searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
撮りさるく
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/inasayamakotonoodake
ブログ紹介文
タイ駐在・放浪記、国内外出張と帰省ネタ
更新頻度(1年)

152回 / 365日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2013/08/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さるくおやじさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さるくおやじさん
ブログタイトル
撮りさるく
更新頻度
152回 / 365日(平均2.9回/週)
読者になる
撮りさるく

さるくおやじさんの新着記事

1件〜30件

  • 長良川鉄道 関市役所前駅 動画付き

    2019年6月5日(水)出張業務終了、バスターミナルまで送ってもらう事になった東京からの出張者とトヨタレンタカー関店で別れ、トヨタレンタカー関店で教えてもらった長良川鉄道の関市役所前駅まで歩いた。線路沿いを歩いていたら、いきなりやって来たので撮ってみた長良川鉄道17時08分、上の動画の汽車が関市役所前駅に停まっていた。市役所前というのに無人駅だった。駅舎はない。ホームに上がる。1面1線のホームには屋根があった。駅銘板関下有知方正面の風景関方。田舎というほどではないが、のどかだった。以下次号にほんブログ村長良川鉄道関市役所前駅動画付き

  • シティホテルセキの朝食 地図付き

    2019年6月5日(水)7時23分ホテルで朝食を食った。普段朝は食わないので、宿は素泊まりで予約するのだが、楽天トラベルの最安プランで朝食付きしかなかったのだ。食わねば損と思い食った。ウマかった。8時5分、ホテルチェックアウト。シティホテルセキ。不便な場所ではあるが、親切なホテルだった。以下地図ホテルを出て、同行者と待ち合わせの為、県道沿いのトヨタレンタカー関店へ歩いて向かったのだった。以下次号にほんブログ村シティホテルセキの朝食地図付き

  • 岐阜県POLICEパトカー

    2019年6月5日(水)宿を出て朝の散歩。朝食付きのプランで宿泊したので腹を空かさねばならんのだ。宿の近くに警察署があって駐車場を見たら、POLICEパトカーがあった。岐阜県のPOLICE表示は後部ドアに小さく書かれていた。これで拙ブログで取り上げた「POLICE表示パトカー」は茨城県、千葉県、神奈川県、石川県、静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県、兵庫県、徳島県、広島県、愛媛県、長崎県、熊本県、鹿児島県の15県。かたや「POLICE表示なしパトカー」は北海道、青森県、山形県、栃木県、東京都、福井県、福岡県の7都道県。以前は珍しかったPOLICE表示パトカーだが、今やPOLICE表示なしのパトカーの方が貴重な存在となったようだ。以下次号にほんブログ村岐阜県POLICEパトカー

  • 寿がきや岐阜タンメン

    2019年6月4日(火)関駅から30分くらい歩いて20時00分、この日の宿にチェックイン晩は途中のコンビニエンスストアで購った寿がきや岐阜タンメンを20時23分に食った。お金がなくてさもしくとも、よその土地へ行った折にはその土地のものを極力食うようにしているのだ。ウマかった。その後翌日の業務の事前チェックをして寝た。以下次号にほんブログ村寿がきや岐阜タンメン

  • 長良川鉄道 美濃太田から関まで乗車

    2019年6月4日(火)19時02分長良川鉄道美濃太田駅ホームに至った。駅銘板。機関車トーマスみたいなキャラがいた。乗車したが満席で座れず運転席横に立って進行方向を眺めた。撮影してみたが車内灯が反射して訳の分からない写真になってしまった。19時26分、関のホームに至った。ホームから見た景色。留置線と車庫があった。駅本屋は構内踏切を渡って向こう側だった。駅本屋を見た。その後19時30分、歩いて今夜の宿へ向かった。以下次号にほんブログ村長良川鉄道美濃太田から関まで乗車

