searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

過労死予備群さんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
過労死予備群の「食から笑顔になる生活」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tokoroneko359
ブログ紹介文
夜討ち朝駆けの日々の、オウチごはんとお弁当。ユニークな外食は、国籍を問いません。食は笑顔の素!
更新頻度(1年)

473回 / 365日(平均9.1回/週)

ブログ村参加:2008/07/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、過労死予備群さんをフォローしませんか?

ハンドル名
過労死予備群さん
ブログタイトル
過労死予備群の「食から笑顔になる生活」
更新頻度
473回 / 365日(平均9.1回/週)
フォロー
過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

過労死予備群さんの新着記事

1件〜30件

  • 具沢山の汁物を調えるのが好きな理由

    暖かい具沢山の汁物を調えて、素麺を足してにゅうめんにしたのが写真です。■鶏と茸、野菜の具沢山汁[材料の目安]鶏もも肉80g→刻んで、柚子胡椒を日本酒で伸ばした液に漬ける凍み豆腐(高野豆腐)→水戻し、短冊状に切り分ける人参一本→細めの乱切り茸(しめじ、生木耳、椎茸)→ちょい大きめの一口大にわける長葱→1cm長の輪切り、緑部分は薬味に刻む昆布と鰹節の出汁、日本酒、味醂、塩麹醤油、七味[作る]1)昆布、鰹節の合わせ出汁を、濃いめにひく。味醂、日本酒、塩麹で、吸い地を調える。2)深鍋を火にかけ、出汁を移し、中火にかける。硬い人参から、鍋に加える。3)人参に、半ばまで、火が通ったら、鶏もも肉に片栗粉を塗して、鍋に加える。4)凍み豆腐を加えて、火を弱めて、くつくつ煮る。5)ここまでの具材に火が通ったら、長葱、茸たちを加えて...具沢山の汁物を調えるのが好きな理由

  • 障害をもつ子供たちの仮装を支援する、取組に拍手を!

    ★食に関わる記事ではありません★こんばんは。なかなか秋晴れにならない東京です。日々、新規陽性患者数が減少を続けているのが、夕方にきいて、息抜きになる情報です(微笑)。あと、ひと月半は先の話をしましょう。緊急事態宣言が解除になっていると、信じながら。(ニッコリ)十月最終のHalloween。宗教を顧みずのお祭り騒ぎに、与しないワタクシですが、楽しみにしているポイントがあります。それは、車椅子を使う子供たちに特化した仮装への支援です。(画像はUSA、shopDisneyのwebから、私が写真撮影をしました。本記事に含まれる写真の出典は、全て同じです。)AdaptiveHalloweencostumesと呼びます。障害をもつ子供たち用の仮装に使える道具を、毎年、Disneyの通販では取り扱うのです。物によっては、ディ...障害をもつ子供たちの仮装を支援する、取組に拍手を!

  • トーカンスーで晩酌のアテにする、見立て麺に

    トーカンスー(豆干絲)を麺に見立て、この夜は、冷やし麺としました。粕漬けの筋子、たらこ、黒豆枝豆と合わせるために、くっきりした、かけだれを調えました。[作る]美味しい無調整豆乳に、あご出汁テイストの強い白だし醤油を3対1の比率で、しっかり混ぜる。オイスターソースを隠し味(二人分で小さじ半分ほど)に、加え混ぜる。大人なら、薫る辣油をたっぷりと足す。鶏せせりの串巻き焼き、軟骨揚げ、沖縄もずく、筍の土佐煮など、晩酌のつまみにする、見立て麺の形でした(ニッコリ)。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪トーカンスーで晩酌のアテにする、見立て麺に

  • ハーフ故のワクワク(笑)

    小さい人たちが遊びに来ていた時に。メロンを半分にして、パフェ・スタイルに。メロンに、トマト・ゼリー、濃い目カルピスで作ったMickey’shand、ホイップクリームとチョコクリームで、おめかししました。小さい人の食欲は見事!(笑)こんなに甘いものを食せるようになったのか!(びっくり)クリームのお代わりにも応えたので、ワタクシの分はクリーム抜きに(苦笑)。それでも、嬉しく思った、お楽しみ時間でした。コロナ禍で合わない間に、背が伸びていました。(微笑)二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪ハーフ故のワクワク(笑)

