searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ナガシマさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

「響け!ユーフォニアム」の模写やトランペットにハマっています!

ブログタイトル
ナガシマの玩具なブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/1938goo
ブログ紹介文
京アニ、佐藤大輔作品。古い2・4輪、SLなど、油で動くメカ、2次大戦ミリタリー物が好きです。
ブログ村参加
2020/04/12
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ナガシマさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ナガシマさん
ブログタイトル
ナガシマの玩具なブログ
フォロー
ナガシマの玩具なブログ

ナガシマさんの新着記事

1件〜30件

  • ヤマハ銀座店「響け!」売り場ジャック企画 (後編) 選定書って何?

    (中編「ユーフォを持たせてもらう」はこちらです)「ヤマハ銀座店へ行って来た」後編です。今回も雑談ばかりでイベントレポートになりません。スタンプラリーが開催されていました。銀座店の中を二次元バーコードを集めて廻るもので、先程のユーフォニアムを抱かせてもらうコーナーで麗奈を読み取って来ました。こんな感じで5個集めます。しかしスマホを持ってないと出来ないんでしょうね。サックスのショーケースにはバリトンサックスが何本もあります。長女がここにいたらケースのガラスに貼り付きそうです。新機種も含め全モデルがあります。選定書付きの物もあります。ユーフォニアム(YEP-621S)にも付いているものがありました。選定書って何でしょう。中野真矢が選定したYZF-R1なんてありませんし、クラプトン選定のストラトキャスターもないでしょう...ヤマハ銀座店「響け!」売り場ジャック企画(後編)選定書って何?

  • ヤマハ銀座店「響け!」売り場ジャック企画 (中編) ユーフォを持たせてもらう

    (前編「トランペットを試奏する」はこちらです)「響け!」売り場ジャックを見にヤマハ銀座店に来ましたが、トランペットの試奏もしました。前編を読まれた方には説明不要ですが、イベントレポートになりません。ご容赦下さいませ。麗奈トランペットの新型YTR-8310Zです。6310Zと瓜二つの外見ですが、バージョンアップされているようです。香織先輩が使うYTR-850です。こちらの方が息が長いモデルだと思いました。重量が若干重く感じるのは支柱が付いているからでしょうか。8310(6310)がオレンジっぽく見えるのは、黄色系の顔料が入ったゴールドラッカーだからです。自分のマウスピースを使い、ロングトーン、リップスラー、スケール、跳躍など試しました。持参の麗奈ペットと代わる代わる吹きましたが、残念ながら明確な違いを感じられませ...ヤマハ銀座店「響け!」売り場ジャック企画(中編)ユーフォを持たせてもらう

  • ヤマハ銀座店「響け!」売り場ジャックとトランペット試奏 (前編)

    ヤマハ|おかえり、おんがく。響け!ユーフォニアムとヤマハがコラボ。生配信や売り場ジャックなどの企画で盛り上げます。ヤマハ|おかえり、おんがく。「響け!ユーフォニアム」5周年企画として、ヤマハのコラボイベントが行われました。スタッフやキャストの作品にまつわるトークや管楽器に挑戦する番組をご覧になられた方も多いと思います。管楽器売り場を「響け!」がジャックすると言う企画もあり、11月29日までヤマハ銀座店で開催されました。東京で行われる「響け!」のイベントは珍しく、しかも以前から行ってみたかった銀座店です。休みを取って行って参りました。記事カテゴリーを「響け!」にするか「楽器」にするか迷いました。ピンボケ画像多数、脱線・余談を交えながらですから、イベントレポートになりません。あらかじめご承知下さいませ。地下鉄銀座駅...ヤマハ銀座店「響け!」売り場ジャックとトランペット試奏(前編)

