searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

roccoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
rocco's log ~the 社労士 trader~
ブログURL
https://pinder.hatenablog.com/
ブログ紹介文
長く社労士講師業をしていましたが、2020年に卒業したので、最近はそれ以外のネタ(投資・投機関係、映画、音楽、読書、政治、社会、文化、旅行等)が多いです。
ブログ村参加
2021/11/25
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、roccoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
roccoさん
ブログタイトル
rocco's log ~the 社労士 trader~
フォロー
rocco's log ~the 社労士 trader~

roccoさんの新着記事

1件〜30件

  • 『少年時代』(高倉健 著 唐仁原教久 画)読了。

    1931年に生まれた著者が、大学生活を始めるために、生まれ育った福岡を出て上京するまでの10数年間の思い出を綴ったエッセイ。 目次の後に、UCカード会員宛に送付される会員誌に連載されたものに、健さんの遺稿を加えた旨が記載されている。多分、ゴールドカード会員向けのものだろう。以前、友人から、ゴールドカードを持っていると、出張や旅行などで、不慮のアクシデントに遭遇したときに、心強い、と言う話を聞いたことがある。僕のもとにも何度か入会案内通知が来たが、必要性を感じなかったので手続きしなかった。会費も1万円位かかったと思う。でも、こういう作品を読めるのなら、ゴールドも良いな、と思ってしまう。 僕は健さ…

  • 『こんなにおもしろい 宅地建物取引士の仕事 第2版』(中央経済社)読了。

    著者は宅建士の受験講師歴が長く、本書の前半は、宅建のガイダンス及び受験講師業界の内幕的なことが書かれ、僕の興味とは少し違っていた。でも、最後の二つの章は、業者の類型や業態、重要事項説明の中身で注意すべき点が書かれていて、判りやすかったな。 2019年に宅建試験に挑戦したが、結果は30点(宅建試験は4肢択一で50点満点)だった。敗因は宅建業法と法令制限で得点できなかったことに尽きる。この時は記憶力の衰えを痛感した。 社労士と行政書士に合格したときは、どちらも割と高得点の手ごたえがあったからな。でも、それから30年の時の流れは残酷だ。様々な面で、自分の衰えを認めざるを得ない。宅建の指導をしてくれた…

  • マラマッド『白痴が先』を読む。

    マラマッドの作品と出会ったのは、大学の英語の授業のとき『夏の読書』と言う彼の短編を解釈したときだから、40年以上前になる。僕は英語の授業が嫌いで、有名な作家なら原著の翻訳が日本でも出ているだろう、と思い、書店で探してみた。そこで手に取ったのが「マラマッド短編集」(新潮文庫)。『夏の読書』はこの中に収載されていた。 先日、書棚を整理していて偶然、この短編集を見つけた。中を開くと、198ページには「5/31 P8 l8」とある。このページを僕が大学に入った年か2年目かの5/31の英語の授業でやったわけだ。で、この部分は原著のテキストP8の8行目以降になる、と言う感じで、僕はこの短編集を原著の「あん…

  • 近くを歩いてみた。

    こういう時は大体、本屋に寄る。投資本のコーナーには必ず立ち寄るようにしているが、見たら、僕も持っている『デイトレード』(オリバー・ベレス グレッグ・カプラ著 日経BP)が平積みになっているではないか。新版が出たのかと思い手に取ってみたが、そうではないようだ。この本は僕も持っているが、買ったのは2006年。その時すでに10刷だった。今日手にした同書の奥付を見ると、38だったか39刷とある。ロングセラーと言う感じだな。 内容的には、メンタルや方法論的な記述がほとんどで、チャートを使った具体的記述は皆無である。しかし本書は、デイトレードで成績が伸び悩んでいるトレーダーには、一読の価値がある。そうする…

  • 悲報:グレアム・エッジ死去(享年80)