  • 小さな幸せな手巻き寿司 (七浜漬、大川魚店、いわき市)

    福島県の知人が贈ってくださった『刺身七浜漬』。鮮魚を、大川魚店(いわき市四倉町)の優れた技で、粕漬けにして保存する逸品です。気の張る会議になることが分かっていた朝に、冷凍庫から冷蔵室に移して、出かけました。(笑)さすれば、帰宅後のワタクシと我が家を、助けてくれるのです(ニッコリ)。○それぞれに盛り付けた、粕漬けの魚介○有明の海苔、紫蘇、ササニシキで酢飯○自家製の糠漬け、胡瓜○トロ茄子入り、練り物、蒟蒻、卵の質素なおでん(笑)→大根が売られていなかった…。○冷酒、か、ハイボール寄ってみました、粕漬けの盛り込みに。たらこ、北寄貝、帆立、海老、筋子、昆布を切り分けました。長野で買い求めてきた、山葵のほろっこ漬け(大王わさび農園)も盛り込みました。彩り豊かで、酢飯をまかなくても、そのまま、お酒のアテになる(笑)。美味し...小さな幸せな手巻き寿司(七浜漬、大川魚店、いわき市)

  • 20年目の911に寄せて

    9月11日が巡りきました。帰宅途中の愛車のラジオに流れた、驚愕のニュース。あれから20年、経つのです。あれから、世界は混沌さを増してしまい、安全とは何なのか?と悩むことが増えました。私は、自分の心の中の平和の砦を、一層強くしなくては、と思いました。正しく社会に関心を持ち続け、自分の周りの不正についても、ちゃんと見て、良くしていこうと。無関心は、不正に加担することになるのです。改善できる力がなくとも、今の出来事は違うと思うと、誰かに伝えていくことはできます。そうして、暴力や戦争ではなく、言葉で解決できることを増やしていきたいと、願っています。■台湾から届いたエッグ・タルトを焼いて。ピオーネ、セカンド・フレッシュ・ティと。1970年台のミルク・グラスに盛る(私の母は、よく私に言いました。『難しいことばかり言わずに、...20年目の911に寄せて

  • まめまめしく食す:トーカンスーに胡麻坦々豆腐、枝豆散らし

    肌寒い九月。梅雨の終わりのような、すっきりしない毎日が続く東京です。お節の豆は、一年中、まめに働けるようにと言う願掛けですから、夏にも真似てみます(ニッコリ)。■トーカンスーを麺に見立て、胡麻坦々豆腐をかけ、黒豆枝豆を散らす(長い…笑)[作る]a)トーカンスーは指示通り、茹でて、湯切り。盛る前に、さっと湯洗いする。b)黒豆枝豆は塩茹でしておく。c)胡麻坦々豆腐を作る。1)豚挽き肉を、胡麻油にひと塩、鷹の爪を加えて、炒める。すりおろし生姜、豆板醤、オイスターソースを加えて、炒める。2)鶏がらスープと豆乳を、1:2で合わせ、加える。練り胡麻スプレッド、あたり胡麻を加えて、弱火で、しっかり乳化させる。味を見て、塩加減する。3)賽の目にきった絹ごし豆腐を加え、ふつふつ温める。4)器にもったら、美味しい辣油をかけて、香り...まめまめしく食す:トーカンスーに胡麻坦々豆腐、枝豆散らし

  • 特別なお茶時間を調えた日を振り返る(八月の思い出)

    甘い物に目がなかった両親に、静かなお茶時間を。(微笑)焙烙で煎ったお茶を、ふくいくといれて。品の良い最中を楽しんで貰おう…。■茶わん最中に餡を盛る有田焼の茶碗を模したという皮に、ふっくら艶めく餡をたっぷり〜。たっぷりの好きな父と、上品が大事な母とのバランスを取る娘(笑)。ドキドキ…。久しぶりの娘気分を心地よく、味わいました。ありがとう。『茶わん最中』は佐賀からの優しい贈り物。misyaさん(陽だまりのようなblogはさつきくらぶ)が贈ってくださった品を、両親がきっと喜ぶと、旧盆に調えました。写真を見ると、何故か泣けてきて、今日まで、出せずにきてしまいました。されど、今日は、新暦の重陽のお節句。よき日に、暖かな記憶を残しておきたいと思いました(微笑)。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援してい...特別なお茶時間を調えた日を振り返る(八月の思い出)

