searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

kmiyazakiさんのプロフィール

住所
豊明市
出身
豊明市

WW2の日本の艦艇、軍用機、戦車に特に興味があります。また趣味で古い書籍にも興味があり、模型作成時の調査のため参考にしています。宜しくお願いします。

ブログタイトル
ザッキーハウス
ブログURL
https://k-miyazaki.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
趣味の模型作成と屋外撮影をメインとしたブログです。日本の艦艇、航空機、戦車に興味があります。
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2012/12/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kmiyazakiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kmiyazakiさん
ブログタイトル
ザッキーハウス
更新頻度
33回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
ザッキーハウス

kmiyazakiさんの新着記事

1件〜30件

  • SF特撮「海底軍艦」

    SF模型の作成に向けて日本の特撮映画をよく観ています。 SF映画「海底軍艦」での轟天号の発進シーンは見所です。大迫力の特撮映画です。 轟天号は「マイティジャック」のMJ号と同様の万能戦艦なのです。 巨大なドリルがインパクトあります。海底の地中を掘り進んでいくところはシビレマス。

  • SFキット「マイティ号」発掘

    モケイ部屋で古いSFキットを発掘しました。イマイ模型の「ビッグマイティ号」です。 MJを知っているひとは年齢が判ってしまいます。放送された当時から大ファンでした。 電動走行のキットは当時はたくさんありました。懐かしいキットです。 図解も載ってます。マイティ号は近代科学の粋を凝らして建造された万能戦艦なのです。

  • 1/48戦車群

    1/48スケールの戦車模型を集めて撮影してみました。 タミヤ1/48MMシリーズは充実しつつあります。 小型でも精密なので存在感があります。駆逐戦車の大きさの違いが良くわかります。 1/48スケールは一堂に集めると車体の大きさを比較しやすいのです。 コレクションが増えてくると止まらなくなりそうです。

  • 艦名調査

    大掃除で艦艇模型を整頓していたら名前が判らないことフネが多いことに気づきました。 管理しやすくするため艦名を底に記入することにします。 同形艦が多いフネは艦名を書いておかないと後で判らなくなります。 同形艦がないものは艦名の特定が容易です。(工作艦や水上機母艦など) 海防艦などの小艦艇は同形艦がとくに多いのです。見ただけではもう判りません。 キット付属の組立説明書は残してあるので図と照合しながら艦名を調査していきます。

  • 2019年作成模型

    今年もあと僅かです。2019年に作成した模型たちを撮影しました。 1/35MMシリーズには対空戦車などの支援車両が加わりました。 1/700WLシリーズでは日本戦艦が増えました。作成に時間が掛かりました。 充実しつつある1/48スケールと1/350艦艇模型も進めていきます。 来年はSF模型の作成にチャレンジしたいと思います。 良いお年を。(^^)

  • 「Ⅱ号戦車A/B/C型」竣工

    独軍の軽戦車「Ⅱ号戦車A/B/C型」を作成しました。 オフセットされた小さな砲塔と2cm戦車砲が萌えポイントです。 キットはタミヤ1/48MMシリーズの傑作キットです。小型ながら精密で存在感あります。 大好きな戦車なので1/35スケールの作成数も多いです。1/48も素晴らしいキットでした。 一部が組み立て式の履帯の弛みがリアル感あります。工程に慣れると楽しめます。 Ⅱ号戦車は主力となるⅢ号戦車へのつなぎ役として開発された軽戦車です。 重量は8.9トンで140馬力のガソリンエンジンにより40Km/hの最大速度があります。 Ⅲ号戦車の開発が大幅に遅れたため、緒戦は主力戦車として侵攻作戦を支えています。 快速の軽戦車は初期の電撃戦に適しています。戦車本来の機動戦で戦線を突破しています。 森の中から突然こんな戦車が飛び出してきたら防衛側は浮き足立ってし..

  • 真珠湾作戦の日

    今日は太平洋戦争の開戦記念日です。日本海軍により真珠湾作戦が行われた日です。 空母機動部隊による泊地攻撃作戦となります。海軍の正規空母がすべて投入されました。 空母の集中使用と新型の艦上攻撃機が多数参加したことでも特筆されます。 空母機動部隊の威力を示した作戦です。海戦の様相ががらりと変わりました。 太平洋戦争は空母どうしの決戦がその後の戦局を左右することになります。

  • 艦艇キット「山城」入手

    1/700スケールの戦艦「山城」を入手しました。 背の高い艦橋が萌えポイントです。 扶桑型の2番艦です。「扶桑」の艦橋と比べると安定感があります。 下の模型は「扶桑」です。主砲塔の配置は一緒ですが艦橋に特徴があります。 パーツ数が多いので完成までに時間がかかりそうです。艦艇の資料を読みつつ進めます。 最後まで作戦行動を共にするこの2隻を作成して一緒に撮影したいと思います。

