chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 沼津アルプスⅲ

    :🗻終始雲の中今日は箱根の山をトラバースし熱海を経て、JR西日本で沼津駅へ。冬の定番「沼津アルプス」を歩いてきた。沼津アルプスは香貫山~大平山へと続く七山七峠の山稜の総称。富士山・箱根・天城といった山々や駿河湾の眺望が楽しめる。一番高い鷲頭山が標高392mと低山だが、峠~山~峠とアップダウンがあり本格的なハイキングが楽しめる。【ぬまづハイキングマップより】映して・・・・と叫んでいるようでした「🍊温暖の地伊豆半島」梅も大平山アオキの実9:50多比口峠、まず稜線から外れた大平山をピストンいい天気です10:10大平山:356m、奥沼津アルプスの入口です(既登済み)静岡弁ですね10:20多比口峠から「ウバメガシ」樹林帯を行きますブナ科コナラ属、その材は密で硬く、特に備長炭の材料となることでよく知られている。木の葉...沼津アルプスⅲ

  • ダルマ沢ノ頭・震旦郷山ⅱ

    1月21日黒岩さん、今日も松田町に来ています。富士急バスで田代向へ、宮地山~ダルマ沢ノ頭~シダンゴ山~寄へ降ります。松田町「ロウバイまつり」開催中9:40富士急バス「田代向」BS中津川を渡ってミツマタ:蕾が膨らんでます松田町表示板林道を歩いて高松山への尾根道10:05宮地山入口(´艸`)笑い🍄🍶オチョコ🍄10:20宮地山:502m🔩ネジ鹿のコロコロ便10:40タコバチ山:588mダルマ沢ノ頭の稜線一旦林道に出ます(結構な急登、標高差でmぐらい?)今年は多いらしい11:05シダンゴ山分岐、まずはダルマ沢ノ頭へ43段、上ります杉林の急登まだ続きます11:30ダルマ沢ノ頭:880m・昼食御殿場線東山北駅の西6km、北西1kmに秦野峠「虫沢古道を守る会」の表示板林道秦野峠へ、まずこの木段を激下りです(芸術的な木段...ダルマ沢ノ頭・震旦郷山ⅱ

  • 浅間山・鷹巣山(湯坂路)

    1月15日、今日も箱根へ来ています。今にも泣きそうな空、予報は15:00頃から☔☔☔8:50(湯本駅から歩いて)湯坂路(鎌倉古道)登り口鎌倉時代になると、箱根山を越える湯坂路が開かれた。湯本から湯坂山に登り、浅間山・鷹巣山を越えて芦之湯に下り、箱根権現を経て箱根峠を越え、三島へと下るもので、源頼朝の箱根権現への参詣道として整備されたもの。左は国道一号線、箱根駅伝でおなじみの道路です箱根路は①碓氷道(先週歩いた)②足柄道(足柄峠越え)③湯坂路と変遷し、江戸時代に湯本から須雲川沿いに元箱根へ越える官道(箱根旧街道)が開かれた。今回の予定は湯坂路で上り、畑宿へ出て、旧街道を湯本へ下る周回コースを設定した。石畳みが残っています。ウリ坊が餌探しをした跡ですバイクの排気音を聞きながら・・・塔ノ峰の並みですミルフィーユ...浅間山・鷹巣山(湯坂路)

  • 明神岳~明星岳(箱根外輪山)

    2023年初登りは大雄山最乗寺~明神岳~明星岳~塔ノ峰(箱根外輪山)縦走した。箱根越えの最も古い道は、関本~明神ケ岳~宮城野~碓氷峠~仙石原~乙女峠~御殿場を結ぶものだったらしい。外輪山に二度(明神ケ岳・乙女峠)も登るのだから当時の旅人の苦労が偲ばれる。「碓氷道」と呼ばれたものだ。【山と高原地図:箱根より】小田原駅から大雄山線に乗換え大雄山、バスで「道了尊・最乗寺」へ9:00最乗寺、奥ノ院まで参拝に天狗の住む寺です天狗の下駄三百十四段、登ります御神籤はまたも「吉」健康・病気:今の状態を大事に保持すること。病気はやや長引くが心配はない。調子に乗って無理をしないように。9:30明神橋を渡って登山口へ、杉の大木の中、寺の鐘の音を聞いて何かに見えませんか?林道を二度横断し霜が降りてます10:10見晴小屋通過高度を...明神岳~明星岳(箱根外輪山)

  • 2023 has come

    2023hascome大晦日から孫が襲来、賑やかなお正月を迎えました。明けましておめでとうございます。チラシ類の束です内訳は①家電販売nojima他・・・・3②スーパーユニオン・・・・6③紳士服AOKI・・・・3④メガネパリミキ・・・・2⑤衣料品ユニクロ・・・・2でしたお雑煮ですおせち料理、早々に年賀状が届きました正月の町を歩いてきました門松君が代発祥の地:妙香寺へ初詣今年もしっかり歩けるようにこんな石碑もありましたツワブキ今日の🗻青空と🍊根岸湾遠景:正月も休みなし(手前:ENEOS、奥:J-POWER旧電源開発)昼はケンタッキーとHORAIの豚まんで夜はお寿司とお節でTiger今年の元旦も無事終了2023hascome

  • 2022 is over・・・

    夕暮れ@京都駅2022年を振り返ると38回登山へ、行き72山を登りました。歩いた距離は456,5km、登り標高差は24,448m、費用(交通費・宿泊費・ツアー会費)339,887円かかりました。1月:コロナ禍で蔓延防止法発令中・・・3月解除低山からソロリとスタート、大山南尾根(955m)最高ピーク4月:ロッテ佐々木郎希が完全試合、知床半島で観光船「カズワン」沈没4月鍋割山(丹沢)ピーク5月:大谷メジャー通算100号本塁打5月9,10日と関西遠征、二上山(奈良)蓬莱山(琵琶湖西岸)5月29日、定番の塔ノ岳を登った。6月は山梨百を三山①富士見山②甘利山③千頭星山をⓂaitabiツアーで。7月:安部首相、参院選挙遊説中銃撃され死亡、右眼白内障手術白内障手術があったので夏山は出遅れ、夏の北横岳がピーク8月:大谷が...2022isover・・・

  • 陣馬山(相模湖から)

    12月18日今年の〆の登山は陣馬山でした。今年一番の寒波に見舞われた列島、雪も懸念される状況でした。倉岳山が候補でしたが、踏み跡のない雪道を歩くのはリスクもあるし、無難なところへとの選択から、相模湖駅~陣馬山としました。9:05中央線相模湖駅、雲がありますが晴れています。ただ”寒い”もう咲いていました相模湖駅~与瀬神社へ、明王峠へ出て縦走路へ合流~陣馬山というルートです線路際を歩いて真言宗慈眼寺へ、入口に馬頭尊聖徳太子養蚕と読めます。奥の院?が与瀬神社1956年4月に「相模湖駅と改称されるまで、「与瀬駅」と呼ばれていた。与瀬駅で駅弁を買おうとすると「与瀬・・与瀬」とアナウンスされるので弁当屋がつぶれたとか?そんな話もあったようですが、真意のほどは・・・・・9:15与瀬神社(登山口)「アイゼン着用」冬用バー...陣馬山(相模湖から)

  • 高柄山(高塚山)

    高柄山(高塚山)へ行ってきた。中央線沿線”駅から駅へ”歩ける山梨百名山、二度目になる。今回は上野原駅~鶴島御前山~高柄山~千足~四方津(しおつ)駅へ降りた。9:15中央線上野原駅東口、ここから歩きます桂川を渡って、中央)鶴島御前山鶴島のムクノキ=県指定天然記念物(瀕死の状態?)琴平神社9:30害獣除けの柵内、登山口へ御前山の麓を巻くように落葉を踏みしめ歩きますシキミモミジやっと登り道にヒイラギ:Chirstmasiscomingsoon10:05杉の植林帯を抜けて(稜線に)御前山分岐10:15二つのコブを越えて(鶴島)御前山:484mこの山域には御前山が三山ある・斧窪御前山:523m・四方津御前山:461m「御前」は霊峰に対する「お前立ち」の意味があり、御前山は、御岳山の遥拝所であったという史実がある。(...高柄山(高塚山)

  • 父不見(ててみえず)山

    12月4日Ⓜaitabiで、父不見(ててみえず)山へ行ってきた。新宿駅~貸切バス「関越自動車道」花園ICで降り道の駅「龍勢会館」で休憩、道の駅「龍勢会館」、打ち上げ花火で有名10:55杉ノ峠下登山口:780m着(埼玉県側は南斜面)杉林を行くカラマツと杉植林帯11:20杉ノ峠:885m20数年前の森林火災の跡埼玉県のたおやかな山並み冬枯れの広葉樹林帯の道、アセビの葉落ち葉、枯れ葉、🍂、山稜の落ち葉は、樹木が脱ぎ捨てた廃棄物ではない。萌え、茂り、落ち、枯れ、砕かれ、土に吸収される。循環の中の一つの姿であり、流転していく命でもある。自然に在るものは、自然のままにして置けばよい。歩きずらいと云っているのは、我々人間だけだろう。【随想集山の途中で:山稜の落ち葉より】11:55父不見山:1047m(ザル平ノ頭)群馬県...父不見(ててみえず)山

  • 大山ⅷ

    11月20日、8回目の大山は大山三峰縦走コースから登った。大山詣りは、鳶などの職人たちが巨大な木太刀を江戸から担いで運び、滝で身を清めてから奉納と山頂を目指すといった、他に例をみない庶民参拝である。そうした姿は歌舞伎や浮世絵にとりあげられ、人々の関心を呼び起こし、江戸の人口が百万人の頃、年間二十万人もの参拝者が訪れた。大山詣りは、今も先導師たちにより脈々と引き継がれている。【日本遺産に認定された概要より】8:50小田急本厚木駅⇒神奈中バス広沢寺温泉BSへマンリョウ:ヤブコウジ科@広沢寺境内鐘ケ嶽:561m「不動尻」まで林道を上ります9:30山ノ神隧道(に鐘ケ嶽登山口)(無名)滝も落ちてます9:40不動尻ミツマタ(このまま冬を越します)9:50大山三峰山分岐、大山まで.km杉の植林帯九十九折を上りますミルフ...大山ⅷ

  • 今週はOFF、雨の中全国割ツアーへ

    今週は模様で山は休み、雨の中クラツー主催、山梨県を巡る旅へ全国割:日帰りで5000円割引、山梨県クーポン券1000円付きます。まずは「忍野八海」へ🗻の伏流水が八つの池に湧いていますマユミの実河口湖畔のもみじ回廊を経て「大石公園」へ(ここは御坂山塊大石峠への登山口があります)あいにくの天気、まったく見えませんでした今日は”HARE”ではない!でもここには🗻🗻🗻🗻🗻🗻大活躍でした、ほうとう米粉のクラッカーマグカップマグカップカバーお酒でもどうぞツマミはここにちょっと早いですけど息子さんにどうですか?御坂峠を越えて甲府盆地へ、「信玄館」で遅い昼食です孫にも”金メッキ”ですか?「乾徳山恵林寺=武田信玄の菩提寺」歩いて20秒です天正10年、織田信長による甲州征伐により、勝頼公は自刃、武田家は滅亡します。その後、武田...今週はOFF、雨の中全国割ツアーへ

  • 奥高尾縦走ⅵ

    11月12日、紅葉に彩どられた奥高尾縦走Ⅵに行ってきた。(年1回のタイムトライアル)8:10JR高尾駅スタート(登山客が)ヤマハギ:マメ科山茶花の季節ですね8:30京王線高尾山口のですここは紅葉の名所です晴れてますカシワバハグマ木洩れ日の中「高尾山三十三観音」山門商売に手を”染められた”高尾山の空海さん本堂9:45高尾山:599m❶撮影待ちの登山者が整列して待っています、富士山は雲の中ヤクシソウ:キク科花言葉は賑やか、今が旬の花です「ここより奥高尾」です今日の🗻八丁平の紅葉10:40小仏城山:670m❷茶屋のにぎわいまだ7kmあります明るい杉林を下って10:55小仏峠景信山まで登り返しますツルリンドウの実明日は「陣馬山トレイル」が予定されてます11:25景信山:727m❸昼を食べました歩いてきた道が確認で...奥高尾縦走ⅵ

