searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ロマン派ゴルフ作家篠原さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ゴルフ惑星
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/golfplanet
ブログ紹介文
ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noこと、ロマン派ゴルフ作家・篠原の本音が炸裂します!
更新頻度(1年)

242回 / 365日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2014/11/07

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ロマン派ゴルフ作家篠原さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ロマン派ゴルフ作家篠原さん
ブログタイトル
ゴルフ惑星
更新頻度
242回 / 365日(平均4.6回/週)
フォロー
ゴルフ惑星

ロマン派ゴルフ作家篠原さんの新着記事

1件〜30件

  • 水は弄れば…… 必ず濁る

    大雨後の新しい池。周囲の目地張りした芝生の隙間の土が全て流れてしまい、こんな感じでした。何も考えずに見ていると、晴天の下、美しいシーンですが……池の水は、落ち着いた流れであれば澄み、急な流れが入ると濁ります。この池の場合、時間が経てば落ち着くのか?僕にはわかりません。水面は近づかなければ見えないので、美しい必要はなく、背の高いフェスキューを生やして、空池だけど池に見える仕様にするほうが良いような気がします。水は弄れば必ず濁るものです。ゴルフも一緒で、弄りすぎるとガタガタになるものです。じっと静かに見守って汚れが沈殿するのを待つことも重要な練習なのです。そんなことを考えながら、9月は過ぎていきます。来週末には10月です。あっという間に2021年も終わりそうです。ゴルフプラネット第65巻~頭を空っぽにしてゴルフを楽...水は弄れば……必ず濁る

  • お米の国のゴルファー2021“いつでも新米でいよう!”

    稲刈りが終了した田んぼが、あちこちにありました。新米の季節が来ました。この日は快晴で、刈り終えた田んぼに水溜まりが出来て、青空を写していてとてもきれいでした。残念ながら、レンズを通してはキラキラした感じや透明感は伝わりません。さて、新米ですが、すでに、コースの行き帰りに新米あります、という看板を発見しました。好みはありますが、新米が好きな人には待ち望んだ年に1度の季節が来ました。今回、それらの看板を見ながら新人という意味の新米を想起しました。いつものコースではほぼ毎回、新米ゴルファーを見ることが出来ます。ゴルフブームで新米が増えている証拠です。スイングや立ち振る舞いで新米だと判断せずに密かに近づいて会話を盗み聞きして確信することにしています。色々な新米がいて頼もしいです。先週は、先輩たちには低姿勢なのですけれど...お米の国のゴルファー2021“いつでも新米でいよう!”

  • そして、223の続報

    『ミズノプロ223』です。ポケットキャビティや貫通型キャビティの良いところ取りのアイアンですが、この手のアイアンとしては驚異的なコンパクトヘッドです。コースで打ってきました。お見事です。ある意味で、マッスルバックを越えたハーフキャビティ、という位置付けになると思いました。飛距離は、0.5番手アップですが、過去に例がないほど強烈なスピン性能です。マッスルバックのアイアンでも、これほどのスピンはかかりません。キャリーで使うアイアンの中では、一番飛ぶのも利点です。打ち応えも完璧です。しっかりとしていてボールがフェースに乗る感触を味わえます。スコアアップのためにバッグに入れるアイアンとして絶対の自信を持ってオススメします。ゴルフプラネット第65巻~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~篠原嗣典マイナビ出版ゴルフ千物語⑨Po...そして、223の続報

  • まずは、221から速報

    色々とDMやメールで問い合わせをもらいました。まずは……『ミズノプロ221アイアン』です。最高の、最強のマッスルバックを目指しているのが『221』です。まず、美しいです。マッスルバックのアイアンは、それは一つの機能です。3番~PWです。『120』でも賞賛されていますが、ショートアイアンに向けてヘッド長が短くなり、3番とPWでは2ミリ違います。アドレスすると背筋が伸びます。パワーがあれば120%使います。コース試打は来週末の予定ですが、シビれるアイアンです。特にショートアイアンが本当に良いです。今まで名器と呼ばれたミズノのマッスルバックのアイアンを全て足して良いところ取りしたような素晴らしいビューです。僕は、『TN-87』『MP-37』『MP-68』と使ってきたので、ある意味で、王道と呼ばれるのは『TN-87』だ...まずは、221から速報