    ムーディ・ブルース唯一の創設メンバーで、ドラマーのグレアム・エッジが11月11日に死去したことを、メンバーのジャスティン・ヘイワードが伝えている。これでムーディーズの全盛期のメンバー5人のうち、レイ・トーマスとグレアムの2人が亡くなったことになる。年齢的にも、1960~70年以降に活躍したロックスター逝去のニュースは、これから増えてくるんだろうな。 グレアムについては印象に残っていることが幾つかある。 1974年の来日時(残念ながら、ムーディ・ブルースの来日公演は、この時限りである)、ML(ミュージック・ライフ)誌のインタビュー記事では、メンバー中、グレアムだけが答えていた。メロトロンの導入が…

  • 大阪金急騰。

    原因は昨日(11/10)の米CPIだ。総合で対前年比6.2%のプラス。日本時間10日22:30の発表からの15分で100円以上急騰して6740円に。その後6803円まであった。ちなみにこの日の安値は、10日17時前につけた6618円なので、高安の差は185円の凄まじさだ。 ところが僕はこの急騰を取り逃がしてしまった。指値が1円の差で入らなかったのだ。その後、この急騰局面で何度かエントリーを試みたが、わずかの差で指値が入らず。結局、急騰後の小さいあやを獲って11円は稼いだものの、この日の値幅から考えると極めて小さな収穫に終わってしまった。 本日(11/11)の欧米時間では、昨日の急騰を引き継いだ…

  • “無免許当て逃げ”木下富美子都議「辞職せず議員続ける」と説明、という記事に

    コメントを書いて投稿しようとしたら「違反コメント数などが基準を超えたため、コメント欄を自動的に非表示にしています」と言う警告が表示され、僕の書いたコメントが消えてしまったので、忘れないうちにここに書こうと思う(後で探したら、自分のコメントアーカイブに入っていた)。木下は東京都議だが、無免許で人身事故を起こして逃走し、どこかに雲隠れしたまま、議会には全く出席せず、議員報酬だけはもらい続けている人物だ。 以下、僕のコメント(覚えている限り) 都議会がコイツ(木下)を辞職させられないのは当然だ。議員と言う人種は、大半がすねにキズを持つか、叩けばホコリの出る輩だ。つまり、自分たちもいつ木下の立場に立つ…

  • 『ダーウィンクラブ』(講談社 刊)第1巻 読了。

    と言っても、本作はいま「モーニング」誌に連載中のマンガだ。時間的にはかからない。すぐ読める。作者である朱戸アオ氏の力量は『リウーを待ちながら』『インハンド』の2作で十分に知ることができた(前者はパンデミック、後者は医療ミステリーと言う、描き切るのは結構骨が折れそうな分野)。そして今作は、朱戸氏ならこれか! と言うようなテーマ、「経済格差」である。現在進行中なのでストーリィは書かないが、その昔、父親を謎の集団に殺された少年が、成人し、警察官として、GAFAM的巨大企業を襲撃し、実力で経済格差を縮小させようとするこの集団の謎に挑む、と言うもの。続きが楽しみだ。 同じ作者が化学専門誌に描いている「世…

  • キング・クリムゾン全史 混沌と錬修の50年 (ele-king books) (ほぼ)読了。

    凄い本だった。800ページを超える大著。そのうち500ページ以上が、歴代メンバーの生い立ちとバンドとの繋がり、メンバー間の人間関係(出会い、蜜月、破局、再会、許し等々)の考察に充てられ、それらが濃密に書かれている。ロバート・フリップを中心とした天才的音楽家の離合集散、と言ってしまえば簡単だが、これが50年の長きにわたって繰り返され、しかも現在進行形であることに驚く。 クリムゾンは当初、ムーディー・ブルースの弟分バンドとして、同じレコード会社から作品がリリースされ、ムーディーズのツアーのサポートも務めるはずだった。ところが直前になってキャンセルされる。この辺りの顛末が詳細に書かれている。結局、デ…

