chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
225futures
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/05/06

arrow_drop_down
  • Day_Model_05

    【システム画像と特徴】当デイトレードシステムは、バックテスト5年(以降はフォワード)の十分なデータ数を消化しており、損益カーブは現在も堅調な右肩上がりを維持しています。

  • 2024年6月19日(水)の利益推移

    6月も次週よりラスト週に突入です。稼働中の全システムにおいて損益カーブはプラス推移と運用パフォーマンスが健在。構築コンセプトとして、軟調相場ではマイナストレードを逆指値にて抑制し、急騰局面ではしっかりのGOサイン。

  • Eve_Model_05

    【システム画像と特徴】当イブニングトレードシステムは、バックテスト5年(以降はフォワード)の十分なデータ数を消化しており、損益カーブは現在も堅調な右肩上がりを維持しています。

  • 2024年6月17日(月)の利益推移

    現在はデイもイブニングも高ボラティリティーです。今のうちにシステムをメンテナンスし利益急伸に備えるのがベター。当エクセルシステムは、4本値を入力するだけで翌日の売買サインを自動表示。

  • Day_Model_04

    【システム画像と特徴】こちらは、「Day_Model_03」と「Day_Model_05」の中間特性を持つデイトレードシステムです。弊社システムは、現在は細かくフィードバック係数を設定したシステム群をランナップ。

  • 2024年6月14日(金)の利益推移

    6月も折り返しとなり、全システムでプラス転換です。そして損益カーブも運用自体もまだまだこれから。なお、デイトレードとイブニングトレードのポートフォリオ運用は、地合いの揺らぎとシステムスペックの偏りを柔軟に吸収。

  • Eve_Model_04

    【システム画像と特徴】こちらは、「Eve_Model_03」と「Eve_Model_05」の中間特性を持つイブニングトレードシステムです。弊社システムは、現在は細かくフィードバック係数を設定したシステム群をランナップ。

  • 2024年6月12日(水)の利益推移

    前週に続き利益の出具合いは順調です。なお、単一システムによる運用は少資金からのアグレッシブ運用に最適。2システム以上での分散運用は、できる限り日ベースマイナスを抑えながらの安定運用にベストマッチします。

  • Day_Model_03

    【システム画像と特徴】当デイトレードシステムは、バックテスト3年(以降はフォワード)を消化したスタンダード実践志向の運用システムです。生きた直近3年間のトレンド傾向に比重を置き、相場追従性に優れたフィードバック係数を採用しています。

  • 2024年6月10日(月)の利益推移

    前日はデイトレードシステムで+340円幅の順調決済です。こんな局面では高精度サインにてスマートなエントリーが鉄則。当ロジックは、これまでの膨大な相場傾向をデータベースとして翌日のサインをAI予測。

  • Eve_Model_03

    【システム画像と特徴】当イブニングトレードシステムは、バックテスト3年(以降はフォワード)を消化したスタンダード実践志向の運用システムです。生きた直近3年間のトレンド傾向に比重を置いており、相場追従性を重視したフィードバック係数を設定。

  • 2024年6月7日(金)の利益推移

    最近のローソク足にはギャップアップ・ギャップダウンがありますが、4本値データには必要十分な連続性が伴っておりシステムトレードとしては好相場。6月現在、各システムの運用パフォーマンスは続伸にて、プロフィットカーブのエッジが立っています。

  • Eve_Model_02

    【システム画像と特徴】こちらは、「Eve_Model_01」と「Eve_Model_03」の中間特性を持つイブニングトレードシステムです。弊社システムは、現在は細かくフィードバック係数を設定したシステム群をランナップ。

  • 2024年6月5日(水)の利益推移

    当システム群は、利確600円、ロスカット300円の設定仕様となっています。これは長期的な運用パフォーマンスを考慮しての値ですが、現相場のボラティリティーにもベストマッチしており効率的に利益を抜いています。

