searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Shinさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
てくてく行こう!
ブログURL
https://leaf78.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
山登りエッセイと日々の事を写真と共に語っています。(2016年5月よりPENTAX K-3Ⅱ使用 2021年5月よりOLYMPUS OM-D E-M5使用)
ブログ村参加
2010/11/11
本日のランキング(IN)
フォロー

Shinさんの新着記事

1件〜100件

  • ロウバイ(徳島県文化の森)

    徳島県文化の森へ行ってきました。目的はロウバイです。着いた時は日差しの関係で撮るのを断念して、公園内をうろうろしてみました。ここを散策するのは初めてでしたが、散歩をしている人が多く県民から愛されている場所なんだと感じました。お昼が近くなり弁当持参の家族連れがパラパラと訪れ始めたころ再びロウバイの場所まで戻ってみました。日ものぼり、何とか撮影することが出来ました。まだまだ冬真っ只中ですが、春は確実に...

  • ひわさ冬まつり

    元旦の大浜海岸では初日の出に合わせて「日和佐太鼓」のライブがありました。想像よりもスケールも内容も充実していて、とても素晴らしいイベントでした。日の出前の静かな浜辺。この静寂感がたまりません。日の出の時間が近づくにつれて海岸に集まってきた。日和佐太鼓と大漁旗を掲げた漁船の演出が、初日の出という特別な時間を盛り上げてくれました。太陽に向かって行くときの漁船団がドラマチックでした。名残惜しむように海岸...

  • 初日の出(徳島県美波町、大浜海岸)

    2022年の初日の出は美波町の大浜海岸に行ってきました。穏やかな天候に恵まれた海岸では、たくさんの人がもそれぞれの思いを胸に日の出を見つめていました。日和佐太鼓の初日の出ライブや海上には大漁旗を掲げた漁船が会場を盛り上げていました。とても良い雰囲気の中で多くの人と初日の出を共感できる感じが、自然と嬉しい気持ちにさせてくれました。天気予報の関係で、この場所に来てみましたが大正解でした。ここよかったなぁ~...

  • 剣山(色んな事があった登り納め~後編)

    ゆっくり撮影したいところだが、立ち止まると身体が冷えるので先へと進む。吹きだまりには雪が多い。無事登頂し、次郎笈をバックに記念写真。誰もいないのでお互いのカメラで何枚も撮りあった。その中のお気に入りの1枚。(上手く撮ってくれた息子に感謝)さあ山頂ヒュッテに移動して、風を避けながら温かいラーメンを食べよう!と、やってきたものの、まき込んでくる強風は避けようがなかった。おまけにジェットボイルのガス缶が...

  • 剣山(色んな事があった登り納め~その1)

    2021年12月30日。第一ヘアピンカーブの少し手前から、雪が見え始めたので4WDに切り替えた。ほどなくして普通車とすれ違った。おそらく途中で引き返してきたのだろう。息子とそんな話をしながら、慎重にアイスバーンを通過する。見ノ越の駐車場に到着し準備のため車から降りる。そこで二人を待っていたのは強烈な寒さだった。アイゼンの感触を確認しながら登山開始。気温は-4度だが、風が強いので厳しい寒さだ。と、そこへ勢いよ...

  • 漁港にて

    YouTubeのチャンネル登録している人が「○○○釣り」をしているのを見て自分も釣りたいと思った。そして、釣り場の下見をしにやって来たのがここだ。やおら車から降りてみると、なにやら楽しそうに釣りをしているグループがいた。「なに釣っとん?」阿波弁丸出しで聞いた。すると「ナマコがおるんよ」と、グループの女の子が答えた。さほど興味はなかったが、聞いた手前みんなと同じように堤防から覗き込んだ。下見なので取り敢えず波...

  • 青がすき?

    朝の散歩をしながら今日はいい天気に違いないと思った。だから予定通りに神山町に出かけることにした。はじめに昼飯を調達するため「かまパン」に立ち寄った。駐車場から見上げた空が信じられないほど青かった。パンはカミさんとそれぞれ好きなものを購入した。その後、途中で愛犬マリーちゃんを散歩させてから本命の場所に着いた。と言っても、この矢倉ではなくこちら「こんまい屋」さんです。目的のものを買って建物の前の川を覗...

