searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kyoshusenさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Nゲージレイアウト 郷愁の情景
ブログURL
https://kyoshusen.blog.fc2.com
ブログ紹介文
昭和40年代の鉄道風景をイメージしたNゲージレイアウトを製作しています
更新頻度(1年)

8回 / 50日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/11/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kyoshusenさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kyoshusenさん
ブログタイトル
Nゲージレイアウト 郷愁の情景
更新頻度
8回 / 50日(平均1.1回/週)
読者になる
Nゲージレイアウト 郷愁の情景

kyoshusenさんの新着記事

1件〜30件

  • プラットホームの地面下地を作る

    前回はターンテーブルの操作室のディテールアップに再チャレンジしましたが、再びレイアウト製作に戻ります。今回よりプラットホームの製作にかかります。ホームは既製品を使わず、スチレンボードで自作します。まずはホームを設置する地面の高さを道床の高さと同じ5ミリにします。が、最初に貼るのは3ミリ厚スチレンボードです。その上に2ミリ厚スチレンボードを重ね、地面下地の高さを5ミリにします。レール脇の地面を製作す...

  • ターンテーブル操作室の窓を作る

    新レイアウトで使用しているカトーのターンテーブルは、操作室の窓がモールドで表現されているだけですので、窓部分を黒く塗り、その上から透明プラ板を貼るという簡単なディテールアップを施しておりましたが・・・アップで見ると結構残念な出来栄えに仕上がってますので、今回は操作室のディテールアップに再チャレンジしてみたいと思います。窓のモールドをくり抜き、本物の窓を作ってみます。操作室を引っこ抜いて外します。中...

  • トミックス腕木式信号機の取り付け

    新年あけましておめでとうございます。コロナ禍の中、迎えることとなった令和三年ですが、一日も早く「新しい日常」の世界に終わりを告げ、かつての日常を取り戻せる日が来ることを切に願っております。本年もよろしくお願いいたします。新年最初の作業は信号機の取り付けです。トミックスの腕木式信号機をレイアウトに設置します。上り方と下り方に、それぞれ2本ずつ出発信号機を立てます。まずは上り方のAセクションの信号機か...

  • Bセクションのレール塗装完了

    Aセクションの6個のポイントの内、塗装によって、まったく動かなくなってしまった1個と、切り替え不良が発生するようになった2個を新品に交換しました。しかし、ここに来て、さらに恐れていた事態が・・・塗料で塗装後、多少動作が鈍くなったものの、とりあえず走行に支障のない状態で使用できていた3個のポイントの内の2個に切り替え不良が発生です。どちらのポイントも、直進方向に切り替えたときに完全に切り替わっていない状...

  • Aセクションのレール塗装完了

    前回、新調したポイントの可動部付近をマーカーで塗装してみましたが、この方法ですとポイントの動作にはまったく影響しないようで、現在も新しいポイントには何の異常も見られません。どうやらカトー4番ポイントの可動部塗装法の正解が、ようやく見つかったようです。というわけで、今後は、ポイント可動部付近の道床は黒のマーカーで塗って油汚れ表現を行っていくことにしようと思います。スミ入れ塗料で可動部の道床を塗装した3...

  • ポイント可動部の道床をマーカーで塗ってみる

    ただ今、新レイアウトセクションのレールと道床を塗装しているところですが、ポイントの塗装で泥沼にはまっています。Aセクションの6個のポイントの内の左分岐4番ポイント1個を完全にダメにしてしまいましたので、やむなく新調しました。新たに購入したポイントをさっそくレイアウトに組み込みます。カトーの4番ポイントは細い線バネ1本だけで直進と分岐を切り替えている非常にデリケートな構造です。わずかな塗料の染み込みもカ...

  • ポイント塗装、また失敗か

    前回よりレールと道床の塗装作業を開始しましたが、ポイント3個を塗装したところ、1個を再起不能にしてしまいました。「国鉄郷州線」のローカル駅セクションでも、同じカトーの4番ポイントを使いましたが、やはり塗装後、動きが悪くなり、CRC5-56で復活させたことがあります。前作「中乃郷電気鉄道」では、ポイントはすべてトミックスのミニ電動ポイントを使用しましたが、こちらは塗装、ウェザリングを行っても動作に支障をきたす...

  • レールと道床の塗装、そして問題発生

    いつも弊ブログをご覧いただきありがとうございます。遅ればせながら、このたび弊ブログとホームページ郷愁の情景を目指してともに常時SSL化を行いました。それに伴いブログ、ホームページともURLが変更されておりますのでお知らせいたします。今後ともブログ「Nゲージレイアウト 郷愁の情景」ホームページ「郷愁の情景を目指して」をよろしくお願いいたします。なおSSL化に伴い、にほんブログ村に記事が取得されない事象が一時発...

  • トミックスのパワーユニットで運転してみる

    製作中の新レイアウトセクションはカトーのアンカプラー線路を使う都合上ユニトラックを利用していますが、カトーの常点灯対応パワーパック「スタンダードSX」では当社の車両は常点灯できませんので、メインの走行用電源はトミックスの常点灯対応パワーユニットの使用を考えています。前回スチレンボードの高架橋を作り、新セクションのエンドレス走行が可能になりましたので、今回はトミックスのパワーユニットでの走行状態を確認...

  • エンドレス走行用レールの全線高架化

    前回、新レイアウトセクションでのエンドレス走行を可能にするため、スチレンボードでカーブレール用勾配付き高架橋を作ってみましたが、結構な急勾配となり、長編成列車の走行が難しいことが判明しました。そこで結局、高架橋をフラット化して勾配をなくすことに・・・勾配橋脚を取り外して、同じ高さの橋脚に付け替えることにします。やはり、列車をスムーズに走行させるなら勾配はないに越したことはありません。というわけで、...

  • レイアウトセクションのエンドレス走行用パーツを作る

    前回で新レイアウトセクションのレールの固定が完了しました。新レイアウトセクションは、車両を走行させる時はレールをつぎ足し、エンドレスにするのですが、そのままではお座敷用レールとつなぐことができませんので・・・今回は、レイアウトセクションとお座敷用レールとをつなぐ高架橋を作ります。ユニトラックのカーブレールをガイドにして、7ミリ厚スチレンボードから上のようなものを切り出しました。レールを載せ、適当に...

  • Bセクションのレール固定作業

    製作中の二つのレイアウトセクションを、それぞれAセクション、Bセクションと名付けることになった「国鉄阿野町線仙嶽駅」ですが、前回Aセクションのレール固定が完了しました。今回は、もう一方のBセクションのレール固定作業を行います。工程はAセクションのレール固定作業とまったく同じで、まずはポイントのコードを通す穴開けからです。こちらのベースも、Aセクションと高さを合わせるため、レイアウトボードに5ミリ厚スチレ...

  • Aセクションのレール固定作業

    前回でターンテーブルの固定が完了しましたので、今回よりターンテーブル側セクションのターンテーブル部分以外のレール固定作業にかかります。まずはポイントのコードを通す作業からです。コード先端のプラグを一旦外し、前回開けておいた穴にコードを通します。そして、コードを通したらプラグを元に戻します。ポイントスイッチに接続するコネクターには、どれがどのポイントのコードなのか、すぐわかるように、ポイントスイッチ...

カテゴリー一覧
商用