  • 霞む山、水滴は妖精のように

    カメラを望遠にして遠くの山を撮ると手元のウィンドウの雨のしずくが半透明の玉に写ります。先週は傘を使ったのは数ホールで、傘が要らない小雨も数ホールでした。大粒の雨より小雨のほうが撮影は困難です。レンズに水がついてボケてしまうからです。この日は他にネガティブな条件もあったので、試打の撮影を断念しました。結果として、後悔しています。無理矢理でも撮影をしておけば、と思わせているのは台風の進路です。ここで宣伝です。シン貧打爆裂レポート『B1ドライバー』が公開されました。https://www.alba.co.jp/gear/column/article?title_id=513&id=18193ブリヂストンスポーツの誇りと技術の結晶を堪能できるドライバーです。わかる人だけがわかれば良いという逸品になっています。ご一読を<...霞む山、水滴は妖精のように

  • 大トリは来年の数字を背負っている

    ミズノプロの新しいアイアンが3種類発売されます。『221』は、シビれさせます。“THEMUSCLEBACK”ですよ。これぞ、マッスルバック、ということです。素晴らしいデキでした。特にショートアイアンがチューニングされています。ヘッド長も、重心高も、フローするのです。これは、そうあるべき!と感動しました。『223』は、上級者向けハーフキャビティ、という位置づけですが、最先端です。素材が8番より上はクロモリで、貫通型の深キャビティにフタをした感じです。9番から下は軟鉄鍛造です。このアイアンはロフトより飛びます。そして、ヘッド長がフローしてショートアイアンはコンパクトなのです。欲しかったよ!と飛びつく人もいるでしょうね。このアイアンも素晴らしい完成度です。最後が『225』です。これは、中空構造のブレードアイアンです。...大トリは来年の数字を背負っている

  • 卵にこだわってこそ……

    わかりづらいですが、凹んでいます。見た瞬間、わかる人にはわかります。初代が出たときの異形なスプーンは衝撃でした。僕の知り合いで初代を未だに使っている人がいます。久しぶりのこの形状は初代へのオマージュ、ということです。『egg』です。スプーンのみ、単品発売という気合いを感じます。『eggspoonBLACK』です。ティーショットで使ったら、後ろの組の人から「ナイスショット!」と嫁られたのはこのスプーンの威力です。打音が大人げなく、主張します。それでいて……此奴、なかなか侮れないのです。きっちり当たらないと機能してくれません。最初の2球は超低弾道になってしまって、気を入れ直して3発目からは惚れ惚れする弾道で飛距離もバッチリでした。打ち終えた後に自己陶酔できるクラブは本当に減りましたが、このeggはキメられます。バキ...卵にこだわってこそ……

  • お米の国のゴルファー2021最終章 第2話『謎は解けたが』

    ティーイングエリア越しに田んぼが何枚も連なっていました。品種が違うのが、別の理由なのか、田んぼによって色が違いました。先週も紹介した通り、基本的には、黄金色になってきて収穫間近です。ミステリーサークルは増えていました。「アレは……」と真相を教えてもらいました。嵐の風の跡ではないそうです。その場合は、円形とかではなく線上に田んぼ全体の稲が倒れるような感じになる、ということでした。真相は、イノシシが稲穂を食べた跡、なのだそうです。稲穂だけをきれいに梳いて食べるとのこと。知ってから改めて見てみると、凄い被害だと複雑な気分になりました。最初に書きましたが、先週よりも中央付近が倒れている田んぼは増えていました。毎晩、奴らは出没して人間様より早く新米の宴を繰り返しているのです。イノシシを罠で捕まえて殺処分するのは多くの自治...お米の国のゴルファー2021最終章第2話『謎は解けたが』

