searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

かいえんさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
未設定

親サイトに当たる本館では、オリジナルトレーナーのポケモン二次小説を公開しています。

ブログタイトル
とーえつ雑談部屋
ブログURL
https://toethu-story.hatenadiary.org/
ブログ紹介文
アニメポケモンXYの感想を綴っています。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2014/06/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かいえんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かいえんさん
ブログタイトル
とーえつ雑談部屋
更新頻度
集計中
読者になる
とーえつ雑談部屋

かいえんさんの新着記事

1件〜30件

  • サイト・ブログ閉鎖のお知らせ

    ポケモン小説サイト「とーえつ」及び「とーえつ雑談部屋」をご覧いただきまして、ありがとうございます。この度、母体サービスの終了に伴いまして、サイト・ブログを閉鎖させて頂くこととなりましたので、お知らせ致します。 「とーえつ」につきましては、「Yahoo! ジオシティーズ」サービス終了に伴い、2019年3月31日を以ちまして、閉館させてとなります。 2008年3月31日に開設して以来、約10年間に渡るご愛顧、誠にありがとうございました。 当ブログ「とーえつ雑談部屋」につきましては、「はてなダイアリー」サービス終了に伴い、2019年1月28日を以ちまして、更新を終了させて頂きます。 2013年10月…

  • ポケモンXYZ感想−137話目 【 暫定 】

    第137話(Z-44) 「はじまりはゼロ! シトロンの決断!!」● 総括 復行進むミアレシティで、ミアレジムを再開するシトロン。密かに期待したシトロイドの記憶奇跡の復活は、やはり無かった。シトロンは現実を受け入れているようだが、何とも複雑な思いである。 タイトルの“ゼロ”とは、初期化シトロイドの“ゼロからスタート”、そして、サトシが語った“ゼロからやり直す”の2つの意味。これはなかなか考えられたものだ。 アランとマノンが接近していたり、マーベラス研究所が再び破壊されたり、恒例ちゃっかりロケット団など、見所多数のストーリーだった。 ● 次回ひとこと予告 → ラストこれに全部持って行かれた。

  • ポケモンXYZ感想−135・136話目 【 暫定 】

    第135話(Z-42) 「進撃する巨石! カロス防衛線!!」 第136話(Z-43) 「反撃のジガルデ! カロス最終決戦!!」 ● 総括 フレア団編のラストに、カロスの平和を取り戻すに相応しい、最終回としても通用する納得のストーリー。 ハリさんが巨石に取り込まれた理由付けには思わず唸る、そして暴走する巨石を止めるために集うジムリーダーたちのシーンは鳥肌もの。こうした演出が光るのはXYZ編の特徴と言うか、このストーリーに相当な力を入れていることが伺える。 ロケット団は相変わらず格好良く、ビオラとザクロがデキてたりと言った小ネタも忘れることなく、これは1時間スペシャルでなければ味わえない感動だ。 …

  • ポケモンXYZ感想−134話目 【 暫定 】

    第134話(Z-41) 「突撃ミアレジム! シトロイドよ永遠に!!」 ● 総括 もうね……アカン。今回はストーリーの質が高すぎて濃すぎて、今回ほどあっという間に終わってしまった話は初めてかもしれない。 サトシ側にパキラが付き、セレナ&マノンには本編初登場のダイゴが付き、ユリーカはプニちゃんとの絆でフレア団からの洗脳を解き、シトロンはクセロシキに勝利するもシトロイドが犠牲になり……、展開が激しすぎて とにかく面白かった! シトロイドの犠牲あったお陰で、フレア団の勢いが衰えていく。その顛末は、どこへ行きつくと言うのだろうか。あとロケット団が格好良かった。

  • ポケモンXYZ感想−133話目 【 暫定 】

    第133話(Z-40) 「衝撃ジガルデ対ジガルデ! 壊れゆく世界!!」 ● 総括 サトシはフラダリの科学力に、絆の力で打ち勝ち、そしてアランは目を覚まし、共闘する。 シトロンは幹部2人を相手にジムリーダーらしさを発揮、セレナはマノンとフラダリラボを目指し、ユリーカはプニちゃんを信じて行動する――。 サトシが、セレナが、シトロンが、ユリーカが。それぞれ自分のすべき役割に動く。XYメンバーだからこそ、この展開に熱くなるというものだ。 彼らの行動の結末は、いったい……!?

