chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
おじぃの独り言 https://blog.goo.ne.jp/taku2014

沖縄病に感染しいつか沖縄でのスローライフを夢見て生きており、日々の生活や沖縄の情報を発信しています。

taku2014
フォロー
住所
港区
出身
三鷹市
ブログ村参加

2014/05/30

1件〜100件

  • 2022神奈川河川ポタリング『柏尾川』②「山崎跨線橋」超え

    『柏尾川』ポタリングは「山崎跨線橋」にさしかかりました。この辺りにはJR東日本の車両センターがあります。そして『柏尾川』は東海道本線の線路の下を流れていきます。線路下ではたくさんの野鳥が魚を狙っています。流れの変化のあるところで漁にいいとこの様です。先に進むと「山崎跨線橋」に差し掛かります。跨線橋とは橋の一種で、鉄道線路をまたぐもので立体交差化することを目的とするものです。線路沿いには「山崎水質浄化センター」があり、浄化した水を『柏尾川』に放流しております。「山崎跨線橋」は湘南新宿ライン、東海道本線、上野東京ラインの3つ鉄道の上を超えます。そして「山崎跨線橋」を渡ると「大船フラワーセンター」があり、『柏尾川』はその脇を流れています。そして再び『柏尾川』にご対面です。水は魚が泳いでいるぐらい綺麗です。『柏尾...2022神奈川河川ポタリング『柏尾川』②「山崎跨線橋」超え

  • 2022神奈川河川ポタリング『柏尾川』①終点の境川合流点~町屋橋

    戸塚駅付近から大船駅付近までJR東海道本線沿いに流れる大きな川があります。『柏尾川』、電車からもよく見えてどこを流れているのか気になっていたので今回走ってみました。『柏尾川』は神奈川県南部を流れる二流河川で「境川」の支流です。源流である戸塚区の周囲の区から流れる複数の小川のうち港南区から流れる「平戸永谷川」と瀬谷区から流れる「阿久和川」が合流する戸塚区柏尾町付近から『柏尾川』の名称に変わて、藤沢市川名で「境川」と合流するまでの約11kmを流れてます。先ずは『柏尾川』の終点となる「境川」との合流点へ向かうため、JR藤沢駅南口を目指します。そして駅から約800m東へ向かうと延長52kmの「境川」の「大道橋」に到着します。ここから200mぐらい下流へ下ると『柏尾川』と「境川」の合流点に到着します。右側が『柏尾川...2022神奈川河川ポタリング『柏尾川』①終点の境川合流点~町屋橋

  • 2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』⑦鶴見川河口へ

    『鶴見川下流』ポタリングはいよいよ河口へ到着します。東海道の大動脈の最後は「JR鶴見線」と交差します。鶴見から横浜・川崎市内の京浜工業地帯へ向かう短い路線で、沿線は工場が多く、旅客列車はそれらの工場への通勤客が主に利用します。また旅客列車のほか、貨物列車がJR貨物によって運転されています。そして『鶴見川』沿いには一際目立つ建物があります。横浜サイエンスフロンティア地区にある「横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校で、横浜市にある公立の理数科高校です。文部科学省から、「スーパーサイエンスハイスクール」「科学技術人材育成重点枠指定校」「スーパーグローバルハイスクール」に指定された他、横浜市教育委員会から進学指導重点校に指定されています。毎年のイベントについては、「蒼煌祭」、「体育祭」、「スポーツ大会」が行われ...2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』⑦鶴見川河口へ

  • 2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』⑥矢上川合流~東海道の大動脈

    『鶴見川』は更に下って行くと関東地方の大動脈の鉄道と交差します。先ずは今年100周年を迎えた東急グループの東急東横線と交差します。続いて東海道新幹線と交差します。更に下ると「矢上川」と合流します。「矢上川」は、神奈川県川崎市の西南部を流れる一級河川で鶴見川水系のの支流です。神奈川県川崎市宮前区水沢に源を発し南東に流れ、川崎市幸区南加瀬と横浜市港北区日吉の境界から『鶴見川』に合流します。延長は6.83kmの短い川です。『鶴見川』と「矢上川」の合流付近には「北綱島ポンプ場」があります。一級河川の『鶴見川』に沿って沿岸には3ヶ所の汚水中継・雨水排水ポンプ場と5ヶ所の雨水排水ポンプ場、3ヶ所の地下ポンプ施設を管理して、雨水をすばやく『鶴見川』に排水して町の浸水を防ぐ努力をしています。『鶴見川』はこの辺りから川幅の...2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』⑥矢上川合流~東海道の大動脈

  • 2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』⑤港北水再生センター~早淵川と合流

    『鶴見川』は正面に新横浜の街を眺めながら新横浜公園で大きく左へ曲がって流れて行きます。目の前には巨大な日産スタジアムがよく見えます。そして左へ90度ぐらい左へ曲がった後、川沿いに「港北浄水センター」が見えてきます。この辺りの桜並木も見事です。「港北水再生センター」は、港北区・都筑区の大部分と神奈川区・緑区・青葉区の一部を処理区域としており、港北ニュータウンなどの丘陵地域は分水式下水道、鶴見川沿岸の低地域は合流式下水道、となっています。又、近くには「新羽ポンプ場」があります。下水道のポンプ場には、大きく2つの役割があります。道路などに降った、自然に河川に流れ込まない雨水を下水道で集め、下水道ポンプ場で汲み上げて河川に放流する役割です。更に下ると『鶴見川』の土手に繋がる「新田緑道」があります。「新田緑道」は、...2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』⑤港北水再生センター~早淵川と合流

  • 2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』④新横浜公園&江川、大熊川と合流

    鶴見川ポタリングは港北ICを過ぎると広大な「新横浜公園」に入ります。「新横浜公園」は横浜市内で最大の運動公園であり、約72,000人を収容できる横浜国際総合競技場(日産スタジアム)のほか、プール、野球場、テニスコートなど様々な運動施設が設置されています。また、隣接する『鶴見川』の多目的遊水地を兼ねて整備され、『鶴見川』が増水して水位が一定のレベルに達した場合、自動的に水が流入し、遊水地として機能する造りとなっています。横浜国際総合競技場は、神奈川県横浜市港北区にある陸上競技場兼球技場。施設は横浜市所有で、運営管理は横浜市スポーツ協会、横浜F・マリノス、管理JV(ハリマビステム・東京ビジネスサービス・シンテイ警備・西田装美・協栄)共同事業体が指定管理者として行っています。日産自動車(横浜F・マリノスの親会社...2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』④新横浜公園&江川、大熊川と合流

  • 2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』③シドモア桜~港北IC

    『鶴見川』河川ポタリングはJR鴨居駅を過ぎて素晴らしい桜並木のサイクリングコースを下ります。鶴見川サイクリングコースは、神奈川県横浜市都筑区川向町にあった、第三京浜高速道路橋の下から横浜市青葉区鉄町の常磐橋まで『鶴見川』の左岸に沿う全長11.8kmのサイクリングコース。鶴見川青少年サイクリングコースとも呼ばれていたが、2015年3月末に廃止されました。コースも適度の川の蛇行が続き、素晴らしい眺めを楽しめます。横浜市内に数カ所ある「シドモア桜」の一つ。鶴見川堤防を鴨居駅から300メートルくらい下流にあります。1912年、東京市からワシントン市に沢山の桜の苗木が贈られ、これがポトマック河畔に植えられて世界的な桜の名所になっていることは多くの人に知られていますが、このポトマック河畔の桜はアメリカ人女性エリザ・R...2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』③シドモア桜~港北IC

  • 2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』②恩田川と合流~鴨居駅

    『鶴見川』ポタリングは下流へ進むと都筑水再生センター付近で「恩田川」と合流します。「恩田川」は、東京都町田市および神奈川県横浜市を流れる一級河川であり、鶴見川水系の大きな支流です。「恩田川」は、東京都町田市本町田の滝ノ沢地区町田街道の町田三中西交差点の北東に源を発し、JR横浜線の北をほぼ平行に流れ、神奈川県横浜市緑区青砥町と緑区中山町の境界で『鶴見川』に合流します。「恩田川」という名称としての上流端は、水源からの「わさび沢川」と「今井川」が合流する地点です。そして都筑水再生センターは都筑区の佐江戸・川和地区、青葉区の市ヶ尾・青葉地区、緑区の中山・長津田地区、旭区の二俣川・東希望が丘地区などを処理区域としています。さらに下流に進むと広々とした河川敷の多目的広場があり、少年野球のメッカでもあります。沿道には桜...2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』②恩田川と合流~鴨居駅

  • 2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』①市ヶ尾~川和

    『鶴見川』は、東京都および神奈川県を流れる川で一級河川に指定されています。東京都町田市上小山田町の泉を源流とし、神奈川県横浜市鶴見区の河口から東京湾に注ぎます。本流全長はマラソンコースとほぼ同じ42.5km。「恩田川」、「早淵川」、「矢上川」などの支流が合流して鶴見川水系を構成しています。一級河川『鶴見川』の中間地点から下流の河口まで走って見ました。先ずは中間地点となる東急田園都市線の市ヶ尾駅へ輪行です。そして市ヶ尾駅から坂を下り、『鶴見川』に一番近い「谷本人道橋」へ向かいます。ここから河口まで約20km下って行きます。上流側には国道246号線と高速北西線を結ぶインターが見えます。下流側は「東名高速」が走っております。「谷本人道橋」から500mぐらい下ると「東名高速」の横浜青葉ICと交差します。この辺りは...2022神奈川河川ポタリング『鶴見川下流』①市ヶ尾~川和

  • 2022東京河川ポタリング『多摩川スカイブリッジ』②

    東京都大田区と神奈川県川崎市の間を流れる多摩川に架る橋(羽田空港と川崎市を結ぶ「神奈川口」の橋)が、『多摩川スカイブリッジ』です。2022年3月12日に開通した全長675mの橋で、徒歩や自転車でも渡れるようになっており、橋の上は次々に離着陸する飛行機が見られる絶景スポットです。橋のシルエットは景観に溶け込むようなシンプルなデザインで、色も多摩川と空に調和した青みがかったシルバーを採用。施工の段階から環境に負担がないよう考慮されているのも特徴です。例えば河口干潟の生態系を守るために橋脚を2本に抑えたり、鳥類の飛行を邪魔しないように突起物を極力排除したりと細部にまでこだわって設計。夜間の照明も、なるべく川面に光が漏れないように低位置に設置されているそうです。橋のたもとには「住友不動産ホテルヴィラフォンテーヌグ...2022東京河川ポタリング『多摩川スカイブリッジ』②

  • 2022東京河川ポタリング『多摩川スカイブリッジ』①アプローチ

    今日は2022年3月に開通した羽田の『多摩川スカイブリッジ』までポタリングです。先ずは大井町の旧東海道からアプローチです。そして旧東海道と新東海道が合流する「鈴ケ森刑場所跡」を通過ぎます。そして東京都大田区にある唯一のビーチ「大森ふるさとの浜辺公園」へ向かいます。ここは昔海苔の養殖が盛んな海でした。更に南下して「森ケ崎公園」を通り「呑川」の河口に出ます。こんなところでした。「旭橋」を渡り東糀谷に入ります。そして巨大な物流センターの「ヤマト運輸羽田クロノゲートベース」を通り、海老取川に架かる「穴守橋」を渡ると羽田空港に到着です。そのまま環八通りを進むと『多摩川スカイブリッジ』に到着です。続く、、、ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。沖縄ランキングにほんブログ村2022東京河川ポタリング『多摩川スカイブリッジ』①アプローチ

  • 2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』⑥渋田川と金目川の合流~河口へ

    「金目川サイクリングコース」は「鈴川」は「渋田川」と合流した後「金目川」と合流します。「東雲橋」から下流へ700mぐらい、「渋田川」沿いの道を下ります。川沿いに「ルネグランディズ」の大きなマンションがある「平塚大橋」に到着します。そして更に「平塚大橋」から約500m下流で「金目川」と「渋田川」は合流します。奥が「金目川」、手前が「渋田川」。下流から見た「金目川」と「渋田川」。右が「金目川」、左が「渋田川」。合流点以降は「花水川」とも呼ばれています。「金目川サイクリングコース」は「鈴川」と「渋田川」の合流点辺りで元のコースに戻りますが、面白くないので「渋田川」沿い、「花水川」沿いの道選びました。しかし、この辺りからの川沿いの道は砂利道でとても走りにくいです。そして約2km下流の出発点の「花水川橋」に到着しま...2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』⑥渋田川と金目川の合流~河口へ

