう。ホールステージの巨大プロジェクターにその様子が映し出された。ユーチューブだが養老先生と植田さんと「博士」こと井筒智彦氏とでたき火を囲んでの台本なしトークショウがアップされているよ...自然って何だ?

  • 猪突猛進な人

    たいていの人は1日2食か3食、ややもするとそれ以上の回数食べているが、貧しくて1日1食しか食べられない子供たちがいるとフェイスブックに上がっていた。心が痛んだ。最近フェイスブックでお友達になった人はお米を集めて寄付しているそうだ。わが家は新米を収穫したばかり。年々食べる量が減った為に昨年の米が向こう10か月分残っているところへ新米ができて冷蔵庫に入りきらない。古米を2袋(60キロ)を寄付することにした。我が家周辺の米は古くは厳島神社の荘園だった。小粒だがおいしいそうだ。東京の甥が言っていた。全国に名を馳せたブランド米と食べ比べたら我が家の方がおいしかったと。で、郵便局に電話したら取りに来てくれるとのことだった。2時間くらいしたら郵便局の赤い軽トラが来た。駐車場から走って来たのは意外にも女性だった。大丈夫なのかな...猪突猛進な人

  • マイ草刈機をゲット

    里山の暮らしは草との闘いだ。敷地内の草がボーボーに伸びているのを私は憂慮していた。草刈りすれば良いのです。が、草刈機には紐じゃなく円盤状の金属、俗にいう「歯」が付いたままだ。広い平らなところを刈るには良いが凸凹した狭い敷地だから歯ではきれいに刈れない。紐に付け替えればよいのだけれど以前手をつけたらばできなかった。ネジを回したら外れると思うがネジと歯が一緒に回るのだ。どこまで行ってもグルグル状態。「どうなってるんだ」とイライラもした。悪戦苦闘する私を見かねたお隣さんがやってくれた。この家のかちょーがやってくれたら一発で解決するが土日も何やかやと不在。ボーボーは嫌だ、どうにかしたいと2週間耐えた。やっと次の週末が来た。カチョーが草刈りをしてくれただろうと安堵したが道路脇の倉庫周りだけが美しくなっていた。それから数日...マイ草刈機をゲット

  • 耕すシンガー

    朝晩は半そでだと寒い。からりとした風が吹いてくる。いつのまにか秋になった。白菜と大根を植えなくてはいけない時期。誰それさんはもう植えたそうだと気にしていた母なのだがその割には雨が上がったら、涼しくなったらと延ばし延ばしにしていた。脚が不自由で歩くだけでも痛いらしい。母にとっては何かにつけ体を動かすには覚悟が必要のようだ。めでたく85才のお誕生日を迎えた母。「たぶん85だ」と言った(爆)増えすぎた年齢をカウントするのもナカナカだ(笑)ちなみに母とお誕生日が1日違いの我が妹も59じゃないからたぶん58だろと感慨なさげに言った。雨が上がったしライブが終わった。昨日は畑仕事に最適の日だった。母は例によって何日も前から「白菜、白菜」と呪文のように唱えていた。朝のうちに苗を調達に行きいざ畑へ。畝を作って水を撒き苗を置いて土...耕すシンガー

  • 表現するよろこび

    「きたひろしまミュージカル」の実行委員として数年前まで関わった。地元のええにょぼが中心になって公演を成功させた。指導者に恵まれたことと指導を受けたオンナ子供が大変身。ハイレベルな表現者に成長した。みんなステージでキラキラ生き生きしていた。人生はつまらないことや面白くないことの連続だ。でも表現ツールがあるとその人生が違って見える。人生は自己表現の連続になる。やりきった感を味わうことや成果をほめてもらうことは日常ではあまりないけれど公演では報われる。たくさんいたメンバーは中学生や高校生になってミュージカルとの両立が難しくなった。目下メンバーはええにょぼ4人。立ち上げ当初から地元北広島町に生息するオオサンショウウオをフィーチャーしてきた。コロナ感染問題でイベント出演や公演が困難になったがストーリーをみんなで絵にしたそ...表現するよろこび

