searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

中野京子さんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
中野京子の花つむひとの部屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hanatumi2006
ブログ紹介文
朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」に関連したブログ
更新頻度(1年)

48回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2007/08/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、中野京子さんをフォローしませんか?

ハンドル名
中野京子さん
ブログタイトル
中野京子の花つむひとの部屋
更新頻度
48回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
中野京子の花つむひとの部屋

中野京子さんの新着記事

1件〜30件

  • 殺人タンパクーー怖い病気

    だいぶ前にアップした記事を再掲します。ダニエルT.マックス著「眠れない一族―食人の痕跡と殺人タンパク」から以下。開巻、ヴェニスに現存する「呪われた一族」が登場する。彼らの多くは中年以降に発症する、死亡率100%という致死性奇病により、次々亡くなってゆく。それは瞳孔収縮に始まり、異常発汗、頭部硬直、最後は眠ることができず(「眠らせない」というのは、古来、拷問にも使われるほどの苦痛である)、異様な興奮状態でしかも意識だけはしっかり保ったまま衰弱死するという酷さだ。祖父母や親や兄弟が悶絶死するのを見てきているので、一族は常に恐怖と隣りあわせで生きてゆかねばならない。著者は自らも難病に侵されており、自分の病気も、そしてこの呪われた一族の眠れない病いも、プリオンという殺人タンパク(これは生物ではない、というので理系に弱い...殺人タンパクーー怖い病気

  • 怒りのアフガニスタン

    アフガニスタンの惨状から、ふと思い出し、未見だった古い映画をDVD鑑賞しました。シルベスター・スタローンの『ランボー3怒りのアフガン』。時代背景は1980年代なのでソ連が侵攻した時期。ランボーはアフガンゲリラと共にソ連に一泡ふかせるわけですが、そのゲリラが今やタリバンないしISIS-Kかもしれないと思うと、溜息しかありません。ただスタローンの絶頂期で魅力的です。CGはなく、アクションもほとんど全部自分でやっています。戦車を操縦するかと思えば、騎馬で疾走、またRPGをぶっ放すかと思えば、弓で敵を射る。実に何というか、「男の子」映画です🎵台詞が現在とリンクして、いろいろ興味深かった。「アフガンはアレクサンダー大王もジンギスカンも征服できなかった」ーーー確かにイギリスもソ連もアメリカも失敗したわけで、まさに「帝国の墓...怒りのアフガニスタン

  • 幽霊坂を歩いてみれば・・・

    テレビが煽りに煽って、今や日本人が一番怖いのはコロナのようです。夏の風物詩たる幽霊も、これでは出てこられませんよね。月刊「文藝春秋」の写真ページ連載「記憶に残るあの街、この路地」の9月号は「江戸から現在まで続いている幽霊坂の名前」というものでした。なんと、東京には10近くの幽霊坂が存在しているのだそうです。文春に載っていた写真は港区のもので、両側にお寺とお墓。夜は怖そう。まして闇夜の江戸時代ならなおさら。。。他にどんな場所があるのかな、とwikiで調べてみると、これまたなんと!私は知らずにそのうちの2つの坂を通ったことがありました。一つは神田ニコライ堂の近く。もう一つは角川本社のそばの坂でした。全然何も感じなかったなあ。どちらも日中だったし、一人じゃなかったし。そもそもあまり霊感が強くないのでしょう。でもね。幽...幽霊坂を歩いてみれば・・・

  • 『美貌のひと 2』が出ました🎵

    8月11日に『美貌のひと2』(PHP新書)が発刊されました。そして昨日、増刷のお知らせを受けて、ひとまずホッとしているところです。margin:0px!important;"/>☆「中野京子の西洋奇譚」(中央公論新社)2刷になりました🎵アマゾンへのリンクhttps://www.amazon.co.jp/gp/product/412005330X/hanatumuhiton-22/画像margin:0px!important;"/>☆「新怖い絵」(角川文庫)解説は佐藤可士和氏。たまたま本作中にペストを扱っています。天使が悪魔を引き連れて家々を回り、死者を決めていたという、まことに怖い絵です。画像ではなく、赤文字をクリックください。アマゾンへとびます。<img">https://www.amazon.co.jp/g...『美貌のひと2』が出ました🎵