  • サザンカにしよう・・・

    毎月作成しているDMに使う写真がない、、、このご時世、寒々しい雪山の写真もどうかと思ったのだ。できれば温かみのある写真のほうがいい。とりあえず12月の花で検索して、何がいいか調べてみた。そうして出てきたのがサザンカだった。思いがけず、さざんかの宿のメロディーが頭の中を流れる、、、子供の頃には分からなかったが、ちょっと訳ありな歌詞だったことに今気付いた、、、気を取り直して花言葉をみると、「困難に打ち克つ...

  • 紅葉ドライブ(その3)

    ほどなくして、開けたススキの広場に着いた。曇り空とは言え思ったほど寒くなかったので、ドリップコーヒーで一息入れることにした。コーヒーを入れてる足元で、マリーちゃんがうろうろしたので私の両足はリードでグルグル巻きにされてしまった。その絵面があまりにも可笑しくて二人で大笑いした。いいネタができたところで、帰ることにした。復路はまた違った感じに見えるので、やはり何度も停車することとなった。最後の停車から...

  • 紅葉ドライブ(その2)

    見どころ満載というか、我々の感性を刺激して止まないこの道路。すこし進んでは停車を繰り返す。陽が射してなくてもこの美しさなのだから、天気だったらどうなっていただろう。いや、考えるのはよそう。今がすべてと思ってこのドライブを楽しむべきである。色んな表情を見せてくれるこの道はもうしばらくつづく。再び発進。と、その前にお腹が空いたのでランチにしよう・・・暖かい車の中でそれぞれお気に入りのサンドイッチを食べ...

  • 紅葉ドライブ(その1)

    今日はカミさんと愛犬マリーちゃんを乗せてのドライブだ。どこに行くかいろいろ悩んだ結果、ある場所を選択しやって来た。早々にカラマツの黄葉に遭遇してここに来て正解だった。綺麗に黄葉したカラマツは初めてだったので、遠足ではしゃぐ子供のような気持ちになっていた。「ここ正解!」と何度も言いながら勝者に渡されるトロフィーのようにそびえ立つカラマツを見上げていた。ようやくその場を後にしたのも束の間、またしても見...

  • 大釜の滝とその道中

    高丸山から大釜の滝に進路をとった。昨年と同じコースとなるが、那賀町の景色がお気に入りなのである。デリカと紅葉。このアングルも昨年とほぼ同じ、、、進歩がないなぁ~とやや呆れながらも本人はけっこう楽しくやっている。車数台が停められる展望所からの眺め。取り立てて珍しいものがあるわけではないがとても気に入っている。そして今回、とても気に入ったのがこの景色。大きな岩の上に紅葉した木と家が、私には異次元のよう...

  • 高丸山の紅葉(その2)

    いっきゅう茶屋で買った草餅の、上品な美味さに思わず唸った。不意に、これは半殺しになってます。と説明してくれた、素朴な店のおばさんのことを思い出した。半殺しという言葉とおばさんとのギャップが可笑しくて、独りでに笑っていた。コンコン木をつつく音がする。目をこらすとコゲラがいた。嬉しくなって撮影しようとするが、気配を感じては木の陰に隠れてしまって結局は撮れなかった。迷惑な奴とでも思われただろうか。昼過ぎ...

  • 高丸山の紅葉(その1)

    文化の日。朝食を済ませてから自宅を出発した。上勝町のいっきゅう茶屋に昼飯を買うため立ち寄った。草餅を買おうかどうしようか迷っていたら、常連客らしいおばさんに、これ!おすすめですよ!と言われてしまった。駐車場は満杯状態だった。さすがに秋の高丸山は人気だ。心配していた紅葉はまあまあだなぁ~と思っていたところへ賑やかな声が近づてきた。先頭のガイドの女性が言うには、今日が一番の見ごろですとのこと。それは、...

  • 雲早山で天狗様と遭遇?

    考えてみるとこの日は、始めっから何かが違っていた。まずは、正規ルートから登り始めたにもかかわらず、突然何かに引き寄せられるようにシャクナゲ尾根に進路を変え、道なき急登にアタックしていた。ずり落ちそうになりながらも無事に尾根ルートに到着したのも束の間、猿の群れに遭遇した。そのうえ、こちらの様子を警戒している猿を、そっと望遠レンズでのぞいたら目が合った。とはいっても何も起こることはなかった。次はカラス...