  • 『コロナ禍の東京を駆ける』緊急事態宣言下の困窮者支援日記(岩波書店 刊)読了。

    稲葉剛・小林美穂子・和田静香の三氏編、となっているが、大半は小林さんが行った困窮者支援を、日記形式で書いている。 具体的には、昨年の4~7月にかけて、緊急事態宣言下の首都圏を、困窮者支援のために走り回った顛末が書かれている。驚いたのは、福祉事務所や担当窓口の対応の酷さ。 福祉の窓口を訪ねて行った人が水際作戦で帰される、と言う話を時々聴くが、その実態が詳しく書いてある。ここは読む価値あり。行政側は、「違法スレスレ」ではなく「完全に違法」な方法や発言で受付を拒もうとする。また、申請者一人で行政を訪ねたときと、議員、ジャーナリストや状況をよく知る同行者と共に相談に行ったときの、あまりの対応の違い。国…

  • 朝日ボートマッチを試す。

    このブログを長く読んでいる人なら、以前から、僕が選挙のときにボートマッチを試していることはご存じと思う。ボートマッチとは、予め設定されたいくつかの質問に答えることによって、自分の考え方に近い政党や遠い政党(候補者)を知ることができる制度だ。ちょっと調べてみたが、ボートマッチはオランダが発祥の地のようだ。我が国では2007年の参院選で毎日新聞が始めたのが最初だ。僕も自分のブログを検索してみたが、2007年の毎日ボートマッチから参加している(この時の結果は、同年7/20のブログに書いている)。 従って、僕のボートマッチ歴は14年になるわけだが、この制度に対する認識はどの程度広がっているのだろうか。…

  • 10/22 15:15までの成績

    1 10/18欧米時間 売2買5 +7円 2 10/19日本時間 買1 + 3円 3 10/19欧米時間 買3 +16円 4 10/20日本時間 買2 + 3円 5 10/20欧米時間 買5 +17円 6 10/21日本時間 買2 + 6円 7 10/21欧米時間 買3 -22円 8 10/21日本時間 買2 + 1円 7は情けない結果になった。 ところで、ずっとブログを続けてきたが、トレード結果の報告と言う形でのブログは、しばらく休止しようと思う。トレーダーの多くはそうであるように、僕もこのブログだけでなく、もっと詳細なトレードノートをずっと書いてきている。ブログはその内容を簡略化したものが…

  • 10/16 06:00までの成績

    1 10/13欧米時間 売1買4 +27円 2 10/14日本時間 買3 + 4円 3 10/14欧米時間 買3 +10円 4 10/15欧米時間 売4買4 +24円 10月に入って日足ベースで上げ相場が続いていたので、いつ押しがあってもおかしくないと思っていた。15日の欧米時間でようやくそれがやって来た。4で売りが急に増えたのはそのため。しかし、日足では下げていても、グランビルの法則にあるように戻りを狙える局面もある。買いも同回数あるのはそのため。ただ、この日の大勢は下なので、値幅は売りの方が獲れた。 先日の6連敗からは立ち直ったが、下げ道中は値動きが急になりがちなので用心しなければ。 21…

  • 10/13 00:45までの成績

    1 10/11日本時間 買1 + 6円 2 10/11欧米時間 買2 +13円 3 10/12日本時間 買1 + 8円 4 10/12欧米時間 売2買4 +13円 1~3はほぼ自分のイメージ通りにトレードできた。しかし、4の最後の買いでトラブルが発生した。22:30過ぎに6421円で買い建ち。その後下げに転じたが、この日の価格推移から、中期線で下げ止まるか、下回っても戻りを入れると考え、6413円で一度難平した。価格はここから上げはじめたので、欲張らずに6421円で利食いの注文を出した。最初の買いと同値だが、それより上に行かない可能性を考慮したのだ。 いつものように仕切りの発注ボタンを押したが…