  • 2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』⑤鈴川と渋田川の合流

    「金目川サイクリングコース」は下って行くと新幹線と交差します。ここからは田舎の田園風景から都会の景色に変わっていきます。川沿いには欧州風の一軒家の住宅が増えてきました。そして渋田川と「鈴川」の合流地点にある「立堀親水公園」に到着します。「立堀親水公園」は平塚市にある周辺の自然環境と景観を守るためにつくられた都市緑地で昭和後期につくられた公園です。公園の設備にはトイレ、水飲み・手洗い場があります。遊び場には砂場、ブランコ、すべり台、鉄棒があります。「鈴川」沿いには珍しいざる菊が埋められていました。「立堀親水公園」の少し下流の「東雲橋」から上流を見た合流点です。左側が「鈴川」で、右側が「渋田川」で合流して「渋田川」になります。「渋田川」は神奈川県伊勢原市西富岡に源を発し東海大学病院付近まで概ね南東へ流れ、国道...2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』⑤鈴川と渋田川の合流

  • 2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』④金目川から鈴川へ

    「金目川サイクリングロード」は「吾妻橋」から県道63号線相模原大磯線を1.4km北上すると「大畑橋」に到着です。ここで「大根川」「板戸川」が「鈴川」に合流して下流へ流れて行きます。「金目川サイクリングコース」はここで「鈴川」沿いに下って行きます。「鈴川」周辺は田園風景を眺めながら畑の田舎道を進みます。「鈴川」は、神奈川県伊勢原市の丹沢山系、大山に源を発し、伊勢原市西部、平塚市中部を流れます。平塚市南原で渋田川を合わせた後、『金目川』に合流します。延長は16km。川沿いには田舎道には合わないカラフルな家が見られます。「鈴川」では、風物詩となっている鈴川鯉のぼりまつりが毎年開催されています。開催のきっかけは、平成19年から市民による「鈴川」での環境保護活動と子どもの健全育成の一環として、各家庭で不要になった鯉...2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』④金目川から鈴川へ

  • 2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』③新幹線~吾妻橋

    「金目川サイクリングコース」は河口のスタートから4km地点当たりで、新幹線の高架下をくぐります。この付近の風景は素晴らしく一変します。住宅や公園だった景色が田園風景ベースのサイクリングコースへと変貌します。途中に『金目川』に流れ込む川があります。「纒(まとい)緑道」と呼ばれる江戸時代に築かれた「控え土手」です。市内に残る最も大規模なもので、ほぼ完全な姿を今に伝えており、防災を考える上でも貴重なものです。現在は地元住民の憩いの場となっていて、季節によってアジサイ、ヒガンバナ、日本スイセンなどを楽しめ、ときおり季節の情報がタウン紙などで紹介されています。そして『金目川』は東海道新幹線と交差します。そして有料道路小田原厚木道路を交差します。この辺りも都会を忘れさせてくれる田園風景が続きます。小田原厚木道路を潜り...2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』③新幹線~吾妻橋

  • 2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』②河内川分岐点

    「金目川サイクリングコース」は、所々に案内標識が設置されています。紛らわしい箇所に差し掛かると写真のように案内標識でコースの方向を教えてくれます。スタートから約2kmのところで「河内川」と分岐します。手前が「河内川」、奥の方が『金目川』です。「河内川」は延長3.5kmで神奈川県平塚市広川の五領ヶ台高校付近に源を発して、県道公所大磯線と平行しながら平塚市山下で『金目川』に合流します。所々で鮒が気持ちよさそうに泳いでいます。そして野鳥をよく見かけます。「河内川」との分岐点にある三角州には先端まで整備された道があり、先端までサイクリングができます。「金目川サイクリングコース」はこの三角州を渡って『金目川』沿いのサイウリングロードに出て上って行きます。続く、、、ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。...2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』②河内川分岐点

  • 2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』①花水川橋~東海道本線

    『金目川』は、水無川や鈴川、渋田川など多くの河川と合流して相模湾に注ぐ湘南地域を代表する河川です。河口付近では「花水川」と呼ばれています。水源から海までが21キロメートルと非常に短い河川であることから、頻繁に渇水に悩まされてきたと同時に、台風などによる治水対策が難しい流域といわれ、特に、中流部は周囲の田畑より川床が高く、曲がりくねっており、昔は大雨により、洪水がよくおこる「あばれ川」でした。秦野盆地に蓄えられた安定した水源を鈴川や渋田川から農業用水として灌漑に用いることにより、この地域を豊かな水田地帯へと高めました。豊かな自然に恵まれた「金目川サイクリングコース」を走ってみました。先ずは起点となる「花水川」河口ヘアプローチです。河口へは、JR平塚駅から「花水川橋」まで約3kmの距離を走ります。花水川橋平...2022神奈川河川ポタリング『金目川サイクリングコース』①花水川橋~東海道本線

  • 2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』⑦大磯区間~終点

    大磯港から西に進む『太平洋岸自転車道』は大磯区間として整備されており、西湘バイパスに沿って造られた自転車専用道路です。令和2年6月に葛川にかかる橋が完成したことにより、西は大磯プリンスホテル付近まで、東は134号線に沿ってすすみ、花水川手前で「金目川サイクリングコースへ」とつながっていきます。大磯は明治中期から昭和初期にかけて、要人の避暑・避寒地として邸宅や別荘が多く建てられました。特に伊藤博文、吉田茂のそれは特に有名です。この他に山縣有朋や西園寺公望、大隅重信、陸奥宗光、岩崎弥之助、安田善次郎といった政財界要人の別荘が立ち並ました。1907年(明治40年)頃の大磯には150戸以上の別荘があったと言われ、「政界の(あるいは湘南の)奥座敷」と称された。西湘バイパスに沿って造られた自転車専用道路は、自転車でサ...2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』⑦大磯区間~終点

  • 2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』⑥大磯海水浴場

    『太平洋岸自転車道』ポタは金目川を渡り、神奈川の大磯町に入ってきました。大磯の海岸は、明治18年、元陸軍軍医総監であった松本順氏によって開設された日本最初の海水浴場です。大磯の海は、「北浜海岸・照ヶ崎海岸・こゆるぎの浜」と、それぞれ特色のある3つのエリアで、違った楽しみ方を見つけることができます。北に位置する「北浜海岸」は、波乗りや海水浴・釣りができる砂浜海岸です。波が良い時はサーファーさんで一杯なので釣りは港の西側でやりましょう。散歩や日向ぼっこも良いですね。イスを持参して一杯やりながら海をぼんやり眺めているだけで癒されます。そして更に西へ進むと「大磯港」に到着します。300台以上停められる県営駐車場があります。また、JR大磯駅より歩いても利用できます。「大磯港」は公園になっており、大磯港遊歩道がありま...2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』⑥大磯海水浴場

  • 2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』⑤平塚海岸~花水川(金目川)

    『太平洋岸自転車道』ポタは平塚市の平塚海岸に入ってきました。平塚海岸には「湘南ベレマーレひらつかビーチパーク」があります。神奈川県による総合イベント「サーフ'90」が開催されたことを契機として、通年利用できる未来型ビーチとして「湘南ひらつかビーチパーク」は誕生しました。〇スポーツコート・ビーチバレーコート(10面)・ビーチサッカーコート(1面)・ビーチラグビーコート(1面)・3on3コート(1面)・広場(1面)1995年7月には、売店・更衣室等を備えた「湘南ひらつかビーチセンター」がビーチパーク内にオープンしています。そして津波避難展望台があります。ここからの眺めも素晴らしいものです。沖に際だって目立つ「平塚沖総合実験タワー」があります。相模湾平塚沖1km、水深20mの海域に設置されている海洋観測のための...2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』⑤平塚海岸~花水川(金目川)

  • 2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』④相模川河口~湘南大橋

    『太平洋岸自転車道』ポタは「柳島海岸」を過ぎて相模川河口に来ました。海岸には下水処理施設から流れ出す処理水が勢いよく流れ出てます。下水処理施設の2階は「柳島しおさい公園」となっており、市民の憩いの場にもなっています。こちらが相模川の河口です。河口の幅は約650mあります。遠くには富士山が見えます。河口付近ではいい波が立つのでしょう。サーファーの姿も見えます。そして相模川河口に架かる「湘南大橋」は、神奈川県平塚市の国道134号の橋です。相模川に架かる橋の中で最も河口側に存在して全長698m。現在の橋は2代目です。橋の東側から平塚市となります。湘南大橋の上からみた相模川の河口です。河口には巨大な三角州ができています。相模川の上流側です。広い!「湘南大橋」は2010年4月1日よりより5年間の契約で機械工具卸のト...2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』④相模川河口~湘南大橋

  • 2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』③サザンビーチちがさき~柳島海岸

    『太平洋自転車道』ポタは茅ヶ崎の「サザンビーチちがさき」に入ってきました。明治31年(1898年)に開設された「茅ヶ崎海水浴場」は、平成11年(1999年)に「サザンビーチちがさき」に改称されました。正面に「えぼし岩」、「伊豆大島」、東に「江ノ島」、西に「富士山」が望める海水浴場は、毎年7月第1土曜日~8月31日まで開設しています。海に到着すると、まず「サザンビーチちがさき」のシンボル「C」が目に入ります。Cの右側に人が立つと「円」になるため「縁結び」のスポットとしても知られています。また、サザンオールスターズのCDジャケットにも使用されており、ファンの方はぜひ写真を撮りたくなりますね!海の真正面には、「えぼし岩」が見えます。1200万年前に誕生した「えぼし岩」は、長い月日をかけて波で削られ、現在の形にな...2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』③サザンビーチちがさき~柳島海岸

  • 2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』②茅ヶ崎海岸

    『太平洋自転車道』は辻堂海浜公園を過ぎて「茅ヶ崎海岸」に入ってきました。海岸堂を進んで行くと一際目立つ人工物「汐見台ウッドデッキ」があります。周辺には何もありませんがめちゃくちゃ見晴らしが良い!相模湾を一望できます。雲がかかってない時は富士山も見れます。更に進むと「茅ヶ崎東海岸」に到着します。別名「菱沼海岸」です。茅ヶ崎海岸もたくさんのサーファーが出ています。SUPもやっています。茅ヶ崎海岸で中心となるのは「茅ヶ崎ヘッドランドパーク」です。茅ヶ崎ヘッドランドは砂浜の侵食を防ぐために人工的に作られた小さな出島。T字型をしているため「Tバー」とも呼ばれています。この付近は非常に波が強くなることがあるので、先端のテトラポッドに覆われたエリアは基本的に立ち入り禁止。遊泳は禁止されてはいませんが、Tバーに沿って「離...2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』②茅ヶ崎海岸

  • 2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』①鵠沼海岸~辻堂海浜公園

    『太平洋岸自転車道』は、千葉県銚子市から神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県の各太平洋岸を走り、和歌山市に至る延長1,400kmの自転車道構想のことです。今回は神奈川県の湘南海岸を走る『太平洋自転車道』をチャレンジしてみました。出発点は神奈川県藤沢市南部の境川河口から引地川河口までの海岸の「鵠沼海岸」からです。「鵠沼海岸」の開設時期は差があり、鵠沼海岸海水浴場が1886年(明治19年)開設、片瀬西浜海水浴場は1947年以降開設と鵠沼海岸の歴史はかなり古いんです。サーフポイントとしての「鵠沼海岸」は、誰でもサーフィンを楽しみやすいポイントであり非常に混雑するポイントでもです。今回の『太平洋自転車道』ポタは「鵠沼海岸」のスケートパークの脇の道から出発です。神奈川県藤沢市と茅ヶ崎市の湘南海岸に沿う自転車道...2022神奈川海岸ポタリング『太平洋岸自転車道』①鵠沼海岸~辻堂海浜公園

  • 2022神奈川河川ポタリング『境川』⑧鵠沼~境川河口

    『境川』ポタリングはいよいよ河口に近づいて来ました。この辺り川沿いに江ノ電の「鵠沼」駅があり、線路橋が『境川』に架かって昭和初期の懐かしい風景を思いだされとても癒されますよ。「鵠沼」駅は河口からは約2kmの地点で、もうすぐ河口です。そして下って行くと河口に架かる「弁天橋」に到着です。人専用橋で小田急線の「片瀬江ノ島駅」に直結しています。『境川』の河口付近の川幅は約100mの広さになっています。「弁天橋」の長さは108.5mあるそうです。ここで東京の南町田から下り、河口の江ノ島までの『境川』ポタリングは完走です。ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。沖縄ランキングにほんブログ村2022神奈川河川ポタリング『境川』⑧鵠沼~境川河口