  • 零戦「二二型甲」竣工

    日本海軍の零式艦上戦闘機「二二型甲」を作成しました。 二一型から発動機の換装による出力向上を図った機体です。 キットはハセガワ1/72のベテラン傑作キットです。息の長いキットです。 零戦の各型を作成しましたが二二型はバランスの取れたスマートな機体だと思います。 兵装強化と速度向上を目指した五二型と比べると優雅さの残る機体です。 零戦には不思議な魅力を感じます。どの角度からみても飽きません。 五二型への繋ぎとなるピンチヒッター的な機体なので生産数は少なめです。 二二型甲はエースパイロットが好んだ機体です。ラバウル航空戦での活躍が有名です。 高初速の20粍2号銃を装備しているので五二型と同等の兵装になります。 実際には無いですが推力式単排気管を装備した二二型を作成したくなりました。

  • 駆逐戦車「ラング」竣工

    独軍の駆逐戦車「ラング」を作成しました。 長砲身の75ミリ砲が迫力あります。「ラング」は長砲身の意味です。 キットはタミヤ1/35MMシリーズの旧キットです。往年の名キットです。 Ⅳ号戦車の車体を利用した駆逐戦車です。独軍の駆逐戦車は派生型が多いのです。 上から見ると軍艦の砲塔の様です。車高も低く避弾経始が徹底しています。 後方からみるとⅣ号戦車らしさが見られます。Ⅳ号戦車の誘導輪になぜか萌えます。 のっぺりした姿の「ラング」の中で後部エンジンルーム上部は見所の1つです。 随伴する歩兵からは「ラング」がこのよう平たくみえたと思います。 長砲身と前部荷重の大きさで移動に苦労していますが待伏攻撃に威力を発揮しています。 付属の戦車兵フィギュアが臨場感あります。兵士と比べると車高の低さがわかります。 キット解説書には駆逐戦車を「戦況を反映した車..

  • 古キット「彩雲」発掘

    モケイ部屋で古い航空機キットを発掘しました。タミヤ1/50艦上偵察機「彩雲」です。 50年以上前に発売された往年の傑作キットです。箱絵も迫力あります。 解説書の中の挿絵も素晴らしいのです。臨場感がある絵で萌えポイント高いです。 胴体半分を透明部品にすることが出来ます。内部構造が精密に再現されています。 可動部品が多いキットです。当時のモケイは作成後も可動部を動かして遊びました。 透明部と可動部を盛り込んだ当時のモケイ少年のココロをつかんだ傑作キットなのです。

  • 四式重爆「飛龍」竣工 2機目

    日本陸軍の四式重爆「飛龍」を作成しました。 四式重爆の作成は2機目になります。カーキ色もよく似合う機体です。 キットはエルエス(LS)のベテランキットです。可動部品が多くて楽しめます。 機首の風防は萌えポイント高いです。抜群の視界の良さで搭乗員にも好評でした。 強力な2千馬力の発動機が迫力あります。強制空冷ファンで冷却効果を高めています。 後部胴体を細くまとめています。同じ三菱製の一式陸攻と比べると違いがわかります。 ※参考までに一式陸攻の画像はこちら https://k_miyazaki.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e0f/k_miyazaki/P9140017-782bf.jpg 上方銃座は20粍機関砲です。特殊装備として光像式の照準修正装置を搭載しています。 陸軍重爆の中でも最高の操縦性と運動性を誇りま..

  • 終戦の日と読書

    今日は74回目の終戦の日です。終戦記念日には戦史を読み返します。 これは戦史叢書「沖縄方面陸軍作戦」という分厚い戦史です。読み応えがあります。 陸軍の組織的抵抗は2か月半ほどで終了しましたが大戦中屈指の激戦が続きました。 日本側の上陸予想地点の図が載っています。米軍上陸は1年前から予想されていました。 実際の上陸地点は予想された通りで現地軍司令部は沈着に対処できたとのことです。 戦車の比較表が載っていますが性能自体も著しく劣勢です。※日本側は47粍砲が最大 本土には75粍砲装備の新式戦車は本土決戦用という名目で温存されていました。 75粍砲装備の戦車が配備されていれば数は少なくても戦況はだいぶ違ったとおもいます。 次期決戦を名目に現在の課題を先送りにして状況を悪化させている印象が常に残ります。

