searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Chiyoshiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
書くスキルを得るためのブログ
ブログURL
https://chiyoshi.biz
ブログ紹介文
スキルも知識もない私がブログ、メルマガで情報発信して稼ぐことにしました。 そこで書くスキルを身に着けるために、勉強を開始しました。 このブログでは、スキルを身に着けるためにしたことを、発信していきます。
更新頻度(1年)

1回 / 326日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2020/10/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Chiyoshiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Chiyoshiさん
ブログタイトル
書くスキルを得るためのブログ
更新頻度
1回 / 326日(平均0.0回/週)
フォロー
書くスキルを得るためのブログ

Chiyoshiさんの新着記事

1件〜30件

  • 【クラウドワークスWebライター検定2級】で文章表現を勉強。

    クラウドワークスのWebライター検定を知っていますか?この検定を受けるとWebライターとしての知識が勉強できますよ。しかも、文章表現も勉強できる。検定に合格できればそれなりのライターとしての力が付けられます。

  • 文章構成 【PASONAの法則】消費者の悩みを解決しよう

    Web記事の文章構成方法で『PASONAの法則』というのを知っていますか?文章の構成方法で一般なのが、論文構成です。論文構成でも、読者の悩みや不安を解決することは可能です。しかし、このPASONAの法則を使うことで、より読者に寄り添った文章

  • 文章の構成方法【AIDCAの法則】消費者の購買心理を理解しよう

    Web記事を書くとき、どのような構成で書いていますか?小論文を書くように、問題点等の提示、解決法、結論(結果)のように書いていますか?その書き方でも読者には伝わると思いますが、それよりも『AIDCAの法則』という文章の構成方法のほうが読者に

  • 心を動かす文章を書こう!そのためには五感を刺激と臨場感が大事

    心を動かせる文章を書いていますか?読者は文章に興味や関心を持った上で、心を動かされて行動してくれます。今回は、そのために必要な「五感を刺激する」「臨場感を出す」方法を紹介します。この方法を覚えて行動してもらえる文章にしましょう。

  • 五感を刺激して、声や会話で臨場感をだして心を動かす文章を書く

    文章で読者に行動を促すときに、どのようなところに注意して文章を書いていますか?読者に分かりやすく、伝わりやすく文章を書くことで行動を促すことはできます。しかし、読者が行動をするときは、その文章に興味や関心を持ち、心が動かされて行動を起こしま

  • 形容詞や副詞、オノマトペ?表現力で心を動かす文章にする方法

    記事を書くときに形容詞や副詞を使っていますか?また、オノマトペと言われてなんのことか分かりますか?今回の記事は、形容詞や副詞、オノマトペを使い文章に表現力を持たせて、読者の心を動かす方法を解説します。

  • 保護中: 形容詞や副詞、オノマトペをつかい表現力豊かに心を動かす文章を書こう

    文章を書くときに形容詞や副詞、オノマトペを意識して使っていますか?「形容詞や副詞は知っているけど、オノマトペって何?」と感じている人もいると思います。文章に数字や固有名詞を使うことで具体的に書くことができ、説得力を持たせて伝わりやすい文章に

  • 画像や図表で伝わりやすい文章にしよう!!

    文章に画像や図表を入れると、読者がイメージしやすくなり、読者に興味や関心を与えて伝わりやすい文章にすることができます。簡単なことですが、とても大事なことなのでしっかりと覚えましょう。

  • 保護中: 画像や図表を適切に使いライティングすると、伝わりやすい文章になる

    ライティングするときに適切な画像を選んで使っていますか?箇条書きやデータなど図表化できるものを、図表化していますか?適度な画像は、読者に取ってアイキャッチになり、興味や関心を高める効果があります。箇条書きやデータなどを図表化すると、読者がイ

  • 伝わりやすい文章を!!3つの方法で具体的に表現する

    伝わりやすい文章とは、深い納得や腑に落ちる感覚を読者に与えて、興味や関心を持たせて気持ちを揺さぶる文章のこと。そのためには3つの方法で具体的に表現することが大事です。今記事ではその3つの方法を紹介します。簡単なことなのでしっかりと覚えて使っていきましょう。

  • 保護中: 伝わりやすい文章を書くためには、具体的な表現で文章を書く

    伝わりやすい文章を書いていますか?伝わりやすい文章とはどんな文章でしょうか?これまでに、このブログでは、読みやすく、分かりやすい文章を書く方法を勉強してきました。その結果、理解しやすく、頭にスムーズに入ってくる文章を書けるようになりました。

  • 文章を書くときの漢字とひらがなの使い分けを知って読みやすく

    漢字が多い文章、ひらがなが多い文章、どちらも読みにくくストレスを感じます。そこで、読みやすい文章のための漢字とひらがなの使い分けを知って文章を書きましょう。

  • 二重表現とは?読みやすい文章のためにできること

    読みやすい文章を書く一番ベストな方法は、二重表現に注意して文章を書くことです。そのためには二重表現についての理解が必ず必要です。読みにくい文章を書いて、後で後悔しても遅いです。 今現在、二重表現を意識して書いていないという方は、この記事を読んで読みやすい文章を書いていきましょう。

  • 二重表現をさけて読みやすい文章を書こう

    読みやすい文章を書く一番ベストな方法は、二重表現に注意して文章を書くことです。そのためには二重表現についての理解が必ず必要です。読みにくい文章を書いて、後で後悔しても遅いです。 今現在、二重表現を意識して書いていないという方は、この記事を読んで読みやすい文章を書いていきましょう。

  • 正しい3つの敬語を使ってライティングをしていこう

    敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語・の3つがあります。この使い分けしっかりとしていますか。ライティングするときは、注意して使用しないとあなたの信用は悪くなります。そこで、今回は敬語の使い分け方を解説しています。

  • Webライティングをするときは文語と口語を注意して使い分けよう

    Webライティングをするときに注意しないと行けないのが言葉の使い方です。そこでこの記事では、文語と口語について解説しています。しっかりと使い分けて文章を書いていきましょう。

カテゴリー一覧
商用