プロフィールPROFILE

みるとるみさんのプロフィール

住所
港区
出身
神奈川県

徒然なるままに書きとめた文章たち。 男と女。恋愛と結婚。人生の目的。季節の移ろい。 "Thought is an end in itself, like music." アインシュタインの言葉に意を強くして、日々思索にふける毎日。

ブログタイトル
凪の風鈴
ブログURL
https://miltlumi.exblog.jp/
ブログ紹介文
中学卒業文集の「将来の夢」に「エッセイスト」と書いたのは何年前か。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2010/01/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みるとるみさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みるとるみさん
ブログタイトル
凪の風鈴
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
凪の風鈴

みるとるみさんの新着記事

1件〜30件

  • 光と影

    古代ギリシアやローマ、インド、そしてイスラムでは、世界は4つの元素から出来ていると言われていた。火、水、土、そして、空気。ひとの身体は、ほとんどが水で出来...

  • 母のおしゃべり

     母は80をとうに越えているが、おかげさまで頭も体もまだまだしっかりしている。しかも、隣の家に住んでいる兄夫婦が何くれと世話をしてくれているおかげで、娘の...

  • 母のおしゃべり

     母は80をとうに越えているが、おかげさまで頭も体もまだまだしっかりしている。しかも、隣の家に住んでいる兄夫婦が何くれと世話をしてくれているおかげで、娘の...

  • 東京タラレバ(元)娘

     少し前のことだが、とある高名なビジネス著作家から、「ぜひ読んでみてください」と推薦された本がある。「東京タラレバ娘」という漫画本である。30代前半、ビミ...

  • 東京タラレバ(元)娘

     少し前のことだが、とある高名なビジネス著作家から、「ぜひ読んでみてください」と推薦された本がある。「東京タラレバ娘」という漫画本である。30代前半、ビミ...

  • ひとり暮らし

    谷川俊太郎の「ひとり暮らし」というエッセイ本からの抜き出し。そして、それを読んだときに思い浮かんだ、切れぎれの想い。「空」一日は夕焼けだけで成り立っている...

  • ひとり暮らし

    谷川俊太郎の「ひとり暮らし」というエッセイ本からの抜き出し。そして、それを読んだときに思い浮かんだ、切れぎれの想い。「空」一日は夕焼けだけで成り立っている...

  • かぼちゃの宇宙

    北海道産の立派なかぼちゃが安かったので、一個丸ごと買った。包丁を入れて半分に割って、くりくりした種をこそぎとる。 現れた空洞は、今の今まで、地球の空気に一...

  • かぼちゃの宇宙

    北海道産の立派なかぼちゃが安かったので、一個丸ごと買った。包丁を入れて半分に割って、くりくりした種をこそぎとる。 現れた空洞は、今の今まで、地球の空気に一...

  • 遅ればせながらのメルカリデビュー

     基本的に時代の流れに疎い。流行りモノはすかさずキャッチ、どころか、胡散臭げな眼差しで遠巻きにするのが常で、世の中がそろそろ飽きてきた頃に、ようやく手を出...

  • キミは天国を見たか?

     つかぬことを伺いますが、天国を見たこと、ありますか? 私は、なんとつい先日、見てしまいました。 熱中症でアタマをヤラれたわけでも、交通事故で生死の境をさ...

  • お盆の日に

     先週のお盆は、台風が西日本を縦断してタイヘンだった。被害に遭われた方々、謹んでお見舞い申し上げます。が、台風進路の真下に住む甥っ子は、自称「晴れ男」なの...

  • 立秋のあとの夜

    今年は夏の訪れが遅かった分、暑くなったと思ったらもう残暑見舞いの時節だ。不思議なもので、梅雨明けは毎年気まぐれに早くなったり遅くなったりするくせに、立秋を...

  • 手を握ってくれる相手

     類は友を呼ぶ。私の友達には、男勝りの女性(&バツいち)が多い。その中の一人、Aさんとの久しぶりのディナーで、こんな会話が展開された。 A「母って、私に似...

  • 初夜

     「あのとき、ほんの一歩を踏み出していれば…」 ずっとあとになって気づいて、そのとき失ったものの大きさに呆然とすることがある。 けれど、あのとき、あの瞬間...

  • 死ぬまでに食えるメシ

     もう3年以上も前だろうか。私より四半世紀年上の御大が、忙しい会議の合間にかきこむべく秘書が買ってきたお弁当を見て、キレた。 「死ぬまでに食えるメシの回数...

  • 箱根時間

     真鶴に住んでいた私にとって、箱根は、まあ庭みたいなものだ。湯河原から大観山経由、有料道路も使わずクルマで30分もあれば芦ノ湖畔に到着できた。 23区内の...

  • 女王陛下のお気に入り

     なんか面白そう、と思って見に行った映画。鑑賞した直後の一言感想をインタビューされたら、きっと「げっそりしました」と答えていただろう。 「権力闘争」「権謀...

  • 女王陛下のお気に入り

     なんか面白そう、と思って見に行った映画。鑑賞した直後の一言感想をインタビューされたら、きっと「げっそりしました」と答えていただろう。 「権力闘争」「権謀...

  • 女王陛下のお気に入り

     なんか面白そう、と思って見に行った映画。鑑賞した直後の一言感想をインタビューされたら、きっと「げっそりしました」と答えていただろう。 「権力闘争」「権謀...

  • 井上靖と母

     井上靖のエッセイについて、もう1つ。 「団欒という言葉はいい。一家団欒という言葉はよく使われるが、しかし、実際に一家団欒といえる状態を、家庭の中に生み出...

  • 井上靖と母

     井上靖のエッセイについて、もう1つ。 「団欒という言葉はいい。一家団欒という言葉はよく使われるが、しかし、実際に一家団欒といえる状態を、家庭の中に生み出...

  • 井上靖と父

     神保町の古本屋さんでなんとなく手にした井上靖のエッセイを読んでいる。昭和54年に書かれたものだ。その中で何度か、自分の父親のことを書いている。こんな内容...

  • 何だかそわそわする何も手につかない何かを待っている。。。雪。12月はとっくに過ぎてしまったけれど山下達郎のクリスマスイブを聴きたくなる哀しすぎる歌なのにな...

  • 神様の棲み処

    長年あこがれていた高千穂に、ようやく行ってきた。元はと言えば、友人がFacebookにアップしていた天安河原(あまのやすがわら)の写真が、あまりのパワーに...

  • 新しい日記帳

     毎年この時期になると、丸善で外国に住む友だち向けのクリスマスカードと翌年のダイアリーを買うのだけれど、今年はそこに日記帳が加わった。といっても、「日記帳...

  • コインパーキングを踏み倒す

     友人のAさんと一緒に、彼女のだんな様(B氏)が出演するライブを聴きに行った。二人は、ライブが終わったその足でクルマで羽田に乗り付け、最終便でタイに飛んで...

  • なめくじとポルシェ

     先週の日経夕刊社会面に掲載された小さな記事に、目が釘付けになった。 「ナメクジ食べて闘病の男性死亡―オーストラリア」  8年前、友だちと酒を飲んでいた1...

  • なめくじとポルシェ

     先週の日経夕刊社会面に掲載された小さな記事に、目が釘付けになった。 「ナメクジ食べて闘病の男性死亡―オーストラリア」  8年前、友だちと酒を飲んでいた1...

  • ヒヤシンスのミステリー

    鉢植えしていたヒヤシンスの芽が出た。去年の暮れに友だちからいただいた球根。今年の初春、窓際の水栽培で可愛い花を咲かせてくれた。「土に埋めておくと、また来年...

カテゴリー一覧
商用