  • 季節の変わり目を越える広東 9.火照った体をひんやりに

    ★飛び込み記事です★■タピオカ入りココナッツミルクに、ココナッツアイスをプラス(手前)■バニラ・アイスクリーム(奥)〆にひんやりを所望するのは、身体の中から暖まった気持ちになれたから(ニッコリ)。ココナッツミルク・loverのワタクシ、盛り盛りのデザートを堪能しました。ちょい辛の後の甘味、染みました。さ、週明けもがんばろん♪■中華銘菜慶、目黒区五本木3丁目★ここまで、飛び込み記事でした★二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪季節の変わり目を越える広東9.火照った体をひんやりに

  • 季節の変わり目を越える広東 8.〆にもちょい辛(笑)

    ★飛び込み記事です★ここまで、たっぷり頂いてきました(笑)。ちょい辛も麻辣を使い分けて、楽しませて貰って。元気な気持ちになってきたところで。シェフが〆の食事をどうするか、尋ねてくれました。『三口くらい、だけ!』とオネダリしてしまいました(笑)。中華で半人前ほどの量をねだる、非常識なワタクシ。■麻婆柳麺あ、可愛い!普通の麻婆豆腐とは、明らかに違う、賽の目に揃えた、麻婆豆腐餡を、上湯に合わせる。優しいなかに、ちょい辛(麻の痺れ)が潜む(笑)。少し汗ばむ、気持ち良さを、味わいました。どこまでも、手を抜かない仕事に、頭が下がります。(微笑)二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪季節の変わり目を越える広東8.〆にもちょい辛(笑)

  • 季節の変わり目を越える広東 7.生姜香るトロ旨♪

    ★飛び込み記事です★■生姜香るトンポウロウ(東坡肉)トロトロの積層が美しい!皮から始まる三層だからの素敵な食味、と私は思っています。金茶色に輝く塊に、光が差すような生姜スプレッドがきれいです。(iPhoneのフロント・エンド・プロセッサでは、トンポウロウが変換されないことにも、びっくり(笑))もちろん、シェフに抜かりなし(笑)。ふくふくのマントウが、お供に待っています。トロ旨のお肉だけでなく、ソースを絡め取るの、大事です。むふふ。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪季節の変わり目を越える広東7.生姜香るトロ旨♪

  • 季節の変わり目を越える広東 6. ダチョウと空芯菜のコントラスト

    ★飛び込み記事です★■ダチョウと空芯菜の炒め芯が空洞であるのを喜ぶ人に、お金や幸が流れ込むと伝える空芯菜。今が収穫の野菜です。独特のシャクっとする食感が楽しい!一緒にある、茶色の塊がダチョウ!家畜として日本の各地で養殖定着しており鉄分リッチ、低脂質が評価されています。骨付き肉が、くっきりした旨さ。その弾けるような弾力性にびっくりしました。歯より顎を使うお肉!(笑)オーストラリアでも食しますが、肉感が全く違う。日本の畜産食肉加工の習熟の良さを、改めて感動しました。骨付きに齧りついて剥がして、咀嚼して、その後、空芯菜とパプリカを噛む。その違いが楽しくなりました。旬の葉物の甘さが、肉より命に近く、感じて。(微笑)新しい食材に、中華の技を組む。梁シェフのクックの姿勢は、常に新しい。(ニッコリ)二つの食の選手権に参加して...季節の変わり目を越える広東6.ダチョウと空芯菜のコントラスト

  • 季節の変わり目を越える広東 5. 食欲を掻き立てる麻辣の茄子と豚

    ★飛び込み記事です★■豚と茄子の甘辛餡かねパプリカや塊の表面に散らばる粉末は、麻辣の麻!(マー)気持ち良い痺れ感が、花椒の香りからも、掻き立てられます(笑)。豚バラを重ね丸めて、カリッと揚げて。食感が楽しいボールになって。茄子の深い紫の揚げ色も美しい。そう、甘過ぎない大人の酢豚のように感じます。ちょい痺れる甘酢餡が、なんとも魅力的です。豚バラ団子も、むちゅんと歯切れる茄子も、楽しい食味。大人って、食味にバリエーションがあって、嬉しっ、とニッコリするのでした。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪季節の変わり目を越える広東5.食欲を掻き立てる麻辣の茄子と豚

