searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

サムデイさんのプロフィール

住所
東区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
外国語スクール店主の日記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/kiyo0816/
ブログ紹介文
外国語スクールの経営者の日常、及び趣味のマスターズ陸上や映画に関する日記です
更新頻度(1年)

89回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2012/05/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、サムデイさんをフォローしませんか?

ハンドル名
サムデイさん
ブログタイトル
外国語スクール店主の日記
更新頻度
89回 / 365日(平均1.7回/週)
フォロー
外国語スクール店主の日記

サムデイさんの新着記事

1件〜30件

  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第4回)

    ★イタリア語シナリオ・ANDREA: Ehi, Buon Natale!・GENTE:   Auguri! Salute!・LIVERANI: Auguri! Signora...・SIGNORA: Grazie.・ANDREA: Beh?・LIVERANI: E l’inquilina nuova dell’interno undici, e di Viareggio.・ANDREA: Io non so come fai! Sai

  • 大学入試英語  その1

    私のスクールで大学受験英語の個人レッスンを受けている生徒の一人がB君。彼のレッスンでメインテキストとして使ってるのがNHKの「高校生から始める現代英語」。以下はある日のテキストに出てきた単語のいくつか。mark: 印をつける、記念するanniversary: 記念日tomb

  • マスターズ陸上日記2021 その3

    5月6日(木)快晴。練習場所の裏山は昨日の雨に洗われて緑が清々しい。今朝はいつも周囲を飛び回るクマ蜂も姿を見せず。円盤投げ(1K),腰のスイングで投げることを意識して35mが2本出る。やはりポイントは腰だ。腕を意識しなくても腰さえしっかりとスイングすれ

  • マスターズ陸上日記2021 その2

    4月27日(火)いつも投擲練習をする河川敷が工事のためにしばらく使えないので、近所の公民館裏の空き地で練習。裏山の緑が鮮やかで実に爽快な場所だが、クマ蜂が頻繁に頭上にやってきて威嚇するのには薄気味悪さを感じさせられる。家に帰ってネットで調べると「体が大き

  • 友人の新刊書

    先輩の寺島洋一さんの本が4月に全国の書店で販売開始となった。タイトルは「明治の父の日記」。明治生まれの父上の日記をもとに、明治という時代と太平洋戦争敗戦後の二つの世界を鮮やかに描き出す、父子の「共作」の回顧録。是非お読みください。

  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第3回)

    ★イタリア語シナリオ・LIVERANI: Largo, ale ale ale ale! Sandrino, arriva Babbo Natale!・ANDREA: Ehi, leggerini quest’anno, eh?・LIVERANI: Si, ma il vino e di marca. ・ANDREA: Che e, bianco?・LIVERANI: Rosso!・ANDREA: Asciutto? ・LIVERANI:

  • 「老人と海」で学ぶ英語  第2回

    ★前回の続き◎原文① It made the boy sad to see the old man come in each day with his skiff empty and he always went down to help him carry either the coiled lines or the gaff and harpoon and the sail that was furled around the mast.② The sail was

  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第2回)

    ★イタリア語シナリオ・SANDRINO:Sai papa, sono passato sotto il naso di quello della porta. Lui mivoleva fermare ma io ho fatto come te, ho detto:“Servizio!”・ANDREA:Ah, sei stato in gamba!Ma un’altra volta ricordati, Sandrino, tu devi dire cos

  • マスターズ陸上日記2021 その1

    4月6日(火)2021年度第一回目の屋外での投擲練習。河川敷は芝生の張替え工事中で河川敷に下りるスロープは工事車両の通行のため入れない。やむなく高さ20メートルほどのコンクリートの壁にある急な階段を自転車を担いで下りたが、自転車には砲丸と円盤も積んであって重