  • 人と人を繋ぐ。ライブの力

    9月11日オンラインライブはアツかった。会場の芸北地区は広島県下でも2番目くらいに標高が高い。秋が早くて春が遅いところ。直前の夜はサムかったがライブ当日あたしは汗だくでした。観客の熱量がまた凄くてライブ会場は熱かった。「盛り上げ隊」と言ってしまおう。皆さんのおかげで素晴らしい一体感でした。私も熱が入って振りきれた。アルコール摂取も手伝ってまだ喉がひりっとしている。会場は「ぞうさんカフェ。オーナーの植田紘栄志さんのグローバルな発想と行動力そしてプロデュース力には心の底から脱帽します。ステージに上がってもらった。植田さんの自著「ゾウのウンが世界を変える」はワクワクしたりちょっと泣けたりして一気に読めた。小中学校の道徳の教科書に取り上げられるそうだ。高学歴かつ超イケメンで知られる「博士」こと井筒智彦さんは植田さん主宰...人と人を繋ぐ。ライブの力

  • 9.11 新屋まりソロでオンラインライブを配信

    https://www.youtube.com/channel/UCajHhBT0Df4eFkHv2zmLgJA本日、令和2年9月11日(金)19時30分いよいよ新屋まりオンラインライブを配信。19時25分くらいから配信。こちらからご覧になれます。ユーチューブ上に録画されますがライブならではの迫力やあれれ~をも伴う臨場感や一体感を是非とも共有しましょう。新屋まりシンガーソングライター新屋(にいや)まりのライブ動画をきまぐれ配信中。YouTube9、11は2001年、米国同時多発テロの日でもあります。攻撃された側のアフガンをかつて歌にしました。今日ならではの歌。渾身の力を込めて歌います。のライブでお聞き下さい。9.11新屋まりソロでオンラインライブを配信

  • オンラインライブ準備完了

    9月11日(金)19時30分より「新屋まりオンライン・ライブinぞうさんカフェ」会場の「ぞうさんカフェ」のオーナーである植田紘栄志さんの活躍が目覚ましい。自叙伝的な本「ウンチが世界を変える」が小中学校の教科書に採用されるそうだ。田舎と世界を結ぶが切り口。田舎と都会ではないところが新しい。田舎でカフェを開業することに憧れを持つ人は多いと思うけれどカフェを拠点にこれまでにユニークなイベントをたくさん企画されている。その企画を支えてきたのは「所属タレント」の博士こと井筒智彦の存在が大きい。博士は東大の大学院卒。宇宙工学がたしかご専門。植田さんに感化されてか憧れてか何しろ衝撃の出会いだったようでNASAの就職を蹴って!北広島町へ移住されたという変わり者。頭脳明晰だけじゃなくてルックスが素晴らしい。ご町内の温泉で撮影され...オンラインライブ準備完了

  • 新屋まり投銭ライブ in ぞうさんカフェ 告知

    新屋まり投銭ライブinぞうさんカフェ告知9月11日(金)19時30分ライブ配信をスタート。サポート倉田香織(キーボード)あっと驚く選曲だらけ。渾身の60分にご期待下さい。無料で試聴できますが、投げ銭受付中です。http://ptix.at/ePvUzvお気持ちをよろしくお願いします。※ライブ終了後〆切になります。新屋まり投銭ライブinぞうさんカフェ告知

  • フェンダー君との別れ

    お盆に甥がお墓参りに来た。仕事の合間にギターの個人レッスンを受けているそうだ。もう2年くらい受けているかな。私が学生時代にもらったモーリス君を彼にあげた。フェンダー君を買わないかと甥に言ってみたが、モーリスの方が良い音がするそうだ(涙)就職してからもたまーに触っていた。人生で初めてのCD制作にも使った。弦がビンビン妙な音を出すようになって買い替えたけれど良い物だったのかもしれない。フェンダーを前向きに検討すると甥は言ったけれど彼の母親が「売ったら?」と言うので甥はその気がないのだろう思い昨夜メルカリに出品した。その夜のうちに100人くらいの人が見ていた。その夜のうちに書き込みがあって5000円値引きしてくらたら即決で買いたいという人がいた。結果売りました。楽器店では3万円だったけれど持って帰った。往復の交通費や...フェンダー君との別れ