  • ポケモンXYZ感想−132話目 【 暫定 】

    第132話(Z-39) 「襲撃フレア団! プリズムタワーのジガルデ!!」 ● 総括 とうとう動き出したフラダリの野望、フレア団の作戦。洗脳され暴走する50%フォルムのZ-2。事態がが急変し、危機に陥ったミアレシティ。そんな中、サトシがフレア団に捕われてしまう……。 フレア団の開幕は、なかなかに衝撃的なものだった。サトシの運命と、フラダリを前にしたアランの反応は……? そして、プニちゃんがジガルデ50%フォルムへと姿を変え、Z-2の説得に挑む。秩序を守る2匹の監視者の行方は如何に……?

  • ポケモンXYZ感想−130・131話目 【 暫定 】

    第130話(Z-37) 「決勝戦! サトシ対アラン!!」 第131話(Z-38) 「カロスリーグ優勝! サトシ頂上決戦!!」 ● 総括 大迫力、大ボリュームのカロスリーグ決勝戦、サトシVSアラン。 その結果は残念なものだったが、ここまで手に汗握るフルバトル、今まであっただろうか。各ポケモンたちの特徴・設定が活かされ、さらにサトシの戦略光るバトルは、まさにXY&Z編の集大成と言えよう。とにかく、激闘を終えたサトシたちに拍手を贈りたい。 サトシを応援するロケット団も良い味を出していたし、納得のストーリーだった。 そして始まるフレア団編。シリアスが多い今シリーズ、今後どのような展開になるのだろうか。…

  • ポケモンXYZ感想−129話目 【 暫定 】

    第129話(Z-36) 「激闘カロスリーグ! 集え、すべての熱き想いよ!!」 ● 総括 決戦前夜の話は日常回的なことが多いが、マノンと対面、サトシゲッコウガについての新情報、フレア団の不審な動きなど、かなり重要回に位置づけられるストーリー。 アランの心情や、敗退したショータにもスポットが当てられるなどもあって、息抜きに捉われない、飽きのこない話だった。 ● 次回ひとこと予告 → さぁ、サトシさん初の決勝戦!!

  • ポケモンXYZ感想−127・128話目 【 暫定 】

    第127話(Z-34) 「準決勝フルバトル! サトシ対ショータ!!」 第128話(Z-35) 「ライバル決戦! サトシゲッコウガVSメガジュカイン!!」 もしかしてカロスリーグ会場とフラダリラボ隣接してない? ● 総括 これぞライバル対決! サトシに憧れ、追い続けてきたショータと、そんな彼の成長が実は怖かったサトシのフルバトル。作画、戦略、心情に加え、ギャラリー勢の発言や仕草までも考え抜かれた、過去最高のバトルと言っても過言では無い熱いストーリーに、思わず見入ってしまった。 それらを詰め込んでも違和感なく仕上げる様は、面出脚本ならでは。ここはペロリームのワザ数には目を瞑るとしよう(笑) 準決勝…

  • ピカチュウのうた

    キャラソンプロジェクトの最後を飾る第6弾。 ソニーミュージックによると、“ピカチュウのうた”に決定だとか。 → http://www.sonymusic.co.jp/artist/sakotomohisa/info/470557 この斜め上の発想、いったい誰が予想し得たであろうか……。 ……いや、実はキャラソンプロジェクト発足当初、私は“大穴”として予想していたのであった。 → http://d.hatena.ne.jp/toethu_story/20151123/p1 要するに何が言いたいかと言うと、ピカチュウが歌うピカチュウによるピカチュウの歌、非常に楽しみでならない。 去年の短編映画でピ…

  • サトセレポスター2016

    7月9日発売の「アニメディア8月号」に、ポケモン映画「ボルケニオンと機巧のマギアナ」のコラムに併せ、サトシとセレナが描かれたポスターが同封されました。 こういった雑誌にポケモンの(サトセレの)ポスターが付録されるのは4度目。前々々回は女性・女子向け雑誌だったのでスルーしましたが、今回は特段そういった縛りは無く、ポケモン映画のインタビューも載っているとのことで、購入してみました。 気になるポスターはこちら。 セ レ ナ が 居 な い ! ポケモンでこういった書下ろしポスターを作るのは かなり稀ですが、その稀なことを3年連続で実施してくれる当たり、ポケモンも新たな方向性を見出そうとしていることが…

