searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

いながさとしさんのプロフィール

住所
精華町
出身
天王寺区

日頃中国語に接する中で、気になったこと、表現力アップに役立ちそうな内容を紹介していきます。

ブログタイトル
中国語気まぐれブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/inghosono/
ブログ紹介文
中国語を通じ、中国の文化、歴史、生活などをお伝えしたいと思います。内容は筆者の気まぐれ、興味を持った内容を取り上げていきます。
更新頻度(1年)

51回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2010/06/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、いながさとしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
いながさとしさん
ブログタイトル
中国語気まぐれブログ
更新頻度
51回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
中国語気まぐれブログ

いながさとしさんの新着記事

1件〜30件

  • 中国語で読む成語のお話Vol.34「心腹之患」

    “心腹”,指一个人的心脏和腹部。这些都是人体内非常重要的部分。“患”,指疾患、疾病。心、肝、脾、肺、肾等器官患了病,对人是非常危险的。因此,人们就用“心腹之患”来比喻一些隐藏在重要部位的祸害,形容这些祸害的危险性。“xīnfù”,zhǐyīgeréndexīnzànghéfùbù。Zhèxiēdōushìréntǐnèifēichángzhòngyàodebùfen。“huàn”,zhǐjíhuàn、jíbìng。Xīn、gān、pí、fèi、shènděngqìguānhuànlebìng,duìrénfēichángwēixiǎnde。Yīncǐ,rénmenjiùyòng“xīnfùzhīhuàn”láibǐyùyīxiēyǐncángzàizhòngyàobùwèidehuòhài,xíngróngzh...中国語で読む成語のお話Vol.34「心腹之患」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.33「力不従心」

    班超已经力不从心难以抵抗敌人的侵犯“力不从心”这句成语,出自《后汉书・西域传》和《后汉书・班超传》里记载的关于班超要求从西域回国的故事。“lìbùcóngxīn”zhèjùchéngyǔ,chūzì《hòuhànshū・xīyùzhuàn》hé《hòuhànshū・bānchāozhuàn》lǐjìzǎideguānyúbānchāoyāoqiúcóngxīyùhuíguódegùshi。「力不従心」(力心に従わず)という成語は、『後漢書・西域伝』、『後漢書・班超伝』に書かれた、班超が西域からの帰国を求める話が出典である。『後漢書』は中国南北朝時代、南朝宋の歴史家、範曄(はんよう)により編纂された後漢時代の正史です。『史記』と同じく、紀伝体で書かれ、そのうちの個人の伝記である「伝」の中に、『西域伝』、『班超伝』...中国語で読む成語のお話Vol.33「力不従心」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.32「后来居上」

    在《史记・汲郑列传》和《汉书・汲黯传》里,都记载着有关汉武帝提拔人才的动人故事。Zài《shǐjì・jízhènglièzhuàn》hé《hànshū・jíànzhuàn》lǐ,dōujìzǎizheyǒuguānhànwǔdìtíbáréncáidedòngréngùshi。『史記・汲鄭列伝』と『漢書・汲黯伝』には、何れも漢の武帝が人材を抜擢した、人の心をひきつける物語が記載されている。西汉时期,汲黯、公孙弘和张汤都是汉武帝的臣子,其中汲黯的资历最深。当汉武帝还是太子时,汲黯就在“太子宫”中任职。他为人十分正直,对别人的过失常常当面指责,不留情面。甚至对汉武帝也是直言不讳,毫不畏惧。因此,汉武帝对他很敬畏。Xīhànshíqī,jíàn,gōngsūnhónghézhāngtāngdōushìhànwǔdìd...中国語で読む成語のお話Vol.32「后来居上」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.31「疾風知勁草」

    当风暴来临时,一些草被连根拔起,一些草顽强地迎风挺立着。这些在疾风中挺立的草,就是劲草。Dāngfēngbàoláilínshí,yīxiēcǎobèiliángēnbáqǐ,yīxiēcǎowánqiángdeyíngfēngtǐnglìzhe。Zhèxiēzàijífēngzhōngtǐnglìdecǎo,jiùshìjìngcǎo。あらしが来た時、草の中には根もとから引っこ抜かれるものもあるし、粘り強く風に向かってまっすぐに立っているものもある。こうした疾風の中でまっすぐに立っている草こそが、勁草(強い草)である。“疾风知劲草”这句成语,来源于《后汉书・王霸传》里记载的一个历史故事。“jífēngzhījìngcǎo”zhèjùchéngyǔ,láiyuányú《hòuhànshū・wángbàzhuàn...中国語で読む成語のお話Vol.31「疾風知勁草」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.30「有備無患」

