chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 今年のお盆

    きょうから月遅れの「お盆」で、11日(木曜日)“山の日”から夏休みに入っている企業も多いことでしょう。今年の夏は東北・北海道などへ線状降水帯が現れ、集中豪雨による被害が出るなど、異常気象が続いています。また、数日前に発生した台風8号が、東海地方へ上陸しそうな気配で、昨日から雨が降ったり止んだりする“怪しげな天候”です。新型コロナウイルスの感染拡大のニュースが毎日のように報じられています。国内の感染者数は240万人をこえましたが、ワクチン接種の影響か、感染しても症状が現れないとか、重傷者の数は思ったより少ないようです。お盆の里帰り人数も増えているようで、感染拡大は止められないのでは・・・・。例え感染しても重症にならないよう、ムリのない生活をすることと、体力の維持・強化をすることでしょう。この季節、好天と雨が...今年のお盆

  • お盆と香花

    最近では、東北北部や北海道を中心に、非常に激しい大雨による被害が出ていて、警戒、注意が必要だと報道されています。連日暑い日が続き,昨日の夕方はお盆の日を迎えるにあたって、墓や仏壇に供える抹香(シキミ:学名イリシウム)を採りに町内の所有する山の中へ行ってきました。この地方では通称「香花(こうはな)」とも呼ばれていますが、葉は、丸味を帯びて長く、厚肉で、光沢があります。「香花」が葬儀やお盆に使われ、仏事に欠かせない樹木なので、現在では花屋に卸すため山で栽培している農家もあります。この木「香花・抹香」(シキミ)は有毒で、実だけでなく木全体に毒が・・・、特に種子にはアニサチンという強い有毒成分が含まれていて少量を食べるだけで死に至る危険性があります。中華料理に使用されるトウシキミの実と形や香りがシキミの実とよく似...お盆と香花

  • 1万3000発

    1万3000発は、岡崎花火大会の“打ち上げ花火の数”ではありません。ロシア・アメリカ・フランス・イギリス・パキスタン・インド・イスラエル・北朝鮮が保有する核弾頭の推計数なのです。そのうち約6000発をロシアが保有し、ウクライナでの戦いでは、核兵器も使用することを視野に入れると、大統領発言に驚きました。<岡崎の花火大会>広島・長崎へアメリカが原爆を投下して77年、「最後の被爆地に」との願いを込めて、広島・長崎で、毎年平和祈念式典が開かれています。まもなく8月15日の「終戦に日」を迎えます。暑い夏の最中に、耳を強く引き裂くようなセミの鳴き声とともに、あの日を思い出す人もいると思います。報道では死体の山や、悪臭が漂う様子など表現されませんが、おそらく、そんな光景が思い出されるのではないでしょうか。感じてはいても...1万3000発

  • 危機管理

    安倍元首相が奈良市で演説中に背後から銃撃された事件から昨日で1カ月が過ぎました。銃撃事件など日本では考えられない事件でしたが、それでも警護にとってはあらゆる狙撃に対して防御する態勢が必要なことを、教訓として生かしてほしいものです。選挙演説という政治的意見を表明する場を狙った襲撃事件は、民主政治を否定する暴挙であり、意見を言論で戦わせる時代に『こんなことがあっていいのか』と怒りがわきます。政治活動が命懸けだった過去の時代とは違い、二度と起こしてはなりません。目の前のことに気をとられ、背後から迫ってくる危機に気が付かないことは、日常的によくあることで、あまり過密な行事予定を入れてしまい、日々消化するのが精一杯で、危機が迫っていることを忘れがちです。想定されるリスクが“起こらないようにするのが、「リスク管理」で...危機管理