  • ゴルファーの自伝

    実は出てすぐに購入して、一気に読みました。面白かったです。松山英樹プロの一人称で語られるジャストナウな自伝になっています。B・ジョーンズの自伝であるダウン・ザ・フェアウェイに強い影響を受けたと思われる雰囲気が随所にあり、翻訳された日本語的な所もありますが……B・ジョーンズの自伝も一人称ですが、OB・キラーが取材して書いたものです。詳細は知りませんが、この本もそういう形で書かれたものだと思われます。このポジション。狙っていたのです。やりたかったなぁ……色々な人に企画として相談するたびに「彼は自伝とかは、やらないでしょう」という反応でした。今回、発売が公表された直後、相談した人たちから「おめでとう!」「初志貫徹だね」という連絡をいただきました。僕は無関係です、と返事をすると同じことを考えている人が他にもいたとは、と...ゴルファーの自伝

  • 青蛙、撮影できず

    アマガエルです。小さいけれど、ゲロゲロと大きな声で鳴きます。ウェッジの距離なら余裕で聞こえるほどの大音量です。早朝のコースは朝露で湿っているので、カエルがたくさんいます。フェアウェイにたくさんのカラスがいるシーンを見ますが、ついばんでいるのはカエルとミミズです。さて、前置きはその辺りで……アマガエルには色素異常で、きれいなブルーの個体がいるのです。つまり、真っ青なカエルです以前、数回、コースで見たことがあるのです。「青いカエルの画像を撮ると幸福が訪れる。特別なパワーがあるのだ」と教えられました。科学的に……と目くじらを立てる人もいますが、信じる者は救われるという奇跡は科学的な常識を凌駕することがあるのも事実です。そんなことで幸せになるチャンスが来るのであれば、今も幸せですけれどもっと幸せになりたい、と願うのは人...青蛙、撮影できず

  • 2回目のワクチン接種を終えて

    昨日の夕方。2回目のワクチン接種を終了しました。順調にいけば、今月末には抗体が最高潮に達するというわけです。今のところ……特別な副反応は出ていません。冒頭の画像は、先週の土曜に、9番ホールで雨がパラッときたときの一枚です。ドライバーが、この日一番の当たりで『よくやった』と褒めるような気持ちで、水滴がついたウィドウとホールをバックにヘッドカバーを撮ったのです。ちなみに、打ったクラブを持ったままカートに乗ります。迅速プレーのためです。タオルでクラブについた汚れも拭くことが出来ます。一石二鳥です。良いショットの後は抱きしめてあげます。画像を見ると、ヘッドカバーもなんだか誇らしげです。とはいえ……少しだけ試打したまだ情報公開前のドライバーがすこぶる好感触でちょっと困っています。良いものがあって気持ちが揺れるのもゴルフの...2回目のワクチン接種を終えて

  • お米の国のゴルファー、最終章

    田んぼが少しだけ黄金色に……稲穂は、すでに垂れていました。秋は田んぼからも来るようです。嵐みたいな雨の仕業かもしれません。ミステリーサークルのように稲が倒れていました。昔は、倒れた稲をすぐに立てないと稲刈り機が使えないので復旧作業が大変だったと聞きましたが、今は、機械の性能がアップしていて倒れた稲も刈り取れるとのこと。高い位置から見下ろすと、円形に倒れた稲はあちらこちらに点在していました。美味しいお米になるように祈って観察していましたが、いよいよ新米の季節が来るのですね。田植えから稲刈りまで、毎年、あっという間だと時間の流れる速さに戸惑います。今年も同様です。次の報告は、黄金色の田んぼになると思います。最終章です。ゴルフプラネット第65巻~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~篠原嗣典マイナビ出版ゴルフ千物語⑨Po...お米の国のゴルファー、最終章

  • 雨と池とキャリアベスト

    土曜日は9月最初のゴルフでした。予定していた試打が延期になって、前日の予報でも激しい雨……一緒に行く同伴者は同級生で一般のゴルファーです。やめようと言われたら中止だと思って久しぶりのゴルフがない土曜日をどう過ごすか?と少し期待していたら、「高額なレインウェアを買ったから、それを使いたい」と予想外の連絡があり、行くことになりました。9月からは早朝スタートではなく、ほぼ7時スタートがトップです。行きの高速道は道路も乾いていて「ラッキーかも」と期待しましたが、県境の峠を越えだら雨が降り出して、冒頭の画像のような感じだったのです。スタートしたときは雨はやんでいました。気温は19℃。完全な秋ゴルフです。まだ修理地の新設されたの池。長雨で水が半分ぐらいまで貯まって、池らしく見えました。最終的にポツポツとした瞬間は何度かあり...雨と池とキャリアベスト