  • アコギ買いました

    タコマ君の1弦目がビイ~ンと不穏な音を出すのに気づいた。数日それに耐えてみたが治るはずもなく。あと何年このギターを使う?つまりは後何年活動する?と自問自答した。実は気に入らないけれど他にもう1本エレアコがあるのだ。我慢しようと思ったがやっぱり気になる。出かけるのには諸々条件が整わないと。今日行こうと思った日はお店の担当者が不在の日だった。ギター修理ができるお店を検索。50キロ先へ抱えて行った。長年使ったのでフレットがすり減っている。結論としては治してもそれほどの成果がないかもしれない。ちょんと治すには6万円くらい掛かるとのこと。とりあえず治すのを諦めた。押さえる時にフレットの近くをきっちり押さえればフレットに弦が当たらないので妙な音がしないことも分かった。丁寧にアドバイスをしてもらったので弦を買いますねと言った...アコギ買いました

  • 新屋まり存在の奇跡

    バンド活動を始めたのは41才。相当遅咲きだ。「普通の人がやめる年齢だ」と誰かに言われたものだ。ライター業の妹が庄原市の取材に行ったのがそもそも。役場で勧められたライブレストラン「すけあくろう」を妹が訪ねたらお店のマスターのオリジナルCDのラフ音源が掛かっていた。妹が気に入ってCDの予約を入れた。出来上がったCDを妹が私にくれた。シンプルかつエモーショナルで、何より歌が素晴らしかった。今にして思えば私の好きなマイナーコードが満載だった。すぐにファンになった。レコーディングライブがあるのを知って妹と出かけたが、中止になっていた。それでマスターと話をする機会ができたのだった。話をしている最中に何を思ったか「コーラスが必要だったら言って下さい。」と口が言った。口がそう言うまで考えもしなかったが高校生の文化祭で年1度、ギ...新屋まり存在の奇跡

  • 夏休み終了

    毎日暑い。1週間の夏休みが終わった。外出自粛を旨として寝ては起きてご飯を作っては片づけてビールを飲んではテレビを見てダラダラするのも飽きる。ひがな母と麻呂と過ごして居たら煮詰まったある朝、「まり~ぃ!!」と母が階下から呼ぶ。弟がドライブに行こうと誘ってくれた「めったにないで~。」「あんたも行こう」と大喜びだ。先ごろゲットしたという無駄にでかい車に麻呂も乗って宮島周辺へ。「海の見える杜(もり)美術館」で生の北斎や広重の絵を鑑賞した。あっしらーには縁がないの~と母。どこも人出が少ないが宮島口の駐車場は混んでいた。海を見た。ランチをしてレクトをぶらついて帰って来た。翌日から母は脚が痛くて大変だが楽しかったと何度も言っていた。この夏休み中、写真家の宮角孝雄さんの作品展に顔を出して食事をご一緒して、親戚のお墓参りをして妹...夏休み終了

  • 猛暑

    ここ4日全国的な猛暑が取りざたされている。救急搬送が何百人も出て10人も亡くなったそうだ。昨日までは「大変だね~。」と他人事でニュースを見ていた。が、今朝からどんどん気温が上がって2階の自室で探し物をしていたらおでこから首筋から耳の後ろから汗がダラダラ流れ落ちるほど。毛皮を着たのと同じ麻呂はベロを出してあえぎながら部屋中をうろうろしている。暑くて身の置きどころがないようだ。あたしも今日だけは引き下がれない。エアコンを使いたい。我が家のリビング中央に鎮座ましますゴッドマザーから使用許可を賜った。午前11時で室温30度。こんな田舎でもエアコンがなくては過ごせないほどになった。28度になってみれば極楽かはたまた天国かという快適さ。テレビで室外機に影を作ったら効率よく冷えると言っていたので茶葉を摘むときのざるを被せた。...猛暑