  • 美濃太田駅で乗り換えた

    2018年3月のタイ放浪記を終えたので、今日より国内ネタをご笑覧賜りたい。2019年6月4日(火)夕方から移動し岐阜県へ出張した。前泊出張なのだ。岐阜から満員の太多線の汽車に乗って18時54分、美濃太田駅に至った。改札を出る前に橋上駅舎の窓から岐阜方向を望む。改札を出て逆側、多治見方を見る。その後19時01分細い階段を下りて乗り換えのホームに向かった。以下次号にほんブログ村美濃太田駅で乗り換えた

  • 2018年3月タイ放浪総括

    2018年3月9日(金)~21日(水)まで12泊13日のタイ放浪の総括を記す。関西空港→バンコク泊→トラート泊→チャン島2泊→バンコク2泊→ホアヒン2泊→バンコク泊→ナコンパノム泊→バンコク泊→機中泊、関西空港今回も色んな乗り物に乗ってあちこちに行き泊まってなんやかんやと食った。ワンちゃんにも付きまとわれた。さらに色んな人々と出会った。2018年タイ放浪、十分に旅の醍醐味を味わったと筆者は信じて疑わないのである。さて、2019年5月30日よりこんにち迄、173もの記事をダラダラと吊るし続けてきた2018年タイ放浪記もこれにてお開き、2年以上も前のネタを我慢してご笑覧頂きました諸賢には、厚く御礼申し上げます。今後は2019年国内及び中国出張記、2019年タイ放浪記ちょこっとだけミャンマーといったネタをショボイなが...2018年3月タイ放浪総括

  • タイ土産 ココナッツウエハス

    2018年3月タイ放浪の土産であるがココナッツウエハス、多少かさばりはするが、軽い、安い、ウマいの3拍子。テスコロータスやビッグCといったスーパーで買える。日本円で100円しなかったと思う。にほんブログ村タイ土産ココナッツウエハス

  • 2018年3月 ドンムアン発深夜便で帰国

    2020年3月21日(水)友人夫婦に送ってもらって22時40分頃ドンムアン着、友人夫婦と再会を約してぶらぶらした後出国手続きを終え、0時07分、制限区域内に至った。深夜0時を回ってもドンムアン空港の制限区域内の店は多くが営業中だったので、買い物に困る事はなかった。0時10分、この店で飲料水を購入。値段は失念したが、スワンナプームより安かったと記憶。その後通路をトボトボ歩いて格安航空の宿命である一番端っこの搭乗ゲートへ向かった。0時32分搭乗口で出発を待ち、その後1時15分発エアアジア関西行きに搭乗。9時頃無事帰宅したのであった。にほんブログ村2018年3月ドンムアン発深夜便で帰国

  • ラチャダソイ3でパークペットートを食った

    2020年3月20日(火)帰国を間近に控え、やる事もなくバンコクの街を彷徨っていたら携帯電話に在タイの友人からTELがあった。18時54分、友人夫婦と待ち合わせてレストランに入った。友人の奥さんが恥ずかしがりで写真を頑なに拒否するので、友人夫婦と飲んだ時の写真は常に変な構図になってしまう。写真に写っているのはアヒルのクチバシ素揚げ、パークペットートである。奥さんはイサーン出身ゆえこのイサーン料理をオーダーしたのだ。ウマいがあんまり食う所がないのが玉にきずだ。ちなみに友人は埼玉県出身である。晩餐の場所2階で一杯やったのだが、1階の店とは別だったと記憶。その後、ドンムアンまで送ってくれるというので、友人宅にて待機21時02分友人のアパートの喫煙所で一服しながらバンコク夜景を眺めた。この後、22時頃出発、ドンムアンま...ラチャダソイ3でパークペットートを食った

  • タイのスターの囲み取材

    この度の台風10号で人命、財産に多大な被害が出てしまった。謹んでお悔やみ、お見舞いを申し上げます。2018年3月20日(火)17時00分、スターがステージからおりてきた。舞台袖で待機するスター。その後囲み取材を受けるという事で、移動したので後を追った。17時15分、囲み取材場所。マスコミにファン、筆者も含めた野次馬で大変な人だかり。踏み台を使っている人までいる。17時26分、後方より腕を伸ばしてズームでシャッターめくら切り、囲み取材風景撮影成功。そのうち17時30分、二人が撤収し、このイケメンスターだけが取材を続けて受けていた。礼儀正しい若者だ。どうでもいいが、右端のインタビュアーのお姉さんが非常に嬉しそうな顔をしていた。さて帰ろうとしたら、17時45分、帰ったと思っていた女性スターが壇上に上がり、歌い始めた。...タイのスターの囲み取材