  • ベラルーシ五輪選手の亡命とヌレエフ

    ソ連時代の著名なバレエダンサー、ヌレエフの半生を描いた映画『ホワイト・クロウ伝説のダンサー』(監督レイフ・ファインズ)は非常に面白かった。過去と現在を行き来するシーンに、レーピンとレンブラントの作品を重ね合わせたり、ヌレエフの師が「バレエで何を伝えるか。物語だ」と言うところなど、いろいろ見どころがあるのだけれど、何といっても亡命の下りが手に汗にぎった。ヌレエフはキーロフ・バレエ団一行とともに初めて外国公演へ行く。パリで新しい友人、新しい風に触れて、ソ連がいかに息苦しいものであるかに気づいてゆく。公演には常にKGBが付き添って監視しているのだが、ヌレエフの行動が反政府的に感じられるようになったのだろう。次のイギリス公演のために空港へ行くと、いきなり「君だけ帰国命令が来ている」と告げられる。今ソ連へもどされれば、一...ベラルーシ五輪選手の亡命とヌレエフ

  • 学生の珍解答が笑えます

    学生の珍解答という、こんな笑える話が。①空欄を埋めて四文字熟語にしなさいーー品▢方▢珍解答;品川方面(「熟語」の意味がわかっていない例)②「nosmoking」を訳しなさい珍解答;相撲取りがいない(これは学生のおふざけでしょう)③「ミカン3個を4人で分けるにはどうするか珍解答ーーひとり殺す(笑ったけれども笑えない。。。)⑤「うってかわって」を使って短文を作りなさい。珍解答:彼は麻薬をうってかわってしまった(確かに漢字では「打って変わって」と書きますね~)⑤「先生が来る」を尊敬語を使って言い換えなさい珍解答ーー「先生が降臨する」(これは最高。わたしだったら正解の二重丸にしてあげたかも)☆☆講演予定・9月19日「怖いクラシックコンサート」のミニ解説。上野の東京文化会館大ホール。https://lalalaclub....学生の珍解答が笑えます

  • ヴィルヘルム二世の趣味は薪割り

    プロイセン最後の皇帝ヴィルヘルム二世は、第一次世界大戦後にオランダに亡命したことは拙著『プロイセン王家12の物語』(光文社新書)に書きました。彼は1941年に亡くなるまで20年以上、ユトレヒト州にある中世からの古城ドールン城で暮らしました。王政復古の夢は持ち続けたようです。ちなみにこのドールン城ですが、もとからヴィルヘルム二世の持ち物だったわけではありません。誰から購入したと思います?なんとオードリー・ヘップバーンの母方の祖母からとのこと。つまりオードリーの母がかつて住んでいた城だったのです。彼女はオランダ系貴族だったのですね。もちろんヴィルヘルム二世はオードリーが映画スターになる前に逝去したため、何も知らぬままでした。でもあと十年長生きしたら、彼女を招待したかも。さて、ドールン城でのかつての皇帝の趣味は薪割り...ヴィルヘルム二世の趣味は薪割り

  • 松岡和子氏、シェークスピア全訳達成

    以前「婦人公論」に連載を持っていました(『中野京子の西洋奇譚』として書籍化済み)。それで今も雑誌をお送りいただいているのですが、最新号に松岡和子氏のインタビューが。昨年12月に、ついにシェークスピア37作全訳を達成されたそうです。凄いですね、すばらしいですね!完了してツィッターでつぶやいたところ、故小田島雄志氏の息子さんからメールがあり、その日は小田島氏の誕生日だったそうです(「その瞬間、鳥肌がたちました」と松岡氏)。日本で全訳したのは、坪内逍遥、小田島雄志、そして彼女が3人目。初めて訳したのは「間違いの喜劇」で51歳の時。最後の作品「終わり良ければすべて良し」(暗示的ですね)は78歳とのこと。今度はぜひシェークスピアの詩も訳していただきたいです。☆☆講演予定・9月19日「怖いクラシックコンサート」のミニ解説。...松岡和子氏、シェークスピア全訳達成