  • 10/08 ~15:15の成績

    1 10/07欧米時間 4回トレード(売2買2)して、+4円獲得。 2 10/08日本時間 1回トレード(買)して、+1円獲得。 1について 昨日の記事にも少し書いたが、18:30に6,297円で売ってみたが、19時までの間にこれが持上げられてしまい、19時前半にかけてほとんど下押ししなかった。出来高を見ると、18時台に比べて19時台は10分の1程度だ。1か月ほど遡って、両時間帯の出来高を調べてみたが、ここまでの差がある日は昨日だけだった。水星逆行期間中でかつボイドタイムだったという事情が原因だったのだろうか。はっきりとはわからないな。 売り建て後、しばらく動かなかったが、その後上に動き始めた…

  • 最近の成績(~10/07 15:15)

    1 10/05欧米時間 2回の取引(買2)で、計-7円 2 10/06日本時間 3回の取引(売1買2)で、計‐30円 3 10/06欧米時間 4回の取引(売2買2)で、計‐21円 前回の記事にある最終取引から6連敗。3では勝ちトレードと相殺しての数字なので、敗戦だけなら‐25円になる。 6連敗の始まりから負け戦だけを通算すると、‐71円/8回となる。1トレード当たりの損失は、‐8.87円。できれば‐6円程度以内に収めたかったが、仕方ない。まぁ、巨額の損失が無かったので、取り敢えず口座は維持できている。 僕の場合、口座破産を比較的しやすいように設定しているので、負けが込むと破産の恐れがあるのだ。…

  • 最近の成績(~10/05 15:15)

    1 10/04日本時間 2回の取引(買2)で、計+4円 2 10/04欧米時間 5回の取引(売1買4)で、計+12円 3 10/05日本時間 2回の取引(売1買1)で、計-5円 今回の問題は、3。 今朝の日本時間、午前中の取引は割と分かり易い売パターン。9時台の下げを、エントリーが多少遅れたが、奇麗に4円獲れた。1セッション2円を平均的に獲れれば良い成績、と考えているので、今日は午前のトレードをこれでやめ、用事があったので外出。帰宅後、しばらくチャートを見ていたが、14時過ぎに買いの兆候が表れかけたので、もう少し戻りがあると考え、6283円で買い参入した。ところがすぐに下落が始まり。結局冒頭記…

  • 最近の成績。

    1 9/27日本時間 1回の取引(買)で、+1円 2 9/27欧米時間 2回の取引(買2)で、計+9円 3 9/28欧米時間 1回の取引(売2 買4)で、計+19円 4 9/29欧米時間 2回の取引(買2)で、計-51円 5 10/01欧米時間 7回の取引(全て買)で、計+13円 今回は言うまでもなく、4の‐51円がすべて。恥ずかしい負けトレードだった。この失敗のため、9月の利益幅は63円になり、想定を4割も下回ってしまった。前回の記事ふうに書けば、一気にほぼ一週間前の利益幅まで後退してしまった。 東京を離れていて、いつもとは異なる環境の下でのトレードだった、というのは言い訳にもならない。 9…

  • 「株で儲ける! 損切の一番やさしい教科書」(技術評論社刊)読了。

    著者は「テクニカル分析研究会」とある。一般論として、これでは著者個人の顔が見えない。ビジネス書などに比較的見られるが、例えば「21世紀ビジネス研究会」とか「グループネクスト」とか、とにかくこのような著者表記は怪しい。しかし本書は、その横を見ると「監修 戸松信博」と書いてある。僕は著者との面識はないが、おそらく、戸松氏のお弟子さんかお仲間の人が実際の原稿(どの程度かはわからないが)を書き、戸松氏が最終チェックをしたのだろう。巻末近くには、同氏の経歴も詳しく載っている。これなら安心だ。 本書の「はじめに」にも書かれているが、損切りに的を絞った本は珍しい。本書を読めば、損切りはなぜ必要なのか、とか、…

  • 最近の成績。

    1 9/24日本時間 3回の取引(全て買)で、計+8円 2 9/24欧米時間 7回の取引(売4 買3)で、計+14円 1では、50円近くの下方ギャップを開けて始まった。結局、この日の日本時間は、このギャップを埋める動きを引けまでずっと続けることになるのだが、08:45の時点ではそんなことはわかりようもない。そこで、しばらく値動きを見ていたが、10時以降も戻りが続いたので、まず、この時点で買いを入れ、+4円。その後、6200円まで戻したが、11時に入って価格が反発し始めたので、再び買い参入した。しかし、思ったほど動かず、+2円で仕切ってしまった。ところがその直後、12時前から価格が上昇し、12:…