  • 2022神奈川河川ポタリング『境川』⑦柏尾川と合流

    『境川』は東海道本線の線路と交差した後延長11kmの二級河川「柏尾川」と合流します。『境川』の下流から見て、左側が『境川』、右側が「柏尾川」です。「柏尾川」は、源流である戸塚区の周囲の区から流れる複数の小川のうち港南区から流れる「平戸永谷川」と瀬谷区から流れる「阿久和川」が合流する戸塚区柏尾町付近から「柏尾川」の名称に変わります。戸塚駅付近より大船駅付近までJR東海道本線沿いを流れ、手広付近までは神奈川県道304号線腰越大船線にほぼ平行に流れています。手広付近からは神奈川県道32号線藤沢鎌倉線を藤沢駅方向に流れ、藤沢市川名で『境川』に合流します。手前が『境川』、桜並木の散歩道があります。更に下ると「馬鞍橋」があります。「馬喰橋」は、新屋敷橋近く、『境川』沿いの市道にあり、10mほど下に『境川』の支流となる...2022神奈川河川ポタリング『境川』⑦柏尾川と合流

  • 2022神奈川河川ポタリング『境川』⑥藤沢宿へ

    『境川』ポタリングは更に下って行くと巨大な橋の下を通ります。「横浜水道境川水路橋」です。神奈川県と共同で運用している相模川の寒川取水堰から取水し、横浜市戸塚区の小雀浄水場まで約12.4kmの導水路の橋です。『境川』ポタリングは開放的な気持ちで川沿いをまっすぐ走り続けられます。藤沢市立大清水中学校の辺りは「大清水境川アジサイロード」があります。そして更に下ると国道1号線を交差します。この辺りから藤沢市街地に入ってきます。近くにある「御殿辺ポンプ場」で下水道を『境川』に流しています。その隣には「藤沢市民病院」があります。藤沢市・茅ヶ崎市へ24時間体制で高度医療を提供する救命救急センター、小児救急医療拠点病院、地域がん診療拠点病院、地域周産期母子医療センターなど、さまざまな機能を持つ地域の基幹病院として、高度急...2022神奈川河川ポタリング『境川』⑥藤沢宿へ

  • 2022神奈川河川ポタリング『境川』⑤横浜薬科大学と宇田川合流

    『境川』ポタリングは「境川遊水地公園」を過ぎると一際目立つ人工物を目にします。横浜薬科大学図書館です。五重塔を思わせる高層ビル。かつて神奈川県横浜市戸塚区俣野町字沖原700番地で営業していた遊園地横浜ドリームランドの高層ホテルでした。横浜ドリームランドは日本ドリーム観光株式会社により1964年に開園、同社により、翌1965には併設の高層ホテル「ホテルエンパイア」、1966年にはアクセス路線としてドリームランドモノレールが開業(翌1967年運行休止)。東京近郊の一大レジャーランドとなるべく計画されたが集客は伸び悩み、2002年に経営悪化のため閉園、翌2003年にモノレールも廃止されました。その後、紆余曲折を経てドリームランド跡地を買収した都築第一学園が、2005年(平成17年)に改装工事に着手し、同学園が2...2022神奈川河川ポタリング『境川』⑤横浜薬科大学と宇田川合流

  • 2022神奈川河川ポタリング『境川』④境川遊水地公園と和泉川合流

    『境川』は相鉄いずみの線と横浜市営地下鉄と並行して交差します。そして広大な湧水池があります。「境川遊水池公園」の今田遊水地です。「境川遊水地公園」は、境川遊水地の上部空間を県立公園として整備したもので、平成16年度に事業着手し、令和元年7月に全面開園しました。公園内には、境川の自然豊かな水辺空間を活かし、様々な生きものが生息できるビオトープがあり、環境学習などが体験できる場を提供されています。また、レクリエーションの場として、少年野球場、多目的グラウンド、テニスコートの有料施設と、噴水広場や芝生広場などの施設があります。遊水地は、河川堤防の一部を低くして河道からあふれた洪水を一時的に貯留することで、洪水被害を軽減させるためにつくられる池のことです。「境川遊水地」は、俣野遊水地、下飯田遊水地、今田遊水地の3...2022神奈川河川ポタリング『境川』④境川遊水地公園と和泉川合流

  • 2022神奈川河川ポタリング『境川』③境川サイクリングロード(相沢川合流~境川遊水地公園)

    『境川』は宮久保公園を過ぎ下流へ向かうと「相沢川」と合流します。こちらの手前岸が横浜市泉区、対岸が大和市になります。「相沢川」は神奈川県の主に横浜市瀬谷区を流れる『境川』水系の河川で、上流は横浜市瀬谷区まで伸びています。『境川』との合流点には、何故か大きな鮒が大量に集まっています。更に下って行くと東海道新幹線と交差します。そして更に下ると「いちょう団地」があります。「いちょう団地」は、神奈川県横浜市泉区と大和市に跨がる県内最大の公営団地です。3600戸からなる大型団地で、横浜市側に48棟、大和市側に31棟が建てられています。団地の入居は、1971年(昭和46年)に開始されましたが、外国人が入居するようになったのは、1990年代前半の頃からです。現在では、東南アジア、中国、南米など11か国2500人以上(団...2022神奈川河川ポタリング『境川』③境川サイクリングロード(相沢川合流~境川遊水地公園)

  • 2022神奈川河川ポタリング『境川』②境川サイクリングロード(246号~宮久保公園)

    『境川』下流ポタで最初のラウンドマークは国道246号線です。『境川』は246号線と並行して流れていましたが、246号線の下を潜り下流に向かいます。ここから「境川サイクリングロード」県道451号線になります。次には東名高速の下を潜ります。北から南に流れる『境川』は東西に延びる幹線道路を交差してます。そして更に下って行くと田園風景に中に県立大和東高が見えてきます。真っ白な建物で周りの風景に浮いてよく目立ちます。更に下ると『境川』沿いにある公園「瀬谷本郷公園」に到着です。この公園は野球やテニスのグランドがあります。そして「大門川」と合流。横浜市瀬谷区を流れる境川水系の河川です。自然の川と言うよりも整備された用水路ですねぇ。「大門川」の河口には網ですくえるぐらいの沢山の魚が泳いでいます。何か餌になるような物が流れ...2022神奈川河川ポタリング『境川』②境川サイクリングロード(246号~宮久保公園)

  • 2022神奈川河川ポタリング『境川』①出発点の「南町田グランベリーパーク」

    『境川』は、東京都および神奈川県を流れ相模湾に注ぐ河川です。川の名称はかつて武蔵国と相模国の国境とされたことに由来しています。水源の東京都町田市相原町大戸の草戸山(365m)北東面(町田市大地沢青少年センター付近)から神奈川県藤沢市の江ノ島付近で相模湾に注ぐ延長52kmの川です。今回は中間地点から下流までの約28kmを走ってみました。先ずは出発点近くの東急電鉄「南町田グランベリーパーク」まで輪行です。「南町田グランベリーパーク駅」は2018年8月16日、東急電鉄は南町田駅の駅名改正について発表。再開発により整備された周辺エリア(南町田グランベリーパーク)のまちびらきや施設の開業に合わせて「南町田グランベリーパーク駅」に改称することとなりました。2019年6月の新駅舎使用開始以降は橋上駅舎を有しており、改札...2022神奈川河川ポタリング『境川』①出発点の「南町田グランベリーパーク」

  • 2022神奈川河川ポタリング『引地川』⑦小糸川合流~河口

    「引地川親水公園」を過ぎて下流へ進むと「小糸川」と合流します。「小糸川」は藤沢市内遠藤地区に源流があり、街中を流れて、やがて『引地川』に合流する都会の川です。よく育ったシダレザクラが川面に枝を伸ばしてこの地区では有名な桜の名所のようです。近くには「大庭城跡公園」があります。大庭城山は室町時代中頃に本格的な築城がなされ、小田原北条氏の時代に廃城になったと伝えられています。「大庭城址公園」は、城址としての歴史性とともに緑の山として古くから住民に親しまれてきた公園です。現在も周囲を多くの樹木に囲まれ、緑豊かな公園であるとともに公園の中央区域には多くのサクラが植栽され、開花時期には花見客で大変賑わいます。そして下流に下ると再び巨大な「大庭大橋」があります。1キロメートルに渡って続く高架の下り坂(東から西)です。水...2022神奈川河川ポタリング『引地川』⑦小糸川合流~河口

  • 2022神奈川河川ポタリング『引地川』⑥不動川合流~引地川親水公園

    『引地川』ポタリングは下流へ向かって進みます。今度は多摩大学の湘南キャンパスのところで「不動川」と合流します。「不動川」は藤沢市を流れる引地川水系の準用河川です。更に下流へすすむと「一色川」と合流します。『引地川』同様、相模野台地上を削る形で流れており、河川名も下流の谷戸地名である一色からとられています。かつて御所見地区では「前田の川」と呼ばれました。中流部の谷底平野には水田地帯が見られ、農業用水として利用されています。そして巨大な「横浜水道引地川水路橋」が見えてきました。この水路橋は横浜水道・横須賀水道共同施設で相模川の寒川取水堰で取水した水道原水を小雀浄水場へ送る施設です。更に下ると「引地川親水公園」に出てきました。中央を北から南へ『引地川』が流れる公園で、園内には、主にサッカーに利用されるスポー...2022神奈川河川ポタリング『引地川』⑥不動川合流~引地川親水公園

  • 2022神奈川河川ポタリング『引地川』⑤熊野橋(蓼川合流)~湘南台

    『引地川』は県立藤沢総合高校を過ぎて「熊野橋」からは川沿いの道がなくなり、迂回して「蓼川(たてかわ)」に出ます。「熊野橋」から見た『引地川』の上流、遠くに県立藤沢総合高校が見えます。迂回道を約500m進むと「蓼川(たてかわ)」にあたります。こちらは「蓼川」の上流方面でこの先米軍の厚木基地へ繋がります。「蓼川」の下流方面です。この先で『引地川』と合流します。そして「蓼川」は前方の『引地川』と合流して『引地川』として下流へ流れて行きます。「蓼川」から見た合流点です。この辺りは川沿いの道がないので長後725号線を下り、『引地川』に架かる「六会橋」を目指します。「六会橋」からは「蓼川」と『引地川』の合流点がよく見えます。左側から流れる「蓼川」、右側が『引地川』です。そして『引地川』として下流へ流れて行きます。この...2022神奈川河川ポタリング『引地川』⑤熊野橋(蓼川合流)~湘南台

  • 2022神奈川河川ポタリング『引地川』④千本桜の並木~里山の田舎川

    『引地川』ポタリングは、神奈川県大和市の桜並木で有名な「千本桜」に入ってきました。川沿いには緑が生い茂って自然の川を感じます。「八幡橋東」の交差点から『引地川』と桜並木の調和がとても素晴らしい道になります。『引地川』の「千本桜」の区域は、川の両側に散歩道があり、桜はその外側の土手に植えられています。川幅は5m程度ですから、両岸の桜の大木の枝が川の上で交差し、桜のトンネルを形成しています。したがって、川に沿って散策しながら、桜のトンネルを楽しむことができます。再び『引地川』は、「千本桜」を通り過ぎると神奈川県大和市の住宅街の中を流れて行きます。この辺りはよく新しく整備された橋や護岸です。そして東海道新幹線と交差して下を流れて行きます。更に下って行くと住宅地も少なくなり畑がある神奈川県藤沢市に入って行きま...2022神奈川河川ポタリング『引地川』④千本桜の並木~里山の田舎川

  • 2022神奈川河川ポタリング『引地川』③泉の森公園~御御嶽橋

    『引地川』は「ふれあいの森」を過ぎると今度は相鉄本線と交差して線路の下を潜ります。更に厚木街道の下をくぐります。この辺りは川沿いの道がなく迂回する道を通ります。そして「横浜銀行大和総合グランド」を過ぎると再び川沿いの道があります。『引地川』は神奈川県大和市の住宅街に入りますが、川には水草の生茂る場所がたくさんあり本当に緑が美しい川です。水草にはこんなお客さんも時々お目にかかります。『引地川』はどんどん神奈川県大和市の住宅街を流れて行きます。そして「草柳橋」に到着します。この辺りにはアメリカ海軍と海上自衛隊が使用する厚木飛行場があります。この辺りでも『引地川』の水はよく透き通りとても綺麗で、大きな鮒が気持ちよく泳いでいます。更に下って進むと「御嶽山公園」あたりには素晴らしい桜並木があり、桜のシーズンは楽しみ...2022神奈川河川ポタリング『引地川』③泉の森公園~御御嶽橋

  • 2022神奈川河川ポタリング『引地川』②水源の「泉の森公園」(2)

