chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
アルコール依存症(否認からの脱却) https://isoji-club.blog.ss-blog.jp/

始まりは保護室(檻)。断酒を始めて5年目、 肝硬変から肝臓がん併発。私の心中をブログという形で放出します。 少しでも「酒」で悩んでいる人たちの力になれたらなと思っています。

七(なな)
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/03/27

1件〜100件

  • 40℃オーバー

    連日の40℃越え、 前日の天気予報の、 「明日は幾分暑さも和らぐでしょう♪」には、もう騙されない。 昨夜、眠っていたら足が急に痛くて飛び起きた。 足がこむら返りを起こしているようだ。 肝硬変を発症したころは、よくふくらはぎが攣っていたが、 最近はほとんど引き攣りを起こすことは無かった。 しかし、いつもならふくらはぎが攣るのに、昨夜はスネが攣った。 ふくらはぎや足の裏なら、伸ばせば元に戻るが、 スネの場合の対処法が見つからない。 伸ばしても曲げても痛い。 足に力を入れずに寝ころんだら、だんだんと引き攣りが治まった。 後に調べてみると、前すねがつる人は、 少し落ち着いてきたら、まずゆっくり筋肉を伸ばすのが効果的で、 ふくらはぎの時とは逆に、つま先を伸ばすストレッチをすれば良いそうだ。 これって、熱中症? そういえば、エアコンの効いた車から、昼間の炎天下の中に..

  • マイナポイント第2弾

    連日38~40℃、 もう猛暑日程度では、ニュースにもならなくなった。 来週は戻り梅雨で、猛烈な暑さは収まるらしいが、 頼りの天気予報も、ウソを教える「天気実況」なのであてにならない。 30日の昼休みに、マイナポイント第2弾をやってみた。 初日だから混んでいるだろうなと思っていたので、 ダメもとでやってみた。 すると、待ち時間は3分、ぜんぜん空いていた。 所要時間は約10分、簡単に終わらせることができた。 通話しかしない俺のスマホが役に立った(笑) しかしスマホが無いと、役所の窓口や郵便局などとなるので、 IDと暗証番号を忘れた人が殺到して、時間がかかるだろうね。 それから、PCからだとカードリーダーが必要なので断念。 しかし、保険証との紐付けにしても、病院や薬局がまだまだ対応できていない。 マイナポイントのばら撒きで普及を加速させたいようだが、 ..

  • 猛暑日、酷暑日

    明け方だけは涼しい。 外では「ホ~ホケキョ♪」 サビ親子も元気に走り回っている。 ただ、過ごしやすいのも8時までだ。。。 年々夏の暑さが増していく。 俺が若かった頃は、7月中頃に梅雨が明け、 「お盆まで頑張れば涼しくなるよ」なんて言っていた。 それに、真夏日となる日も少なかった。 8月後半には乾いた風が吹き始め、 盆明けに日焼けしていると、恥ずかしいとさえ感じたものだ。 それが最近では、真夏日を通り越し、 猛暑日が多くなり、猛暑日のことを酷暑日なんて言い始めた、 全国各地で最高気温を気を競うようになった。 ちなみに、 猛暑日 → 最高気温が35℃以上の日 真夏日 → 最高気温が30℃以上の日 夏  日 → 最高気温が25℃以上の日 真冬日 → 最高気温が 0℃未満の日 冬  日 → 最低気温が 0℃未満の日 これから先、さらに地球温暖化..

  • 異常事態

    言っても仕方ないが、暑いっ、暑すぎるっ!! 休憩のたびに、水道水で頭を冷やしシャツを着替える。 洗ったシャツも30分もすれば乾いてしまう。 まだ6月だというのに梅雨が明けてしてしまった。 軒並み35度~40℃となり異常事態である。 異常事態の時は常に何を優先するかを考え無ければならない。 マスク着用の機会や必要性は一人一人が見直すべき段階に来ている おそらくこれから毎日のように熱中症患者が搬送されるニュースが出るだろうが、 その根底には、日本人の周囲の目を気にしてマスクを外さない意識に原因がある。 昨日はコンビニに寄ったときだけマスクをした。 一昨日はマスクがビチョビチョで呼吸が苦しくなったので、 外ではもうマスクなんてしていられない。 昼休みに、車内で弁当を食べようとトラックに乗り込んだ。 弁当は保冷剤でキンキンに冷やしてある。 エンジンをかけ、車..

  • 体温越え

    まだ6月なのに連日、 「最高気温更新! 」「危険な暑さ」「熱中症に注意! 」などの言葉が踊る。 もう聞き飽きた、てか連日の体温越えでは体がもたないよ。 汗でマスクの替えが無くなった。 ノーーマスクになってしまったので、店に入れないから自販機で飲み物を買った。 これから先、40℃越えが当たり前になってしまうのか? 身体は暑さにカラダがどう反応しているのか? 体温調節の仕組みがどのように働いているのか? なぜ熱中症になるのか? 40℃超えが当たり前になったときに対応できるのか? 人は暑さを気温で評価しようとする。 しかし、人の体温に影響する環境因子は温度だけでなく、 さまざまな因子、たとえば風とか日光など多くある。 気温が高くても、日陰に居たり風が吹くと暑さをしのげる。 また、湿度との関係もバカにできない。 気温が30℃で湿度が高い日よりも、 35℃..

