プロフィールPROFILE

すとんさんのプロフィール

住所
茅ヶ崎市
出身
神奈川県

声楽、フルートを学んでいます。以前は、社交ダンスやヴァイオリンもやっていました。週末は金魚やダイエット記事を書いてます。日曜日は習い事以外の事を書いてます。

ブログタイトル
老いた犬に芸は仕込めない?〜声楽・フルート~
ブログURL
http://stone-tea.sblo.jp/
ブログ紹介文
声楽、フルートを学びながら、金魚を飼っています。また時折、時事エッセイも書いてます。オペラ大好きです。
更新頻度(1年)

202回 / 206日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2007/09/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、すとんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
すとんさん
ブログタイトル
老いた犬に芸は仕込めない?〜声楽・フルート~
更新頻度
202回 / 206日(平均6.9回/週)
読者になる
老いた犬に芸は仕込めない?〜声楽・フルート~

すとんさんの新着記事

1件〜30件

  • 新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」を見てきた

     …とは言っても、生の舞台ではなく、ディレイビューイングと銘打たれた映画版の方です。ひとまず見てきたのは前編(つまり昼の部の公演です)で、後編(夜の部だね)は、また後日上映されます。  舞台の方は昨年の12月に新橋演舞場でやっていわけで、それを二ヶ月後に映画にして全国興行しちゃうわけで、なかなかに貪欲な演目となっております。年末年始に、テレビ番組でも特番が組まれ、本格的にプッシュし…

  • 昔はあった自販機。タバコ、酒&ビール、エロ本。

     自動販売機こと自販機って便利ですよね。我が家の近所にコンビニが無くなって以来、自販機のありがたみを切々と感じています。我が家の近所にあって、24時間いつでも販売してくるんですよ。ほんと、感謝です。  で、その自販機ですが、ずっと前からそこにあったような顔をしていたりしますが、実は密かに入れ替わったり、新設されたり、撤去されたりして、いつまでも同じでは決してありません。気をつけてい…

  • オボロとオチャチャとオゴウです

     我が家にいるドジョウ3匹が、個体識別できるようになりましたので、改めて命名してみました。  真ドジョウは…もともと、オボロという名前が付いていましたので、そのままです。2匹いる緋ドジョウは、前からいる子は体色が濃いのですが、こちらはチャチャ。後から来た体色の薄い子はゴウです。まあ、オチャチャとオゴウと呼んでいます。はい、浅井三姉妹からお名前をいただきました。  個体…

  • 激安フルートは、どこがマズイのか?

     まず、激安フルートの定義をしないと話になりません。この記事では、3万円以下のフルートを激安と呼ばせていただきます。3万円以下と言っても、3万円前後ではなく、実際は1〜2万円程度の価格帯のモノが主流となるでしょう。  さて、この激安フルートは、一般的に「安物買いの銭失い」として、ネットでは見下されている感がありますが、実際問題として、そんなに悪いものなのでしょうか? もちろん、安…

  • 声に合わせて選曲するとは?

     声に合わせて選曲をする…とは、よく耳にしますが、具体的にどのような点に注意して選曲をする事なのか考えてみました。一応、自分の声の特徴については理解しているという前提で話を進めます。  まず最初に見るのは、音域でしょうね。とりわけ最高音は何なのかは、いの一番に見る事だと思います。出ない音で書かれた曲は歌えませんからね。必要ならば、移調する必要があるかもしれません。  …

  • 私は教えやすい生徒なのか?

     時々「私は先生方にとって良い生徒なのかどうか?」と考える事があります。“良い生徒”の定義が難しいので、ここでは“教えやすい生徒”という事で話を進めてみたいと思います。  私は「教えやすい生徒」なのかな?  まず、私は初老男性で、ガタイもかなりデカイです。おまけに圧も強いです。先生が女性、特に若い女性だと、イヤかもしれません。なにしろ、必ず小型犬には吠えられるタイプの…

  • 低音には限界があるけれど、高音は努力次第でいくらでも出せるようになるよ!

