searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

山田進さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
節税・資金管理の専門メディア MoneyMagazine
ブログURL
https://monemaga.jp/
ブログ紹介文
Your Money! Your Life! 企業経営者・個人事業主の方をはじめ、節税や資金調達などに関心があるビジネスパーソン向けの情報メディアです。
更新頻度(1年)

12回 / 11日(平均7.6回/週)

ブログ村参加:2020/11/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、山田進さんの読者になりませんか?

ハンドル名
山田進さん
ブログタイトル
節税・資金管理の専門メディア MoneyMagazine
更新頻度
12回 / 11日(平均7.6回/週)
読者になる
節税・資金管理の専門メディア MoneyMagazine

山田進さんの新着記事

1件〜30件

  • 個人型確定拠出年金で控除申請すると節税できるってホント?

    個人型確定拠出年金(iDeCo)は掛金が控除される個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入をすると「節税」ができます。なぜなら、個人型確定拠出年金は掛金が全額控除されるからです。また個人型確定拠出年金(iDeCo)で得た運用益は非課税になるの

  • 個人型確定拠出年金のデメリットは?iDeCo加入の注意点を再確認しよう!

    個人型確定拠出年金(iDeCo)にもデメリットがある個人型確定拠出年金に加入をすれば、100%「メリットが享受できる」という訳ではありません。実際に、個人型確定拠出年金にもデメリットはあり、運用の仕方を間違えると積み立てた資金が「元本割れ」

  • 給与を外注費として経費計上し消費税を節税する方法

    与を外注費として計上することで「消費税」を節税できることをご存知でしたか?給与と外注費どちらも同じ経費ですが、給与として支払うよりも外注費として支払う方が消費税の支払額は少なくなるのです。法人として支払う消費税額が安くなるということは助かり

  • 個人事業主ができる節税対策は?押さえておきたいポイントや注意点

    個人事業主をはじめ、すべての国民は等しく納税の義務がありますが、節税してできるだけ金額を下げたいと考える事業者は多いのではないでしょうか。個人事業主の納税額は、確定申告を元に金額が決まるので、早めに対策をすることで税負担を軽くすることも可能

  • 決算期変更による節税のメリットと注意点!決算期変更が効果的なケースは?

    節税の方法はさまざまありますが、決算期変更が効果的なケースもあることをご存じでしょうか。決算期は、1事業年度の区切りとなる最終月のことで、決算月と呼ばれることもあります。決算期は法人の場合、自由に設定できますが、設立後も変更が可能です。今回

  • 美術品は減価償却資産が可能!経費計上して節税できる美術品の金額や注意点

    美術品を節税に使う!減価償却資産として経費計上が可能100万円未満の美術品は減価償却が可能平成27年1月1日に施工された減価償却資産制度の見直しによって、100万円未満の美術品等は、法人・個人事業主ともに、原則として減価償却資産に該当するこ

  • 役員報酬で節税する際のデメリット

    法人の節税対策を考える場合、役員報酬を上げて法人税を節税しよう!と考える経営者の方もいるのではないでしょうか?しかし役員報酬を使った節税にはいくつかのデメリットがあるので慎重に行わなければなりません。今回の記事では「役員報酬で節税する際のデ

  • 飲食代で節税!社外飲食費、福利厚生費、会議費を有効活用して経費計上

    経営者にとって飲食代は節税に活用できる経費のひとつです。とはいえ、経費に計上するにはいくつかの要件を満たす必要があり、すべての食事が経費に計上できるわけではありません。今回はこの記事で、経費にできる飲食代の種類や節税に活用する方法、注意点な

  • 個人型確定拠出年金の上限はいくら?限度額の引き上げ方&掛金の設定方法を解説!

    個人事業主の老後を支える個人型確定拠出年金(iDeCo)個人事業主の節税に欠かせないのが、個人型確定拠出年金(iDeCo)です。個人型確定拠出年金は、掛金が所得控除になるほか、運用益は全額非課税、年金や掛金の受取にも各種控除が受けられる「優

  • 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)は節税にも活用できる

    事業に不測の事態はつきものですが、経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)で資金繰りや節税対策ができることをご存じでしょうか。あらかじめ加入しておくことで、万が一取引先が倒産した場合は融資が受けられるため、加入する事業者も多い制度です。今

  • 無担保無保証で受けられる創業融資制度まとめ

    一般的に融資は担保や保証人が必要ですが、創業融資の中には無担保・無保証で借入できるケースもあります。ビジネスが軌道に乗るまでは、資金繰りがスムーズにいかないこともありますし、事業資金の借入も難しいことが多いでしょう。そんなとき創業融資は、起

  • 評価損による節税。棚卸資産(在庫)の損金算入が認められる条件は?

    評価損を計上することによる節税方法をご存知ですか?実際に資産を処分せず会社に残っていたとしても評価損として経費計上できる場合があります。今回の記事では棚卸資産の損金算入が認められる条件や、節税対策として行う場合の注意点について解説していきま

カテゴリー一覧
商用