  • ネコが泡を吹いた

    事務所の猫、シロがまた泡を吹いた。 昨日の朝4時、事務所に来るとケージの中に嘔吐の跡が。 トイレを見ると下痢もしているようだった。 「ダイジョブか?」と声をかけ、ケージとトイレの掃除をした。 暑い日が続いているので、水を飲み過ぎて腹の調子を崩したのだろうと、 あまり気にせず、朝のルーティーンをこなし図面を書き始めた。 デスクワークは、暑さで疲れた頭で夜に行うよりも涼しい朝に限る。 すると、ケージの中からまた嘔吐する音が聞こえた。 様子を見に行くと、口から泡、黒目が丸くて大きく、 辛そうで、まるでお婆ちゃんのような顔をしていた。 先月に泡を吹いた時と同じだ。 その時は、深夜専門の救急動物病院に連れて行ったが、 胃腸炎という診断で、時間を置いたら元の通りに普通になったので、 今回は、病院には連れて行かずに様子を見ることにした。 7時まで、図面を書きながら..

  • 熱中症対策

    体温以上の気温は、これから普通になってしまうのだろうか? 吸い込む空気が熱く感じた。 昨日はまだマシだったが、土曜は辛かった、 さすがに40℃では、午後は3時半まで動けなかった。 今週も気温の高い状態が続くようだ。 いったい梅雨はどこに行ってしまったんだろう? 週末暑さを避けて過ごしていた人は、月曜日が危険だ! 熱中症にかかるリスクが高まる。 熱中症を引き起こす3つの条件 ↓ 1:【環境による条件】 その日の気温が高いだけでなく、急に暑くなった日や、熱波の襲来も危険。 湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった気象条件も熱中症を引き起こす。 締め切った室内や、エアコンがない所といった環境も注意が必要。 2:【体による条件】 高齢者や乳幼児、体に障害がある人は、周りの人が特に気をつけてあげたい。 肥満や持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)のある人も、..

  • 日本語の違い

    46万人分の個人情報USBが紛失したというニュース、 業務の一部を委託されている業者が、飲食店で飲酒しカバンごと紛失したとのことで、 USBメモリには尼崎市民46万人分の住民基本台帳の情報のほか、 生活保護受給世帯や児童手当受給世帯の口座情報などが含まれていた。 携帯や財布の置き忘れは、酔っ払いにはありがちな珍事だが、 他人様の大事なデータを置き忘れるなんてビックリだ。 これが、もし自分の金がカバンの中に1千万あったら、 絶対に飲み屋になんか行かないはず。 「どうせ他人のモノ」という甘えた考えが、心の奥底にあったのであろう。 しかし、なぜみんな揃ってUSBメモリのことをUSBと言うのだろう? USBは機器と接続する規格であって、 USBコネクターを接続できるポートに差し込む差込口だ。 USBメモリとは、USBコネクターに接続して使う記憶ストレージのこと。 ..

  • 中古車交換

    娘の車が新しくなった。 と言っても、18年目の中古車である。 ダイハツのMAXという車。 この手の車には疎いので、どれも同じに見えてしまう。 ホントは車検を取って、今の車をあと2年乗るはずだった。 しかし、毎回車検をお願いしている修理屋の後輩からTEL、 「七さん、あの車まだ乗ります?」 娘のワゴンRは22歳、どこそこ調子が悪く塗装もポロポロと剥がれて来た。 タイヤとバッテリーもそろそろ交換時期だった。 旧車のようなヤレている感ではなく、くたびれている感じだ。 「来年の3月まで車検があるウチの代車と取り替えます?」 「てか、差し上げます」 「娘さんの車より新しいし、調子も良いですよ」 「えっ!いいの?」 「いや~いつも世話になってますから~♪」 娘にその件で電話したら、 「助かる~、よろしくお願いします」とのこと。 てことで、あと半年延命措置が施..

  • ホタルを見ようと

    石川の地震が続いている。 見ると、能登半島の先っぽのほうだけ震度6 糸魚川静岡構造線と何か関係があるのだろうか? 地震の予測は殆ど出来ないらしいし、 いつ来るのか分からないので、油断は禁物である。 今年はまだホタルの姿を見ていなかった。 街頭の下で、カブトムシの雌(ブタ)とコクワガタは見た。 クロは、明かりに寄って来た蛾を食べている(笑) サビは、巣から落ちたツバメの子を食べている・・・ ノラだと割り切って付き合っていくしかないね。 昨夜は妻と夕食後に、ホタルを見ようとドライブした。 上流と中流合わせて3本の河川を廻った。 その結果、ホタルを見つけられたのは全部で3匹だった。 先週まで雨が続き気温も低かったので、今年はまだ早かったのかもしれない。 でも、そろそろ各所で河川清掃が行われる時期だ。 草を刈ってしまうとホタルが見られなくなってしまう。 まあ..

  • 容器返却

    まだ6月なのに梅雨明けのような暑さが続いたが、 今朝は涼しく、小休止と言ったところか? 朝の8時から8時半までの30分間は毎日電話タイムだ。 俺の着信音が気になる若者がいた。 若「着信音って珍しいですね~♪」 俺「周りがうるさいと電話に気づかないからね」 彼の話を聞くと、今はほとんどの人がバイブかサイレントだそうだ。 若「LINEかメールが入っていれば後で返信するし~♪」 スマホでは、通話はほとんど利用しない機能となっているらしく、 緊急連絡先も緊急時には対応できない状態が当たり前のようだ。 通話メインの俺には、朝の電話タイムがないと仕事にならない。 会議中や電車の中ではマナーモードにするが、それ以外では大音量だ。 着信音にはガラケー時代に音質と秒数を加工したものをそのまま使っている。 ポケベルに限界を感じ、携帯電話に移行したのが28年前、 その頃は着信..

