searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

takopa(たこぱ)さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

様々な心理学と日常で役立つ情報を発信しています。 是非一度来て見てください!!

ブログタイトル
takopablog
ブログURL
https://takopablog.com/
ブログ紹介文
モテすぎて人間不信になったtakopa(たこぱ)です。 心理学を9年間独学で学び、今も継続中。 心理学と出会い、人の心理にハマり、人の目を見るのが楽しくなりました。 今まで得た知識や経験をこのブログで発信していきますので、ご覧あれ。
更新頻度(1年)

22回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2020/07/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、takopa(たこぱ)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
takopa(たこぱ)さん
ブログタイトル
takopablog
更新頻度
22回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
takopablog

takopa(たこぱ)さんの新着記事

1件〜30件

  • 相手の欠点をほめて心酔させる方法

    どうも、takopa(たこぱ)です。 あなたは自分の長所と短所を理解していますか? 人は誰でも、自分や他人の欠点や弱点に目がいきがちです。 他人の欠点は、時として自分を脅かす危険なモノかもしれないし、また、他人の弱点は、時としてその相手を攻撃するときに役立つモノになるかもしれません。 私たちは、動物的本能に支配されて生きています。 本能は、生きること子孫を残すこと、生き残りを目指しています。 他人の長所を見つけるよりも、欠点や弱点、短所に注目してしまうのは、自らの安全や安心に関わることだからです。 故に、長所よりも欠点の方が見つけやすいのです。 今日は、『相手の欠点をほめて心酔させる方法』をご…

  • 『サブリミナル効果』人間の潜在意識に特定のイメージを植え付ける

    どうも、takopa(たこぱ)です。 みなさんは「サブリミナル効果」という言葉を聞いたことはありますか? サブリミナル効果とは、人間の潜在意識にメッセージを働きかけ、イメージを植え付ける手法の1つです。 先進国では、サブリミナル効果を用いた演出が禁止、規制されていることもあり、 サブリミナル効果について「怖い」などと感じている方も少なくありません。 今日は、そんな「サブリミナル効果」についてご紹介します。 【サブリミナル効果とは】 サブリミナル効果とは、意識と潜在意識の境界線より下に刺激を与えることで人間の潜在意識に影響を与える効果のことをいい、サブリミナルとは、心理学用語で識閾(しきいき)下…

  • 寝る時の姿勢で分かるあなたの恋愛傾向 恋愛心理テスト

    どうも、takopa(たこぱ)です。 みなさんは寝る時、どのような姿勢で寝ていますか? 寝ている時、無防備な状態の時こそ、あなたの深層心理が浮き彫りになるのです。 今日は、『寝る時の姿勢で分かるあなたの恋愛傾向』をご紹介します。 A、天井を見上げて寝る、仰向け型 B、布団に体を沈めて寝る、うつ伏せ型 C、横を向いて寝る、横向き型 D、体を丸めて寝る、胎児型 あなたはどの姿勢で寝ますか? Aを選んだあなた 細かいことを気にせず、コミュニケーション能力が高いタイプ。 誰とでもフレンドリーに話すので気が付いたら異性を好きにさせていることも多いかも。 細かいことを気にしない性格のため、相手から「デリカ…

  • ADHD (注意欠如・多動性障害)

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回は、発達障害のひとつ「ADHD」をご紹介します。 発達障害の研究や世間の認知が進んだことで近年はADHDという言葉を聞く機会も多いのではないでしょうか? 【ADHDとは?】 ADHDは、「注意欠如・多動性障害」とも呼ばれ、不注意(集中力がない)・多動性(落ち着きがない)・衝動性(思いついたら行動してしまう)の3つの特性があると言われています。 ADHDは子供の約5%、成人の約3%に生じると言われ男子の発症が圧倒的に多く、その時期は6~7歳と言われています。症状は子供のころから現れ、大人になってから発症することはありません。 しかし症状が軽い場合、子供の…

