chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
老いた犬に芸は仕込めない?〜声楽 & 身の回り日記~ https://stone.yim-i.net/

クラシック声楽を勉強しながら、考えた事や思った事を徒然に書いています。金魚を飼っています。また時折、時事エッセイも書いてます。オペラ大好きです。

クラシック声楽を学んでいます。以前は、フルートや社交ダンス、ヴァイオリンもやっていました。週末は金魚飼育日記を書いてます。時折、音楽や習い事以外の事を書いてます。

すとん
フォロー
住所
茅ヶ崎市
出身
神奈川県
ブログ村参加

2007/09/09

1件〜100件

  • なぜ年寄りは昔を賛美するのか?

     「昔のオペラ歌手は、今聞いても最高! 現在の歌手たちとは比較にならない!」 「フルトヴェングラーの第九を超えるモノは無い!」 「マリア・カラスは世界最高のディーヴァである!」 「はいはい、分かりました」…と力説する人を否定しないで、生暖か

  • 声色の統一は大切

     クラシック声楽というジャンルを学んでいく上で、まず手始めにするべき事は、楽器を入手する事です。 楽器を入手する…これが器楽なら、楽器屋さんに行って気に入ったモノを購入すれば良いだけなので話は簡単ですが、声楽の場合は、楽器屋に行っても“声”

  • 第九の申し込みができなかった(涙)

     どうやら、今年は地元で第九演奏会を開催するらしい…のです。 地元の第九合唱団は、特定の団体が継続して行うのではなく、毎年合唱団員を募集して、新たに合唱団を立ち上げて行う形式なのです。例年は、7月とか8月の市の広報に募集要項が掲載され、希望

  • シネマ歌舞伎「ワンピース」を今更見てきた

     今更ですが(ほんと、今更ですが)シネマ歌舞伎で「ワンピース」を見てきました。いやあ、こりゃあ、すごいし、面白かったですよ。主なスタッフ・キャストは以下の通りです。 原作:尾田栄一郎 脚本・演出:横内謙介 演出:市川猿之助 スーパーバイザー

  • 合唱と独唱で発声は変えるべきか否か?

     この命題は、時折ネットで見かけるし、合唱をしながら独唱もする…というタイプの人にとっては、ある意味永遠の課題なのかもしれません。 私の私見としては…、理想としては、合唱であれ独唱であれ、音楽ジャンルが同じなら発声を変える必要は全く無いと考

  • もはや防犯カメラは犯罪抑止にはなり得ないのか?

     防犯カメラ…ちょっと前までは“監視カメラ”と呼ばれていたアレです。今や店舗はもちろん、街角にも設置され、我々の行動をつぶさに記録しています。このカメラのおかげで、行方不明者の足取りが分かったりして、まあ、役には立っているのだろうと思います

  • 緋ドジョウが自殺しました

     昨日の落穂拾いの金魚のコーナーで、さらっと「緋ドジョウが一匹、星になりました」と書きましたが、今回はその話です。 表題の通り、緋ドジョウが一匹、星になりました。実は自殺したんです。投身自殺でした。 2022年9月28日の早朝、起床して水槽

  • 偏向報道?は止めて欲しい[2022年9月の落ち穂拾い]

     暗殺された安倍元首相の国葬が終わりました。 私は地方在住者ですから、当日がお休みにはならなかったため、一般献花等には参列できず、ちょっぴり残念でした。まあ、当日がお休みになって、全国から献花者が集まったら、東京は大混乱になるでしょうから、

  • 強い声と怒鳴り声は違う

     時折、ネットを見ていると、この2つがゴッチャになっているような発言を見かけますが、強い声と怒鳴り声は全然違います。 おそらく、このような誤解は、ノドに力を入れて力強く発声すると声が強くなると勘違いしている事から生じるのだろうと思われます。

  • だからピアノ合わせって大切なんだな

     声楽のレッスンの続きです。ちょっと疲れたので、ここで妻とレッスンを交代して休憩を入れてから、次の「Total eclipse/皆既日食」となりました。 まずはレチタティーヴォの部分の合わせを念入りにやりました。さっきの「Where’er

  • さて、アドリブをかましてみましたよ

     声楽のレッスンに行ってきました。今回のレッスンからは、クラシックコンサートに向けてのピアノ合わせとなります。なので、お教室に行ったら、迎えてくれたのは、ピアニストさんだったりしました。 発声練習は、ほぼ声出しで、妻と二人一緒に短時間で済ま