  • 男の更年期障害

    更年期障害といえば閉経後の女性に起こる心身の不調であるが、 その文章の最後に「男性に起きることもある」と書いてあるのをよく目にする。 「ストレスからくるものなんだろうな~」程度の認識だった。 そこで、男の更年期障害とは、いったいどういった症状なのかと調べてみた。 男性更年期障害を「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」と言い、 男性更年期障害は日本でも十数年前から知られるようになったが、 症状が現れているのに自覚していない男性がまだ多い。 加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の低下によって引き起こされる症状で、 発症するのは40代後半ごろからで、最も多いのは50~60代だそうだ。 心理的ストレスを長く受け続けて交感神経優位の状態が続くと、 大脳から「テストステロンをつくるな」という指令が出されてしまう。 加齢によるテストステロンの減少に加えて、 職..

  • アル中、昔と今

    日曜日に、未視聴だった映画とドラマを見た。 画面の中では喫煙と飲酒の場面が多かった。 ニヒルなダンディーがブランデーグラスを回しながらタバコを吹かすのが、 かっこいいとされていた時代だったのか? ボスが警察署内で飲酒する場面を見た時にはさすがに笑った。 そのほかにも、ノーヘルバイクや公道占拠など、 制約の厳しい今では絶対にできないことを、ごく普通に行っていた。 飲酒喫煙が当たり前だった時代の、酒好きからのアルコール依存症と、 現代のような精神疾患からのアルコール依存症では、 発病までの経緯も、治療の仕方も違うと思う。 吞兵衛アル中の多かった昔では、断酒根性論も通用したかもしれないが、 発症までの経緯がと症状が複雑な現在では、 心の病と同時進行での断酒や減酒を考えるべきである。 それに、最も大事なのが「アルコール依存症は精神疾患」であることを、 世の中に周..

  • 課税対象

    週末は天気が良かった。 でも暑い~ 体調回復のために試供品の総合栄養食ゼリーを与えていたら、 病み上がりのクロが、ゼリーとチュールしか食べなくなってしまった。 カリカリの上にチュールを搾っても、カリカリをよけてチュール部分だけを食べる。 わざわざチュールを買うのもどうかと思うので、 時間をかけてカリカリに戻していこうと思っている。 休憩の時間の茶飲み話だが、 ロト7がキャリーオーバーしているらしく、 宝くじが当たったら何を買いたいか?という話になった。 宝くじね~、 とりあえず多くの口座を作って振り分けた後に、冷静になって考えるかな? ・運転資金口座 ・子供たちに残す口座、 ・趣味口座 ・ちょっと贅沢しちゃおう口座 ・怖いけど試してみよう資産運用口座 みたいな。。。 あまり夢がないね(笑) そういえば、宝くじって所得税はかからないらしい。 ..

  • 入院時の思い出

    天気予報がホントあてにならない。 さっき見たら、今日は30℃オーバーだって。。。 昨日はそんなこと言っていなかったのにな。 まあ今日は日曜日だし、妻は出勤だから1人なので、 どうでもいいや。   昨日のブログで、入院時のことを書きながら、 精神病院内でのプログラムのことを思い出していた。 以前から書いているように、アルコールの場合は通常の入院期間は3ヵ月だが、 俺の場合は症状が重く5ヵ月かかった。 通常ならば、1ヵ月閉鎖病棟と残りの2ヵ月は開放病棟なのだが、 俺の場合は3ヵ月間、保護室と間閉鎖病棟と開放病棟を行ったり来たり、 やっと4ヵ月目に開放病棟に定着することができ、 断酒プログラムを開始して、本来の入院の目的を達成すべく動き始めることができた。 入院中に書いたノートを見てみると、 そこに張り付けた高校野球地区予選のトーナメント表があった。 試合..

  • 入院時の楽しみ

    夏の高校野球県予選のトーナメント表を見た。 シード校の中には、元女子高だった学校や昔は無かった名前の学校が目立つ。 私立ばかりになって高校野球がつまらなくなった。 強豪公立高校はどこへ行ったの? 公立校が試合をしていると、そちらばかりを応援したくなってしまう。 公立高校が勝てなくなったのは「甲子園のビジネス化」が原因だ。 俺たちの時代は、高校野球の監督と部長は学校の先生だったが、 私立高では、校外関係者の監督を高年棒で招き、 全国からスカウトして高校生をかき集める。 もはや学校のクラブ活動ではない。 たしかにマー君やダルビッシュは、北海道や東北の高校なのに関西弁だったよな。 ん~何県代表の学校なの? せめて、同じ都道府県内に住所を持つ子にプレーしてほしい。 あ~、でも移住させて住所を変えられたら一緒か。 ダメだこりゃ。。。 俺が精神病院に入院していた時..

  • もしかして食あたり?

    今日は天気予報では晴れ、 でも手放しで喜んでいると、何かのタイミングで降るんだよね。 最近、前日の天気予報では曇り時々晴れだったのに、 朝になると雨が降っているということがちょくちょくある。 その逆に朝雨が降っていない日は、ピンポイントでゲリラ豪雨になる。 空気が湿っているので、風が吹いて雲が溜まるとどこでも降り出してしまう。 月曜日には、朝晴れ間が見えたので、 ルーフィングを張って様子を見ていた瓦棒葺きの屋根を張り始めたら、 昼休みから降り始めて、1時間後にはドシャ降り、 狭い面積の屋根だったので、ギリギリセーフで棟まで終わらせることができた。 樋が残ってしまったが、今日中に終わらせてしまおう。 コロナも沈静化し始め、休日ランチを楽しむ人の姿を目にする。 奥様方の食事会って、おじさんたちの飲み会みたいなものなんだろうね。 話に花が咲いたら飛沫とか暴飲暴食..

  • 結婚、交際、デメリット?

