過労死予備群の「食から笑顔になる生活」
読者になる
住所
東京都
出身
ハンドル名
過労死予備群さん
ブログタイトル
過労死予備群の「食から笑顔になる生活」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tokoroneko359
ブログ紹介文
夜討ち朝駆けの日々の、オウチごはんとお弁当。ユニークな外食は、国籍を問いません。食は笑顔の素!
自由文
-
更新頻度(1年)

560回 / 346日(平均11.3回/週)

ブログ村参加:2008/07/30

過労死予備群さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 8,017位 8,155位 7,933位 8,412位 8,994位 10,714位 10,657位 975,709サイト
INポイント 0 20 50 30 40 60 30 230/週
OUTポイント 0 70 50 50 60 90 30 350/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 137位 146位 136位 147位 161位 200位 197位 29,850サイト
今日食べたもの 8位 9位 8位 9位 9位 9位 9位 2,186サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 18,964位 19,068位 18,960位 18,717位 19,290位 20,680位 20,965位 975,709サイト
INポイント 0 20 50 30 40 60 30 230/週
OUTポイント 0 70 50 50 60 90 30 350/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 467位 477位 479位 466位 488位 533位 537位 29,850サイト
今日食べたもの 15位 17位 16位 15位 16位 18位 17位 2,186サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,709サイト
INポイント 0 20 50 30 40 60 30 230/週
OUTポイント 0 70 50 50 60 90 30 350/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,850サイト
今日食べたもの 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,186サイト

過労死予備群さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、過労死予備群さんの読者になりませんか?

ハンドル名
過労死予備群さん
ブログタイトル
過労死予備群の「食から笑顔になる生活」
更新頻度
560回 / 346日(平均11.3回/週)
読者になる
過労死予備群の「食から笑顔になる生活」
  • 気遣いの食、Chinese Birthday 7:穏やかなお粥

    ★飛び込み記事です★優しい品が締め括りに待っていてくれました(ニッコリ)。■ハチノスの中華粥ちぎって、のっけて、ワクワクして(笑)。もちろん、始まりの姿は、違います(ニッコリ)。■ハチノスのお粥■揚げ花巻を、変わり油条として■好きなだけ、パクチームチュンとした食感が楽しいハチノス、しゃりっとした揚げ感がトロッに変わる花巻、ふーふー、しながら口に運べば、ふぅぅっとため息がでます。これは、きっと安堵のため息です(笑)。旅から戻った最初に、いつも、中華粥を用意してくれているように、わたしは思います。(微笑)たっぷりの時間をかけて、安らぎを調えてくれている……人一倍、頑張りやさんの梁シェフだからこそ、誰かを慮る優しさが、現れているのだと、私は思います。料理は、その思いをのせて、テーブルに運ばれてくる。それが、よかれあし...気遣いの食、ChineseBirthday7:穏やかなお粥

  • 気遣いの食、Chinese Birthday 6:マッシュルームは隠れ蓑(笑)

    ★飛び込み記事です★■ジャンボ・マッシュルームの豆皷ソースどんっ♪気配に圧倒されます。美味しい香りが、マッシュルームだけじゃないよ、と教えてくれます。マッシュルームを切り分けて。その下には、ちゃんと、美味しいお肉、ズッキーニ、ヤングコーン、葱等が、隠されています(笑)。この夜の料理は、どれも穏やかで。香りを活かして、野菜をふんだんに使って。堅すぎず、熱すぎず。旅疲れを労ってくれる、優しい献立だと、しみじみ、思うのです。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪気遣いの食、ChineseBirthday6:マッシュルームは隠れ蓑(笑)