  • メトのライブビューイングで「湖上の美人」を見てきた

     アンコール上映です。今回は2014-15年シーズンに上演されたものです。スタッフ&キャストは以下の通りです。 指揮:ミケーレ・マリオッティ 演出:ポール・カラン エレナ:ジョイス・ディドナート(メゾソプラノ) ウベルト/スコットランド王:

  • 本当の事で、意識していない事を言われるのが、一番キツイ

     世の中には数多くの罵詈雑言の類がありますが、みんながみんな、心に刺さってくるわけではありません。 例えば私の場合「バカ!」とか「アホ!」などの、よく使われる、これらの暴言は全く心に刺さりません。だって、私はバカでも無ければ、アホでも無いの

  • カスミが怪我してます(怒)

     カスミは漆黒の黒らんちゅうです。本当に全部真っ黒なのです。カラダも目玉も真っ黒なので、どこに目玉があるのか分からないくらいに真っ黒です。まるでカラスのような金魚です。 そんなステルス機能搭載なカスミですが、ある時、部分的に白くなっている事

  • なぜレッスンに行くと元気になるのか?

     みなさんは経験がありませんか? 私は声楽であれ、フルートであれ、ピアノやヴァイオリンであれ、レッスンに行くと、たいてい元気になって帰ってきます。 人間ですから、体調には波があって、調子が良い時もあれば悪い時もあるし、元気いっぱいの時もあれ

  • あなたの声域はどれくらいありますか?

     私の声域は、歌で使えるという観点で考えるなら、2オクターブ弱って感じでしょうか? 低いラ(A2)から高いソ(G4)ぐらいかな? そんなもんです。音域的には、ほぼバリトンですね(汗)。テノールとしては、高音域に不足を感じますが、声質がテノー

  • 4回目のワクチン接種をしてきた

     ジジイなので、市から4回目のワクチン接種の案内が届きました。 さっそく、かかりつけのお医者さんに「いや~、4回目のワクチン接種の案内が届いちゃいました」って話をしたら「じゃあ、ウチで打つ?」って誘われちゃいました。あれ、ここの病院は、ワク

  • 日本のオペラは…立派すぎだし、高すぎだと思います

     日本のオペラ上演って、そもそも値段が高いでしょ? 国内の歌劇団で2~3万円前後で、海外歌劇場の引っ越し公演だと5万円前後ってところが相場でしょ? そもそも指揮者とかソロ歌手のギャラは高いし、オケや合唱団は人数が多くてトータルでギャラが高く

  • 怒鳴る・吠える・叫ぶ

     怒鳴る・吠える・叫ぶ…これは何かと言えば、ダメなテノールの高音発声ですね。そう、ダメなテノールほど、高音で怒鳴ったり、吠えたり、叫んだりするんです。まあ、確かにこれらの声は通常の声と比べれば、音程高めだし、これらを用いる事で、普段は届かな

  • 失って初めて、有り難みを感じるもの

     私の場合は「若さ」と「健康」と「親の愛」だな。 若い時は「若さ」の有り難みなんて分からずに、若さをダラダラと浪費していたなあ。あの頃、若さをもっともっと自分磨きなどに有効に使っていたらと…ジジイになった今、ちょっぴり後悔したりしなかったり

  • ピアノ伴奏のありがたみを噛み締めてます

     声楽のレッスンの続きの続きです。 さて「Total eclipse/皆既日食」です。この曲はダ・カーポアリアではありません(ちょっと安心)。 例によって、レチタティーヴォの出だしのフレーズに苦労しています。伴奏無しの状況で“E-F-G♯”

  • ダ・カーポアリアなので、アドリブを加える事にしました

     声楽のレッスンの続きです。曲の練習です、ヘンデルです。まずは「Where’er you walk/あなたがどこを歩くとも」です。 注意すべきは、声の響きです。音程が高くなる時は、もちろん響きも上げていきますが、音程が下がってきても、響きは

  • 響きを高く上げよう

     声楽のレッスンに行ってきました。 実は我々の伴奏をよくしてくださるピアニストのMさんが、最近Y先生のところで声楽のレッスンを受けるようになったそうです。もちろんきっかけは、我々との共演なわけで、本番に向かって我々のレッスンにお呼びしてピア

