searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Bianchiさんのプロフィール

住所
杉並区
出身
桶川市

インターネット、そこは最新のフロンティア。これは、マーケティングプランナーBianchiが、新時代のツールBlogの下に、21世紀において執筆を継続し、未知のネット世界を探索して、新しい情報と人との出会いを求め、永劫進化するネット世界に、自由に公開した日誌である。

ブログタイトル
Bianchiの徒然ブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/macumeld/
ブログ紹介文
フリーランスのマーケティングプランナーによる、仕事、趣味などの関心のあることを、徒然にしたためます。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2008/07/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Bianchiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Bianchiさん
ブログタイトル
Bianchiの徒然ブログ
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
Bianchiの徒然ブログ

Bianchiさんの新着記事

1件〜30件

  • 「令和」初のブログ、初の書店散策

    私的公開日誌@ウェブ暦:200217.01気がつけば、昨年5月以来、なんとこの記事が「令和」になっての最初のブログとなってしまった。半年以上も更新していなかった自分に今更ながらに呆れるし驚く。ここは私にとっての一番楽しいこと。それは書店散策について書くこと。その令

  • 私流「古書店探訪」の楽しみ方とは

    私的公開日誌@190508.01私にとって、書店散策ほど楽しいことはない。都心にある大型書店は本の品揃えも充実しているので、ついつい時間が経つのを忘れてしまうほどだ。私は人と待ち合わせをするとき、できるだけこうした大型書店を指定している。会う予定の時間が多少ずれて

  • おそらく「平成」最後の書店散策

    私的公開日誌@190326.01世間では、去りゆく平成時代の商機でなにやら騒がしい。2019年の最初にして、おそらく平成最後の書店散策ブログになるだろう。平成時代(1989年~2019年)を振り返ってみれば、まさしくさまざまなことが「失われた30年」だったと思う。かつて世界の工

  • 「書評エッセイ」の思想ーー書評と批評のはざまで考えたこと

    私的公開日誌@ウェブ歴:190306.01過日、下北沢の古書店散策で宇波彰著『書評の思想』(論創社:2009年刊)という本を偶然にも見つけた。著者の宇波彰の名は知ってはいたが、その著作に接したことはこれまでに一度もなく、本書についても古書店で手に取るまではまったく知ら

  • iPhone Cardはすでに開発着手かーーAppleのこれからのイノベーション戦略についての私論

    私的公開日誌@181226.01林檎道<Apple/Machintosh>の記事を書くのは、実に3年半ぶりのことだ。2008~2011年まで、アップル社やその製品などに関する記事を年に数回はコンスタントに書いていたのだが、ジョブズ逝去後に書いたのは書評「神のなせる采配か?ーー『ジョナサン

  • 年末恒例の「ツール・ド・書店」は大収穫!!! ビジネス書も

    私的公開日誌@181224.01本年最後の連休、街はクリスマスと年の瀬とが重なり人であふれかえっている。今年も年末恒例の「ツール・ド・書店」ーー朝から晩まで、丸1日かけて都内の大型書店(紀伊國屋書店新宿店、ブックファースト新宿店、ジュンク堂池袋本店、マルゼンジュン

  • 10月の書店散策最大の収穫!ーー読書好きが持つべき極上のトートバッグ

    私的公開日誌@181029.01久々に書店散策のブログ。今日、雑誌は特別付録(おまけ)がすっかりと定着していることは、きっと誰でも同意するだろう。その付録がほしくて、普段は買うことがない雑誌を手にした経験はおそらくあるはるはずだ。かつて私が小学生のころ、子ども向け

  • 来たるべきAI Ambient Societyに寄せてーーシンギュラリティ研究所開設記念の講座を終えて(後編)

    私的公開日誌@180926.01(前編より続く)■AIによる経営戦略の「日用品化」とマーケティングにおける「独自性」AI社会が到来すれば、リアルデータに基づくデータ分析から導かれる最新の経営戦略(これにはマーケティングも含まれる)が常時更新され続けることになり、なにも

  • 来たるべきAI Ambient Societyに寄せてーーシンギュラリティ研究所開設記念の講座を終えて(前編)

    私的公開日誌@1809013.01この4月、青山学院大学にシンギュラリティ研究所が創設され、それを記念した連続による基調講演+講座が終了した。全6回のうち、日程的な都合でどうしても参加が叶わなかった第3回目(「飛躍的進化を遂げている中国電脳社会」)を除き、すべての回に

  • 日本人ビジネスマン向けAIジャンプスタートコース、「AIの世界首都」米国シアトルで開催

    私的公開日誌@180720.01シンギュラリティ開設記念イベントで貴重なご縁を得た、米国シアトルで活躍されているInnovation Finders Capital(IFC)の江藤さんから資料のご案内をいただいた。そのイベントでの江藤さんの話については、すでに「【イベントレポート】AIと「意図

  • 【書評】『チャヴ~弱者を敵視する社会』ーー格差、分断、嫌悪、排除が覆う世界のいま(後編)

    私的公開日誌@ウェブ暦:171229.01(中編より続く)■歴史の教訓本書で、オーウェンは保守党と労働党のいずれを問わず、自らの社会政策の失政を労働者階級自体の向上心のなさや生活態度の問題が原因と押しつけ、「福祉のたかり屋」という立場に追い込んで支援政策(生活保護