    お客さんのお宅に打ち合わせに行く途中に、ゲリラ豪雨にあった。 運転中だったが、スピードを緩め走行していたら10分くらいで通り過ぎてくれた。 強風が北から南に吹いていて、雨雲のスピードも速かった。 短時間ではあったが、傘を持っていない人やチャリンコの人はずぶ濡れだった。 そのお客さんは農家さんで、有機農法にもチャレンジしているそうで、 採れた大きなジャガイモ(メークイーン)を頂いてきた。 もしかしてウチのジャガイモも採りごろ?と、 家に帰って畑のジャガイモ(肥料入り)を1本だけ掘ってみた。 数こそ10個ほど採れたが、まだ皮が薄くて粒も小ぶりで時期尚早だった。 葉っぱの色が黄緑色になってから、本格的に掘ることにする。 畑は、キュウリとナスとゴーヤーは例年通りなのだが、 長女が植えたカボチャが、縦横無尽に暴れ放題だ。 1本は、親ヅルと子ヅルを1本残しているだけだが、 ..

  • 旧人類(化石)

    今日も雨、 地盤の緩みがそろそろ気になって来た。 今年度の総会も書面議決のところが多い。 懇親会の心配をしなくて良いということは、 アルコール依存症の俺には非常に助かるのだが、 どの総会資料を見ても、事業計画は埋まっているが、 収支予算はどの項目も減額されている。 コロナの影響で今年度も事業が中止もしくは縮小となるだろう。 かつては、年間行事と各種まつり、式典等で季節を感じることができた。 コロナが流行し出してからは、その殆どが中止となり、 大げさに言えば、天気予報でしか季節を感じられなくなった。 祝日も毎年日にちが変わるので、頭にインプットしておけない。 1週間を7日のペースを守っていると、ついつい祝日も忘れてしまう。 このままだと、いろんなものが自然消滅してしまうのではないか? コロナが沈静化しても、復活を望むのは執行部と中高年の経験者ばかりだろ..

  • 真夜中の訪問者

    昨日は久しぶりに良い天気となった。 天気が良いのは良いことだが、晴れたら晴れたで暑い。 建材店の火災のニュースを見た。 ホームセンターの資材館をイメージすればよいと思うけど、 木材、新建材、塗料等、燃えやすいものばかりだ。 最近の資材不足で在庫量は普段よりは少なかっただろうけど、 売る側も買う側も痛いよね。 一昨日の夜中午前1時、家の玄関のほうで物音がしたので目が覚めた。 見ると、センサーサイトも点いている。 「新聞屋さんにしてはちょっと早すぎるな」と思い、 妻と一緒に玄関に向かうと、本家のおばさんだった。 「起きたら誰も居ないんだよ~」と不安そうに言った。 おばさんは、旦那さんが亡くなってからも新築の大きな一軒家に一人住まいだ。 数年前から少し認知症の気が出ているのはわかっていたが、 夜中の訪問は初めてだった。 その時のおばさんは、夜中にもかかわらず..

  • 精神医療の実態

    さあ、新しい1週間の始まりだ。 久しぶりの晴天の朝だ、空気も乾いている。 暑くなるだろうからこまめに休憩を取るようにしよう。 俺はアルコール依存症で、5か月間精神病院に入院し、 現在もたまに外来で受診に行く。 アルコール専門の病室の人は、通常3か月と比較的に入院期間が短いのだが、 俺の場合は症状が重く、退院が2ヵ月も先延ばしになった。 アルコール以外の病室には、長期入院の人も少なくなかった。 「俺は30年だからこの病院では一番長いんだ!」と自慢している人も居た。 「長すぎた入院」 精神医療・知られざる実態 というドキュメント番組を見た。 精神病院大国と呼ばれる日本、世界の病床のおよそ2割が我が国に集中している。 国連やWHOなどからは「深刻な人権侵害」と勧告を受けてきたにもかかわらず、 人生の大半を病院で過ごした人、入院治療の必要がなかった人が多く居る。..

  • 空白時間の使い方

    以前にも書いたが、俺は空白の時間を過ごすのがヘタクソだ。 予定より早く仕事が終わると、すぐに次の日の仕事を始めてしまう。 スケジュール表が真っ黒に埋まっていないと不安になってしまう。 以前なら、ぽっかりと空いた時間を埋めてくれるのが酒だった。 酒を飲めば、辛いことも不安な気持ちも、 自分をごまかし自分を騙して泥酔して、いつの間にか眠ることができた。 だが今はそういうわけにはいかない。 空いた時間を作らないように、曜日に関係なく毎日自分にルーティーンを課している。 早寝早起きを実行し、帰宅後に晩酌できないようにした。 早起きして、朝4時から朝食までの時間で、 朝シャワー、4匹のネコの世話、清掃、ゴミ出し、日記(ブログ)、畑作業と、 毎日同じことを繰り返しているうちに、酒のことが頭に浮かばなくなった。 とにかく俺は、空白の時間ができることが怖いのである。 この恐怖..

  • クロ復活&支部例会

    クロがようやく普通に食事をとってくれた。 しばらくちゃんとしたものを口から入れていなかったので、 ガリガリに痩せていた。 栄養価の高いものを食べさせようと、試供品でもらったゼリー状のものを混ぜた。 高価なものはやはり美味しいのであろう、親子そろって貪りつくように食べていた。 俺の弁当のサバも、少し残して与えたらよく食べてくれた。 食後にはトイレもできた。 これでもう大丈夫と確信した。 試供品の残りもまだあるので、体力が元通りになるまでは、 あと何日かゼリーを加えたゴハンを与えてみようと思う。 妻と所属支部の断酒例会に行ってきた。 ホントは行くつもりではなかったのだが、 仕事が予定より早く終わり、お客さんが帰ったのが夕方17時半、 時間が余ってしまった。例会が始まるのが19時、 こんなとき以前の俺なら、間違いなく速攻で晩酌タイムに突入していたであろう。 空い..