  • Day_Model_02

    【システム画像と特徴】こちらは、「Day_Model_01」と「Day_Model_03」の中間特性を持つデイトレードシステムです。弊社システムは、現在は細かくフィードバック係数を設定したシステム群をランナップ。

  • 2024年6月の運用がスタート

    いよいよ6月相場が始まりました。月初はイブニングトレードが乱高下、デイトレードが手堅い決済と、ここからの損益カーブが楽しみです。

  • Day_Model_01

    【システム画像と特徴】当デイトレードシステムは、バックテスト1年(以降はフォワード)を消化した積極運用型のシステムです。直近1年間の相場にピンポイントでフォーカスしており相場追従性を極限まで高め、その瞬発力は群を抜きます。

  • 2024年5月31日(金)の利益推移

    5月の運用を無事に終え、全システムが+800円オーバーに余裕の到達です。現在ラインナップの計10システム、それぞれが全く異なるロジック構成のため、得意相場と不得意相場がそれぞれ異なります。

  • Eve_Model_01

    【システム画像と特徴】当イブニングトレードシステムは、バックテスト1年(以降はフォワード)を消化した積極運用型のシステムです。直近1年間の相場にピンポイントでフォーカスしており、相場追従性を含めてその瞬発力は群を抜きます。

  • 2024年5月29日(水)の利益推移

    前週に続き利益の出具合いは順調です。当エクセルシステムは、4本値を入力するだけで翌日の売買サインを自動表示。リスク管理下(逆指値)にて利益を引っ張りながら、大引決済でクローズです。

  • 2024年5月27日(月)の利益推移

    日経は乱高下も各システムは手堅く決済されました。弊社の相場予測ロジックは、これまでのシステム全体勝率80%に表れており、その運用パフォーマンスは順調を維持しています。

  • 2024年5月24日(金)の利益推移

    全システムが月間目先目標800円(=日経ベース利益)に到達しています。同日はデイもイブニングも数百円レベルのボラティリティーと手堅い1日でした。

  • 2024年5月22日(水)の利益推移

    5月も次週よりラスト週に突入です。稼働中の全システムにおいて損益カーブはプラス推移と運用パフォーマンスが健在。構築コンセプトとして、軟調相場ではマイナストレードを逆指値にて抑制し、急騰局面ではしっかりのGOサイン。

  • 2024年5月20日(月)の利益推移

    現在はデイもイブニングも高ボラティリティーです。今のうちにシステムをメンテナンスし利益急伸に備えるのがベター。当エクセルシステムは、4本値を入力するだけで翌日の売買サインを自動表示。

  • 2024年5月17日(金)の利益推移

    5月も折り返しとなり、全システムでプラス転換です。そして損益カーブも運用自体もまだまだこれから。なお、デイトレードとイブニングトレードのポートフォリオ運用は、地合いの揺らぎとシステムスペックの偏りを柔軟に吸収。

  • 2024年5月15日(水)の利益推移

    前週に続き利益の出具合いは順調です。なお、単一システムによる運用は少資金からのアグレッシブ運用に最適。2システム以上での分散運用は、できる限り日ベースマイナスを抑えながらの安定運用にベストマッチします。

  • 2024年5月13日(月)の利益推移

    前日はデイトレードシステムで+120円幅の順調決済です。こんな局面では高精度サインにてスマートなエントリーが鉄則。当ロジックは、これまでの膨大な相場傾向をデータベースとして翌日のサインをAI予測。

  • 2024年5月10日(金)の利益推移

    最近のローソク足にはギャップアップ・ギャップダウンがありますが、4本値データには必要十分な連続性が伴っておりシステムトレードとしては好相場。5月現在、各システムの運用パフォーマンスは続伸にて、プロフィットカーブのエッジが立っています。

  • 2024年5月8日(水)の利益推移

    当システム群は、利確600円、ロスカット300円の設定仕様となっています。これは長期的な運用パフォーマンスを考慮しての値ですが、現相場のボラティリティーにもベストマッチしており効率的に利益を抜いています。