  • タイのスターが子供たちと歌っていた 動画付き

    2018年3月20日(火)バンコクのセントラルプラザラマ9にて16時39分、スターのポスターを見た。何かの慈善事業に関わっているようだ。ステージ上で司会者が「壇上へどうぞ」というとスターと子供たちが登壇。会場は黄色い歓声に包まれた。そして歌を歌い始めた。以下動画、1分20秒アカペラで普段の調子が出ないのか結構ぐだぐだな感じだが、それがいい味を醸し出している。アカペラ終了、以下次号にほんブログ村タイのスターが子供たちと歌っていた動画付き

  • セントラルラマ9世店 Pay it Forward

    2018年3月20日(火)明けて21日(水)のドンムアン発深夜便まで時間をつぶすべく、ホテルチェックアウト後、街歩きした。16時26分、ふと入ったセントラルデパート、タイ語でいうセンタンのラマ9世店の2階から催し物スペースを見おろしたら何かが始まろうとしていた。客席を見たらテレビ局らしきマスコミが誰かを取材していた。ズームで撮ってみた。これは何か匂う。そのうちステージ上に司会者が登場、何やらしゃべり始めた。「この奉仕活動も6年目に入り、何たらかんたら」。背景にはPayitForwardとある。タイ語で多分「音楽活動進めよう、皆が注目の6年目」みたいなことも書いてあった。即刻、ステージがある1階へ移動、この後タイのスターを間近に見る事となる。以下次号にほんブログ村セントラルラマ9世店PayitForward

  • SEA OF LOVEをチェックアウトした

    2018年3月20日(火)筆者のバンコクの定宿であるSEAOFLOVEマンションを11時35分、チェックアウトした。2018年3月時点で1泊素泊まりで450バーツ、邦貨約1,700円くらい。レセプションは英語が通じる。以前はAgodaやBokking.Comで予約ができたのだが、今は不可。ここは本来はマンションで高層階の空き部屋をホテルとして提供しておるのだ。部屋はボロイが清潔。TVやクローゼット、エアコンや応接セット等の備品はあるがバスタオル以外のアメニティはなし。筆者はいつも飛び込みで入る。満室だったことはない。レセプションが閉まっている深夜でもエレベーターホール入口横の机に警備員のおじさんがいて空き部屋があれば彼が宿泊の手続きをして鍵もくれるのだが、タイ語しか通じないので苦労した。地下鉄ラマ9世駅からクル...SEAOFLOVEをチェックアウトした

  • 宿ベランダからバンコク街並みを眺めた

    2018年3月20日(火)11時25分チェックアウト前の宿のベランダで一服つけながらバンコクの街並みを眺めた。3月9日(金)より続いた2018年度のタイ放浪も日付が変わった21日(水)の深夜便で帰国お開きとなる。思えばチャン島、ホアヒン、ナコンパノムとタイの東部、西部、東北部を12泊13日で回ったのだ。感慨に浸りながら、この日は何もすることがなく、どうしようかとバンコクの街並みを見ながら思い悩んだのだった。以下次号にほんブログ村宿ベランダからバンコク街並みを眺めた

  • ダオコーヒーで弁当食って投宿した

    2018年3月19日(月)タイエアアジア3395便にてナコンパノムから1時間10分遅れでドンムアンに到着22時59分、タクシー乗り場近傍にあったラオスのコーヒーチェーン店であるDAOCOFFEEが開いていたので弁当を買ってその場で食った。値段は失念したが、安くはなかったと思う。その後トイレ(大)に行って体を軽くした後タクシー乗り場からタクシーに乗った。乗り場は結構混んでいて待った記憶あり。日付が変わって3月20日(火)1時11分、バンコクの定宿に入り即刻寝たのであった。以下次号にほんブログ村ダオコーヒーで弁当食って投宿した