  • 合コンや飲み会で使える恋愛心理テクニック

    どうも、takopa(たこぱ)です。 合コンや飲み会で、彼氏、彼女が欲しい!!!! 意中の人と距離を縮めたい!!!! 今回は、そんな方必見の『合コンや飲み会で使える恋愛心理テクニック』の1つをご紹介します。 『親近効果を使う』 「親近効果」とは、ある物事について多くの情報を得たとき、最後に得た情報によって判断が左右されやすい!!といった心理効果です。 特に、複数のものを比較する場合や、対人関係において効力を発揮する効果です。物事や人に対し、関心が高ければ高いほど最後の情報が強く印象に残ります。 これを「親近効果」と言います。 例えば面接などでは、最後に質問を受ける人が有利とされています。 また…

  • 行きたい国から見えてくる自分の価値観

    どうも、takopa(たこぱ)です。 みなさんは、どこか行きたい国はありますか? takopaは海外よりも国内旅行が好きです。今一番行きたい場所は、北海道です!! そんなことはさておき、本日は『行きたい国から見えてくる自分の価値観』をご紹介します。 【行きたい国から見えてくる自分の価値観】 どの国に行きたいか、どの国が好きかで、自分の人生や仕事に対する姿勢や価値観が分かります。 自分が成長するために、何を重視しているのか国別でご紹介します。 「南の島」 ・現実逃避型 ・人生においてリフレッシュが大事と考えるタイプ ・今の職場での人間関係に疲れている 「アメリカ」 ・未来志向型 ・新しいものやト…

  • 『好きな人の色に染まる理由』

    どうも、takopa(たこぱ)です。 みなさんは、付き合う相手によって自分の性格や外見が変わったり、恋をした友達の外見がガラッと変わって驚いたことありませんか? 意識的に変えているのか、それとも無意識なのか、、、、 今日は付き合う相手によって自分の性格が変わる、『好きな人の色に染まる理由』と意中の相手に好かれる心理テクニックをご紹介します。 【自分を変えるのは相手に好かれたいから】 好きな人ができると、振り向いてもらうために見た目や性格、立ち振る舞いまで相手の好みに合わせたくなるものです。 そこには、「こんな人なら好きになってくれる」という思いが隠れています。 好きな人の前では、相手に好かれた…

  • 『希少性の原理』価値があるものほど欲しくなる

    【希少性の原理とは】 「希少性の原理」とは、人が欲している量(需要)に比べて利用できる量(供給)が少ないとき、その物の価値が高くなる、または高く感じる心理現象のこと。 「ここだけの話なんだけど」と言われるとついつい耳を傾けてしまいませんか? 「ここだけ」「今だけ」という表現は相手に「今話を聞かないと二度と聞くことが出来なくなる」という強い感情を誘発させます。 そして人は手に入れる機会の損失を意識したとき、その「情報」や「物」を価値あるもの判断してしまうのです。 このように人は「入手困難なものほど価値がある」と思う心理が潜在的に備わっているのです。 【希少性の原理の実験例】 社会心理学者のステフ…

  • 『テンション・リダクション効果』

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回は、主にマーケティングに取り入れやすい心理効果『テンション・リダクション効果』をご紹介します。 【テンション・リダクション効果とは】 【テンション・リダクション効果を使う際に抑えておきたい2つのポイント】 ・1つ目のポイント・・・価格の差を広げる ・2つ目のポイント・・・関連商品であること 【テンション・リダクション効果を営業に活用する】 【テンション・リダクション効果を恋愛で活用する】 まとめ 【テンション・リダクション効果とは】 「テンション」=緊張 「リダクション」=減少、消滅 を意味し緊張状態がなくなった後の、注意力が低下している状態のことを指…