  • 岡崎の夏

    きょうは暦の上では「立秋」ですが、暑さはまだまだこれからで、猛暑日は何日もやって来ると思います。熱中症の注意が必要だと思っています。49校が出場する全国高校野球選手権は、昨日幕を開けました。止まらぬ感染拡大や北陸・西日本を中心に大雨が降って被害が出る中、観客は感染防止の対策を行った上入場し、熱戦の火ぶたが切られました。活躍を祈りたいと思います。岡崎夏の名物、花火大会は、コロナによって昨夜3年ぶりに行われました。YOUCHUBUでLIVE配信されたので、テレビ画面で見ることができました。2人の息子がまだ独身の頃、家族で乙川河畔に出掛けて行き、現地で一緒に見たことを思い出していました。徳川家康の生誕地三河の岡崎は、「日本の花火の発祥地」といわれていて、戦国時代の砲術名人を召し抱えた家康は、鉄砲組を三河出身者で...岡崎の夏

  • 高齢者が増えて

    高齢者は、社会的にもさまざまな経験や知識によって一定の存在感があります。高齢になるほど希少な存在となり、「古老」や「長老」と呼ばれ、特別な尊称があり、それに応えるべく日々精進が必要だと思っています。一般的に、高齢者の多くは第一線を退いたとはいえ、経験によって導き出される勘は衰えていなく、時として通常の技能者より優れた結果を出す事もあります。WHOでは65歳以上の人のことを高齢者としていますが、高齢者の線引きは実に曖昧です。私が住んでいる岡崎市の男川学区では、75歳以上を後期高齢者として、敬老の日にお祝をしています。敬老の制度として、名古屋市の敬老パスは政令指定都市では最も早く着手し、全国でも誇れる福祉制度ではないかと思います。長い間65歳以上の方に無料で配布されていましたが、ある程度の受益者負担はやむを得...高齢者が増えて

  • 過去のこと

    キャリアカウンセリングでよく使われる「変えられるのは自分と未来」という言葉を使いますが、他人や過去は変えられません。育った環境や、進んできた過去の仕事や人間関係、あらゆる失敗、こじれた関係など早く忘れてしまいたいものです。中でも人間関係は「相手に変わってほしい」といくら期待しても、こちらの思い通りに変わってくれるとは限りません。しかし自分が変われば、他人も変わるかもしれません。相手のことを思いやれば、影響を受けるかもしれないのです。そうすれば、自分の軸足を確かめながら、少しずつ前向きに進んでいくと、未来も変わるかもしれないのです。明日5日は、愛知県産業労働センター(ウインクあいち)で、再就職を希望する中高年の人に、「採用されるための履歴書」の書き方を説明するのですが、履歴書こそ過去の事であり、事実を変えよ...過去のこと

  • 退職後は・・・

    卒業した学校を「母校(ぼこう)」と呼ぶように、会社に永く勤めて人生に大きく影響を及ぼしたと思われる会社を「母社(ぼしゃ)」と呼ぶことにします。聞き慣れない言葉です。私が作りました。企業を退社あるいは退職してしまえば、せいぜい履歴書に名前を書く程度の関係が多いようです。OB会などに出席して退職した上司・部下の関係が再現しても、同級会のような付き合いにはなりません。学校の先生は定年退職しても「先生」と呼ばれ、生涯「教師という職業」です。恩師の中にはそう呼ばれることを嫌がる人もいました。定年後に再就職するため、履歴書で過去を表現するのに、母社での経験や実績は、その後の人生に大きく影響し無視できないことが多いのです。「母校」のような呼び方ですが、学校とは考え方も扱いも全く異なります。親会社から子会社へ移籍した人の...退職後は・・・

  • 風 鈴

    人の感覚は不思議なもので、目や耳でも涼しさを感じることができます。テレビで真冬の氷や雪の映像を見たり、川の流れや滝の音を聞いたり、風鈴の音を耳から聞けば、涼しさを感じるのです。風鈴は日本の夏の風景に欠かせません。軒先がある家が少なくなった現在は、家庭で風鈴をつるすことは少なくなりました。わが家も、戦後に建てた建物は既に建て替えてしまいましたが、南向きの部屋に縁側があり、蚊取り線香をたいて、瀬戸物の「風鈴」をつるし、夜になれば部屋に蚊帳をつって寝たものです。猛暑の中で涼を感じる風物詩として愛された風鈴の「チリン・チリン」という音を聞くたびに、涼しい気分になり懐かしく思い出します。「風鈴」は、古代中国から仏教とともに伝わったそうで、寺の屋根の四隅につるされていて、魔除けの目的から、災いが起きないようにとのこと...風鈴

