searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
カレー細胞 -The Curry Cell-
ブログURL
https://currycell.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
一日1〜2回カレーな生活。東京を中心にあらゆるカレーと辛いものを毎日紹介。たまに生き物記事も。
更新頻度(1年)

141回 / 218日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2010/06/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カレー細胞/H.Matsuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
カレー細胞/H.Matsuさん
ブログタイトル
カレー細胞 -The Curry Cell-
更新頻度
141回 / 218日(平均4.5回/週)
読者になる
カレー細胞 -The Curry Cell-

カレー細胞/H.Matsuさんの新着記事

1件〜30件

  • フィヨルドなき六本木を継ぐ、極上ブラックカレー。「YPN」(六本木)

    名店「フィヨルド」が閉店しカレーロスな六本木。ひょんなことから素晴らしいカレーを発見しました。六本木交差点のすぐ裏あたりの雑居ビル4階。「YPN」ダーツバーのランチカレー。美味しかったら儲けもの、くらいの期待値だったのですが・・・申し訳ありませんでした。まず、やってきたメニューにビックリです。このラインナップ、ダーツバーがランチ需要に応えパッと作ったのとは明らかに気合いが違います。もはやカレー専門店。...

  • 京の都のカレー呑み処。「謹製咖喱酒舗アムリタ」(円町)

    さぁ、京都でスパイス呑みのカレー呑み。訪れたのは円町。近年カレー店が増えてきている場所です。「謹製咖喱酒舗アムリタ」スパイスバルやカレー居酒屋がずいぶん増えた東京とは違って、関西で堂々とカレー酒場を名乗る店はさほど多くはありません。しかも京都らしい、たおやかな店構え。これは貴重ですね。お店の奥に広がるお座敷席。寛ぎ過ぎてダメになりそう。カウンター席にはスパイスがズラリ。私の好きなオピーアも置いてあ...

  • トゥクトゥクのあるトゥクトゥク。「タイスタイル トゥクトゥク」(本郷三丁目/水道橋)

    本郷三丁目駅と水道橋駅のちょうど中間あたり。いきなり現れるタイのトゥクトゥク。もちろんここはタイ料理のお店。その名も・・・「タイスタイル トゥクトゥク」トゥクトゥクのあるトゥクトゥク。覚えやすいですね。この日は14時30分ころの訪問。客は私1人でした。卓上調味料は完全に現地食堂。ワクワクします。★バミーヘーン ガパオ ガイ ¥850私の大好きなタイの汁なし麺バミーヘーン。その上に鶏ガパオがどっさり乗った嬉しい合...

  • スパイスカレーで煩悩越え。目黒の新店へ。「KERAKU」(目黒)

    目黒に本格スパイスカレー店誕生!場所はカレーうどんの名店「こんぴら茶屋」のすぐ脇。「KERAKU」(ケラク)オープンは2020年6月9日。韓国料理店「サムギョ!」が業態変更して生まれたカレー店で、カレーの監修は代々木上原の人気店「ハルダモンカレー」。こちらの厨房を仕切るのは韓国人シェフのジャンホさんです。店名のKERAKUとは「煩悩を超越した快楽」を意味するそう。煩悩からの解放目指して、早速いただいてみましょう。★A...

  • 荻窪カレーの後は荻窪コーヒーで。「ミドリノコーヒーマメバイセン」(荻窪)

    カレーを毎日食べていると珈琲が欲しくなるんです。荻窪の路地裏にちょっと気になる珈琲焙煎所が誕生していました。「ミドリノコーヒーバイセン」まず気になったのは店名。神戸の好きな焙煎所「GREENS COFFEE ROASTER」と似た名前、というか同じ名前!店の雰囲気もどこかアジアの港町を思わせます。店内には世界各国のコーヒー豆がズラリ。あ、インドやミャンマーの豆もあるそ。店内でも一服できるので、ちょいと一息。★ブレンドコ...