  • ポケモンXYZ感想−126話目 【 暫定 】

    第126話(Z-33) 「メガジュカイン対ライチュウ! 経験値いただきます!!」 ● 総括 ルチャブル、リベンジおめでとう! ……で始まった準々決勝。 サトシに憧れ精進してきたショータの成長を存分に見せて貰ったストーリー。次回のフルバトル、本気で挑むショータに、ヌメルゴンを加えたサトシは、果たしてどう立ち向かうのだろうか。久々のバトル重視前後編! ● 次回ひとこと予告 → 次回、サトシ対ショータ! (次回フーパ)

  • ポケモンXYZ感想−125話目 【 暫定 】

    第125話(Z-32) 「カロスリーグ開幕! メガリザードン対決・X対Y!!」 ● 総括 遂に開幕したカロスリーグ。そこに集いしサトシに馴染みの顔。しかし裏にはプラターヌとアランの不穏な関係が……? サトシの初戦を描きつつ、サトシに喰ってかかってきたトレーナーとの対戦にもスポットを当て、彼のカロスリーグへの強い想いを知らしめてくれた脚本は、詰め込み過ぎと思われがちだが、非常に熱くなるストーリーだった。 これはサトシ、初優勝なるか……!? ● 次回ひとこと予告 → 光彦君の成長っぷりを見せて貰おうじゃないか!

  • アンケート

    バンダイ公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ”において、ポケモンの食玩に関する商品化アンケートが実施されています。 リアル志向のポケモングッズからヒロインフィギュアまで、多数の選択が用意されているので、お暇なときに覗いてみてはいかがでしょうか? ※ 下のリンクから、アンケートページに移動できます。 → https://p-bandai.jp/enquete/1000003877/

  • ポケモンXYZ感想−124話目 【 暫定 】

    第124話(Z-31) 「爆熱の機巧フェスティバル!」 ● 総括 シトロンが主役と見せかけた、巧妙なコジロウ回。 シトロンのテンションが普段と違うと思わせて、巧妙なコジロウプッシュ。 何が言いたいかと言えば、全てコジロウに持って行かれた訳で、流石、無印編からの付き合い、別の意味で貫録すら感じさせられた。 シトロンが歌う“キラキラ”が、唯一それがシトロン回だと実感できる要素だった(笑) ● 次回ひとこと予告 → 次回、カロスリーグ開幕!! (次回おやすみ)

  • ポケモンXYZ感想−123話目 【 暫定 】

    第123話(Z-30) 「メレシーを探せ! ヌメルゴンとデデンネ!!」 ● 総括 仲良く平和に暮らしていたヌメルゴンとフラージェスに和みつつ、やはり全てを かっさらって行ったヌオー。いったい何がヌオーをそこまで変態に仕上げたのだろうか。と言うより、シトロンアーボックの件もそうだが、いったい大橋脚本は何を目指しているのだろうか……。 そしてヌメルゴンが復帰しなかったのは、ある意味意外な展開である。ここで一旦は復帰の可能性を消しつつ、リーグでは復帰……なんて嬉しいサプライズを期待したいところだ。 ● 次回ひとこと予告 → 次回、カロスリーグ開幕!! (嘘)。 ● おまけ 湿地帯への大幅ショートカッ…

  • ポケモンXYZ感想−120・121・122話目 【 暫定 】

    第120話(Z-27) 「エイセツジム戦! 氷のバトルフィールド!!」 第121話(Z-28) 「迷いの森・・・進化の夜明け!」 第122話(Z-29) 「サトシゲッコウガVSメガユキノオー! 発動巨大水手裏剣!!」 ● 総括 サトシゲッコウガ、ついに完全体へ――。 ショータ戦で勢いを崩したサトシの挫折、仲間と一緒に居ることも避けるほど思い詰めたサトシが、いかに立ち直り、ゲッコウガの進化をモノにするかを綿密に描いた3部作。 そこには、サトシ自身の信念に加え、起爆剤とされるセレナの存在も絡み、そしてゲッコウガがサトシと共にする熱き想いが重なり合い、強敵ウルップに再度挑む、まさに王道とも言える、非…

  • ポケモンXYZ感想−119話目 【 暫定 】

    第119話(Z-26) 「ライバル対決! サトシVSショータ!!」 ● 総括 サトシに憧れ、サトシに追いつきたい一心で、大きく成長したショータ。そんな彼に負けてしまったサトシだが、実力ではなく、どちらかと言うとサトシゲッコウガの不発による焦りが原因と言うのがポイント。まだまだ話は広がりを持つだろう。 フレア団関連での進行もあり、敵、ライバルとも、重要な動きを見せたストーリーであった。 ● 次回ひとこと予告 → 果たしてピカチュウの活躍は!? ● おまけ エイセツシティ(ほぼ)到着。