  • 季節の変わり目を越える広東 4. ヒーハーしながらムシャる(笑)

    ★飛び込み記事です★■ハチノスのピリ辛和えホックリのおおまさりの次は、クニュんの食感を楽しんで!ピリ辛エアがたつ、ほんのり暖かいハチノスと、綺麗な香味野菜たち。アクセントのように、際立つ、小さい赤は、ピリ辛の素!(笑)パクチー、黄韮、白髪葱。シャクシャクや、ムチュンや、様々な食感のハーモニーを楽しみます。香味醤油たれを塗したハチノスと、香味野菜をあわせれば、際限なく食べていられそう(笑)。最初はさして辛くない?と思うけど、噛むごとに、ちゃんとピリ辛が広がりました(笑)。優しい気持ちを、感じる、ピリ辛って言えば、伝わるでしょいか。(ニッコリ)我が家、本気の辛口は無理なのです。ちゃんちゃん♪二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブロ...季節の変わり目を越える広東4.ヒーハーしながらムシャる(笑)

  • 季節の変わり目を越える広東 3.この時期だけの食味を楽しむ

    ★飛び込み記事です★■おおまさりの香り蒸しわぁ、秋の先駆け!大きな落花生の、おおまさり。生から蒸してくれました。本当に短期間しか出回らない、出会いの食です。中華らしい甘みある香りに包まれた湯気を吸うと、胸が楽になります。(ニッコリ)アチアチ、と叫びながら(笑)剥きます。白く柔らかい、ほっくり蒸された初物。東にお礼をいって、パクリっ。75日、寿命をいただき、ニッコリ。滋養と思う、豊かな優しさを感じます。どうか、穏やかな秋がきてくれますように。(ホコホコの湯気から、目を転じれば、冷たい雨が降る外。20度切りの、寒い9月の始まりでした。)二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪季節の変わり目を越える広東3.この時期だけの食味を楽しむ

  • 季節の変わり目を越える広東 2.ピリ辛は密かに始まる

    ★飛び込み記事です★■真鯛の広東風お刺身サラダ、ピリ辛ソースで香味野菜に、お刺身、パリパリの揚げ皮をこんもり。普段は、胡麻たれか、香味醤油たれを合わせて、トスして食すサラダです。左後方に控える、赤いソースから、ピリ辛は始まります。(笑)サクサク混ぜて、真鯛を拡げて、さらに辛味ソースをたらりっ。香りよい辣の気配が、拡がって。くるんで、パクリっ。あは、旨し。サクサク、しっとり、ムチュンの食感のオーケストラが楽しいスタータなのです。ちょい辛を、上手に流してくれるのは、25年もののプーアール茶です。深い香りが食をつなぎます。(ニッコリ)二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪季節の変わり目を越える広東2.ピリ辛は密かに始まる

  • 季節の変わり目を越える広東 1.とうもろこしは終いの時

    ★ここから飛び込み記事です★休みなく2週間、さらに32度から19度へ気温が下がり、雨続きの毎日。背中に疲れを背負っているような気がする夜に、『ちょい辛、身体を暖める食』をお願いして、出かけました。■夏の定点・100%とうもろこしポタージュシェフから、『今年のとうもろこしは、これでお仕舞いです。嶽きみ・とうもろこしが出ましたから』との声。念入りに味わいました。(ニッコリ)甘いっ!トゥルトゥルの粘性です。糖度が高いの、伝わります。だから、縁に添えられている、塩や五香粉を少し合わせるの、豊かな気持ちになるのです。調べてみました。嶽きみ・とうもろこしは、岩木山の麓の嶽地区(だけ、岳の字をあてることも)が発祥、『きみ』は青森の言葉で、とうもろこしを意味するとのこと。糖度の高さが特徴の、本州北限のとうもろこし、だそうです。...季節の変わり目を越える広東1.とうもろこしは終いの時

  • 湯気を愛しく思う朝

    おはようございます。5日連続の雨空から、一時、陽射しが見れた、東京の朝です。未だ、雲が優勢ですが、そろそろ、ちゃんと秋に変わって欲しいと願います。お米も野菜も、お魚も、みな四季を待っている時思っています。○焼きたらこと紫蘇の、玄米粥○鶏出汁で、大豆、人参、キャベツの煮物○トマトジュース(KAGOME夏しぼり2021)暖かい湯気に、ホッとします。(微笑)空気が乾いて、空が高く、陽射しが丸い秋を待っています。一年で一番、私らしく居られる、大好きな季節です。(ニッコリ)二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪湯気を愛しく思う朝