  • 【書評】『チャヴ~弱者を敵視する社会』ーー格差、分断、嫌悪、排除が覆う世界のいま(中編)

    私的公開日誌@ウェブ暦:171225.01(前編より続く)■壊れ行く英国社会と労働者階級の分断1997年の総選挙で、保守党から労働党に政権が移った。そのさい、首相となったトニー・ブレアが掲げた労働党の方針が「ニュー・レイバー」である。従来のような労働組合に依存した党の

  • 【書評】『チャヴ~弱者を敵視する社会』ーー格差、分断、嫌悪、排除が覆う世界のいま(前編)

    私的公開日誌@ウェブ暦:171220.01『チャヴ~弱者を敵視する社会』は、今年後半の書籍ではもっとも話題の1冊だろう。本書は、21世紀版『イギリスにおける労働者階級の状態』だと思う。今回、ありがたくも海と月社よりご恵贈いただいた。原著の初版は2011年。欧米でもベスト

  • 創見に満ちた「書評社会学」の誕生ーー『風観羽』ブログの書評に触れて

    私的公開日誌@ウェブ暦:171201.01私がブログを開設し、もうすぐ10年になる。ブログタイトルを開設時のもの(恥ずかしいタイトルで、当時はなにも考えてなかった^-^;)からいまの“The Blog Must Go On”に変更したことを除けば、開設したころからずっと変わっていない。ブ

  • 私の書評が長い3つ理由ーー読書における「書評的思考」または「超書評」という考え方

    私的公開日誌@ウェブ暦:171226.01毎月1冊、個人的な関心から読みたいビジネス書や著者あるいはみなさんが読むことで示唆やヒントがある本を取り上げ、新興PRコンサルティング企業のブログコンテンツに書評を連載し始めてほぼ1年がたった。この間、約15冊のビジネス書を取り

  • マーケティングコミュニケーション関連の「厳選書評この4本」のご紹介

    私的公開日誌@ウェブ暦:170711.01昨年(2016年)4月以降、私のブログは滞っている。これは当該ブログ、ITmediaメディアマーケティングのブログともにそうした情況にある。私のブログは、仕事に関わりがあるだけではなく関心の高い多種多様なミートアップ集まり(フォーラム

  • 3月の書店散策の収穫7冊のご紹介

    私的公開日誌@ウェブ暦:170321.01ここ数日、ようやく春らしい日差しが感じられる時期となった。3月の都内の大型書店散策に出かけたのだが、懐の寂しいときに限って欲しい本をいくつも目についてしまう(>_<)。今回は新刊だけにかぎらず、既刊でも思わぬ本が出ていることを発

  • 【書評】『文庫解説ワンダーランド』ーー「目のつけどころが斎藤美奈子でしょ」

    私的公開日誌@ウェブ暦:170222.01私は文芸批評家の斎藤美奈子の“書評”を読むのが好きだ。彼女の書評を読んでいると、これが今様の「文芸批評または批評家の生きる道」という感じがしている。斎藤美奈子の本業は文芸批評であるが、書評に関する刊行物の方が多いくらいだ。

  • 2月の書店散策。新刊収穫のご紹介。

    私的公開日誌@ウェブ暦:170216.01先月は新春早々欲しい本数冊と出会ってしまったが、2月も中旬、ちくま学芸文庫、講談社学術文庫・同文芸文庫などの発売が続く。これらの文庫では、今月はなにが刊行されるのか関心の高い本が集中するの日々なので、いつも通り都内の大型書

  • 1億総書評家社会。「書評的思考」あるいは「書評家精神」のすすめーー誰にも読まれない書評。それでも書くことの3つの効用

    私的公開日誌@ウェブ暦:170127.01私はまったくの書評家ではない。そもそもライター(文筆)稼業でもない。だがここ最近、書評はとくに力を入れているコンテンツだ。書評は、それまで年に1本書くか否かだった。しかし、友人が主催し残念ながらいまは休止中のユニークな読書

  • 17年新春、書店散策は欲しい本が続々と。困った、実に困った……。

    私的公開日誌@ウェブ暦:170122.01都内の大型書店散策というのは、私にはテーマパークを楽しむような感覚がある。何時間すごしていても、私にはまったく飽きるということがない。今回は、仕事帰りに新宿の紀伊國屋書店本店に立ち寄った。目的は、下記の(1)だけを購入する

  • 16年師走の書店ツアー、食費を削ってでも購入したい「至福の収穫文庫」この5冊

    私的公開日誌@ウェブ暦:161230.012016年の師走。今年も今日と明日を残すのみ。思わぬ事情からプロレタリアートだということを実感する日々ではあり、今年ほど1年が短いと感じたことはなかった。それでも、大型書店を気ままに散策し、気になる本を手にしたり、思わぬ書との

  • 現代日雇い労働日記(後編)ーー21世紀資本主義社会の変容

    私的公開日誌@ウェブ暦:161208.01前編で語ったように、フリーターという言葉はバブル経済時期に誕生し、その後の社会経済環境の変化で増加の一途をたどってきた。21世紀の今日、こうしたフリーターというのは非正規雇用労働者の代名詞となって激増し続け、しかもその状況は

カテゴリー一覧
商用