  • 響け巡礼(♯3) お肉ダイニングきく、宇治橋西詰と三年生トリオ

    (「宇治神社船着場と宇治神社」はこちらです)宇治神社などを参拝した我々は、遅い昼を取るべく移動しました。時刻は13時半です。自宅で朝飯を食べたのは4時ですから、さすがに空腹を覚えます。自転車だと我慢出来なくなりますが、そこまでの空腹感ではありません。「響け!」舞台めぐりでハイになっているからでしょう。朝霧橋から宇治橋方向を見やりました。宇治川のこの場所には橘島と塔の島と言う名前の島があり、宇治神社と橘島を結ぶ橋が朝霧橋です。上流方向を見やりました。右手方向に見えるのが橘島と塔の島です。橘島から朝霧橋を撮りました。赤い欄干が映えます。向こうに見えるのが大吉山です。橘島と宇治川左岸を結ぶ橘橋です。宇治の商店街を抜けた我々はここに来ました。「響け!」ファンならここか宇治橋東詰のサイゼリヤでしょう。画像は前回訪れた20...響け巡礼(♯3)お肉ダイニングきく、宇治橋西詰と三年生トリオ

  • 響け巡礼 (♯3) 宇治神社船着場と宇治神社

    (「川東公園と宇治上神社」はこちらです)宇治上神社のすぐ隣に宇治神社があります。本殿は重要文化財だったりしますが撮っていません。ここの石段は久美子と麗奈が大吉山に登る前に待ち合わせるシーンや、2期1話のこのシーンにも登場します。宇治神社の鳥居は2018年9月の台風で倒れてしまいました。2018年に「けいおん!」聖地を廻った時はその直後で、京アニショップ近くの木幡神社も境内の木が倒れていました。境内側から宇治川方向を見たアングルです。着慣れない浴衣を来た久美子がげんなりしています。ツイッターをやっていたころ頂いた比較画像です。作られた方に感謝です。素晴らしい再現度です。麗奈は自分の可愛らしさに無自覚なのが良いですね(しかし無駄にドレッシーw)。境内にある手水舎です。大きな鏡に写っているのはぼくです。神前に出る前に...響け巡礼(♯3)宇治神社船着場と宇治神社

  • トランペット始末記 「もっと大胆に」

    ナガシマはトランペット初心者です。「響け!ユーフォニアム」にハマり、劇中のように吹けたらいいなと、トランペットを始めました。音楽(器楽)を一生懸命打ち込んで来た方からすれば、ぼくのようなミーハーは許せないかもしれません。初心者用トランペット(YTR-135)を買ったが2020年1月、麗奈と同じYTR-6310Zを買ったのが20年9月でした。「トランペットやっているんですよ」と言うと「習っているの?」と聞かれます。教室は20年春にヤマハのお試し10回に行ったきりです。ベテラントランペッターのnaruさんに練習に付き合ってもらったり、ヒントを教えて頂きましたが、ほぼ独学と言って良いでしょう。金管の上達具合いは音域の広さでしょうが、ドレミファソラシドレミファソラ…。最近シがなんとか出るかな?と言う感じです。古ヤマハの...トランペット始末記「もっと大胆に」

  • 「響け!」聖地巡礼 (♯3) 川東公園と宇治上神社

    (「大吉山に登る」はこちらです)ようやく来られた大吉山です。名残惜しいのですが下山します。繰り返しますが、ミュールでは厳しい道です。夜間は真っ暗になるでしょうから懐中電灯は必須です。大吉山への登り口から、さわらびの道をいったん北に向かうと、源氏物語ミュージアムがあります。源氏物語ミュージアムに隣接する川東(かわひがし)公園です。桜の季節に廻られた画像をいただきました。「誓いのフィナーレ」(久美子二年生編)でのワンシーンです。学校帰りに宇治橋の三の間で待ち合わせた久美子と秀一君が、この公園で話すシーンがあるのです。彼らの自宅は平等院の裏にある設定ですから、宇治橋から見るとこの川東公園は反対方向です。黄前家と塚本家は同じマンションで家族ぐるみの付き合いですから、「付き合い始めた」とわかるのが照れくさいのでしょう。こ...「響け!」聖地巡礼(♯3)川東公園と宇治上神社