  • 鍋割山ⅶ~塔ノ岳⓮

    11月6日、ブナの黄葉鍋割山陵と紅葉の塔ノ岳を歩いてきた。8:10員のバスに揺られて大倉登山口、鍋割山へ向かいます。ハルジオンコウヤボウキ:キク科西山林道入口まで迂回路が準備されていました西山林道、鍋焼きうどん目当ての登山者がチラホラ🍄蛙手・楓・カエデの紅葉が陽に映えます青空が9:35二俣、勘七沢(沢登リコース)渡ります落差15m「黒竜の滝=人の名前が由来」今日は滝らしく流れていました本沢を渡り(車両はここまで)後沢乗越への本格的な登山道に杉林、木の根道を上って、後沢乗越へ最後の上りです10:05後沢乗越、栗の木洞からの道と合流しますもみじの紅葉ですピークを三回登りますアザミ紅葉で彩どられた鍋割山ですリンドウ(まだまだ頑張っていました)蜂が仕事中、花粉で化粧し飛び立ちました11:05鍋割山荘、鍋焼きうどん...鍋割山ⅶ~塔ノ岳⓮

  • 大鹿山・オッ立・コンドウ丸

    10月30日小金沢連嶺~笹子峠に続く稜線にある、大鹿山~オッ立~コンドウ丸を歩いてきた。この稜線は東西から二度きているが、大鹿山・オッ立は巻いたので今回が初となる。今日歩いたルートですヒメジョオン:キク科、春に咲く二年草ホトケノザ:春の花ですけど・・・・・セイタカアワダチソウ:キク科アキノキリンソウ属花粉症の元凶として疑われたことがあるが、虫媒花(虫が媒介するので花粉は飛ばさない)であることから、その容疑がはれた。9:00甲州街道・吉久保入口(中央線が走ってます)中央高速を渡って・・・桜公園駐車場から「寂ショウ尾根」入口通過ヤクシソウ:キク科オニタビラコ属ダートの林道を歩いてます9:35道証(みちあかし)地蔵、右滝子山登山口、今日は直進、大鹿峠入口へ滝子山、紅葉は降りてきてます9:50大鹿峠への道です、青...大鹿山・オッ立・コンドウ丸

  • 鍋割山(奥多摩)

    10月23日奥多摩鍋割山へ行ってきた。8:50鳩ノ巣駅(車中で話込み古里駅の一つ先に降りた)イヌタデ(アカマンマ):タデ科甲州街道を歩いて古里駅へ戻る古里附(こりつき)のイヌグス:幹周6.5m、樹高23mあったとか?万世橋から鳩ノ巣渓谷、紅葉はこれからもうすぐ登山口9:30長福寺御岳山(裏参道)登山口これから咲く花も杉花粉の「ソース」落ちてました空は晴れていますテンナンショウの実(マーブルチョコレートを連想させます)アキノタムラソウ飯盛杉:何もない参道に彩を添えますが・・・・・。杉の植林帯を左へコアジサイ10:55大塚山ⅳ:920m御嶽神社へ向かいます一部紅葉しています奥の院峰:1077mセリ御嶽神社、御岳山はスルー奥の院登拝口、左に「天狗の腰掛け杉」杉の大木にガードされた登拝道左)日の出山:902m右)...鍋割山(奥多摩)

  • 黒姫山

    10月17日⛅、予報は12:00頃から☔と告げている。バイキングの朝食後、バスで戸隠神社へ。もさす想定外の展開、「戸隠神社・奥社」の先、高妻山登山口を右に、左に陽に映える戸隠山も車窓から見えた。8:30大橋登山口スタート雨は降っていません9:00古池(黒姫山は雲の中)ツタウルシ:かぶれるよ!!!10:20新道分岐(西登山口から合流)ここから「しらたま平」まで登りが続きました、雨も11:10しなの(信濃)木シナノキ:科の木、科、級の木、榀の木はアオイ科シナノキ属の落葉高木。日本固有種、別名ヘラノキとのよばれる。古名である信濃は、古くは「科野」と記したが、「科布」が多くとれた国という意味があるといい、シナノキを多く産出したからだともいわれている。岩混じりの急登、小雨、笹原を行くと・・・・シラタマが多い場所に1...黒姫山

  • 飯縄山

    10月16日~17日とⒸツアーで飯縄山・黒姫山を一泊二日で登ってきた。16日は飯縄山へ、空は紅葉もジャストミートでした。戸隠神社・中社が登山口戸隠神社:戸隠山顕光寺と云われた奥社、宝光社(宝光院)、中社(中院)からなる。明治の廃仏毀釈で神社になったが、両部神道と言われる。天台・真言宗の山伏は戸隠山の岩窟を修行道とし、三十三窟という行の跡が残る。【日本山名辞典:戸隠神社より】紅葉来てました。ゴマナ:中社を離れ登山口へ11:10西登山道(サブルート)錦秋の登山道(老々男女名の参加)樹間から戸隠山が11:50「萱ノ宮」の鳥居種(梅干し)🍄標高が上がると戸隠山:1904m(二百名山)高妻山:2353m(百名山)飯縄山も視野に(ニセピークだった)オヤマリンドウドウダンツツジ昔人の足跡が13:20飯縄神社の洞13:2...飯縄山

  • 至仏山ⅲ

    10月9日秋の尾瀬・至仏山をピストンしてきた。新宿~鳩待峠へのバスツアー利用(フリープラン:現地で約時間自由行動、日帰り温泉入浴付き)私を除き全員が尾瀬ヶ原ハイキングへ行ったようです。10:50鳩待峠発(何故か救急車とパトカーが、常駐?)予報は、15:00以降マークが出てましたが・・・・?ダケカンバを柱に【植物たちのアート】です🍄蛙手→カエデ→楓の紅葉蛇紋岩の鉢にリンドウが12:00オヤマ沢通過オヤマ沢田代の湿原(下山時の写真)12:10笠ヶ岳(関東百)分岐展望地、尾瀬ヶ原はガスに隠れてました岩峰群が、もうすぐ小至仏山ドウダンツツジも彩付いてます12:30・12:45(蛇紋岩を越えて)小至仏山:2162m墓石みたいな標石です、冷たい西風を避け岩陰で急ぎ昼を食べた。ガスが抜け至仏山が姿を見せてくれましたもさ...至仏山ⅲ

  • 一切経山

    10月1日クラツーツアーで一切経山(日本三百名山)へ行ってきた。福島駅から浄土平への路線バス(福島交通)が出ないので、ここまで伸びた。新幹線で福島駅へ、貸切バス(福島交通)で浄土平へ10:00着活火山です、噴煙が上がってます。10:30ビジターセンター裏の登山口をスタート、ですアキノキリンソウヤマハハコダケカンバの紅葉も始まってます。女子15人、「黒一点」のメンバー構成でしたシラタマの実、多かった吾妻小富士、ススキが噴煙に見えるように・・・・ジムカデ(地百足):ツツジ科リンドウガンコウラン:ツツジ科黒い実は落ちた後か?ツツジ類の草紅葉11:10もうすぐ「酸ケ平避難小屋」中央)鎌池鞍部からの眺望左)一切経山東吾妻山:1975m(西吾妻山も含めて日本百)ピークを一つ越えて12:15一切経山:1949m空海がこ...一切経山

  • 城山ⅱ(湯河原)

    9月26日(前日湯河原温泉泊)城山:563mを歩いてきた。【頼朝と湯河原】平治の乱に破れ、伊豆の蛭ケ小島(現:伊豆の国市韮山)に流されていた頼朝は1180年8月17日、北条時政や土地の豪族、土肥実平らの協力を得て、伊豆山で平家打倒の兵を挙げた。伊豆国目代・山木兼隆を破って初戦を飾るが、石橋山合戦では十倍の兵力を有する大庭景親に大敗を喫する。頼朝は主従わずか七名で山中に逃れ、ここを領地とする土肥実平・遠平父子の案内で洞窟(しとどの窟)や大木の洞に隠れて追ってをかわした(七騎落)この時、頼朝が辿ったとされる道を歩いてきた。大滝ホテルの夕食です。【神奈川割】利用で1泊2日で1万円也、これに2000円のクーポンが付いてます。9:10不動滝(前日撮影)出発奥湯河原温泉郷に向けて舗装道路を上って行きます。五段の滝カラ...城山ⅱ(湯河原)

  • 岩菅山

    13日最終日、岩菅山~裏岩菅山を歩いてきた。戦後開発の進んだ志賀高原で、わずかに昔の姿をとどめているのは志賀山と岩菅山ぐらい。ブナの森と魚野川源流域の原生林、山頂には一等三角点がある。7:00朝食、エネルギーを充分に補給し、(無料)昼弁当を持って一ノ瀬聖平登山口へ車で送迎付きです。7:50聖平登山口、車が2台停まっていましたブナの自然林です8:00小三郎小屋跡(高天ケ原のホテルへは3kmあります)サラシナショウマ上条用水路沿いの平坦な歩道歩きダイモンジソウ:ユキノシタ科8:20左側のアライタ沢を渡り尾根道へゴゼンタチバナ木段を登り、平坦な道、また木段と徐々に標高を上げていきますカニコウモリ:キク科9:00岩菅山中間点(ノッキリ=鞍部まで分、山頂まで分)樹林越しに岩菅山9:30ノッキリ(鞍部):2007m、...岩菅山

  • 志賀山~横手山

    9月12日、二日目は志賀山~鉢山~横手山を歩いてきた。7:50ほたる温泉BS前スタートすっかり紅葉(前山湿原)稜線にでました、笠岳です鉢山「散策路」なので標示がしっかりしています8:30志賀山登山口四十八池へ笹原の道から岩の上りへ展望のある場所で、小休止奥)横手山前)鉢山9:00方位盤のある場所へ9:05志賀山:2036m志賀高原を形成させたともいえる山で、活発な火山活動によって誕生した。世界的にも珍しい「ともえ状溶岩流」が流れた。上空から渦巻き型溶岩が見られる場所がある。【昭文社:志賀高原より】左奥が裏志賀山(志賀山より)9:25裏志賀山:2037m志賀山神社が鎮座大沼池(裏志賀山稜線から)大沼池はPass急登を降りて9:45四十八池、木道を渡ります池塘に浮かぶコロッケ島大沼を経て赤石山鉢山~横手山熊の...志賀山~横手山

  • 笠岳:志賀高原1

    9月11日二年越しの計画であった、志賀高原の二百・三百名山を二泊三日で歩いてきた。北陸新幹線で長野駅へ、ここから長野電鉄・急行バスで「熊の湯ほたる温泉」へ着いた。初日は笠岳:2075mを熊の湯スキー場からした。宿舎のほたる温泉「硯川ホテル」(奥に見えるのは横手山)12:30熊の湯スキー場ゲレンデ、ゲレンデを歩く機会はあまりないオヤマリンドウマイズルソウの実リフト山頂駅からの笠岳(登山口の笠峠は北側)道なりに下った(この時点では間違いに気付ていない)💥詰まりで道は熊の湯へ下る道、ここで道間違いを認識した笹を払った急登の道を"激下り"、13:25登山道と合流道は山裾を巻くように続いている、踏み跡ははっきりしているが、標示がない大🍄ゴゼンタチバナの実樹林の間から笠岳、まだ道半ば笠峠への県道14:00笠峠(峠の茶...笠岳:志賀高原1

  • 川苔山ⅲ

    9月4日(川乗林道が開通した)川苔山へ行ってきた。三度目になるのでいつもと違うコースを選択、登りは足毛岩の肩経由で山頂へ、下りは赤杭(あかくな)尾根を古里駅へ8:40奥多摩駅~臨時バスで川乗橋BS今日も宜しくお願いします蕎麦粒山:1473m(鳥屋戸尾根)登山口川乗林道を行きますツリフネソウキクの仲間でしょうけど(咲いて間もない)タマアジサイ補修の終わった個所ですオオバギボウシ:ユリ科ヌスビトハギが飛んでいます、見えますか?9:25細倉橋登山口川苔谷に沿って登山道が、水の流れと付かず、離れず何度か渡り直し、小滝や淵・釜を連ねた渓谷美を見ながら緩やかに上るヤマジノホトトギス左は深い谷ですヤブレガサ🍄「川苔・川乗」と二つの漢字があるようです沢に下って、ケルン?土偶にも見えますが?ここを遡上すれば「百尋の滝」です...川苔山ⅲ

  • 生藤山ⅲ

    ギンリョウソウ:イチヤクソウ科葉緑体のない腐食花8月28日生藤山を歩いてきた。神奈川県藤野町と東京都檜原村の境に位置する稜線歩きだ。9:00石楯尾神社BS下車、神社に挨拶して登山道へ里も秋の準備中です農道わきに咲いてた野草です↓↓↓アカゾ(赤麻):イラクサ科ラッキョウ(辣韭):青空に芙蓉の花、晴れています、今日も猛暑の一日です「山の神」頭を垂れてマツカゼゾウ:爽やかな風を感じるいい名前ですねタマアジサイ:ユキノシタ科、今が旬です杉林を”スイッチバック”で上りますミズタマソウ(蕾):アカバナ科ヌスビトハギ:マメ科9:50佐野川峠:767m、稜線に出ましたアキノタムラソウ:シソ科桜の大木(桜の名所でもあります)10:10甘草水(分岐)空海と共に日本全国に足跡を残している日本武尊(ヤマトタケルノミコト)です甘草...生藤山ⅲ