  • FD3395便は1時間10分遅れでドンムアンに着いた

    2018年3月19日(月)ナコンパノムからタイエアアジア3395便に乗って22時25分、ドンムアン空港に到着、1時間10分遅れだった。22時33分、スワンナプームと比べると煤けた感じがする通路を歩いて22時46分、ロビーに至った。以下次号にほんブログ村FD3395便は1時間10分遅れでドンムアンに着いた

  • FD3395便に搭乗した

    2018年3月19日(月)ナコンパノム空港にて21時01分、19時50分発のドンムアン行きタイエアアジア3395便に搭乗せんとす。この時点で1時間21分の遅れだが、乗客は皆喜んで記念撮影していた。21時03分、後部出入口から21時04分、機内に入った。21時08分着席、格安航空とはいえ足元は狭くはない。前の人の荷物が足元にあったが気にならぬのでそのままにしておいた。その後ほどなくしてFD3395便はドンムアンに向けて離陸した。以下次号にほんブログ村FD3395便に搭乗した

  • ドンムアン行きFD3395 便搭乗開始

    2018年3月19日(月)ナコンパノム空港にて20時55分、遅れていた20時10分発のドンムアン行きタイエアアジア3995便の搭乗アナウンスがあり乗客が並び始めた。20時59分、筆者も並んで搭乗を待った。以下次号にほんブログ村ドンムアン行きFD3395便搭乗開始

  • ナコンパノム空港周辺は何もなかった

    2018年3月19日(月)ナコンパノム空港で20時10分発ドンムアン行きが遅延して暇だったので空港の外に出てみた。空港前の道路。20時11分、ナコンパノム市街方向。右の方にかすかに写っているのは空港敷地駐車場だ。20時12分、山の方。左に写っている金網とクルマは空港敷地駐車場だが他に何もない。道路が舗装されて街灯があるだけだ。しばらくウロウロして真っ暗な道路の動画など撮ったりしていたが飛行機に乗り遅れるとマズイので20時26分、空港建屋へ戻ったのだった。以下次号にほんブログ村ナコンパノム空港周辺は何もなかった

  • ナコンパノム空港に壁画を見た

    2018年3月18日(日)ナコンパノム空港でドンムアン行きが遅れた。特例措置で一旦制限区域から出て20時09分、空港建屋の外へ出てみた。空港出入口のひさしの近くに像のレリーフと壁画があった。壁画には空港の外観を中心にワットプラタートパノム、ナーガ像などナコンパノムの名所が描かれていたが隅っこに描かれた高速道路は写真を撮ったときは何なのか判らなかった。しかしブログ記事を書いていてはたと思いついた、第三タオラオス友好橋であろう。以下次号にほんブログ村ナコンパノム空港に壁画を見た

  • 制限区域から出てナコンパノム空港内を見学した

    2018年3月18日(日)ナコンパノム空港の搭乗口待合室で遅延しているドンムアン行きエアアジア3395便を待った。そのうちアナウンスがあった。搭乗口から出たい人は搭乗券を預けて外へ出てもいいという事だった。相当遅れるのだろうかと思いながら20時08分、係員に搭乗券を預け制限区域外へ出た。ヒマなのでロビーを散策した。ロビーの左隅には申し訳程度の売店がある。無駄遣いはできぬのでスルーして散策を続行した。以下次号にほんブログ村制限区域から出てナコンパノム空港内を見学した

  • FD3395便は遅れた

    2018年3月18日(日)ナコンパノム空港にて19時13分保安検査を受けて制限区域の待合室に入った。待合室は結構込んでいた。20時02分、ドンムアンからのタイエアアジア(FD)3394便は未着、折り返しとなる筆者搭乗予定のFD3395便20時10分発ドンムアン行きも当然遅延。ちなみに1本あとのノックエア(DD)も遅延。格安航空が定刻に運行されると思う方が間違いであろう、気長に待った。以下次号にほんブログ村FD3395便は遅れた