  • 山桜と奇妙な陽気について

    1年中、コースで山桜を見ています。いつものコースには数え切れないほどの山桜があります。春の花だけでなく、夏の終わりの紅葉にも癒やされます。木によって違うがあるので、もう全ての葉を落としてしまった気が早い山桜もありますが、多くの山桜は見所でした。冒頭の画像は先週の様子です。最大の魅力はモザイクなカラー、だと思っています。見上げるとよくわかるのです。緑、黄緑、黄色、赤、茶……山桜に注目してゴルフをするようになって本当に良かったとゴルフの神様に感謝しています。大袈裟ではなく、自分の人生が豊かになった、と思うからです。例えば、初めての小説の『化粧咲き』は山桜を知ったからこそ書けたものです。化粧咲き篠原嗣典マイナビ出版今週も楽しみにしていたのですけど、今のところピンポイントの天気予報は土砂降りです。実は、予定していた試打...山桜と奇妙な陽気について

  • 夏の終わりに爆買いしたいご褒美について

    9月になったら急に気温が下がって秋ムードが盛り上がりそうな感じですけれど……甘さ控えめなスイーツが出るたびにそれは詐欺のようなものだと憤慨する昨今。画像のように「凄い!」と感動するアイスが出たのです。ここで宣伝です。シン貧打爆裂レポートプロギア『LSフェアウェイウッド』が公開されました。https://www.alba.co.jp/gear/column/article?title_id=513&id=18163ヘッドスピードが40m/sのゴリファー。FWが苦手なゴルファー。必見です!良かったです。ご一読を<(__)>予約販売プロギアPRGRLSフェアウェイウッドスピーダーエボリューションFORPRGRヘッド体積:3W(186cc)5W(182cc)PRGR(プロギア)話を戻します。先週の土曜日にゴルフ帰りに食...夏の終わりに爆買いしたいご褒美について

  • 突然のアイアンの大きな流れに戸惑う

    テーラーメイド『P790アイアン』です。来週発売です。3代目になります。初代、2代目と時代をリードするような進化をしてきましたが……今回はちょっと驚きました。弾道や打ち応えは素晴らしかったですが、使い勝手は未知のアイアンでした。たぶんですが、ヘッドスピードが速い人向けに調整して、番手設定をしているのだ、と考えました。スコアアップするためのアイアンとして、それが正解なのは間違いありませんが、そういう現実を無視して、あり得ない夢を追うドリーマーな人が圧倒的に多数で、彼らに説明するのはかなり難しいアイアンです。ただ、この流れは、他のアイアンでも同様なのです。優先順位をまともにした、ということです。今年の秋は見えない流れに翻弄されています。でもね。一度でも狂った世界の特別な快感を知った後に、元に戻るのは難しいのです。中...突然のアイアンの大きな流れに戸惑う

  • 花道の3つのグラデーション

    先週のスタートホール。すこぶる良い当たりで15ヤードもショート。『どうなっているわけ?』と混乱しつつ、ボールの所に……画像だとわかりづらいと思うのですけど、ラフラインも明確でラフはなかなかの長さ、フェアウェイもフライヤーを警戒するレベルの長さ、グリーンはきれい、というシーンです。9月になりましたが、今のところ、いつものコースはこの数年の中で最も上手く夏を乗り切ったように見えます。プレー後にこの日にコースデビューしてハーフを終えたらしい若者が言っていました。「マジに、滅茶苦茶きれいですよ。練習場の百倍ぐらい絨毯ですよね」微笑ましかったです。百倍絨毯の意味はイマイチわからなかったですが、冒頭の画像のように夏芝は元気いっぱいでモリモリしていました。暑すぎて夏芝ですらグッタリするような夏のシーンが当たり前になっていまし...花道の3つのグラデーション