  • 気遣いの食、Chinese Birthday 5:パリパリ&しっとり

    ★飛び込み記事です★■甘鯛のパリパリ鱗焼き、広東白菜。よだれ鶏のソースを暖めてベースに甘鯛の面はパリっ。しっとりの身を、旨辛のソースにちょい付けして、アムッ……むふぅ、鼻に抜ける香りに続いて、美味しさがやってきます。日本に戻ってきて、ホッとする食は、鰹節と昆布でひく、自分の吸い物(ニッコリ)。そんな風に、帰ってきた、と思う、いくつかの食が私にはあります。間違いなく、梁シェフごはんも、その1つです。そう、広東であっても。(微笑)おかえり!と感じさせてくれる料理なんだと、思います。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪気遣いの食、ChineseBirthday5:パリパリ&しっとり

  • 気遣いの食、Chinese Birthday 4:叉焼の試み

    ★飛び込み記事です★■釜焼き叉焼、レバーとハツと。■飴炊き胡桃■白レバーの赤酢漬けいつもの美味しい、釜焼き叉焼に、新顔登場♪(ニッコリ)レバーとハツ、珍しいものを叉焼のように焼き上げてありました。叉焼だれの、あの独特なソソル(笑)香り♪ハツは、コリッと感を残しながら、筋肉を焼いた強さを感じさせる、旨ぁな食感に。レバーは噛むと口中でとろける♪伝統から、1歩踏み出した味を意識しました(ニッコリ)。白レバーの赤酢漬けは、最近の私の気に入りです。とろ旨をさっぱり食す、嬉しい一品です。飴炊き胡桃は、伝統の造りの、シェフならの優しい甘さです。2016年に閉じてしまった、実に丁寧な美味しい仕事をしてくれた鶏屋さんがありました。20年余り、私に笑顔と鉄分を補給してくれた店でした。疲れた顔を見かねては、「特別うまい白レバーだから...気遣いの食、ChineseBirthday4:叉焼の試み

  • 気遣いの食、Chinese Birthday 3:千葉が香港にであう時

    ★飛び込み記事です★■千葉産の、おおまさり(落花生の名前)の香り蒸し千葉県の立派な落花生です。収穫した生を、お店で蒸して供してくれました。シャンパンのキルクと比べると、豆の大粒さが、伝わるでしょうか。(ニッコリ)爽やかな、されど豊かな香りの落花生は、香港の夜市の賑わいを思い出させます。あの東洋の真珠と呼ばれた街並みで、夜毎、未来の誰かの自由のために、闘う人々の姿があることを、考えます。そんな哀しい思いを打ち消すように、この落花生は、健やかに美味しいのです。止まらない!(笑)食べ終わろうとする器に。コブミカンの葉と、スターアニス(八角)かしらん?(ニッコリ)タイや香港……アジアの南、優しい甘い香りが魅力的な国のスパイスです。いま徐々に、亜熱帯になりつつあるようなTokyoだから。こんな香りが似合うような不思議な気...気遣いの食、ChineseBirthday3:千葉が香港にであう時

  • 気遣いの食、Chinese Birthday 2・新作の食味を楽しむ

    ★飛び込み記事です★■蒸し鶏と白菜の塩サラダわぁ、生のパープル白菜、きれい!蒸し鶏の白と重ねて、素敵に映えます。味付けのポイントは塩!さっくり混ぜ合わせて、岩塩の粒を噛みながら、シャクシャクの白菜、ムッチリの蒸し鶏を食します。おぅ、健やかさを意識します。パープル白菜にまぶした香り油もあって、明るい甘さが、軽やかにたちます。秋を楽しむサラダ、と思います。新しい食味を味わうの、大好きです(ニッコリ)。美味しく完成しているの、限定です(笑)。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪気遣いの食、ChineseBirthday2・新作の食味を楽しむ

