searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
PT板東蓮三郎のやわらかなリハビリ教室
ブログURL
http://to4580.blog11.fc2.com/
ブログ紹介文
リハビリの世界の話を一般のかたにもわかりやすくお伝えしていきたいと思っています。
更新頻度(1年)

104回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2011/06/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、板東蓮三郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
板東蓮三郎さん
ブログタイトル
PT板東蓮三郎のやわらかなリハビリ教室
更新頻度
104回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
PT板東蓮三郎のやわらかなリハビリ教室

板東蓮三郎さんの新着記事

1件〜30件

  • リアル「白い巨塔」なのに

     渡辺淳一さんの著作や、山崎豊子著の「白い巨塔」を読むと、大学病院の教授は非常に強い権力を持っており、教授とその医局の若い医局員の関係は、殿様と足軽のような大きく隔たった上下関係であり、教授の鶴の一声で医局員はどこにでも軽く飛ばされてしまう様子が描かれています。 私がリハビリ助手として勤めていた東京の病院の院長は、その病院に着任する前まで東京大学の内科の教授だった先生でした。東大の大学病院では多く...

  • 私の映画ブーム

     週に数本は映画館で映画を観る、と言う友人がいます。 私は映画館で映画を観るという習慣がほとんどありません。 映画館の鑑賞料金は高いし、少し待てばテレビで放送するだろうからそれまで待てばいい、と思ってしまうからです。しかしそのように思った映画は実際にテレビで放送されてもあまり観なかったりしてしまいます。 ところがたまにきっかけがあって映画館に行ったり、貸しビデオを借りてきて観ることがあります。 そ...

  • 飛行機が初めての友人と

     理学療法士になった翌年、長崎で行われる理学療法士の学会に出張させてもらえることになり、学校で同期の理学療法士の友人と一緒に羽田から長崎空港まで飛行機を利用しました。 私たちが座った席は翼がよく見える主翼の少し後ろの窓側でしたが、友人にとってはこれが初めてのフライトで、翼の様子を見ながらいろいろと講釈をしてしまいました。 水平飛行をしているときに平らだった翼のフラップという部分が音を立てて少し下が...

  • ヨーロッパからの帰国便

     前回、私が初めて海外旅行をし、飛行機を利用したときの話を書きました。ヨーロッパへの往路は「北回りルート」で、復路は「南回りルート」でした。 北回りでもシベリアルートよりかなり時間がかかり、南回りはさらに長時間を要しました。 ヨーロッパでの最後の滞在地だったローマを発ち、アテネ(ギリシャ)・テヘラン(イラン)・ニューデリー(インド)・バンコク(タイ)・香港を経由して成田に着く行程で、このときの機材...

  • 初めての飛行機

     私が初めて飛行機に乗ったのは大学時代、ヨーロッパに旅行したときです。 中学生時代にテレビドラマ「白い滑走路」で田宮二郎さんが演じる日本航空のジャンボジェットの機長役を見て以来、飛行機に乗ることに憧れてきたのに、実際に乗ったのはそれから5年後になりました。 まだヨーロッパに行く「シベリアルート」が民間機に供用されておらず、アラスカのアンカレッジ経由でヨーロッパに行く「北回りルート」か、中近東・イン...

  • 新型肺炎

     中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、武漢を中心に猛威をふるい、中国での感染者は1万人を超え、250人を超える死者が出ています。(2月1日現在) 武者小路実篤が書いた「愛と死」に描かれた、大正時代中期の「スペイン風邪」の大流行では、今のように飛行機がなく船で外国に行く時代であるにも関わらず、世界中で多くの人が亡くなりました。 航空機を使っての外国への行き来がありふれた現代では、流行...

  • ケンプ人

     数年前、以前私が勤めていた病院の労働組合が組合設立OO周年の記念大会のパーティーを横浜の一流ホテルで催すとのことで、かつての組合員だった私にも声をかけていただき、出席してきました。 まだ在職している同年輩の看護師のPさんが落ちついた感じの和服姿でマイクを持ち司会をしていました。 パーティーのあいまにPさんに、「着物、素敵だね。『けんぷじん』に見えるよ。」というと、「何それ?」と返してきたので、「い...