    晋悼公多次召集各国诸侯会盟春秋时期,晋悼公当了国君之后,就想跟他的先祖晋文公那样,重振晋国的威名,使晋国成为各国诸侯的盟主。Chūnqiūshíqī,jìndàogōngdāngleguójūnzhīhòu,jiùxiǎnggēntādexiānzǔjìnwéngōngnàyang,chóngzhènjìnguódewēimíng,shǐjìnguóchéngwéigèguózhūhóudeméngzhǔ。春秋時代、晋の悼公は国王になってから、彼の祖先の晋の文公のように、再び晋の威名をとどろかせ、晋を各諸侯国の盟主にしたいと思うようになった。晋の悼公(とうこう。紀元前587年-紀元前558年)は、春秋時代の諸侯国のひとつ、晋の王で、晋の襄公の曾孫に当たります。即位前は、周の洛邑で学問を積んでいました。厲公(れい...中国語で読む成語のお話Vol.30「有備無患」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.29「山窮水尽疑無路,柳暗花明又一村」

    “山穷水尽疑无路,柳暗花明又一村”,这是一句很常用的成语,它出自中国南宋初期著名的爱国诗人陆游写的《游山西村》一诗。这句成语的意思是这样的:翻过层层叠叠的山峦,越过盘旋曲折的溪流,只见前面群山环绕,好像已经无路可通了;但是路转峰回,走出山口,眼前又是一个柳绿花红的秀丽山村,进入了一个美好的天地。“shānqióngshuǐjìnyíwúlù,liǔànhuāmíngyòuyīcūn”,zhèshìyījùhěnchángyòngdechéngyǔ,tāchūzìzhōngguónánsòngchūqīzhùmíngdeàiguóshīrénlùyóuxiěde《yóushānxīcūn》yīshī。Zhèjùchéngyǔdeyìsishìzhèyangde:fānguòcéngcéngdiédiédeshān...中国語で読む成語のお話Vol.29「山窮水尽疑無路,柳暗花明又一村」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.28「驕兵必敗」

    “骄兵必败”这句成语,意思是说,骄傲自大的军队必定要失败。古往今来,无数实例都证明了这个真理。“jiāobīngbìbài”zhèjùchéngyǔ,yìsishìshuō,jiāoàozìdàdejūnduìbìdìngyàoshībài。Gǔwǎngjīnlái,wúshùshílìdōuzhèngmínglezhègezhēnlǐ。「驕れる兵は必ず敗れる」、この成語は、驕り高ぶり、尊大にしている軍隊は、必ず敗北するという意味である。古今東西、数えきれない実例がこの真理を証明している。《汉书・魏相传》记载着一个有关骄兵必败的故事。《hànshū・wèixiāngzhuàn》jìzǎizheyīgeyǒuguānjiāobīngbìbàidegùshi。『漢書・魏相伝』に、「驕兵必敗」に関する物語が記載されて...中国語で読む成語のお話Vol.28「驕兵必敗」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.27「奉公守法」

    今回は、「奉公守法」fènggongshǒufǎです。出典は、『史記・廉頗藺相如列伝』(れんぱ・りんしょうじょれつでん)です。赵奢起初是赵国一个征收田税的小官,他很有才干,办事公道。执法严明。一次,赵奢带人到赵国的贵族平原君府上收税。平原君的管家一向狐假虎威,不把国家的法令放在眼里,这次又对赵奢等人非常无礼,嗤之以鼻,还纠集了一伙家丁,百般刁难,拒绝缴纳租税。赵奢见他们这样蛮不讲理,十分气愤,就下令把九个带头闹事的管家抓起来,依法惩办。Zhàoshēqǐchūshìzhàoguóyīgezhēngshōutiánshuìdexiǎoguān,tāhěnyǒucáigàn,bànshìgōngdào。zhífǎyánmíng。Yīcì,zhàoshēdàiréndàozhàoguódeguìzúpíngyuánj...中国語で読む成語のお話Vol.27「奉公守法」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.26「約法三章」