  • 気遣いの食、Chinese Birthday 1:胃を開く、という言葉

    写真が沢山、記事に留めておきたいことが、沢山あります(笑)。海外記事(イタリア)、日本の外ごはん、おうちごはん、と三部構成で、しばらく続きます。時間軸、飛びます(笑)が、よろしくお付き合いください。★こちらは飛び込み記事です★海外から帰国直後の、お外ごはんを、振り返ってみます。美しいお花に迎えられる食卓!嬉しい。梁シェフが選んで、調えてくださるアレンジメント。何も言わないのに、毎年、贈ってくださるお花に。優しい気持ちを受けとります。不思議な、初めて知るお花もあって、ワクワクします。■生姜を効かせた上湯スープ「旅の疲れをとって。胃を開くために、最初はこれを」と、シェフが薦めてくれました。ふんわり、薫るスープ。ひと匙ごとに、身体に温かさが染み込んでくる気持ちになりました。こういう言葉が、生まれてくるような料理を、私...気遣いの食、ChineseBirthday1:胃を開く、という言葉

  • 特別な想いで受け取る新米・福島県白河市から

    金曜日に手渡しでいただいた、新米の袋です。毎年、いただく度に嬉しく思うのですが、今年は特別な想いで、受けとりました。福島県白河市の山間の田圃。ここは、先週の台風19号の被害で、氾濫した阿武隈川の上流です。昭和30年代に、阿武隈川が氾濫した後、堤防を作るために、移動した先の田圃だったと、はじめて聞きました。その町から、一週間で、持ってきてくださった新米!ご本人が無事であること、それが一番のことでした。そして、このお米がある軌跡を聞いて、胸が熱くなりました。小規模の稲作農家が、一人二人だけで続けていけるのは、苗の育成ハウスや、刈り取り機械をもつ大きめの専業農家と契約して、機械の助けを借りているからだそうです。台風が破壊的だと知られてきた頃、川に近いところから、刈り取りしようと、この専業農家さんが、おっしゃってくださ...特別な想いで受け取る新米・福島県白河市から

  • 暖かさを求める雨夜

    おはようございます。冷たい雨が激しく降り続く朝です。秋晴れを恋しく思う時期です。台風被害の後の雨に、どうぞ鎮まれ、と祈る思いです。雨の金曜日、夜食はひたすら、暖かさ重視で整えました。○麻婆豆腐(ピーマン、しめじも刻みいれ(笑))○二晩目の大根が主役の、おでん○白菜ベースの重ね漬け○甘長唐がらしと、もやしの、ツナ煮こみ○ハイボール到来物の重ね漬けの、断面はきれい!乳酸発酵させた白菜が、美味しく感じると、秋の深まりを感じます(微笑)。崩してみると(笑)、白菜の間には、昆布、あみの塩漬け、柚子皮が挟まれていました。色どりが、黒、赤、黄色。白菜の白と若緑に合うことと、風味が良くなることを、兼ね揃える知恵に、唸りました。(ニッコリ)白菜……長野や群馬、栃木は、東の産地です。洪水被害に哀しい思いをされているのでは、ないかし...暖かさを求める雨夜

  • 配分が片寄る弁当(笑)

    おはようございます。小雨で、16度の朝。秋雨の時期になりました。台風19号の被災地に、さらに激しい雨の予報…。空に情をかけて、と願うばかりです。○玄米ご飯、なかに海苔だんだん(おかか醤油)○とろみを強くした肉じゃが○無限ピーマン○ひじき豆腐の焼売○玉葱の吸物○焙じ茶肉じゃがの汁気を、強めのとろみ餡にまとめたら、美味しく仕上がりました。ごはんが進む、おかずに(笑)。沢山いれたくなり、他のおかずがハミダシテ(笑)、アセる朝。暖められるタッパーに、急遽イン(笑)。途中で、配分を変えちゃ、いけません!(笑)美味しい昼になりますように。今日も走る一日です。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪配分が片寄る弁当(笑)