  • 宝塚の演出家の留学

     昨年末、宝塚で多くの名作を書いた演出家が亡くなりました。 この先生が書いた作品によってどれほど感動をもらってきたか知れず、この先生の新作をもう見れないのかと思うととても残念です。 その一方で、最近秀作を作る若手演出家が次々と出てきています。 以前勤めていた病院で、その病院のベテラン医師の奥様が骨折をされたときのリハビリを担当しました。その夫人も宝塚歌劇のファンで、話が盛り上がりました。 その医師...

  • こんなものができたら⑭ たばこドリンク

     最近生理学の本を読んでいて、たばこに含まれるニコチンが身体のどこにどのように作用して、身体が喜んで健康にいいものだと勘違いするかについて知りました。 他方、衛生学の勉強では、喫煙が周囲にいる人の健康をどれほどむしばんでいるかについても学びました。 たばこを吸う人は、副流煙の影響なんて大したことないと思うようですが、身体のニコチン受容体を刺激して身体に勘違いを起こさせられるならば、必ずしも煙の出る...

  • 朝の通勤電車乗車時の作戦②

    前回の続き 電車の座席は高齢者など弱い人に譲るべきで、通勤時に座るべきではない、立って通勤したって大したことないじゃないかと言う人がいました。 私が目の前の空いた座席に座らなければ、そこは他のより若い元気な人に奪われるだけの話です。朝の通勤電車は多くの人が何とか座ろうとしのぎを削っています。 リハビリの仕事はズバリ肉体労働なので、体力のない私は長時間の電車通勤の間に少しでも座って眠れるかどうかは1...

  • 朝の通勤電車乗車時の作戦①

     私は昨年3月まで、横須賀の老人ホームに勤務していました。 横浜から横須賀の南部まで電車通勤です。 横須賀の人は「横浜からなら朝は下りだから空いてるでしょ。特急でも座って来れるでしょうから通勤も楽でしょ。」という人がいたのですが、これはとんでもない間違いで、横浜駅で特急電車を1本やり過ごし、次の特急まで待って列の先頭で乗車してもほぼ座れず、追浜か横須賀中央までは座れることがありませんでした。 東京...

  • 家が近いと

     今おこなっている訪問リハビリの仕事で今月の途中から新たにお一人の利用者を担当することになりました。 「大腿骨頚部骨折の女性でA町のBさんです。」と話が来たとき、「えっ、A町のBさん?そういえば高校の同期にA町のB君いたよなぁ。Bさんってそんなにありふれた苗字じゃないけど、まさか同じ家じゃないだろうな。」と思いました。 帰宅後すぐに高校の卒業アルバムを探し出し、後ろについている住所録で確認したとこ...

  • 頭の回転の速い人

     ビジネスの能力を高めるために頭の回転を速くさせることをねらった書籍の付録にDVDがついていました。 聞いてみると、同じ文章が2倍速、3倍速、4倍速で吹き込まれています。速く読まれた文章を聞くことに慣れると頭の回転が速くなって、ビジネス能力が高まるというのです。 高速で読まれた英語を聴くと、英語のリスニング能力が高まると言っている本もあります。 病院に勤務していたとき、とても早口で話す医師がいまし...

  • 訪問リハビリと訪問マッサージ

     私はいま、訪問リハビリの仕事に従事しながら、マッサージ師の資格を取得するための学校にも通っています。 この学校の同級生の中には柔道整復士や鍼灸師の資格を持っていて、それらの仕事に従事している人もいます。 そんな同級生から「訪問リハビリと訪問マッサージの違いって何ですか?」と聞かれることがあります。 病院でリハビリがおこなえる日数制限を越えてしまったので、その続きを訪問リハビリに期待し、訪問リハビ...