  • ポケモンXYZ感想−118話目 【 暫定 】

    第118話(Z-25) 「サトシ対チャンピオン・カルネ! VSメガサーナイト!!」 ● 総括 紐解かれるジカルデの謎、明かされゆくフレア団の動き、そして姿を現したサトシゲッコウガ。 カルネも絡み、Z編のストーリーを形成する上で明らかな重要回となった訳だが、サトシとゲッコウガの関係について、幸いまだ異変は見られない。今話も含めたトータルな展開が、今後とも気になるばかりだ。 ● 次回ひとこと予告 → エイセツ到着か?

  • ポケモンXYZ感想−117話目 【 暫定 】

    第117話(Z-24) 「森の呪いと白いボクレー!」 そこは“ディグダ♪ ディグダ♪ ダグダグダグ♪”で行こうよ……。 ● 総括 とても可愛らしい日常回。外界を知らないボクレーが友達を作っていく物語、ほのかなギャグテイストは、ポケモンらしい安定した面白さであった。 とにかくアニポケは、特段特徴の無いポケモンを可愛く魅せることに定評があり、今回の話で、きっと小さい子からのボクレー人気は上昇したはずだ。 ● 次回ひとこと予告 → 作画的期待度★★★。

  • ポケモンXYZ感想−116話目 【 暫定 】

    第116話(Z-23) 「サトシとアラン! ゲッコウガVSメガリザードンふたたび!!」 ● 総括 映像的に見ても歌詞的に見ても、壮絶なOP伏線回収を遂げた、サトシVSアラン再戦回。 サトシゲッコウガへの条件が少しづつ分かりつつも、まだ完全体では無く、さらにサトシとゲッコウガの今後の関係性が不安視されるストーリーは、伏線回収しつつ新たな伏線を張ると言う、長期アニメならではの“待ち遠しい展開”だ。 これから始まる強敵3連戦は、果たして彼らにどのような刺激を与えるのだろうか。 ● 次回ひとこと予告 → 映像から漂うシトロン死亡フラグ。

  • ポケモンXYZ感想−115話目 【 更新済み 】

    第115話(Z-22) 「セレナ、サトシになる! 最強ピカチュウ対決!!」 今回は、DP編までアニポケ脚本を担当していた、松井亜弥さんの復帰回。 彼女の代表脚本として「ヒコザルの涙」が有名だが、個人的にはAG編「脱出サメハダーの島」と、DP編「原点回帰だロケット団」を挙げたい。前者は1話中でハルカの水着を2種類出し、うち片方を着たままに破くと言う強烈な演出、後者はDP編にして初代の名乗り口上を復活させたことで、個人的に印象に残っている。 そんな彼女が描く、XYZ編初脚本。 事前情報から、“踏み込んだサトセレ描写”、“ギャグテイスト”ということは分かっていたが、まぁ何と言うか、完全なセレナの魅力…

  • ポケモンXYZ感想−114話目 【 暫定 】

    第114話(Z-21) 「シトロンの花嫁!? ユリーカのシルブプレパニック!!」 ● 総括 ユリーカがどれだけシトロンのことを好きかが伝わってくる、兄妹愛溢れるストーリーだった。 ……一方で、アニポケ始まって以来、超ド級の変態っぷりを醸し出すカットを世に出してしまったことも事実。色んな意味で遊び心溢れる話だったが、果たしてこれで良かったのだろうか。 ● 次回ひとこと予告 → 今日こそ決着だニャン!

  • ポケモンXYZ感想−112・113話目 【 更新済み 】

    第112話(Z-19) 「マスタークラス開幕! 火花散る乙女の激闘!!」 第113話(Z-20) 「エルVSセレナ! 開け未来への扉!!」 グロリオシティ――。 そこは、トライポカロン・マスタークラスが開催される街。 その会場となるのが、街を見下ろす高台に築かれた、豪華絢爛な城。 門構えすら重厚なその城の前で、セレナの心は高ぶる。 サトシたちとの旅の中で見つけた、彼女の夢、カロスクイーン。その最後の挑戦が、いま、始まろうとしていたのだから。 サナ 「夢の舞台に、遂に立てるのね!」 ミルフィ 「カロスクイーンが決まる場所……」 彼女たちの発言から、この城は、ポケモンリーグ的な存在、トライポカロン…