  • Jerseyで54年目のイタリア 5:また来年!と願うデザート

    ★こちらは飛び込み記事です★■クレープ・シュゼットこちらのレストランには、デザート・トロリーがあって、みて、全部の説明を聞いて、選ぶ楽しみもあります。が、それより素敵なのは、テーブルの傍で、作り上げてくれるデザートです。80台半ばに至る、オーナーのロッシ氏が、熟練の技で仕上げてくれる、デザートは特別。また来年も作ってもらいたい、と切望しながら見とれる、ゆったりした時間です。一年の長さと短さ、人の健康の儚さ、揺れるEU。沢山の想いが、脳裏を走ります。ロッシ氏が仕上げたオレンジ薫るクレープに、マネージャーがそっと載せるバニラ・クリーム。「早くお上がり」と、笑顔で去るロッシ氏。このデザートが終われば、Jerseyでの今年の夜が終わる。旅立ちの時を控えて、甘さが心に染みてきました(微笑)。「笑顔で暮らすよう、いつも祈っ...Jerseyで54年目のイタリア5:また来年!と願うデザート

  • Jerseyで54年目のイタリア 4:名前を知らない料理

    ★こちらは飛び込み記事です★スモークド・サーモンを注文した同行者のメイン料理は、正体がわからないで、注文しました(笑)。■BreadedVealSweetbread甘いパン?そんな部位、牛にあった?(笑)メインの肉料理に位置するけれど、知らない食材。この日はスマートフォンのWiFiを切ってあったので、辞書をすぐにひけず(笑)。臆せず質問しました!(笑)「レバーのような食感の、美味しいコトレット料理」との答に、謎は深まります(笑)。注文してから、裏でWiFiを起動!(笑)■BreadedVealSweetbread■子牛の胸腺のパン粉焼き……といっても粉を叩いてあげ焼きして、トロンっとソースに絡んだ印象でした。なるほど!Sweetbreadで胸腺、ないしは膵臓。つまり、フレンチのリードヴォーか!(笑)こちらが注文...Jerseyで54年目のイタリア4:名前を知らない料理

  • Jerseyで54年目のイタリア 3:世界一のテルミドールと思っている

    ★こちらは飛び込み記事です★カルパッチョをスタータにした、私のメイン料理は、こちらです。■ロブスター・テルミドール、ウイスキー・フランベを重ねる左側に炎の名残が写っています。とろ旨に、仕上げてくれたテルミドールに、テーブルでウイスキー・フランベを重ねて、艶やかな薫りをプラスしてくれた、紫いろの世界でした。私の大好きな調理法のテルミドール。丁寧な仕事を、いかにピッタリの加減で仕上げるか、が勝負の料理と思います。食す瞬間のお客様の笑顔と、フォークの動きを連想して仕上げてある逸品です。テルミドールにできない品の時は、婉曲に他に誘導します(笑)。殻と身への刃物の入れ方、ベシャメルを基本としてふくよかだけどクドクナイ仕上がりのソースの流し方(クロスに飛ばない)、好みをはっきり活かした焼き方。どれ一つ、外すことのない仕事に...Jerseyで54年目のイタリア3:世界一のテルミドールと思っている

  • Jerseyで54年目のイタリア 2:手間を惜しまず拡げるサーモン・ピンク

    こんにちは。東日本に戻ってきています。私の日頃の暮らしは、お陰さまで著変なく、過ごせています。ただ、遠戚、仕事上の旧い知人に、各々の被害が明らかになり、できることを!と動き始めているところです。しばらく、9月の旅日記も滞るかもしれません。よろしく、お付き合いください。★こちらは飛び込み記事です★■スモークド・サーモン同行者は、その日のお勧めに運ばれてきた、サーモン・マリネを注文しようとして、舌が滑った、と話していました。(笑)実は、これ……。半身できれいにスモークされた塊から、テーブルの傍らで、丁寧に切り出して、お皿に拡げられた一品だったのです。手間を惜しまず、美味しさを追求する。その姿勢が、このレストランを街一番の!と呼ばせているのだと、思います(ニッコリ)。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリッ...Jerseyで54年目のイタリア2:手間を惜しまず拡げるサーモン・ピンク