    今回は、「约法三章」yuēfǎsānzhāngです。これは、漢の高祖、劉邦が秦の本拠、関中に攻め入った時に取り決めた三項目の法律に基づいています。出典は、『史記・高祖本紀』です。秦朝末年,刘邦率领起义军首先攻入关中。秦朝的最后一个皇帝,子婴,看见起义军势力强大,自己再也没有力量抵抗了,只好用绳索捆着自己的颈项,坐上白马拉的车子,到刘邦的军营投降。许多将领都劝刘邦杀掉秦王子婴。刘邦说:“他已经投降,再杀他就没有道理了。”于是就派人把子婴看管起来,然后统率大军浩浩荡荡地进入秦朝的首都,咸阳。Qíncháomònián,liúbāngshuàilǐngqǐyìjūnshǒuxiāngōngrùguānzhōng。Qíncháodezuìhòuyīgehuángdì,zǐyīng,kànjiànqǐyìjūnshìlì...中国語で読む成語のお話Vol.26「約法三章」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.25「開卷有益」

    今回の成語は、「开卷有益」kāijuànyǒuyìです。“开卷有益”是一句鼓励人们努力读书的成语。“卷”,是书卷;“开卷”,是打开书,指读书;全句的意思是:读书就会有好处。这句成语来源于下面一个非常有趣的故事。“kāijuànyǒuyì”shìyījùgǔlìrénmennǔlìdúshūdechéngyǔ。“juàn”,shìshūjuàn,“kāijuàn”,shìdǎkāishū,zhǐdúshū;quánjùdeyìsishì:dúshūjiùhuìyǒuhǎochù。Zhèjùchéngyǔláiyuányúxiàmiànyīgefēichángyǒuqùdegùshi。「開巻有益」というのは、人々に努力して本を読むよう励ます成語です。「巻」とは「書巻」、すなわち昔は巻物であった書物のことです。「開巻...中国語で読む成語のお話Vol.25「開卷有益」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.24「志在四方」

    晋の文公、重耳今回は、「志在四方」zhìzàisìfāng。出典は、『志在四方』の中の、晋の公子、重耳の国外逃亡の物語です。春秋时期,晋献公宠爱妃子骊姬,把她生的儿子立为太子,又逼死了原来的太子申生。申生的弟弟重耳、夷吾等人,只好逃亡到国外。Chūnqiūshíqī,jìnxiàngōngchóng’àifēizilíjī,bǎtāshēngdeérzilìwéitàizǐ,yòubīsǐleyuánláidetàizǐshēnshēng。Shēnshēngdedìdichóngěr,yíwúděngrén,zhǐhǎotáowángdàoguówài。春秋時代、晋の献公が寵愛した妃の驪姫が、彼女の産んだ息子を皇太子に立て、また元の皇太子の申生を死に追いやった。申生の弟の重耳や夷吾などは、国外に逃亡するしかなか...中国語で読む成語のお話Vol.24「志在四方」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.23「呕心沥血」

    今回は、「呕心沥血」ōuxīnlìxuèです。実は、この成語は、「呕心」と「沥血」という二つの語句から成り、それぞれ出典が異なります。「呕心」は、『新唐書・李賀伝』の中で、李賀が詩作する時の話として出てきます。「沥血」は唐の韓愈の書いた『帰彭城』という詩の中に出てきます。李贺(公元790-816年),字长吉,河南福昌人。他是唐朝中期一位非常杰出的诗人,很有才华,并把全部心血倾注到诗歌的创作上。在他短暂的一生中,写出了许多优秀的诗篇。Lǐhè(gōngyuán790-816nián),zìchángjí,hénánfúchāngrén。Tāshìtángcháozhōngqīyīwèifēichángjiéchūdeshīrén,hěnyǒucáihuá,bìngbǎquánbùxīnxuèqīngzhùdàos...中国語で読む成語のお話Vol.23「呕心沥血」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.22「克己奉公」

    祭遵は光武帝の下で軍市令に任命された。彼は、法を厳格に運用し、私情を挟まなかったので、人々の称賛を受けた。今回は「克己奉公」kèjǐfènggōngです。『後漢書・祭遵伝』に出てくる話です。祭遵是颍川人。他从小就努力攻读各种经史,立志要干一番大事业。祭遵家庭很富裕,但他从不讲究吃穿,过着俭朴的生活。zhàizūnshìyǐngchuānrén。Tācóngxiǎojiùnǔlìgōngdúgèzhǒngjīngshǐ,lìzhìyàogànyīfāndàshìyè。zhàizūnjiātínghěnfùyù,dàntācóngbùjiǎngjiūchīchuān,guòzhejiǎnpǔdeshēnghuó。祭遵は潁川の人である。彼は幼い時から様々な経典や歴史書を読もうと努力し、大きな事業を成し遂げようという志...中国語で読む成語のお話Vol.22「克己奉公」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.21「大公無私」

