searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
フランス・セパポッシーブル!
ブログURL
https://france-acces.com/
ブログ紹介文
フランス人も驚く嘘の様なホントの「C'est pas possible(あり得ない)」フランス情報。フランス留学、旅行情報や、アシスタントサービスなど。
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2010/01/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、フランス・アクセさんをフォローしませんか?

ハンドル名
フランス・アクセさん
ブログタイトル
フランス・セパポッシーブル!
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
フランス・セパポッシーブル!

フランス・アクセさんの新着記事

1件〜30件

  • 外国人の為の衛生パスの申請

    8月27日より外国人でフランス国内を移動する方がオンラインで衛生パスを「無料で」申請できるようになりました。

  • ワクチン義務化の衝撃

    フランス人も驚く嘘の様なホントの「C'est pas possible(あり得ない)」フランス情報を発信しています。併せ

  • 全ての成人がワクチン接種可能に。

    フランス人も驚く嘘の様なホントの「C'est pas possible(あり得ない)」フランス情報を発信しています。併せ

  • ワクチンの代わりに間違って投与されたもの

    フランスでは現在急速にワクチン摂取が進められており、現在のワクチン摂取率は20.65%(4月23日現在)。 そんな中、少し冷やっとするニュースが。

  • 浜辺でワインを飲んで罰金405ユーロ!(約5万3000円)

    フランス全土で外出禁止令が施行されることになった4月3日、4日はちょうどPâques(イースター)の週末。 フランスでは大事な祭事の一つで、家族が集まりのんびりと過ごす習慣のある週末でもありました。

  • (緩い)ロックダウンフランス全国へ拡大

    英国変異株の感染拡大が加速的に悪化し、 仏全土に広がっていること受けて、4月3日夜から5月2日までの(緩い)ロックダウンが フランス全国へと拡大されることが発表されました。

  • 65歳の女性、救急車を盗み老人ホームを脱走。

    先日59歳の女性が麻薬販売をしていた・・と記事を書いたばかりですが、 今日はこんな記事に目が点になりました。 À 65 ans, elle chipe le camion des pompiers

  • パン職人研修プログラム

    フランス・パン留学プログラムのサイトも一新リニューアルしました。 今年のプログラムもまだまだ受付中で、締め切り間近! パンプログラムは特別に専門研修とスタージュはアヌシーで行われます。 スイス

  • フランスの医療システム

    フランスと日本では、医療システムに大きな違いがあります。 病気の種類や度合いによって、例外もありますが、大抵の場合は、「ジェネラリストに予約を入れる→病状を説明し、診察

  • おとぎ話の庭ーリヴォー城

    リヴォー城 Château du Rivau 37120 Lémeré Tél : 02 47 95 77 47 トゥレーヌ地域でも最も重要

  • パティシエ留学プログラムのサイトリニューアル!

    パティシエプログラム留学プログラムのサイトを一新リニューアルしました。 説明がわかりやすくなって、インタビュー記事も追加。 今年のプログラムも受付中です。

  • フランスへの渡航が可能に!

    3月半ばから入国制限がされてきましたが、やっと本日7月1日から 欧州連合(EU)加入国が共通の渡航受け入れできる国のリストを作って受け入れを再開することになりました。

  • フォントヴロー王立大修道院

    フォントヴロー王立大修道院Abbaye Royale de Fontevraud-ヨーロッパで最大の修道院都市であり、王家の墓地。アリエノール・ダキテーヌ、プランタジネット家ヘンリ2世、リチャード獅子王、その妻イザベル・ダングレームの横臥像の墓があります。

  • フランス全土で花粉症注意報

    昔からアレルギー性鼻炎(花粉症)に悩まされていて、色々な療法を試し、数年前に行ったうずらの卵療法(フランスで昔から伝わる自然療法みたいです。)で年々症状が軽くなったので、油断して今年は何も対策をしていなかったら・・2−3日前から急に症状が酷くなってきました。 (酷いと言っても、数年前に比べるとまだ軽いです。) あれ、どうして急に?と思ったら、丁度「フランス全土で花粉症注意!」との記事が。 Alle