  • Jerseyで54年目のイタリア 1 朱ではじめる

    こんにちは。私は西日本にいます。台風接近前夜に、所用に備えて、高速夜行バスで移動しました。激しい風に揺られて、二時間遅れで、到着しました。土曜日、夜になる前に、当地の風雨は、峠を越しました。日曜日、晴天の明るい陽射しと、ディスプレイに写し出される台風19号の爪痕、惨状に、胸つぶれる思いがします。いま尚、被害のただ中にある方々のご無事をお祈りいたします。どうぞ皆様、少しでも早く、暮らしの形を取り戻されますよう、祈っています。被災地の回復を祈り、自分にできる応援に務めながら、日々を大事に暮らすこと。今日ある幸せに感謝して、公私の務めを果たしていきたいと、私は思っています。笑顔である人が増えることを願います。★こちらは飛び込み記事です。9月下旬の英領ジャージィでの食記事です★英領ジャージィを訪問する度に、私が必ず立ち...Jerseyで54年目のイタリア1朱ではじめる

  • 鹿児島のしゃぶしゃぶに励まされ、ワクワクした夜

    やっと、記事に起こせます!(ニッコリ)9月半ば、国内出張の狭間に、海外に出向く準備をしていた頃……。時間に追われて、気持ちが一杯いっぱいの毎日でした。そんな日々を助けてくれた食の話です。■鹿児島のしゃぶしゃぶ■沖縄もずく■はりはり壺漬け■日本酒この夜は、野菜を切って盛り合わせただけ!(笑)ゆったり寛ぐ、しゃぶしゃぶナイトになりました。友が贈ってくださった、鹿児島の黒毛和牛のおかげでした。(ニッコリ)昆布出汁に、日本酒をさした鍋を用意しました。白菜、水菜、山えのき、あろまいたけ、長足しめじ、笹掻き牛蒡、堅豆腐を準備しました。お肉は二種類!違いを楽しめるように、って友の想いを感じました。艶っつや!しゃぶしゃぶする手元に歓声が上がります(笑)。これを受け止めるのが、驚きのたれ!手前がお肉と一緒に、凍結して送られてきた...鹿児島のしゃぶしゃぶに励まされ、ワクワクした夜

  • ポルトガルの風再び 3 ヒンヤリと店主の贈り物

    ★こちらは飛び込み記事です★エスペターダ(串焼き)についで、カタプラーナ(銅鍋で蒸らし焼き)も、世界中に拡がるかしら?地中海は繋がっていて、人は同じように食べているんだね!そんな風に、ポルトガル料理について語り合いながら、楽しく食事しました。■レモン・ソルベ店主が薦めてくれた、レモン・ソルベ。酸っぱいレモンに、メレンゲをあわせて、さっぱり、口中を整えてくれました。■ポルトガルのスピリッツ二種・アマレット風味、アニス風味楽しんで食した私達に、機嫌よく、店主が贈ってくれた、スピリッツ(強い蒸留酒)。アマレットは甘やかに薫り、アニスは厳しい強さをくれました。古くからのリゾートであったジャージィには、各国の出自をもつ料理が、丁寧に息づいています。よい学びの時間でした。このビルの一階右手が、レストランです。七年くらい前は...ポルトガルの風再び3ヒンヤリと店主の贈り物

  • ポルトガル料理再び 2 ポルトガルの素朴料理に軍配!