  • 大晦日は大変

     3日前の大晦日に、昔の大晦日の出来事をここに書きました。 同じ3日前の大晦日の朝日新聞の天声人語におもしろい記事が出ていました。 江戸時代に井原西鶴によって書かれた「世間胸算用」には、大晦日に支払い期限を設定することが多かった借金の返済に必要なお金を調達するためにドタバタする当時の庶民の様子が描いているそうです。 江戸時代も大晦日は大変な日だったようです。 とび職が年末に正月のお飾りを販売するの...

  • 危機をあおる②

     15年近く前の大晦日の出来事です。 私の愛車のガソリンがあとわずかになってきたので給油をしようといつも利用している所とは違う横浜の港北ニュータウンの近くのガソリンスタンドに立ち寄りました。 スタンドの店員が「ついでに車の底のお具合も見ましょうか?」と親切な感じで言ってきたので「じゃあお願いします。」と答えてしまいました。 愛車はジャッキアップされ、底面を検査されています。 スタンドの休憩室で待っ...

  • 危機をあおる①

     今から25年も前の話。 私が勤めていた病院に、どこで調べたのか、おそらくどこかで理学療法士名簿を入手して私のことを知ったのであろう投資関連の会社の営業マンが、私を指名して訪ねてきました。 夕方の少し時間があるときだったので会って話を聞きました。 「A病院のリハビリの先生もこの投資をして大成功していらっしゃいますよ。」などと、いくつかの投資の話を持ちかけてきます。 会って話を聞いたのが間違いで、そ...

  • 延命の判断②

     老人ホームでも入所されているかたの容態が急変したときにどのようにして欲しいかの意向を、入所者のご家族にあらかじめうかがっています。「延命治療はせず、自然にまかせる。」「蘇生可能であれば延命処置する。(厳しそうなら延命処置はしない)」「可能な限り延命する。」「そのときになってみなければわからない」の選択肢の中から、多くのご家族は「延命治療はしない。自然にまかせる。」を選ばれます。 「可能な限り延命す...

  • 延命の判断①

     病院で入院時に、入院患者が急変したときにどうしてほしいかの意向をご家族にあらかじめうかがい、「延命治療はしない」ということになっていてもいざその場面に遭遇すると「もっと生かしてあげてほしい」と「延命」に変わってしまうご家族が相当数いるという統計の記事を新聞で読んだことがあります。 20年前、私の父が入院したときも、意向調査で「延命治療はしない」を選択しました。 実際に終末が来たとき主治医が「本当...

  • 交通違反切符

     10年以上前、仕事の帰りに横浜市南区内を車で走行していて、警察の交通取り締まりにかかり、反則切符を切られてしまったことがあります。 一時停止の場所で停止しなかったというのです。 そこは私がふだん使っている道路ではありませんでしたが、右側にある川に並行した道路で、一時停止後直進か左折しかない場所で、一時停止の標識を認識したので停止線のところの手前で減速し、停止した状態で交叉する道路(T字路で左から...

  • タカラジェンヌから理学療法士へ

     宝塚歌劇団の団員(タカラジェンヌ、ファンの間では「ジェンヌさん」と呼ぶことが多い)だった人は、退団後結婚する人のほか、女優や歌手、ダンサーなどになったり、歌やダンスの教室を開く人もいます。 そんな元ジェンヌさんの中で、退団後歯科医師になり歯科医院を開業されたかたや、医学部に入って医師になり大学病院で働いているかたがいます。 元ジェンヌさんで理学療法士になった人がいることを数年前知りました。月組で...

  • 医師へ、理学療法士へ

    いろいろな職業についていた人がその後、医師になることがあります。 医師になる前は法律家だった人や警察官、僧侶だった人もいます。 医師はそれだけ魅力的な職業です。 理学療法士になった人の中でもその後医学部に行って医者になったという人を何人か知っています。私の理学療法士の養成校での1年先輩にもいます。 理学療法士も、以前にマッサージ師だった人がより高い(多い)知識を求めて目指したり、スポーツ選手だった...