  • 本気のネパール料理と近隣ネパール人の熱気。「ガルアーガン」(池袋)

    池袋西口、様々なスパイス料理店や激辛店、カレー店が犇めく「池袋スパイスストリート」。ここにまた、ネパール料理の素晴らしいお店が誕生しました。「ガルアーガン」2020年9月20日オープン。新大久保「ナングロガル」「アーガン」、大塚「カスタマンダップ」などと同様、カトマンズ盆地に住むネワール族料理が楽しめるお店です。早速入ってみましょう。扉を開けてビックリ!賑やかな音楽と楽しそうな歌声。ステージに上がり熱唱...

  • 偏愛食堂 【第一弾】愛しのスパイス&カレー ~あなたの知らないインド料理~

    あなたはインド料理と聞いて何を思い浮かべますか?バターチキン?ナン?いやいや、それはインド料理のほんの一部分にすぎません。13億の人々が住むインドには、まだまだ未知の料理がたくさん。さぁ、インド人自身も知らない、珍しいスパイス料理を体験してみませんか?*****************西武渋谷店8階で新たにスタートした『偏愛食堂』。その第一弾のテーマはスパイス&カレー。プロデュースする偏愛フーディス...

  • 荻窪で居酒屋使いのインネパ店。「インド・ネパール料理マナカマナ」(荻窪)

    荻窪北口、駅からほど近い雑居ビル2階。「インド・ネパール料理マナカマナ」マナカマナという名前のお店は都内に数あれど、そのほとんどが無関係。こちらはインド・ネパール料理を揃えたダイニングバーといった感じのお店です。奥に長く、窓が多い作りの店内は換気も万全。メニューにはちょいちょい、他にはあまりないモノも。ベジのビンダルーなんて初めて見ましたぞい。ただでさえ安い酒類がさらにキャンペーン価格に。★タージ...

  • 調布市に待望のスパイスカレー店誕生。「はるさーカレー南国屋」(柴崎/つつじヶ丘)

    ついに!調布市にもスパイスカレーのお店が誕生!場所は京王線柴崎駅とつつじヶ丘駅からいずれも5分程度、住宅地の中にある、西つつじヶ丘児童遊園のすぐ脇。というか、完全に一般住宅に紛れていますが、こちらがそのお店。「はるさーカレー南国屋」2020年9月9日オープン。経営するのは石垣島出身の奥さんと東京出身のご夫婦。出産を機にこちらに越してきて、家の前の児童公園に遊びに来る親子連れが寛げる飲食店が近くにないこと...

  • 家庭的かつ贅沢なカツカレーの味。「カレーハウスちとせ」(芦花公園)

    京王線でも特にマイナー駅といえる芦花公園。半ばシャッターが閉まった北口商店街には、それでも昭和の香りがするお店が点在しています。地元民に愛される、こちらのカレーライス屋さんもいい感じ。「カレーハウスちとせ」創業1993年。・・・ということは平成生まれなのか。とてもそうとは思えない昭和風情がたまりません。店内にはカウンター席とテーブル席が。厨房には2人の女性。上のテレビでは懐メロ番組が流れていたのですが...

  • シンガポールの定番朝食カヤトーストの人気店、日本初進出!「ヤクン カヤトースト」(都庁前)

    シンガポールの定番朝食「カヤトースト」、その人気老舗が日本初進出!「ヤクン カヤトースト新宿住友ビル店」(Ya Kun Kaya Toast)2020年6月15日オープン。「Ya Kun Kaya Toast」は創業1944年。現在はシンガポール国内で70店舗以上、世界10カ国で約120店舗を展開する有名チェーン。こちらも朝7時からの営業となっており、新宿での気の利いた朝食需要に応えるお店となっています。メニューにはカヤトーストの他、ラクサや海南鶏飯...