  • 2024年5月の運用がスタート

    いよいよ5月相場が始まりました。月初はデイトレードが乱高下、イブニングトレードが手堅い決済と、ここからの損益カーブが楽しみです。

  • 2024年4月30日(火)の利益推移

    4月の運用を無事に終え、全システムが+800円オーバーに余裕の到達です。現在ラインナップの計10システム、それぞれが全く異なるロジック構成のため、得意相場と不得意相場がそれぞれ異なります。

  • 2024年4月26日(金)の利益推移

    4月も次週はラスト週に突入です。稼働中の全システムにおいて損益カーブはプラス推移と運用パフォーマンスが健在。構築コンセプトとして、軟調相場ではマイナストレードを逆指値にて抑制し、急騰局面ではしっかりのGOサイン。

  • 2024年4月23日(火)の利益推移

    前日は、イブニングトレードシステムが+380円幅にて手堅く決済されました。弊社の相場予測ロジックは、これまでのシステム全体勝率80%に表れており、その運用パフォーマンスは順調を維持しています。

  • 2024年4月19日(金)の利益推移

    前週に続き利益の出具合いは順調です。なお、単一システムによる運用は少資金からのアグレッシブ運用に最適。2システム以上での分散運用は、できる限り日ベースマイナスを抑えながらの安定運用にベストマッチします。

  • 2024年4月16日(火)の利益推移

    現在はデイもイブニングも高ボラティリティーです。今のうちにシステムをメンテナンスし利益急伸に備えるのがベター。当エクセルシステムは、4本値を入力するだけで翌日の売買サインを自動表示。

  • 2024年4月12日(金)の利益推移

    直近はデイトレードシステムが+370円幅、イブニングトレードシステムが+600円幅と大利決済です。こんな局面では高精度サインにてスマートなエントリーが鉄則。

  • 2024年4月9日(火)の利益推移

    4月もまだ7営業日のトレードですが、ほぼ全システムでプラス転換です。そして損益カーブも運用自体もまだまだこれから。なお、デイトレードとイブニングトレードのポートフォリオ運用は、地合いの揺らぎとシステムスペックの偏りを柔軟に吸収。

  • 2024年4月5日(金)の利益推移

    最近のローソク足にはギャップアップ・ギャップダウンがありますが、4本値データには必要十分な連続性が伴っておりシステムトレードとしては好相場。4月現在、各システムの運用パフォーマンスは続伸にて、プロフィットカーブのエッジが立っています。

  • 2024年4月3日(水)の利益推移

    当システム群は、利確600円、ロスカット300円の設定仕様となっています。これは長期的な運用パフォーマンスを考慮しての値ですが、現相場のボラティリティーにもベストマッチしており効率的に利益を抜いています。

  • 2024年4月の運用がスタート

    いよいよ4月相場が始まりました。月初はイブニングトレードが乱高下、デイトレードが手堅い決済と、ここからの損益カーブが楽しみです。

  • 2024年3月29日(金)の利益推移

    3月の運用を無事に終え、全システムが+800円オーバーに余裕の到達です。現在ラインナップの計10システム、それぞれが全く異なるロジック構成のため、得意相場と不得意相場がそれぞれ異なります。

  • 2024年3月27日(水)の利益推移

    前週に続き利益の出具合いは順調です。当エクセルシステムは、4本値を入力するだけで翌日の売買サインを自動表示。リスク管理下(逆指値)にて利益を引っ張りながら、大引決済でクローズです。

  • 2024年3月25日(月)の利益推移

    日経は乱高下も各システムは手堅く決済されました。弊社の相場予測ロジックは、これまでのシステム全体勝率80%に表れており、その運用パフォーマンスは順調を維持しています。

  • 2024年3月22日(金)の利益推移

    3月も次週よりラスト週に突入です。稼働中の全システムにおいて損益カーブはプラス推移と運用パフォーマンスが健在。構築コンセプトとして、軟調相場ではマイナストレードを逆指値にて抑制し、急騰局面ではしっかりのGOサイン。