  • 最近の成績。

    1 9/21日本時間 1回の取引(買)で、+4円 2 9/21欧米時間 6回の取引(売買各3)で、-7円 3 9/22日本時間 2回の取引(売買各1)で、‐9円 4 9/22欧米時間 6回の取引(売1買5)で、+6円 総じて酷い出来だった。 2では、17時に売り建てたが、その後じりじりと上昇。こういうのは辛い。19時過ぎに下げの兆候が出始めたので、難平したが、21:20の米国開場まで保持するつもりはなかった。何があるかわからないからな。21時過ぎに売り玉を全て仕切り、‐13円。金価格はその後急上昇したので、結果的に傷は浅く済んだが、そもそも、売りで入ったのが間違いだったな。トレンドが発生したり…

  • 「人新世の『資本論』」(斎藤幸平著 集英社新書)読了。

    新書とはいえ、本文だけで370ページ近い大著。読むのは大変だった。と言っても読了したのは数か月前。普段なら、感想やコメントをあまり時間を置かずに書くのだが、ある理由があってのばしていた。日本共産党から、本書に対するコメントが全くと言って良いほど聞こえてこなかったからだ。 僕が著者の斎藤氏を知ったのは昨年暮れだったと思う。「100分de名著」で「資本論」が採り上げられ、その時の解説が同氏だった。この番組で火が点いたのか、その後書店に行くと、何と新書売上第1位になっていたりしたものだ。このブログの読者の中にも、既に読んだ人がいるかも知れない。 今の社会は毎年のように、地球温暖化による異常気象に見舞…

  • 日本時間への対処が上手くいかない。

    08:45から始まるが、戦う気力がわかない。前にも書いたが、朝方の体温が低いせいだろうか。 色々と考えていたが、長く続けてきた生活習慣が原因かも知れない。 昨年まで社労士の受験講師をしていたが、仕事は平日の場合、18:30頃から始まることが多かった。サラリーマンが仕事を終えてから受講しに来るので、受験校の多くは、夜間の講座を、この時間前後に設定することが多い。だから僕も、これに合わせて生活することになる。必然的に、夜やすむ時間も遅くなり、それが翌朝、起床時間の遅延に繋がる。元々夜型人間の自覚があったところにそんな生活を何年も続けたものだから、このパターンが体に染み付いてしまっているのだろうな。…

  • 9/16の成績。

    9/15欧米時間 7回の取引で、計+12円 売3 買4 7回で12円。酷い取引だった。欧州時間では18:55に6331円買、20:24に6327円売で、両建てとし、21時半直前までにこれを両方とも外して、各1円の利益。何でこんなことをしたのかと言うと、買ったは良いが、その後は6324~6331円のレンジで3時間近く推移。つまり弱持ち合いになったのだ。最初に仕切ったのは売り玉。21:17に6326円で。 この段階で、5円の損を抱えた31円の買い玉が残った。21:20に米国本セッションがスタート。この日はその後、21:30と22:15に指標発表があるので、これらの発表を契機に大阪金価格も上下する(…

  • 最近の成績。

    9/10米国時間 3回の取引(買い2 売り1)で、計+5円 9/13日本時間 3回の取引(すべて買い)で、計+7円 9/14米国時間 4回の取引(買い3 売り1)で、計+11円 合計10回のトレードで、珍しく、負けはゼロ。しかしアブナイ取引もあった。 先程終了した米国時間最後の取引は、22:31~23:37。つまり1時間以上かけてしまった。22:25に、実体が短期線に接触後、陽線を示現して跳ねたので、その傾向が続くと考え、22:31に6346円で買い参入したら、直後から逆行が始まり、安値6321円まであった(下のチャート、22時台の中盤以降参照)。 その後、価格は切り返し、中期線の直ぐ下でちゃ…

  • 凄いチャート発見。これは何のチャートでしょう?