  • 自閉スペクトラム症 

    【自閉スペクトラム症とは】 自閉スペクトラム症とは、幼少期に感覚や言葉、行動に特有の症状が現れる発達障害のことです。 これまで、言葉の発達が遅れ、相互的なコミュニケーションをとるのが難しい「自閉症」や言葉の遅れがなく、比較的コミュニケーションがとりやすい「アスペルガー症候群」、特定不能の「広汎性発達障害」などいろいろな名称で呼ばれていましたが、2013年から『自閉スペクトラム症』とまとめて表現されるようになりました。 どうして自閉スペクトラム症になるのか、その原因は不明です。 心理的ではなく、生まれつきの脳機能障害が原因が考えられています。親の育て方が問題ではありません。 3歳前に発症、男子に…

  • 『フットインザドアテクニック』 日常で使える心理学

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回ご紹介する『フットインザドアテクニック』はトップセールスマンやモテる人が使っているテクニックです。 この、フットインザドアテクニックを学び、あなたも恋愛やセールスまでコミュニケーション力を高めましょう。 【フットインザドアテクニックとは】 【様々な場面でフットインザドアテクニックを使った具体例】 ・飛び込み営業で使う場合 ・気になる相手をデートに誘う場合 まとめ 【フットインザドアテクニックとは】 フットインザドアテクニックとは、「段階的承諾法」のことです。 小さな要求からスタートし、段階的に要求するレベルを上げていくテクニックのことです。 訪問販売員…

  • プレッシャーに負けない!!緊張を和らげる方法 心理学

    どうも、takopa(たこぱ)です。 みなさんは、プレッシャーに押しつぶされ心が折れたり、折れかけた経験はありませんか? 自己紹介や会議でのプレゼン、披露宴でのスピーチなど緊張する場面はたくさんあります。 本日は、『プレッシャーに負けない!!緊張を和らげる方法』を心理学の観点からtakopaがご紹介します。 【そもそも、なぜ緊張するのか】 【緊張を和らげる方法】 ・深呼吸をする ・アファメーション ・低めの声でゆっくり話す ・ビジュアライゼーション ・五感を刺激する ・「緊張している」と言う。 ・フォーカスを変える まとめ 【そもそも、なぜ緊張するのか】 人は、「良く見られたい」「失敗したくな…

  • カラオケで相手の性格を見抜く 心理学

    どうも、takopa(たこぱ)です。 みなさんはカラオケに行きますか? takopaは一人カラオケが好きです!最近はK‐popをよく歌います!笑 最近ではカラオケで飲み会、打ち上げ、合コン、デートなどで利用されていますね。 本日は、カラオケで相手の性格を見抜く方法をご紹介します。 【カラオケの選曲で分かる性格】 ・流行りの歌を、派手に歌う ・渋めなフォークソングや洋楽を歌う ・落ち着いたバラードや演歌を歌う ・歌わない、消極的な人 【マイクの持ち方で分かる性格】 ・マイクの上をもって歌う ・マイクの下をもって歌う ・小指を立ててマイクを持つ まとめ 【カラオケの選曲で分かる性格】 ・流行りの歌…

  • リストカットをしてしまう心理 心の病と心理

    どうも、takopa(たこぱ)です。 『リストカット』略して『リスカ』 近年では10代の男女に増えている行為で、特に女性に多く見られます。 SNSにリストカットの写真を載せる若者も多くなってきましたね。 本日は『リストカット』についてご紹介します。 【リストカットとは?】 【なぜリストカットをしてしまうのか?】 【リストカットをするとどうなるの?】 【リストカットは人にアピールするためではない】 【どうすればリストカットを止めれるのか?】 1.大事な人、頼れる人に相談する。 2.腕に赤いペンで線を描く 3.物を壊す 4.カラオケや大声を出す 5.パズルをする 6.スナッピング 【周りにリストカ…