  • 「響け!」聖地巡礼 (♯3) 大吉山に登る

    (「京阪宇治から大吉山へ」はこちらです)いよいよ大吉山に登ります。今回も画像が沢山ありますがご容赦下さいませ。登る途中で久美子のユーフォのケースを背負ってやります。髪が邪魔だからシュシュでまとめるわけです。「楽器は交代で持つ」と言い出したからキチンと励行する。オーディションの後に香織先輩に非礼を謝りますが、自分にも厳しいのです。我が家の次女がヘアドネーションのために髪を伸ばしていますが、何か作業をする場合に厄介なことがままあります。和装の女性が袂にたすきを入れているのと同じように、ヘアゴムなどを装備するのは身だしなみのひとつです。長い髪は食事の際などもまとめた方が良いように思います。ドンブリの中に髪が入りそうになりながら食べていたりするのは、その家のお母さんが身だしなみを教えなかったからです。髪を伸ばすのもお洒...「響け!」聖地巡礼(♯3)大吉山に登る

  • 「「響け!」」聖地巡礼 (♯3) 京阪宇治駅から大吉山へ

    (「特徴的な京阪宇治駅」はこちらです)京阪宇治駅を降りてすぐの交差点を渡り、駅方向を振り返りました。ここは劇中にも登場します。左が京阪宇治駅です。ふたりが立っているのは我々が渡った横断歩道の反対側です。正面に平安時代創業の通圓と言うお店があります。現在の建物は1672年に建てられた町家の遺構を残しているそうです。築450年ということですね。ぼくの地元は大正期に出来た飛行場が発展した町で歴史が浅く、こういった古い建物は珍しいです。名古屋や大阪などの都市もそうでしょうが、京都は米軍の大規模空爆を受けてないのも大きいでしょう。ぼくのような者は創業100年と聞けば老舗と言う感覚ですから、平安の昔から1000年近く存在しているなんて奇跡に思えてしまいます。「アニメ聖地に興味はあるが、古い物やお茶は関心がない」と言われそう...「「響け!」」聖地巡礼(♯3)京阪宇治駅から大吉山へ

  • 「響け!」聖地巡礼 (♯3) 特徴的な京阪宇治駅

    (「羽戸山地区から黄檗駅へ」はこちらです)宇治線終点の京阪宇治駅に降り立ちました。乗って来た車両はヘッドマーク掲出がされていて、多くのファンが写真を撮っていました。我々もその中に加わります。多くのファンと言いましたが、「響け!」ファンではなく鉄道ファンもいるでしょう。違う仕様の車両が走っているなら、写真を撮っておきたいと思うのはマニアの性だからです。アニメには全く興味がないのに、ラッピングされた車両の模型を揃えてしまう人は結構います。久美子はこの駅から通学していますから、京阪宇治駅は何度となく登場します。初めて来るファンでも馴染み深い光景でしょう。ぼくは2019年5月に訪れて以来、2年半ぶりです。宇治川にもう一本鉄橋を架けています。JR宇治線の複線化工事です。  宇治橋から北を望むとJR奈良線の鉄橋が見えます。...「響け!」聖地巡礼(♯3)特徴的な京阪宇治駅

  • 香織先輩のヘッドマークを描いてみる

    先日京都タワーで、香織先輩のレプリカヘッドマークを買って来ました。少し大きめの缶バッジくらいのサイズです。厚みのあるアルミ板ですが良い値段しました。2016年に京阪電車のヘッドマークとして掲出されたデザインだそうです。自撮りクリアファイルでもやりましたが、枠外を描きたくなります。ヘッドマークに使われた京アニの公式絵があるはずですが、三年生トリオのイラストは心当たりがありません。本当はどんなポーズなのかわかりませんが、こんな感じではないでしょうか。定規で線を引いて頭身を考えました。6.5頭身くらいだと思います。「響け!」キャラは脚が長めですが、このくらいのバランスだと思います。京アニキャラはお尻がしっかりある感じです。関係ありませんが、麗奈の左手はトランンペットのベルに添えられていますが、右手だけで持つと心許ない...香織先輩のヘッドマークを描いてみる