    「泉の森」は、神奈川県『引地川』の源流である大和水源地一帯の樹林地にあります。自然林や水源を生かした「湿生植物園」や「せせらぎ広場」のほか「野鳥観察デッキ」「郷土民家園」「ふれあいキャンプ場」などがあり、これらを散策道が結んでいます。園内にある「緑のかけ橋」は、「泉の森」のシンボルマークとして1991年に建造された木製の斜張橋、吊り橋です。米松の集成材が主材料の様で、橋からの眺望がよく、緑豊かでとても癒されます。下流へ下ると「しらかしの池」があります。白樫に囲まれた『引地川』の調整池です。池には「八ッ橋デッキ」が架かり、自然豊かで水辺の鳥や木々を楽しみながらのんびり散策出来ます。又、「ふれあいステージ」があり、湿性植物も多く繁茂しており、魚釣りやザリガニ釣りもできるそうです。「泉の森」のもうひとつの楽しみ...2022神奈川河川ポタリング『引地川』②水源の「泉の森公園」(2)

  • 2022神奈川河川ポタリング『引地川』①水源の「泉の森公園」(1)

    『引地川』は、大和市上草柳(かみそうやぎ)の泉の森付近に源を発し、蓼川(たでかわ)を合わせた後、藤沢市を南下して相模湾に注ぐ、幹川流路延長約21キロメートル、流域面積約67平方キロメートルの二級河川です。その流域には、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市の6市が含まれます。『引地川』の水源から河口まで下ってみました。先ずは水源のある「泉の森公園」へ、アプローチは小田急江ノ島線「鶴間駅」が一番近いです。「泉の森」は、『引地川』の源である大和水源地を中心に広がる、大和市の自然の核として位置づけられている公園です。樹林地と水辺空間が特色ある生態系を形づくり、約900種の植物や年間を通じて約50種の野鳥をはじめ、生き物たちが生息しやすい環境を育んでいます。四季折々、生き物の自然観察に最適な場所です。...2022神奈川河川ポタリング『引地川』①水源の「泉の森公園」(1)

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑭多摩湖自転車道⑵

    『石神井川』の上流端を制覇した後、せっかくなので再び多摩湖自転車道を上って行きました。「多摩湖自転車道」は西武新宿線花小金井駅付近から西武線と並行してます。この辺りは小平市になります。更に進むと花小金井駅と小平駅の中間に「小平ふるさと村」があります。江戸初期から明治時代以降の近代の建物を、1993年に「小平ふるさと村」として「多摩湖自転車歩行者道」脇に移築復元した古民家園です。入口には、1908年建築の和風建築の旧小平小川郵便局舎があり、現存する中でも古いものの一つです。郵便局舎の脇を抜けると、そこは一気に江戸時代へ?小平~花小金井間の「多摩湖自転車道」の風景です。真っ直ぐ一直線に伸びており、緑に覆われて最適のサイクリングロードです。道にはお地蔵様がいます。そして小平駅に到着です。西武新宿線と西武拝島線の...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑭多摩湖自転車道⑵

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑬多摩湖自転車道⑴&石神井川上流端

    『石神井川』ポタリングはいよいよ上流端のある「小金井公園」へ向かいます。「小金井公園」へは、井の頭通りと五日市街道がぶつかる「関前5丁目」の交差点から「多摩湖自転車道」を通ります。「多摩湖自転車道」は東京都東村山市の多摩湖堰堤の南端と西東京市を結び、正式名は東京都道253号(保谷狭山自然公園自転車道線)で、都道です。全長21.9kmで、サイクリングコースとしても人気ですが、実は東京屈指の直線道路にもなっています。東京都水道局が管理する、東京の水道の水源のひとつ、村山貯水池(多摩湖)と境浄水場を結ぶ導水管の上を自転車歩行者専用道路「狭山・境緑道」にしたもので、幅員4mの舗装道です。終点で接続する井の頭通りも地下には送水管が走る水道道路で、井の頭通りが始まったすぐ先、南側に東京都水道局境浄水場(武蔵野市)...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑬多摩湖自転車道⑴&石神井川上流端

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑫千川上水遊歩道

    『石神井川』ポタリングは上流端のある「小金井公園」まで川沿いの道がなくなり、「千川上水」ルートで「小金井公園」まで走ってみました。ルートは、川沿い道のあった「東伏見橋」から伏見通りを南下して「関前橋」まで下ります。ここで五日市街道にぶつかり「千川上水遊歩道」があり、その先は「千川上水遊歩道」を南下します。「千川上水」は、玉川上水を水源とし、境橋(現在の東京都西東京市新町と武蔵野市桜堤との境界付近)から江戸城の城北地域へ流れた総延長約22kmの用水路(上水)であり、江戸の六上水のひとつでした。「千川上水」は桜上水ともいわれており、車道ときちんと分けてあって、遊歩が快適に行えます。途中には「武蔵野大学」があります。浄土真宗本願寺派により設立された「仏教精神による人間教育」を目指した学校です。「千川上水」を南下し...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑫千川上水遊歩道

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑪早大グランド~東伏見稲荷神社

    『石神井川』ポタリングは武蔵関公園を出て「溜淵橋」から再び川沿いの道を遡って進みます。するとすぐに広大な「安部磯雄記念野球場」があります。安部は東京専門学校(現・早稲田大)の講師だった01年に野球部を創部し、部長に就任した。翌02年に野球部専用の「戸塚球場」(現在の東京都新宿区西早稲田)を新設した上、05年に総長の大隈重信を説き伏せ、野球部を引き連れての米国遠征を実現させました。野球史上初の海外遠征で、日露戦争真っただ中での決行でした。野球部は米国各地で交歓試合を行い、スクイズやヒットエンドランなど最新の野球技術と用具を持ち帰り、その後の日本の野球を大きく変えたといいます。このため「日本野球の父」と称されてます。12年には嘉納治五郎らと大日本体育協会を創立、東京六大学野球連盟会長や日本学生野球協会会長を務め...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑪早大グランド~東伏見稲荷神社

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑩武蔵関公園

    『石神井川』ポタリングは「武蔵関公園」に到着します。「武蔵関公園」は、遊歩道に囲まれたひょうたん型の大きな池のある公園です。公園には富士見池があり、石神井公園・井の頭公園・善福寺公園の池と同じく、武蔵野大地の湧水などによってできています。公園の入口には富士見池から流れる出る水を調整する水門があります。一方、水門の左側に『石神井川』が流れて富士見池の水と合流します。『石神井川』は上流へ繋がってます。武蔵野の面影を象徴する樹木が茂る園内は散歩、ジョギング等を楽しむ人たちでいっぱいです。「武蔵野関公園」は池ではボートに乗ることができたり、色々な野鳥を見ることができたりと、自然を感じることのできる公園です。ボートにも乗れて、桜の名所としても知られ、春になると花見客で賑わう。野鳥が多く生息し、カワセミも飛来することが...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑩武蔵関公園

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑨扇橋~西武新宿線武蔵関駅

    『石神井川』上流へのポタリングは、「扇橋」辺りからは川沿いの道がなくなり、回り道を通りながら上流へ向かいます。西武新宿線「武蔵関駅」の町に入ると川幅が狭く高さがなく身近な『石神井川』になってきます。この辺りでは『石神井川』の水位がわかるライブカメラが設置されており、常に水位を監視しています。水草が気持ちよく泳いでとても綺麗な『石神井川』です。そして町の中心である西武新宿線「武蔵関駅」前では、『石神井川』は駅のすぐ横を流れています。更に進むと西武新宿線の線路の下を潜ります。そして『石神井川』は西武新宿線の線路の真下を流れて反対側に流れていきます。その後西武新宿線と並行して流れてます。『石神井川』は電車と身近な川ですねぇ。この辺りの水草の緑はとても眩しいです。続く、、、ブログランキングに登録中です。ポチッとお願...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑨扇橋~西武新宿線武蔵関駅

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑧上流端へ(豊島橋~上石神井通り)

    今度は『石神井川』の上流端を目指して遡ります。まず出発点は石神井公園前「豊島橋」から上流へ進みます。『石神井川』は練馬区石神井台の住宅街を上って行きます。『石神井川』を上って行き最初に東京都道444号「下石神井大泉線」の幹線道路と交差します。ここには「蛍橋」が架かっています。近くには「JA東京あおば石神井支店」が目立っています。「JA東京あおば石神井支店」にはキャベツの碑があります。生産量が都内最大を誇り、キャベツが特産物となったことを記念して建てられたのが、キャベツの碑です。そして更に進むと石神井公園団地の建て替え工事エリアに入ります。かつては石神井公園の近くに建っている全9棟、総戸数490戸の分譲公団住宅です。平均床面積は約70平米とかなりの大型。建設用地確保が困難になり始めていた当時としては、都心と連絡の...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑧上流端へ(豊島橋~上石神井通り)

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑦河口の「隅田川」合流点&石神井公園

    『石神井川』ポタリングは、いよいよ河口の「隅田川」との合流点へ向かいます。この辺りは川の上を這うように「首都高速中央環状線」が走っており、未来的な都市景色です。更に下流へ進むとようやく『石神井川』の河口「隅田川」との合流点です。『石神井川』河口から見た上流は王子駅前のビル群が見えます。ここで『石神井川』ポタリングは、「石神井公園」から河口「隅田川合流点」まで完走です。ここから再び「石神井公園」まで戻りした。そして出発点の「石神井公園」内を回ってみました。「石神井公園」は石神井池と三宝寺池の2つの大きな池がある練馬を代表する自然にあふれた公園です。春にはソメイヨシノやヤマザクラなど約290本の桜が満開となる、花見の名所としても有名です。石神井池ではボートに乗ることもでき、週末は家族連れで終日にぎわいます。...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑦河口の「隅田川」合流点&石神井公園

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑥飛鳥山~王子駅

    『石神井川』ポタリングは賑やかな地区「飛鳥山」に来ました。この辺りで目だつのは、立派な欄干の電飾燈がある「音無橋」です。『石神井川(音無川)』の王子権現傍に渡したアーチ型鉄筋コンクリート橋で、昭和4年12月に起工し、同6年1月に竣工しました。渋沢栄一が建築や音無橋開通式協賛会へ支援をしたようです。「音無橋」眼下には「音無親水公園」があります。「隅田川」に注ぐ『石神井川』の旧流路に整備された公園です。全国の都市公園の模範になる公園として「日本の都市公園100選」に選ばれています。元々は『石神井川』が流れていて、昭和30年代には生活排水で汚れていたが、川の流れを変えたことで川跡地を公園として再利用したのが始まりらしいです。川跡地には子供の膝下程度の小川が流れ、桜も植樹されたことから春には桜がとても見頃です。渓流...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑥飛鳥山~王子駅

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』⑤板橋区~北区

    『石神井川』ポタリングは板橋区から北区へ入って行きます。この辺りの川沿いには緑道がよく整備されており、走っていてもとても気持ちが良いです。「加賀1丁目みどりばし緑地」は川沿いの緑道公園で、桜の季節は散歩が楽しそうです。又、「グランフィーネ加賀」などの大規模マンション群が建ち並んでいます。中でも「板橋区立加賀橋公園」は『石神井川』沿いの遊歩道と一体になった公園です。公園には石灯籠があります。この辺りの桜並木も見事で桜のシーズンが楽しみです。「東橋」付近ではJR埼京線と交差します。更に下ると寿徳寺の「谷津大観音」があります。寿徳寺は新撰組隊長近藤勇の菩提寺で、遺体は寿徳寺の境外墓地(飛び地)であるJR板橋駅東口の地に埋葬されているとのことです。北区に入って来ると「北区立音無もみじ緑地」があります。『石神井川』遊...2022東京河川ポタリング『石神井川』⑤板橋区~北区

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』④板橋~帝京大学板橋キャンパス

    『石神井川』ポタリングは「新板橋」まで下って来ました。「新板橋」は、東京都板橋区氷川町および仲宿で『石神井川』に架かる、国道17号(中山道)および首都高速5号池袋線の橋です。橋の真下の川底を都営地下鉄三田線が潜っている交通の要です。橋付近は流路に沿って桜並木がよく整備されています。川沿いには『石神井川』の旧河道を利用してつくられた「氷川つり堀公園」があり、釣りを体験できます。そして更に下流へ進むと「板橋」に到着します。「板橋」は、東京都板橋区本町にあるにある東京都板橋区仲宿へ架かる橋で同区名の由来とされています。現存する橋は、旧中山道と『石神井川』とが交差する地点に架かっています。「板橋」を通り過ぎて進むと「帝京大板橋キャンパス」に到着です。医療系学部(医学部、薬学部、医療技術学部)が設置された板橋キャンパ...2022東京河川ポタリング『石神井川』④板橋~帝京大学板橋キャンパス