  • 青薔薇海賊団のコンサートに行ってきた

     もう何度目だろう? 主催者さんが知り合いの人って事もあるし、チケット入手が容易という事もあるし、まあ、それで足繁く出かけるのだけれど、それでもたぶん私は青薔薇&上原氏のファンなんだと思う(笑)。それくらい、コンサートの情報が入ると、必ず見

  • 久しぶりに銀座に行ってみたら、びっくりした

     「ロデリンダ」を見て感動して、そこで歌われていたカウンターテナーの曲が素晴らしかったので、私も歌えるものなら歌ってみたいと思って「まずは楽譜を見てみよう、確か、ベーレンライターから、ヘンデルのカストラートのアリア集が出ていたはずだから、そ

  • メトのライブビューイングで「ロデリンダ」を見てきた

     例によって、メトのライブビューイングのアンコール上映を見てきました。今回は、2011-12シーズンの、ヘンデル作曲の「ロデリンダ」です。メト的には、2004年版の再々演なんだそうですね。よほど評判が良かったのだろうと思います。 例によって

  • 一病息災って、たぶん本当

     健康って大切ですよね。健康じゃなきゃ、仕事も遊びも、何もかもできません。健康だから気持ちも安定するし、健康だから他人の幸せも祈れます。だから「健康のためなら死んでもいい」とかの戯言すらあるくらいです(笑)。 大抵の人が健康第一という考えな

  • 見えないし、聞こえない(涙)

     先日、一年ぶりの人間ドックに行ってきました。 まあ、人間のカラダなんて、1年かそこらで劇的に変わることなんて無いよね…なんて、昨年まではつぶやいていた私ですが、今年は、劇的な変化に見舞われてしまいました。 それは何かと言えば、視力と聴力の

  • 感謝の気持ちしかない…です

     よその声楽教室の発表会を見ると、色々と学ばされることが多いです。 テノールがいる教室…って、正直あまり無いんですよね。大抵の声楽教室はソプラノばかりです。たまに男声がいても、ほぼバリトンで、テノールはまずいません。もっとも、バスはテノール

  • Z世代の子たちは数学的な思考が苦手?

     …って、別に若い世代をディスるつもりもなければ、ケンカを売るつもりもありません。ただの教育批判の話です。 今の中年~老人世代には、おそらく想像もつかないだろうけれど、日本の教育は、かなり前から、中身が薄くなっています。ジジババ世代では「知

  • Hi-Cは命を削って出すもの

     テノールとかソプラノにとって、高音発声は必要不可欠であり、レゾンデートルですらあります。しかし男声女声の違いもあり、その発声方法に関しては、似ているようで違っている部分も多々あります。 私は男声なので、この記事ではテノールに関して書きたい

  • おさらい会、発表会、コンサート、リサイタル、ライブ

     全部、音楽が演奏される場です。すべて広義では演奏会ですが、何がどう違うのか、ちょっとばかり考えてみました。異論反論、もちろん受け付けます(笑)。1)おさらい会 アマチュアの習い事の演奏会の一つで、基本的に非公開のものをこう呼ぶます。門下生

  • メトのライブビューイングで「パルジファル」を見てきた

     9月になりました。例年のように東劇で“メト・ライブビューイング”のアンコール上映をしていますので、見てきました。今回見てきたのは、2012-13シーズンの、ワーグナー作曲「パルジファル」です。スタッフとキャストは以下の通りです。 指揮:ダ

  • 少し前から、音大がヤバいらしい

     少し前…と言うのは、私のアンテナが低くて、つい最近になるまで認識していなかったけれど、実は随分前から“音楽大学という商売”そのものが、かなりヤバい状態になっていて、それが数年前から話題に上がっていた…のに、当時の私は気づかなくて、今頃知っ

  • 釣具屋さんがつぶれていた(涙)

     ウチの近所の大手の釣具屋さんがつぶれていました。“つぶれていた”と書きましたが、大手のチェーン店なので、廃業ではなく移転ですね。でも、これでまた釣具屋さんが1軒無くなってしまったわけです。 もちろん、これで市内に釣具屋さんが全く無くなって

  • ぼちぼちと、クラシックコンサートの準備をしています

     声楽のレッスンに行ってきました。いわゆる“夏休み”中のレッスンだったので、私、ほぼほぼ疲れていない状態でのレッスンだったので、先生曰く「今日はカラダがよく動いていますね」という事でした。まあ、自覚あります。それだけ普段は、お疲れ状態でのレ