  • ハンブルクの飾り窓と牧師さん

    先日、集英社web連載「名画の中で働く人々」用に、修道女についての原稿を書きました(公開されたらまたお知らせしますね)。そこには書かなかったことを2つばかり。1つは、修道女で還俗した人について。だいぶ前のことですが、某女性研究者の会の会員が大学を辞めて修道女になり、1年もしないでもどってきました。もどっても仕事がないので、どこかの大学でアキはないですか、と会から問い合わせがきて知りました。ところが2,3年後、またもや修道女になったと聞いてびっくり。おおぜいに迷惑かけまくりで、おまけに風の便りではその後すぐまた還俗したらしい(真偽不明)。。。ついでながら数日前のアメリカのニュースで、女性修道院長が寄付金ウン千万円をラスベガスのカジノで使い果たして逮捕された由。いやあ、修道女もいろいろですね!2つ目は修道女ではなく...ハンブルクの飾り窓と牧師さん

  • コロナに対する抗体カクテル療法

    疫病に対してはワクチンだけではなく治療薬の開発も重大ですね。イベルメクチンは効き目があるのになぜ使われないかというと、特許期間が終わっていて製薬会社が儲からないからだと言われています。まさか、そんなと思いたいですが、イベルメクチンを開発してノーベル賞を受賞した大村智教授のインタビュー記事がネットから削除されたというので、まんざら陰謀論とも決めつけられないのかも。そんな折も折、朗報!!トランプ大統領をあっという間に回復させた抗体カクテル療法が、中外製薬によって日本で申請されたそうです。わお🎵詳しくはお医者様のこの動画をごらんください。https://www.youtube.com/watch?v=CLHqUtTZK8s早く世の中が正常にもどりますように。マスクはもう嫌です。相手の表情がわからないので、こちらもつい...コロナに対する抗体カクテル療法

  • 壮絶な母の愛―映画「アウェイク」

    昔、「蜘蛛女」(ピーター・メダック監督)という映画を観ました。さほど面白くなかったのですが、レナ・オリン演じるマフィアの女が物凄い迫力で忘れられなかった。ボスを殺し、主人公を付け狙うのですが、絶体絶命のピンチになると自ら片腕を切り落として逃げ去る。次に登場した時にはその片腕はフック船長みたいになっていて、その高笑いも悪女というより魔女というか妖怪というか、ほほお~と感動(?)したものです。なので彼女が「アウェイク」(ジョビー・ハロルド)にも出ていると知ってさっそく見ました。こちらは母親役。ですが、やっぱり蜘蛛女にルーツがあるような感じ。つっこみどころ満載だし、あまり評判のよい映画ではなく、レナ・オリンはラズベリー賞まで取ってしまっていますが、いえ、いえ、私にはとても面白かった。心臓手術時の肉体遊離も説得力ありま...壮絶な母の愛―映画「アウェイク」

  • 飛行機の中は飲酒OK

    先週、1年半ぶりに飛行機に乗った。空いているかと思ったら減便中なので、以前と変わらない混み具合だった。この時期は大気が不安定なので嫌だったが、案の定、揺れた。めちゃくちゃ揺れた。飛び立った瞬間からガタガタに大揺れで、水平飛行になっても機内サーヴィスはしばらく来なかったし(いつもより30分くらいは優に遅れた)、正直、怖かった。エッセー集「そして、すべては迷宮へ」にも書いたが、私は雷鳴の中の千歳便と、乱気流に巻き込まれたドイツからの帰国便の体験から一時飛行機恐怖症になったが、ニューヨーク便でコックピットに入れてもらってすっかり恐怖は解消。なのにまた。。。これはもしかすると落ちるかも。。。と不安にさいなまれながら、気を紛らすために必死に本を読んでいたがあまり頭に入らない。その時ようやく気づいた。読んでいる本のタイトル...飛行機の中は飲酒OK

  • 「怖いクラシック」コンサートが上野で🎵

    CD「怖いクラシック」を出してすぐ、コンサートのオファーがきました。それからあれよあれよという間に9月19日に上野の東京文化会館大ホールでの開催が決まりました。本来はもっと前に情報公開予定だったのですが、コロナ禍でいろいろあってお知らせが遅くなりました。どれだけ情報がゆきわたるかが勝負ですが、3ヵ月後に迫っているので心配です。またこういう状況なので、人数制限とかもあるかもしれず不安です。ワクチン接種が進んでいるのがかすかな希望です。パソコンの前で文章を書く仕事が好きな私なので、「怖い絵展」も正直、気が重かったし、コンサートも不安が先にたって今からドキドキです。大スクリーンに絵画を映してのコンサートで、私も短い解説をいたします(これが重圧)とはいっても演奏は東京フィル🎵指揮は三ツ橋敬子さん🎵さらにオペラ歌手砂川涼...「怖いクラシック」コンサートが上野で🎵