  • ハザードマップ

    関東は月曜から梅雨入りした。 関東甲信となっていたので、息子の居る新潟県はまだのようだ。 これが関東甲信越となってたいら新潟県も含むのだろうが。 この関東甲信か関東甲信越か、 それとも新潟県を含む北陸か、 はたまた新潟県を含む東北か、 電力も県内で50wと60wに分かれる。 ホント新潟県って微妙な位置にある。 結論としては、気象の世界では新潟県は北陸地方だから、 まだ梅雨入りではない。だそうだ。 『警報級の大雨』とか『50年に一度の大雨』とか言うが、 ここ数年の間に、「50年に一度」が何度も来ている。 市町村が作成しているハザードマップや、地域防災計画を見て「自分の住む地域は、 どのような災害のリスクがあるのか」 「災害が発生した時の避難場所はどこか」 「安全な避難経路はどこか確認しておきましょう」と言うが、 2年前の台風19号の時は、避難所に避難した人..

  • 共依存つづき

    クロが2日ぶりに顔を出してくれた。 雨が降っている間は全然見なかったが、雨が止んで道路が乾いてきたころ、 ヒョッコリ事務所の前に来てくれた。 しかし、「ニャー」と発する声は弱々しく、まだまだ調子は戻っていないようだ。 胃が空っぽだろうからと、職人さんからもらったチュールを与えるも、 少し目を離した間に、サビ母さんに食べられてしまう。 それを何度か繰り返したが、クロの食欲は戻っていないらしく、 チュールには見向きもしてくれなかった。 体が弱ってしまう前に、なんとか食事だけは取ってもらいたい。 共依存のつづき ↓ 他人に必要とされることを必要とする状態 相手の問題に病的にのめり込んで、自分を見失ってしまう 他人に対するコントロールの欲求で、他人に頼られていないと不安になる人 人に頼ることで、その人をコントロールしようとする人 『愛しすぎる人』と『愛されてい..

  • 共依存

    独身主義、晩婚化、少子高齢化が進んでいる中、 年齢を重ねるごとに、相対的に成婚しにくくなっており、 男女ともにお酒を「飲む」ほうが「飲まない」よりも成婚しやすいらしい。 まあ、飲酒によって本性を現しやすいが、ボロも出やすい。 本当の自分を知ってもらうには、酒は必要なアイテムのひとつのかもしれない。 うちの場合は、俺は大の酒好きであり、 妻はほとんど飲まず、「酒を飲んで酔っ払う人の気が知れない」と、真逆だ。 たしかに酒を飲まない人にとって、酒のみの付き合いって理解不能だと思う。 後に妻の話を聞いてみると、先輩や後輩を途中で拾って飲み屋への送迎を頼むと、 「お付き合いのためなら仕方ないのかな?」と、 頭にはてなマークを浮かべながら付き合っていてくれていたそうだ。 同乗した人は「七さんの奥さんは、よく迎えに来てくれますね」 「ウチだったら速攻電話を切られちゃいます..

  • 梅雨入り&断酒会

    土曜日は1日中屋根の上だった。 靴の底が暑さで溶けて、靴を1足ダメにした。 こうなることはわかっていたので、ボロい靴を履いていった。 日曜日は畑仕事と除草作業で、週明け少し疲労が残った。 俺は焼けやすい体質なので、鼻の頭と腕が真っ赤だ。 梅雨入り前の日焼けって、雨天にはちょっと恥ずかしいんだよね。 月曜日の昨日は1日中雨だった。 それも結構なドシャ降りで仕事にならなかった。 昼休みにニュースを見たら「梅雨入りした」と言っていた。 九州より関東の梅雨入りが早いと言うのも、温暖化の影響だろうか。 関東直撃の台風も増えた気がするし、 特にここ数年各地で被害をもたらしている大規模な線状降水帯を誘発しないことを祈る。 梅雨末期には豪雨被害が必ずと言ってよいほどどこかで発生する。 崖下や低地、河川の近くでは十分に注意が必要だ。 4日間行方不明だったクロが、やっと帰っ..

  • クロ帰還&少子化

    外に出たら、クロが道の真ん中に座っていた。 「おかえり」 よく見るとお腹はペチャンコ、あばらが浮き上がっていた。 早速ゴハンをあげようとしたが、怯えて近寄ってこない。 サビ母さんが近付いても余所余所しい。 「なにかあったな」 時間を置いたら少しだけそばに寄って来て「ニャー」と小さな声を出してくれた。 弱々しいが、歩く姿は以前と一緒、外傷もないようだ。 カリカリを目の前に置いたが食べてくれない。 ん~、どこか痛むのか?内臓の調子が良くないのか? 水は飲んでいる(メダカの水槽の水) 以前、自宅のネコ(みぃ)が車と接触した時も、 外傷は無かったが、全身打撲でしばらく食欲がなかったのを覚えている。 食欲は無いようだが、恐る恐るではあるがいつもの場所に寝てくれた。 とりあえずは何日か様子見だな。 日本の出生率が14年連続の減少で、過去最少を更新した。 しか..