  • 帰りたくないあなたの居場所。「バーンサイアム」(国領)

    国領駅から割とすぐ近くの裏路地にあるタイ料理屋さん。「バーンサイアム」Google MAPとかで見るとグルーッと回り込まなきゃ行けないように見えますが、「松屋」が入ったビルの一階を通り抜ければすぐの場所にあります。日曜の夜7時ころに伺ったのですが、店内にはもうベロベロに酔っ払ったオッサンが。帰りたくない~と駄駄をこねていました。余程ここが居心地良いのか、余程家が居心地悪いのか、たぶんその両方なのでしょう。★カ...

  • 注目。代々木公園のスパイスカレー新店。「カレーサファリ」(代々木公園/代々木八幡)

    渋谷の奥、奥渋のさらに奥。代々木公園駅のすぐそばにスパイスカレーの新店発見。「カレーサファリ」2020年9月20日オープン。先日、赤坂のエチオピア料理店「サファリ」が中野に「サファリ カレーショップ」をオープンしたのとは無関係。こちらはスパイスカレーとクレープのお店となっています。(クレープは15 時からの提供)カレーは・チキンカレー・シュリンプカレー・キーマカレー・specialカレーの4種。あいがけもできました...

  • 麻布十番ランチに登場した野菜が美味しいスープカレー店。「KENASHIBA」(麻布十番)

    麻布十番、昨年までランチ間借りで 「adhi curry」が入っていた「CARNISM」。新たなランチタイムにはスープカレー店が登場!「KENASHIBA」 (ケナシバ)2020年3月オープン。間借りかと思ったら実際はそうではなく、夜と同じオーナーによる別業態ランチ店。いわゆる「二毛作店」でした。独特の店名は、シェフの故郷である土地のアイヌ読み。実家が北海道の農家というシェフが、夜は肉だから昼は野菜を活かす料理を、と考え、スープ...

  • Bunkamuraの脇でほど良きスパイス感の辛麺。「頂マーラータン」(渋谷)

    辛い麺が食べたい気分のある日、Bunkamuraのすぐ脇にこんなお店を発見。「頂マーラータン」なんとちょうど良い。さっそく頂きに参りましょう。店舗は階段を降りた地下。とてもカジュアルな雰囲気です。オーダーはメインの具材を選び、トッピング追加していく方式。麺の変更も可能でしたが、ここはやはりデフォルトで。★ラム肉のマーラータン ¥820・辛さ:3羊にすると一気に大陸感が増しますね。スープは鶏ガラに飛魚の焼干、鰹、昆...

  • 調布駅前でビリヤニのあるバル。「ハーブ&スパイスバル Yuming」(調布)

    調布駅前スグ。「since1991 愛されて30年」という文字に一瞬、考え込んでしまう。「ハーブ&スパイスバル Yuming」店頭のメニュー、雰囲気を見る限りネパール人のお店かな?早速入ってみましょう。割と広々とした空間。単独訪問だったので、カウンター端の独特な席へと案内されました。あら、なんだこれ?どうやら、1991年 串焼き おでん 牛たん「遊民」2015年 カジュアルバル「Yuming 108」と業態変更し、2020年「Yuming 森の茶室 ...

  • 調布で発見、まさかの本気スリランカ。「FUSHA tea lounge」(京王多摩川)

    まさか調布で、こんな本格スリランカがいただけるなんて驚きでした。京王多摩川駅から徒歩5分ほどの住宅地。調布駅からだと徒歩20分くらいでしょうか。「FUSHA tea lounge」(フウシャ ティーラウンジ)看板には「Sri Lanka紅茶専門店」とあります。店内ではスリランカ紅茶(セイロンティー)の販売、そして、ゆったりとしたティーラウンジ。ここで優雅にお茶・・・なんて使い方も素敵なのですが、ガチ勢に見ていただきたいのがこ...