  • お医者さまいろいろ

    コロナ禍でお医者様のありがたみがわかるこの頃。しかしどの業種にも変な人がいるように、ここにもやはりという例がネットにあがっていました。「ドクターに言われた衝撃的な言葉」という投稿欄です。以前もアップしましたが再投稿です。笑ってください!「マジやべー」「医者なんてアタマおかしくないとやってらんない」「治らないけど死なないから大丈夫」「痛かったら言ってください」「痛いです」「うるさい!」一番ウケたのは、飛び込みで精神科へ行ったある作家さんの例。「職業は?」「小説家です」「いつからそう信じていますか?」あははは。作家の顔って意外と知られていないものね~だいぶ昔ですが、五木寛之氏の講演会で、「なんだ、五木ひろしじゃないのか」と言われた由。笑った後は、拙著『プロイセン王家12の物語」の序章もお読みくださいまし🎵https...お医者さまいろいろ

  • ユダヤジョーク(自分で自分のマザコンを笑う)

    最近ジョーク集が出版されないのは寂しい。差別だなんだでうるさいからかなあ。というわけで久しぶりのユダヤジョークを一つ。「バーニー、朝ですよ。もう起きなさい」とママ。「嫌だ、もっと寝る」とバーニー。「だってもう起きないと学校に遅れますよ」「学校なんか行きたくない。みんな僕を嫌いなんだ。意地悪されるんだ」「そんなこと言わないで。さあ」「嫌だ、嫌だ、学校なんか絶対行かない」「でも校長先生が行かないと、学校が困るじゃない」バーニー君、立派な大人だったというオチ。ユダヤ人とイタリア人はマザコンで有名ですもんね。ははは。これはユダヤ人が作ったジョークなので自分を笑いのめしています。こういうところがイギリスジョークと通じて好きです。ところで「うっせえな」のこんなヴァージョンも見つけました。おなかが痛くなるほど笑えますよ~(こ...ユダヤジョーク(自分で自分のマザコンを笑う)

  • 『名画で読み解く プロイセン王家12の物語』、今日発売

    『名画で読み解くプロイセン王家12の物語』(光文社新書)が書店に並びました🎵本来はプロイセンではなくホーエンツォレルン家とすべきなのですが、なぜそうしなかったかというわけは「序章」に書きました。ネットでこの部分が公開されていますので、お読みくださいまし。https://note.com/kobunsha_shinsho/n/nab38befa37a8これで5大王家がまとまりました。全部読めば、かなりヨーロッパ近代史がわかりやすくなったのではないかな、そうであってほしいなと願っております。5冊揃ったので全帯にし、表紙は全て女性にし、細帯もパープルで統一しました。帯文は以下です。・ハプスブルク家ー650年にわたる血みどろの王朝劇・ブルボン家ー王の中の王が踊る束の間の栄華の世界・ロマノフ家ー弟が姉を夫が妻を幽閉し、父...『名画で読み解くプロイセン王家12の物語』、今日発売

  • ミレーの愛らしい『ついばみ』

    いま書店に出ている『文藝春秋』六月号のカラーページ「中野京子の名画が語る西洋史」第106回は、ミレー「ついばみ」です(文春文庫『そしてすべては迷宮へ』の表紙画♪)大学で建築学を講義されていた先生からメールがきました。彼も三人きょうだいで、姉が弟に対し、「何かにつけてお節介をやいていた往時を思い出しました」と。一方でその姉がお人形をとても大事にしていた記憶も書かれていました。それで思い出しましたが、私も幼いころ、ものすごく大きな抱き人形をいつも抱っこしたり一緒に寝たり頬ずりしていたので、人形の顔が真っ黒になってしまい、母から別のに買いかえようねと言われて猛烈に抵抗したのでした。あの人形はどこへ行ってしまったのかなあ。。。さらに思い出したのは、トム・ハンクス主演の『キャストアウェイ』です。現代版ロビンソン・クルーソ...ミレーの愛らしい『ついばみ』