     私は合唱団にいた頃、上記のセリフを何度も聞かされました。  低音は、声帯の長さによって出せる低さには限界があって、どんなに頑張っても出ない音は出ないのだけれど、高音は、努力次第でいくらでも高い音は出るのだから、ヴォイトレを頑張りましょう…って感じでした。  確かに低音には限界があるのは理解しますが、高音が努力次第というのは、かなりの眉唾だなって思うようになりました。…

  • 長い曲が歌えない(涙)

     どうも最近、何となく分かってきた事があるのですが…それはどうやら私「長い曲が歌えない」みたいなんです。なぜかと言えば「疲れちゃうから(涙)」。  具体的にどう疲れるのかと言うと「軟口蓋を上げ続けるのに疲れて、やがて軟口蓋が上がらなくなって、歌えなくなってしまう」という状態に陥ります。軟口蓋を上げずに、胸に落ちた声で歌うなら、それなりに歌えますが、軟口蓋を上げて、ボジション高めの…

  • 名前の漢字くらい、常用漢字に従おうよ

     主に名字に多いのですが、名前の漢字に異体字(同じ漢字だけれど形が違うもの。“国”に対する“國”や“圀”のような関係にある漢字)を使っている方が大勢いらっしゃいます。これ、正直、微妙に迷惑です。  皆さん、多少なりとも、ご自分の名前にこだわりを持っているわけで、自分の氏名を自分が思っている漢字で表記してほしいと願う気持ちは分からないでもないですが、漢字によってはコンピューターで簡…

  • ランコとアカリがやって来ました

     ルデンとベルの2匹がいなくなり、水槽の中も何となく寂しくなりました。これだけ水槽の中に空間があると、ヤヨイあたりが巨大化してしまいそうで怖いので、新しい子を買ってくる事にしました。  今回は初めてのペットショップに行ってみました。いわゆる総合ペットショップなのですが、ここのメインはどうやらフクロウのようです。とにかくフクロウがたくさんいるんです。触れ合いもOKというスタンスの店な…

  • 乗用車が憎いです

     フルートのレッスンに行ってきました。なんと、今年始めてのレッスンでした。おまけに両足はまだまだ具合が悪く、右人差し指は痛くてたまらないという状態でのレッスンでした。  立ってレッスンを受けるのが億劫なので、先生は立たせて、私は椅子に座ったままでレッスンを受けました。態度、デカイな、オレ(笑)。  レッスンは、ロングトーン練習から始めましたが、出ている音はまあまあなも…

  • 歌いたい合唱曲

     私はこう見えても、実は合唱が好きです。  とは言え「合唱ならどんな曲でも好きです」というほどの好物ではなく“オーケストラ付きの宗教曲”が好きという、やや偏食気味の合唱好きなんですが(笑)。  ですから、今までに歌った事のある曲もあれば、まだ歌った事はないけれど、死ぬまでに一度でいいから歌っておきたいという曲もあります。  ちなみに、今までに歌った事のある曲…

  • 新曲に入りました

     声楽のレッスンの続きです。  まずは、ドニゼッティ作曲「ドン・パスクワーレ」の「Sogno soave e casto/青春の甘く清らかな夢よ」です。これを通して歌ってみました。ううむ、やっぱりまだ音取りが甘い箇所があります。特に下降音形では、落ちた先の音がうまくはまってません。と言う訳で、まだ完璧には程遠い出来ですが、今回でひとまず合格って事で、次の曲に行きました。  次のアリアは、…

  • 大切なのは、軟口蓋・腹圧・響きです

     声楽のレッスンに行ってきました。  今回のレッスンで、ドニゼッティのアリアは終わる予定なので、次の次のアリアの課題曲は何にしましょうか?という話になりました。で、色々と考えて、フロトー作曲「マルタ」の「M'appari Tutt'amor/夢のごとく」にしました。どんな曲かと言うと、こんな曲です。

  • 練習しなくなりました

     最近、自宅での音楽練習をしなくなりました。  まあ、仕事が忙しくなった事と、加齢のせいでしょうか? 疲れやすくなった事と、根性が無くなってきた事など、複合的な要因によって、自宅での音楽練習に掛ける時間が極端に減っています。  とは言え、別に全く練習したくないわけじゃなく、練習しようという思いはあっても、ふと気がつくと、さすがに音を出してはまずい時間になっていたり、翌…

  • 素人がプロの真似をするのは危険!