  • 吹き戻し

     今訪問リハでご自宅に伺っているかたで在宅酸素療法のかたがいます。(先日もここで取り上げたかたです。) 酸素ボンベを転がしゴムチューブで鼻に酸素の補給を受けながらの歩行訓練をしていて、血中酸素飽和度が顕著に低下し呼吸苦が強く現れるため、当面呼吸訓練を中心におこなうことにしました。 吐く息に抵抗をかけるために「口すぼめ呼吸」を指導してみましたが、なかなかうまくマスターしてくれません。 そこで「吹き戻...

  • 医療費の2割負担

     いま政府は、高齢者の医療費の自己負担分を1割から2割に上げようと検討しています。負担が増える高齢者からの反発は避けられません。 高齢者の医療費の自己負担分は一時0割だったときがありました。 私が理学療法士になって病院に入職のはその時期でした。 「どれだけ(いろいろな診療科に)かかってもどうせただ(無料)だから、リハビリも受けていく」と言ってそれほど必要のないリハビリを希望されるかたが何人もいまし...

  • 便秘のマッサージ

     マッサージの学校で便秘の人におこなうマッサージを習いました。 理学療法士の養成校では習ったことはなく、本でお腹の上をマッサージすることがあるのを読んだことはありましたが、実際に人に使う機会はありませんでした。 実技室で2人1組になって、お互いに習った手技をかけあってみます。 講師から「人によってはすぐに便意が現れてトイレに行きたくなる人もいるので、そのときはすぐにトイレに行ってください。」と注意...

  • こんなものができたら⑬ 磁気カード化した健康保険証

     以前たばこを購入するのに「タスポ」というカードが必要という制度を作ったことがありましたが、ほとんど機能せず、いつの間にかなくなってしまいました。 健康保険証を磁気カード化し、健康管理のために喫煙量を把握するという意味から、たばこの購入には健康保険証に記録を残すようにして、健康保険証がなければたばこを買えなかったりたばこの代金が2倍になるようにしたらいいのではないかと考えます。 未成年はここでスト...

  • 在宅酸素療法④

     前回、私が訪問リハビリにうかがっている、在宅酸素療法を受けている利用者の男性のことをとりあげました。 このかたのことでもっと驚かされてしまうことは、このかたの奥様の喫煙習慣です。 奥様もヘビースモーカーで、親の影響で小学生のときから切らさずに喫煙習慣を続けてきているそうです。 若いときは夫婦で紫煙をくゆらせていたようですが、ご主人に呼吸苦が現れて在宅酸素療法となり、少し歩いただけでも水中に引き込...

  • 在宅酸素療法③

     私がいま訪問リハビリにうかがっているかたに、在宅酸素療法を受けている70代の男性がいます。 酸素ボンベから供給された酸素を常に吸いながら生活をし、歩行時と入浴時には酸素の量を安静時よりも増やすよう医師より指示が出ています。 一緒に歩行練習をするときには頻回に休憩をし血中酸素飽和度(SpO2)を計測し記録します。 少し歩くととても息苦しそうになることがあり、SpO2を見ると80%近くなることもありま...

  • またたばこの話

     昨日高校時代の同級生が経営する料理店で高校のクラス会が持たれました。45人の同級生のうち16人と担任の先生が集まる盛況な会でした。 ここの店主の同級生は健診を受けて肺ガンが見つかり、今年の夏、片肺の全摘手術を受けたそうです。摘出した肺の写真を見せてくれ、赤い肺の中ほどに黒い部分があり、さらにその真ん中にガンがくっきりと白く見えました。 医師の説明では「ガンは完全に取り切れ、転移もない」そうです。...

  • 皇室

     新しい天皇陛下のご即位をお祝いするパレードがありましたね。 浩宮さま(天皇陛下)とは同年輩なのでとても親しみを感じます。 私はテレビでパレードを見ながらお祝いしました。 今まで数回、皇族がたを近くで拝見する機会がありました。 1度めは私が小学校6年か中学1年のとき、東京の新宿にあった厚生年金会館でおこなわれた、救らいチャリティーのベートーベン第9交響曲の演奏会(2年続けて行ったのでどちらだったか...

カテゴリー一覧
商用