  • アカデミー賞男優賞にレクター博士のA・ホプキンス

    年々政治色が強くなってつまらなくなる一方のアメリカ映画。今年のアカデミー賞授賞式も視聴率が爆下がりだとか。当たり前だよな~と興味もなかったら、アンソニー・ホプキンスが『ファザー』で受賞とのニュース。どんな映画だろうかと検索してみると、なんと!2年前に観たお芝居の映画化でした。橋爪功さんが舞台で演じた役をA・ホプキンスが演じたというので、今から観るのが楽しみです。掛値なくすばらしい台本でしたよ。観てすぐブログに書きましたので、再録しますね。↓「認知症が見せる世界ーー『LePère父』を観劇して」(2019年3月のブログ)先月、東京芸術劇場で『LePère父』を見てきました。フランスでモリエール賞を受賞した作品です(フロリアン・セレール作、ラデスラス・ショラー演出)80歳で一人暮らしの父のもとへ、娘が駆けつけるとこ...アカデミー賞男優賞にレクター博士のA・ホプキンス

  • 「佐藤可士和展」休止!

    緊急事態宣言、東京で3度目!友人との約束が延期されたため、半日時間があいたのでレンタル映画を観ようとツタヤにtelすると。。。なんと!レンタル店まで休止要請がきたそうです。階下の書店はいいのですって。変なの。そして何と美術展までNGだというから、ますます変。今までレンタル店や美術館でクラスターが出たなんて聞いたことがない。そもそも美術展はすでにずうっと入場制限ですよ。「佐藤可士和展」もあと2週間を残して突然の休止。びっくりして担当者さんにメールすると、やはり突然のことでショックを受けていました。この2年、美術展の企画者はどんなに大変だったか。そして今回、どんなに悔しいか。。。私個人としては、3月に観ておいてよかった。若い人たちがとても熱心に観ていました。デザイナーの卵もたくさんいたようです。ずいぶん勉強になった...「佐藤可士和展」休止!

  • エリザベートの「うっせえわ」

    Adoの「うっせえわ」という曲をご存じでしょうか?一度聴いたら、「うっせえ、うっせえ、うっせえわ」と口ずさみたくなりますよ~そしてこの曲の歌詞を変えていろんな方々が歌っていらっしゃいます。お勧めをいくつか。エリザベート皇后に扮してミュージカル女優さんが、変幻自在の表情で歌うのがこちら。https://www.youtube.com/watch?v=zroJl3cMRc8彼女が「うっせえ」と切れる相手は、ボンボンの夫や「ハプスブルク家唯一の男」と言われた姑ゾフィばかりでなく、心身が弱るたびに現われるトートも!ミュージカル「エリザベート」をご存じの方なら爆笑ものです。肥満アラフィー・ヴァージョンもあります。この方、とっても目がきれいで、チャーミング。ぽっちゃりなので「背中の肉、見せつけてやる~」「白い飯くわせろ、限...エリザベートの「うっせえわ」

  • 『異形のものたち - 絵画のなかの「怪」を読む』が出ました🎵

    NHK出版のwebで半年ほど連載した『異形のものたちー絵画のなかの「怪」を読む』(NHK新書)が出版されました🎵https://amzn.to/3fLXhZK(ここをクリック)margin:0px!important;"/>☆「中野京子の西洋奇譚」(中央公論新社)2刷になりました🎵アマゾンへのリンクhttps://www.amazon.co.jp/gp/product/412005330X/hanatumuhiton-22/画像margin:0px!important;"/>☆「新怖い絵」(角川文庫)解説は佐藤可士和氏。たまたま本作中にペストを扱っています。天使が悪魔を引き連れて家々を回り、死者を決めていたという、まことに怖い絵です。画像ではなく、赤文字をクリックください。アマゾンへとびます。<img">htt...『異形のものたち-絵画のなかの「怪」を読む』が出ました🎵

  • 対エイリアン戦の指揮官にふさわしいのは?