  • 区民オペラで、仮面舞踏会を見てきた

     先日、新宿文化センターで行われた、新宿区民オペラでヴェルディ作曲の「仮面舞踏会」を見てきました。2日に渡って行われたのですが、私は初日の方を見てきました。 キャスト・スタッフは以下の通りです。指揮:米津俊広演出:園江治リッカルド提督:小野

  • さすがに、もう秋になって欲しいと願います[2022年8月の落ち穂拾い]

     いやあ、今年の夏は、本当に熱かったですね。そんな熱い夏も、ここ数日で急に涼しくなってきたように思います。アカトンボも飛ぶようになってきたし、このまま秋になってくれたら、うれしいなあと思います。死刑廃止論は廃止してほしい 死刑賛成論・廃止論

  • 東北旅行をしてきました その4 青森はりんごジュースが格別に美味い

     さて、最終日です。 ホテルを出発して目指したのは、奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)でした。いやいや、水量が多すぎて、もはや“渓流”ではなく“濁流”でした。水、濁ってたし、岸辺も水没していたし…。轟々と音をたてて流れていて、全然せせらぎじゃ

  • 東北旅行をしてきました その3 十和田湖はデカい

     さて、二日目です。東北旅行の中日です。バスに乗って、八幡平(はちまんたい)の山頂レストハウスに行きました。ここは秋田県と岩手県の県境にあり、レストハウス自体は、ただの休憩所なので、どうでも良いのですが、八幡平は良い所でした。景色は素晴らし

  • 東北旅行をしてきました その2 角館と雫石

     秋田空港に着きました。いやあ、秋田は涼しいです。あと、空気がカラっとしています。もはや空気は秋なのです。 50人乗りのバスに、お客さんは21人です。いやあ、バスもスカスカです。最初に向かった先は、秋田県の角館(かくのだて)です。武家屋敷が

  • 東北旅行をしてきました その1 羽田から飛行機に乗りました

     ええと、世間様がお盆休みを終えた頃、東北に2泊3日の旅行に行ってきました。コロナが怖いのは私も同じですが「コロナ、怖い怖い…」と言って引き籠もっていたら、日本の経済がダメになってしまいます。困っている業界にお金を使っていく事は大切な事です

  • そう言えば最近、怒鳴り声で歌わなくなりました

     大きな音量とか、高い音程とか、声が無くなってきたのに頑張って歌う時とか、私はついつい良くない事だと知りながら、それでも無意識に怒鳴り声で歌ってきました。 怒鳴り声…ノドに力が入って、声帯をむりやり振動させた、特有の音色を持った雑音混じりの

  • 合唱の人って“声楽寄り”というよりも“器楽寄り”なのかもしれない

     …なんて事を思いつきました。あ、今日からブログを再開します(てへっ)。 で、もう少し丁寧に書くなら「合唱を歌う人の感覚って、ソロでクラシック声楽を歌う人の持っている感覚よりも、吹奏楽などを嗜んでいる器楽の奏者の感覚に近いのかもしれない」っ

  • またブログをお休みします

     今年2度目の夏休みという事で、24日(水)までお休みします。再開は、8月25日(木)の予定です。前回は、私の留守中に悪い子が暴れていましたが、今回はそんな事が無いようにしてください。お願いです。

  • ブログ16年目に向けての、過去記事月間トップ3の発表です

     老犬ブログも、いよいよ16年目に向けて出発しました。つまり、かぞえで16歳だよ。今風の満年齢だと15歳になったばかりだけどね(笑)。人間で言えば、中学3年生だよ、思春期だよ、女の子なら「お父さん、臭い!」とか言い出す年頃だな…。 今年、ブ

  • 歌には、大きな声は必要だけれど、声を張るのはちょっと違う気がします

     クラシック声楽の世界では、大声は正義です。 音楽ですから観客に聞こえなきゃ話になりません。マイクを使わずに歌う事もあり、とにかく大きな声で歌えなければダメなのです。声は大きければ大きいほど良いのです。 …特にプロはね。 先日聞いたコンサー

  • 広島に行ってきた その2 似島で死にかけました

     翌日は、一番の目的の平和記念式典に参加の予定でしたが、入場規制が掛かっていて、入ることができませんでした。いやあ、残念。仕方がないので、一度ホテルに戻って、テレビで記念式典に参加しました(ダメじゃん)。 平和式典終了後、改めて会場に行って