  • 駅直結の場所で、ホテルカレーの特別気分を。「西武特別食堂 ホテルオークラ」(池袋)

    西武池袋本店8階ダイニングパーク池袋。ホテルオークラによる優雅なレストラン。「西武特別食堂 ホテルオークラ」一瞬、会員制?って思ってしまう店名ですが、普通にレストランとして利用できます。ショーケースのサンプルもクオリティが高いですね。カレーはチキンカレー、野菜カレー、ロースカツカレーの3種が用意されていました。店内はちょっとしたホテルの宴会場。テーブルやパーテーションを組み替えれば色々なレセプション...

  • 東宝脇に、ネパールの聖なる山。「マウント・フィッシュテール」(成城学園前)

    成城学園前駅から徒歩12分ほど。東宝撮影所近くにある本格ネパール料理店。「マウント・フィッシュテール」オープンは1999年。ネパール人によるインド料理店、通称「インネパ店」がひしめくこの地域で、ここまでネパール料理を全面に押し出して長く続けているお店は他にありません。店名はネパールの聖なる山マチャプチャレから。頂が2つに分かれ魚の尾のように見えることから「魚の尾」を意味するマチャプチャレという名がつけら...

  • エッジの裏に隠れていた優しさ。「カレー食堂 リトルスパイス」再訪(吉祥寺)

    こちらはどうやら9年ぶりの訪問でした。カフェカレー文化が花開いた吉祥寺において、独自のスタンスで知られた老舗カレー店。「カレー食堂 リトルスパイス」インドやスリランカのスパイス料理をベースにしたカレーライスがいただけるお店。オープンは2004年。昨今流行りのスパイスカレーの大大大先輩と言えるでしょう。昔はなんとなく、敷居が高いお店という印象を持っていました。売り切れ早仕舞いと臨時休業が多く、入れないこと...

  • 時が止まった地下空間で、カレーと珈琲と文化の香りを楽しむ。「くぐつ草」再訪(吉祥寺)

    後で調べたら8年ぶりの訪問だったようです。「中央線文化」の中心として、演劇・映像・音楽などに携わる文化人たちが集う吉祥寺。彼らはバーで酒を飲み、カフェで珈琲とカレーをいただきながら親交を深め、議論を重ねてきました。そんな吉祥寺カフェカレーを代表する3店といえば、「まめ蔵」「武蔵野文庫」そしてここ。「くぐつ草」創業は1979年。ポップな感覚のある「まめ蔵」、文学の香りがする「武蔵野文庫」と比べここはより...

  • 独自にローカライズされたインド料理ランチ。「ローカルインディア 調布パルコ店」(調布)

    恵比寿に本店をもつ「ローカルインディア」が調布に進出。「ローカルインディア調布パルコ店」このところ京王沿線への出店が相次ぐ「ローカルインディア」ですが、こちらはリニューアルした調布パルコの7階に2019年11月20日オープン。パーテーションによる程よいプライベート感と、程よい開放感。なかなかの居心地ですね。「ローカルインディア」の料理は「インドのローカル料理」ではなく「日本向けにローカライズされたインド料...

  • 池袋ドラゴンイン。「龍門客棧」(池袋)

    地域色豊かな中華料理店が続々増える池袋。広東、北京、四川だけでなく、延辺料理にウイグル料理、甘粛省料理・・・そしてまた、思いもよらぬ角度からビビッとくる地方菜レストランを発見。「龍門客棧」はい、まずビビッと来るのはカンフー好き、いや武侠映画好きでしょうか。香港アクション映画黎明期の巨匠キン・フー監督による「残酷ドラゴン 血斗竜門の宿」(原題:龍門客棧)とそのリメイク「ドラゴン・イン/新龍門客棧」。砂...

  • ディーン・フジオカ御用達フォー、池袋に進出。「フォーおいしい」(池袋)

    ディーン・フジオカ氏御用達のフォー専門店として知られる小岩「フォーおいしい」が、西武池袋本店の屋上に進出!「フォーおいしい」店名どおり、フォーがおいしいお店なのです。こちらではフォー以外にも串焼きなどベトナム屋台料理も。まぁ、最初はフォーを頼むべきでしょう。なにせ「フォーおいしい」ですから。オーダーと会計を済ませ、屋上の好きな席へ。料理ができるとブザーで呼んでくれます。★牛肉のフォー(辛口) ¥650ベ...