  • 夏の避暑地「図書館」

    酷暑が続きます。夏は避暑地の「図書館」で乗り切りを図ります。 宇宙関連の写真集や解説書が気に入っています。ロマンを感じます。 ハッブル宇宙望遠鏡の撮影した惑星や星雲の写真にはいつも感嘆しています。 爆発を繰り返しているイータ・カリーナ星の写真は臨場感あります。 惑星状星雲は美しい色をしているものが多いです。萌えポイント高いです。 宇宙理論の解説書は読み始めると止まらなくなります。宇宙方程式は有名です。 光を波長別に分ける分光器のプリズムは恒星の種類を分類することができます。 太陽の光をプリズムで分光すると綺麗な7色の虹ができます。応用範囲が広い現象です。 プリズムを使って実際に分光してみました。意外と綺麗な虹がはっきり見えて驚きです。

  • ドイツ歩兵「進撃セット」竣工

    ドイツ歩兵「進撃セット」を作成しました。 タミヤ1/35MMシリーズのベテラン傑作キットです。 キットのボックスアートを参考にした情景写真を撮影したかったのです。 兵士のポーズはⅣ号戦車の跨乗に合わせて作られています。臨場感があります。 Ⅳ号戦車を作成したら「進撃セット」のフィギュアで情景化は定番でした。 「進撃セット」は今でも現役なのがうれしいです。戦車模型が引き立ちます。 「進撃セット」の歩兵は戦車師団に属する機械化された歩兵(装甲擲弾兵)です。 戦車と歩兵の連携を重視した部隊なので兵員輸送車や戦車に跨乗して移動します。 戦車は歩兵の支援がないと陣地確保ができないので戦車師団にとっても必要です。 また歩兵部隊は戦車の支援があると敵陣攻略し易いので両方の協力が重要となります。

  • 古キット「ヴィルベルヴィント」発掘

    モケイ部屋でタミヤ1/35MMシリーズⅣ号対空戦車「ヴィルベルヴィント」を発掘しました。 独軍の有名な対空戦車です。※名称は「つむじ風」の意味です 九角形のオープントップ型装甲砲塔が独特です。作成意欲がわきます。 20㎜4連装は優れた対空砲なので多くの車輌に搭載されました。 8トンハーフトラックに搭載したタイプは対空自走砲として早くから活躍しています。 4連装は可動部が多いので変化と動きが楽しめます。射撃姿勢によって印象がだいぶ変わります。

  • 1/48「Ⅱ号戦車」入手

    タミヤ1/48MMシリーズのⅡ号戦車(A/B/C型)を入手しました。 この小さな砲塔をみるとなぜか作りたくなります。 Ⅱ号戦車には思い入れがあります。初めて作った戦車キットは1/35のⅡ号戦車です。 同じ時期に登場したチェコの38(t)戦車と大きさもよく似ています。 精密な1/48キットは小さくても存在感があります。コレクションに最適です。 Ⅱ号戦車と38(t)戦車はいっしょ並べて撮影してもよく似合いそうです。

  • 試製「彩雲改」竣工

    日本海軍の艦上偵察機「彩雲改」を作成しました。 彩雲一一型の高々度性能向上型となります。力強い4枚プロペラが萌えポイントです。 フジミ1/72の古参キットです。スマートながら力強い彩雲改を見事に再現しています。 試製「彩雲改」は発動機を排気タービン過給機付の誉二四ル型に換装した実験機です。 集合排気管が過給機まで長く伸びています。一一型と比べると大きく異なります。 ※参考までに一一型の画像はこちら https://k_miyazaki.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e0f/k_miyazaki/Dscf0037.jpg 高々度試験を実施中に終戦となりました。さらに高性能な偵察機となる予定でした。 どこからみてもスマートな別嬪機です。性能の高さを見ただけで納得できる機体です。 翼面荷重が高いことが判る小さな主翼です。..

  • 航空戦艦「伊勢」竣工

    日本海軍の航空戦艦「伊勢」を作成しました。改扶桑型の3番艦です。 航空戦艦は他に類を見ないユニークな艦種で萌えポイント高いです。 キットはハセガワ1/700の傑作キットです。特徴ある航空兵装をよく再現しています。 伊勢は4番艦の「日向」とともに、改扶桑型として艦型的にも大きく異なっています。 扶桑との艦型上の大きな違いは3,4番砲塔を背負い式にして煙突背後に移したことです。 ミッドウェー海戦の結果、空母の急造が必要となり伊勢型も改造案の対象となりました。 飛行甲板と格納庫はエレベーターと結ばれています。空母と同じ構造です。 艦載機は当初は射出用艤装を施した「彗星」艦爆を22機搭載する予定でした。 ※参考までに彗星艦爆の画像はこちら https://k_miyazaki.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e0f/..