  • 眉山(びざん)からの日の出

    あまり労せずに日の出を撮るには、眉山は最適な場所だと思っている。私の場合、早朝ならば自宅から車で40分ほどで到着する。しかも、駐車場からは階段を2~3分上がるだけ。そんでもってこの景色。さっそく日の出前の清らかな空と対峙する。心がスーッと軽くなっていく感覚。これはもう中毒と言っていい。本日の見学者は10人弱。じっと待つにはやや寒い気温10℃。寒さをしのぐためかシャドーボクシングを始めた青年グループ以外は...

  • 紅葉を求めて・・・(剣山&次郎笈その3)

    大剣神社コースで下山した。さっそく見事な紅葉が待っていてくれた。鶴亀岩からの次郎笈は芸術的にさえ思える。通過する人々の多くが記念撮影をして行く。大剣神社のベンチでは山ガールが談笑していたので、コーヒータイムとはならなかった。落ち葉をカサカサさせながら歩いていると、昔のことを思いだす。情緒的になる秋が昔は好きになれなかったが、今は違う、、、思い出が時として力を与えてくれるからね。西島駅で楽しみにとっ...

  • 紅葉を求めて・・・(剣山&次郎笈その2)

    真っ白な景色の中でツナマヨおにぎりを食べた。少し考えたがシャッターチャンスを期待して、西尾根ルートから下山することにした。予想は的中、自分的にはそれなりにいいシーンに出会えたとほくそ笑んだ。休み休み登ってくるおじさんが声をかけてきた。休み休み下りていく私と同じカメラが首からぶら下がっていたので何だか可笑しくなった。二度見展望所で一休みした。パンをかじりながら次郎笈を眺めていた。このまま帰ろうかと考...

  • 紅葉を求めて・・・(剣山&次郎笈その1)

    10月といえば山は紅葉シーズンを迎える。紅葉を求めての登山は私の大きな楽しみの一つである。それは目覚まし時計を4時にセットして、3時50分には目覚めてしまうほどである・・・ツナマヨおにぎりを作って、お湯をポットに詰めてからそっと家を出た。早朝の徳島道を知らないラジオ番組に耳を傾けながらデリカを走らせる。ワクワクするこの時間がたまらない。道の駅に立ち寄っただけなので、自宅から2時間で到着するという快挙とな...

  • 高丸山(山頂からの日の出)

    早朝4時を少し回ってから登山開始。さすがに熊はいないだろうと登り始めてはみたが、途中で鈴を取り付けた。真っ暗な山の雰囲気に気圧されたのだ、、、さて、鈴の音をやたらと鳴り響かせながら登ること約1時間。山頂では宇宙を思わせるような世界が広がっていた。こっこれは、、、瓶ヶ森に匹敵する、いやそれ以上かもしれない。などと一人興奮しながら圧倒的な景色の前でたちすくんでいた。(瓶ヶ森は私の大好きな日の出スポット...

  • ひさびさの星景撮影

    オリンパスのOM-D E-M5MarkⅢでの星を撮る操作方法がなかなか理解できない。直感的に操作できていたペンタックスとは違い、電子機器に弱い私は頭を抱えていた。取扱説明書ほか、大枚をはたいて買った二冊の専用本も読んだが???である。そんなある日、グレードが上のE-M1で撮影する方法を説いてるサイトにヒット。かくして数々の設定方法を書き込んだメモを握りしめ、山へと向うのだった・・・不安をよそにあっけないほど簡単...

  • インスタはじめました・・・

    何か新しいことを始めよう、、、ってキーワードが頭をよぎり6月からインスタを始めることになりました。気軽に写真を投稿できるので、早くも23投稿となりました。そのためブログがおろそかになってしまっていたことを反省、、、両方ともマイペースでですが、今後ともよろしくお願いいたします。ちなみにアカウントは「tekuteku.shin1」です。ブログランキング参加中 にほんブログ村...

  • なると島田島の古代ハス続編

    ロケハンの翌日。カミさん連れてやってきた。ハスはたった1日で随分と様子が違ってくる事を知った。昨日ちょうどいい感じのハスが、開ききっていた、、、月曜日とあって人が少ない。いやぁー今日は静かでええですわぁーなんて、トンボが言うわけないか。ガマです。農機具が目にとまったので、アートフィルターでドラマチックに撮ってみた。古き良き水路に心ひかれた。全体が巨大なビオトープのようで、とても気に入りました。オー...