  • 金峰山ⅱ

    8月21日金峰山(日本百名山)へ(前回は2008年9月6日ツアー)今回も大弛峠からのピストン、日帰り可能なコースだ。ここ甲斐の国は信玄爺さんが正座して迎えてくれます。テッポウユリ(花粉が何かに見えませんか?)9:00乗合バス(要予約)で大弛峠へ、林道をバスに揺られて約1時間10:15大弛峠着:標高2.364m(車で行ける一番標高の高い峠です)長野県側川上林道、「未舗装のダート」です。10:20行ってきます・・・・シラビソの樹林帯、コケと地衣類の世界です👏胞子体と呼ばれる茎が伸びたスギゴケ(種を増やす準備のようです)ナナカマドも秋の装い(暦の上では秋ですから)ジャガリコ🍄アキノキリンソウ:ピンぼけ(視力はよくなったはずだけど)シラビソに着いた山の神?10:55朝日峠、ケルンでしょうセリバシオガマ:ゴマノハグ...金峰山ⅱ

  • A grandchild is fine, too

    今週は「盆」山は休み、孫の話を・・・7月孫の「ピアノ発表会」3回目になります。今回は「神奈川アートホール」にて、本格的な場所です。https://www.kanagawa-arthall.jp/⇒神奈川アートホールメイちゃんヒナタ今回は二人で連弾も週1回のレッスンを継続し、大きく成長していました。(二人はそれなりに緊張していたようです、両親もですが)まだ続けるようです。*JR東日本が鉄道開業周年を記念して「LEGOスタンプラリー」を開催、2日間かけて7つの駅を周り、「孫のお土産」をGETしました。元気なJR東日本、いろいろなイベントを催しています初日は川崎に所要があったので、まずは地元の横浜駅~鶴見駅~川崎駅と三つGET川崎駅昼食のMENUは「かつ丼とお蕎麦」川崎駅のホーム、このロケーションで。2日目はス...Agrandchildisfine,too

  • 御岳山・蓮華升麻

    8月6日曇空のなか、御岳山のレンゲショウマを見に行ってきた。気温は30℃に届かない日だったが、小雨が降り湿気で涼しいとまではいかなかった。:養沢神社9:00JR武蔵五日市駅から、上養沢行きのバスで30分、大岳鍾乳洞入口BSで下車メランポジウム:キク科(外来種)養沢神社の裏手からサルギ尾根、登山道へ杉林の急登、コアジサイが妄想してください9:30大名子の頭:656m(標高差300m上ってきました)セメント茸?岩が出てきました、終始こんな雰囲気の空模様育ってますよ10:20高岩山:920m眺望のないピークです(表示板は”都下あきる野市”のものです)🕷蜘蛛の巣団地?💧💧💧が溜まり存在が明らかに地衣類です10:50上高岩山(大グラミノ頭)展望台二つのピークは全て降りて、登り返す、大汗です小休止して鍋割山経由で御岳...御岳山・蓮華升麻

  • 夏・北横岳

    7月30日、酷暑を逃れて高所の北横岳(八ヶ岳)へ、(往きの特急あずさは満席状態でした)茅野駅~~北八ヶ岳RWを乗継いで10:30「坪庭」へ坪庭:一般的には、建物と建物との間や、敷地の一部につくった小さな庭。イワカガミ終了コキンバイ「坪庭」遊歩道~北横岳分岐🍄🍄🍄ここから登山道ゴゼンタチバナハリフキ:ウコギ科の落葉低木茎にも葉の表裏にも無数のトゲで武装しています縞枯山:2403m三ツ岳:2360m分岐(大きな岩の続く難路?)シナノオトギリ:オトギリソウ科11:15北横岳ヒュッテ(営業中)、七ツ池をオサバグサとタマゴケコバノイチヤクソウ七ツ池(立入りヶ所はごく一部)バンズ?🍄11:30北横岳へ登りますウグイスゴケ(地衣類)倒木の上などに生える樹状地衣類コケ・苔:「コケ」と名の付く植物には種々の植物群が含まれて...夏・北横岳

  • 大暑・高尾山

    二十四節気大暑、暦の上では一番暑い時期です。7月24日、眼の御礼参り、リハビリを兼ね「大暑」の高尾山を歩いてきた。8:40JR高尾駅、早いのか?人は少なかった?セイヨウアマナ8:55「落合」を右折、金毘羅道へ、初めて歩く道登山口、蚊のSPに守られて?蜘蛛の巣高尾山らしい道になりましたオオムラサキ9:30金毘羅台園地:386m金比羅神社、夏姿です1号路へ合流し、茶屋前十七番札所ニホントカゲ:子供だそうです、5~10年生きるとも。病葉(わくらば)の制作虫「浄心門」脇の階段を行くと、9:55神変山(しんべんやま):500m、「林野庁慰霊碑」がありますオオバギボウシ:ユリ科今年もこのチームが優勝しますね(薬王院本堂階段)10:15大師堂へ、レンゲショウマを愛でにショウガヤマユリとレンゲショウマの蕾もうすぐノカンゾ...大暑・高尾山

  • 軍港クルーズ

    6月末「神奈川県民割」を利用して、横須賀軍港クルーズへ。メインは「崎陽軒ランチビュッフェ:90分」ですがいつも陸から俯瞰しているが、今日は真近に見れるチャンス!!!貴重な1時間のクルーズでした。護衛艦:米軍潜水艦:米軍(補修中)護衛艦:米軍原子力潜水艦:長さ80m、幅8mあるそうです。(そんなに大きいのが正直な感想です)クルーズガイド(女性)によると、・今日は艦船が多く見られた日です。・数日前には空母「ロナルド・レーガン」も停泊していたとか、空も晴れ、波もない快適なクルーズでした。連れのババ二人は心地よい揺れに熟睡していましたが・・・・大型商業施設、米軍迷彩服を着た隊員がハンバーガーを食べてました。*>>空海23「かれに異変があったのは、明星のことである」雨露をしのぐべき入りこんでいたと思われる洞窟は、今...軍港クルーズ

  • 水晶体再建術

    7月8日「水晶体再建術(白内障)」を受けました。2015年までは左右同じ視力でしたが、右目の視力が徐々に落ちはじめ、直近の視力は0.06と下がり、左目で視ている状況でした。右眼視力回復の為、手術を受けた経緯にあります。わかりやすい説明です。:朝顔以下が白内障手術の説明です。手術時間は5~10分濁った水晶体を吸い出し、その代わりに人工水晶体を挿入します。全長は約13mmで、柔らかいアクリル樹脂などでできているので、折りたたんだ状態で小さな切開から挿入します。手術中は、照明が「万華鏡」を見ているような感じで、痛みもなく「濁った水晶体を除去しましたよ」「これからレンズを挿入します」「終わりました」と先生の声を聞いて無事終了しました。執刀医は山根真(山根アイクリニック)先生、名医だそうです。人間の水晶体は、厚さを...水晶体再建術

  • 高尾山内八十八大師巡り

    清滝駅前の広場:一番阿波「霊山寺」~八番熊谷寺高尾山を歩いていると、赤いよだれかけをつけた石仏が目を引きますね?これが「高尾山内八十八大師」の弘法大師の御像です。明治三十六年第二十六大師御山主・志賀照林大僧正が、広く東国の御信徒のために、自ら四国八十八ケ所を巡礼され、札所の土を持ち帰り山内の各所に納め、お大師像を建立したものです。【薬王院解説版より】3月27日、5月2日と御朱印を含め歩いてきた。御朱印は三カ所①琵琶滝②蛇滝口③不動院(結願)二本松の前広場:第九番法輪寺~第十六番観音寺(九大師=番号が飛んでます)十一丁目茶屋前の第十七番井戸寺薬王院本堂隣の太子堂にある(ミニ)八十八像大師堂の裏側:第三十番~三十六番滝口からの大師像(一)(二)(三)仏舎利塔↑仏舎利塔広場:(番外も含め)十一像↓↑金比羅社周辺...高尾山内八十八大師巡り

  • 入笠山ⅳ

    Wheredidyougointherainyseason?そんな言葉が出るが続いている。前線の位置からいっても「梅雨明け」宣言が出そう。6月25日入笠山へ花を愛でに行ってきた。9:50JR中央線富士見駅10:00に無料バスが出る。10:20ピーカン、ゴンドラ乗り場へ急ぐ下界よりは涼しいということですが?10:40入笠山登山口釜無ホテイアツモリソウ(栽培種)三株、見世物のようで痛々しかった!!入笠湿原の花たちですササバギンランゼンテイカ(ニッコウキスゲ)レンゲツツジリンソウ(一番目立った)リンソウアマドコロ11:10お花畑を歩いて入笠山へ一周しますジャーマンアイリスツマトリソウ(見っけ)(岩場コース:)へ時間は同じ11:45・12:00昼食入笠山:中央線富士見駅の西南西6km、伊那郡高遠町と富士見町の境に...入笠山ⅳ

  • 甘利山・千頭星山(山梨百85,86)

    6月16日Ⓜaitabiツアー「甘利山~千頭星山」をピストンしてきた。10:00広河原着(登山口)雲海に浮かぶ茅ケ岳10:15スタート、男女名の参加者、TDは二人(元)森林インストラクターのT村さん、樹木に詳しい楽しみだウマノアシガタ:キンポウゲ科レンゲツツジマイズルソウシロバナヘビイチゴ(ウマノアシガタ同様多かった)ヤマツツジもに浮かぶ富士山と🗻より高いカラマツ10:50花を見ながら歩いて、甘利山:1731m鳳凰山から千頭星山を経て、東に伸びる尾根の末端にある。6月中旬レンゲツツジの大群落が山頂一帯を真紅に染める。古く千戸をもって郷とし、その余りは「余部」として別郷とされた。余部郷、これが甘利荘となり、この裏にある山を甘利山と呼んだ。【日本山名辞典】千頭星山が見えます鹿の食害から保護活動を続け、レンゲツ...甘利山・千頭星山(山梨百85,86)

  • 富士見山(山梨百84)

    6月7日Ⓜaitabiツアー、(ひさしぶりの山梨百名山)富士見山:1640m中央高速をかっ飛ばし、甲府南インターで降り身延町へ、寺沢川沿いをあえぎあえぎ登って登山口へ9:45登山口着、梅雨入り当日、この青空美味しくないけど食べられます9:45各自アップ後スタート杉林から自然林へフタリシズカ(しかない)汗?いや湿気ですこの木は多分何か障害物があり、それを巻き込んだ結果?中腹の神社で休憩「浜松神念会」なる念力教団の神社です山頂には「奥の院」がコメツガの新芽コアジサイ広葉樹林帯の新緑12:05登り一辺倒、元気付ける標示が↓↑共生(ブナの朽木跡に)ブナの巨木が目立ちます、傾斜はさらに急に崩壊地とヤマツツジ12:35稜線に出ました👉御殿山『南アルプスフロントトレイル』南アルプス市の夜叉神峠から、櫛形山・富士見山・七...富士見山(山梨百84)

  • 塔ノ岳13

    5月29日気温が高いとの予報の中、塔ノ岳をピストンしてきた。発汗に備え、約2Lのスポドリをリュックに入れて、、、、。8:45大倉BSスタートムシトリナデシコカラスムギ:イネ科食用にならず、カラスが食べるからこの名がある屋久島か???9:30作事平の頭バカ尾根の登りが始まりました相模大野から来たおじさんと一緒に会話をしながら進みますナツトウダイ(保護された)キンラン10:40堀山の家、富士山と樹林越しに出会う場所ですここから約1時間我慢の登りが続きますジシバリハルリンドウY浜国大ワンゲル部のメンバーと、薀蓄を垂れながら・・・・・。11:30花立山荘から🗻姿をみせた塔ノ岳マイズルソウ:ユリ科葉脈の形を鶴が舞う姿に見立てての命名トウゴクミツバツツジ11:45金冷やしハコネシロガネソウクワガタソウ12:00塔ノ岳3時間...塔ノ岳13

  • 二子山~乳頭山(三浦アルプス)

    5月15日二子山~乳頭山(三浦アルプス)を歩いてきた。いつもは仙元山で江の島と富士山を見てスタートするが、今日は⛅空富士山は期待薄と判断し、逆コースとした。9:10JR東逗子駅スタート(乳頭山=三浦アルプスは葉山町、地図には記載なし)まずは二子山へナツトウダイムラサキケマン(2月末に歩いた)神武寺~鷹取山方面シダの葉葉の大きさについて:一つ先の葉の大きさは3:4(黄金比)になっているとか?1・2・3・5・8・13・21・34・・・・・=フィボニッチ数自然には不思議がいっぱいですよベニバナサイハイラン(サイハイランの栽培種)イヌトウバナ(団体で準備中)10:05二子山をピストンします多くの野鳥がさえずっていました、ウグイスぐらいしかわかりませんが10:30二子山:207m(上の山)三浦半島のランドマークです@本牧...二子山~乳頭山(三浦アルプス)