  • 交流試合 天理 vs 広島新庄 ハイライト

    母校の野球部が強豪「天理」を相手に甲子園でのびのびプレイ。テレビで見ているだけの私だが彼ら以上に消耗した。で、終えて見れば4対2の快勝!新庄の主力ピッチャーは2、3番手まで腕やら肩が故障中と聞いていた。もしかしてボロボロに打ちこまれるかもとおびえていた。甲子園は全国放送。コマーシャルにはもってこいだけれどもしかして真逆の効果も。なんたって天理は春夏合わせて50回くらい甲子園で戦っている。新庄はここ数年で力をつけてきたが春夏合わせてやっと3回。前評判では圧倒多数で天理が有利。10時試合開始。県大会では投げなかった秋田君だが力みのない好投で前評判の高かった天理打線を完全に封印。しかも藤原何とかという俳優似のルックス。全国で女子がキャ-キャーだな。交代した秋山君も頑張った。まだ2年生。来年も試合があるという保証はない...交流試合天理vs広島新庄ハイライト

  • 被爆75年「ヒロシマを歌う」動画

    被爆75年「ヒロシマを歌う」新屋まりヒロシマを歌うと題してライブ仕様で動画を配信。完全なるオンライン・ライブを予定して下見に訪れた(株)中国コイケさん社長室。セキュリティーが素晴らしくて回線に入れず。ライブを断念。急きょ録画をしました。いつもこうなんです。つまりほぼスっぴン。「きゃ~~~」なアウト画像。「グラウンドゼロ」は音量バランスが正直なところいまひとつ。などなど不慣れなゆえに色々手落ちがありますがご容赦下さいませ。https://www.youtube.com/feed/my_videos?disable_polymer=trueなお9月11日(金)19時完全オンラインライブをします。60分程度の予定。会場ぞうさんカフェ(北広島町芸北地区)サポート倉田香織(キーボ-ド)コロナ対策ばっちりの店です。数組様の...被爆75年「ヒロシマを歌う」動画

  • 稗取り後の楽しみ

    シンガーソングライターである以前に農家の長女です。「それはもう知っている」と思われるムキもありましょうが自身に言い聞かせておるのです。8月は広島にとって特別な日。原爆投下の直下にあって奇跡的に生き延びられた森川定實さんのご子息との縁から生まれた合唱曲「声三部作」を2年に亘り発表した。演奏だけならともかく合唱となると時節柄、練習も発表もリスクが伴うから首尾よく発表できたことは幸運だった。広島市では8月6日を「ハチロク」と言う。今年はハチロク関連のイベントもネット配信スタイルになった。私も2曲をユーチューブにアップした。本日18時配信開始です。ノーメイクだし機材はリハ用だったので不備があるから本来はアウトだ。これまでの活動がパーになるリスクを犯したかもね。photo宮角孝雄農家の長女が歌活動にかまけているとたぶん家...稗取り後の楽しみ

  • ユーチューブde オンラインライブ 

    先だっての録画をアップしました。一晩中パソコンはアップロードしてくれた。が、どうしたわけか私が上げたいチャンネルには上がっておらず。新屋まりチャネルがまたあらたに生まれてしまった。訳がわかりません。そもそもついていけないという方も出て来ており私自身がこんな状態ですから、オンラインライブなんて新機能新システムで活動をできるかどうか。一応勝手に生まれたチャンネルにテスト的な動画をアップしました。先だっての「被爆75年ヒロシマを歌う」も新屋まりYouTubeこのチャンネル上にアップします。8月4日(火)18時開始設定です。13分程度となっております。どうか見れますように。https://www.youtube.com/channel/UCajHhBT0Df4eFkHv2zmLgJAユーチューブdeオンラインライブ