  • エアアジアの看板はデヴィ夫人に似ていた

    2018年3月18日(日)ナコンパノム空港にてバンコク行きに搭乗せんとした。筆者が利用するのはエアアジアである。看板を見たらモデルの人がデヴィ夫人に似ていた。当空港に乗り入れるもう1社、ノックエアーのモデルは若い人だった。以下次号にほんブログ村エアアジアの看板はデヴィ夫人に似ていた

  • ナコンパノム空港は混んでいた

    2018年3月18(日)18時56分ナコンパノム空港にタクシーで着いた。18時59分、ロビーはごった返していた。とりあえず搭乗便のチェックインをする。以下次号にほんブログ村ナコンパノム空港は混んでいた

  • タクシーでナコンパノム空港に至った

    2018年3月18(日)この夜のバンコク行き飛行機に乗り、ナコンパノムを後にする。18時26分、Chick-Chidkongホテルのロビーで呼んでもらったタクシーを待った。タクシーと言いながらトゥクトゥクが来るのがタイの地方都市のお約束ゆえ期待して待ったが18時35分乗車、ちゃんとしたメータータクシーだった。18時53分、ナコンパノム空港着。メーターを使って200バーツくらい邦貨約700円ちょっとと記憶、運転手も感じが良かった。以下次号にほんブログ村タクシーでナコンパノム空港に至った

  • Chic-Chidkongホテル

    2018年3月18(日)から1泊2日、世話になったナコンパノムのホテルはChic-Chidkongホテルという。このホテルの紹介をしよう。外観。駐車スペースはホテル前に狭いが3台分くらいはあり。携帯電話で会話中の黒づくめの後ろ姿が受付担当おねえさん。筆者チェックイン時に受付カウンターで仕事するおねえさん。常にサングラスをかけ、雰囲気は一見フィギュアスケートの浅田舞チックだが夜にナーガ像の前でばったり会った時にはサングラスを外しており、大島優子みたいな目をしていた。カウンター前の丸い椅子は客用ではなく、おねえさんがヒマなときに胡坐をかくのに使用するものなので客は座ってはいけないのだ。カウンター向かって右側にカードキー式の客室への出入り口がある。その右側には螺旋階段があるがどこへ行くものなのか不明。さて部屋の紹介筆...Chic-Chidkongホテル

  • メコンクルーズ船のギャルは多忙だった

    2018年3月19日(月)18時07分概ね客が乗り込んだメコンパラダイスクルーズの船内では配膳が始まっていた。配膳はギャル3人で行なっていた様だった。「早くしてよ」という会話が聞こえてきそうなシーンだ。2020年は中国共産党週金兵一味の隠蔽によって世界中に武漢コロナが拡散してしまったが、このナコンパノムのメコン遊覧パラダイスクルーズは今でも運行されているのであろうか。武漢コロナ終息の折は、ぜひナコンパノムを訪れて、クルーズ船を利用したいと思う。ご参考タイの観光庁HPの下の方にこのナコンパノムメコンクルーズの紹介記事あり。乗船料200バーツ、邦貨訳700円、飲食代別途で18時出港、約2時間の周遊。タイはナコンパノムへ行かれた際はご利用されるのも一興かと存ず。以下次号にほんブログ村メコンクルーズ船のギャルは多忙だった

  • ナコンパノム メコン遊覧船は客が乗っていた

    2018年3月19日(月)18時02分乗船客が乗り込んでいた。客席は1階、2階、屋上とあるが、乾季で雨は降らないと見たのか屋上席に集中していた。出入口の横には電話番号が書いてあった。タイ語を解される場合、ここへ電話して問い合わせるのも良かろうと思う。以下次号にほんブログ村ナコンパノムメコン遊覧船は客が乗っていた

  • メコン遊覧パラダイスクルーズのメニューを見た

    2018年3月19日(月)18時01分メコン遊覧パラダイスクルーズの料理メニューが乗船場所に置いてあったので見てみた。タイ料理メインでだいたいが200バーツ、邦貨約700円くらいがメインだったと思う。以下次号にほんブログ村メコン遊覧パラダイスクルーズのメニューを見た

カテゴリー一覧
商用