  • 親離れ子離れ

    子供たちや若い人からのあいさつって気持ちが良いよね。 うちの地区の子供たちは小学校のころから、 地元の人へ元気にあいさつをする。 横断歩道でも渡り終わると、待っていた車に「ありがとうございます」とお辞儀もする。 むかし、俺たちのころもそうだったのだが、 現在でも小学校で教えられているんだね。 その子たちが中学生になってもその習慣は続いている。 なので、地域の人たちとも顔見知りになっている。 「いつも見守りありがとう」の精神だね。 まあ、田舎の子供ってだいたいどこでもそうなんだけどね。 クロは今日も姿を見せていない。 昨日も外でサビ母さんがクロ呼んでいたのだが、クロの鳴き声は返って来ない。 もし事故にあったのなら、道路に何かしらの痕跡があるものだが、 良~く目を凝らしてみても、付近の道路には何も残っていない。 カラスやトンビにさらわれるほど小さくないし(推..

  • オンライン慣れ

    クロがまだ帰ってこない、これで丸3日だ。 外でサビ母さんがクロ呼んでいるが、まだクロの鳴き声は返ってこない。 俺も何度も近所を探し回ったが、何の痕跡もない。 何とか生きていてくれれば良いのだが。 今日は屋根の上の仕事、 熱中症には注意! オンライン慣れの学生が増えているそうだ。 「同級生と会えなくて孤独を感じる」からの、 「授業に行くのが怖い」 コロナ禍では、人との接触が「不要不急」とされたことで、 自分にとって必要な人間関係は何かをチェックする「人間関係の棚卸し」が行われた。 人と直接会うには、それに見合った「価値」を求める傾向が強まり、 特にオンライン文化に慣れ親しんだ若者に顕著になった。 なんでも損得で物事を考え、 人間関係をコスパでみる傾向はコロナ収束後もすぐに戻ることはないだろう。 うちの子供たちも、生身の人間よりも2次元の世界が大好..

  • 旧紙幣と新紙幣

    今日は気温は高かった。 そろそろ高温にも慣れて来た。 でもすぐに梅雨が始まり、振出しに戻るんだよね。 「古い紙幣が机の奥から出て来た♪聖徳太子や伊藤博文って価値ある?」 と知人は言う。 うちでも、ばあちゃんはピン札で数枚ずつ保管しているみたいだけど、 俺は旧紙幣を1枚も持っていないし、たまに回って来たギザじゅうも普通に使っている。 聖徳太子の一万円札だとサイズが大きくて、今の財布でははみ出しちゃうし、 一万円札が諭吉に変わってから、財布の大きさが小さくなった。 子供たちが帰省した時に、ばあちゃんが、 「コレあげようか?」と、二千円札を自慢げに持ってきた。 すると子供たちは「イラネ、使えないし」(笑) 確かに二千円札では切符も買えないし自販機もダメなんじゃない? よっぽど古いものなら話は別だが、 聖徳太子の一万円札や伊藤博文の千円札では、 偶然旧..

  • 子どもの人権問題

    クロが昨日の朝食後から姿を見せない。 昨夜も探し回ったが、どこにもいない。 なにか事故にでも巻き込まれたのか? とても心配だ。 熊本県の高校でのはなし。 入学後の部活動での強制的な丸刈りや応援団による校歌指導で、 精神的苦痛を受けて退学に追い込まれたとして、 県に1円の損害賠償を求めた訴訟の判決では、 社会通念上の相当性を欠く違法なものとは「認められない」として請求を棄却した。 とあった。 またも「子どもの人権問題」だ。 俺らのころも入学したての1年生に校歌応援歌指導はあったが、 これは旧制中学からの男子校にはありがちな行事の一つだ。 放課後の校庭で、応援団がリーダーを取り、吹奏楽部と音楽部と一緒に行った。 校歌および応援歌の成り立ちの説明をしたあとで、 応援団のだみ声と、音楽部の美声の違いで新入生たちの笑いを誘ったものだ。 生徒会活動の一環だったの..

  • 安いケータイ

    俺は30年近くドコモ地獄だ。 今は亡き親父もマツダ地獄だった(笑) 先月中旬、ドコモが1万4850円と、これまでよりも安いケータイを売り始めた。 機能は極めてシンプル、まさに俺が求めていたものだ。 携帯電話は仕事メインだから、 「PCとタブレットがあればスマホは不要」が俺の持論だ。 軽いし、電池は長持ちだし、通話もメールも片手で操作したい。 そしてとにかく安い! 去年の10月にガラケーがクラッシュし、 無料だからとスマホに乗り換えたが、何かと使い辛い。 ネットはPCとタブレットで用が足る。 文字入力は10本指のほうが早い。 写真はPCで加工するのでデジカメのほうが都合が良い。 車内の音楽はFMトランスミッターとUSBメモリがあれば問題なし。 携帯電話では、通話と簡単なメール以外は子供に入れてもらった育成ゲームしかしない。 そして何より、とにかく..

  • 「さん付け」

    昨日までの猛暑から一転、今日は雨、 気温が上がらないそうだから、服装と体調管理には気を付けねば、 若い職人さんと話した。 最近「さん付け」するように指導する小学校が増えているそうだ。 あだ名はもちろん、「君」や「ちゃん」もNGだそう。 親しい友人を「○○さん」と呼ぶことができる? あだ名は身体的特徴や失敗行動など相手を蔑視したものが多いとのことで、 呼び方だけでいじめを根絶できるわけではないが、抑止することにはつながるとか。 なんか責任を取りたくないからさせないといった教師側の「逃げ」にしか見えない。 一律にルール化すると、管理は楽チンになるが自分で考えなくなる。 「さん」は相手への敬意を示すと同時に距離の遠さも示すもので、 利点もあれば欠点もあるという意味で、 はあだ名や呼び捨てと変わらないのではないだろうか。 大人の身勝手は、素直な子供の自ら考え決..