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』③練馬区~板橋区

    『石神井川』ポタリングは河口を目指して下って行きます。社団法人練馬区体育協会が管理する多目的運動場「練馬総合運動公園」へ到着です。旧中大グランドで全天候舗装の400mトラックや人工芝グラウンドなどを備えた公園です。この施設北側の『石神井川』沿いには銀杏並木が続いています。そして更に進むと「城北中央公園」に到着します。「城北中央公園」は、東京都練馬区から板橋区にかけて広がる都立公園です。城北地区最大の総合公園であり、運動場・テニス場などのスポーツ施設があり、城北地区住民の憩いの場、また運動の場となっています。当地は、戦時中策定された防空緑地(空襲被害の拡大を防ぐために設置された緑地)の一つであり、戦後そのまま公園として整備され、陸上競技場、野球場、テニス場など、特にスポーツ施設を充実させた総合レクリエーション...2022東京河川ポタリング『石神井川』③練馬区~板橋区

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』②練馬中央陸橋~豊島園

    『石神井川』ポタリングは練馬区高野台を走ります。「大野橋」付近では、シーズンには見事なソメイヨシノ桜並木を見れます。更に進むと目白通りと環八が交差する大きな陸橋「練馬中央陸橋」に出ます。『石神井川』はこの下を流れて行きます。この辺りの水も透き通りとても綺麗です。更に進むと練馬区の住宅街に再び入って行きます。「石川橋」までくると豊島園とぶつかります。『石神井川』は豊島園の中を流れて行きますが、川に沿った道はなくポタリングは迂回します。「石川橋」から見た上流側は、一直線の『石神井川』です。豊島園は、かつて西武グループが運営していた遊園地ですが、2020年8月31日をもって閉園しました。迂回する道は豊島園の沿線道を通ります。そして「豊島園通り」に出て「中之橋」来ると豊島園の中を流れる『石神井川』と再び対面でき...2022東京河川ポタリング『石神井川』②練馬中央陸橋~豊島園

  • 2022東京河川ポタリング『石神井川』①石神井公園~練馬高野台

    東京河川ポタリング、今度は東京都小平市内にその源を発し、西東京市を経て、当所管内の練馬区・板橋区を流下し、北区内で隅田川に合流する『石神井川』です。流域面積は73.1平方キロメートル、総延長は25.2kmであり、都内の中小河川としては比較的大きな規模の河川です。湧水のある「石神井公園」から隅田川との合流点まで下流へ下ってみました。出発点は「石神井公園」に一番近い橋「豊島橋」からです。今回は『石神井川』の真ん中から下流に下りますが、上流は小金井市の「小金井公園」まで繋がっています。『石神井川』は住宅街を流れており、両岸に舗装された道がありサイクリングしやすいです。下流へ下ってすぐに「山下橋」付近で「都営南田中アパート」があります。昭和の時代に建てられた団地でよく整備された桜並木があります。かつて「石神井公園」...2022東京河川ポタリング『石神井川』①石神井公園~練馬高野台

  • 2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』⑥東八道路&野川宿橋

    『仙川』ポタリングはいよいよ天然河川部の起点に到着します。「新川大橋」で東八道路と交差します。東八道路は、東京都三鷹市牟礼から国立市谷保に至る道路の通称で、東京都道14号線新宿国立線に属します。そして『仙川』天然河川部の起点「野川宿橋」に到着です。『仙川』は、かつては丸池などのたくさんの湧水を水源とする豊かな水量を誇る川であり、千の釜(かま=湧水場所)せんがまが転じて『仙川』になったといわれます。治水の目的で河川改修されてから、上流部の湧水量は少なくなり、親しみにくい河川になってしまいましたが、人見街道の「野川宿橋」より下流にはきれいな水が豊富に流れています。これは「丸池公園」より下流の河床から現在も湧き出る湧水を中央自動車道付近の樋口取水場より1,650m上流の「野川宿橋」まで汲み上げ循環しているからです...2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』⑥東八道路&野川宿橋

  • 2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』⑤武蔵野の田園(丸池公園&仙川平和公園)

    『仙川』ポタリングは下流から遡り、調布市から三鷹市に入ってきました。この度は「中央道」と交差します。この辺りの『仙川』の水は綺麗で来客者います。そして川中には鮒が気持ちよさそうに泳いでいます。『仙川』沿いのサイクリングロードも緑の中を走りとても気持ちが良いです。そして更に上流に進むと「丸池公園」に到着します。丸池が都市化の波をうけて埋め立てられてしまったのが昭和46年(1971年)、23年後の平成6年(1994年)に東京都と三鷹市が復活計画をスタートさせました。地域の人々も復活計画に参加してそれからさらに20年近くが経過し、現在の丸池は「丸池公園」または「丸池の里」として整備され見事な景観を作り上げています。池の北側は小高い丘のようになっていてはらっぱ公園、みはらしやま公園、雑木林公園と続いています。周辺に...2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』⑤武蔵野の田園(丸池公園&仙川平和公園)

  • 2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』④都心の森林「仙川崖線緑地」

    『仙川』ポタリングは甲州街道と交差します。この辺りから東京都調布市になります。そして都心にありながら広大な森林地帯を流れて行きます。この辺りは「仙川崖線緑地」という緑地で、都市緑地法に基づき、豊かな緑を未来へ継承するために、都市において良好な自然的環境を形成している緑地を指定するものです。崖線の緑は自然の地形を残し,かつ市街地の中で区市町村界を越えて連続して存在する緑であり,東京の緑の骨格となっているとともに,崖線下には湧水や稀少植物等の資源があり,都市化が進んだ東京の中で貴重な空間となっています。そして対岸には「緑ヶ丘団地都営仙川アパート」、1960年代に建てられた団地です。少し進むとあの「白百合女子大」があります。「白百合女子大学」は知名度も高く、世間では有名なお嬢様大学です。対岸には「東部下水処理場」...2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』④都心の森林「仙川崖線緑地」

  • 2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』③世田谷の田園「祖師谷公園」

    『仙川』ポタリングは成城を過ぎて遡って進むと「祖師谷公園」に到着します。『仙川』左岸には、児童公園、運動広場などがあり、右岸のなだらかな傾斜地には原っぱと緑のエリアがひろがっています。「祖師谷公園」は計画区域内にあった旧教育大学農場跡地を中心に、当面10haの公園として事業化をはかり昭和50年6月1日に開園しました。その後周辺民有地の買収を進めながら、整備の終った部分から順次追加開園しています。又、川沿いに素晴らしい桜並木があります。明治45年に東京市長よりワシントン市に贈られた桜は、「ポトマック公園」で年々成長し、今や世界的な桜の名所となっています。『仙川』の西に並ぶ桜は、その「ポトマック公園」の桜(ソメイヨシノ)から実生より苗木に育てられ、「里帰りの桜」として寄贈されたものです。『仙川』沿いには水に親し...2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』③世田谷の田園「祖師谷公園」

  • 2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』②世田谷の田園(大蔵~成城)

    『仙川』ポタリングは「水神橋」を過ぎて、上流に進むと東名高速を潜ります。この辺りに『仙川』の取水口があって、流れの一部は近くを流れる「谷戸川」、「谷沢川」の各上流へポンプアップで供給されています。この辺りでも気持ちよく魚が泳いでいます。更に進むと広々とした景色のいい「中之橋」に到着。『仙川』は都立砧公園に隣接する世田谷区の運動公園「大蔵運動公園」の脇を流れています。「大蔵運動公園」は広い公園の中には、体育館・陸上競技場・野球場・テニスコート・洋弓場・温水プールなどの施設が整い、広々とした環境の中でスポーツを楽しめます。また、児童園にはSLや大型複合遊具、幼児園には大型滑り台、回転遊具など、子供の年齢に合わせた遊具がたくさんある。アスレチック広場には吊り橋、ターザンロープ、ウンテイなどがあります。その他、ロー...2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』②世田谷の田園(大蔵~成城)

  • 2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』①出発点「鎌田橋」~「水神橋」

    東京都を流れる一級河川『仙川』は多摩川水系「野川」の支流で総延長約21kmあります。東京都小金井市貫井北町三丁目の新小金井街道直下が「上流端」と定められ、この上流端を含めて上流部は河川整備によりコンクリート水路の人工河川部となっています。三鷹市をしばらく行くと「野川宿橋」の所から川幅が広がり、流れも自然な蛇行となる天然河川部となり、世田谷区鎌田で北西から流れ来る「野川」に合流します。川沿いの景色が素晴らしい天然河川部約10kmを下流から遡って走りました。先ずは最下流の「野川」と合流する「鎌田橋」まで野川サイクリングロードの起点「コヤマドライビングスクール二子玉川」の脇道から遡ります。暫く『仙川』との合流点「鎌田橋」まで約2km野川サイクリングロードを遡ります。野川では川中で釣りをする人がいて、とても穏や...2022東京河川ポタリング『仙川・天然河川部』①出発点「鎌田橋」~「水神橋」

  • 2022東京河川ポタリング『谷沢川』④谷沢川分水路

    『谷沢川』ポタリングは、多摩川を目指して下流へ流れて行きます。この辺りではこんなお客さんも来ています。そして「丸子川」との合流点「谷沢川分水路」です。『谷沢川』は向かって前へ真っすぐ流れていきます。右側から「丸子川」が流れ込んで合流して多摩川へ向かいます。実は「谷沢川分水路」では『谷沢川』の水をポンプアップして「丸子川」の下流に流しているのです。「丸子川」の水は『谷沢川』の水なのです。「丸子川」の上流からきた水は『谷沢川』と合流して多摩川に流れ込んでいるのですねぇ。多摩川の合流点から見た「谷沢川分水路」です。そして多摩川との合流前にある「玉川排水樋管(ひかん)」です。いわゆる「水門」で多摩川の水位上昇の際、逆流を防ぐための施設です。その先が『谷沢川』の終点、多摩川との合流点です。多摩川の河川敷に降りる事がで...2022東京河川ポタリング『谷沢川』④谷沢川分水路

  • 東京河川ポタリング『谷沢川』③等々力渓谷

    『谷沢川』ポタリングはいよいよ都会のオアシス「等々力渓谷」です。なんといっても、東京23区内では唯一の自然の渓谷で、東京都指定名勝です。等々力駅のすぐ南側、ケヤキのある蕎麦処の角を曲がると、谷沢川に架かるゴルフ橋で、その袂に渓谷の入口があります。ちなみにゴルフ橋の名はかつて東急ゴルフ場に通じる道だったことに由来します。昭和8(1933)年、多摩川風致地区に指定された「等々力渓谷」付近は、急斜地のため宅地開発を免れ、当時の東京府の緑地化計画の一部として、比較的豊かな生態系が残されていました。そして昭和49年、渓谷沿いの一部を中心に「世田谷区等々力公園」として開園し、現在では3ヘクタールを超える公園となりました。平成11年3月には、等々力不動尊敷地内を含め渓谷の約3.5ヘクタールの区域は、東京都よりきっての名勝地と...東京河川ポタリング『谷沢川』③等々力渓谷

  • 2022東京河川ポタリング『谷沢川』②用賀~中町

    『谷沢川』ポタリングは国道246号線(玉川通り)を超えて用賀1丁目に入ると、ここからしばらく両岸に桜が植えられ、「谷沢川桜と柳の堤」が「せたがや百景」に選定されています。玉川通りを渡り最初の橋が「宇佐前橋」、かつて付近に「宇佐八幡神社」があったことからこの名前の模様です。この辺りから世田谷区中町になります。更に下流へ進み駒沢通りと交差する「富士見橋」に到着、この辺りも真っ直ぐに流れる川です。続いて下ると上野毛通りと交差する「宮前橋」、この辺りも真っ直ぐ直線の川です。この辺りのラウンドマークには神戸屋レストラン上野毛店があります。橋の周辺にはスーパーマーケットやレストランなどがあり、ちょっと賑やかなところです。更に進むと「矢澤橋」に到着、この先は自然の川らしく蛇行して流れます。そして更に進むと「姫之橋」に到着、こ...2022東京河川ポタリング『谷沢川』②用賀~中町

  • 2022東京河川ポタリング『谷沢川』①起点の用賀「田中橋」

    『谷沢川』は用賀、中町、等々力と流れ、玉堤で多摩川に注ぐ全長3.8kmの小さな川です。上用賀6丁目付近の小湧水が水源といわれていますが、この付近はすでに蓋がけされ、川の姿を見ることができるのは、「田中橋」(用賀4-5付近)からとなっています。主な水源は「仙川」の浄化施設からの導水や「等々力渓谷」の湧水です。下流部の「等々力渓谷」は東京百景にも数えられ、都内に残る貴重な渓谷として知られ、至るところで湧水がわき出ており、手付かずの自然が残されています。用賀の「田中橋」から多摩川まで下ってみました。『谷沢川』の開渠部の始まりの「中町」より上流の流路は、大正〜昭和初期の玉川全円耕地整理により直線化されています。用賀一丁目付近で国道246号線(玉川通り)と交差して、川の上を走っていた首都高速3号渋谷線と別れます。『谷沢川...2022東京河川ポタリング『谷沢川』①起点の用賀「田中橋」