  • なると島田島の古代ハス

    古代ハスのロケハンにいってきた。日曜日とあって、それなりの人出だった。古代ハスは家の近くで見るそれとは様子が違って小ぶりでかわいい。ここまでは自宅から約20分。なんでだろう、近いのに来るのは今日が初めて、、、明日はカミさんとくる予定だ。ブログランキング参加中 にほんブログ村...

  • 樫戸丸をゆっくりと下山する

    柵越しに撮る方法を聞いた私は、ミラーレスカメラを左手に持ち、目一杯腕を伸ばした。非常に体幹力が問われる姿勢。おまけに風が吹いているのでオオヤマレンゲは常に揺れている。そんな苦労の末に捉えた一枚がこれ。ピントも色合いもイマイチだが、自分としては努力に乾杯だ。かなりエネルギーを消耗した。やや重く感じる身体が、それを物語っていた。すこし移動して、大好物の「おはぎ」を食べた。最高に美味かった❣元気が復活す...

  • 愛しのオオヤマレンゲ(森の貴婦人)

    この時期になると会いたくなる・・・自宅から登山口までの走行時間は約3時間。しかもほぼ半分は荒れた林道走行である。はっきり言って疲れる。更にそこから、ブナの森の中をてくてく50分ほど登るとようやく山頂の近くにて、森の貴婦人との異名を持つ「オオヤマレンゲ」に会える。今年も引き寄せられるようにやってきた。つぼみが多く、少し早かったようだが、今年も愛でることができてよかった❣しばらくすると賑やかなパーティーが...

  • デリカと林道

    梅雨の晴れ間。愛車のデリカD5で剣山スーパー林道を走る。以前は落石やパンクを気にしながら走ったものだが今ではもう一つ心配が増えた。走行距離が20万㎞を超えたので、故障による走行不能が常に頭をよぎるのだ。とは言っても、これまで走行に支障をきたすようなトラブルは無い。そして、これからも乗り続けるので明日車検に出す。登山口まであと少し。もう一息だ、デリカD5❣ブログランキング参加中 にほんブログ村...

  • 下山にて

    シロヤシオを撮るという目的が果たせて下山の足取りは軽い。陽の光を受けて山も若葉も輝いている。清々しい朝の山を歩く幸せな時間。ほどなくオンツツジに出会った。ついつい長居しそうになってしまう。やや薄暗い杉林を抜けると、ブナの森に入る。力強くそびえ立つブナだが、年々倒木が増えている。自然現象は致し方無いが、再生可能エネルギーとの大義名分などで開発して壊していくのはいかがなものか。壊すのはものの数年だが、...

  • 山頂の白い花

    朝焼けを撮り終えてから登山の準備にとりかかった。往復2時間から3時間として、遅くとも8時半頃には降りてくるだろう。朝食は摂らずに行動食として、玄米おにぎり1個とカロリーメイトをザックに詰め込んで出発した。フタリシズカに朝日が差し込んできた。花が咲くのはもう少し先のようだ。一方、本日の目的である花が咲いているのは確実だ。昨日、マイクロバスで来ていた登山者から聞き込み調査で確認済みなのだ。展望の良い場所...

  • 登山口で車中泊

    登山口に着いたら午後4時が近づいていた。山頂から夕陽を撮ろうと思っていたが、ガスっていたので止めた。マイクロバス送迎の登山グループが帰ったら、辺りは静まり返った。ほどなく排気音を響かせた外車がやってきた。同世代の男性だったので声をかけたら、ソロキャンプ談議に花が咲いた。そして、一人になってから宴会の準備を始めた。迷いながら買ったアジのたたきは、それ程でもなかった。いつも同じ焼き物中心のメニューも何...

  • 林道の日の出

    真夜中に強風に起こされた。タープを車にくくり付けているので揺れるのだ。迷った挙句、冷たい風に煽られながらタープを撤去した。それに引き換え、なんて穏やかな朝なんだろう・・・モヤッとしている分、柔らかな色合いが美しいと思った。太陽が顔を覗かせました。この時間、何故かドキドキします。思わず手を合わせてしまいました。撮影後は、簡単な朝食とコーヒータイム。バタバタと撤収してから帰路に着く。電波が通じにくいこ...

  • 林道でキャンプ

    林道脇にある空き地でキャンプを楽しむためにやってきた。いつものごとくタープを車に連結して、もろもろの準備を済ませてから場の雰囲気を楽しむ。景色に満足しながら、思わず買ったイカの刺身を早くも食す。イカに舌鼓をうっている間に空が焼けてきた。誰もいないのでその場をすこし離れてみた。日が沈んだ後のこの雰囲気がたまりません。やがてやわらかなブルーに変化し、街のあかりが灯りはじめた。程なくして夜景へと移行する...