  • 蓬莱山(滋賀県)

    5月10日蓬莱山(三百名山)へ登る、天候は登山日和だビュッヒェで標高差1000mのピストンに備えます京都駅~(湖西線)志賀駅へ8:45志賀駅から民家の間を抜け「樹下神社」へウマノアシガタこの先「湖西道路」をくぐれば登山道イワウツギトウバナ:シソ科9:10キタダカ道(打見山)と金毘羅道(蓬莱山)分岐杉林を行きます、間伐された枝が靴に引っかかるナツトウダイ石堤前の地蔵さんヤマツツジ傾斜も急に、岩もゴロゴロ、タフな上りが続きますミヤマカタバミとシマが道を横切りました10:10「天狗杉」到着、休憩・・・この先オオイワカガミの群生地に(杉の倒木帯でもあります)ミツバツツジと足元は花崗岩砂礫に変わります10:50「クロトノハゲ」オブジェ(木戸峠分岐)黒砥の禿?ピカピカに仕上げされた黒砥石(花崗岩製)の意味でしょうか?”びわ...蓬莱山(滋賀県)

  • 二上山(奈良)

    (京都)西山の夕景5月9日、京浜東北線・・新横浜・・🚅・・新大阪・・地下鉄御堂筋線・・天王寺近鉄阿部野橋・・近鉄南大阪線10:30二上山駅へと”遠距離移動”10:30二上山へ出発二上山(奈良県葛城市)ってます標示は完璧です10:50登山口(写真は山頂にあったものです)針葉樹林帯から広葉樹林帯へミツバツツジ(終わりかけています)11:20六合目(展望台)まったりとした奈良の原風景?ここから上り一辺倒11:50大津皇子の墓大津皇子:天武天皇の第3皇子に生まれたが、あまりに勇敢で聡明な資質のために24歳で謀反の罪をきせられ、死罪になった。皇子の死を嘆き悲しんだ姉の大伯皇女(おおくのひめみこ)が詠んだ「うつそみの人なる我や明日よりは二上山(ふたかみやま)を弟背(いろせ)と我が見む」という万葉集の歌は有名です。【訳】この...二上山(奈良)

  • 岩殿山

    5月5日岩殿山を浅利登山口から歩いてきた。(連休中の登山は人が多いので、バス利用なしが原則)南側の岩殿登山口から何度か登っているが、今は道が崩壊し通行不可、浅利登山口~稚児落としを経由し、畑倉登山口へ降りた。9:35中央線大月駅から浅利川沿いを歩く。左)天神山右)岩殿山奥)百蔵山[錦木様]キケマン:ケシ科ハルジオンと馬頭観音アヤメ10:10浅利登山口ヒトエヤマツツジチゴユリ、花はこれから浅利登山口~稚児落としまで地味が薄いのか?花を付けた植物は見られなかった10:50稚児落とし、いつ見ても迫力満点手前)高川山富士山も何とか見えた(はまだ多い)さっきまであそこに立っていた松の花岩場ルートへ11:20(緩やかな稜線歩きで)天神山:519m右)岩殿山中央)扇山:1138m左)百蔵山:1003mヤブレガサ:キク科岩場の...岩殿山

  • クマガイソウ・高尾山

    5月2日、17日ぶりの登山は高尾山を歩いてきた。今回のミッションは二つ❶八十八大師朱印をもらうこと❷クマガイソウを撮る事だった。8:50高尾駅スタート金比羅登山口を偵察しました9:10登山口9:25八王子市内「登山遠足」の団体です(小雨が落ちてました)クサノオウ:ケシ科(汁が有毒)6:50「琵琶滝」、朱印ゲット2/310:15十一丁目茶屋(陽も射してます)「蛇滝」へ降ります今の時期主役は「シャガ:アヤメ科」です蛇滝水行道場(この中に六十七、六十八番があります)朱印ゲット・・・コンプリート3/3イワタバコ:イワタバコ科これからです高尾山に戻りますミヤマカタバミ、葉も大きく成長し光合成に備えています少しずつ人も増えてました11:30大天狗と小天狗大天狗は団扇をか携えています。災厄を祓い、幸福を招くためのもの。「開運...クマガイソウ・高尾山

  • 天上天下唯我独尊

    「天上天下唯我独尊」お釈迦様の言葉です。いろいろな解釈がありますが、「自分と同じ人間は一人としていない、かけがえのない自分を大事にしましょう」誰もが自己肯定感を持って生きていけたらという答えでしょうか。*今日も横浜は雨が降っています。休日と天候のミスマッチが続き2週間、山へ行けてません。今日は心のつぶやきをあれこれ・・・・紫陽花、結婚祝いでいただいた蹲(つくばい)で育てています我が家の🌸(右)と梅(左)です。梅は挿し木で育てましたが、桜は鳥が?運んできました。(お互いにせっているのはある意味自然なことです)花も終わりこの状況、手入れが必要です。「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」❶桜は枝を切るとそこから腐りやすくなるので切らないほうがよく、❷梅は枝を切らないとむだな枝がついてしまうので切ったほうがよいとされることから。...天上天下唯我独尊

  • (河津)城山~片瀬山

    4月17~18日伊豆今井浜東急ホテルへ(おばあちゃんと遠足)温泉と”非日常の料理”を堪能した。夕食MENU翌日もビュッフェでこの食欲(もちろん自分だけですが)曇り空で降水確率は20%予報だが、小雨覚悟で(河津)城山:181mと片瀬山:166mを歩いてきた。8:25ホテル発、伊豆急河津駅へ向かう伊豆の踊子、ワクチン接種できないのでマスクで自衛?今日のコース:河津駅~城山~片瀬山~今井浜海岸アジュガ:西洋十二単シラーヤマブキ8:40「河津城遺跡公園」ハイキングコース入口”らしい”民家の脇を行きます#$%&’)?最後の民家脇を歩いて山中へ木段もあります子抱き地蔵仏:お賽銭を上げたらニコッとしたような?ホウチャクソウ竹林の開けた場所に竹林を回り込んで東屋に右が片瀬山、今井浜海岸ヤブレガサとウラシマソウカンアオイ城山:ほ...(河津)城山~片瀬山

  • 宝篋山(ほうきょうさん)

    4月12日茨城県土浦市へ遠征、宝篋山を歩いてきました。宝篋山を知ったのは、筑波山へ上った際地元の人に「あれが宝篋山」と教えてもらった縁です。根岸線~宇都宮ライン~常磐線で土浦駅へ約2時間の移動。9:25筑波山口行きの関東🚌で「宝篋山入口」BS10:05着晴れ、気温は夏日の予報(中央の電波塔が山頂)10:10沢沿いの道「常願寺コース」を行きますハルジオンクサボケ田圃の畦道を歩いています迷うことはないようですムラサキサギゴケ:ゴマノハグサ科(小さい花が多い)ヤマネコノメソウ沢の小道を行きます。宝命の滝・くすしろの滝わずかな落差の流れを命名していますが気が付かなかった?天狗岩、沢沿いの道低山とは思えない雰囲気です雅滝:落差2m?ユリワサビノイチゴ11:10尖浅間山(とがりせんげんさん):315mキランソウ:シソ科スミ...宝篋山(ほうきょうさん)

  • 鍋割山

    4月6日、寄(やどろぎ)から鍋割山を登ってきました。寄周辺は桜の名所がいくつかあり、新松田駅からの神奈中バスはでした。9:30寄自然休暇村管理センターBS着、”中津川沿いに🌸が”ショカッサイ:とも呼ぶ、今が旬二度目ですが、登山口へは標示が頼りですヒメオドリコソウとホトケノザ土筆トサミズキ「ロウバイ園」へ向かって登ります右)シダンゴ山:758m、左)ダルマ沢ノ頭:871m10:00登山道に入ります土佐原集落:茶畑と🌸の共演ですウラシマソウ:テンナンショウの仲間、髭?を釣糸に例えての命名です(恒例)の杉林先人の足跡11:00櫟(くぬぎ)山:807mヤマザクラでした中央)栗ノ木洞でしょうか、再度杉林を上って行くと11:20杉林の中に、栗ノ木洞:902m後沢乗越までは、一旦標高を100m下げ、ゆっくり稜線を行くと11:...鍋割山

  • 高尾山:春

    3月20日春の”花”高尾山へ行ってきた。「高尾山内八十八大師」巡りの仕上げも兼ねて・・・。高尾山内八十八大師とは第二十六世御山主・志賀照林大僧正が、自ら四国八十八カ所を巡礼され、札所の土を持ち帰り、山内各所に納め、お大師像を建立したものです。9:30JR高尾駅発、今日は「蛇滝口」から入るので西浅川交差点を右折9:50旧甲州街道「小仏関所跡」ヒメオドリコソウ高尾梅林かっての「桑林」です丁度中間点「蛇滝」10:05ここを左折「登山口」ではなく「蛇滝水行道場入口」上は圏央道神社に寄りましたここから蛇滝まで、沢沿いの道で見た『春の花の皆さん』ですニリンソウセントウソウハナネコノメソウユリワサビヤマネコノメソウヨゴレネコノメ10:30蛇滝(水行道場)六十七~七十四番道場を抜けて稜線までの散策道、あやしげな人がいましたスミ...高尾山:春

  • 日連金剛山~峰山

    3月20日シュンランを探しに藤野町、日連金剛山ⅱと峰山ⅱを歩いてきた。(シュンランはなかった)9:10陣馬山へ向かうバスは増発されていました。藤野駅から(当然)歩きます左)八坂山・峰右)日連金剛山???桐(@日連大橋)9:35金剛山登山口(五)丁石、神社は(十八)でしたオニシバリシュンランを探したけどなかった10:00(日連)金剛山:418m、眺望はありません杉峠方面へ、峰・八坂山へ寄ります春の芽吹き、「匂う」まではいきませんが?10:20峰:423m、眺望がすばらしかった北西)生藤山・茅丸・連行峰左)権現山中央)三頭山北西:左)扇山中央奥)南大菩薩右)権現山手前)金剛山奥)道志山塊富士山10:35金剛山に戻って赤沢へ降りますヒイラギ(多かった)10:50赤沢BSへ降り、舗装道路を「峰山登山口」まで移動田中陽気...日連金剛山~峰山

  • 大山南尾根

    3月12日、大山南尾根(上りは未踏)を登って、蓑毛越~十六丁へ、大山へは行かず下社へ降りた。8:35小田急鶴巻温泉駅、「弘法の里湯」帰りに寄りました温泉旅館街を抜けて東名高速を抜け、冬枯れの登山道へカンスゲ8:55吾妻山:155m弘法山分岐☛野菊と信仰のみちへ9:25善波峠(お地蔵さん、明治の廃仏毀釈の被害でしょうか?)オニシバリ:ジンチョウゲ科、別名:夏坊主(なつぼうず)樹皮が堅く、「鬼を縛ることもできる」とのことから、この名前になった。「夏坊主」秋に生えた葉が、翌夏には落ちて”夏に坊主になる”ことから。9:50念仏山:357m手前)伊勢原市街地中央稜線)渋沢丘陵奥)箱根の山々シキミ一旦下って登り返す、トレランが多い10:35高取山:556m今日の大山(ピークへは行きません)今日の富士山「大山古道」表示板富士...大山南尾根

  • (小峰公園)~今熊山

    秋川丘陵の西にある「小峰公園」で”オウレン”が咲いているとの情報!3月6日、武蔵五日市駅~小峰公園~金剛の滝~今熊山と歩いてきた。10:15武蔵五日市駅~秋川街道へ降りる秋川橋を渡る左)今熊山福寿草:民家の庭に咲いてました10:35都立小峰公園秋川丘陵とは:JR五日市線の南に東西に連なる丘陵地帯、弁天山:292mが最高峰八坂神社へ桜尾根を進み、庚申塔から右へ降り「ふれあい広場」へ黄連:キンポウゲ科オウレン属の常緑で小型の多年草、日本固有種。山林に自生するが、数は少ない。地中の根茎は黄褐色をしており、「オウレン(黄連)」という生薬。草丈は20cm内外で、早春の2-3月頃に花茎を伸ばす。上で3つほどに枝分かれして、その先直径1cmほどの白い花を咲かせる。セリバオウレン(葉はカタクリ)夏に咲くミツバオウレンはお馴染み...(小峰公園)~今熊山

  • 鷹取山(湘南)