  • 『離人症性障害』幽体離脱感覚

    どうも、お久しぶりですtakopa(たこぱ)です。 最近引っ越しで忙しく、なかなか記事が書けませんでした。 まぁそんなことは置いといて、今回は『離人症性障害』(りじんしょうせいしょうがい)をご紹介いたします。 【離人症性障害とは?】 離人という名の通り、自分が身体や精神から抜け出して、外部から自分を観察しているかのように感じること。 簡単に言うと、幽体離脱している状態のことです。 【離人症性障害の症状】 自分自身に対して現実感がなくなり、夢の中にいるような、ふわふわしたような奇妙な感じに襲われたり、何を食べても味がしない、周囲の世界は偽物である。 といった感覚に陥ってしまう。 他にも、「視界が…

  • 『統合失調症』(精神分裂病) 心の病

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回は、『統合失調症』(精神分裂病)という心の病についてご紹介します。 【統合失調症とは?】 幻覚や妄想、思考や行動がうまくまとまらず、意欲の欠如などの症状を示す精神疾患のことです。 かつては精神分裂病と呼ばれていました。 思春期から40歳までに発症しやすく、100人に1人がかかるといわれています。 【統合失調症の症状】 【陰性症状】 ・妄想や何かに操られているという体験(作為体験) ・幻覚や幻聴、外から考えや命令を吹き込まれること(思考吹入) ・思考障害、自分の考えが抜き取られたと感じる(思考奪取) 奇行といった通常では見られない体験が陰性症状です。 【…

  • 『パラノイア』妄想性障害

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回は、パラノイア(妄想性障害)という心の病についてご紹介します。 【パラノイアとは?】 ある特定の観念から作り上げられ、理路整然とした妄想を抱き上げる障害を、「パラノイア」といいます。 簡単に言うと、実際に起きていないことを起きていると思い込んでしまう精神障害(妄想性障害)のことです。 妄想は、統合失調症においても見られる症状ですが、パラノイアは日常生活での言動や行動に目立った異常はないため、統合失調症とは区別されています。 中年層に発症しやすいですが、若年層でも起こります。 【妄想とは?】 妄想とは、非現実的な信念のことです。 変わった考えを持っている…

  • 『ヒポコンドリー』(心気症) 心の病

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回は、『ヒポコンドリー』(心気症)という心の病についてご紹介します。 『ヒポコンドリーとは?』 ヒポコンドリーとは、「心気症」とも呼ばれ、心身の些細な不調に強く疑い、重病だとおびえる精神状態のことです。 必要以上に思い悩んでしまい、めまいや頭痛などの症状があらわれます。 内科や外科、いくつもの医療機関を利用し受診するが、「異常なし」と判断されても、「本当にそうか?」「医師は本当の病名を隠しているのではないか」と疑います。 妄想的な自己診断により、自分が納得のいく診断をされるまで病院を渡り歩くケース (ドクターショッピング)も少なくありません。 ヒポコンド…

  • 『パーソナリティ障害』 心の病

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回は、『パーソナリティ障害』という心の病についてご紹介します。 【パーソナリティ障害とは?】 パーソナリティ障害とは、精神障害がないのにも関わらず、著しく偏った考え方のために対人関係に支障をきたすことです。 この障害を持っている人は、考えや性格の偏りのために、自分で苦しんだり周囲を苦しめる傾向があります。 診断は、根性の強さや幅、対人関係の取り組み方、衝動性、物事に対しての考え方を基準として、奇妙な信念や習慣を持つA群、情緒や感情のふり幅が大きいB群、対人関係で自信のなさや不安が目立つC群の3つに分けられます。 [奇妙な信念や習慣を持つA群] ・妄想性パ…

  • 『モラトリアム』 子供扱いは嫌、でも大人になるのも嫌だ

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回ご紹介するのは、『モラトリアム』です。 【モラトリアムとは?】 モラトリアムとは、社会的責任を一時的に猶予されている青年期を指します。 つまり、「大人として背負う義務を、猶予している期間」ということです。 本来は経済用語で「支払いの期限を延ばすこと」という意味です。 みなさんも1度は考えたことありませんか「自分とは何なのか」と。 その考えた時期は「自己」を意識し始めた頃だと思います。 そして、そこから「生きがい」「自分の価値」「存在意義」について考え、果ては「生きるとは何か?」という疑問にまでたどり着く。 人は、3~4歳で自我が芽生え、第1反抗期が始ま…