  • シャクナゲとさんしょ

    毎年楽しみにしている雲早山のシャクナゲ。午後から時間ができたので下見に行ってみた。咲いてる咲いてる‼ここの森の中で見るシャクナゲが大好きな私は興奮気味にシャッターを切った。結局いつも同じような写真しか撮れないのに長い時間とどまることになってしまう・・・それでも本人は結構満足している。午後の日差しに照らされたツツジも綺麗だった。下見を終えて気分が良かったこともあり、旭丸峠までの剣山スーパー林道に挑ん...

  • 予定変更

    花いっぱいの園内でマリーちゃん(愛犬)との想い出でを作りにうどん県の「まんのう公園」に行きました。ところがどっこい、園の入り口には臨時休園の看板を持った係員が、、、仕方ないので、まんのう池森林公園に予定変更。我々にはパッとしなかったので、すこし歩いて持ってきたサンドイッチを食べて帰ることにした。帰り道に徳島県ではほとんどお目にかかれない麦畑があったので車を停めた。マリーちゃんは「これ美味しそうだワ...

  • キャンプ場の朝

    自然のなかで迎える朝は何とも言えない良さがある。爽やかな朝の空気の中、散策してみることにした。川岸に引き寄せられるように来てみると、川霧が発生していた。まっこと落ち着くじゃきぃ、やっぱぁ四万十川はええっちゅぅろぉ~(でたらめな高知弁ですみません)ホントにいい場所だなぁ~しばらく流れの傍から離れられなかった。さて、ぼちぼち戻るとしよう。こうして見るとここのキャンプ場って、完全に森の中に溶け込んでるん...

  • 山とキャンプ

    GWになったものの、予定していた山が雨との予報。晴れそうな場所を検索していてヒットした山が、愛媛県の宇和島市の篠山。ちょっと遠いけど、GWなんだし行ってみよう。登山口までは約5時間のドライブとなった。そこまでして来たのには訳がある。篠山には大好きなアケボノツツジが群生しているのです。しかし、時すでに遅し。ほとんど散ってしまっていました。トホホ・・・わずかに残っているアケボノツツジを、なんとか絵になるよ...

  • 春は駆け足で・・・

    さすがに今頃になって桜の写真もどうかと思いながらとりあえず記録として残そうかと・・・春の楽しみといえば山菜採り。(タラの芽)この日もドンピシャ。いいタイミングでやってきたようで、そこそこの収穫でした。山に来たついでに野営地の下見に行くと、ミツマタが咲き誇っていました。ネモフィラを見に行こうとなって、うどん県のまんのう公園に行ってみました。この日はファンタジックフォーカスにこだわっていました。個人的...

  • 早咲きの蜂須賀桜

    夕方が近づくころ、徳島中央公園に早咲きの蜂須賀桜を見にいってきました。ちょうど見ごろでした。モデルになっている子がいたので、イメージに合わせて勝手に撮らせていただきました。一瞬だけ人の波が途切れたので、慌ててシャッターを切りました。朝からいてやっと撮れたっ!と言って帰っていったカメラマンがいました、、、本番は二日後。娘の成人式の前撮りの後で、桜を絡めて撮るための下見でした。ブログランキング参加中 ...

  • 菜の花 (鳴門ウチノ海総合公園)

    暖かくなるとの予報なので、菜の花を撮りに行くことにした。恒例の鳴門ウチノ海総合公園だ。今日は帰省中の娘も一緒です。この日もカミさんが弁当を作ってくれたので、外で食べてからの撮影会となった。私は最近ペンタックス機能にある「銀残し」というカスタムイメージにハマっている。この様にドラマチックに撮れるのでとても気に入っている。しかし、花には自然の色で撮ったほうがいいような気もしている。この日、菜の花よりも...

  • しらす漁

    夜の散歩に出ると、シラスウナギ漁の船が見えた。すぐに引き返して、カメラを手にやってきた。ここであれして、あそこでまわして、ほんでまたあれして・・・はっきりとは分からないが、新規の漁師にルールを説明しているようだった。映えるなぁ~と思うので毎年来ているが、未だ撮影している人に会ったことがない。美しい冬の風物詩。冬の夜の密かな楽しみ。ブログランキング参加中 にほんブログ村...