     何の話かと言うと、大食いの話です。  ネットをフラフラしていて見つけたのですが、4年ほど前(2016年)の話ですが、ある地方のJA主催の大食いイベントで亡くなった方が出たそうです。亡くなった方のご冥福を祈りつつも、やはり大食いは危険だな、素人が真似をしちゃダメなんだなと強く思いました。 …

  • 尾びれがバサバサ&ルデンが星になりました

     ええと、シズカの尾びれがバサバサになりました。まるで、南の島の人たちの腰蓑のようです。ちなみに長さも以前の1/3くらいです。  なんか、病気になったのかしら? 尾腐れ病? でも、ちょっと違うしなあ…と思って観察していたところ、原因が判明しました。ルデンがシズカを食べていたのです。つまり、共食いをしていたのです。  尾びれは目立ちますが、尾びれに限らず、全身どこでもかじり…

  • ちょっぴり米不足を心配しています[2020年1月の落ち穂拾い]

     今年は暖冬も暖冬、極端な暖冬なのですが、1月の後半頃から、ようやく寒くなってきました。いよいよ私も、外出時にコートを着用するようになりました。松が明けたあたりまでは、秋服で過ごしていたのに、ようやく本格的に冬服仕様です。もっとも、まだ手袋までは使用していないのですけれど…ね。  私は暖冬でうれしいのですが、ウィンタースポーツ関係の方は、雪が降らずに困っているようですし、このまま…

  • 目標は人それぞれ

     人は目標がないと努力し続けられないものです。  音楽趣味の世界で言えば、発表会とか演奏会とかコンクールとかの、人前で演奏する機会です。どんな音楽教室や団体であっても、発表会とか演奏会とかは、年一回、または年に数回に渡って、定期的に行われるものです。また、コンクールに挑戦し続ける方もいらっしゃいます。  定期的に人前で演奏する事で、その時々の自分の実力が分かりますし、…

  • クラオタとは、カップ麺好きのようなもの?

     昔、レコードの事を「音楽の缶詰」と呼んだ方(って、確か、フルトヴェングラーじゃなかったかな?)がいらっしゃいます。もちろん、これは録音された音楽に対する蔑視が含まれた表現なのですが、差別感情は抜きにして、録音された音楽を缶詰と表現する事に、私は感服しております。  まあ、あの時代の缶詰ってのは、いわゆる保存食の事を指しますから、今風に言うなら、「録音された音楽なんて、音楽のカッ…

  • 映画「キャッツ」を吹替版で見てきた

     ネット(特に海外)では、だいぶ不人気な映画ですが、私は楽しめました。点数をつければ、100点満点の70点ぐらいかな? まあ、若干の不満はありますが、それはそれで楽しく見れました。  ちなみに私が見たのは、吹替版の方です。ですから、字幕版の方がどうなっているのかは知らない事。その他のキャッツとしては、日本の劇団四季での上演版と、映像版(1998年にロンドンで収録)の2つを知っている事。で…

  • 声楽の難しさは、見えない難しさ

     声楽を学ぶと感じる事は「見えないモノを学ぶ難しさ」です。  だから、耳が大切。聴力とは別の“聞く力”が十分にないと、基本的な事を学ぶのすら難しいですし、それどころか(私のように)なかなか上達しません。「百聞は一見に如かず」が実践できない世界なのです。  この世には、教則本ビデオってのがあります。楽器の入門時に参考にするものです。特に独学者なら必携のものでしょう。私も…

  • 水中毒にご注意

     最近、知人がスポーツジムに通っているそうです。ジムでは、当然、激しめの運動をするわけです。で、激しめの運動をすれば、汗をかくので、水分を補給します。  で、知人は水分補給のために、麦茶を飲んでいるんだそうですが、周りの人たちは水を飲んでいるし、インストラクターさんからは、麦茶ではなく、水を飲むように薦められているんだそうです。でも、知人は、スポーツ直後に水を飲む事の危険性を知っ…

  • 犬や猫と、金魚との共通点とは?