    今回は、「大公无私」dàgongwúsīです。これは『呂氏春秋』に出てくる話です。春秋时期,有一次,晋国的君主平公问他的大臣:“如今,南阳县缺了一个县令,你们看谁能担任这个职位呢?”大夫祁黄羊说:“解狐这个人可以胜任。”平公有点奇怪,就问:“解狐不是你的仇人吗?”祁黄羊说:“是的。但是,你问的是谁能当好南阳县令,而不是问谁是我的仇人呀!”平公点点头,说:“好。”于是他就任用解狐为南阳县令。不久,解狐就把南阳治理得井井有条,受到人民的称赞。Chūnqiūshíqī,yǒuyīcì,jìnguódejūnzhǔpínggōngwèntādedàchén:“rújīn,nányángxiànquēleyīgexiànlìng,nǐmenkànzhuínéngdānrènzhègezhíwèine?”dàfūqíhuá...中国語で読む成語のお話Vol.21「大公無私」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.20「玩物喪志」

    今回のお話は、「玩物丧志」wánwùsàngzhìです。これは、『春秋左氏伝』に出てくる話です。春秋时期,卫国的君主懿公,是一个很讲究吃喝玩乐的人。他有个特别的嗜好,就是喜欢玩仙鹤。他养的仙鹤,吃得好,住得好。他还给仙鹤封官晋爵。那些被封了官的仙鹤外出时,坐在“轩”(古时候大夫坐的有装饰的车子)上招摇过市。懿公一心沉迷在这些玩艺之中,把国家大事、人民生活等等,全都置之脑后。Chūnqiūshíqī,wèiguódejūnzhǔyìgōng,shìyīgehěnjiǎngjiūchīhēwánlèderén。Tāyǒugetèbiédeshìhào,jiùshìxǐhuānwánxiānhè。Tāyǎngdexiānhè,chīdehǎo,zhùdehǎo。Tāháigěixiānhèfēngguānjìnjué...中国語で読む成語のお話Vol.20「玩物喪志」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.19「死灰復燃」

    今回は「死灰复燃」sǐhuīfùrán、『史記・韓長孺列伝』に書かれているお話を出典とする成語です。古时候,有个官员名叫韩安国,字长孺,是汉代成安县人。他曾在梁国做过中大夫。公元前154年,吴王刘濞联合了好几个诸侯国,一齐起兵反叛中央政权。韩安国统率梁国的军队,和朝廷的军队一起讨伐叛军,扫平了刘濞发起的叛乱,立了大功。Gǔshíhou,yǒugeguānyuánmíngjiàohánānguó,zìchángrú,shìhàndàichéngānxiànrén。Tācéngzàiliángguózuòguozhōngdàfū。Gōngyuánqián154nián,wúwángliúbìliánhélehǎojǐgezhūhóuguó,yīqíqǐbīngfǎnpànzhōngyāngzhèngquán。Hán...中国語で読む成語のお話Vol.19「死灰復燃」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.17「汗馬功労」

    今回は、「汗马功劳」hànmǎgōngláo。これには、いくつか出典があるようですが、ここでは『史記・蕭相国世家』の中の話を取り上げます。蕭何相国萧何是汉高祖刘邦手下最重要的谋臣之一。在刘邦统一天下的过程中,萧何尽心竭力,出谋划策,帮助刘邦制定了一系列正确的策略。萧何善于发现人材,那位富有军事才能的汉军元帅韩信,就是他全力向刘邦保荐的。当刘邦和项羽争夺天下的时候,萧何坐镇关中,组织好人力、物资,源源不断地送上前线,保证了汉军的供给,为刘邦战胜项羽、统一天下作出了巨大的贡献。Xiàngguóxiāohéshìhàngāozǔliúbāngshǒuxiàzuìzhòngyàodemóuchénzhīyī。Zàiliúbāngtǒngyītiānxiàdeguòchéngzhōng,xiāohéjìnxīnjiélì...中国語で読む成語のお話Vol.17「汗馬功労」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.17「千変万化」