  • 南天(ナンテン)

    道の駅を出て程なく、梅の花が目についたので車を止めた。心がほころぶようなピンクだ。と、その下には南天の実があった。ナンテンは難を転ずることにも通じるため、縁起木、厄よけ魔よけ、(ついでにコロナよけ)として古くから庭などに植えられてきたそうです。お昼が近いこともあってか、お腹が空いてきた。早いとこ帰ろう。心なしか体が軽く感じるのは南天のご利益かはたまた、空腹のせいなのか・・・ブログランキング参加中 ...

  • 蠟梅(ろうばい)その二

    石垣のある園は風情もあってとても落ち着ける場所だ。落ち着きすぎて、椅子に座って撮影しているおじいさんまでいる((笑)来園者は我々のような中年から高齢者が大半を占めている。なかには小さなお子さんを連れた家族も来ていたが、さむぃ~っ、さむぃ~っと言っては親を困らせていた。たしかに今日は晴れ間もあるが風は冷たい。そろそろ帰ろうと、カミさんから声がかかった。昼には家に帰ろうという計画だったので最後に梅を撮っ...

  • 蠟梅(ろうばい)

    すっかり自粛生活が板についてしまい久しぶりのお出かけとなった。今日は恒例の神通蠟梅園にやってきた。いつもながら甘い香りが心を酔わせてくれる。花の匂いの中で一番好きです。などと、毎年おなじような事を言っている。ここは景色もいいので気分も晴れる。可愛い蠟梅を見ていると、時が経つのを忘れてしまいそうだ。つづく...

  • 初日の出(2021年)

    新年あけましておめでとうございます。初日の出を撮りに行ってきました。暗いうちにスタンバイして日の出を待つ。と、そこへソロの女性がヘッドライトを照らしながらやってきた。聞けば昨年ここで会ったトレランメンバーの一人だった。自分は訳あって走らないが、ここで合流する仲間の為にコーンスープを持って来たという。感心だなぁ、と思っていると我が家のある町の空が赤く染まってきた。いよいよ太陽が顔をのぞかせるその時、...

  • 寒さ対策

    早いもので12月も半ばとなった。先月、娘の住むマンションの寒さ対策に行ってきた。京都まで渋滞がなければ2時間少々で到着する。娘はマンションでの生活にすっかり慣れた様子。作業を終えてからテイクアウトのランチをとった。その後、近場を散歩。時折りぽつりと雨が当たるような天気だったので、御所の塀沿いを少しだけ歩いた。散歩しながらも娘とカミさんの会話は止まらない。さすが京都御所、椿の花も高貴な感じに見える。せ...

  • ススキ

    日曜日の午前中、近くの山で少し汗を流したあとお気に入りのパン屋で、お昼を買ってから出かけました。行き先は阿波富士とも言われている高越山。ひょっとしたら紅葉が見れるかも、などといつもの希望的観測できましたが・・・綺麗なススキは見ることができました。太陽が雲で隠れてしまい、まだ午後3時だというのに何となくさみしい感じがするなっ、と思っていると連れて来たマリーちゃん(愛犬)のしっぽも丸まっていました。高...

  • 祖谷渓谷の紅葉(その3)

    祖谷ふれあい公園に立ち寄りました。車の中で弁当を食べてから散策してみたらここにも小便小僧がいました(笑)珍しい構造と言われる「祖谷ロマン橋」に負けない存在感を醸し出していました。橋を渡りきったところでもみじを撮っていたらシャーッという音と共に宙づりになった人が目の前を滑走して行きました。カミさんを呼び、しばらくその様子に見入ってしまいました。ここのもみじもキレイでした。先程の空中散歩(ジップスライド...

  • 祖谷渓谷の紅葉(その2)

    渓谷沿いの道路は狭い。それでもどころどころ駐車できるスペースを見つけては、カメラを手に車から降りる。その度に反応してくるマリーちゃんを、何故か赤ちゃん言葉でなだめる。そうこうしているうちに「あれ」に着きました。「あれ」とは、祖谷渓名物の「小便小僧」っす!その昔、度胸試しにこのあたりの岩から小便をしたという、、、ちなみに高さは200メールあります。お次は祖谷のかずら橋。今回はマリーちゃんがるので渡りま...