  • 池袋に忽然と現れた、謎スリランカ。「フロリダ亭」(池袋)

    遂に池袋にスリランカ料理登場!場所は池袋サンシャインタワー・・・といっても、60階建てのアレではなく。写真右の建物でした。「フロリダ亭」なんでスリランカでフロリダ?理由はシンプル。オーナーの斎藤「マサ」さんがフロリダ帰りだから。まるでゲストハウスのロビー。ふっかりしたソファーが並び、どう見ても飲食店には見えませんが、ここが「フロリダ亭」。実はこちら、オーナーが所有するマンション。外国人留学生が多く住...

  • 磯丸ゴーゴーカレーに、大手チェーンの工夫が。「磯丸水産池袋東口店」

    24時間海鮮飲みがトレードマークだった「磯丸水産」にラストオーダーという概念を生じさせたコロナ禍。だけど仕掛けています。こういう時こそカレー。10 月4日まで、ゴーゴーカレーと組んだ海鮮カレーを出しているんですね。今回訪れた店舗はこちら。「磯丸水産池袋東口店」ガッツポーズが似合う2人のおじさん写真が光ります。ビニールのパーテーションが張り巡らされた店内。磯丸の世界観だとそれも場内市場っぽく見えるから不思...

  • 「A.SU Asian Soup Kitchen」(表参道)

    表参道のお洒落な屋台村。COMMUNEにスパイス系のお店が増えています。本日はこちらのお店をご紹介。「A.SU」店名は「Asian Soup」の略。その名の通り、アジア各国の汁物料理をテイクアウト感覚で気軽にいただけるお店となっています。一見お洒落なんだけど、スープのラインナップがなかなか凄くて、・バイグータン/台湾・ラクサ/シンガポール・フィッシュカレー/スリランカ・ソト・ダギン/インドネシア・トム・ヤム・クン/タイ・ス...

  • カレー細胞プロデュース!西武池袋本店「東京カレーカルチャー」2020.9.2-22 開催!!

    9/2(水)~9/22(火・祝)の3週間、西武池袋本店でカレー細胞プロデュース「東京カレーカルチャー」が開催!音楽・アート・ファッション・文学、時代を彩るカルチャーとカレーには切っても切れない関係があります。感性に訴えかける刺激、文化や国境を超えていくチカラ。カレーという概念そのものがカルチャーであると考えます。「カルチャーとしてのカレー」を多角的に捉えることで、東京の「今」を体感する、今までにない試み...

  • あの名シェフが手掛ける南北インドの世界。「アロマズ・オブ・インディア2.0」(飯田橋)

    北インド料理の名店と謳われた秋葉原「ジャイヒンド」閉店後、シェフのアミットさんが新たに立ち上げた「アロマズ・オブ・インディア」。その2号店が飯田橋に誕生しました。「アロマズ・オブ・インディア2.0」同じビルの同じフロアにインド料理を提供する「SAPANA」がある立地にも驚きですが、あちらはネパール人によるインド料理とアジア各国料理、こちらはオーセンティックなインド料理という差別化であります。デリーのマウリ...

  • 表参道COMMUNEでチャイとブラックカレー。「URN chai & tea」(表参道)

    久しぶりに寄った表参道COMMUNE。いつの間にかスパイス系の店が増えていました。今回立ち寄ったのはこちら。「URN chai & tea 」(アーン チャイアンドティー)軽井沢にも店舗をもつチャイと紅茶のお店。オープンは2020年4月ですが、直後のコロナ禍で実質営業スタートしたのは6月だったようです。ホント、この時期スタートした飲食店は宣伝も満足にできなかったところも多く、まだまだ知られていない店が多いのですよね。ステージ...

カテゴリー一覧
商用