    穆王に人形を見せる偃師今回の成語は、「千変万化」qiānbiànwànhuà(せんべんばんか)です。戦国時代、諸子百家の中の道家の一つ、『列子』の中に出てくる話です。西周的时候,有一次,周穆王到西部地区打猎。途中,有人向穆王推荐一个有名的工匠,名叫偃师。穆王召见他,对他说:“听说你是非常能干的人,你到底有些什么本领?”偃师说:“大王想要什么,我都可以造出来。不过,我已经做好了一个现成的,请大王先看看吧。”穆王说:“好,你明天带来,我和你一起看。”Xīzhōudeshíhou,yǒuyīcì,zhōumùwángdàoxībùdìqūdǎliè。Túzhōng,yǒurénxiàngmùwángtuījiànyīgeyǒumíngdegongjiàng,míngjiàoyǎnshī。mùwángzhàojiànt...中国語で読む成語のお話Vol.17「千変万化」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.16「摸棱两可」

    蘇味道今回は、「摸棱两可」móléngliǎngkě(「模棱两可」と書くこともあります。発音は同じ)です。『旧唐書・蘇味道伝』に出てくる話です。唐朝的时候,有个士人叫苏味道。这人的文才不错,在当时颇有点名气,做了多年的官,甚至还做了几年大官。苏味道的名字能够流传下来,不在于他这个名字的稀奇,也不是由于他做官时有什么“德政”,而是因为他有一个饶有风趣的绰号,“苏摸棱”。tángcháodeshíhou,yǒugeshìrénjiàosūwèidào。Zhèréndewéncáibùcuò,zàidāngshípōyǒudiǎnmíngqì,zuòleduōniándeguān,shènzhìháizuòlejǐniándàguān。Sūwèidàodemíngzinénggòuliúchuánxiàlái,bùz...中国語で読む成語のお話Vol.16「摸棱两可」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.15「梁上君子」

    今回の成語は「梁上君子」liángshàngjūnzǐ、『後漢書』に出てくる話です。东汉时期,颍川地方有个名叫陈实的人,当过县里的小官和县令。他出身贫苦,比较了解人民的疾苦,对老百姓也能同情爱护。当时,由于连年发生灾荒,农民的生活非常困苦。Dōnghànshíqī,yǐngchuāndìfangyǒugemíngjiàochénshíderén,dāngguoxiànlǐdexiǎoguānhéxiànlìng。tāchūshēnpínkǔ,bǐjiàoliǎojiěrénmíndejíkǔ,duìlǎobǎixìngyěnéngtóngqíngàihù。Dāngshí,yóuyúliánniánfāshēngzāihuāng,nóngmíndeshenghuófēichángkùnkǔ。後漢(東漢)時代、穎川...中国語で読む成語のお話Vol.15「梁上君子」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.14「姗姗来迟」

    李夫人今回は「姗姗来迟」shānshānláichǐです。これは、『漢書』の『外戚伝』の中に記載されている、漢の武帝と李夫人の間の物語です。李夫人原来是个歌妓,她的容貌极其美丽,而且能歌善舞。汉武帝非常喜爱她,就把她立为夫人。Lǐfūrényuánláishìgegējì,tāderóngmàojíqíměilì,érqiěnénggēshànwǔ。Hànwǔdìfēichángxǐàitā,jiùbǎtālìwéifūrén。李夫人は、元々は歌妓で、容貌が極めて美しく、しかも歌も踊りも上手だった。漢の武帝はたいへん彼女を愛し、夫人(天子の妃の称号)とした。李夫人は現在の河北省定州(河北省南部)の人で、父母や兄弟が皆、音楽に通じ、踊りや楽器の演奏をする楽人の職に就いていました。元々、兄の李延年は罪を犯し、宮刑を...中国語で読む成語のお話Vol.14「姗姗来迟」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.13「不名一文」