    穴はクライミングの練習で打込まれたハーケンの跡10:45老人ホームの奥に登山口がシダが多い、説明書きも逗子市の標示板苔生した凝灰岩の石畳11:00神武寺:裏参道と表参道の合流点神武寺「客殿」創建は不明、神亀元年(724)聖武天皇の霊夢によって僧行基が開いたといわれ、慈覚大師が天台宗に改めて中興したと伝えられる。源頼朝や北条氏、徳川家の信仰も厚く、天正19年(1591)薬師堂領として五石の御朱印状を受けていたとも、由緒ある古刹です。神武寺の「晩鐘」金沢八景も有名ですが?山門薬師堂(本堂)裏山へ続く道を行きます岩場もあります、もちろん鎖場も11:40鷹取山:139m@前浅間から垂直に切り立った岩石が特徴で「湘南妙義」の別名があります。山並みは東西に連なり、展望台のある岩山(親不知)が山頂です。二子山乳頭山と横横道路...鷹取山(湘南)

  • 標高のない山歩いてますⅵ

    第31番:青龍山宝生寺承安元年(1171)に開創、当地の領主だった平子氏よりの外護を受けて檀林所として栄え、天正19年(1591)には徳川家康より寺領10石の御朱印状を拝領、慶長14年(1609)には伊豆相模武蔵における古義眞言宗法談所三十四院の一つに定められた本寺格の寺院だったといいます。山門由緒あるお寺ですが、今はその重い歴史に耐えているといった感じ本堂前の梅と水仙第30番:妙法山弘誓院天文5年(1536)に創建、宝生寺の裏山の反対側に位置します。宝生寺と比してリッチな?お寺でした。石碑にまとめられています。「雪吊り」が施工されています*2月23日最後の寺巡り、自宅から磯子まで(約40分)歩きます第22番:海向山金蔵院(左:磯子観音)栂尾の明惠上人から与えられた薬師像を安置するために北条泰時が靈雲山龍錫寺と...標高のない山歩いてますⅵ

  • 標高のない山歩いてますⅴ

    2月16日、今日は南区残りの寺を弘明寺まで歩いてきました。自宅~元町~大通り公園~京急黄金町へ、ここから京急線に沿って・・9:30太田橋(ここを渡ると)京急黄金町駅大岡川沿いのはこれからです9:455番:東光山蓮花院幼稚園が併設され、園児の元気な声が聞こえています後光❣?❣いや、太陽の演出です「御砂」らしき跡が*10:00~15分寄り寺しました。西中山常照寺(日蓮宗)仁王門です本堂山門・仁王門・本堂(裏山へ登ると)鐘付堂日蓮上人銅像地元では「鬼子母神」と親しまれているようです。日蓮上人像「平戸・桜木道路」を西へ、横浜商業高校(通称Y校)前にある10:206番:松吟山大光寺延宝7年(1679)に大本山高野山桜池院から山号院号を付与されたとされます。当寺の黒門は、旧金沢六浦藩米倉侯陣屋の辰己南門を移築したものだとい...標高のない山歩いてますⅴ

  • 標高のない山歩いてますⅳ

    2月11日、今日は核心部になる久保山墓地界隈を歩く。市営でJR保土ヶ谷駅へ、保土ヶ谷区⇒西区⇒南区⇒再び西区へ9:3011番:羯摩山円福寺(真言宗)開山は室町時代初期(1430年)本尊は地蔵菩薩、寺の背後の竹林から出現したという筍地蔵の伝説がある。白梅が満開だった、5月には国道1号沿いのツツジが美しい。(前はJR保土ヶ谷駅)寺の背後にある住宅地の急登を歩いて、生家のあった東久保町~元久保町へ寺が集まる久保山火葬場へ続く道へ・・・・10:101番:日明山大聖院(真言宗)弘法大師二十一箇所の第一番の靈場でもある。久保山墓地、梅の花が陽に輝いていました。「佛の十戒」ユックリ、かみしめて、正座して読んで下さい10番:吉上山光明寺(浄土宗)落ち着いた雰囲気を持つ、寺らしいたたずまいでした。「阿弥陀仏」頭を垂れてきました1...標高のない山歩いてますⅳ

  • 標高のない山歩いてますⅲ

    2月6日、今日も南区へ、最短距離の移動を選択した自宅から根岸森林公園へ、富士山は多い雲の中、根岸墓地を突っ切り増徳院へ。「へび坂=急登の階段」を一気に降り中村町に出て、第29番:大慈山玉泉寺へ幼稚園を併設、門の外から本堂を(高架は高速狩場線)趣のある寺です山門脇にあったお墓です。戦災で焼け出された?お墓を、石碑を納めた場所、稀有な場景でした帰途は元町に出て「トマト」を買って戻りました。*翌日7日、南区蒔田町に、32番:南竜山無量寺地下鉄蒔田駅から徒歩30秒の立地条件「遍照金剛」とは、入唐時『恵果』に授けられた名号陽当たりの悪い本堂、梅の古木やっと小さな蕾が付いていた。(入口にあった池には薄氷が張っていた)蒔田町といえば「大山祗命神示教会神総本部」のある所です**8日西区の三寺へ、今日は市バスにて移動13番:海東...標高のない山歩いてますⅲ

  • 標高のない山を歩いてますⅱ

    2月2日本牧にある二つの寺へ、職場に近いのでウォーキングコース。18番:東光山千蔵寺境内、本堂とも小さくまとまっている。唯一目立ったのが、山門横にある(新調した)寺名の石碑弘法大師(空海)像印象に残った、青・白い雲・🍊蜜柑の三色秒歩いて19番:医王山多聞院朱色が目立つ、ルンビニ幼稚園を経営している本堂、鐘楼↓もある稀有な寺院小港公団住宅と「みなと赤十字病院」*2月3日は南区~磯子区の寺へ関内方面@打越橋(ここまで自宅から30分です)唐沢公園16番:海龍山増徳院(本尊は弘法大師)準別格本山とは寺の階層、上から四番目広い境内、梅が見事だった(というかこれしかなかった)地味な本堂聖観音像米軍接収地、返還が決まり「市大福浦病院」を建設予定「中村橋自動車学校」ここで運転免許を取得しました26番:明王山宝積寺ここも花の寺、...標高のない山を歩いてますⅱ

  • 標高のない山歩いてますⅰ

    Ο株が猛威を奮っている。山歩きは自重の日々が続いている。体調維持を兼ねて「標高のない山=横浜三十三観音霊場」を歩いている。Ψ横浜三十三観音霊場Ψ朱記は訪問済み札番山・寺号御本尊宗派住所備考手引穐葉山萬徳寺如意輪観世音菩薩曹洞宗西区宮崎町1番日明山大聖院不動明王真言宗西区元久保横浜21霊場2番光明山東福寺聖観世音菩薩真言宗西区赤門町横浜21霊場3番福智山普門院不動明王真言宗南区西中町横浜21霊場4番東医山薬王寺薬師如来真言宗南区三春台横浜21霊場5番東光山蓮花院十一面観世音菩薩真言宗南区三春台横浜21霊場6番松吟山大光寺阿弥陀如来真言宗南区南太田町横浜21霊場7番医王山東光寺薬師如来真言宗南区三春台横浜21霊場8番宗泉寺(中区久保山)廃寺9番率溪山新善光寺阿弥陀如来天台宗南区三春台10番吉上山光明寺阿弥陀如来浄土...標高のない山歩いてますⅰ

  • 観音崎

    1月23日「鎌倉アルプス」の帰りは金沢文庫駅から馬堀海岸駅へ。シャトルバスでと合流「観音崎京急ホテル」へ泊まる。SPASSO()は外へ出ないと行けません『御嶽海優勝』の報を聞いて夕食へ夕食は「御崎御膳」魚づくしです朝食:これにバゲットが付きます24日この時期何処へも寄らずに帰ります10:00”チェックアウト”までの時間を使って観音崎へまずは走水神社へ村民が日本武尊を祀ったことが始まりと伝えられる。(日本武尊が東征のため、ここ走水海岸から上総は、海へ向かうとき海が荒れて沈没しそうになった。妃の弟「橘緩」は、海神の怒りを鎮めるため身を投げた。海は鎮まり、日本武尊は上総の国に上陸できたとさ)弟橘媛命「舵の碑」弟橘媛命の顕彰と海の安全と平和を祈る「橘緩」が身を投げる際に詠んだ「歌碑」さねさしさがむのをぬにもゆるひのほな...観音崎

  • 鎌倉アルプス

    1月23日「Ο株禍」兼ねて計画していた正月旅行「観音﨑京急ホテル」へ一泊旅。その移動にJR港南台駅(鎌倉アルプス)京急金沢文庫駅まで歩いてきた。9:05JR港南台駅(高島屋が撤退してBIRDSに)港南台は鳥がテーマ、団地名も鳥の名前が付いてます環状3号へ出て、洋光台方向へこの消防署が目印9:35円海山:153m(横浜第の高峰です)円海山は私有地、多分これが「三角点」尾根道へ戻り「いっしんどう広場」富士山展望地、今日はこの状態杉の根元に見つけました10:15大丸山:156m八景島と根岸湾ここが金沢文庫への分岐(ここまで戻ってきます)鎌倉霊園(横浜と鎌倉の市境にあります)「切通し」、”鎌倉らしく”なってきました時折も射します・・・・鎌倉「天園」=関東百11:00大平山:159m(鎌倉市)周辺の山です三方が山に囲まれ...鎌倉アルプス

  • 鎌倉アルプス

    1月23日「Ο株禍」兼ねて計画していた正月旅行「観音﨑京急ホテル」へ一泊旅。その移動に鎌倉アルプスを歩いてきた。JR港南台駅・・(鎌倉アルプス)・・・金沢文庫駅鎌倉アルプス

  • 日本三百名山ひと筆書き

    2017年9月@槍ヶ岳下山時2014年、日かけて日本百名山を南から北へ、全行程7,800kmを人力踏破する。2015年、日を要し日本二百名山を北から南へ8,000km人力踏破する。田中さんは2018年元日に鹿児島県屋久島を出発。2018年からは、すでに踏破した百名山・二百名山に加え、三百名山に選定されている全301座を一度に南から北へ、人力だけで全国を移動し踏破する.「グレートトラバース3日本三百名山ひと筆書き」に挑戦した。最後の山、北海道の利尻山に登頂した。スタートから約3年7カ月コロナ禍、日目での達成に「長かった。いろんな感情が入り交じっていて、うれしいとか単純に言えない」と感慨にふけった。*(´艸`)無謀にもこの期間の自分の記録と比較してみた・・・・・(´艸`)(@ ̄□ ̄@;)!!(´艸`)(@ ̄□ ̄@;...日本三百名山ひと筆書き

  • Seaside walking

    1月13日「Ο株由来のコロナ感染者数」東京都で3千人を越えた。(2週間前の検査結果を反映するから正月三ケ日の数字になる)重症者は少ないといえ予断を許さない。今日は市大福浦へ出かけたので、帰途は「富岡八幡宮」を歩いてきた。9:05シーサイドライン「市大医学部」駅発、駅を三つ歩いて並木中央駅から西へ「富岡八幡宮」鎮守の森ここは金沢区「景勝地」の多い土地です遊歩道は整備され、トイレも奇麗です(の存在は年輩者にとって必要条件です)10:00「富岡八幡宮」金沢七福神:恵比寿様があります昨年もお詣りしました『一年安鯛』御神籤、300円也商売・商売・商売たくさんの願いを抱えています熊野三社稲荷社葉の落ちた公孫樹狛犬(日陰で寒さに耐えていた)金沢緑地に出て帰途に・・・・・・高架はシーサイドライン、道路は号線日時計:かなり正確に...Seasidewalking

  • The person to believe is saved?

    :本牧神社年始早々、我が家は「Ο:オミクロン株アラート発令」です。年の初めにいろいろとすることがあって神社仏閣を歩いてきました。今年6回目の干支(生涯最後)を迎えます。根岸八幡神社、我が家の「氏神様」です高野山:大聖院松飾りには驚きました。賓頭盧尊(びんずるそん)釈迦の弟子で通称「おびんずる様」と呼ばれ、堂の前に置かれている「なで仏」で、病んでいる部位をなでると除病の功徳があるといわれる。頭以外全て撫でてきました。最後に本牧神社自分が住む町内会の提灯は見当たりません?*翌日3日はまず「白滝不動尊」から白滝不動尊根岸旭台からの富士山高野山:明王山:宝積寺(磯子七福神)”正装して整列”迎えてくれましたミツマタ:お花の寺ですちゃんの墓地です約30分の移動で「岡村天満宮」へ25日「初天神」の舞台でしょうか?遠く富士山最...Thepersontobelieveissaved?