  • 「響け」聖地巡礼 (♯3) 羽戸山地区から黄檗駅へ

    (羽戸山第3児童公園香織先輩とデカリボンはこちらです)デカリボンと香織先輩が話していたジャングルジムの隣にはブランコがあります。マイAR画像と一緒に撮ってみました。京阪の駅に飾ってあるパネルのQRコードを読み取るともらえるもので、11月中は葉月と緑ちゃんです。ブログ仲間のmryjさんがQRコードを教えて下さいました。感謝です。(くわしくはこちらをご覧ください→等身大パネルの展示京阪電車×響け!ユーフォニアム2021)前回と同じくつげんどの聖地巡礼日記さんから、画像を拝借しました。このブランコは落ち込む緑ちゃん(川島緑輝)をなぐさめるシーンに登場します。「おまつりトライアングル」の回でトロンボーンの塚本君に葉月が告白するのですが、あえなくフラれてしまうんですよね。葉月の後押しをした自分のせいだと、緑ちゃんは気に病...「響け」聖地巡礼(♯3)羽戸山地区から黄檗駅へ

  • 「響け!」聖地巡礼(♯3) 羽戸山第3児童公園 デカリボンと香織先輩

    (「京都駅から北宇治高校へ」はこちらです)北宇治高校のモデルになった莵道高校までやって来ました。最寄りの京阪黄檗駅から1.9km離れた場所にあります。部外者が長時間ウロウロしているのは麗しくないでしょうから、そろそろお暇します。劇中ではこの道路に大会に向かうバスが入っていますが、この道幅では厳しいです。学校のすぐ隣りは住宅地です。みぞれの家はこのあたりにあるのでは?楽器ケースはバスの荷室に入れるんだな…。晴香が人数を確認しています。北宇治吹奏楽部は65名ですから、必須作業でしょう。デカリボンの中の人は強豪校出身で部員は100名いたそうです。莵道高校を後にした我々は、みぞれたちが使った階段を降り、羽戸山地区の住宅街に戻って来ました。住宅街の中にある羽戸山第3児童公園です。一定の区画にこう言った公園を作らなけらばな...「響け!」聖地巡礼(♯3)羽戸山第3児童公園デカリボンと香織先輩

  • カブとショートツーリング

    妹に誘われて、ショートツーリングに行って来ました。妹は以前から小型オートバイが欲しいと言っていまして、先日カブ110を買ったのでした(マンガやアニメの影響ではない)。ツーリングに行きたいと思っていたらしく、白羽の矢が当たったのが隣町に住む兄でした。関係ありませんが、妹の稼業は自転車屋です。高校でトランペット、現在は社会人楽団でフルートを吹く妹とは趣味が合います。妹は今は無き村山モータースの店頭で、黄色いカジバに一目惚れし、これに乗るために免許を取りました。35パイのキャブが付いた125はピーキー過ぎて、主にセローを普段使いしていました。父親のBMWとぼく(ヤマハ)の3台で、出かけたこともありました。日独伊三国同盟状態です。カジバを乗りこなせない妹にTRXを貸したこともありましたw。妹はその後SRに乗り替えました...カブとショートツーリング