    面白いニュースを読みました。最新のイギリス世論調査結果です。「エイリアンが侵略してきたとき、指揮を任せたい人間は誰かーー対宇宙人戦争の最新格付け」!トップ10を挙げておきますね。ナンバーワンはあの人だろうなと、おそらく多くの人が推測できるのでは?そうです、シュワちゃんに決まり♪1位アーノルド・シュワルツェネッガー(何と言ってもプレデターをたった1人でやっつけてしまいましたからね)2位ウィル・スミス(巨大な宇宙船を見てもあまり驚かず、エイリアンを素手でぼこぼこ殴っていました)3位デビッド・アッテンボロー卿(これは意外。イギリスの人気動物学者とのこと)4位ブルース・ウィリス(彼もいろんな相手と戦っております。強そうで弱そうで強い)5位トム・クルーズ(愛する人のため何百回も生まれ変わってギタイを退治しましたねえ)6位...対エイリアン戦の指揮官にふさわしいのは?

  • 日経ビジネス「災厄の絵画史」連載開始

    只今24日の20時。数時間前から日経ビジネWEB上で、新連載「災厄の絵画史」が始まりました。第一回(「災厄を呼ぶ神々の騎行」)は会員でなくとも読めますので、ぜひご訪問下さいませ。https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00268/031500001/あるいはhttps://business.nikkei.com/ーー去年、日経新聞最終面の文化欄に「疫病の文明論」という短期シリーズがあり、私も「描かれた恐怖」を寄稿しました。ペスト、コロナ、結核を描いた絵画についての解説です。それを読んでくださった日経BP担当者さんから連載のお話があり、準備段階を経て、ようやく開始できた次第です。月1回、全17回ほどの連載を予定しております。各時代の画家たちが、疫病、飢餓、天災、戦争などの悲...日経ビジネス「災厄の絵画史」連載開始

  • 死んでも命がありますように

    明日の夕方から日経新聞webにて、連載「災厄の絵画史」がスタートします♪まだ詳細は書けないので、それは次回。まずはお知らせまで。というわけで他に書くことがないので、もう何年も前にアップしたものを再掲いたします。ちょうど東京では桜が満開なので時期もよろしいかと。↓江戸時代の歌舞伎役者、5代目市川団十郎が作ったとされる戯れ歌に、「楽しみは春の桜に秋の月、夫婦なかよく3度食う飯」というのがある(ロマンティストなのかリアリストなのか、わかりませんね)。それをもじった落書きとして、「幸せはいつも3月花のころ、お前18、わしゃ20(はたち)、使って減らぬ金10両、死んでも命がありますように」江戸庶民の願いはなかなか欲張りだ。いつも良い季節で、夫婦いつまでも若く、大金とはいえなくとも金には不自由せず、あげくの果ては「死んでも...死んでも命がありますように

  • 「魔鏡」を作る鏡師さん

    去年書こうと思って忘れていたこと。「エプタ」という雑誌をご存じでしょうか?ヒノキ新薬が年4回発行している企業文化誌で、オールカラー。毎号ワンテーマの、美しい紙面です。編集者さんの気合も入っていて面白いですよ。わたしが登場しているのは2020年の95号「「あたし、キレイ?ー鏡の真実」)です。巻頭の「名画の中の鏡」解説でした。建築関係、心理学関係など他にもいろいろなジャンルの方々が登場しますが、個人的に面白かったのは「魔鏡」を制作する鏡師山本晃久氏のページ。「魔鏡」とは、ご存じのように、一見ふつうの鏡なのに光を当ててその反射鏡を壁などに移すと、あ~ら不思議、図像や文様が浮かび上がる、という古代的イメージの、ちょっと怖いような和鏡です。現代にも需要があるのだという驚きもありましたが、「絶対に手作業でなければならない」...「魔鏡」を作る鏡師さん

  • 「怖い絵展」音声ガイド貸出率45、3%

    いまだにインタビューを受ける時、「怖い絵」展の大混雑について聞かれるのは嬉しいことです。美術館関係の方からは、音声ガイド貸出率のこともよく訊かれます。東京上野森美術館での貸出率平均は45,3%でした。神戸ではもう少し低かったはずですが(失念)、それは機器自体の不足からでした。どんどん増やしていったのですが、それでも入館まで長時間並び、さらに機器を借りるのに並ぶのは諦めた方が多かったようです。何しろ貸し出した機器がもどると充電も必要だったりして、現場は大変だったとか。上野でも機器をどんどん増やしていきました。それでも日によっては50%を超えることがあって、そんな時は棚が空っぽになり。。。入場者の半分近くが音声ガイドを聴いてくださったのは、執筆者としてほんとに嬉しいことでした🎵今後も美術展での音声ガイドの必要性は、...「怖い絵展」音声ガイド貸出率45、3%