  • 8月最後のゴルフと青い旗

    今年最後になる早朝ゴルフです。夜中に家を出るゴルフとも来年までお別れです。5時過ぎなのに27℃でした。空だけが涼しそうでした。結果的には今年一番暑い日のゴルフになりました。夏ゴルフでは青空は敵です。プレーヤーが来るギリギリまで散水をしていました。見上げたときに、空が高く見えました。秋は近づいています。よく見ると青い旗がチョロッと見えていました。夏バテではない、と思うのですが、少し前から体調が悪くてピリッとしない感じでしたが、ゴルフもイマイチ奇妙な感じでした。試打疲れかも……しれません。年をとったせいか、ワクワクやドキドキだけで乗り切れるほど甘くはないですね。とはいえ、自分のクラブを打てないゴルフはもう少し続きます。この渇望感がある限り、問題なし!!と考えることにします。8月最後のゴルフは、神妙に、ゆったりとやり...8月最後のゴルフと青い旗

  • Bシリーズはニューブランドです!

    ブリヂストンスポーツの新しいブランドは“B“です。ある意味で、真っ正面からの中央突破みたいな覚悟を感じます。冒頭の画像は『B2ドライバー』です。ドローバイアスがかかっている、というものです。良く出来ています。ここで宣伝です。シン貧打爆裂レポート『DFXROSSIEパター』が公開されました。https://www.alba.co.jp/gear/column/article?title_id=513&id=18148復刻版パターは、昔の値段で買いやすい、という心配りと、フェースなどのチューニングはジャストナウに合わせてあって素晴らしいデキでした。ご一読を<(__)>ODYSSEY(オデッセイ)パターDFXROSSIEメンズ右利き用マレットタイプスチールシャフト34インチラ...[ヘッドタイプ]マレットタイプ[ヘッ...Bシリーズはニューブランドです!

  • 残暑ゴルフという冒険へ!

    東京は、なんやかんや言っても、この夏、1回しか猛暑日になっていません、と気象予報士が言っていました。猛暑日は最高気温が35℃以上の日です。今日、東京は2度目の猛暑日になる、そうです。今朝、かなり強烈に寝ぼけました。夢と現実の区別が本当につかなくて、頭がハッキリしてからちょっと怖くなって震えました。さて……今週末も暑い、という予報です。秋の新製品の試打ゴルフはピークのままもう少し続きます。極寒ゴルフは修行。猛暑ゴルフは冒険。修行はやり遂げるために頑張りますけれど、冒険は命あってのもの。逃げることが正解のときもあります。カレンダーを見ながら、ふっと思ったのです。試打がなければ、この半分ぐらいのゴルフで十分かもしれない、と。ちょっと昔なら定年している年です。若いと思っているのは自分だけで、しっかりとおじいちゃんです。...残暑ゴルフという冒険へ!

  • アイウェアにかんする1つの仮説

    水色のレンズのサングラスが好きです。今シーズン使っている4つのサングラス。青いタオルの上にあるとどれが青いレンズか?わかりづらいです。正解は、右上と左下です。右上のサングラスはシン貧打爆裂レポートで今、使っています。サングラスで、撮影した時期がわかります。実は、色々と考えてプレー中に左上のミラーになっているサングラスを春から使っていて、何となく結論が出たかなぁ、と思っています。フィット感とか、いわゆる使用感にこだわってみると左上のものが一番だったのです。それでテストをしていたのです。結果的にはつけ心地より青いレンズのほうがスコアが良い、ということです。あくまでも、個人的な感想ですが。右下はクリアレンズで(若干、色がある)晴れた日の車の運転に使っています。サングラスに慣れると晴れた日に長時間、日光を浴びていると、...アイウェアにかんする1つの仮説