  • happy new year 2022

    :提供T﨑さんhappynewyear2022大晦日、家族が増えましたtwins、父、母、叔母twins:3年生ですお正月は”お雑煮とお節”ではじまりました。10:30今日の富士山センリョウベイブリッジマンリョウ:が運んでくれた今日はお休み二日から営業します初詣1:本牧山妙香寺http://myokohji.jp/初詣2:北方皇大神宮http://www.kitagatakoutaijinguu.com/13:00昼食はKFCと本牧館のパンです18:00そして夕食、いっぱい食べた元旦でした*地球ウォーキング:2021年フルに歩きました3~4年での完歩が見えてきました、今年もしっかり歩きます。歩数(歩)歩行距離2015年3,981,9382,3932016年4,160,2552,4562017年3,926,892...happynewyear2022

  • 大沢山・三頭山ⅳ

    12月20日富士山を愛でに大沢山~三頭山を歩いてきた。JR京浜東北線・横浜線で八王子・八高線で拝島・五日市線で武蔵五日市へ9:00武蔵五日市駅・西東京バスで数馬BSへ、10:10ここから歩きはじめる。(12月~2月は「都民の森行シャトルバス=無料」は運休)九頭竜神社(帰途時間があれば寄ることに)10:30奥多摩周遊道路入口を左、登山道へ沢沿いの道、荒れているが標識に導かれるいい天気です10:55登山度から舗装道路へ出る「三頭大滝」の道へチップ(木屑)が撒かれて足にやさしい道ここは「都民の森」標示も充実しています11:10三頭大滝、水量に迫力がありませんでした11:20大沢山とムシカリ峠への分岐右👉ムシカリ峠(大沢山と三頭山鞍部)👈左(笹尾根合流)大沢山北向き沢沿い雪が残ってましたが登れば問題なし(この繰り返しで...大沢山・三頭山ⅳ

  • 稲包山撤退!!!

    12月15日一年ぶりのⓂaitabiツアー稲包山(群馬百名山)へ7:30新宿駅発~(関越道)月見野(国道17号線)登山口へ11:00登山口秋小屋沢橋、晴れてます11:05元気に21名出発しました11:30杉林のツズラ折(このあたりで一人遅れはじめたの情報)11:50展望が開けました南側眺望:遠く皇海山樹林帯を抜けると、雪が凍っていた(下りはアイゼン必要)三国峠からの稜線?12:00急登の道、ここで停滞・・・リタイア者の状況確認、本社と連絡が取れないというので『撤退』を告げられたもう少しで稜線だった。稜線まで登れば稲包山も見えたが・・・・。12:15アイゼンを付けて、エネルギーを補給し下山準備アイゼンはベルトが破断しており使用不可!!!TDにピッケルを借りて降りた。**********👇山頂はこんな絶景があったか...稲包山撤退!!!

  • 高尾山~小仏城山

    :冬桜12月13日曇天の空を見上げながら奥高尾縦走へ・・・・・。8:20JR高尾駅から歩きます8:45京王高尾山口駅通過、”ボチボチ”登山者も見えます駅から登山口までの道、”楽しみな紅葉”まだ見れます8:50登山口、琵琶滝コース(●)を登ります高尾山内八十八大師(二~八番)明治36年薬王院志賀照林大僧正が、広く東国の御信徒のために高尾山内を四国と見立て、八十八ヶ所霊場の土を持ち帰り大師像の下に納め安置した。高尾山内で八十八大師を巡拝すれば、四国八十八ヶ所を巡拝したのと同じ御利益があるという。【薬王院解説版より】今回登山道周辺にあるものに「頭を垂れ御賽銭をあげてきた」琵琶滝コースへ二本松前広場九~十六番顔は(弘法)大師像で札所の「神様?」が書かれている東京とは思えない深い森です展望台「淨新門」カエデ薬王院本堂「読...高尾山~小仏城山

  • 関八州見晴台ⅱ

    11月28日西武秩父線西吾野駅から関八州見晴台(高山不動奥の院)へ、に恵まれ「素晴らしい眺望と紅葉を堪能した」満腹感一杯の登山だった。(前回は東武東上線で生越、黒山三滝~関八州見晴台~西吾野へ降りた)9:30西吾野駅の喧騒です(ツアーも含め30人はいました)明野集落の最奥、まず不動三滝からやっつけますテント(標準装備の)キヤンプ場、空きがありました10:15登山口、杉の植林帯へGooソヨゴ10:30不動三滝、まずは「大滝」からまずまずでしょうか?登山道に戻ります、前を行くのはツアーです民家の脇を抜けて、林道へ、再度登山道へ石仏11:30不動滝、水量がチョロチョロ?水が”不動”紅葉は見事でした・・・・・11:30最後の白滝、何故か”すき焼き”が目に浮かびました。我が家のすき焼きは「肉が固くなる」という理由で入れま...関八州見晴台ⅱ

  • 戸倉三山縦走ⅱ

    11月23日前線一過の晴れ、奥多摩戸倉三山を縦走してきた。秋川の支流盆堀川の流域をUの字に取り囲まれつ三つの山(かって五日市町戸倉村)臼杵山(うすきやま)・市道山(いちみちやま)・刈寄山(かりよせやま)を戸倉三山と呼ぶ。前回はツアーで今回は単独行、累積標高差約1700mの縦走はタフな歩きとなった。起点は八王子駅、7:10の🚌で今熊山登山口に向かった。8:00今熊山登山口BSを降りて登山口へ(トンネルの先はJR武蔵五日市駅への道です)秋桜ケヤキ(欅)初冬の頃、集落の上に枝を伸ばした樹木の陰影が映る。竹箒を逆さにした形からケヤキと知れ、丸みを持つのは老大樹。渓谷の崖に生える木だが、関東では江戸時代の新田開発でできた屋敷林に植え、風を和らげ落ち葉が大地を肥やし、建築材としてお金にすることもできた。【ラジオ深夜便:ひと...戸倉三山ⅱ

  • 二十曲峠~石割山

    今年の5月末、高座山~杓子山~鹿留山と縦走し、立ノ塚峠~内野へ降りた。標示に二十曲峠と再三出てきた。調べると「紅葉と富士山眺望の名所=忍野村HP」と判明、石割山へ歩くプランを立て、11月15日決行した。高尾~大月~富士急行線で富士山駅へバスで内野(忍野村)へここが起点になる。晴天、風もなく🗻眺望日和だった。立ノ塚峠へ向かうつもりだったが「変更」、道路を歩いた。カラマツも黄葉二十曲峠とはカーブの数かカウントしたが十三~十四ヶ所ヤドリギ(鳥の巣のような形状)寄生植物、落葉樹が葉を落とす冬に、青々とした葉をつけているので目立つ。果実は晩秋に熟し鳥が好んで食べる。食べられた種は粘着性があり、木の幹や枝に張り付くことにより分布を広げる。西洋でも、寒い冬にも緑の葉を落とさないヤドリギは神聖視され、Xマスのリーフなどにも利用...二十曲峠~石割山

  • 陣馬山ⅷ(一ノ尾尾根から)

    11月10日、八度目の陣馬山は藤野駅からの周回コース、一ノ尾尾根を登って、明王峠へ、矢の音~虎杖ノ頭を経て藤野駅へ戻りました。8:30丹沢の山並み@藤野駅、登山口まで歩きますムラサキシキブマンネングサと落葉、晩秋ですね御嶽神社の公孫樹🎯🎯🎯9:00陣馬山登山口BSから登山口へ紅葉真っ盛り9:20(一ノ尾尾根)登山道湯(雨)上りの艶姿アキノタムラソウ👆リンドウ10:10テラス(中間点)落ち葉の道11:00陣馬(場)山:853m①北条氏の滝山城を攻めた武田氏が陣を張った「陣場」説、②カヤ刈場であったことから「茅(チガヤ)場」から音が変化したとの説、③馬の陣を張ったことから「陣馬」の文字が使われた説とがある。京王電鉄が、山頂に白馬の像を建てて象徴化した。🗻丹沢の山並み奥多摩大岳山(中央)左奥)大菩薩嶺中央)生藤山:9...陣馬山ⅷ(一ノ尾尾根から)

  • 瑞牆(みずがき)山ⅱ

    11月1日(月)瑞牆山へ行ってきた。8:50中央線韮崎駅から瑞牆・田園🚌で10:05瑞牆山荘前へ10:15瑞牆山荘前(登山口)紅葉”🎯ジャストミート🎯”です花崗岩の山、こんな岩が普通にあります🎯🎯🎯ミズナラ瑞牆山@展望所から日記によると、金峰を玉塁(たまがき)とした古図があるそうで、里人は金峰山の麓を指して瑞塁(みずがき)と呼んだという。瑞牆の名はそこからきたのかもしれない。由来はどうあれ、瑞牆という名は私は好きである。この名はこの山にふさわしいと思う。っている山である。その大岩を群れを、神の宮居の玉垣すなわち瑞牆と見立てられないことはない。【深田久弥:日本百名山より】10:50富士見平小屋(金峰山分岐)ここへ泊まれば、瑞牆山と金峰山をピストン可能です(一泊二食,円也)小川山(山梨百)分岐ですここから一気に下っ...瑞牆(みずがき)山ⅱ

  • 塔ノ岳Ⅻ・丹沢山Ⅳ

    10月24日晴れ、大倉~塔ノ岳・丹沢山をピストンしてきた。『通算800山』になる記念すべき山行になった。(記憶も含めて記録を付けているが、今回で通算800山。「山のカウント」は、降りる時に通過した山はカウントしない)8:00🌤”快晴”大倉発🍊🍊🍊この道は新設された配水場まで今日も祠に(こけないように)お願いしました💰ジャノヒゲ(越冬準備中)8:45雑事場ノ平三本松通過(もみじの多い場所です)三ノ塔(表尾根ルート)☼🗻☼リンドウハコネヨメナ登山者が多いもうすぐ花立山荘10:30鍋割山と富士山@花立山荘稜線に出ると冷たい北風が、塔ノ岳です10:55金(肝)冷やし(鍋割尾根分岐)フジアザミ11:10・15塔ノ岳(一息入れて)丹沢山へ(2時間後)戻ってくる予定三つ目のピークが丹沢山11:15丹沢山へは4回目だが、塔ノ岳...塔ノ岳Ⅻ・丹沢山Ⅳ

  • 羽黒山湯上神社(会津東山温泉)

    10月17~18日、会津東山温泉へ行ってきた。🚅郡山~磐越西線で会津若山駅、ここへ降りたのは初めてです。(バスでは何回か会津鶴ヶ城、飯盛山と名所旧跡は歩いている)お昼は”さっぱり🍜”シャトルバスで宿舎の東山グランドホテルへ夕食まで時間があるので周辺を散策『羽黒山湯上神社1225段の階段』情報Getまずは「雨降り滝」落差はありません雨宿窟(あまやどりいわや)に安置された🐎馬頭観音虚空蔵尊、「県道湯川線」を下って羽黒山湯上神社、左に拝殿。山形出羽三山のひとつ、羽黒山の分山で由緒ある神社。天平元(729)年、僧行基が羽黒山東光寺として草創され、祭神は穀物の神さま。明治時代の廃仏毀釈で寺が廃され、羽黒山湯上神社となった。羽黒山への1,225段の石段を上った頂上に本殿(奥の院)。ちなみに本家、山形羽黒山神社の階段は,段あ...羽黒山湯上神社(会津東山温泉)

  • 谷川岳ⅱ

    10月11日(平日へ)秋の谷川岳へ(前回は2011年7月、土合小屋前泊~谷川岳~一の倉岳~茂倉岳~蓬峠泊~大源太~🚅湯沢駅へ降りたⓂaitabiひとみちゃんとの出会いだった)6:08発の🚄で高崎駅へ、8:37上越線で土合駅(日本一もぐら駅)432段の階段を上って地上へ(所要時間分)国道を歩いて・・・・・白毛門~笠ヶ岳~朝日岳登山口分岐=既登谷川岳RW(東武鉄道運営)往復2000円(含むモンベル割引)9:45天神平駅(登山口)👟👟右)白毛門中央)笠ヶ岳左)朝日岳日帰りでピストン元気だった頃紅葉降りてきてました「青」一点オジカ沢ノ頭オオイワカガミアキノキリンソウ左)至仏山右▲)尾瀬笠ヶ岳10:25熊穴避難小屋、小休止岩の道が始まります、登山者の多さに(@ ̄□ ̄@;)!!眺望が開けました、中央に肩ノ小屋西側の眺望天狗...谷川岳ⅱ