  • 初エッセー集『そして、すべては迷宮へ』

    来週、書店に並ぶ『そして、すべては迷宮へ』(文春文庫)のお知らせです🎵これは日経、讀賣、朝日、共同通信などの新聞、「クレア」「家庭画報」「かまくら春秋」などの雑誌に書いたエッセー集。原稿依頼の多くは絵画にまつわるものなので、絵もたくさんカラーで載せました。3部に分け、「絵画関係」「日常雑記」「書評関係」。平々凡々の暮らしをしているため、身辺雑記を書くのは猛烈に苦手なんですが、数年前に日経新聞に半年間、毎週書いたエッセーが第2部です。いやあ、これは(「怖い絵展」と同時進行だったので)今思い返しても大変だった。あっという間に締め切りがくるのだもの。飛行機恐怖症のこと、美貌の友人とおバカな先輩のこと、男性の優しさ、などなど書きました。私にしては珍しい身辺雑記なので、ちょっぴり興味をもっていただけたら嬉しいかな。最後は...初エッセー集『そして、すべては迷宮へ』

  • CD『怖いクラシック』(コンピュレーション・アルバム)

    3月24日と、まだ少し先ですが、「怖い絵」(角川文庫)などとのコラボCDが発売されます♪https://this.kiji.is/734606808101552128?c=489071089890952289この絵画にこのクラシック、という感じで選曲してみました。ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」は、私の講演を聞いてくださった方は、あ、あの絵だなとすぐわかってくださるかもしれませんね(ラヴェル本人のピアノを流してお話したことが2,3回あります)。ジャケットの表紙「怒れるメディア」(ドラクロワ)には、プッチーニの「蝶々夫人」から名アリア「ある晴れた日に」です。え、なぜ?全然イメージが違うと思われた方は、CD解説本(絵とわたしの解説が入っています)をお読みくださいませ。3月になって発売が近づいたらまた詳しくお知...CD『怖いクラシック』(コンピュレーション・アルバム)

  • 夢のメッセージ(電話の夢)

    個人的なこと。去年みた、忘れがたい2つの夢。どちらも電話がかかってくる夢でした。春。ものすごい体調悪化で、遺書を書かねば(でも書く余力がない)、病院に行かねば(でもコロナが怖くて行けない)という状態が1週間くらい続きました。そして夢。見知らぬ女性から電話がかかってきて、言うのです。「今、あなたのお父様が薬をとりに行ってますからね」その言葉とともに、薬局への道を歩いている父の後ろ姿が幻のように(夢なのでとても曖昧です)見えました。20年も前に亡くなった父です。お父さん、ありがとう、という気持ちとともに、病気はまもなく快復するだろうという確信がわきました。そして徐々に治ってゆきました。親ほどありがたいものはない。こうしてずっと守ってくれるのだなあ。。。秋。大好きな叔母が末期癌となり、お見舞いに通っていました。明け方...夢のメッセージ(電話の夢)

  • まるでBLのお手本?!

    「anan」2月10日号の特集は「官能の記憶」。相変わらずアンアンさんは元気いっぱいですね(ふふふ)私もエッセーを頼まれたので書きました。webで読めるようになったので、まだの方はどうぞお読みください。「まるでBLのお手本?「怖い絵」の中野京子が教える名画にひそむ官能」です。https://ananweb.jp/news/332993/雑誌では絵画の印刷がとてもきれいで、こまかいところまでよく見えていました!話し変わって。このところいろいろ心が弱る局面が多く、今週は自分へのご褒美にリヤドロ人形を買いに行く予定🎵・こういう貴重な日本人女性ジャーナリストもいます。https://www.youtube.com/watch?v=tqa5jyQAaZw☆☆講演予定・6月21日「九州市民大学」福岡にて・11月17日「七洋...まるでBLのお手本?!

カテゴリー一覧
商用