chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
独尊への道 http://dokusonnroad.wp.xdomain.jp/

兵庫の大学を卒業してから、フリーターとして働いています。 ライター志望。 映画、同性愛、労働と、テーマは多岐にわたる。 読んでくれた方に、心地の良い余韻を残すような文章に憧れています。

ゲイ・セクシャリティを自認。 もし、言葉の力を信じることができれば 社会を変えることができる。 思考の言語化をめざすブログです。

木下拓也
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/05/04

1件〜100件

  • 這いつくばって、叫ぶ

     汗だくになりながら、部屋の掃除をする。窓の外では、湿った空気と、乱反射する日光が混じり合い、夏が来たことを、…

  • 途切れない<私>

     銀行に、電気代を振り込みにいかなきゃいけない。コロナのワクチンを、接種しにいかなきゃならない。夕飯の材料を買…

  • 途切れない<私>

     銀行に、電気代を振り込みにいかなきゃいけない。コロナのワクチンを、接種しにいかなきゃならない。夕飯の材料を買…

  • 人生について

     嫌なことが、あって、気分が落ちる。数日は、引きずるが、2、3日すると、けろっと、さも、何もなかったように、元…

  • 「ほっといてほしい。」

     駅のホームで、電車を待つ。そのとき、僕は、近くに、死があるのだなと、思う。なにも、飛び降りたいという、率直な…

  • 意気込みは、風にながれて

     自分の部屋で、youtubeが、たれ流しに、再生され続けている。特に、集中して、見ているわけじゃないんだけど…

  • アイデンティティーが、ほとばしる

     物語のなかの登場人物は、いつも、友達に悩みを相談したり、ともに、団結して、困難を、乗り越える。それは、フィク…

  • 残酷な地に降りたった、僕らは

     乾いた喉を、水で潤す。体に水分が、吸収されていくのが、なんとなく、分かる。頼んでもないのに、僕の体は、足りな…

  • ここに、愛はなくても

     抑圧という、言葉は、何を、意味しているのか。どうやら、それは、意識的に、感知するのは、不可能であるらしい。僕…

  • 都合よく、書き換える

     どうして、かっこをつけてしまうんだろう。人に見せたくない自分を、うまく隠して、見栄えのいい部分だけを、語りは…

  • 差別は、もっと身近にある

     連日の雨は、すこし心を、暗くさせる。雲が途切れた瞬間に、差し込む日差しで、嬉しくなる僕は、なんて、安易なんだ…

  • 差別は、もっと身近にある

     連日の雨は、すこし心を、暗くさせる。雲が途切れた瞬間に、差し込む日差しで、嬉しくなる僕は、なんて、安易なんだ…

  • 旅路の途中で

    たえず、生きている。一度、生きてしまったら、それは、もう、途切れることなく、命が、躍動し続ける。死を、経験とし…

  • 動物と人間のあいだ

     もう少し、眠りたいからと、朝が来てしまったことを、忘れたように、もう一度、床につく。休日の朝。部屋のなかは、…

  • 大学をでて、フリーターとして働いて、分かったこと

     僕は、いったい、何をしているんだろう。気付いた時には、もう、すでに、存在していた自我が、行く先を、求めている…

  • 一度、無理してしまった君には

     空腹が、僕を、覚醒へと誘う。いったい、何が、こんなにも渇きを、連れてくるのだろう。生きている実感が、欲しいか…

  • また、お腹がすく

     自分の声が、かきけされていく。世界は、雑念で、あふれ、すじのとおった正義は、片隅のほうで、知らん顔をしている…

  • 肥えても、なお

     自分を、表現しようとする。はたして、その自分とは、何者なのか。大学を、でて、フリーターになる。そんなやつは、…

  • 挑発

    男から、優しくされたい。特別に、扱ってほしい。寂しいから、そばにいてほしい。 それなら、媚びてみろよ。上目遣い…

  • 有限を知らなければ、自由になんて、なれない

     ここに、文章をかくことは、僕の、思う通りのままだ。何を、記そうが、何を、隠そうが、ありのままを、表現していく…

  • 神の死

     この社会で、起きていることを、明確にしようとする。その方法は、多くある。どれも、的外れかも、しれない。結局は…

  • ノット・ギルティ

     都会の片隅で、ひっそりと、消えそうな灯火を頼りに、明日を待つ。目的なんてない。意味を、見出そうとする、意欲さ…

  • 047 「Mommy マミー」(2015)

    <基本情報>2014年、カナダ発。第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に、出品され、審査員特別賞を受賞…

  • 野蛮なことに、立ち向かう

     僕が、何を考えているのかが、つつぬけになるとき、それは、世界と、自分が、混ざりあう瞬間だ。欲望も、傲慢も、知…

  • 渦を巻く貝殻

     いま、僕が、世界を感じているふうなこととは、まったく違うように、だれかがこの世界を、感じている。どうせ、お互…

  • 046 「がんばれ!チョルス」(2020)

    <基本情報>2019年、韓国発。監督は、イ・ゲビョク、主人公を、チャ・スンウォンが、それぞれ、務める。原題は、…

  • 意味を求めてしまう僕らは

    常に、新しいものを、探している。揺れ動く時間は、止まりそうにない。街ゆく人は、すべてを、やり尽くした顔だ。 幸…

ブログリーダー」を活用して、木下拓也さんをフォローしませんか?

ハンドル名
木下拓也さん
ブログタイトル
独尊への道
フォロー
独尊への道

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用