    ★こちらは飛び込み記事です★メインも、ポルトガルと英国料理とを、食べ比べてみました。(笑)■Driedcodwithpotatoesandchoppedeggs■ポルトガル語で、BacalhauaGomesSh「じゃが芋と刻み卵を添えた干し鱈」は、最初に名前で引かれました。イタリア料理は、干し鱈をよく使います。それを「バッカラ」と呼びます。ポルトガル語では「バカリャウ」と呼び、同じように家庭の味だと、店主のジョーが話してくれました。地中海に面して、その国の言葉で呼ばれる干し鱈。干して取っておいて、いざというときに、大事に食したのでしょう。皮付きで蒸して、粗く刻んで、粉ふきに近く仕上げて、戻した干し鱈、オリーブ酢漬けと、オイル、胡椒を効かせて焼き上げて。茹で卵を盛り、パセリをたっぷり。素朴で、穏やかさのなかに、力...ポルトガル料理再び2ポルトガルの素朴料理に軍配!

  • ポルトガル料理再び(笑) 1 前菜対決(笑)

    ★こちらは飛び込み記事です。9月下旬の英領ジャージィでの食記事です★旅の始まりの頃、ポルトガル料理に目を見張った記事を書きました。想像が付かないお料理(笑)が、まだいくつもあったので、再び出向きました。見知らぬ名前の料理と、分かっている島料理の一品づつを並べてみる、遊び方をしました。■ポルトガルのチョリソー特別料理のコーナーに、その名前がありました。なんと?!紫の炎に包まれて、とっても危険だから、と言われて、テーブルに供されました(笑)。直径が2-3cm、長さが30cmほど、一本のチョリソーだけ!(笑)皮に切り目が細かくいれてありますが、パンパンにはった皮は、堅いといえるほど。切り目が入ってなければ、切り分けるのが困難なほど。人の腕と並べてみると、ドンッとした雰囲気がつたわるでしょうか?(笑)これが前菜という位...ポルトガル料理再び(笑)1前菜対決(笑)

  • 鴨韮つけうどん、秋の蒲鉾に微笑む

    葱を使いきっていたので、薫りを活かして、鴨&韮を(笑)。山椒をふる、熱々の付け汁に仕立てました。■暖かい鴨韮汁に、ひんやり播州うどん■阿部の笹かま(宮城県仙台市)■ねばとろ小鉢(おくら、山芋、甘酢)到来物に助けてもらっての、手軽だけど、嬉しい食卓です。[作る]1)鰹節、昆布の合わせ出汁を、濃い目にひく。日本酒たっぷり、味醂を少しさして、一度煮きる。2)厚めに切り分けた、椎茸を、ふっくら煮る。鴨ロースを広げいれ、サックリ煮る。硬くしない。3)あくをひいて、醤油を加え、うどんの付け汁に仕上げる。うどんを茹で、洗い絞める。4)その加減を計りながら、韮を加え、仕上げる。ひんやりチュルンのうどんを、鴨出汁で、いただきます。うどんのお供に、栗と柿?!(笑)笹かまのお店の細工蒲鉾です。柿は二色作り、栗は三色作りです。蒲鉾に形...鴨韮つけうどん、秋の蒲鉾に微笑む

  • 都庁のランチに、健康を意識したプロモーションを視る(笑)

    こんにちは。日本に戻り、走る日々に戻っています(笑)。★旅日記の食記事に書き留めておきたい食が、まだまだ在りますので、このあと、飛び込み記事にしていきます。★さて、走る日々(笑)。本日は所用があり、東京都庁に出向きました。打ち合わせを終えて。ひと息ついて、遅い昼を求めて、都庁職員食堂を探しました。二時までランチがある、ときき、15分前に、滑り込みました(笑)。実はワタクシ、何処でも職員食堂にお邪魔するの、楽しみにしています。その街や組織が、食や健康に取り組む姿勢が、かいま見えるから、です。終了15分前でも、定食に3つも選択肢がある!さすが、大人数を擁する都庁です(笑)。■中華定食610円。(第二本庁舎食堂にて)鶏竜田揚げ、多種類のたっぷり野菜で、甘辛の餡をからめた酢鶏に仕上げてありました。肉焼売がちゃんと二口大...都庁のランチに、健康を意識したプロモーションを視る(笑)