  • 「響け!」聖地巡礼 (♯3) 京都駅から北宇治高校へ

    (「装備の確認」はこちらです)11月の6、7の土日を使い、三度目の「響け!」巡礼に出かけて来ました。京都の友人Kさんに連絡を取り、今回も舞台巡りに付き合ってもらうことになりました。新横浜から新幹線に乗り込みます。巡礼とはこの場合、アニメの舞台に使われた場所を巡ることです。アニメ聖地、聖地巡礼などと言われています。巡礼と言う表現を奇異に感じる方がいるかもしれませんが、本稿ではこの言葉を使わせてもらいます。舞台巡りでも良いかもしれません。京都駅から奈良線に乗り換えます。新幹線からJR線に乗り換えたすぐ近くが奈良線のホームでした。「けいおん!」聖地巡礼に来た時にお友達と待ち合わせた場所もこの乗り換え口でした。「この近くのロッカーは比較的空いている」と教えてもらい、荷物を入れた覚えがあります。ご覧のように奈良線は京都が...「響け!」聖地巡礼(♯3)京都駅から北宇治高校へ

  • 「響け!」聖地巡礼(♯3) その1 装備の確認

    「響け!ユーフォニアム」と言うアニメに、2019年初頭からハマっています。最近のアニメは現実の風景が使われていたりしますが、「響け!」は宇治が舞台す。主人公らが通学に使う電車の車窓風景も忠実に再現され、まるで精密な模型のようです。宇治出身の原作者武田綾乃が地元を舞台に描き、アニメを制作した京都アニメーションも宇治にあったのは奇遇かもしれません。宇治=お茶の産地ですが、ナガシマの中では「響け!」です。同じく京アニ制作の「けいおん!」にハマった時も舞台に使われた風景を訪ねましたが、2019年は宇治に2度訪れました。2019年は京都在住のKさんと言うお友達に二度ともアテンドしてもらいました。彼とは非常にウマが会い「半年に一度は遊びに来ますね」と言って別れましたが、この騒ぎで2020年は行けず終いでした。密(列車)がダ...「響け!」聖地巡礼(♯3)その1装備の確認

  • ブログ、続けさせて下さい。

    ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。7月下旬に、「書きかけた記事をアップしたらブログを終了する」とご挨拶致しました。オートバイやトランペットの記事はこれが最終回と締めくくりまして、フォロワーの方々をはじめ皆さんにご挨拶をいただきました。トップ画面にも10月末でブログを退会すると口上を載せまして、前回の記事でお仕舞いにするつもりでした。このような拙いブログですが、(望外に)多くの方からコメントをいただき、非常に驚きました。ひとつの記事であれだけコメントをいただくのは当ブログ始まって以来です。しかも「下手な絵アップすんな、バカヤロー」と言った、誹謗中傷の類ではありません。ブログを辞める理由はやむにやまれぬことではありません。残しておいてくれと言われる度に、一旦申し上げた口上を反故にするわけにいかない、とご説明し...ブログ、続けさせて下さい。

  • 「響け!ユーフォニアム」「たまこまーけっと」「境界の彼方」の聖地

    京アニ作品巡礼記をまとめました。「境界の彼方」の新堂写真館のモデルになった世田谷邪宗門に行って来ました。(2019年5月13日)パート1「『境界の彼方』とアニメ聖地」パート2「店内は異空間?」パート3「ファンノートと新堂彩華の煙草盆」パート4「京アニの取材と精緻な再現度」パート5「火縄銃と蜻蛉の暖簾」パート6「ジュークボックス、そして名和弓雄氏」「響け!ユーフォニアム」「たまこまーけっと」「けいおん!」の舞台を廻って来ました。(2019年5月18日〜19日)ACT1「ユーフォの宇治へ」ACT2「六地蔵駅と加藤葉月」ACT3「六地蔵駅の構内」ACT4「京阪宇治駅へ」ACT5「京阪宇治駅から宇治橋へ」ACT6「宇治橋から久美子ベンチへ」ACT7「久美子ベンチと京都弁の麗奈」ACT8「黄前姉妹と久美子のマンション」A...「響け!ユーフォニアム」「たまこまーけっと」「境界の彼方」の聖地