  • 大山ⅷ

    10月4日大山へ、日向薬師~大山~蓑毛へ降りた。(8回目の大山、いつも下る道から上る道を歩いてきた)8:50小田急伊勢原駅BS(大山行のバスが出ています)9:20日向薬師を参拝いつも時間があると寄りますが、今日はしっかり参拝秋ですねウド:ウコギ科日向薬師:奈良時代(西暦716年)に、僧行基が熊野を旅していた際、薬師如来のお告げにより、相模国の伊勢原市に、日向山霊山寺を開山したと伝わる。また薬師信仰は奈良時代に盛んになり全国に広まりました。薬師如来は東方瑠璃山に在って現世のご利益を願う尊です。【日向薬師HPより】寺の山門にて境内を守る金剛力士(仁王像)右側)口を開いて左手に金剛杖をとる阿形(あぎょう)左側)口を閉じて右手を開く吽形(うんぎょう)吽形様とジャンケン負けちゃいました三宝殿本堂、しっかりお願いしました苔...大山ⅷ

  • 南八ヶ岳縦走キレットⅱ

    赤岳~権現岳に続く「キレット:標高差400m」26日赤岳へ5:20(豪華な)朝食日ノ出は今一つ雲海に浮かんでました6:00赤岳へ手前)中岳奥)阿弥陀岳県界尾根(野辺山~赤岳へ直登の道)赤岳展望荘です6:40赤岳南峰八ヶ岳の最高峰、山肌が赤色をしているためその名がある。山頂は南北に分かれ南峰に一等三角点がある。中央に権現岳、雲海の奥は南アルプス梯子を降りて、キレットへGOO文三郎尾根(中岳~阿弥陀岳~行者小屋へ)ミヤマダイコンソウも紅葉してますチョウノスケソウの葉も真教寺尾根分岐(牛首岳~清里へ降ります)いよいよキレットの核心部へ📸はザックへ収納、両手はフリーにして臨みます。もポツポツ落ちてきました・・・・『集中』雨に濡れた梯子滑ります7:30~7:50ザレの下りです、マーキングがサポートしてくれます。ガレた長い...南八ヶ岳縦走キレットⅱ

  • 南八ヶ岳縦走ⅰ

    9月25~26日と赤岳~キレット越へで観音平へ縦走してきた。25日は美濃戸から行者小屋経由で赤岳展望荘まで。10:15ItsFineトリカブト、この時期花が少なく主役ですね?林道(車も通る)を・・・・・赤岳も見えてきました11:00美濃戸山荘(車はここまで)「南沢」を行きます苔生した森の中、岩をかわして歩きますダイモンジソウお地蔵さん?観音様?「鉄砲水の脅威」を教えてくれましたトゲブキも紅葉してます苔の森で見た「スギゴケ」稜線が姿を見せました13:10行者小屋、昼を食べました13:20「地蔵尾根」を登ります階段・鎖場と登山道の整備は進んでます硫黄岳「三叉峰」あたりでしょうか右)阿弥陀岳:2805m左)中岳ここは「地蔵」尾根もう少しで稜線、「地蔵の頭」14:15「地蔵の頭」の地蔵仏ガンコウランとイワカガミの紅葉1...南八ヶ岳縦走ⅰ

  • 茅ケ岳ⅱ、金ケ岳

    9月19日、お騒がせな台風14号一過、瑞牆(みずがき)山へ出かけた。韮崎駅BSで並んでいると、ドライバーさんが何かアナウンスしている。「昨日から増冨温泉から先の林道が閉鎖されており、みずがき山荘まで行けないかもしれません。それでもいい人は乗車して下さい・・・・」と。増冨温泉からみずがき山荘までは約7.5km、往復急いでも3時間余分にかかる。お爺ちゃん二人はギヤンブルはしない、茅が岳へ転進した。9:20深田記念公園BSに着いた(田﨑さんは3回目、私は2回目になる)ゲンノショウコキンミズヒキコアジサイ:ユキノシタ科全山いたるところにあった。女岩は崩壊して危険なのでトラバース女岩(崩壊で通行禁止)🥅よりソバナ:桔梗科シラヤマギクアキノキリンソウ11:10急登が終わって稜線へ、晴れてます11:15深田久弥(日本百名山の...茅ケ岳ⅱ、金ケ岳

  • 乾徳山ⅱ

    8:30JR中央線塩山駅BS「西澤渓谷」行きの🚎で乾徳山登山口へ9:10徳和集落の舗装道路を上っていきます秋明菊栗🌰栗秋桜9:20「乾徳山前宮神社」通過9:30乾徳山登山口(直進すれば徳和渓谷へ)よく手入れされた植林帯マツカゼソウ10:05銀晶水、一息入れました灌木帯~林道を横断して「駒止」ここまで🐎できた、ここからは・・・苔生した岩混じりの道に、稜線も見えてきた。錦晶水、水量は多かった道は傾斜が緩み眺望が開く、乾徳山が姿を見せた10:55国師ケ原十字路鹿が(肥気味?)水分補給して扇平へ上るマルバタケブキ(もう終わり)ウメバチソウアザミ意外と花は少なかった扇平、月見岩へ行けば「道満尾根~徳和」への道扇平から乾徳山に続く「岩」の道へ奥秩父らしい原生林と岩が続く鎖場の直登も最後の「鳳岩」鎖場、前回は登りましたが・・...乾徳山ⅱ

  • パラリンピック

    今週も秋雨前線の停滞で山は雨模様、家で停滞パラリンピックの話題を・・・・・。(*_*)吃驚(+_+)(@_@)(@ ̄□ ̄@;)!!バドミントンの医療統括責任者を務める中村太郎医師)に、話を聞いた。父の裕さんが「日本パラリンピックの父」と呼ばれる人物と知ったからだ1927年、大分県生まれ。国立別府病院の整形外科医だった60年、英国の病院を訪れ、衝撃を受ける。日本でなら再起不能とみなされそうな患者が半年ほどで退院し、社会復帰を果たしていたからだ,秘訣はスポーツにあった。車いすで卓球やバスケットボールに打ち込み、リハビリ効果をあげていた。〈失ったものを数えるな。残されたものを最大限に生かせ〉。指導を受けたグットマン博士の理念を体現しようと、帰国直後から奔走。障害者体躯大会を開き、64年の東京パラオリンピックでは団長を...パラリンピック

  • 掃部ケ岳ⅱ~杏ケ岳(榛名山)

    8月27日榛名山へレンゲショウマを、日帰りで・・・・・。榛名山の最高峰掃部ケ岳から南へ伸びる尾根、杏岳へと縦走してきた。:榛名富士9:50高崎駅から群馬バスで榛名湖BSマツムシソウ10:10湖畔の淀記念公園~掃部ケ岳へ立派な🍄目を惹きました結構な登りです岩も越えて行きます10:40メインルートと合流シラヤマギクミヤマママコナ:シソ科オミナエシ榛名湖(周囲5km)と手前)氷室山、右)天目山奥)相馬山11:00掃部ケ岳:1449m山名は山頂の南に直立する「地蔵岩」形状から「牙門(がもん)」の名が生まれ「掃部」と当て字されたとある。山名の由来で多いのは、修験道の信仰から付られたものがある。大日岳、薬師岳、地蔵岳等々、掃部ケ岳もその例にあたるのか?掃部と付いた山名日本山名辞典には二山しか記載されていないが。地蔵岩(手前...掃部ケ岳ⅱ~杏ケ岳(榛名山)

  • 三ツ峠(山)Ⅳ

    8月21日南アルプス「アサヨ峰」を予定したが大荒れの不安定な気候、北沢峠山小屋はキヤンセルし、三つ峠へ日帰りで行ってきた。これも🗻🗻🗻9:50富士急河口湖駅~天下茶屋行きのバスに乗る(一本/日)10:20旧御坂峠を登って「三つ峠登山口BS」林道を上って、10:40登山口テンニンソウ花の多い山、この時期の楽しみはレンゲショウマ注意して歩いたが見つけることはできなかった(実際には咲いていたようだが)レンゲショウマ(奥多摩御岳山)花が蓮の花を思わせる形。葉は若菜を茹でて水に晒して食用とする、サラシナショウマの葉に似ているところからその名前が付けられたという。斜めに伸びた長い茎の先に薄い紫色の可愛らしい花がうつむきかげんに咲き、ユラユラ揺れる様は何とも涼し気だが・・・・・。もうすぐ・・・・・。11:40三つ峠山荘着、ま...三ツ峠(山)Ⅳ

  • 先週はOFF

    先週はOFF『TOKYO2020』の静かな✌('ω'✌)三✌('ω')✌三(✌'ω')✌喧騒も終わり、久しぶりに日本人を意識した2週間でした。14日茨城県で『義父C三郎』の初盆で故人を偲び(人''▽`)☆コロナ禍も収まらず15日には榛名山杏ケ岳(すもんがたけ)のレンゲショウマを予定したが季節外れの『梅雨』で中止、結果OFFに。*T崎さんから頂いた『LOWA』トレッキングシューズ踵の減りが顕著なので踵部分のみ補修へ(ビブラムソール)地元の「靴工房」にて2.800円で済みました。注:専門業者に出せばソール交換で10,000円はかかるようです。今週末も南アルプスは大荒れ、今日山小屋をキヤンセルしました。先週はOFF

  • 針の木峠・蓮華岳その2

    8月5日蓮華岳をピストンし扇沢へ降ります針の木小屋から見た朝の眺望です。燕(つばくろ)岳?命名の由来は?露岩のどれかがツバメに似ているからという?(針ノ木小屋御主人が教えてくれた、納得だ)5:25朝食、「塩分」の取れる食材です5:45蓮華岳ピストン針ノ木岳~スバリ岳~種池山荘へ続く稜線(当初のプランは種池山荘👆針ノ木岳でしたが、種池山荘が取れなかった)オトギリソウエゾシオガマ針ノ木峠(鞍部)にある小屋今朝まで弱い雨が落ちていました蓮華岳右)鹿島槍ヶ岳左奥)朝日岳爺ケ岳(見事な双耳峰)砂礫の緩やかな斜面に、コマクサの群生タカネシオガマイワベンケイ6:45蓮華岳:2799m(三百名山)針の木岳から東に伸びる稜線にあり、山頂に「若一王子神社奥の院」がある。手前)山頂奥)若一王子神社奥ノ院@三角点から北葛岳~七倉岳~(...針の木峠・蓮華岳その2

  • 針の木岳・蓮華岳その1

    8月3日夜行🚌で扇沢へ、夏山の第一👣は、針の木岳・蓮華岳へ行ってきた。5:20扇沢BT(三度目)着、朝食をとって6:05針の木自然歩道(針の木岳登山道へ)トモエシオガマ虻が留まってましたエゾアジサイヤマシシウドガレ沢?を三度横断します針の木雪渓上部が見えます(中央が針ノ木岳)7:25大沢小屋(休業中)ソバナシモツケソウコオニユリ8:10針の木雪渓へ(チェーンスパイク着けて)雪渓の上は涼しいが足場が悪いので9:00左岸の夏道へチングルマシナノキンバイ右岸のマヤクボ沢雪渓夏道、道が荒れて急登、(ノД`)シクシク…体力を消耗しましたダイモンジソウミヤマダイコンソウ文字通り最後のツズラ折です、上を見ないで一歩一歩・・・・・。タカネヤマハハコ:キク科10:30着いた!!!針の木峠10:50一休みして「針の木岳」をやっつけ...針の木岳・蓮華岳その1

  • 城峯山

    7月31日奥秩父城峯山(関東百)へ行ってきた。🚋JR上野東京ライン熊谷駅で秩父鉄道に乗換え、皆野駅へ皆野駅からは皆野町営バスで登山口のある西門平へ、約4時間の移動💦9:30西門平BS(BS横に東屋があるがここは登山口ではない)アズマギグ9:45登山口はBSから少し上った民家の脇から新皇:平将門(?~940年)平安時代の武将、下総国を本拠地として先祖以来の律令官僚として権力をふるう。平氏一門で家父制支配の反逆者といわれる。下総の猿島郡石井郷に王城を築いて新皇と称した。登山口から林道を二度横切り、杉林の中を歩く今日は田﨑さんと一緒「翁の面」に似たコブ10:30杉林を抜けて眺望がタケニグサフタリシズカの葉、虫が這った後オケラの花鐘掛城跡(中城峯山)への道(巻き道あり)🍄ハンバーガーみたいだコアジサイ10:55鐘掛城跡...城峯山

  • 鹿俣山(新関東百)

    9:20JR上越線沼田駅(後ろの山は子持山=関東百)関越バスで70分登山口になる「玉原センターハウス」へ10:40探鳥路入口(登山口)ブナ平(ブナの森)経由して鹿俣山へノリウツギホトトギス今日の脇役キノコ達ですブナの木目木の肌には、不規則のようでいて決まった模様のリズムがある。長い間生きてきた歴史が幹に刻まれている。耳をあてると木の話が聞こえてくる。【埴沙萌著植物記より】下は枯れても生きてますコブは細菌🦠と戦った証ブナの林床はチシマザサに覆われ花は驚くほど少ない食べられそうですね、無数の小さい虫が飛んでいました11:10ブナ地蔵(分岐)ブナ地蔵(名付けて妙👏👏👏)食べられる?いや食べられないチシマザサの狩り払われた登山道チシマザサ:ネマガリダケイネ科のササ。北海道,本州の日本海側の山地落葉樹林下に大群落をなして...鹿俣山(新関東百)