    邓通献媚今回は、「不名一文」bùmíngyīwénの話です。前漢の第五代皇帝の文帝(紀元前203年-紀元前157年)から第六代皇帝、景帝(紀元前188年-紀元前141年)の間の出来事が元になっています。邓通是西汉蜀郡人,他是汉文帝最宠爱的臣子。邓通本来就没有什么才干,他只是对皇帝献媚取宠,很得文帝的欢心,被提升到上大夫的高位。文帝赐给邓通大量的金银财物,还把蜀地的一座铜矿山赏给他,让他能够自己铸钱。当时,“邓氏钱”流通天下,邓通的财富多得不可胜数,成了首屈一指的大富豪。Dèngtōngshìxīhànshǔjūnrén,tāshìhànwéndìzuìchóng’àidechēnzǐ.Dèngtōngběnláijiùméiyǒushénmecáigàn,tāzhǐshìduìhuángdìxiànmèiqǔc...中国語で読む成語のお話Vol.13「不名一文」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.12「招揺過市」

    同じ車で衛の国内を巡幸する霊公と南子今回は、「招摇过市」zhāoyáoguòshì、これは『史記』の『孔子世家』に出てくる話です。春秋末期,孔子到处讲学,宣传他的政治主张,希望诸侯能够采纳他的意见。一次,孔子带着子路等学生来到了卫国。当时,把持卫国朝政的是卫灵公的夫人南子。南子这个女人,平时贪慕权势,好出风头,名声很不好。因此,孔子不愿去见她。南子知道孔子学识渊博,颇有名气,想利用孔子来提高自己的声望。于是,她就派人去见孔子,并对孔子说:“各国到这里来的君子,如果想与我们的国君交好,就一定要求见南子。您为什么不去见她呢?她是很愿意与您认识的。”孔子没有办法,只好去见南子。Chūnqiūmòqī,kǒngzǐdàochùjiǎngxué,xuānchuántādezhèngzhìzhǔzhāng,xīwàngzh...中国語で読む成語のお話Vol.12「招揺過市」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.11「卷土重来」

    今回は、「卷土重来」juǎntǔchóngláiです。司馬遷『史記・項羽本紀』に出てくる話が元になっています。秦朝被推翻以后,楚王项羽与汉王刘邦争夺天下。由于项羽骄傲自大,残暴不仁,失去了民心,力量逐渐由强变弱,最后经过垓下一战,终于全军覆没。项羽带着几百名骑兵突围而走,汉军在后面紧追不舍。Qíncháobèituīfānyǐhòu,chǔwángxiàngyǔyǔhànwángliúbangzhēngduótiānxià.Yóuyúxiàngyǔjiāoàozìdà,cǎnbàobùrén,shīqùlemínxīn,lìliangzhújiànyóuqiángbiànruò,zuìhòujīngguògāixiàyīzhàn,zhōngyúquánjūnfùmò.Xiàngyǔdàizhejǐbǎimíng...中国語で読む成語のお話Vol.11「卷土重来」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.10「水滴石穿」

    今回は、「水滴石穿」shuǐdīshíchuānの話です。小水滴,它是多么柔软,又是多么微不足道;而石头却是那样坚硬,不易摧毁。可是累月地滴下去,水滴真的能把石头滴穿。xiǎoshuǐdī,tāshìduōmeróuruǎn,yòushìduōmewēibùzúdào;érshítouquèshìnàyangjiānyìng,bùyìcuīhuǐ.Kěshìlěiyuèdedīxiàqu,shuǐdīzhēndenéngbǎshítoudīchuān.小さな水滴は、たいへんしなやかで柔らかで、また取るに足らないものだ。一方、石は硬くて、簡単には叩き割ることができない。けれども、長い年月の間、水が垂れ続けると、水滴が本当に石に穴を開けることができる。南宋の羅大経(らたいけい)の著した『鶴林玉露』という随筆集の中に...中国語で読む成語のお話Vol.10「水滴石穿」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.9「懸梁刺股」

    「刺股」と「悬梁」今回の成語は、「悬梁刺股」xuánliángcìgǔです。この成語は、「悬梁」と「刺股」、ふたつの話より成立したものです。“悬梁刺股”这句成语和“映雪囊萤”一样,都是讲古人刻苦学习的故事。“xuánliángcìgǔ”zhèjùchéngyǔhé“yìngxuěnángyíng”yīyàng,dōushìjiǎnggǔrénkèkǔxuéxídegùshi.「懸梁刺股」という成語は、「映雪嚢蛍」と同様、昔の人が苦労をして勉強することを言った話である。「映雪嚢蛍」は、一般には「囊萤映雪」nángyíngyìngxuě、或いは「囊萤积雪」nángyíngjīxuěと言い、いわゆる「ほたるの光窓の雪」ですが、苦労して学問に励むという意味は同じです。出典は元末、明初の劇作家、賈仲明の『蕭淑蘭』です。古...中国語で読む成語のお話Vol.9「懸梁刺股」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.8「外強中干」