  • 音がしそうなシーンに青空

    本当に良いショットだとその感触や打音は記憶に残ります。色々なクラブを試打して、最近、思うのです。“何でも良いわけじゃ、ないんだよなぁ”と。特にアイアンは打音や感触も機能なのだとハッキリ思います。画像は、先週の試打で打っているのは9月発売のタイトリストの『T-300』です。1番で初球。2番で2球目。3番で3球目。そして、これが4番です。高い木越えの130ヤードのやや上りのショット。きれいな弾道でグリーンに乗って、パットも入ってバーディーでした。動画を見なくとも打音や感触をハッキリ覚えています。やさしくて、高機能なアイアンで素晴らしいのですが……なんだか違うのです。厳密には、どれもこれも、みんな違うのです。最高の成功体験に紐付けされた代えがたい感触。そういう記憶があるのはゴルファーとして幸福なことですが、残酷なこと...音がしそうなシーンに青空

  • 大きなのっぽの古時計……5:29

    先週、直って欲しいと強く願っているとお伝えした針が止まった大時計……願っている、と書いていた頃にはすでに直っていた、そうです。5時40分スタートも今週末で最後とのこと。9月からは7時スタートです。正直な話、9月の残暑の中で7時スタートでゴルフが出来る気がしません。厳しい9月になりそうです。さて、時計の針は、5;29です。空は秋空な様子で『空から季節は変わっていく』という感じです。直った大時計と自分を重ねながら逆光の文字盤をしみじみと見ていたのです。パーツを入れ替えて直るというイメージは、手術後の絶好調の自分を想像させます。(予定なしですが)時計は直せば元通りにはならないまでも、正確な時間を教える役目はちゃんと果たします。僕が直ったら……そもそも、どこが壊れているの?何が止まっているのだろう?両手では足りません。...大きなのっぽの古時計……5:29

  • 秋は空から来て、大時計は止まった

    朝日が昇って、雲が秋っぽい、と思って撮った一枚です。クラブハウス前の大時計が写っています。ここで宣伝です。シン貧打爆裂レポート『EPICMAXFASTドライバー』が公開されました。https://www.alba.co.jp/gear/column/article?title_id=513&id=18139ヘッドスピード40m/sのゴルファーは必見です。ご一読を<(__)>キャロウェイ(Callaway)ドライバーEPICMAXFASTメンズ右利き用ロフト10.5°フレックスRシャフトS...[番手]1W[クラブ重量(g)]269[長さ(インチ)]45.75キャロウェイ(Callaway)話を戻します。大時計の時間を確認してビックリです。実際の時間は6時45分ぐらいなのです。本日のメルマガGolfPlanetの...秋は空から来て、大時計は止まった

  • 蓮池便りと、これからの池

    夏のたびにお釈迦様の気分になる蓮の花が満開の池です。池越えのパー3。逃げ道はありません。赤い旗が見えます。今年は、奇妙でした。まず、蓮の葉が池全体を覆わずに水面が見えているエリアがあったのです。こんなことは初めてでした。花の咲き具合もぽつん、ぽつん、という感じで、なかなかピークが来ない感じでした。冒頭の画像を改めてみても、例年ならもっとびっしりと花が咲きます。不思議です。ここで宣伝です。シン貧打爆裂レポート『KING3DPRINTEDパター』が公開されました。https://www.alba.co.jp/gear/column/article?title_id=513&id=181383Dパター2機種目。チャレンジングです。ご一読を<(__)>話を戻します。そして、次のホール。池がほぼ完成したようです。カート道...蓮池便りと、これからの池

  • 腕が怠い? 鈍さと痛みはある 

    昨日、1回目のワクチン接種を受けました。いつ打ったのか、わからないほどで、注射の恐怖は問題なく、ホッとしました。ファイザーのほうです。大人しく過ごし、一晩寝て、今朝になりました。一緒に打った愛妻は昨夜から腕の痛みと怠さがあると話していましたが、僕はほぼ何もなく、安心していました。『怠い?』腕が怠いという感覚が僕にはわかりません。怠さに、鈍感で医師からからも時々笑われます。甲状腺の疾病で普通なら相当怠さがある状態だと血液検査の結果で判明しても、僕には自覚がない、からです。朝になって、腕の痛みは出ています。ただこれは、いわゆる筋肉注射の痛みのようです。他には……1つだけ奇妙なことがあります。注射をした手の感覚が少しだけ鈍いのです。左腕に注射しましたが、右手で物を握るのと左手で同じ物を握るのでは、温度感、質感が違うの...腕が怠い?鈍さと痛みはある