  • 霧ヶ峰(車山)

    妙な言い方だが、山には、登る山と遊ぶ山がある。前者は、息を切らし汗を流し、ようやくその頂上に辿りついて快哉を叫ぶという風であり、後者は、歌でもうたいながら気ままに歩く。もちろん山だから登りはあるが、ただ一つの目標に固辞しない。気持ちのいい場所があれば寝転んで雲を眺め、わざと脇道へ入って迷ったりもする。当然それは豊かな地の起伏と広濶な展望を持った高原状の山であらねばならない。霧ヶ峰はその代表的なものの一つである。【日本百名山:深田久弥】梅雨の明けた7月17日「霧ヶ峰」へ田﨑さんと遠征してきた。今日は「特急あずさ」で茅野駅へ10:20茅野駅から車山高原へ向かいました。11:25車山高原(三度目になります)蓼科山と北八ヶ岳ですカキツバタ信濃自然歩道が整備され、大周りを強いられます(スキー場内は歩けない)ヨツバヒヨドリ...霧ヶ峰(車山)

  • おばあちゃんと遠足:49

    7月11~12日、一年ぶりの「おばあちゃんと遠足」は奥下田「観音温泉」へhttps://www.kannon-onsen.com/特急踊り子号で伊豆急下田へマイクロ🚍で25分「観音温泉」へお洒落な調度品ひつじ草(睡蓮)👆11日15:30翌日咲いていました👆12日9:00夕食、久しぶりに豪華な食卓でしたお造り(3人前)趣があります♨♨♨温泉は:自家源泉かけながし、強アルカリ(ph.)美肌の湯効能:アルカリ性が皮膚表面の脂肪を分解して、脂肪酸ナトリウムを生成。これが石鹸と同じ役割をするので、入浴しただけで汚れを落とす効果がある。肌がツルツル、スベスベして爽快感がある。まろやかな味のする飲泉水でもありました。女将の好み?蘭がいたるところに・・・・。(^o^)ノ<おやすみー館内に鳥が歩いてました豪華な朝食蓮の蕾蓮の葉模...おばあちゃんと遠足:49

  • 梅雨前線・停滞

    <梅雨前線の停滞>関東地方の梅雨入り宣言は6月14日(平年より一週間遅い)にもかかわらず梅雨明けのような日が続いていたが本格的な梅雨の空に・・・登山への足も停滞、自然には勝てないので晴登雨読に加藤廣さんの作品に凝ってます。加藤廣:1930~2018年東京大学法学部卒。中小企業金融公庫、山一証券を経て経営コンサルタントに。2005年、長編時代小説『信長の柩』にて文壇デビユー、『秀吉の伽』『明智左馬助の恋』に至る「本能寺三部作」はいずれもベストセラーに・・・・・。【家康に訊け】帯より抜粋📚加藤史観秀吉の出自は「山の民」という。起源を平安時代の藤原氏の末裔に連なるという高貴な部族。中央での権力抗争に敗れて丹波に逃げ込んだ一門の系統。この部族は自分たちの出自について口外せず、口も団結も固い。三代までは、十二歳からの二年...梅雨前線・停滞

  • 伊豆ケ岳ⅱ・古御岳・子ノ権現

    6月28日(月)伊豆ケ岳ハイキンコースを子ノ権現まで歩いてきた。9:30🚋西武線正丸駅いきなり不思議な階段(左に傾斜してます)ユキノシタ沢筋を行きます安産地蔵堂マンネングサ(人面)ウツボグサ10:05正丸峠分岐、今日は沢筋の道へ小沢に沿った杉の植林帯の道木の根、岩混じりの急登尾根へ出てしばらく上ると支尾根稜線に11:00五輪山(ハイキングコースと合流)一息いれた11:05下って「👨男坂」入口へ鎖場を登る田﨑さん中間地点岩場、木の根を越えて岩場から🏔武川岳の奥に🏔武甲山が出口、ロープでガードされ「👩女坂」へと誘導していました11:25伊豆ケ岳(昼食15分休憩)伊豆が岳:851m奥武蔵、正丸峠の南1.5kmにある岩峰。頂上近くに男坂・女坂があり、男坂は鎖場。山名の由来は、山頂から伊豆の山々が見える、ユズの木があった...伊豆ケ岳ⅱ・古御岳・子ノ権現

  • 能岳・八重山

    6月24日「梅雨の晴れ間?」中央線上野原駅から能岳・八重山を歩いてきた。9:10上野原駅スタート中央高速を渡り甲州街道へ甲州街道~小菅村(奥多摩)方向へ、カタバミヒメシャラ(夏椿)10:05西澤の滝へ寄ります(何度かここを歩いていますが気が付きませんでした)個人の命名による滝?滝壺までの道も開発中10:15滝の落ちる川を鉄橋で渡ると(八重山ハイキングコース)登山口チゴユリの実、チゴユリの多い山です杉林を上って行きます、野草が楽しみな林床でした10:30天徳峠、東屋が出来ていました。北西側に眺望あり、富士山も見えますが梅雨空?終始の中でしたオカトラノオ(今日の主役)杉林が続きますノリウツギ:ユキノシタ科(紫陽花の仲間)ドクダミ蕾とスパイダーヤブレガサ虎丸山:480m分岐バッタ君灌木の茂る急登を一登りで11:15能...能岳・八重山

  • いざ鎌倉、源氏山

    6月15日午後から雷雨予報が出ていたが鎌倉源氏山へ行ってきた。『「分県登山ガイド:神奈川の山41」唯一写真のない山だったので』9:00大船駅からwalkingスタート(眉目秀麗)JR横須賀線踏切を渡って「小袋谷」へ9:30北鎌倉駅、円覚寺(鎌倉五山第二位)寺がいっぱい9:35~10:05松岡(しょうこう)山東慶寺さだまさしの「縁切寺」でも出てくる、幕府公認の寺でもあったアカバナユウゲショウオオバギボウシイワタバコ🚬手つかずの「時間の流れ」が主役です食べられませんシモツケソウキキョウニガナホタルブクロハナショウブネムノキ10:10金寶(きんぽう)山浄智寺:鎌倉五山第四位・・・パス鎌倉五山巡り、禅宗で鎌倉時代に中国の五山制度にならって最高の格づけをされた五つの禅寺(建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺)を巡礼しま...いざ鎌倉、源氏山

  • 鍋割山ⅵ~塔ノ岳ⅺ

    6月8日丹沢山塊、鍋割山~塔ノ岳を歩いてきた。真夏日、約20kmの山歩きはタフな一日だった。(相棒は一回目のワクチン接種日で単独行)大倉~(鍋割山稜ルート)鍋割山~塔ノ岳~(大倉尾根)大倉へ9:05今日は左へ、右から降りてきます。ドクダミテンナンショウ実西山林道へ、いつもは戻りに使う単調な道、今日は登りますサワギクヤマブキショウマコメウツギ10:15二俣、一本橋で対岸へ。「勘七沢」沢登りはここから遡行します四十八瀬川(勘七沢・本沢・ミズヒ沢が合流)の水量です鍋割山稜コース(鍋割山~塔ノ岳)、小丸尾根コース(エスケープルート)です10:20黒竜の滝:落差15mの涸れることのない滝滝の近くに「黒竜さん」という祈祷師の庵があったため?鍋割山荘K野氏の車?とか、ここからボッカです(水場にもなっています)本沢を渡って、後...鍋割山ⅵ~塔ノ岳ⅺ

  • 高座山・杓子山・鹿留山

    道志山塊の西にある高座山~杓子山~鹿留山を歩いてきた。8:53起点は「富士急🗻駅」BS9:30忍野(おしの)役場前BS高座山(たかざすやま)@忍野中学から林道を上って鳥居地峠へ10:00鳥居地峠杓子山登山口二度目ですササバギンランカヤトの原に文字が『大下上中』と読めますヒオウギアヤメ:アヤメ科湿原や湿地でもないのにいくつか咲いていた10:45カヤトの急登を直登して高座山:1304m富士山はこの通り(富士急行線では良く見えていましたが)下ります(の続く登山道でした)ヤマツツジツクバネソウ:ユリ科群生していました岩場も出てきますツクバネウツギ左)御坂山塊中央)三つ峠ウツボグサ:シソ科11:25大ザ首峠ここからは登りですスミレさんもレンゲツツジもうすぐ杓子山11:55・12:15杓子山:1597m(山梨百名山)昼を食...高座山・杓子山・鹿留山

  • 霧降高原丸山

    9:30(一年ぶりの)東武日光駅ます10:151,445段の階段、三度目の挑戦です(①赤薙山:2,010mピストン、②女峰山:2,483m)ユキザサシロヤシオ:五葉ツツジコラボしてますミツバツツジ:葉は3枚半分通過10:45小丸山:1,601m丸山へ昨日雨が降ったようですスミレ(しかなかった)〇山、そのまんまですコメツガ雲って眺望ありません11:05丸山:1,689m八平ケ原経由で高原ハウスへ戻る予定でしたが、「ぬかるんでドロドロだよ」との情報から小丸山へ戻りました。二度目になる下段、途中から「天空回廊」なる道を使い降りましたタンポポ枝道へかっては「霧降高原スキー場」でした(6月末からニッコウキスゲで賑わう場所です)ニッコウキスゲマイズルソウ12:00高原ハウスで昼食です駐車場は多くの車で埋まっていました12:...霧降高原丸山

  • 高松山Ⅱ

    5月18日雨はないようなので高松山へ行ってきた。高松山:丹沢山塊の南側に連なる前衛の山、西隣の大野山とともに訪れる人が多い。南斜面には🍊ミカン畑が多く、🍊の色づく晩秋から初冬、里を桜や菜の花が彩る2~5月にかけてが美しい。山頂からは、🗻や小田原方面、丹沢の山々を見渡すことができる。【ヤマケイオンライン】8:10JR🚄御殿場線「東山北駅」が今日の起点富士山今日のコース、下山は尺理峠~最明寺史跡公園~新松田駅へ降ります8:30国道号に沿って歩き高松山登山口8:45尺理川沿いを上って入口へ(第2東名の工事現場になっているのでここから農道へ)山の神に「転ばないよう」にお願いしてマンネングサ:セリ科道案内充実してます第2東名の建設現場(橋でも架けるのか?)迂回します対岸の状況迂回路を15分歩いて登山道へ合流オニタビラコ:...高松山Ⅱ

  • 中沢山(南高尾)

    5月10日、稲荷神社のクマガイソウを見に(遅いよ!!)南高尾プチ縦走(🏔🏔🏔🏔)してきた。セブンサミッツhttps://imatama.jp/article/news/yamasuta8:30JR高尾駅甲州街道(20号線)を歩いてもうすぐ、梅の木平9:20左折して中沢峠の道へ「稲荷神社」🔚終わってま🔚(10日遅かった)4月16日のクマガイソウ:らん科エビネ:らん科稲荷神社シャガ:あやめ科9:30「うかい鳥山」への舗装道路を行きますクサノオウ西山峠への分岐(関東ふれあいの道)「うかい鳥山」通過https://www.ukai.co.jp/toriyama/”花街道”が続きますオオカメノキ:すいかずら科ジシバリフタリシズカヒメウツギマルバスミレウマノアシガタホウチャクソウカキドウシウラシマテンナンショウ:さといも科...中沢山(南高尾)

  • 滝子山寂しょう尾根・春

    5月4日、大菩薩連嶺の南端にある滝子山を寂しょう尾根から行ってきた。題して「滝子山寂しょう尾根・春」滝子山に登るのは4回を数える。晴天、気温も高い・・・・・JR中央線笹子駅~滝子山~初狩駅へ降りるコース9:05笹子駅スタート、今日は「笹一酒造」は寄りません9:20国道20号線を歩いて吉久保🚌BSから稲村神社へ稲村神社を左折し道なりに行き、中央高速を渡れば・・・今日登る尾根道の全容です9:35桜森森林公園入口ゲート(新設されました)9:40寂しょう尾根入口(お馴染みの大月市表示板がありました)右に「寂惝苑=山小屋?」廃屋ほどなく杉林に人の手が入っているようです杉林を上って鉄塔で一休み峰の山:911m10:10大鹿林道を渡り尾根道へヤマツツジと楢の新緑尾根道はこんな雰囲気ブナの大木も梢越しの富士山今日の昼食はオニギ...滝子山寂しょう尾根・春

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ブログはじめました!さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ブログはじめました!さん
ブログタイトル
ブログはじめました!
フォロー
ブログはじめました!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用