  • 広島に行ってきた その1 読書ばかりしていました

     広島平和記念式典前後に、広島に行ってきました。観光旅行です。 新幹線のぞみ号に乗って広島に行きました。いやあ、広島、遠い。のぞみ号に乗っても、やっぱり遠いです。こんな事なら飛行機に乗ればよかった…と後悔したのは、広島駅に着いてからです。も

  • 駅伝コンサートを見てきた

     先日“二期会研究会駅伝コンサート”というのを見てきました。なんでも、二期会内にある様々な研究会の発表会(ま、学校の文化祭のステージのようなものを想像すると、だいたい合っています)を立て続けに連続して行う…だから“駅伝コンサート”という名称

  • 二度目の引っ越しです

     老犬ブログが、16年目に突入しました。 ブログ16年目突入を記念して、引っ越しししました。 皆さん、無事にこちらの新しいブログに来ることができましたでしょうか? ちょっと不安です。 ブログを引っ越しをするというのは、ブログをリセットする事

  • 大きく育ちました

     今回は久しぶりに我が家の水槽状況について、ご紹介したいと思います。 現在、水槽にいるのは…金魚5匹、真ドジョウ1匹、緋ドジョウ2匹、石巻貝少々、タニシ少々…って感じです。 金魚は…   アカリ(2020/02)素赤琉金。ヒレを食べられてし

  • ハマスタでナイターを見てきた

     ハマスタ…横浜スタジアムですね。横浜の関内にある野球場です。そこで、横浜DeNAベイスターズと阪神タイガースの試合を見てきました。結果は、3対0で横浜の勝ち…なんてのは(申し訳ないけれど)横において、ナイター見てきた感想を書いてみます。 

  • 伴奏が無いと…多少は不安になります

     声楽のレッスンの続きです。曲の練習です。シューベルトの「Der Tod und das Maedchen/死と乙女」です。 母音は流れるようにつなげて歌う事。子音は母音をぶち切らずに、しかししっかりと短時間で発音する事。低音は声を開かずに

  • ヘンデル尽くしを決行するつもりです

     声楽のレッスンに行ってきました。 実は秋のクラシックコンサートの開催が決まりました。2022年10月23日(日)です。場所は、当地の市民文化会館の小ホールです。当然、出場するつもりです。さっそく、ピアニストさんに連絡をして、伴奏をお願いし

  • またまた、にゅうおいらんずを見てきた

     さて、ブログ再開です。私の留守中、おいたをしていた人が約1名いましたが、その方は出禁にさせていただきました。ほんと、留守中に悪さをする人ってキライなんだからね。 で、本題。先日、浅草演芸ホールの8月上席を見てきました。お目当てはもちろん、

  • ロー○ンって、ダメなんじゃないの?

     「ブログをお休みします」と言った手前“ひとこと”欄用に書き始めたら、文章量が多くなってしまったので、やっぱり独立した記事にします。ごめんね。 私が悪いのか、ロー○ンが悪いのか、皆さんのご判断いただきたいのです。 コンビニのロー○ンにコピー

  • 今日からしばらくブログをお休みします

     しばらく電脳空間の無い生活をしますので、ブログをお休みしたいと思います。 再開予定日は…2022年8月9日(火)の予定です。私がいない間、おイタをしちゃダメよ。よろしくね。↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。にほんブログ村

  • 重いんだよね…

     もちろん例外はたくさんあるんだろうけれど、少なくとも私が身近で見聞きする範囲では、アマチュアの演奏団体の音楽って、吹奏楽を除くと大抵重い印象があります。まあ、吹奏楽を除いちゃうと、残るのは合唱団とアマオケなんだけれどね。まあ、だいたい重い

  • なぜ声が割れるのか、考えてみた

     以前はなかったのですが、ここ数ヶ月?に渡って、たまに声が割れるようになりました。今回はその原因と対策について考えてみました。まあ、考えただけで実行しなきゃ解決はしないのだけれどね(笑)。 まず声が割れるようになった時期について考えたところ

  • 小さな声に生まれたかった

     先日、合唱と言うか、大人数で歌を歌うという機会があって、それに参加しました。参加者は老若男女合わせて100名以上、そりゃあ大所帯でした。ピアノ伴奏で斉唱で、ともかくみんなで歌を歌い飛ばしていくのです。 で、楽しく歌っていた時の事でした。指

ブログリーダー」を活用して、すとんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
すとんさん
ブログタイトル
老いた犬に芸は仕込めない?〜声楽 & 身の回り日記~
フォロー
老いた犬に芸は仕込めない?〜声楽 & 身の回り日記~

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用