  • 古キット「サイドカー」発掘

    モケイ部屋でBMW.R75「サイドカー」キットを発掘しました。 タミヤ1/35MMシリーズNo.16という初期の頃のキットです。 昔のキット説明書には実物と作製例の写真が載っていることが多いです。 88mm砲キットに付属のツェンダップ・オートバイと比較できます。 現在は絶版で入手困難ですが、最近は初期キットが再販されつつあるので期待してます。

  • 対戦車自走砲入手

    独軍の対戦車自走砲「マーダーⅢ M」を入手しました。 タミヤ1/35MMシリーズです。ずっと欲しかったのです。※最近再販されました チェコの38(t)軽戦車の車体を流用して開発されました。スタイルが良いです。 Ⅱ号戦車をベースとしたマーダーⅡと比較すると戦闘室を後部に配置して精悍さが増しています。 独軍の対戦車自走砲は趣のある車輌がそろっているので作成が楽しみです。

  • Ju87「スツーカ」竣工

    独軍の急降下爆撃機Ju87「スツーカ」B型を作成しました。 逆ガル翼が特徴の頑丈そうな機体です。 キットは1/72フジミの傑作キットです。武骨な本機を良く再現しています。 主翼のダイブブレーキが急降下爆撃機の特徴です。これが故障すると大変です。 逆ガル翼のお陰で主脚が短くて済みます。足回りはとくに頑丈そうです。 垂直尾翼の大きさが目を引きます。急降下時の安定性は命中率に直結します。 主翼の形状が萌えポイントの1つです。直線で楕円翼らしく構成されています。 背の高い大きな風防です。左右の視界が広いことは目標の発見と把握に有利です。 部隊マークの赤い丸の中の犬種は「スコティッシュ・テリア」です。 本機は電撃戦で大きな戦果をあげた有名な機体です。日本にも研究用に輸入されました。 日本の急降下爆撃機の発達にも大きな影響を与えた名機だと思います。 ..

  • メンテナンス「戦車キット」

    作成した古い戦車キットをメンテナンスしました。 40年以上前のキットもあります。 タミヤMMシリーズの旧キットは入手困難なので個人的には貴重なのです。 付属フィギュアを作成して乗せてみます。昔はフィギュアまで手が回らなかったのです。 当時から戦車兵の付属フィギュアは完成度が高いです。キットがより引き立ちます。 GWはモケイ部屋の整理整頓も兼ねて昔のキットのメンテナンスをしたいと思います。

  • ブラックホール

    ブラックホールの画像が公開されています。驚きです。 (出典:EVENT HORIZON TELESCOPE) https://eventhorizontelescope.org/ こどもの頃に読んだブラックホールの本「ブルーバックス」がまだ本棚にありました。 「事象の地平線」とよばれる境界線をまさか写真でみることができるとは思いませんでした。 本の挿絵には「ありとあらゆるものを吸収するブラックホール」とあります。謎の天体です。 時々グラフ作成ソフトで重力による空間ひずみでブラックホールを想像してました。 いままで想像図や計算シミュレーションによるイメージ図で語られる存在だったものが、 ついにここまできたという感慨があります

  • 重駆逐戦車「エレファント」竣工

    独軍の重駆逐戦車「エレファント」を作成しました。 見所の多い車両です。モーター駆動戦車という時代を先行したハイブリッド車です。 タミヤ1/48MMシリーズの傑作キットです。とても精密なキットです。 厚い装甲と強力な主砲は伝説的です。ボルト止めされた追加装甲が迫力あります。 長い砲身が萌えポイントの1つです。車体後部の戦闘室とバランスがとれています。 車体はティーガー戦車の試作競争に敗れたポルシェ博士設計の野心作です。 戦闘室が巨大です。丸い後部ハッチは緊急脱出用で着脱式です。 戦闘室への出入口は上部にあります。車高が高いので乗り降りが大変そうです。 操縦手と無線手の配置はエンジンをはさんで戦闘室と分離していました。 なんといっても砲塔前面の200ミリ一枚装甲板の溶接跡が目立ちます。 複雑な動力機構はトラブルが危惧されましたが故障はほとんど..

  • MMキット「8トンハーフ4連装」発掘

    モケイ部屋で発掘しました。独軍の8トンハーフトラック「4連高射砲」です。 タミヤから40年以上前に発売された今でも現役の息の長いキットです。 https://www.tamiya.com/japan/products/35050/index.html 4連装対空砲はお気に入りキットです。8トンハーフに搭載された姿は趣があります。 タミヤの4連装対空砲は傑作キットで有名です。可動部分が多くて楽しめます。 8トンハーフは兵員や火砲の牽引に使用された独軍の傑作ハーフトラックなのです。

カテゴリー一覧
商用