  • フランスでマスクが流通するようになるまで

    5月11日からどんどん外出する人が増えて来て、外出時のマスク着用は義務では無いものの、地域やお店によっては義務の場所もあったり、交通公共機関を利用する時は義務だったりするので、マスクを着用する人がかなり増えて来たように思います。(個人的な感覚では8割位の着用率?) 実は私は日本にいた頃もマスクはしたことがなかったのですが、約1ヶ月ほど前からマスクデビュー。元々マスクは持っていなかったのですが、ネッ

  • サヴォニエール鍾乳洞

    神秘的で不思議な世界、サヴォニエール鍾乳洞。ロワール渓谷観光は古城だけではありません。ヴィランドリー城のすぐ側にある、穴場の観光名所。

  • ロックダウン解除早々、黄色いベスト運動再び・・

    ロックダウンの段階的解除が行われて約1週間・・。 なんと、gilets jaunes(ジレ・ジョーン黄色いベスト運動)のデモがナント、トゥールーズ、リヨン、マルセイユ、といった都市で行われたそうです。 勿論、ポリスが出動して解散させる騒ぎになったようですが、これには地元の商店も大激怒。 ただでさえ、コロナウイルスの影響で経済的大打撃を受け、やっとこれから立て直そう・・ という時にです。当然です。

  • 詩人ロンサール、王族が通ったサン・コム小修道院

    ルネサンス期フランスの大詩人であるPierre de Ronsard(ピエール・ド・ロンサール)がしばしば滞在していた場所で有名な小修道院と結婚式にも最適、ルネッサンス式バラ庭園、つる葡萄のトンネルなど

  • ロックダウンの段階的解除・・少し混乱している?

    5月11日から段階的にロックダウン解除を進めているフランスですが、 3日が過ぎて既に、色々と細かい変更が出ていて、少し混乱が出始めている気がします。 まず、解除の段階的措置は地域によってそれぞれ細かく決めらるので、 地域によって許可されている事と許可されていない事項が違ったり、 再開した学校で教師、もしくは生徒の一人がコロナウイルス 感染していることがわかり、 2日目で既に再閉校した学校があったり

  • フランス最高の園芸家の手による庭園、シャトニエー城の庭

    フランス最高の園芸家の手による庭園、シャトニエー城の庭 Les jardins du Château de la Châtonnière

  • ロックダウンの一部解除が確定!

    本日5月7日のフィリップ首相より、5月11日からのロックダウン一部解除の 確定が発表されました。 正し、ウイルスの流行が抑えられている地域のみで緑色に指定されている 地域に限定されています。 レストランやバー、多くの人々が集まる観光施設やイベントなどを除いて 商店などの開業が許可されます。

  • 経済補償と実際

    日本では最近やっと全ての国民への 一律10万円の支給が決まったそうですね。 フランスでは外出禁止令が出てから早々に 企業や自営業者、従業員の給与に対する経済補償の 方針が次々と打ち出されて来ました。 実際日本で報道されて理解されている点と、 微妙に異なる部分があるようなので 簡単に「主なもの」をまとめてみたいと思います。 Salarié (従業員)への補償

  • デマがやたらと増える

    最近、新型コロナウイルスへの不安と、多分皆さん暇なせいか(?) やたらとデマがSNSでよく拡散されているようです。 例えば・・ ・ウイルスは26 °C以上の温度に耐えられないので、熱いお湯を飲むと消毒できる ・極度の冷たいシャワーを浴びると消毒できる ・蚊によって感染することもある。 ・ニンニクを食べると感染を防げる ・アルコールを飲むことで身体の中の消毒ができる

  • 宣誓書を持ってれば良いってものじゃない。

    Ce qui change avec le nouveau décret signé par Édouard

  • 自己中な方々がいらっしゃるようです。(自宅隔離4日目)

    フランスで外出禁止例が発令されてから4日目。 多くの人は外出禁止令を守って自宅隔離を 徹底していますが、一部で今回の自体を正しく 理解しておらず、問題行動を起こす人たちが 問題となっています。 私が今までニュースで見たり聞いたりした話では 下記のような感じ。 ー基本状況を理解しているけど、「俺はやりたいことをやる!」と 言い切り、やはり状況を正しく理解しておらず

カテゴリー一覧
商用