  • 文章をつづる楽しさ

    ブログ終活(?)に向けて、一部の趣味ジャンルなど削除しております。イベントのレポートは内容が古くなっていますし、使命は果たしたと考えております。かつては家の者と何処へ出かけたなど何でも記事にしており、実に散漫な内容のブログでした。古い記事を削除したのは文章が拙く見るに耐えないのもあります。ここで思うのは読ませる記事が書けるか?と言うことです。ここ数日フォロワーさんのブログなど、ツーリングレポートを読んでいますが、文章を読む楽しさを噛み締めております。皆さんの体験を読むのが実に心地よいです。子育て真っ最中だったのもあり、ほとんどツーリングに行っていませんが、また出かけてみたいものです。以前「アクション映画を見るのはストレス発散だから」と教えてもらいましたが、思うように出かけられない代わりに紀行文を読むのでしょう。...文章をつづる楽しさ

  • 「響け!」本のオススメ 番外編 吹奏楽関連の雑誌

    (「北宇治高校吹奏楽部体験ブック」はこちらです)手持ちの「響け!」本を紹介する連載、今回が5回目です。映画パンフ、ムック本・設定資料集と、独断と偏見でファン必携度を付けて来ましたが、今回はマニア度(大)です。このブログ恒例脱線しつつ参りますので、お時間のある方はお付き合い下さいませ。管楽器の雑誌です。雑誌を買うほどのトランペットマニアではありませんが、「響け!」特集をされた物を手に入れました。管楽器を吹いている・吹いてみたい方しか手にしない雑誌でしょうから、アニメファン向きではありません。「ブラストライブ」2015年vol.35と36(4月30日、7月30日発行)、「バンドライフ」2016年5月号です。ぼくが持っているのはこの3冊で、他にも「響け!」の記事が載っている本があるかもしれません。バンドライフは創刊号...「響け!」本のオススメ番外編吹奏楽関連の雑誌

  • 「響け!」本のオススメ act4-② 北宇治高校吹奏楽部 体験ブック

    (「北宇治高校吹奏楽部入部ブック」はこちらです)「北宇治高校吹奏楽部体験ブック」です。ヤマハが出している響け!本で、前回ご紹介した「入部ブック」と似た内容です。アニメのムック本と言うより吹奏楽部に入った(入りたい)子向けです。便宜的に「入部ブック」を上巻、今回ご紹介する「体験ブック」を下巻と述べることにします。巻末には表紙と同じイラストのピンナップが付いています。上巻にも付いていました。とても生き生きとしたイラストで、池田晶子も喜んで描いたのでは…と思います。目次です。上巻と似た構成です。テレビシリーズ二期の各話紹介です。北宇治高校吹奏楽部は関西大会→全国と進みます。希美とみぞれ、あすかと久美子、久美子と姉の麻美子と、人間ドラマが増えています。キャラクター紹介です。吹奏楽部に入りたい子向けのページです。ぼくのよ...「響け!」本のオススメact4-②北宇治高校吹奏楽部体験ブック

  • 「響け!」本のオススメ act4-① 北宇治高校吹奏楽部 入部ブック

    (act3「原画集、クリエイターズメッセージブック」はこちらです)手持ちの「響け!ユーフォニアム」関連本を紹介する連載ですが、独断と偏見でファン必携度を付けています。今回は必携度④です。前回紹介した原画集もマニアックでしたが、今回は更にニッチです。ニッチな本ですがナガシマは2日と空けずこの本を見ています。「北宇治高校吹奏楽部体験ブック」と「北宇治高校吹奏楽部入部ブック」(共にヤマハミュージックメディア刊)です。アニメ制作にヤマハは協力している関係で「響け!」推しです。この2冊は内容が似ていて、シリーズ上巻・下巻と言って良いと思います。ナガシマが最初に買った「響け!」本がこの本でした。過去記事で紹介したことがありましたが、あらためて触れようと思います。(関係ありませんが「響け!」とヤマハのコラボイベントです。ヤマ...「響け!」本のオススメact4-①北宇治高校吹奏楽部入部ブック