  • 使い捨てを止めようとする動き・英国の空港で

    こんばんは。この写真は、旅のために用意した、私のマイボトル達です。(プラボトルの持ち込み禁止の会議があるのです、微笑)機内に持ち込む、赤ちゃんの哺乳瓶とお湯のセットに、混合溶液の爆発物を仕組むテロの形が発覚してから、空港のセキュリティーチェックは、厳しさを増しました。日本国内では、成文分析してくれるケースがあれど、海外では、ボーダー・セキュリティーの前に、水溶液は容器ごと廃棄するのが普通になってしまいました。トランジットまでに間が空けば、次の水のボトルを買って、たいして飲まずに、また捨てる。マイボトルを持参していたとしても、中身をすてて、次の補給ができる場所は、なかなか無い。空港内のトイレ周囲は、飲用専用ではないことが多いのです。飲水器はボトルを満たす形はしていません。そういう意味では、国際空港は、もっとも無駄...使い捨てを止めようとする動き・英国の空港で

  • 潮の満ち引きを楽しむ島・Jersey

    ハーバーに面したマウント・オルゲル、通称をゴーレイと呼びます。昔の城郭です。石段を登ると、石組の中に広場があり、物見の塔があります。ジャージィは干満の差が大きい場所で、船の浮かぶハーバーからも、全て海がひくのです。いま波の打ち寄せる、ここも、砂地になり、船が廃船のように斜めになる。風景の激変に、人より大きく強い何かを感じる場所です。(微笑)二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪潮の満ち引きを楽しむ島・Jersey

  • 英国に愛されるタイ 4:ひんやり締め括るランチ

    ■ココナッツ・アイスクスクス。見た目が不思議。中心にチョコレートの種をもつ、ココナッツ・ミルク・アイスです。少しミントが薫り、甘さだけでないのが、上手なところ。食事を取りながらも、しっかり意見交換する昼食時間でした。(笑)■Theparkhouse、Jersey二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪英国に愛されるタイ4:ひんやり締め括るランチ

  • 英国に愛されるタイ 3:ジャスミン・ライスと相性よいムール

    こんにちは。所用の旅ゆえ、記事がしっかり遅れています(笑)。ゆるりっと、お付き合いください。英領ジャージィは秋の始まりを感じさせましたが、イタリア、ソレントはまだ夏の名残です。毎日、激しい雨がダダッと降って、季節の変わり目を感じさせています。★引き続き、ジャージィの料理を。ソレントの記事は、帰国後にか?!(笑)★前菜を二品、いただいてからは、ジャスミン・ライスと組み合わせて、楽しむ食を組みたてました。■ムール貝のタイ・グリンカレー蒸したっぷりのパクチーと、ライム、コブミカンの薫るソースで蒸し煮した、島のムール貝は、実に旨し。ジャージィ・ミルクで蒸し煮するスタイルのムール貝は、最近、メニューに見ないのは、少し寂しく思うところです。しかし、ジャスミン・ライスと合わせるなら、グリンカレー蒸しのほうが、ぴったりなのは、...英国に愛されるタイ3:ジャスミン・ライスと相性よいムール

  • 英国に愛されるタイ 2:パリパリ金塊袋(笑)

    ■Goldbagクスクス、金塊袋とは!(笑)叩いた豚肉、香味野菜を練って、ワンタンの皮様のものに包み、カラッと揚げられた品でした。ちょい辛の、チリソースをつけて、お口に。一口にするには大きいので、皮袋をつまんで、かじると。パリパリの食感から、ふわふわの肉だねが飛び出して、ジューシィに口中に広がる旨味。食感と肉汁を楽しむ工夫でした。熱々前菜も、泡にあいました(笑)。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほんブログ村今日食べたものレシピブログに参加中♪英国に愛されるタイ2:パリパリ金塊袋(笑)