  • 2022東京河川ポタリング『谷戸川』⑤岡本静喜堂緑地

    『谷戸川』は「砧公園」を過ぎて東名高速をくぐり、下流へと流れて行きます。ここからは川沿いに車道があり、車道に沿って下って行きます。どんどん下流へ下り、幹線道路「大蔵通り」に合流するととても珍しい川の上にあるバス停があります。東急バスの「岡本もみじが丘」バス停で、確かに川の上に蓋をしてバス停になっています。更に下ると水草の生茂った『谷戸川』にこんなお客さんがきていました。そして「岡本静嘉堂緑地」に近づいてきました。「岡本静嘉堂緑地」は明治の時代に三菱財閥を興した岩崎家が所有していた土地で、昭和20年頃まで庭園として管理されていたが、その後は人の出入りがなくなり、貴重な自然が残った。丘の上には、岩崎家が収集した古書を収蔵する「静嘉堂文庫」と、岩崎家の霊廟があります。『谷戸川』は「やのはし」バス停辺りから緑地の中に入...2022東京河川ポタリング『谷戸川』⑤岡本静喜堂緑地

  • 2022東京河川ポタリング『谷戸川』④砧公園⑵

    「都立砧公園」は1957年4月1日に開園された東京都立の公園で、都内で最も有名な桜の名所の一つです。園内には「世田谷区立世田谷美術館」があります。紀元2600年記念事業として都市計画決定された大緑地が前身である「砧公園」は、戦時中は防空緑地、戦後は都営のゴルフ場として開放されていました。周囲をたくさんの樹木で囲まれていて、かつてはゴルフ場としても使われていたというのも納得の広さです。当初の造成テーマは、家族ぐるみで楽しめる公園。この基本計画に沿って、自然の地形を活かし、芝生の広場と樹林で構成される「ファミリーパーク」区域と運動施設区域とを整備しています。園内中央を『谷戸川』が貫きます。『谷戸川』には浄化された水が流れてとても綺麗です。自然が溢れる都会の渓谷にはこんなお客さんが来ていました。『谷戸川』に架かる4つ...2022東京河川ポタリング『谷戸川』④砧公園⑵

  • 2022東京河川ポタリング『谷戸川』③砧公園⑴

    世田谷のマンション街を通り抜けた『谷戸川』は「都立砧公園」に入って行きます。「砧公園」での『谷戸川』の最初の顔はこんな顔でした。「砧公園」に入った『谷戸川』の水は一端プールされ浄化して、再び下流へ流れ出しているようです。実は『谷戸川』の水は近くを流れる仙川の水を送水しています。砧公園内に仙川から導水管を通して送水された水の流出口があります。仙川の世田谷区岡本三丁目に堰があり、水浄化施設へと水が送り込まれます。ここで浄化された水はそのまま仙川下流に流されるほか、地下導水管により『谷戸川』と「谷沢川」に送水しています。そして『谷戸川』は「砧公園」内を南北に流れてます。公園には吊り橋があり、『谷戸川』はその下を流れており見どころになっています。都内のオアシスといったところですねぇ。『谷戸川』には浄化された綺麗な水が流...2022東京河川ポタリング『谷戸川』③砧公園⑴

  • 2022東京河川ポタリング『谷戸川』②世田谷の住宅街

    『谷戸川』は世田谷の住宅街を流れて行きます。最初のラウンドマークの「NHK放送技術研究所」が見えてきました。この辺りで「世田谷通り(都道3号線)」と交差します。『谷戸川』は更に細長い水路になっています。そして「世田谷通り」の下を潜って流れます。再び住宅街を這って行きます。更に先は暗渠化されて『谷戸川』の姿はみれません。暗渠部の蓋はバイクの駐車場となっています。近くには「横根橋」と書いた橋があり、川だったの痕跡がわかります。更に下流へ進むと再び『谷戸川』は開渠部になり顔を出します。その先にある「大蔵庚申神社」の辺りで直角に曲がっており、とても人工的な造形の川です。そして世田谷区のマンション街を流れて下流に向かいます。続く、、、ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。沖縄ランキングにほんブログ村2022東京河川ポタリング『谷戸川』②世田谷の住宅街

  • 2022東京河川ポタリング『谷戸川』①起点(山野小学校)

    今回は「丸子川」と合流する『谷戸川』を起点から合流点まで3.5kmを走ってみました。先ずは起点となる「世田谷区立山野小学校」へのアプローチ、環八通り外回りを小田急小田原線と交差する「砧二丁目」交差点を右折し、城山通りを進みます。「山野小学校横」の交差点がり、左折して進みます。直進して50mぐらいで「山野小学校」に到着です。小学校の周りを一周すると西側に『谷戸川』が見つかりました。河川というより水路です。大都会東京の住宅地を流れる水路ですねぇ。水は意外に透き通り綺麗です。更に上流は城山通りを挟んで暗渠となっています。水源は世田谷区千歳台二丁目付近に源を発し、小田急線を渡るまでは暗渠を南に流れています。『谷戸川』は「山野小学校」からは開渠となり、住宅街の間を這う水路です。この辺りにはまだ長閑な農園がありました。『谷...2022東京河川ポタリング『谷戸川』①起点(山野小学校)

  • 2022東京河川ポタリング『丸子川』⑤上流端の「水神橋」へ

    『丸子川』ポタリングは、上流端の仙川合流点「水神橋」に向かいます。「岡本静嘉堂緑地」より上流は「丸子川親水公園」として整備されています。東京であることを忘れてしまいそうな、のんびりとした田園風景を眺めながら川沿いを歩くことができ、散策にぴったりなエリアです。更に上流に進むと小川のようなせせらぎになってくきて、きれいに遊歩道などが整備されている公園があります。そこでは、季節の植物や昆虫を楽しめるようになっていたり、遊歩道でゆっくりと散歩もできます。そして『丸子川』の上流端「水神橋」に到着です。こちらが「仙川」に架かる「水神橋」。「仙川」の上流方面です。大きな川の流れです。「仙川」に並行して『丸子川』の上流方面です。この辺りも相変わらず川と言うより水路ですねぇ。『丸子川』はこの先は暗渠となっています。実は「仙川...2022東京河川ポタリング『丸子川』⑤上流端の「水神橋」へ

  • 2022東京河川ポタリング『丸子川』④「谷戸川」と合流@岡本公園

    『丸子川』ポタリングは更に上流へ進みます。「静嘉堂緑地」に差し掛かると今度は「谷戸川」と合流します。右側が「谷戸川」です。「谷戸川」と合流して水量を増加させ、下流に向かって流れていきます。「静嘉堂緑地」には静嘉堂文庫があります。東京都世田谷区岡本二丁目23番1号にある専門図書館お及び美術館があります。日本および東洋の古典籍及び古美術品を収蔵します。事業主体は公益財団静嘉堂。同財団は三菱財閥の第2代総帥岩崎世之助・第4代総帥岩崎小弥太父子の所有した庭園と遺品の古典籍・古美術コレクションを基礎として発足しました。「静嘉堂」は弥之助の堂号です。数多くの貴重な古典籍と古美術品を収蔵しており、内外の古典籍を研究者向けに公開する私立の専用図書館であると同時に、併設する静嘉堂文庫美術館を通じて収蔵品を般公開しています。続...2022東京河川ポタリング『丸子川』④「谷戸川」と合流@岡本公園

  • 2022東京河川ポタリング『丸子川』③「谷沢川」と交差

    『丸子川』ポタリングは更に上流へ進むと「谷沢川」と十字路で交差します。実は『丸子川』はここで「谷沢川」の水をくみ上げて『丸子川』下流へ流しています。「谷沢川」の交差前の上流側、『丸子川』上流からの水はここで「谷沢川」と合流し、多摩川に流れ込みます。『丸子川』の下流へは「谷沢川」の水をポンプアップして流しているのです。「谷沢川」の下流側、右の『丸子川』の上流と合流して多摩川に流れ込みます。こちらは『丸子川』の上流です。この水はすべて「谷沢川」に合流します。そして更に『丸子川』を進め宇都「第三京浜」を潜ります。この辺りも住宅街の中を流れています。更に進むと「二子玉川」に到着です。駒沢通りを交差して西へ進みます。そして東急大井町線を潜ります。さらに東急田園都市線を潜ります。次は国道246号線を超えます。国道246...2022東京河川ポタリング『丸子川』③「谷沢川」と交差

  • 2022東京河川ポタリング『丸子川』②「田園調布八幡神社」

    『丸子川』ポタリングは上流へ遡り、東急目黒線・東横線を過ぎると「多摩川台公園」に到着します。「多摩川台公園」は古墳を中心に老樹が多く、公園から望む多摩川や丹沢山塊の景色は特筆のものです。春は桜の花見で賑わい、水生植物園が四季を通じて草花を楽しめる見所の多い公園の一つです。また亀甲山に代表される古墳群。古墳のことが学べる古墳展示室があります。『丸子川』は公園の横を流れています。そして更に上流へ進むと「田園調布4丁目」の交差点に差し掛かります。『丸子川』はこの辺りから川の上はオープン状態になり、身近に川中を見れます。この辺りは魚が泳いでいて野鳥もやってくる自然に満ちた川ですねぇ。又、この辺りは「田園調布」の高級住宅地になっており、東京の23区にあって『丸子川』を通して自然に恵まれた場所です。更に進むと「田園調布...2022東京河川ポタリング『丸子川』②「田園調布八幡神社」

  • 2022東京河川ポタリング『丸子川』①出発点「多摩川浅間神社」

    『丸子川』は、東京都世田谷区および大田区を流れる一級河川でかつての「六郷用水」の中流部分が整備され、名称を変えて残っている川です。『丸子川』は世田谷区岡本の「仙川」との接点が上流端であり、集合住宅「大蔵住宅」と東名高速道路下の湧水に源を発します。総延長約7kmで都内で気軽に走れる川沿いコースで走ってみました。先ずは最下流の「多摩川浅間神社」に向かいました。この辺りにはかつての「六郷用水」が整備されて残っています。「六郷用水」は東京都(旧武蔵国)にかつて存在した用水路で、建設指揮監督者小泉次大夫の名を取って次大夫堀(じだゆうぼり)とも呼ばれています。多摩郡和泉村(現在の東京都狛江市元和泉)の多摩川を水源とし、世田谷領と六郷領、つまり現在の狛江市から世田谷区を通り大田区に至る用水路でした。延長は23kmで、49の村...2022東京河川ポタリング『丸子川』①出発点「多摩川浅間神社」

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』㉒羽村取水堰&第1水門

    『玉川上水』ポタリングはいよいよ最終回で「羽村取水堰」に到着です。「羽村取水堰」は、多摩川の河口から上流約54㎞に位置し、川をせき止める投渡堰ぜき、固定堰せき、魚類が行き来する魚道及びせき止めた水を取り入れる第一水門から構成されています。こちらが、第一水門です。この水門では、多摩川からせき止めた水を引き込んでいます。実際に生で見てみると、物凄い勢いで水がぐんぐんと引き込まれているのが分かります。ここから江戸へ向かって流れた水が、長きに渡って多くの人々の生活を支えたのですね。こちらは小吐水門です。この水門は、第一水門と第二水門の間に位置してます。第一水門で取水し、30m離れた第二水門で水量を調節して間にある小吐水門から余分な水、土砂を多摩川に戻しています。通常時は全量取水して小吐水門から毎秒2立方メートルを放...2022東京河川ポタリング『玉川上水』㉒羽村取水堰&第1水門

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』㉑羽村導水ポンプ所&第2・3水門

    いよいよ『玉川上水』の起点「羽村取水堰」に到着です。「羽村取水堰」は3つの水門があります。第一水門では、多摩川から堰止めされた水を引き込んでいます。第二水門では、先程第一水門で引き込まれた水の水量を調整して、適量な水を『玉川上水』の水路へと流しています。第三水門では、第二水門より下流約500m地点にあり、そこを過ぎると一部の水は地下導水管を通り「村山貯水池(多摩湖)」、「山口貯水池(狭山湖)」に一旦貯留されます。そして、そこで貯留された水の一部は、さらに「東村山浄水場」にも導水されます。<多摩川の原水の流れ図>『玉川上水』ポタリングは第三水門からから遡って行きます。第二水門を通った水は一端堰き止められて池にプールされます。そして水は3方向に流れを分けられます。下流に向かって左側方向は第三水門を通り、地下導水...2022東京河川ポタリング『玉川上水』㉑羽村導水ポンプ所&第2・3水門