  • 「響け!」本のオススメ act3 原画集、クリエイターメッセージブック

    (act2「ムック本と設定資料集」はこちらです)手持ちの「響け!」関連本の中から、ファンなら持っていていいと思うオススメを紹介する連載です。今回は必携度③、原画集とクリエイターズメッセージブックです。全て京アニの出版物です。冗長な記事ですからお時間のある方はお付き合い下さいませ。「響け!ユーフォニアム2原画集」です。2017年秋に発売された2冊で、復刊された物を手に入れました。テレビ版二期の名シーンの原画をまとめてあり、それぞれ130ページ程あります。掲載されているのは色を塗る前の状態の絵で、アニメーション制作過程のものです。詳しくありませんが、原画同士を動画でつないでアニメーションにするのだと思います。動画マン→原画マン→作画監督とアニメーターは昇格するそうですから、原画が描けるのは相応の実力がある人でしょう...「響け!」本のオススメact3原画集、クリエイターメッセージブック

  • トランペット始末記 ツバ抜きのゴムを交換する

    (「抜き差し管について」はこちらです)麗奈トランペット(ヤマハYTR-6310Z)をネタにしたメンテ記事の補足です。今回はツバ抜きのゴムを交換しました。最近ハマっている「響け!ユーフォニアム」にかけて述べてみようと思います。管楽器は息を吹き込む以上、楽器の中に水分が溜まります。クラリネットやオーボエ(木製)も溜まるでしょうが、金属製なら尚更溜まりやすいと思います。金属の方が熱伝導率が高いからです。熱伝導などと良くわかってもいないことを書きましたが、「これは金属なのかプラスチック?」と思ったら、頬に付けてみればいいのてす。伝導率の高い物は冷たく感じたりします。フルートは金属製ですから、オーボエより冷たく感じるはずです。金管楽器は、管がUターンするように曲がる部分にツバ抜きが付いています。トランペットはマウスパイプ...トランペット始末記ツバ抜きのゴムを交換する

  • 「響け!」おすすめ書籍 act2 ムック本、設定資料集

    (act1「映画パンフとイラスト集」はこちらです)今回はムック本3冊と設定資料集を紹介しようと思います。ナガシマの独断と偏見で決めたファン必携度は②です。「響け!ユーフォニアムオフィシャルファンブック」です。テレビ版一期をまとめた内容です。この本のみ宝島社刊行です。帯が付いていましたが、娘たちにハードに扱われて傷んでしまいましたw。目次です。公式絵が載っています。前回紹介したイラスト集に載ってない物が多いです。各話の紹介とコメンタリーです。スタッフのインタビューです。ピンナップが付いていますが、切り取って貼る方はいないと思います。ブログ仲間のmryjさんが、このイラストの背景を見つけられたと思います。(mryjさんのページはこちらです→mryjの“戯言・寝言・独り言”(byyj山口))「響け!ユーフォニアムコン...「響け!」おすすめ書籍act2ムック本、設定資料集

  • 「響け!」グッズの紹介 おすすめの書籍 act1

    (「円盤ソフトとカード類の紹介」はこちらです)2019年あたりからハマっている「響け!ユーフォニアム」の関連書籍を集めて来ました。手持ちの物に限りますが、ナガシマの独断と偏見でファン必携度を番付けしてみようと思います。①から始まり、数字が大きくなるほどマニアックになって行きます。先ずは必携度①、劇場版のパンフレットとイラスト集を紹介しましょう。数多く出回っているので、入手しやすいと思います。表紙と裏表紙が一枚のイラストになっています。「境界の彼方」もそうでした。劇場版第一作目「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」から紹介します。背景の空と雲、逆光加減といい素晴らしいイラストです。各パートの紹介です。スタッフの座談会です。キャラクターデザインなどの苦労話?を語られています。ファン必聴です。「けいおん!」では山田尚子監督...「響け!」グッズの紹介おすすめの書籍act1