  • 熱つ冷やの食卓・南のうどんで大人焼きうどん

    雨続き、3日目。肌寒くも、蒸しっとも、する日。熱つ冷やの食卓(笑)。○美味しいうどんで、焼きうどん→作る★○刺身こんにゃく(紫蘇)に酢豆ドレッシング○ジン・レモニタ(自家製レモネード・ベースをボンベイ・サファイア、炭酸水で割る)[作る]1)美味しいうどん(乾麺、五島うどん)を茹でる。長崎のあごだし汁を湯で、濃いめに溶いておく。2)パンに葱油を温め、鷹の爪、生姜の香りを移す。牛肩ロース、小松菜を塩をふり、炒め合わせる。3)うどんを加え、日本酒をふり、蓋をして蒸し焼きに。4)蓋を取り、あごだし汁をかけまわし、強火で炒める。器に分け、たっぷり鰹節、美味しい辣油をトップする。★パンを火にかけたら、一気に!モタツカナイのが美味しさのコツです。五島うどん(長崎)は、艶々、こしの強い、もっちりした、美味しいうどんです。出会い...熱つ冷やの食卓・南のうどんで大人焼きうどん

  • 暖かい気持ちになるような、一汁三菜に

    2日前の34度が、幻のよう!今朝は19度の東京でした。いきなり、秋が寄せてきたようで、長袖の出番です。暖かい気持ちになるように。昨夜のひと手間も加えた、一汁三菜です。○鶏ささみ、昆布、油揚げの炊き込みご飯○冬瓜と榎茸の白味噌汁○豚三枚肉を使った肉じゃが○さつま揚げの含め煮(椎茸、絹さや)○枝豆のピリ辛漬け○暖かい焙じ茶ジャガイモを二種、色違いで作った肉じゃが。豚三枚肉をつかったので、こっくり仕上がりました。朝、温めなおして、すりおろし生姜で、すっきりをプラス!きのこと、くわいのさつま揚げは、いいお出汁を含ませて。朝、彩りの絹さやを出しています。風邪につかまらないように!気をつけて、笑って生きましょう。(ニッコリ)二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありが...暖かい気持ちになるような、一汁三菜に

  • 丹稲菹から繋がる食・チーズと卵を試す

    頂き物の丹稲菹の、米味噌糀を活かす。かつ、EATALYで買い求めてきた材料も、となると、やはり、イタリア寄りの食卓に(笑)。○スモークをかけた生ハム○無花果と二十世紀梨○3種のチーズ盛り、一つは丹稲菹の米味噌糀漬け!○卵焼き、米味噌糀風味○鴨と茄子のトマトソース、暖かい一皿○冷やし冬瓜○メルバトースト○シャンパーニュ、冷酒(天明)、赤ワイン(イタリア、テンプラニーニョ)■チーズの3種盛りEATALYで買い求めた、直輸入の、ウイスキーで洗い熟成したチーズ、ブルーチーズに、引けを取らなかったのは!キリ(いつものクリームチーズ、ブロック)を8時間、米味噌麹+ブッラータを漬けた容器に、さらに漬けたものでした。繋がる食、始末の食ともいいます(笑)。ホエイをリッチに含む、糀には、香りが複雑化していました。『キリはグレードア...丹稲菹から繋がる食・チーズと卵を試す

  • 丹稲菹から繋がる食・ブッラータへかけた魔法

    ■ブッラータの丹稲菹・米味噌糀漬け、8時間丹稲菹の届く前日、東京駅を通り、大丸とEATALYに立ち寄りました。丹稲菹に合わせる果物から、始めて、美味しそうな無花果だから、生ハムやチーズも〜と言う流れです。(笑)そこで求めてきた、空輸のブッラータ。さっそく、米味噌糀につけてみることにしたのです。[作る]ブッラータを保護している水分を除き、ガーゼに包んだブッラータの周りに、米味噌糀をふんわり詰める。密封して、冷蔵庫で8時間、つけ置く。浸透圧!ブッラータの体積は減っていましたが、ふわふわの優しい質感は、さらに増して。トロトロです。留め糸を切るために、持ち上げたら、底ぬけ(笑)しましたが、豊かな香りが広がりました。ミルクだけでない、ふくよかさを増す力、実にうまうま!丹稲菹の繋がる食卓は、実に豊かです!○熟成18ヶ月の生...丹稲菹から繋がる食・ブッラータへかけた魔法