  • ポケモンXYZ感想−111話目 【 暫定 】

    第111話(Z-18) 「レフトとライト! 揺れる心のカメテテ!!」 ● 総括 怪盗な茶番かと思いきや、予想外にドラマチックなストーリーに驚き。鍵と言う地味な存在ながらも奥の深い技術が必要とされる職人と弟子の関係が、アクシデント、カメテテの想いを通じて描かれる様は、武上脚本ならではと言った所か。 日常回と見せつつフレア団の動きもチラつかせるなど、良い意味で期待を裏切られた話だった。 ● 次回ひとこと予告 → やっぱり際どいミルフィ。 ● ひとりごと “ポケモンウエハースチョコ”のCMに変化。 おまけシールの紹介にヌメルゴンが追加された理由とはいったい……?

  • ポケモンXYZ感想−110話目 【 暫定 】

    第110話(Z-17) 「サンダーとオンバーン! 怒りの雷撃!!」● 総括 あの幼かったオンバットが、とうとうオンバーンに進化。パンジーと被らせたのは偶然なのか意図的なのか。 アニポケには様々な進化パターンがあるが、兄貴分のルチャブルを助けるための進化と言うのは、案外珍しいと言える。大きな戦力となるであろうオンバーンの活躍に、今後も期待したい。 あとアニポケスタッフはサンダーが嫌いなのか……? ● 次回ひとこと予告 → 怪盗キッド。

  • ポケモンXYZ感想−109話目 【 更新済み 】

    第109話(Z-16) 「マスタークラスへの試練! どうするセレナ!?」 トライポカロンが開催されるフレイシティに到着したサトシたちご一行。 重要イベント回で初めてアニメオリジナルの街が登場した訳だが、マップを作っている身としては、非常に複雑である。 それはさておき、フレイシティ入りした一行は、何やら人だかりに遭遇する。 有名人でも訪れているのか――、その正体は、アメリアと言う、街でも有名なパフォーマーだった。 パフォーマーとは、カロスクイーンと違い、言ってしまえば誰でも名乗れる肩書き。にも関わらずアメリアがここまで注目されているとなると、彼女は多分、かなりの実力を持っているのだろう。 群衆に…

  • ポケモンXYZ感想−108話目 【 暫定 】

    第108話 「荒野のブリガロン! 木を植えるロボン!!!!」 ● 総括 久しぶりの完全なる日常回。実に約3カ月ぶりであるとともに、約5カ月ぶりのシトロン回でもある。 ツッコミどころはあれど、森を取り戻すと言う大きな目的に向けて、一歩一歩課題を解決し、シトロンの言動がそれらの下支えになっている構成は、アニメとしての基本を押さえており、安心感のあるストーリーだった。 ● 次回ひとこと予告 → テーマパフォーマンスの内容がマジで予測不能。

  • ポケモンXYZ感想−107話目 【 暫定 】

    第107話 「爆裂グランドフォース! ジガルデ捕獲作戦!!」 ● 総括 久しぶりのロケット団主役回……だったのだが、割かしあっさりZ-2を奪われてしまったのは、ロケット団だから致し方ないのか……? サカキを久々に見たり、ユリーカの歌を聞けたり(2番まで)、プニちゃんの諦めが潔かったり(笑)と、ストーリーとは無関係の部分にもこだわりを感じた話だった。 Z-2を捕獲してしまったフレア団の今後は、果たして……? ● 次回ひとこと予告 → ロボン……?

  • ポケモンXYZ感想−106話目 【 暫定 】

    第106話(Z-13) 「最強メガバトル! ゲッコウガVSメガリザードン!!」 ニンフィア可愛かった。 ● 総括 着実に強くなっていくショータ(ペロリーム不明)、アランとの初接触という、サトシを取り巻くバトル面での進展が描かれた重要回。さらに、サトシゲッコウガへの進化条件や、フレア団の野望に繋がる実験描写など、こちらも重要項目を凝縮した、Z編の核となると言っても過言ではないだろう。 次回はZ-2とロケット団、そしてフレア団が接触するストーリー。Z編の軸を構成するであろう重要回の連続に、ますます目が離せない。 ● 次回ひとこと予告 → Z-2の声色を再確認したい今日この頃。 ◆ お知らせ 多忙の…

カテゴリー一覧
商用