    答えは、「金限日」の日足。ゴールドスポット100という愛称で、2015年に鳴り物入りで登場した商品だ。ほとんどが陰線。相場が上昇するときも陰線で上げているという不気味さだ。 なぜこのような形になっているのか。自分で調べたり、業界の人に訊いたりして、ようやくその理由がわかった。 この商品は、僕が普段手掛けている金の標準取引(1Kg単位)とは異なり、100g単位で売買する。その分だけ割高だ。取引期限がないので、値段が下がっても買い方の投げ売りが入りにくい。まぁ、標準取引よりも気楽に持っていられやすい、ということもあって、価格は下がりにくくなるようだ。 しかし清算値を出すときは、一般的な終値を使うの…

  • 読者が最近2人増えて31人に。有り難うございます。

    僕はブログランキングにも参加していないし、読者を増やすための努力を特にしているわけでもない。書いている内容も、参加者の多いFXや暗号資産、日経先物ではなく、どちらかと言えばマイナーな、大阪金だ。でも、チャートは万国共通なので、短期売買をしている人にとっては、何かの役に立つかもしれない。 後は音楽、映画、政治、読書等々。 以前の記事(最近でも時々)では、社労士ネタが多いが、これは僕が25年以上社労士国家試験の受験講師として活動してきたからだ。このネタはこれからも時々書くと思う。資産運用のブログではFIREを目指す人が多いが、恥ずかしながら僕がこの言葉を知ったのは、ごく最近だ。講師業がメインだった…

  • 日経30000円を一時復活。

    まぁ、株が上がって困る人はあまりいない。もちろん、信用で個別株を売っていたり、指数先物の売りポジを持っていれば話は別だが。それから以前、本欄に書いた1357のような、日経の下落で利益が出るように設計されたETFとかを持っていれば今の状況は大変だ。しかし、そうではない多くの投資家にとって、今の状況は悪くない。 そういう意味では、総選挙で想定外の混乱が起こらなければ、来期予想EPSを2300円、PERを14.5倍とすると、日経は、 2300円×14.5=33350円 となる。 あくまでざっくりとした数字だが、理屈の上では、日経が33350円程度に到達するのに、それほど長い時間はかからないのではない…

  • 『億トレⅢ プロ投資家のアタマの中』(林 知之著 マイルストーンズ刊)の一部読了。

    と言っても、この本を読んだのは、これで数回目。読む場所も決まっている。全体ではない。 「億トレ」というのは、億を稼ぐトレーダーのこと。「Ⅲ」というのは、そういう人にインタビューをした第3弾ということだ。 ちなみに、億を稼ごうが稼ぐまいが、他のトレーダーにはあまり興味はない。トレードは孤独な作業であり、他人と繋がって意思決定を行う訳でもない。だから、オレはオレ、という感じ。じゃ、なぜ本書を読んだか、というと、著者である林知之氏が、父親である林輝太郎氏をインタビューしているからだ。読んだ箇所はここだけ。 輝太郎氏は1926年生れ、僕の親父は1927年生れなので、ほぼ同年代である。親父はよく戦争の話…

  • 感覚が戻りつつある。

    2日の欧米時間では、4回の取引で、計+12円。 3日の日本時間では、2回の取引で、計+5円。 3日の欧米時間帯(米国雇用統計発表日)はノートレード。 後からチャートを見ると、何でここでエントリーしなかったのか、と思うことが結構あるが、そういうときは大体、指標発表前だったりする。したがって、後付けで見るより、実際にエントリーできる局面は少ない。その辺は難しいところだ。 今回は、上の6回のエントリー中、3円獲得が1回、5円獲得が2回あった。1トレードでこのくらいとれると、やりやすい。 ところで、僕が好む数少ない「評論家」。経済評論家の内橋克人氏が亡くなった。 89歳と高齢なので、致し方なかったのだ…

カテゴリー一覧
商用