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑳拝島駅~羽村取水堰

    『玉川上水』は拝島駅前を通り過ぎて東京都昭島市から福生市に入ります。拝島駅脇を流れる『玉川上水』、長閑な田舎の風景です。この辺りの『玉川上水』沿いにはサービス付き高齢者住宅「ゆいまーる拝島」があります。自然があふれていてとてもいい環境です。更に細い道を上流へ進むと「日光橋公園」に入ります。東京都の福生市と昭島市にまたがる拝島駅より徒歩5分、『玉川上水』沿いの緑地にある公園です。4mほどの高さのクライミングタワーやスプリング遊具、野鳥観察広場などがあり、ロープをつたって上るトンネル「森のなかのとりで」もあり、大人や子供が楽しめる公園です。そして更に進むと隣接する「水喰土公園」に入ります。不思議な名前は、江戸時代、『玉川上水』の堀を掘っても掘っても厚い砂利層が水を吸込んだことに由来しています。「ふっさ十景」にも選定...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑳拝島駅~羽村取水堰

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑲東京都昭島市ノターミナル駅「拝島駅」

    いよいよJR線と西武線が入る昭島市のターミナル駅「拝島駅」に近づいてきました。「拝島駅」に近づくと『玉川上水』は一端西武拝島線の線路下を通り抜けます。そして『玉川上水』は拝島駅前を大きく右カーブして、再び米軍横田基地の引込線路の下を通り抜けます。こちらの線路は横田基地へ繋がる引込線で、西武拝島線に繋がっています。線路の横には「拝島駅」北口に通じる道に「平和橋」が架かっています。『玉川上水』は拝島駅北側を大きくカーブして更に上流に伸びていきます。「拝島駅」は、東京都昭島市と福生市にまたがる、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)・西武鉄道の駅です。北口駅から見た『玉川上水』、駅前を大きく曲がっています。北口駅前ロータリーの入口にはラウンドマークとしてファミマがあります。駅前にある観光案内板を見ると...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑲東京都昭島市ノターミナル駅「拝島駅」

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑱残堀川交差点(立川市~昭島市)

    『玉川上水』ポタリングは更に上流へ進み、「残堀川」と交差します。「残堀川」との交差点、伏せ越し工法によりわざわざ「残堀川」の下を『玉川上水』が伏越すという、川の立体交差化がされています。この「残堀川」の下を『玉川上水』が直角に流れています。こちらは『玉川上水』の下流側でトンネルから水が出てきたところです。鮒が元気よく泳いでいます。こちらは「残堀川」を超える前の上流側の『玉川上水』、この後「残堀川」の下に潜ります。そして、残堀川が左から右方向に流れていくため、道路にも橋が架かっています。「残堀川」は、西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎の狭山池に始まり、武蔵村山市、昭島市、立川市を流れて、立川市柴崎町で多摩川に合流する川です。川の長さは12.7Km、狭山丘陵西端付近にある狭山池に源を発し、立川断層に沿って南東に流れ、武蔵村...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑱残堀川交差点(立川市~昭島市)

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑰玉川上水駅~見影橋(東京都立川市)

    「小平監視所」を過ぎると西武拝島線の「玉川上水駅」に到着です。多摩モノレールと乗り入れているやや賑やかな駅です。駅舎は芋窪街道に面した南口(立川市側)と駅前ロータリーに面した北口(東大和市側)があり、2つの市をまたいでいます。多摩都市モノレールの駅舎は橋上化され連結されて便利な駅です。『玉川上水』が通る南口駅前は、バスターミナルとタクシー乗り場が整備されており広々としています。『玉川上水』は駅の南口の脇を勢いよく流れています。『玉川上水』の沿道は緑道になっており、年間を通じて自然の中での散歩を楽しむことができます。駅を通り過ぎて少し進むと千手橋通りと交差する「千手橋」があります。ここから見る景色は、多摩川の水の『玉川上水』が真っ直ぐに流れています。更に上流を進むと「宮の橋」。この辺りの『玉川上水』沿いは、緑と調...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑰玉川上水駅~見影橋(東京都立川市)

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑯上水小橋と小平監視所(東京都立川市)

    『玉川上水』ポタリングは武蔵野の文教地区を通り抜けて更に東京の西へ進みます。すると一際交通量の多い立川通りと交差する「小川橋」に到着します。交通量の多い5差路の中心で、渋滞の原因にもなっています。更に進むと「上水小橋」に到着。ここは、『玉川上水』の水辺まで降りられる数少ないスポットとなっています。そして立派な「玉川上水清流の復活」の碑」があります。『玉川上水』は、江戸市中への飲料水の供給という目的以外に、武蔵野台地の各地に分水されて飲料水・かんがい用水・水車の動力などに利用され、武蔵野の発展に大きな役割を果たしました。水路は明治時代以降も淀橋浄水場(新宿区)への導水路として使われていましたが、新宿副都心計画による淀橋浄水場の廃止により、昭和40(1965)年以降、小平監視所より下流は水の流れが途絶えました。...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑯上水小橋と小平監視所(東京都立川市)

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑮西武国分寺線「鷹の台駅」

    『玉川上水』ポタリングは「小平中央公園」の脇を通り過ぎると西武国分寺線と交差して「鷹の台」駅に到着します。津田塾大、白梅学園大、創価学校、武蔵野美術大、朝鮮大など文教地区の学生駅です。そして『玉川上水』には「鷹の橋」が架けられています。周辺は茂みがうっそうとしており、空気もきれいで散策に適しています。西武国分寺線の下を流れる『玉川上水』。しっかり流れています。「鷹の台」駅は1948年(昭和23年)10月21日に開業。相対式ホーム2面2線の地上駅です。駅の両側は単線のため、当駅で朝と夜に限り交換を行う(昼間は隣の恋ヶ窪駅と小川駅で行います)。続く、、、ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。沖縄ランキングにほんブログ村2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑮西武国分寺線「鷹の台駅」

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑭商大橋~小平市立中央公園

    『玉川上水』ポタリングは武蔵野の文教地区に入ってきました。先ずは「一橋大小平国際キャンパス」に繋がる「商大橋」。昭和8年、橋の北側に「東京商科大学予科」(一橋大学小平校の前身)があったため、橋の名前はいまでも「商大橋」になっています。この辺りの『玉川上水』は綺麗な水が静かに流れています。そして『玉川上水』の脇道は舗装されてない土の田舎道です。少し進むと「小川水衛所跡」があります。江戸時代に『玉川上水』の水量の確認や流れてくる落ち葉などの清掃を従事していた今で言う公務員がいた水番所があった場所です。「小川水衛所」は、明治維新後、東京都水道部(現在の東京都水道局)が管理することになったことから、明治27年の水番所を水衛所と名前を変え、引き続き職員(水衛)が常駐し、玉川上水の点検や清掃などを行っていました。その後...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑭商大橋~小平市立中央公園

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑬小金井公園~小平桜橋

    『玉川上水』ポタリングは「小金井公園」から上流へ遡り進みます。広大な敷地は都立公園の中でも最大規模で、昭和15年の紀元2600年記念事業で計画された「小金井大緑地」。戦後、東宮仮御所に使用され、また農地解放により4割を失いましたが、昭和29年に都市公園として開園されました。『玉川上水』は「小金井公園」の脇を「五日市街道」と並行して直線に流れており、所々に橋が架かり、T字路交差点になっています。こちらは小金井公園前の「関野橋」。橋の上から見た『玉川上水』、生茂った草木の間をしっかり流れています。暫く『玉川上水』と並行した直線道を進むと小平市に入り、西武多摩湖線と交差します。ここは「小平桜橋」の交差点です。ここには1953(昭和28)年まで「桜堤駅」があったそうです。「電車に乗っていても桜が観れる。」というキャ...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑬小金井公園~小平桜橋

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑫梶尾橋~都立小金井公園

    『玉川上水』は「境橋」から「五日市街道」と並行して上流へ進みます。暫く進むと一際交通量が多い賑やかな「梶尾橋」に到着します。この橋の真ん中で東京都武蔵野市と小金井市に分かれます。また、「梶野通り」を真っ直ぐ南下するとJR中央線「東小金井」駅に到着します。そして北側には「東京都立小金井公園」があります。1954(昭和29)年1月14日に開園した都市公園。『玉川上水』沿いに位置しており、約80ヘクタールの広大な敷地内には広々とした草地、豊かな自然に囲まれた雑木林、桜の園、子どもの広場、弓道場、SL(C57)展示、16面のテニスコートなど多彩な施設が整備されています。開園する前は1940(昭和15)年の紀元2600年記念事業で計画された「小金井大緑地」。戦後、東宮仮御所に使用されていた歴史を持ち、面積約80ヘクタール...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑫梶尾橋~都立小金井公園

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑪けやき橋(三鷹市)~境橋(武蔵野市)

    JR三鷹駅を過ぎて『玉川上水』ポタは更に武蔵野の風景の中に入って行きます。JR三鷹駅北口から北西に直線へ伸びる「桜通り」を進むと「けやき橋」の交差点に来ます。『玉川上水』はここで「アジア大学通り」と分かれて「桜通り」と並行して流れて上流へ進みます。この辺りは緑の生茂る中『玉川上水』の水路がよく見えます。また珍しい流量の調整も見れます。更に『玉川上水』に沿って上流へ進むと東京都武蔵野市に入り、「新武蔵境通り」と交差する「ぎんなん橋」、「いちょう橋」を通過します。近くには「東京都水道局境浄水場」があります。原水は後に『玉川上水』と関係する「村山貯水池(多摩湖)」及び「山口貯水池(狭山湖)」から引き入れて東京都内に上水を供給されています。そして更に上流へ進むと「千川上水」との分岐点がある「境橋」に到着です。道路も「五...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑪けやき橋(三鷹市)~境橋(武蔵野市)

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑩JR三鷹駅

    『玉川上水』ポタリングは「井の頭公園」を通過して更に上流に遡り進みます。『玉川上水』に沿って「井の頭公園」から「風の散歩道」の直線道を進むと「JR三鷹駅南口」に到着します。駅前には『玉川上水』に架かる古い橋があり、昔の『玉川上水』の面影が見れます。そして『玉川上水』はJR三鷹駅の下をくぐり上流に進み、「JR三鷹駅北口」へ抜けて行きます。「JR三鷹駅北口」の脇にはこじんまりとした『玉川上水』の公園があります。「江戸時代」に造れて今でも使われている『玉川上水』が、身近に触れる場所で、昔を思う考え深い場所でもあります。ここの『玉川上水』は良く整備されて公園となっており、『玉川上水』の歴史を感じて思いを馳せるにはとても良い場所でもあります。「JR三鷹駅北口」一帯には『玉川上水』の水流と調和した桜木の通りがあり、とても自...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑩JR三鷹駅

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑨玉川上水緑道(東京都三鷹市)

    『玉川上水』ポタは東京23区から郊外の武蔵野エリアを遡って行きます。「どんどん橋」からは『玉川上水』に沿って並行した道を進みます。道は舗装されておらず、所々に小さな畑が見られるのどかな武蔵野の風景を楽しめます。この辺りは東京都杉並区から三鷹市に変わる辺りになります。『玉川上水』は生茂った木々の中を流れており、沿道からよく見えませんねぇ。この辺りは『玉川上水』を中心に小さな農道ができた様で、畑から一軒家に変わり道は舗装されてサイクリングを快適にできます。所々に昔の面影の橋があり、橋の上から『玉川上水』がしっかり流れているのを確認できます。更に上流へ進むと住宅地のこじんまりとした舗装道の中に「さいわい橋」が出てきて、『玉川上水』は突然「井の頭公園」に入ります。『玉川上水』は三鷹の森ジブリ美術館がある「井の頭恩賜公園...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑨玉川上水緑道(東京都三鷹市)

  • 2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑧玉川上水緑道(東京都杉並区)

    『玉川上水』ポタは都心を離れていよいよ東京の郊外へ出ていきます。『玉川上水』は暫く甲州街道の下を流れて環八と「中の橋交差点」で交差します。この先には大規模な「玉川上水緑道」があります。この辺りの『玉川上水』は暗渠化されて地上を「東八道路」、更にその上を「中央自動車道」が通る三段路になっています。「玉川上水緑道」は、杉並区の「浅間橋」から福生市の「平和橋」までの約24kmにわたって、開渠部の『玉川上水』沿いの平坦地に整備された土舗装の遊歩道であり、既成住宅地に残された帯状の緑地帯です。「玉川上水緑道」は都立公園で、東京都福生市、昭島市、立川市、小平市、三鷹市、武蔵野市、杉並区にわたり、武蔵野の雑木林の中を散策して野鳥や野草が楽しめます。武蔵野の大自然をのんびりと楽しめれる公園です。遊歩道脇にはクヌギやコナラ、サク...2022東京河川ポタリング『玉川上水』⑧玉川上水緑道(東京都杉並区)

