searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

エルソルさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
エルソル飛脚ブログ ~Run 4 Fun~
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/elsolj
ブログ紹介文
四万十川周辺をチョロチョロしている飛脚の記録です。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2021/01/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、エルソルさんの読者になりませんか?

ハンドル名
エルソルさん
ブログタイトル
エルソル飛脚ブログ ~Run 4 Fun~
更新頻度
集計中
読者になる
エルソル飛脚ブログ ~Run 4 Fun~

エルソルさんの新着記事

1件〜30件

  • 風雪四万十川

    南国土佐も県西部の四万十市はどこ吹く風・・・。中村は昔から冬は何度か積雪があります。・・・とはいえ、連日降り続くというのは珍しく、道路はガリガリのアイスバーンです。近場のドライブで雪の四万十川を見てきました。雰囲気ありますね・・・沈下橋も雪化粧。凍てついてます。雪の四万十川です。雪は音を消して川は穏やかに流れます。足元は氷だらけ・・陽射しが暖かいので、小高い山の上の公園に向かいました。風が無いとベンチに腰掛けても寒くありません。河津桜の蕾を眺めていると・・・何と!咲いてるではありませんか!河津桜は早咲きのですが、さすがに1月中旬は早すぎ・・・。しかし、咲いた桜を見ていると、やがて春が来ることを確信出来て少し晴れやかな気持ちになります。気分が高まったところで堤防を5kmラン。今年の初ランです。(笑)今夜からは中村...風雪四万十川

  • バーバーエルソルⅡ

    チーム飛脚の監督としてウルトラマラソンに挑戦したりしている私ですが、私の職業は理容師です。四万十市にある小さな理髪店バーバーエルソルを経営しております。かれこれ、もう20数年になりますか・・・(遠い目)、最近はちょくちょくお客様の写真を撮らせていただいているので、今回は久しぶりに私のお仕事の紹介をしようと思います。早速ですが、ギャラリーをお楽しみください。流行りのツーブロックですが、スタイリングのアレンジで「爽やかさ」が演出できますね。「耳が出るくらいで少し短め」という注文はこういう仕上がりになります。「白くならないような刈上」、全体を短めにしてモミアゲにつないでいます。前髪の落とし方にこだわるとベリーショートも外人風に・・・低い位置で薄めの刈上げをボカシながら作っています。同じく、この低めの刈上げのボカシは少...バーバーエルソルⅡ

  • シモバシラとクロモジのハーブティー

    今年最後の休日は大忙し、朝から車の洗車に墓掃除、家の掃除やちょっとしたお正月の準備まで・・・、それに銀行や役所までめぐると結構いい時間になってしまった・・・。それでも何とか頑張って遊ぶのだ!前回の記事のコメントのやりとりで教えてもらった「クロモジのハーブティー」。材料のクロモジの枝を取りに前回と同じ場所へと車を走らせる。スーパー林道を上ること約1時間半、標高1000mあたりで周りは雪景色に変わった・・・。うう、これはもうノーマルタイヤでは無理・・・目的地には辿り着けず・・、無念。周りは氷点下、雪景色を楽しむ。シモバシラの根元に霜柱が出来ていた。見事なシモバシラ。自然の造形美には敵わないな・・・ああ、陽が暮れてゆく・・・冬の夕陽は真っ赤に燃える・・・ああ、何だろう、この切なさは・・・?帰宅後、堤防を10kmラン。...シモバシラとクロモジのハーブティー

  • クロモジの箸と楊枝

    先日、山で見つけたクロモジ、枝を少し持ち帰っていたので、箸と楊枝の創作にとりかかりました。クロモジの枝の外観的な特徴は、「真っすぐ」。深い緑色で覆われ、削るとアロマのように香ります。一般的には高級和菓子の爪楊枝として有名ですね。私は、黄色い小さな花や新緑の上品な葉も好きで、クロモジファンなのです。さて、創作です。適度な長さにノコで切り、ナタで真ん中の「芯」をはずして分割します。あとは小刀で削るのみ。削りながらアロマの香りに癒されたりします・・・。適当に、こんな感じで・・・。自分で楽しむ目的なので、かなり大雑把。(笑)今後、暇な時の手遊びで、細かい作業をしていくつもりです。せっかくなので和菓子屋さんで綺麗な和菓子を買ってきました。雰囲気は出ますよね~残りの削ったチップはお茶パックに詰めて「クロモジ風呂」を楽しむ予...クロモジの箸と楊枝

  • 尻割山とピーマン若人

    「尻割山はお弁当食べて帰ってくるのにちょうどいいところ」顧客のご婦人からの情報で、黒尊渓谷から鬼ヶ城を車で上りました。鬼ヶ城を通り過ぎて、少し下ったところに案内看板がありました。んん?200m!?すぐソコやん!とりあえず行ってみよう~!ホントにすぐソコで、視界が開けてきた・・・尻割山目の前には愛媛県宇和島の街と宇和海の眺望。(街の真ん中の森は宇和島城)確かに・・・、ここで弁当食べるといいな~!(まだ朝10時)天気がいいと九州が見えること間違いなし!尻割山の名前の由来は、麓の宇和島から見上げるとちょうど尻の割れ目のように見えるらしい(笑)。冬は空が綺麗だな~松も手を横に伸ばして気持ちよさそう~帰りに振り向くと、脇道に気付いた。そういえば、入り口に四本松って案内板もあったな・・・、行ってみよう。必殺!トレイルランで...尻割山とピーマン若人