  • 「老人と海」で学ぶ英語  第一回

    ◎原文① He was an old man who fished alone in a skiff in the Gulf Stream and had gone eighty- four days without taking a fish.② In the first forty days a boy had been with him.③ But after forty days without a fish the boy's parents had told him t

  • 映画「鉄道員」で学ぶイタリア語(第1回)

    「鉄道員」Il Ferroviereは1956年のイタリア映画。監督は「わらの男」「刑事」などの作品で知られるピエトロ・ジェルミ。父と息子が主題の作品で、父親を演じるのがピエトロ・ジェルミ、息子はエドアルド・ネボラ少年が好演した。カルロ・ルスティケッリ作曲のテーマ曲(

  • 散歩で拾った五七五  その12

    腹打ちの痛みに耐えて鳥になる川岸を歩いていると、朝のしじまを破る「パシャーン」という音。川面で魚(ボラ?)が大きな水音を立てて跳ねたのだ。5回ほどそうやってはねたら気が済んだのか、音はぴたりと静まる。腹からバシャンと水面に落下しているが、人間ならあん

  • 散歩の途中で読みたくなる本 その4

    普段の生活圏内を歩くことを散歩とすれば、バスや電車に乗って出かけ、街を歩くことを「町歩き」という。ただし、町歩きはある程度の人口規模を持つ街でないと成り立たない。昔、二年ほど、人口が2,000人に満たない山間の町に家族で住んだことがあったが、ひなびたローカル

  • She Loves Me

    朝5時過ぎ、ラジオからジェームズ・イングラム(James Ingram) の歌うバラード、 She Loves Meが流れてきた。30数年前、友人の結婚披露宴で新郎新婦入場の際に流れた曲だ。当時,ジェームズ・イングラムをのべつ聴いていたものだから、その偶然が随分と私にはうれしかった

  • 散歩の途中で聞こえてくる曲  その4

    喫茶店の前を通りかかって甦る歌昔住んでいた町に、今ではその名前も忘れてしまったが名曲喫茶があった。名曲喫茶という言葉自体がすでに死語に近い感じがするが、そこではいつもクラシック音楽をレコードで聴くことが出来た。仕事の同僚に連れて行ってもらいそこが気に

  • 散歩で拾った五七五  その11

    アカペラで川岸に立ち朝の歌早朝、薄曇り。川岸にやって来ると木の香りが際立つ。鳥の声だけが聞こえる林の中を、人影がないのを幸い「さあ、太陽を呼んでこい」を歌いながら歩いていたら、一段高くなっている道で高齢の男性が立ち止まってじっとこちらを見ている。聞

  • 外国語翻訳

    M社様の英語翻訳作業が進行中。多言語の翻訳を担当させていただいているM社様だが、コロナの影響で、今年に入って久しぶりの翻訳の発注をいただいた。外国人を対象とした新しいプロジェクトをお始めになる模様。今日の広島はまことに寒く、外は小雪がちらついている。5

  • 歩の途中で読みたい本   その3

    海辺で読みたい本沼津市の千本浜に立つと、左手には伊豆半島、右手を眺めれば遠くに清水がかすみ、それらを結んで長く伸びる海岸線が雄大なアーチを描いて駿河湾を抱いている。その海岸線を沼津から富士市まで20キロ近くはあるだろうか、千本松原と呼ばれる一年を通じて緑

  • 散歩の途中で聞こえてくる曲  その3

    バス停で聞こえてくる曲田舎を歩いているとバス停があり、バスの通過時間を知らせるプレートが取り付けてある。1時間に一本しかバスが来なかったり、場合によっては朝と夕方しかバスが止まらない停留所もある。そんな忘れ去られたようなバス停にもベンチが置かれている

  • 散歩で拾った五七五  その10

    大橋に立って見上げるあかね雲朝、いつもより20分早く家を出る。東の空は見事な朝焼けだ。車はまだライトをつけて走っているが、大気は雲の色と同じうす紫色に染まっている。川に向かって一直線に伸びている通りにいるのは私一人だけ。湖底に沈んだうす紫色の街を歩い