  • 祖谷渓谷の紅葉

    今日はカミさんとわんこのマリーちゃんとで、お出かけです。行き先は日本三大秘境の祖谷渓谷。なんと地元なのに紅葉の時期に行くのは初めてなのだ、、、着いて早々に霧がいい演出をしてくれて、ほくそ笑む。渓谷をバックに見事な紅葉にこれまた笑顔。「凄いキレイやなぁ~」と恥ずかしげもなく何度も連呼する。高度を上げていくにつれて、秘境っぽくなってきたぞっ!そろそろ「あれ」かな?そう、名物の「あれ」が近い、、、つづく...

  • 帰り道の紅葉

    いい紅葉が見れたので気をよくした私は寄り道して(釜ケ谷渓谷を通って)帰ることにした。時折りオッと思うようなシーンに出くわすのだがいかんせん車道が狭いのでスルーせざるを得ないことが多い、、、山道あるあるで、ある?そんな中、唯一数台の車が止まっている場所があった。デリカを止め、ヒンヤリとした秋の空気に包まれた車道から見下ろした。大釜の滝だ。見事な水量とズザァーと体の中にまで浸透するような響に浄化されて...

  • 高丸山(2020年の紅葉その3)

    人目につかない場所に腰を下ろした。おやつを食べ、日差しに透けたもみじを見て、ただ今を感じている。とても贅沢な時間だが、間が持たない、、、せわしなく何枚かシャッターを切ってから立ち上がる。そうだ、違うルートで帰ってみるってのはどうだろう。よしっ!そうと決まれば先ずはデリカ(愛車)に戻ってお昼にしよう。こんな自由気ままなところが一人の良さだ。デリカの待つ駐車場へ向かう途中で一眼レフカメラを首から下げた...

  • 高丸山(2020年の紅葉その2)

    もみじの色合いってほんとに綺麗だなぁ~首が痛くなるまで見上げていました。ブナはとても迫力があって、眺めていると畏怖の念がわきでてくる。いやはや天気が良いのもあるけど随分と長居してしまった。ちらほら写真を撮っていた人もいつの間にかいなくなっていた。どうしようかなぁ~?ひとまずザックを下ろしてから考えるとしよう、、、ブログランキング参加中 にほんブログ村...

  • 高丸山(2020年の紅葉その1)

    まともな紅葉に出会えていないまま時間ばかりが過ぎてゆく。どこが見ごろを迎えているのかあれこれ考えても皆目見当が付かない。『やけのやんぱち日焼けのなすび、色が黒くて食いつきたいが、あたしゃ入れ歯で歯が立たないよ、、、』と、男はつらいよの寅さんが出たところで高丸山に行くことにしました。結果は、「あたり前田のクラッカー」だった。あとはどの様に撮ろうかと、嬉しい悩みだけ。あっちでうろうろ、こっちでうろうろ...

  • 剣山(2020年の紅葉登山その2)

    『高倍率の望遠レンズが欲しいのはやまやまだが、それではカメラが更に重くなって登山に持っていくのが苦痛になってしまう。』などと、いつも同じことで自問自答している。ともあれ今は景色を楽しもう。青空をバックに映(ば)えるマユミの実。散りゆく枯葉が胸にしみる年齢になってきた。大きな岩を見上げたら、太陽が淡く紅葉した葉を照らしていた。派手な紅葉もいいが、こんなのにも魅かれる。登山口の近くまで戻ってきた。結局...

  • 剣山(2020年の紅葉登山その1)

    当初の計画より2週間遅れての紅葉登山となった。見ノ越の駐車場から、てくてく登ること1時間半。やっと撮ってみようと思ったのが、刀掛けの松から見えたカラマツの黄葉である、、、とりあえず山頂だけは踏んでおかないと、、、まったくもって低いテンションで登ってゆく。マユミの実がなにやら秋らしかったので撮っていたら後から来る人来る人みんなが同じように撮っていくというあるある現象が発生した。なんだかんだ言っても、...

  • コスモス(鳴門ウチノ海総合公園)

    すこし時間が経ちましたがコスモスです。鳴門ウチノ海総合公園のコスモスは丁度いい感じで咲いていました。先ずは腹ごしらえ。石のベンチがあったので、そこでお弁当を食べることにしました。例年よりコスモスの背丈が高くて見応え十分でした。やっぱり肥料の違いなのかなぁ~などと、公園管理者のようなことを考えてしまいました。あっという間に時間が経っていました。やおら駐車場に向かうと、何やら人だかりが。今年も来てます...