  • 英国に愛されるタイ 1:ひんやり、スパイシー

    こんにちは。私はイタリアの所用に移っています。ジャージィでの記事は、まだ書きたいことがあり、イタリアの楽しみも重なり、日々、写真がたまっていきます(笑)。違いを楽しむ欧州の食記事に、のんびりお付き合いください。昼食を取りながらの、パワーランチに英国のお気にいり、タイ料理の時間もありました。野菜が豊富にとれる、ヘルシーな料理として、英国圏内では、タイ料理、インド料理に足場をおくスタイルは、人気です。■YumglassnoodlewithKingPrawn蒸し野菜、グラスヌードル(春雨)、大きな海老を合わせて、スパイシーに仕上げた、サラダ感覚の前菜です。ヒンヤリを口にすると、しゃきしゃき、つるん、ムッチリの様々な食感、ホットでスパイシー、明るい酸味が重なってきます。笑いながら、シャンパンと合わせる。正直に話をはじめ...英国に愛されるタイ1:ひんやり、スパイシー

  • 英国的なランチ二種(笑)

    こんにちは。街中の、ちょっといい(笑)ビジネス・ランチを紹介します。時間優先だから、ワン・プレート・ランチです(笑)。■ブロッコリー、カシューナッツの炒麺(チャウメン)、チキンをプラスこちらで好まれるチャウメンは、フニュっと蒸した麺を、甘辛目に炒めています。日本でいうなら、時間の過ぎたラーメンとスパゲッテーニの中間だけど、こしがあるような面白い食感です。(笑)■チキンとマッシュルームのパイ、ベーコンをプラス英国的なパイ。オープンでベイクして供しています。付け合わせのチップスが太い(笑)。ベーコンをプラスしたら、パイの上にとぐろを巻くとは思わず、笑ってしまいました。今日も元気に働きます(笑)。二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。にほん...英国的なランチ二種(笑)

  • 野性生物を絶滅から守るために:Jersey zoo

    昨年、Jerseyzooと改名しましたが、元々は、デュレル野性生物保護基金が運営する、場所が、ジャージィ島にはあります。絶滅危惧種の動物を、飼育育成して、それを現地と協力して、現地に戻す活動をしています。その育成している動物を、観察し、学ぶ場所です。現在は、ケニア他、アフリカに還る予定のリムア(写真のリングテール・リムアは日本では輪尾きつねざると呼びます)、マダガスカルに還る予定のアイアイがいます。オランウータン、西ローランド・ゴリラは、戦争地なので、まだ見込み立たず。タマリン三種は、無事にマダガスカルにかえり、現地で新たな増加が認められています。人か動物か?ではなく、野性生物を保護し、絶滅から護る仕事を、現地の政府と、現地の人々と共同して行うことで、どちらも生き続けることを願う活動です。この活動を60年を越え...野性生物を絶滅から守るために:Jerseyzoo

  • ユニークさ、普通さ・二つのランチ

    こんにちは。陽射しは強いけれど、風が涼しい。秋の始まりを感じるJerseyです。ビジネスの合間のランチ写真を二つ。ユニークなのと、普通にある品に、ちょい個性を感じさせるモノとを、示します。■グリルしたモッツァレラチーズ、りんご、葡萄をバルサミコ風味でまんま、です(笑)。が、美しいプレゼンテーションと思いました。円柱を半分に切り分けて、あぶったチーズは、豊かに薫り、ナッツを絡めたバルサミコソースを流して。薄切りりんごに半割りのシードレスグレープ。これにも、バルサミコソースを。ベースには、ベイビィリーフ。トロリと詰めたバルサミコと、りんご、ぶどうのコンビネーションが秀逸でした。同じ店で、何年か前に、ハロウミチーズとバルサミコの組み合わせをみた時以来の、ユニークさを感じました。■岩礁の海老と小魚、烏賊をフライやグリル...ユニークさ、普通さ・二つのランチ

カテゴリー一覧
商用