  • 秋の気配、山桜の葉、稲穂垂れる

    連休初日にゴルフをしましたが、暑すぎず、夏ゴルフではない、という感じで、最高のゴルフ日和。天気予報が悪く、キャンセルがたくさんあったと聞きましたが、雨とは無縁のゴルフが出来ました。グリーンでパットしてカートに戻る途中、山桜の落ち葉が……山桜の紅葉は真夏から始まります。今、見頃です。コースの脇の田んぼが稲穂を付けています。毎週、見るたびに変わっていくので面白いです。田んぼは薄らと黄色も混じってきたように見えました。ゴルフコースは秋の気配が次々に見つかります。季節は移ろいます。この夏は、ゴルフ仲間やお友だちなど、バラエティー溢れるメンツとゴルフが出来ていて、本当に幸せです。唯一、気に入らないのは……まあ、それはまた、別の話。課題があることはのびしろがある証。頑張ります。ゴルフプラネット第65巻~頭を空っぽにしてゴル...秋の気配、山桜の葉、稲穂垂れる

  • ここからは宣伝です的な秘密について

    ラフからのショット。ウェッジの抜けの良さが見えるようです。シン貧打爆裂レポートクリーブランド『RTXFULL-FACEウェッジ』が公開されました。https://www.alba.co.jp/gear/column/article?title_id=513&id=18130フルフェースのウェッジについて今まであまりピンと来ませんでした。今回の試打でフェースが大きく見えて、結果としてそれも機能として働くことが初めて確認できました。なかなかのウェッジです。クリーブランドゴルフウエッジRTXFULL-FACEN.S.PRO950GHスチールシャフトシャフトメンズ右利き...ロフト角:58度クリーブランドゴルフ(ClevelandGolf)幻想的なシーン。カメラを通したほうがより雰囲気が出ます。コレも公開中のシン貧打爆...ここからは宣伝です的な秘密について

  • ざんく。さんきゅう。サンキュー。

    8/10の昼前の車外温度。39℃でした。このブログ記事は8/11日に公開したと勘違いしていて、先程、下書きとして留まっているのを見つけて、慌ててアップします。山手通りの新宿の脇辺り。今年一番の暑さに注意して、とラジオが何度も言っていました。今年一番だとしたら、明日からは秋に向かっての折り返しになるんだなぁ、としみじみしました。39をなんと読むか?色々だと思います。ゴルファー心理としては39でセーフ、とホッとするケースがあります。40と39には1ストローク以上の深くて、高くてズシンと重い、何かがあります。高校時代。麻雀がわからないヤツは友達がいない悲しい人だと勝手に決めつけていました。若さはときに残酷です。39を「ザンク」と麻雀ふうに言うのがカッコイイと思っていました。いつの間にか、「さんきゅう」とごく普通に発音...ざんく。さんきゅう。サンキュー。

  • 高気圧はVENUSたちの交差点

    最終ホールの2打目地点。突然の土砂降り、5分もしないで下着までビショ濡れに……そもそもが、ドキドキの展開でした。5日前の天気予報は雨でしたし、二転三転しながら、スタート12時間前の天気予報でやっと薄曇りになって、日頃の行いが報われた、と感謝をしてから、『本番はこれからだ』改めて気が付く、という喜劇。土砂降りの一時間後。駐車場のマンホールで太陽を捕まえた!と気合いが入った1枚です。雨が降ったことは地面を見ればわかりますが、空は太陽がギラギラとしていて嘘のようでした。そんなゴルフに付き合ってくれた仲間に感謝です。これは、土砂降りの27分前のシーン。個人的にはフラフラするほど暑くて、試打動画のチェックと仕上げに全集中!という時間でした。画像を見ると爽やかですが……太陽は罪なヤツ、なのです。ゴルフプラネット第65巻~頭...高気圧はVENUSたちの交差点

カテゴリー一覧
商用