  • コウノトリ

    朝の散歩が終わって、今まさに家に着こうかというとき視界に何やら飛翔体をとらえた。それはなんと、まごうことなき「コウノトリ」だった!!スマホでとりあえず証拠写真を撮ってから、カミさんを呼んだ。「道路の向こう側の電信柱にコウノトリが止まっとる!」二人してカメラを手に家を飛び出て慌てて撮った。意外にもなかなか飛び出さないコウノトリ。しばらくの間、電信柱の上で羽の手入れしていたがやがて優雅な羽ばたきを見せな...

  • 彼岸花

    朝の散歩中にふと目にした彼岸花。それがきっかけで写真を撮りたくなり、勝浦町に行ってきた。すると、運よく見頃をむかえていた。お気に入りのパン屋によってから現地に臨場。そのタイミングで雨がパラパラと、、、まぁーお昼だし、腹ごしらえをしてから撮ろうということでカミさんとそれぞれ好きなサンドイッチを食べた。そして、食べ終わったら晴れた。徳島新聞社がレトロな車と彼岸花を絡めて撮影していた。そのおこぼれで撮っ...

  • 大好きな場所(瓶ヶ森)その3

    太陽が昇ると言葉では上手く伝えられない何かが変わる。それは景色が、と言うよりもメッセージやエネルギーに近いもの。その結果、私の場合は心に力が湧いてくる。しかし、身体は何か食べないと力は湧いてこないのでパンを食べてから瓶ヶ森山頂に立ち寄ってみた。(石鎚山と自分の影)どちらかというと朝日を撮りながら思索にふけりたい私は人が多い場所は好まない。しかし、綺麗な瀬戸内海を見ていたら今度は来てみようかなどと思...

  • 大好きな場所(瓶ヶ森)その2

    山の朝っていいもんだ!(夕景撮影後)山から下りると21時をほんの少し回っていたが何か食べたくなったので肉玉うどんを作った。代り映えしないがやっぱりうどんは美味いと思った。お腹が満たされて余裕が出てきたので愛車のデリカを絡めて天の川を撮って遊んだ。その後はいつものように、寝袋に潜り込んで読書タイム。だが、この日はどう言う訳かすぐに眠たくなってしまったzzz...

  • 大好きな場所(瓶ヶ森)

    お盆休みの最後は瓶ヶ森と決めていた。ここは私にとって、特別な場所なのだ。瓶ヶ森林道は好天に恵まれた。思ったより渋滞もなかったので快適なドライブとなった。いつもの駐車場に到着して、まずは休憩がてら本を開いた。やがて日が西に傾いてきたので、撮影に備えて腹ごしらえをすることにした。ワンパターンの焼き鳥だが、いつ食べても美味い!...

  • 流れ星の思い出

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 大塚国際美術館は凄いぞっ!

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • キレンゲショウマを撮りにいく ~ その3 ~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • キレンゲショウマを撮りにいく ~ その2 ~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • キレンゲショウマを撮りにいく‼

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 梅雨明けの気分転換 Part2

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 梅雨明けの気分転換

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 森でコーヒー (雲早山にて)

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 初夏の山 (雲早山にて)

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 別れ難し (雲早山にて)

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 森に咲く高嶺の花

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • されど山椒(さんしょ)

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 峠の朝

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 峠で焼肉

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 風呂塔

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 下山後の予定

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 春の楽しみ

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 寒峰~福寿草と雪山歩き・その2~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 寒峰~福寿草と雪山歩き~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 帰ってきた? シラスうなぎ

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • ほっこり里山歩き~天ヶ津峰~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 初登山~雲早山~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 伊弉諾神宮へ行ってきました。

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 里山で初日の出

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 高丸山の紅葉(後編)

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 高丸山の紅葉

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • コスモス~ウチノ海総合公園~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 初秋の山歩き~Part3~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 初秋の山歩き~Part2~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 初秋の山歩き

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 追憶の山(瓶ヶ森)

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 瓶ヶ森~朝の部~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 瓶ヶ森~夜の部~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 瓶ヶ森の夕景~その2~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 瓶ヶ森の夕景~その1~

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 神通の滝と寄り道

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 雲早山 ほどよい山

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

  • 剣山 霧と森

    麗風(リーフ)店主が山登りエッセイ、日々のことを、写真と共に語っています。

ブログリーダー」を活用して、Shinさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Shinさん
ブログタイトル
てくてく行こう!
フォロー
てくてく行こう!
カテゴリー一覧
商用