  • 男性と女性

    きょうから8月、今月から愛知県が主催する「中高年者再就職支援セミナー」が名古屋・豊田・豊橋・小牧会場で行なわれ、講師を務めます。もちろん受講予定者は中高年の男女です。「男女雇用機会均等法」では男女の雇用機会、待遇について法律で定めています。しかし、基本的に男性と女性は違います。体のつくりが違う事もさることながら、考え方も違います。中には男性らしい女性もいますし、その逆もいます。女性は男性に比べて右脳と左脳の連動性が高く、多くの情報を同時処理でき、女性はある行動をしながら全く別のことを考えたり、行動したりするのが得意なのに対し、男性は一つの事に集中する傾向にあるそうです。決断が早いことは男性の特徴で、直感的な能力は男性が強い傾向にあり、女性の場合は結論を出すことよりも、いろいろ見比べることに楽しみを感じがち...男性と女性

  • 水を飲む

    昨日、猛暑となった7月も最後の日、自宅から直線距離で約700メートルの丘の上にある「OKAZAKIREDDIAMONDSTADIUM」では、甲子園へ進む高校野球、177校から愛知代表を決める決勝戦が行われ、愛工大名電高校対東邦高校が7対4で愛工大名電高校が2年連続で出場することとなりました。7回まで3対3で、「この試合は延長戦か」と思っていましたが、愛工大名電高校8回の追加2点で状況は大きく勢いがついたのでした。猛烈な暑さの中で活躍する選手をテレビ放送で見ていましたが、投手の額から流れ出る汗は多く、体重の5割~8割は水なので健全な発育のためにも水分は欠かせなく、体を構成する細胞・組織・臓器の全てが機能するには水分の補給がかかせません。体の水分といえば、スーパーマーケットで買い物をして、薄いビニール袋を空け...水を飲む

  • コロナと共存

    コロナ感染の3年目を迎えて、第7波という感染者がジリジリ増えても「緊急事態宣言」の声が高まらないのは、集団での規制にウンザリしているのでは・・・・。ただ、マスコミの感染拡大報道で客足が止まり、補償金が出ない小規模の飲食店などは、経営難に陥っていると聞きます。新型コロナウイルスとの戦いは、ワクチン接種を含め国や自治体の主導から、他のウイルス感染状況と同様、個人の自己判断へと移りつつあるのでは・・・・。グランドゴルフの練習で、町内の公園に集まる高齢者も4回目のワクチン接種を終えた人が増え、どうやら感染しても重症になることは避けられそうです。練習中は「マスク」を外す様に話しても、ほとんどの人は装着したままゲームを続けています。マスクの着用は「個人の自己判断」に委ねられていますが、練習前後の手洗い・消毒、大声での...コロナと共存

  • なぜ戦争か?

    ロシアがウクライナへ侵攻した理由は何なのか、戦争とは何なのかを知らずに、刻々と状況が変わる中、平和ボケしていては見えてこない将来のリスクにどう備えるかを考えておくべきだと思います。戦後70年余が過ぎ、戦争を知らない人々が増えてしまい、自国において、もし再び戦争が起こるとしたらどういう状況か。戦争という最悪の策を講じてまで、得ようとしているものは何なのか、起きる原因を整理しておく必要があります。いつの間にか戦争に巻き込まれていたのでは済まされないからです。いつの世も戦争の理由は決まっていて、いかに状況を回避するか、政府、そして私たちがどうしても意識していかなければならないかです。基本的に戦争は、「生存するための争いから欲を満たすため」であり、他者との間に生じる利害の不一致や意見の相違によって起こる対立を、暴...なぜ戦争か?

ブログリーダー」を活用して、shigakoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
shigakoさん
ブログタイトル
定年後の人生に花咲かせよう!
フォロー
定年後の人生に花咲かせよう!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用