  • 2021東京河川ポタリング『玉川上水』⑦玉川上水第二・第三公園

    『玉川上水』は、江戸時代に江戸の町に飲料水を供給するためにつくられた上水路で、現在は一部が暗渠となって杉並区内を通っています。その暗渠の上に東京都水道局から借地してつくられた3つの公園と1つの緑地があります。下流から「玉川上水公園」、「玉川上水永泉寺緑地」、「玉川上水第三公園」、「玉川上水第二公園」の順に並んでおり、その全長は約2,000メートルにもおよびます。再び首都高速4号線の「永福PA」付近から『玉川上水』を遡ってみました。先ずは「沖縄タウン」がある「代田橋」から出発です。そして東京都水道局の巨大タンクのある甲州街道「松原交差点」と「玉川上水公園」過ぎて進みます。更に進んで「下高井戸駅入口交差点」に到着。そしてここから上流が「玉川上水第三公園」になります。「玉川上水第三公園」は全長500mを越えます。ほと...2021東京河川ポタリング『玉川上水』⑦玉川上水第二・第三公園

  • 2021東京河川ポタリング『玉川上水』⑥玉川上水公園@松原交差点~永福PA

    甲州街道にあたりから『玉川上水』は暗渠化して甲州街道の下を流れてます。甲州街道と井の頭通りが交差する「松原」交差点まで進むと、『玉川上水』の面影が表れてきます。東京都水道局のタンクが見えてきます。これは和泉水圧調整所で「和泉給水所」とも呼ばれる施設で、現在の上水道の水圧調整を行う施設となっています。この場所は、かつての上水道である『玉川上水』が、江戸時代以来の旧水路と「淀橋浄水場」へ送水するために造られた新水路の分岐点となっています。近くには「杉並区立玉川上水公園」があります。細長い公園でこの下を『玉川上水』が流れています。更に進むと『玉川上水』の配管が表に出て、京王井の頭線の頭上を通っています。この辺りは「東京山手急行電鉄用地跡」となっており、かつて東京外周に約50kmにわたる環状路線を建設しようとした鉄道事...2021東京河川ポタリング『玉川上水』⑥玉川上水公園@松原交差点~永福PA

  • 2021東京河川ポタリング『玉川上水』⑤玉川上水緑道@代田橋

    「笹塚」駅を過ぎると再び『玉川上水』の開渠が見れます。この開渠部は日銀の寮がある「稲荷橋」まで続いてます。開渠部は200mぐらい続き、その先は再び暗渠の緑道になります。ここから「玉川上水緑道」と言われています。「玉川上水緑道」は、京王線代田橋駅付近の甲州街道から始まり、途中環七をくぐり、大原一丁目の渋谷区境までの延長499mの遊歩道です。この橋から下流は、川の上を整備した遊歩道がつづき、一度環七をくぐり渋谷区境に続きます。更に進むと「玉川上水緑道」は環七と交差します。「玉川上水緑道」は京王線「代田橋」駅付近の緑道が起点となり、案内板が出ています。更に進むと『玉川上水』は代田橋の駅の下をくぐります。この辺り一部は開渠化されており、『玉川上水』の面影を残す流れを見ることができます。ここには、平成3年に架けられた「ゆ...2021東京河川ポタリング『玉川上水』⑤玉川上水緑道@代田橋

  • 2021東京河川ポタリング『玉川上水』④玉川上水第二緑道@笹塚

    明けましたおめでとうございます。コロナ禍で迎えた2回目のお正月です。相変わらず巣ごもり生活を続けているおじぃですが、今年もよろしくお願いします。今年も近場のまちま~いのブログになりそうですが、頑張ります。『玉川上水』の緑道は「大山緑道」から京王線「笹塚」駅をめざして「玉川上水第二緑道」と名前を変えて遡ります。「玉川上水第二緑道」は、一度渋谷区の笹塚に入った後、再び世田谷区に戻る北沢五丁目から始まる延長約426mの緑道です。上流の「笹塚橋」では一部川面が見られます。『玉川上水』の開渠部分で先の方に橋が見えるのが「笹塚橋」です。緩いV字の堤の底には少しだけ水が流れ菖蒲らしい若葉が伸びています。昔はこんな景色があちこちで見られたのでしょう。近くには観音様が祀られている「笹塚観音通り商店街」があります。『玉川上水』に水...2021東京河川ポタリング『玉川上水』④玉川上水第二緑道@笹塚

  • 2021東京河川ポタリング『玉川上水』③代々木緑道~西原緑道

    西新宿のクイントビルと文化学園前を抜け、『玉川上水』を遡る旅は甲州街道の南を西へ向かいます。新宿から笹塚までの『玉川上水』は暗渠になっており、暗渠の上は「玉川上水旧水路緑道」として整備されています。中でも代々木3丁目部分の緑道には「代々木緑道」という名前がついています。「代々木緑道」は新宿から程近くにある甲州街道と平行している緑の道です。京王線が地下を走るので細長くてかなり長く、ベンチが多くて、イイ休憩が出来ます。大都会の真ん中を通る緑道なので首都高速4号線と交差したり、都会的な景色の中にあります。一方では都会のオアシスっぽく緑溢れて癒される森林の景色も楽しめます。緑道の所々には橋が残り『玉川上水』の面影が垣間見れます。更に進むと3段建ての高速道路「西新宿ジャンクション」があります。その場所は物凄く圧倒され、す...2021東京河川ポタリング『玉川上水』③代々木緑道~西原緑道

  • 2021東京河川ポタリング『玉川上水』②新宿駅近辺の『玉川上水』

    『玉川上水』ポタは、最下流の「四谷大木戸」から上流の水源「羽村取水堰(東京都羽村市)」まで遡って行きます。『玉川上水』は「四谷大木戸」から「新宿御苑」と通り抜けて、新宿駅南口を甲州街道に並行して流れていますが、この間は暗渠化されておりほとんど面影がみれません。新宿駅南口を超えて甲州街道に並行した「葵通り」に入ると『玉川上水』の面影があります。川がないのに葵通りの「葵橋」の石碑があり、ここを『玉川上水』が通っていたとわかります。葵通りは真っ直ぐに伸びており、現在の『玉川上水』は暗渠化されてその上に道路が走っています。更にその先にはビルの狭間にある都会の小さな公園「あおい公園」があります。更に真っ直ぐに進むと西新宿交差点の超高層ビル前に辿り着きます。文化学園服飾博物館などが入る新宿文化クイントビルという商業ビル前に...2021東京河川ポタリング『玉川上水』②新宿駅近辺の『玉川上水』

  • 2021東京河川ポタリング『玉川上水』①玉川上水の終点「四谷大木戸跡」

    『玉川上水』は、かつて江戸市中へ飲料水を供給していた上水(上水道として利用される溝渠)であり、江戸の六上水の一つです。1653年(承応2年)に多摩川の羽村から四谷までの高低差92.3mの間に全長42.74kmが築かれました。また、一部区間は、現在でも東京都水道局の現役の水道施設として活用されています。現在の『玉川上水』を「四谷大木戸」から「羽村取水堰」までの全長43kmを遡り走ってみました。まずは四谷大戸木があった「四谷四丁目」の交差点へ向かいます。途中、今年の話題だった「TOKYO2020の国立競技場」を通り抜けます。「隈研吾」さんによるデザインは、周辺の明治神宮外苑との調和を目指した杜のスタジアムのコンセプトを掲げ、「自然に開かれた日本らしい素晴らしいスタジアム」です。屋根や軒庇などを鉄骨と木材のハイブリッ...2021東京河川ポタリング『玉川上水』①玉川上水の終点「四谷大木戸跡」

  • 2021東京河川ポタリング『妙正寺川』③「落合公園」から合流点「高戸橋」

    『妙正寺川』ポタは「落合公園」を過ぎて進むと、都営大江戸線「中井駅」手前でレンガ造りのおしゃれなサイクリングロードになります。そして昭和48年3月に完成した「新落合橋」付近で、再び西武新宿線と交差します。更に進むと広い空間のある「辰己橋」に到着です。かつて『妙正寺川』はこの辺りの西武新宿線「下落合駅」の東側で流路を南に変えて、今の「神田川」の滝沢橋~落合橋間の地点で「神田川」と合流していました。しかし、大雨の度にこの合流地点は川の水が氾濫したため、「高田馬場分水路」の建設に合わせて流路を変更し、「辰巳橋」で「神田川高田馬場分水路」に合流するよう流路改築が行われ、現在の形になりました。更に進むと都心に入り、JR山手線「高田馬場駅」付近で地下水道となって川の姿は見えなくなります。更に進むと「神田川」との合流点「高戸...2021東京河川ポタリング『妙正寺川』③「落合公園」から合流点「高戸橋」

  • 2021東京河川ポタリング『妙正寺川』②「平和の森公園」から「落合公園」

    『妙正寺川』ポタ、気持ちよく走っていくと「平和の森公園」に到着です。「平和の森公園」は、中野刑務所跡地に開設された公園で、昭和55年から地下式の下水処理場とともに防災公園として順次整備をすすめ、平成29年より再整備工事を行い、令和2年4月1日に再オープンした真新しい公園です。構想の段階から下水処理場と公園との兼用として計画された防災公園です。団体利用では、軟式野球・少年野球・少年サッカー(小中学生)・フットサル・ソフトボール等に利用できます。更に進むと西武新宿線「沼袋」駅付近で線路と交差し、『妙正寺川』は線路の下を通り抜けます。この辺りの川も護岸がよく整備されています。更に進むと緑が生い茂った「江古田公園」に到着です。ここで『妙正寺川』は、「江古田川」と合流し、「妙江合流」と呼ばれています。かつて、この辺りで享...2021東京河川ポタリング『妙正寺川』②「平和の森公園」から「落合公園」

  • 2021東京河川ポタリング『妙正寺川』①水源から下流へ

    東京河川ポタリングは「善福寺川」ポタを完走して次の目的地『妙正寺川』ポタに向かいます。『妙正寺川』の起点は、「善福寺公園」から約2.5km離れた「妙正寺公園」にあり、早稲田通りを移動します。こちらは起点の近くにある「妙正寺」。「妙正寺公園」は『妙正寺川』の水源になる「妙正寺池」を中心にした公園で、池の周辺の休息コーナー・木製遊具・砂場などの遊具コーナー、そしてゲートボールなどのできる運動コーナーの3つの広場があります。「妙正寺池」は、湧水によってつくられた池でしたが、近年になって湧水の量が少なくなったので、近くに井戸を掘り、地下水をくみ上げて池の水の大部分をまかなっています。池の中には大小2種類の噴水が設けられ、いろいろな形の水しぶきをあげています。『妙正寺川』の最上流にある「落合橋」、ここから高田馬場にあ...2021東京河川ポタリング『妙正寺川』①水源から下流へ

  • 2021東京河川ポタリング『善福寺川』④水源の「善福寺公園」

    下流の「神田川」合流点からさかのぼりついに『善福寺川』の水源「東京都立善福寺公園」に到着です。公園の出口にあたり最上流にある「美濃山橋」が『善福寺川』の出発点です。『善福寺川』はここをスタートに下流に流れていきます。「善福寺公園」は善福寺池を中心にできた公園で、池の水はかつては「神田上水」の補助水源として利用されたほど澄んでおり、湧水量も多く、武蔵野三大湧水池のひとつとして知られていました。池の名称は、昔、この付近にあった寺の名からとったと伝えられています。「上の池」と「下の池」に分かれ、両方で約37,000平方メートルあり、公園全体の47%を占めます。池にはカモ、カイツブリ、バンなどの水鳥やカワセミも来ます。『善福寺川』に繋がるのは「下の池」です。更に上って行くと「上の池」があります。「下の池」と「上の池」は...2021東京河川ポタリング『善福寺川』④水源の「善福寺公園」

  • 2021東京河川ポタリング『善福寺川』➂「JR荻窪駅近辺」

    『善福寺川』ポタは「東京都立和田堀公園」を過ぎて、住宅地の中を「荻窪」へ向かいます。カーブのある川には水草が生い茂り綺麗な景色です。川沿いの道は人が通るぐらいで極端に狭くなります。このセンスは昭和の時代に造られたものと思われますねぇ。そして進むと『善福寺川』は「環八通り」と交差します。川の景色は、郊外の一軒家の住宅地から市街地のマンションの住宅地へ変わってきました。「荻窪」の中心地にやってきました。そして「JR中央線」と交差します。再び「荻窪」の住宅地を進んで行きます。川沿いの道(サイクリングロード?)は相変わらずとても狭い道です。更に進むと『善福寺川』は「杉並区立井荻小学校」で暗渠化されます。川の上には学校が建っています。続く、、、ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。沖縄ランキングにほんブログ...2021東京河川ポタリング『善福寺川』➂「JR荻窪駅近辺」

ブログリーダー」を活用して、taku2014さんをフォローしませんか?

ハンドル名
taku2014さん
ブログタイトル
おじぃの独り言
フォロー
おじぃの独り言

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用