    春秋時代の戦車今回の成語は、「外强中干」wàiqiángzhōnggānです。出典は、『春秋左氏伝』で、紀元前7世紀ごろのお話です。お話に入る前に、この話の舞台、春秋時代の晋と隣国、秦の関係を知る必要があります。紀元前651年に晋の献公が死ぬと、後継争いで晋国内は乱れました。晋の公子夷吾は、当時、梁に亡命していましたが、晋公の座に着くために、隣国、秦の穆公に援助を要請しました。穆公は夷吾の兄の重耳の方を人格的に好んでいましたが、重耳が辞退したことと、英邁の誉れ高い重耳に比べると出来の悪い夷吾を晋公に推せば、何かと自分に有利になると踏んで、夷吾を晋に入れて恵公としました。この時に恵公は穆公に礼として、黄河以西の領土の割譲を約束していました。しかし、晋に入った恵公は約束を破り、晋国内で悪政を行いました。春秋时期,有...中国語で読む成語のお話Vol.8「外強中干」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.7「趾高気揚」

    今回は「趾高气扬」zhǐgāoqìyáng、これは、『春秋左氏伝』(『左伝』と通称される)に出てくる話です。『左伝』は、孔子が編纂したとされる歴史書、『春秋』の注釈書のひとつで、孔子の弟子の左丘明によって書かれたものとされています。尚、文中で中国湖北省、河南省近辺の地名が出てきますが、もしお手元に中国の分省地図をお持ちでしたら、それで場所を確認しながら見ていただくと、当時の楚の領土拡張の動きが分かって、おもしろいです。春秋时期,楚国的莫敖(官名)屈瑕几次带领大军出征,都获得了胜利,因而威震一时。公元前六九九年,屈瑕领兵进攻“绞”国,用计打败了固守城池的绞军,迫使绞人与楚国签订了屈辱的条约。Chūnqiūshíqī,chǔguódemòáo(guānmíng)qūxiájǐcìdàilǐngdàjūnchūzhē...中国語で読む成語のお話Vol.7「趾高気揚」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.6「亡羊補牢」

    「亡羊补牢」wángyángbǔláoの話は、『戦国策』(前漢(BC206-AD8)の劉向が編纂。戦国時代の遊説の士の言説、国策、献策や逸話を、国別に分類し、まとめたもの)のうち、『楚策』の中に記載されているものです。战国时期,楚襄王昏庸腐败,信用小人,使国家一天天衰落下去。Zhànguóshíqī,chǔxiāngwánghūnyōngfǔbài,xìnyòngxiǎorén,shǐguójiāyītiāntiānshuāiluòxiàqù.戦国時代、楚の襄王(じょうおう)は愚昧で堕落し、つまらない人間を信用し、国を日に日に衰えさせた。大臣庄辛劝谏襄王说:“大王,您身前身后,总是围着州侯,夏侯,鄢陵君,寿陵君这几个人,可他们无德无才,只会献媚取宠,使您一味放荡奢侈,沉迷酒色。这样下去,郢都(楚国的首都)就危险...中国語で読む成語のお話Vol.6「亡羊補牢」

  • 中国語で読む成語のお話Vol.5「熟能生巧」

    今回のお話は、北宋(960-1127年)の時代、政治家であり文人であった欧陽修(1007-1072年)が著した『欧陽文忠公文集』に出てくる話で、一般には『卖油翁』(油売りの翁)という寓話で知られています。また、陳堯諮(ちんぎょうし)は実在の人物で、科挙の試験に首席で合格して役人となり、書を能くし、武術にも秀でた人物でした。北宋年间,有一位叫陈尧咨的官员,他很擅长射箭。有一次,他拿了一个铜钱作为靶子,一箭射去,不偏不倚,正好射中钱眼。人们纷纷赞他的箭法举世无双,他自己也有点自命不凡了。Běisòngniánjiān,yǒuyīwèijiàochényáozīdeguānyuán,tāhěnshànchángshèjiàn.Yǒuyīcì,tānáleyīgetóngqiánzuòwéibǎzi,yījiànshè...中国語で読む成語のお話Vol.5「熟能生巧」

カテゴリー一覧
商用