  • サンキライで簡単リース作り

    山で遊んでいると、ツルバラの赤い実やサンキライの赤い実が目に付く。もう師走、リースでも作ってみようか・・・。山はまだ少しだけ紅葉が楽しめる。こんなの好きだな~樹々は、冬芽のカプセルの中に葉を準備させて春を待っているのだ・・。ん~~いい景色。サンキライ(サルトリイバラ)。葉っぱは柏餅にも使われていましたね。帰宅後、作製にとりかかる・・作製といっても、かなり適当!(笑)自然の物はアレコレ手を加えなくても勝手に雰囲気がでるのです。サンキライの簡単ウェルカムリース。さらに、100均のリース土台に巻いたり挿したりしたもの・・(これは、葉が枯れて茶色くなったくらいのほうがいい感じになる)こんな事をしている間に、あっという間に日が落ちた。日暮れも早いな~。(ちなみに今年の冬至は22日)懐中電灯片手に堤防を久々の10kmラン、...サンキライで簡単リース作り

  • さ・し・す・せ・そ(5)~戴き物2~

    こんなしょーもないオヤジ料理シリーズも5回目の掲載となる。若い頃の一人暮らしの独身料理よりも料理に対する熱量も少し高めで、その行程さえも楽しめる心の余裕も出来た。とはいうものの、基本は好きなものしか作らないので栄養は偏りがち・・・、家族の健康までも考えながら料理する世の奥様方にはいつまでたってもかなわない・・・。改めてになるが、何気に題名にしている「さしすせそ」、その意味は「砂糖」「塩」「酢」「醤油」「味噌」なのだが、実はこの並びは入れる順番も示しているらしい。「砂糖」は食材に馴染むのに時間がかかるので早めに・・、「塩」は食材の水分を出したりもするが「絞める」作用もあるので、砂糖を食材に染み込ませるため、煮物などは「砂糖から塩」の順番が大切。「酢」「醤油」「味噌」は発酵調味料、熱で風味が飛ぶので最後の方に入れる...さ・し・す・せ・そ(5)~戴き物2~

  • 黒尊渓谷の紅葉と森のコテージ

    先週と同じく黒尊渓谷の紅葉を楽しもう!例年より少し早いピークを迎えている渓谷の紅葉は、毎年の事だが一番いい時期を逃しがち・・。なので足繁く通った結果、今回がピークだという確信もある。イチョウの葉はレモンイエロー。青空に黄色はよく映える。黄色と云えば、この時期は柚子。今年も100円!(笑)2袋購入、柚子ジュースに柚子風呂、柚子化粧水も楽しもう~。黒尊地区は柚子の産地なのです!さあ、紅葉を楽しみます。名所神殿橋は予想通り真っ赤。先週よりも色付いて、早くももう終盤。紅葉に癒される・・・この場所はお気に入り。ニシキギの色合いもいい感じ・・少し山を登るとさらに景色が良くなる。真っ赤!!色とりどり・・まるで花火!小鳥のアイドル、エナガじゃありませんか・・、かわいい・・。ゴンズイのオシャレな実を写真撮っていると・・・てんとう...黒尊渓谷の紅葉と森のコテージ

  • 権現山と紅葉

    「足摺半島にヤッコソウでも見に行ってくるか~」と車で街を離れて30分行ったところでケータイが鳴った。電話の主は、以前から黒尊渓谷に興味を示すお客様F君。「もしよかったら黒尊ガイドしてもらえませんか?」「今度、親を連れて紅葉を見に行こうと思ってるんで・・・」「ヨッシャ!了解!引き返すわ!30分で帰るわ!」まだ見た事のない純白のヤッコソウはこの時期しか見られないが、まあまた来年行けばいいか・・・合流後、F君を車に乗せ黒尊渓谷へ向かう。「紅葉はちょっと早いかもしれんな~」渓谷に突入すると、結構紅葉していて驚く・・・。少し早いが、なかなかいい感じ。名所の神殿橋(じんでんばし)周辺は、もういい感じに・・・週末には真っ赤になりそう。一番のお気に入りポイント。来週も来てみようかな・・・前から一度行ってみたいと思っていた権現山...権現山と紅葉

  • Tシャツアート展(黒潮町)

    本来G/Wに開催されるはずだった人気の黒潮町(四万十市のお隣)のTシャツアート展、コロナの影響で延期になっていましたが、11月に開催されました。黒潮町のインスタのフォトコンで入賞して、その写真がTシャツとなって飾られているというので行ってきました。毎年、片道10kmのランで行くのですが、生憎の雨でそれは断念・・・。平日の雨ということで来場者も少なめ、そしてコロナ禍の中での開催ということで、検温やアプリでの来場登録など、アウトドアな海岸でもきちんと手順を踏んでの入場となりました。少雨で風も無く、綺麗に並んだTシャツ達。海岸にずらりと並んだTシャツ、それだけでもアートです。圧巻ですね~波打ち際です。砂像もあります。・・・お見事!何故か砂浜に郵便ポスト・・フォトコン入選作品の看板。私の作品です!セルフィーで記念撮影。...Tシャツアート展(黒潮町)

カテゴリー一覧
商用