  • 『コンフリクト』 人間が一生付き合うコンフリクト

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回ご紹介するのは、人間が一生付き合う『コンフリクト』という心理学です。 【コンフリクトとは?】 「葛藤」という言葉は、葛(くず)や藤のツルが絡み合う様子が語源になっています。 そのツルのように、いろいろな考えが絡み合い、どの選択をすればいいのか悩まされるのには様々な要因がある。 損得感情、好きか嫌いか、あるいは選択した先のことなど、ありとあらゆることを想定し葛藤するのだ。 心理学でこの葛藤のことを『コンフリクト』と呼ばれ、複数の欲求が同じ強さで存在することを意味します。 そもそもなぜ人は葛藤するのでしょうか? それは、複数の欲求が同じような強さで引きあっ…

  • 『ホーンズ効果』 1つの汚点がすべての評価を下げる 心理学

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回ご紹介する心理学は『ホーンズ効果』です。 それでは早速行ってみましょう。 【ホーンズ効果とは?】 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざを知っていますか? これは、「何かひとつ憎いことがあると、その人の何から何まで否定的に見てしまう」という意味です。 ホーンズ効果もそれに似ています。 例えば、初対面で適当な挨拶をすれば、そのあとの行動もすべていい加減と決めつけられてしまったり 遅刻癖があり、時間にルーズな人は私生活もルーズ。私生活がルーズな人は仕事ができない。とみなされてしまうのです。 「ホーンズ」とは「警告」のことで、「この人は危険だ」と印象づけ…

  • 色で人の感覚を狂わせる 色彩心理

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回は、色が持つ不思議な力をご紹介します。 【色がもたらす味覚の変化】 色には、人の五感を狂わせたり、惑わせる効果があります。 例えば「味覚」も色で変化してしまうのです。 コーヒーを飲んだ時に感じる味の濃さは、コーヒーカップの色によって変化することがわかっています。 ある大学の実験では、青いカップでコーヒーを飲むと甘みを感じ、白いカップで飲むと苦みや渋さを感じやすいことがわかりました。 これは、白いカップで飲むと、コーヒーの苦みを表す茶色が、視覚的に協調されるためである。 そして、青色が持つ性質の「鎮静効果」からコーヒーの苦みを「緩和」した。と考えられます…

  • 色彩心理(灰色)

    色がもたらす心理(色彩心理) 今回は灰色を簡単にご紹介します。 [灰色が与える心理効果] 灰色は白と黒を混ぜて作る色、無彩色の1つです。 一見、白と黒の中間色のイメージですが、実は白よりも黒の影響を強く受けている色です。 白と黒、両方の性質を持っていますが、どちらの色でもなく、はっきりしない(グレイゾーン)という意味があります。 江戸時代に「鼠」として庶民を中心に流行した背景もあり、日本人には馴染み深い色とも言えます。 クールやスタイリッシュといった優雅で上品な印象を与える色として知られています。 灰色好きの特徴として、性格は控えめですが、良識のある人が多く、自分のことより他人を優先するタイプ…

  • 気づけば同じ色ばかり!! その理由とは 色彩心理学

    どうも、takopa(たこぱ)です。 みなさんの好きな色はなんですか? takopaは青が1番好きです。 気づけばtakopaの所有物の8割が青色なんです!!笑 布団・スマホケース・充電器・服・スーツケース・イヤフォン・鞄・靴、など身の回りのほとんどが青色の物ばかりなんです。 コンビニでウイダーインゼリー買うときも青色のマスカット味を必ず買うし!笑 みなさんもこのような経験はありませんか? 気づけば、同じ色ばかり買ってしまう。 ただ単に好きな色だから!! それも1つですが 理由はそれだけじゃないんです!!! そこで今回は、「気づけば同じ色ばかり!!」の理由とマーケティングに使われている色の心理…

  • 色彩心理(茶色)