  • 丹稲菹(2021年夏)、紫野和久傳を迎えて献立する

    切り分けて、盛り付けただけで、風格あるメインに収まる素敵さ!2021年夏の『丹稲菹(たんとうしょ)』、紫野和久傳製をいただきました。涼やかな水引のおもてに。シンプルなケースに充填された米味噌糀。発掘(笑)した、サーモン、長芋、クリームチーズ。この豊かな米味噌糀のふくよかな香りに、胸高鳴りました。サーモンは1.5cm厚のフィレに切り分け、長芋は輪切りに、クリームチーズは塊にわけました。到着まで一週間、あれこれ考えて、献立しました(ニッコリ)。○丹稲菹は、米味噌糀、紫蘇と盛り込む○糀に合わせる・金胡麻豆腐○糀に合わせる・冬瓜の海老出汁炊き○有明の良き海苔、炙って○グラニースミス(青リンゴ)○自作の香味オイル:帆立貝柱と昆布、粒胡椒の香り油○バタールで、メルバ・トースト○後から追加、無花果と20世紀梨泡は間違いなく、...丹稲菹(2021年夏)、紫野和久傳を迎えて献立する

  • タイ風味のブラックカレーに、白海老を合わせる

    グリーンカレーが好きなワタクシ。イタリアで求めてきた、イカ墨の瓶詰めも日付けが気になる時期にきたので、グリーン・ベースにイカ墨をのせるブラックを起こしました。(笑)生パスタのフェッチーネを合わせて、ソースまで楽しむ作戦です。グリーンカレーに、イカ墨を合わせるからには、シーフードを足したい。旬に冷凍された富山の白海老を、素揚げしました。綺麗な緑の卵もみえる。夏に見ると、この春先を思い返して、も少し、頑張ろうと思います。白海老素揚げをトップしては、黒を飛ばすのを、恐れながら(笑)巻き取る。周囲に飛ばしたものを、拭き取りながらの食卓になりました(笑)。もちろん、泡のお供はマストです。(ニッコリ)二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブ...タイ風味のブラックカレーに、白海老を合わせる

  • 定番の朝食を整えられる幸せ

    おはようございます。夜討ち朝駆けの日々。記事更新が出来ずにいます。食べていますから、のんびり見守っていてください。さて、我が家の朝。基本の組み立てが、決まっています。和ごはん、の定番の形、撮ってみました。○主食はご飯:山椒塩漬けとしらすの炊き込みご飯○汁物:小葱、わかめ、干ししじみ、花麩○主菜は蛋白質、基本は卵:蒸し器で、玉子とロースハム○副菜の小鉢:もずく○漬物:瓜の浅漬け○お茶:麦茶基本の組み立てが決まっていれば、ルーティンとして、手が動きます(微笑)。蒸し玉子焼き器は、昭和と同じ。柔らかい仕上がりが嬉しい器です。山椒の塩漬けとちりめんやしらす、塩、昆布出汁で、炊き込んだご飯は、お結びにも良くあいます。仕上げに、追い釜揚げしらす、すると、喜ばれます(笑)。瓜の浅漬けは、夏の私の偏愛漬物です!(笑)秋風の気配...定番の朝食を整えられる幸せ

  • ゴーヤの梅黒酢和えは、さっぱりイケる

    晩酌メニューの一品に、到来もののゴーヤを活かす夏を、今年も過ごせました(ニッコリ)。炒めずに、量を食べられるが、目的です。■ゴーヤの梅黒酢漬け[材料]ゴーヤ20cm長1本塩麹小さじ2梅黒酢(6倍希釈)原液で大さじ2塩茹で用の塩[作る]1)ゴーヤは長辺に対して半割り、わたと種を取り除き、8mm程の輪切りにする。塩茹でし、しっかり湯切りする。2)ボウルで熱いまま、塩麹を混ぜて、15分〜室温におく。3)梅黒酢をまぶして、揉み込み、ジップロック袋で脱気して、冷蔵庫に30分〜おく。✳︎一晩など長時間おくと、ゴーヤの鮮やかな色は失われますが、味はさらに馴染み、美味しくなります(苦笑)。こちらは、古漬け感覚で、ご飯に載っけ食べ、してください。晩酌風景から。○炭火焼き鳥屋さんから、軟骨焼き、他にもも、皮、つくね(順番に炙り中)...ゴーヤの梅黒酢和えは、さっぱりイケる