  • SNS村社会

    メール代わりのLINEもSNSに含めるかは別として、 俺はSNSを利用しない。 若いころ(20~25年前)、ネット上では匿名匿住所が当たり前で顔出しなど有り得なかった。 情報は半永久的にネット上に残り続ける事になるのに。。。 そのころの癖が抜けないのと、SNSに必要性を感じないので俺はSNSに興味がない。。 最近のSNSは、相互監視が強まり過ぎて「村社会」と言われている。 一見全国全世界と繋がっているように見えているが、 その実態は、嫌いな人を排除し、同質の人間とつるんでるだけである。 そのコミュニティーの中でも、村八分が存在する。 SNSは、年齢も肩書も国籍も関係なく個と個でつながりる「ヨコ社会」であるが、 上下関係を嫌うわりには、周りからの評価を恐れている。 昨今ではかなりSNSの誹謗中傷が問題になっている。 刑事裁判化する可能性もゼロではなくなってきた..

  • 「顔パンツ」

    一昨日、4回目のワクチン接種券発行申請書が送られてきた。 「4回目を打ちたいなら申請手続きをしてね♡」といったものだ。 新型コロナの3回目ワクチン接種率が伸び悩んでいる。 1回目の接種が始まった時は“打ちたくてもすぐに打てない”という状況だったが、 今は国が3回目接種を呼びかけている一方で、打てるのに打たない人が続出している。 副反応が強かったので怖くて打てない。 周りで打っていてもコロナになっている子がいるので意味がない。 積極的に接種を受ける理由が見当たらない。 など、様々な理由からワクチン接種を躊躇っている人が多い。 3回目・4回目・5回目と続くとは思っていなかった。先が見えなくなってしまっている。 先の見えない“不安”に加え、ワクチン接種へのネガティブなイメージが大きな影響を与えている。 ワクチン接種後に亡くなったり、後遺症が残ったりしたという極端な例は、 ..

  • 不言実行と有言実行

    今日は暑くなるらしい、フェーン現象で30℃オーバーだって。 身体が鳴れていないから、午後は注意が必要だな。 口から生まれて来たんじゃないか? そんな人のことを「六口(むくち)」と呼ぶ(笑) 「不言実行」と「有言実行」という言葉がある。 目標に向かって頑張っている人って、とてもカッコいいと思う。 その中で、「不言実行」とは、目標などを口に出したりせずに実行に移すことを言う。 目標を口に出してそれを達成させる「有言実行」派と、 あれこれ言わずになすべきことを実行する「不言実行」派、どちらがカッコいいか? 典型的な日本人気質の人はどちらかと言うと「不言実行」を好む傾向がある。 不言実行型の人は努力家が多い。 人は知らず知らずのうちに目標を誰かに言っているものだが、 努力家の人は人からの評価よりも地道な努力を大切にする。 一方、有言実行をする人は周囲から信..

  • 責任を負いたくない人

    今日は雨、外仕事はできないな。 健康保険証を廃止して「マイナ保険証」 だいぶ無理がある話だ。 マイナ保険証を持ちたいと思える環境をつくらなければ効果は小さいし、 医療機関は機器整備の義務化というのはどうだろう。 地方の小さな薬局では、その導入コストが高いということも問題。 都内のファミマでも処方薬が受け取れるサービスを開始するらしいが、そこでも? そして何より、個人情報を集約して、マイナカードに紐づけされることへの抵抗も強い。 紛失したときは全ていっぺんに無くなる。 保険証、運転免許証の更新は? 保険事務所や警察との連携は取れているのか? 問題は山済みだと思われる。 昨日、ちょっと嫌なことがあった。 日時指定の仕事があったので、先週末ある人に、 「5月26日の木曜日、朝から半日手伝って」とお願いしてあった。 それが昨日だった。 前日の夕方にも、再..

  • また依存症の記事が

    またもコロナ禍のアルコール依存症の記事を見た。 スクープが薄いと定期的に「コロナと酒」を書いてくるね。 まあ、それだけコロナ禍でのアルコール依存が問題になっているのだろう。 コロナ禍による生活環境の変化で、 働く世代に「アルコール依存症」と診断される人が増えている。 「アルコール依存症」と診断された30代の男性は、 リモートワークで飲酒量が徐々に増えていき、 最後の方は24時間ほとんどお酒のことしか考えていないと話す。 平日、仕事以外の時間は寝るまで酒を飲み、 休日は1日中飲んでいるそうだ。 俺の末期のころとだいたい同じだな。 俺の場合は、平日の昼間も隠れて飲んでいたが。 その人は、ストレス発散のために飲んでいたらしい。 生活の変化にストレスを感じ、お酒を“はけ口”にしていたのだと。 そして、生活が荒れ始め、妻子が家を出て行ったとのこと。 酒乱の要素も..

  • 電気自動車

    今朝、かぼちゃの花合わせをした。 放置していても良いらしいけど、今年はハチの数も少ないし、 結実しないことも多いというので、確実な人工授粉をしてみた。 人工授粉は、一昨年ズッキーニで失敗している。 その年のズッキーニは雄花が咲かず雌花ばかりで受粉ができなかった。 一方、今年のかぼちゃは雌花ばかりが咲いて、花を2つダメにした。 さっき畑に見に行ったら、待ちに待った雄花が咲いたので、 YouTubeで見たとおりに受粉作業をしてみた。 まあ、まだこれから何回も人工授粉の機会はあるだろうから、 とりあえず手始めに、って感じでやってみた。 そろそろ食べごろになったキュウリも2本採った。 今日の朝食には、初物なので丸ごと1本食いしてみようと思う。 EVs車とPHV車を合わせた販売台数が、 2021年に世界全体で約660万台と過去最高を記録したそうだ。 問題なのは、高額な..