    色がもたらす心理(色彩心理) 今回は茶色を簡単にご紹介します。 [茶色が与える心理効果] 木の幹、土の色などイメージさせ、大地の安定感から、安心感や温もりを感じさせてくれチョコレート色とも称される色です。 茶色とは、「お茶の葉」を染料として使った時に出る色に由来するという説もあります。 木の文化を持つ日本で茶色は床や家具などインテリアの配色の中心ななることが多く、広告の領域においてはシック、モダンといったイメージを持たせてくれ、「落ち着き」「安定」といった雰囲気を作ることのできる色です。 茶色は仕事や作業の効率アップさせる効果もあり、地道な作業するときに最適な色です。 茶色を好む人は少なく、好…

  • 色彩心理(水色)

    色がもたらす心理(色彩心理) 今回は水色を簡単にご紹介します。 [水色が与える心理効果] 青色の性質を持つ水色は、心身ともに落ち着かしてくれる効果を持つ色です。 豊かな水がある日本では馴染み深く、平安時代から使われている色で、江戸時代では夏の着物の色としても使われていました。 不純物の混じっていない水の色は透明ですが、川や湖の水は青色に見えることもありますが、薄い青を水の色(水色)と呼ぶのは世界共通です。 また、空の色を表す、空色(スカイブルー)は「明るい青」のこと 水色は「淡い青」のことで、空色よりも明度は高く、少し青緑に寄っているという違いもありますが、青よりも薄い青全体を、水色として呼ぶ…

  • 人は期待されるほど良い成果を上げる『ピグマリオン効果』

    こんちゃ!takopa(たこぱ)です。 今回ご紹介する『ピグマリオン効果』は、主に教育者や新人社員の育成の場で参照されており、生徒の成績向上や新人社員のマネージメントに使われているテクニックです。 【ピグマリオン効果とは?】 「人は期待されるほど良い成果を上げる」という教育心理学用語のこと 教育現場で使われることが多く、教師が期待をかけた生徒とそうでない生徒との間で、成績の伸びに明らかな違いが見られたことから 別名『教師期待効果』と言います。 ピグマリオン効果の「ピグマリオン」とはギリシャ神話に登場する王の名前です。 ある日、ピグマリオン王は美しい彫像に恋をし、「この彫像に命が吹き込まれたらど…

  • 嫉妬心を使い相手を動かす 『嫉妬のストラテジー』

    どうも、takopa(たこぱ)です。 今回ご紹介する心理テクニックは『嫉妬のストラテジー』です。 みなさんも1度や2度、「嫉妬」した経験はあると思います。 「好きな人が異性と話している」 「付き合っている人が飲み会に行く」 などの場面で、落ち込んだり、心がモヤモヤしますよね? これを『嫉妬心』というんです。 恋愛において、嫉妬心はつきものです。この嫉妬心を使って相手を動かすことが出来ちゃうんです。 「友達以上恋人未満の関係」 「体だけの都合の良い関係」 「元恋人との復縁」 「恋人とのマンネリ化した状態」 こういった場面で使えるテクニックです。 今まで、ご紹介した数々の心理テクニックの中でもちょ…

  • 誰にでも当てはまる言葉で狙い打ち『バーナム効果』 

    みなさんは、占いを信じますか? 自分(takopa)は全く信じていません!! なぜなら、今回ご紹介する『バーナム効果』という心理テクニックを知ってしまったからです。 【バーナム効果とは?】 バーナム効果とは、「誰にでも当てはまる言葉を言われると、人は自分にだけに当てはまっている」と錯覚してしまう心理現象のことです。 これは、占いやメンタリズムで使われているテクニックです。 アメリカの心理学者、ポール・ミールは、「誰にでも当てはまる言葉でも、自分にはぴったりと認識してしまう」ということを明らかにしました。 例えば、血液型性格診断が良い例です 「○○さんって、A型なんですね!じゃあ几帳面ですね。」…

カテゴリー一覧
商用