  • ワン・バイト・パーティ(笑)

    楽しむ企画をしました。ひとくち(onebite)づつ、あれこれ食してみて、アルコールも合わせて、変えてみようと。○さまざまなエリアで集めてきた缶詰○シャインマスカット○紫蘇、トマト、パプリカ○いくら蒸し○穴きゅう、干瓢巻き、いずれも細巻○バタール、パゲット、薄切りで○七味唐辛子ビール(長野)、シャンパン、冷酒(天明)、ウイスキー(富士山)最初のワン・バイト候補は、熊、とど、鰻、鹿です。写真左が、長野善光寺の名物七味唐辛子とのコラボレーションです。左が熊の味噌煮、右が百年鰻のとろ煮です。飴色に綺麗な前菜になる、できに、笑顔に。缶つま、という言葉が、普通になるの、よく分かる出来です。ちゃんと安全牌を用意してあります(笑)。明石蛸の昆布オイル漬け、です。パッ缶をあけて、見た目の美しさにも感動。オイルにパンを浸すのも、...ワン・バイト・パーティ(笑)

  • 冷や熱も食す朝

    戻ってきた暑さで、もう一度、夏バテしそうな八月下旬に(苦笑)。ヒンヤリお蕎麦をたくる朝、鰹節香りがきりっとしたつゆ、と、暖かいつゆとの、両方を並べてみました。○寒河江の蕎麦○江戸のつけつゆ○鶏と茸(椎茸、山えのき)、合わせ出汁の暖かいつゆ○にら卵○もずく奴薬味に細葱、茗荷甘酢、善光寺の七味をだして。しっかり食す朝。(微笑)二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪冷や熱も食す朝

  • 真夏に長袖を着た日を応援する広東 8.締めくくりはヒンヤリ

    ★飛び込み記事です★■マンゴー・プリン(手前)白桃のシャーベット(奥)ラスト、私はやはり夏の定番、マンゴープリンを。いいマンゴーのある時期だけの、ふるふる…のお楽しみです(ニッコリ)。真夏に長袖を着た日、ヒンヤリと熱々を交互に楽しんで、しっかり食欲をかきたてて貰って。元気を、自分で引き起こす気持ちになりました。さぁ、世の中がこんな時でも、頑張っていきましょう(カラ元気?笑)■中華銘菜慶、目黒区五本木三丁目…この日、九州は激しい雨が続いていて。シェフも取引のある長崎の漁業の方に、安否確認をされたそう。ご無事でいてくださって安堵しますが、この先の漁業・農産物に、心配は残ります。せめて、天よ、穏やかたれ、と祈る時でした。『過去に体験したことのない災害』が多すぎます。たしかに、コロナ禍も災害か…。減災のために、出来るこ...真夏に長袖を着た日を応援する広東8.締めくくりはヒンヤリ

  • 真夏に長袖を着た日を応援する広東 7. 主食セットも蛋白質!

    ★飛び込み記事です★炊き込み飯用のコロンとした球体鍋の蓋を取ってくれると、おぅ、肉!■スペアリブの豆鼓(どうち)煮込み、乗っけジャスミンライスくすくす!やんちゃない肉好き少年だった、シェフが駆け抜けていくようです。たっぷり、よそって、4膳分。一合のジャスミンライスは、はらはらっとして、しっかりした味の骨つき肉を受け止めてくれます。いい香り!(ググ〜と言う胃が怖い、笑)スペアリブは骨まで、しっかりしゃぶります。うふふ。■海老ワンタンスープこちらも手作り。ふっくらワンタンは、海老の旨味、しっかりです。主食セットも蛋白質!(笑)まるで我が家の蛋白質量摂取増量計画を、応援してくれているようでした。不思議なのは、シェフごはんは胃に重くなく、すすっと食してしまえること!薬膳の力、密かに感じています。美味しく食して、満足って...真夏に長袖を着た日を応援する広東7.主食セットも蛋白質!

カテゴリー一覧
商用