  • オンラインライブの壁

    急に思いたったのです。あれやこれやが後手に回るって毎度のことでぇ~す。今回の案件はオンラインライブ。インターネットでライブを配信したい。みんなやっている。スマホでイージーにできる。が、我が町の回線速度はスロー。最近では通話も滞る。みんなで回線を使うからかどうか。少なくとも我が家のワイファイは私が払っている。10メガとかの最低速度で最低料金なのです。親戚が来るとひとり一台づつスマホを覗いているのでキャーことになる。が、最近ではパソコンもアレレ。ネット配信できる速度なるものが必要ってことでありがたいことに広島市内のオフィスをお借りできることになった。録画と違ってオンラインは相応の機材とか技術が必要。PA大崎氏とカメラマン森脇氏がサポートしてくれた。㈱中国コイケさんの社長室へ。リハさせてもらつもりですべての機材を搬入...オンラインライブの壁

  • 待ち遠しい梅雨明け

    雨ばっかり。豪雨の被害がなかったのは幸いだが、いい加減に晴れてもらいたい。梅雨明けが待ち遠しい。梅雨が明けたら猛暑かもしれない。近年の暑さときたらこの国はもはや亜熱帯か?と思うほどでリビングに鎮座ましますゴッドマザーはエアコン使用についてはなかなかに手厳しい。つけるつけないで散々意見を申し立ててやっと「ええよ」と許可がおりるのだが設定温度は30度。暖房かよっ!と思うほど。どうにか29度を死守するがそこに至るまで更に押し問答だ。苦労して勝ち取ったエアコン使用の29度設定も私がトイレに立った一瞬の間に電源オフにされたりして元の木阿弥なのです。あの暑い夏がもうすぐやってくる。あの暑さには辟易するけれどそれでも梅雨はもうたくさんだ。ジメジメしている間に短い夏が終わってしまいそうだ。せっかくの夏。青い海と青い空を見ながら...待ち遠しい梅雨明け

  • ミッション・母の脳を活性化

    ちょっと用事が立てこむと母は居間におきざりになる。母は86才だっけな。介護はほぼ必要なし。良く食べて良く練る。お風呂嫌いだが渋々ながらでも一人で入って洗髪もできる。料理はじゃがいもサラダと肉じゃがができる。おにぎりはゆるいので口に運んだらボロボロ崩れる。ゆっくりだけれど杖をついて自力で歩ける。1本は一月前から行方不明。杖って行きには必要だが帰りはいらないようだ。放置していたらずっとテレビばっかり見て居る。再びいや三度か?仮性の認知症になってしまった。お昼は食べたかの~と言う。しっかり食べておられます。本当に何も覚えて居ない。前夜弟と意見が合わなかったことは覚えているが何についてかを私に説明できなかった。「叱られた」とだけ言った。私が叱っていても話を全然聞いていないからね。こちらとしてはエキサイトしてくることもあ...ミッション・母の脳を活性化

  • 投げ銭御礼。オンライン(配信)ライブ

    2日間に亘りライブ配信された「HirhosimaMusicBlazeonlineliveperformance」7月18日初日のトップバッターに出演。朝帰宅して気になる髪にトリートメント(白髪染め)を施し慌てて出発。画面で髪の毛がバサバサなのはそのせいであります。ライブだけれど録画されて世界中からいつでも見れる。大げさに言えばオンラインライブって良くも悪くも永遠に残る。でもね、白髪を気にするっていう自分がおかしくて洗面台前で笑った。「問題点」は当然そこではない。会場は録音に何度か使わせてもらったセイントルイズ・スタジオ。楽器以外にたくさんの機材が入って大勢の人が居る中でリハを終えたらドンドン緊張していく自分を発見。何しろ一発勝負。私が選曲したのではあるけれど1曲目の「Pure」はなかなかの難曲。これまでのライブ...投げ銭御礼。オンライン(配信)ライブ

カテゴリー一覧
商用