  • 企業外国語研修

    社員の外国語研修を担当させていただいているN社からインドネシア語研修のご依頼をいただいた。新型コロナウイルスの影響で久しぶりのインドネシア語研修だ。担当はいつもN社担当のNさん。7年ほど前、初めてN社からインドネシア語研修のお話をいただいた時は、付け焼刃で

  • 散歩の途中で読みたい本   その2

    雪の散歩で読みたい本雪国で暮らしたことのない私は(腰までの雪)は経験したことがないが、(膝までの雪)ならば子供時代、田舎の祖父の家で年末年始を過ごした時に経験したことがある。竹で作ったそりで遊ぶために従弟たちとラッセルして山に分け入ったのだが、寒いにも

  • 9.  ゆく年に終止符を打ち雪光る

    年大みそか夕方の恒例にしているロングウオーク。午後3.20から約二時間、太田川沿いをハイペースで歩く。歩きで一年を締めくくりたいという気持ちと共に、二時間全力で歩いて喉をカラカラにし、腹を空かせ、そうすることで今夜は憂いを忘れて飲んで食べるための肉体的条件

  • 散歩の途中で聴きたい曲  その2

    林を歩けば私の散歩コースの途中には川に沿って続く林がある。落葉樹が多いので秋になると、靴の下で乾いた音を立てる落ち葉が日ごとに厚みを増していく。幼い子供が落ち葉を両手に抱え、歓声を上げて空中に放り投げて遊んでいる。この季節になるとご多分にもれず、何

  • 散歩で拾った五七五  その8

    朝まだき鳥と私が森林浴(情景)五月、朝五時半、快晴。工兵橋を渡って対岸の林の中を行くと、清々しい木の香りでいっぱいだ。鶯のさえずりも川を渡ってくる。この木の香りはフェトンチッドといい「植物が発する殺菌作用のある揮発成分」のことをいうそうだ。このフ

  • 散歩の途中で読みたい本  その1

             池のほとりで読みたい本私の散歩コースに川はあるが池はない。少し足を延ばせば広島浅野藩初代藩主が別邸の庭園として築成した「縮景園」に見事な池があるが、入場料を払わなくてはならず吝嗇家の私にとっては散歩の途中でちょっと立ち寄るというわけ

  • 散歩で拾った五七五  その7

    長靴が空を砕いた水たまり(情景)未明まで降り続いた雨で路面は濡れている。京橋川は雨の影響で濁った緑色をして流れている。雨粒を葉に残している川沿いの緑は、久しぶりにたっぷり水を吸って満腹気味だ。遠くの山の中腹には、朝日を浴びてオレンジ色に染まった靄が

  • 散歩の途中で聴きたい曲  その1

    雨の日には雨の日に散歩することはまずない。ましてや冬の氷雨の中を散歩するなどという酔狂なことは、その後でよほどうれしいことが保証されていない限りやりたくない。秋雨も空を見上げて(まあ…やめとこう)となる。夏の土砂降りの夕立では濡れネズミになって見た

  • 散歩で拾った五七五  その6

    しじみ船花の川面を切り割きぬ(情景)四月上旬のある朝。桜は盛りを過ぎ、川には花筏が下流に向かって流れている。早朝の静寂を破り、しじみ漁の小舟が一艘、エンジン音を響かせて川を遡って来た。木の間越しで顔はよく見えないが、漁師が一人舵を握っている。朝ま

  • 散歩で拾った五七五  その5

    灯の灯る夕餉支度の路地を行く(情景)夕暮れ時、住宅街を散歩していると、ところどころの家から夕食をこさえているにおいが通りにまで漂ってくる。カレーの匂いは季節を問わずだが、おでんの匂いがしてくると冬近しを感じさせられる。もっと近頃はコンビニで年中おで

カテゴリー一覧
商用