searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

MARIAさんのプロフィール

住所
宇都宮市
出身
台東区

国内旅行や国内ツアーなら女子旅ブログで。国内のお得なツアーや旅館の予約をご紹介。目的に応じたプランが見つかるかも!!

ブログタイトル
女子旅ブログ
ブログURL
http://joshitabiblog.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
国内旅行や国内ツアーの紹介。
更新頻度(1年)

67回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2014/08/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MARIAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
MARIAさん
ブログタイトル
女子旅ブログ
更新頻度
67回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
女子旅ブログ

MARIAさんの新着記事

1件〜30件

  • 第541条 催告による解除

    当事者の一方がその債務を履行しない場合において、相手方が相当の期間を定めてその履行の催告をし、その期間内に履行がないときは相手方は、契約の解除をすることができる。ただし、その期間を経過した時における債務の不履行がその契約及び取引上の社会通念に照らして軽微であるときは、この限りでない。↓関連判例↓「司法試験」双務契約上の債務が同時履行の関係に立つ場合、双方とも期限に履行の提供をしなかったとき、右契約を...

  • 第533条 同時履行の抗弁

    双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行(債務の履行に代わる損害賠償の債務の履行を含む。)を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができる。ただし、相手方の債務が弁済期にないときは、この限りでない。↓関連判例↓家屋の賃貸借終了に伴う賃借人の家屋明渡債務と賃貸人の敷金返還債務とは、特別の約定の無い限り、同時履行の関係に立たない。(最判昭49.9.2)いわゆる預託金会員組織ゴルフ会員権を目的...

  • 第501条 弁済による代位の効果

    Ⅰ前2条の規定により債権者に代位した者は、債権の効力及び担保としてその債権者が有していた一切の権利を行使することができる。Ⅱ前項の規定による権利の行使は、債権者に代位した者が自己の権利に基づいて債務者に対して求償すすことができる範囲内(保証人の一人が他の保証人に対して債権者に代位する場合には、自己の権利に基づいて当該他の保証人に対して求償をすることができる範囲内)に限り、することができる。Ⅲ第1項の場...

  • 第494条 供託

    Ⅰ弁済者は、次に掲げる場合には、債権者のために弁済の目的物を供託することができる。この場合においては、弁済者が供託をした時に、その債権は消滅する。①弁済の提供をした場合において債権者がその受領を拒んだとき。②債権者が弁済を受領することができないとき。Ⅱ弁済者が債権者を確知することができないときも、前項と同様とする。ただし、弁済者に過失があるときは、この限りでない。↓関連判例↓「司法試験過去問」「司法書士...

  • 第446条 保証人の責任等

    Ⅰ保証人は、主たる債務者がその履行をしないときは、その履行をする責任を負う。Ⅱ保証契約は、書面でしなければ、その効力を生じない。Ⅲ保証契約がその内容を記録した電磁的記録によってされたときは、その保証契約は、書面によってされたものとみなして、前項の規定を適用する。↓関連判例↓期間の定めのある建物賃貸借における賃借人のための保証人は、反対の趣旨をうかがわせる特段の事情がない限り、更新後の賃貸借から生ずる賃...

  • 第415条 債務不履行による損害賠償

    Ⅰ債務者がその債務の本旨に従った履行をしないとき又は債務の履行が不能であるときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。ただし、その債務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして債務者の責めに帰することができない事由によるものであるときは、この限りでない。Ⅱ前項の規定により損害賠償の請求をすることができる場合において、債権者は、次に掲げるときは、債務の...

  • 第412条 履行期と履行遅滞

    Ⅰ債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時から遅滞の責任を負う。Ⅱ債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した後に履行の請求を受けたとき又はその期限の到来したことを知った時のいずれか早い時から遅滞の責任を負う。Ⅲ債務の履行について期限を定めなかったときは、債務者は、履行の請求を受けた時から遅滞の責任を負う。↓関連判例↓不法行為に基づく弁護士費用の...

  • 第97条 意思表示の効力発生時期等

    Ⅰ意思表示は、その通知が相手方に到達した時からその効力を生ずる。Ⅱ相手方が正当な理由なく意思表示の通知が到達することを妨げたときは、その通知は、通常到達すべきであった時に到達したものとみなす。Ⅲ意思表示は、表意者が通知を発した後に死亡し、意思能力を喪失し、又は行為能力の制限を受けたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。↓関連判例↓電話加入者が自ら表示した住所に旧日本電信電話公社から発せられ...