  • 2024年3月19日(火)の利益推移

    全システムが月間目先目標800円(=日経ベース利益)に到達しています。同日はデイもイブニングも数百円レベルのボラティリティーと手堅い1日でした。

  • 2024年3月15日(金)の利益推移

    現在はデイもイブニングも高ボラティリティーです。今のうちにシステムをメンテナンスし利益急伸に備えるのがベター。当エクセルシステムは、4本値を入力するだけで翌日の売買サインを自動表示。

  • 2024年3月13日(水)の利益推移

    前週に続き利益の出具合いは順調です。なお、単一システムによる運用は少資金からのアグレッシブ運用に最適。2システム以上での分散運用は、できる限り日ベースマイナスを抑えながらの安定運用にベストマッチします。

  • 2024年3月11日(月)の利益推移

    3月もまだ7営業日のトレードですが、全システムでプラス転換です。そして損益カーブも運用自体もまだまだこれから。なお、デイトレードとイブニングトレードのポートフォリオ運用は、地合いの揺らぎとシステムスペックの偏りを柔軟に吸収。

  • 2024年3月8日(金)の利益推移

    前日はデイトレードシステムで+600円幅の大利決済です。こんな局面では高精度サインにてスマートなエントリーが鉄則。当ロジックは、これまでの膨大な相場傾向をデータベースとして翌日のサインをAI予測。

  • 2024年3月6日(水)の利益推移

    最近のローソク足にはギャップアップ・ギャップダウンがありますが、4本値データには必要十分な連続性が伴っておりシステムトレードとしては好相場。3月現在、各システムの運用パフォーマンスは続伸にて、プロフィットカーブのエッジが立っています。

  • 2024年3月4日(月)の利益推移

    当システム群は、利確600円、ロスカット300円の設定仕様となっています。これは長期的な運用パフォーマンスを考慮しての値ですが、現相場のボラティリティーにもベストマッチしており効率的に利益を抜いています。

  • 2024年3月の運用がスタート

    いよいよ3月相場が始まりました。月初はデイトレードが乱高下、イブニングトレードが手堅い決済と、ここからの損益カーブが楽しみです。

  • 2024年2月29日(木)の利益推移

    2月の運用を無事に終え、全システムが+800円オーバーに余裕の到達です。現在ラインナップの計10システム、それぞれが全く異なるロジック構成のため、得意相場と不得意相場がそれぞれ異なります。

  • 2024年2月27日(火)の利益推移

    2月もラスト週に突入です。稼働中の全システムにおいて損益カーブはプラス推移と運用パフォーマンスが健在。構築コンセプトとして、軟調相場ではマイナストレードを逆指値にて抑制し、急騰局面ではしっかりのGOサイン。

  • 2024年2月22日(木)の利益推移

    前日は、デイトレードシステムが+330円幅にて手堅く決済されました。弊社の相場予測ロジックは、これまでのシステム全体勝率80%に表れており、その運用パフォーマンスは順調を維持しています。

  • 2024年2月20日(火)の利益推移

    前週に続き利益の出具合いは順調です。なお、単一システムによる運用は少資金からのアグレッシブ運用に最適。2システム以上での分散運用は、できる限り日ベースマイナスを抑えながらの安定運用にベストマッチします。

  • 2024年2月16日(金)の利益推移

    現在はデイもイブニングも高ボラティリティーです。今のうちにシステムをメンテナンスし利益急伸に備えるのがベター。当エクセルシステムは、4本値を入力するだけで翌日の売買サインを自動表示。

  • 2024年2月14日(水)の利益推移

    直近はデイトレードシステム、イブニングトレードシステムともに600円幅の大利決済です。こんな局面では高精度サインにてスマートなエントリーが鉄則。当ロジックは、これまでの膨大な相場傾向をデータベースとして翌日のサインをAI予測。

  • 2024年2月9日(金)の利益推移

    2月もまだ7営業日のトレードですが、全システムでプラス転換です。そして損益カーブも運用自体もまだまだこれから。なお、デイトレードとイブニングトレードのポートフォリオ運用は、地合いの揺らぎとシステムスペックの偏りを柔軟に吸収。