  • 「響け!」グッズの紹介 円盤ソフトとカード類

    前回はぞんざいな出来の自作かるたを紹介しましたが、今回は手持ちのカード類です。早速脱線するようですが、我が家の円盤コレクションです。このようにブルーレイとDVDが混在しています。混ざっている理由は八王子にあったアニメショップで少しずつ買ったからです。この店には京アニコーナーがあり、グッズも数多く売っていました。毎月のように所用を作ってはこの店に寄りましたw。BDならBDで全て揃えるのが本来でしょうが、居間のテレビで観てもあまり違いを感じません。画質にこだわりがなければ、配信チャンネルで観るのが手っ取り早いでしょう。我が家はDアニメを契約していますが、ほとんどの京アニ作品が観られます。市販ソフトは再生開始後、関係各社のロゴが流れて…と本編が始まるまで時間がかかるのが億劫です。録画した物や配信ならそう言った痛痒はあ...「響け!」グッズの紹介円盤ソフトとカード類

  • 「響け!」グッズの紹介 かるたを作る

    「響け!」のかるたを作ってみました。過去、ツイッターにアップしたことがありまして、ひょっとしたらご存知の方もいるかもしれません。いい加減な物でお恥ずかしい出来ですが、ネタにさせてもらいます。「響け!」には印象的な名セリフが沢山あるので、かるたを商品化すれば面白いのではと常々考えていました。「ハルヒ」と「けいおん!」は京アニがかるたを作ったようですが、「響け!」はありません。以前、長女がこんな物を作ってくれたことがありました。画像アプリで作ったそうです。これは面白い!「響け!」の画像は沢山持っていますから、かるたの札を作れるのではなかろうか…。子供たちと札の文言を考えました。「ゆ」や「あ」など候補が複数あり、楽しい作業です。アプリで作った画像です。写真用紙(L版マット紙)に出力し、ふたつに切ります。元の画像の大き...「響け!」グッズの紹介かるたを作る

  • ヤマハGX750と我が家の思い出

    我が家のヤマハGX750は今年(2021年)で車齢40年の古いオートバイです。父親が新車で買った物を30年くらい前に引き継いで乗って来ました。ワンオーナーならぬ1.5オーナーです。今回は我が家の思い出話的ですから、特段面白くない記事です。例によって1万文字を超えているので、お時間のある方はお付き合い下さいませ。GX750は1980年当時、定価51万5千円でした。父親はお仲間ふたりとオートバイ屋にかけあい、「(GXを)3台まとめて買うから100万に負けさせた」と豪語していました。楽器のようにオートバイも値引きが当たり前だったのでしょうが、いくら3台買うとしても50万の物が33万になったとは信じ難い話です。しかしスーパーの総菜売り場のように値引きされ、半額にしてしまう話も実際にあったそうです。不人気車だったと言うG...ヤマハGX750と我が家の思い出

  • トランペット始末記 「Never say Never again」(締まりのない最終回)

    ショーン・コネリー主演で80年代に公開された「ネヴァーセイ・ネヴァーアゲイン」をご存知でしょうか。コネリー夫人が「ボンド役はもう無理だなんて言わないで」と旦那に言ったことをタイトルにしたそうです。母親がショーン・コネリー好きで、タイトルの逸話だけ知っているのです。ボンド好きの方、すみません。コネリーは歳を取ってからの方が活躍したイメージですが、この映画がきっかけではないでしょうか。トランペットの記事じゃないの?と言われそうですが、例によって長い前置きでした。先日、トランペットのお友達が来た後、長女が「最近吹いてないじゃん、どうしたの?」と聞きました。長女は中学の吹奏楽部でバリトンサックスを吹いています。(前回の記事→トランペット始末記Nさん、ご来訪&楽器休暇のお知らせ)「実はかくかくしかじか…」「ふーん。お父さ...トランペット始末記「NeversayNeveragain」(締まりのない最終回)

カテゴリー一覧
商用