  • 第92条 任意規定と異なる慣習

    法令中の公の秩序に関しない規定と異なる慣習がある場合において、法律行為の当事者がその慣習による意思を有しているものと認められるときは、その慣習に従う。↓関連判例↓金融機関と信用保証協会との間の信用保証取引約定書における旧債振替禁止条例(金融機関が貸付金を相手の旧債務の弁済にあててはいけない)に金融機関が違反した場合、その違反額についてだけ、保証債務は免責される。(最判平9.10.31)生命保険の約款...

  • 第91条 任意規定の異なる意思表

    法律行為の当事者が法令中の公の秩序に関しない規定と異なる意思を表示した時は、その意思に従う。↓関連判例↓保険金の支払事由を火災によって損害が生じたこととする火災保険契約の約款に基づき火災保険金の支払いを請求する場合における火災発生の偶然性についての主張立証責任を負わないとされた例(最判平16.12.13)生命保険契約に付加された災害割増特約における災害死亡保険金の支払事由を不慮の事故による死亡とする...

  • 第372条 留置権等の規定の準用

    第296条、第304条及び第351条の規定は、抵当権について準用する。※第296条・・・留置権の不可分性 第304条・・・物上代位  第351条・・・物上保証人の求償権↓関連判例↓「司法試験過去問」「司法書士試験過去問」抵当権者は、抵当不動産の賃借人を所有者と同視することを相当とする場合を除き、右賃借人が取得すべき転貸賃料債権について物上代位権を行使することはできない。(最判平12.4.14)転付命...

  • 第369条 抵当権の内容

    Ⅰ抵当権者は、債務者又は第三者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。Ⅱ地上権及び永小作権も、抵当権の目的とすることができる。この場合においては、この章の規定を準用する。↓関連判例↓互いに主従の関係にない甲乙2棟の建物が工事により1棟の丙建物となった場合、甲建物又は乙建物に設定されていた抵当権は、丙建物のうちの甲建物又は乙建物の価...

  • 第304条 物上代位

    Ⅰ先取特権は、その目的物の売却、賃貸、滅失又は損傷によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても行使することができる。ただし、先取特権者は、その払渡し又は引き渡しの前に差押えをしなければならない。Ⅱ債務者が先取特権の目的物につき設定した物権の対価についても、前項と同様とする。↓関連判例↓「司法試験過去問」「司法書士試験過去問」本条1項但書は、抵当権とは異なり公示方法が存在しない動産売買の先取特権に...

  • 第249条 共有物の使用

    各共有者は、共有物の全部について、その持分に応じた使用をすることができる。↓関連判例↓「司法試験」「司法書士試験」不動産の共有者の一人は、共有不動産について不実の持分移転登記がされている場合には、その登記によって共有不動産に対する妨害状態が生じているということができるから、単独でその持分移転登記の抹消登記手続きを請求することができる。(最判平15.7.11)他の共有者との協議に基づかないで、自己の持...

  • 第185条 占有の性質の変更

    権原の性質上占有者に所有の意思がないものとされる場合には、その占有者が、自己に占有をさせた者に対して所有の意思があることを表示し、又は新たな権原により更に所有の意思をもって占有を始めるのでなければ、占有の性質は、変わらない。↓関連判例↓「司法試験過去問」他主占有者の相続人が自主占有に変更し、取得時効が成立したことを主張する場合には、その者が立証しなければならない。②相続人の一人Aが被相続人から土地の贈...

  • 第117条 無権代理人の責任

    第117条 無権代理人の責任 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第116条 無権代理行為の追認

    第116条 無権代理行為の追認 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第109条 代理権授与の表示による表見代理等

    第109条 代理権授与の表示による表見代理等 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第96条 詐欺又は強迫

    第96条 詐欺又は強迫 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第33条 法人の成立等

    第33条 法人の成立等 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第13条 保佐人の同意を要する行為等

    第13条 保佐人の同意を要する行為等 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第1046条 遺留分侵害額の請求

    第1046条 遺留分侵害額の請求 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第907条 遺産の分割の協議又は審判等

    第907条 遺産の分割の協議又は審判等 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第896条 相続の一般的効力

    第896条 相続の一般的効力 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第826条 利益相反行為

    第826条 利益相反行為 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第772条 嫡出の推定

    第772条 嫡出の推定 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第715条 使用者等の責任

    第715条 使用者等の責任 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第709条 不法行為による損害賠償

    第709条 不法行為による損害賠償 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第708条 不法原因給付

    第708条 不法原因給付 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

  • 第703条 不当利得の返還義務

    第703条 不当利得の返還義務 - 司法試験や司法書士試験、行政書士などの国家資格に通用する民法の基礎知識や重要判例を紹介していきます。

カテゴリー一覧
商用