     ペットである事…まあ、そうだよね。で、それ以外の共通点はあるでしょうか? 哺乳類と魚類ですから、ほとんど共通点が無いように思われますが、よくよく考えてみると、一つだけありました。  それは形態の多様性です。  犬は、プードルとかポメラニアンとかビーグルとか柴犬とか、様々な犬種の犬たちがいて、それぞれ形も大きさも性格も違いますが、全部同じ種類の生き物で、正確には“イエ…

  • 困った、フルートが吹けない(涙)

     ええと、右人差し指が壊れている私です。右人差し指は、日常生活で多く使用するので、当初は自然治癒に任せていたのですが、何もしないままでは、全然良くないし、第一、いつも痛くて不快極まりないです。  ヒジとか足首ならばサポーターで保護しつつ、自然治癒を待つのですが、指ではサポーターというわけにはいきません。そこで、テーピングをしてみました。

  • 日本人なのに、なぜ西洋音楽(クラシック音楽)をやるの?

     当然の疑問です。西洋音楽だって良い音楽だけれど、日本人なら、まずは日本のクラシック音楽…つまり古典的な音楽…伝統的な邦楽をやるべきじゃないでしょうか? 日本の音楽が先、その後、西洋の音楽をやればいいじゃんと言われると、グウの音も出ません。  「お前、それでも日本人か!」と言われても、なんの返事もできません。だって、私、西洋音楽しか知らないもん。  学校の音楽の時間に…

  • 初音ミクのように歌っちゃダメなんです

     声楽のレッスンの続きです。曲の練習に入りました。まずは、シューベルト作曲「美しき水車小屋の娘」の 3番「Halt!/止まれ!」です。  音を取って、メロディーに歌詞を載せて歌えば終わり…とならないのが、ドイツリートなんだそうです。大切なのは、声に色気を乗せる事。1音1音に歌詞のニュアンスを載せて歌わないといけません。頭を空っぽにして、ピャーっと歌っちゃダメなんです。  初音…

  • 高音も低音も、発声は難しい

     声楽のレッスンに行ってきました。今年最初のレッスンだったよ。実は、当初のレッスン日は、先生の都合(ステージのリハーサルが急遽入ったようですから、ま、仕方ないです。本業大切です)でキャンセルになってしまったので、今回は別日に先生の本宅の方にお伺いしてのレッスンとなりました。ま、お年賀をお渡しする事もあって、却って好都合です。たまにこちらにもお伺いするのですが、こっちはレッスン室が広い広い。…

  • 今年はコンクールに出ません

     “今年は”とエラそうに書いてますが、昨年だってコンクールに出てない私です(汗)。  昨年は、某コンクールに出場する気満々で準備していたのですが、エントリーの頃に(人生初の)インフルエンザに罹患し、約1ヶ月ほど歌えなくなり、コンクール出場が自然消滅してしまったという経緯があります。まあ、1ヶ月歌えなかった事は、雨降って地固まるのごとく、後の高音発声習得につながっていったので良いの…

  • Windows7のサポートが終了したそうな

     Windows7のサポートが、2020年1月14日に終了したそうです。つまり、この日以降は、Windows7に関するセキュリティープログラムやシステムの更新がされなくなったわけです。  サポートが終了したからと言って、Windows7パソコンが使えなくなるわけではないし、単純に、これ以上システムが新しくならないので、古いシステムのまま使い続けられるというだけです。なので、ユーザー的には、サポートが終了しよ…

カテゴリー一覧
商用