  • 2024年2月7日(水)の利益推移

    最近のローソク足にはギャップアップ・ギャップダウンがありますが、4本値データには必要十分な連続性が伴っておりシステムトレードとしては好相場。2月現在、各システムの運用パフォーマンスは続伸にて、プロフィットカーブのエッジが立っています。

  • 2024年2月5日(月)の利益推移

    当システム群は、利確600円、ロスカット300円の設定仕様となっています。これは長期的な運用パフォーマンスを考慮しての値ですが、現相場のボラティリティーにもベストマッチしており効率的に利益を抜いています。

  • 2024年2月の運用がスタート

    いよいよ2月相場が始まりました。月初はデイトレードが60円幅、イブニングトレードが280円幅の安定決済と、ここからの損益カーブが楽しみです。

  • 2024年1月31日(水)の利益推移

    1月の運用を無事に終え、全システムが+800円オーバーに余裕の到達です。現在ラインナップの計10システム、それぞれが全く異なるロジック構成のため、得意相場と不得意相場がそれぞれ異なります。

  • 2024年1月26日(金)の利益推移

    全システムにおいて、月間目先目標800円(=日経ベース利益)を達成しています。同日はデイもイブニングも数百円レベルのボラティリティーと手堅い1日でした。

  • 2024年1月24日(水)の利益推移

    現在は日経が乱高下も各システムは手堅く決済されています。弊社の相場予測ロジックは、これまでのシステム全体勝率80%に表れており、その運用パフォーマンスは順調を維持しています。

  • 2024年1月22日(月)の利益推移

    現在はデイもイブニングもややボラティリティーが落ち着いてきました。今のうちにシステムをメンテナンスし利益急伸に備えるのがベター。当エクセルシステムは、4本値を入力するだけで翌日の売買サインを自動表示。

  • 2024年1月19日(金)の利益推移

    前週に続き利益の出具合いは順調です。なお、単一システムによる運用は少資金からのアグレッシブ運用に最適。2システム以上での分散運用は、できる限り日ベースマイナスを抑えながらの安定運用にベストマッチします。

  • 2024年1月17日(水)の利益推移

    1月もまだ9営業日のトレードですが、全システムでプラス転換です。そして損益カーブも運用自体もまだまだこれから。なお、デイトレードとイブニングトレードのポートフォリオ運用は、地合いの揺らぎとシステムスペックの偏りを柔軟に吸収。

  • 2024年1月15日(月)の利益推移

    前日はデイトレードシステムで+470円幅の大利決済です。こんな局面では高精度サインにてスマートなエントリーが鉄則。当ロジックは、これまでの膨大な相場傾向をデータベースとして翌日のサインをAI予測。

  • 2024年1月12日(金)の利益推移

    最近のローソク足にはギャップアップ・ギャップダウンがありますが、4本値データには必要十分な連続性が伴っておりシステムトレードとしては好相場。1月現在、各システムの運用パフォーマンスは続伸にて、プロフィットカーブのエッジが立っています。

  • 2023年11月10日(水)の利益推移

    当システム群は、利確600円、ロスカット300円の設定仕様となっています。これは長期的な運用パフォーマンスを考慮しての値ですが、現相場のボラティリティーにもベストマッチしており効率的に利益を抜いています。

  • 2024年1月の運用がスタート

    いよいよ1月相場が始まりました。月初はデイトレードが乱高下、イブニングトレードが手堅い決済と、ここからの損益カーブが楽しみです。

  • 2023年12月29日(金)の利益推移

    12月の運用を無事に終え、全システムが+800円オーバーに余裕の到達です。現在ラインナップの計10システム、それぞれが全く異なるロジック構成のため、得意相場と不得意相場がそれぞれ異なります。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、225futuresさんをフォローしませんか?

ハンドル名
225futuresさん
ブログタイトル
225トレード検証
フォロー
225トレード検証

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用