  • 「良い噓」「悪い噓」

    アルコール依存症者は嘘つきの天才だ。 「飲んだ?」    → 「飲んでないよ」 「体の調子はどう?」→ 「いたって健康だよ」 「どこ行くの?」  → 「会議だよ」 そしてアリバイ工作も完璧だ。 そのウソも自分の中だけで消化できているうちは良いのだが、 身体が酒に支配され始めると必ずボロが出て隠しきれなくなる。 最終的には他の人に多大なる迷惑をかけることとなる。 いちばんダメな嘘つきだ。 ウソの中にも「良い噓」と「悪い噓」がある。 「嘘も方便」のようなヒトを傷つけない良い嘘と、 騙したり陥れるような悪い嘘とでは、 自分にとっても相手にとっても、もたらす結果が違ってくる。 俺はもともと人の言うことを信じやすいタイプの人間で、 その性質によって何度か痛い思いをしたこともある。 その失敗も踏まえ、現在は過敏に用心深くなりすぎてしまっているところがある。 メリ..

  • フロッピーディスク

    自治体の誤送金、 ほかの自治体でも同様のミスがあり問題になっているそう。 ギャンブル依存の人は、使える金があれば、 他人のものであろうと、目先の大勝負に走ってしまう。 誤入金された容疑者が、負けを取り戻すためにネットカジノにのめり込み、 さらに報道などで日々、大事になる事態に不安を覚え、 物事から逃れるためにますます巨費を投じるという悪循環。 IR整備計画に対し、ギャンブル依存症を誘発する懸念があちこちで指摘されているが、 今回の事件でますます対策を求める声が強まるのは間違いない。 それにしても4630万円も投じて「ゼロリターン」とは、 この容疑者はよほどギャンブルに向いていないのだろう。 しかし、自治体のPCはいつの時代のものだろう? 「えっ、いまだにフロッピーディスクを使っているの?」 そう思った人も少なくないだろう。 国はデジタル庁まで作ったのにね..

  • 次女が同棲

    昨日は一日中雨だった。 時折ゲリラ豪雨?と思うくらいの激しい雨が数回続き、 仕事どころではなくなってしまい、雨養生をして現場を後にした。 しかたなく午後からは、溜まっていた事務仕事と次の現場の準備をした。 途中で畑の様子を見に行ったら、またしてもジャガイモが数本倒れていた。 前回は縄を張って立たせたが、今回は茎が折れそうなので放置した。 今日はまだ畑に行っていない、また何本か折れているだろうな。 次女が来月から現在交際している彼氏と同棲を始めるそうだ。 そこで、彼氏を連れて来週末にウチに来るはずになっていたのだが、 ちょっとビミョーになって来た。 夕食の時にそんな話になった。 次女からのLINE電話が妻にあり、 娘「来週末に帰れそう」 妻「土曜日、私は仕事が入ってるよ」 娘「じゃあ日曜日は用事があるからちょっとだけ顔を出すよ」 妻「アンタたちのために、わざ..

  • 肝臓外来の結果

    肝臓の外来に行ってきた。 前回の診察が2月の末だったので、約3か月ぶりの病院だ。 去年の今ごろは椎間板ヘルニアもあったので、 整形外科と肝臓外科を行ったり来たりだったが、 今年は肝臓一本に集中できる。 「帰りに買い物があるから」と言って、妻も付いて来た。 採血と診察の結果 ↓ アルブミン4.4g/dlで、基準値ど真ん中。 いつも通り血小板数が12.7万と、少し低かった。 肝硬変なので血相版の数値が低いのは当然でもある。 ほかの数値は基準値内に収まっていたので一安心。 腫瘍マーカーの数値も低い 次は7月に造影剤入りCTを撮る。 2年前は、ここで引っかかった。 どうか肝細胞がんが再発していませんように(祈) 病院の帰りにコメリに寄って、手すり金物を買ってきた。 去年椎間板ヘルニアになったとき、手すりの大切さを改めて知った。 ヘルニアも回復し、後で取付け..

  • 消防団と寄付金

    昨日、回覧板が回って来た。 最初に目についたのが「消防後援会費の廃止について」だった 消防団後援会費については、各自治体でケチが付いている。 自治会員 = 消防後援会員 となっているうちの自治体では、 自治会費と一緒に集められ一括にて渡す形がとられていた。 ここで、「全国の消防団員は非常勤特別職の地方公務員であり、 報酬や装備品の費用は国の地方交付税に盛り込まれる。」とある。 消防団員の報酬は年に1度(数万円)、自治体より各団員の個人口座に振り込まれる。 装備品(車庫、消防車、備品)も自治体より貸与される。 そして、問題の消防団後援会費はというと、 うちの地域の場合は、各団員へ、長靴、作業服、皮手袋等として支給されている。 ケチがついているというのも、 半公務員なのに寄付金を受領するのは違法じゃないか? 団員が、貰った金で飲んじゃっているんじゃないか?..

  • 脳、肝臓

    名実況の産みの親だった日テレ河村アナが、14日に脳出血で亡くなられた。 3月ごろから体調不良を訴え、その後、4月から入院していたというから、 ジワジワ型だな。 俺も12年前の42歳の時、クモ膜下出血で仕事中に突然ぶっ倒れた。 いつものように貧血だろうと軽く考えていたが、なんか違う。 トラックの車内で滝のような汗をかき、ビニール袋に嘔吐しながら回復を待った。 しかし、一向に体の調子が戻らない。 その日は建て方だったので、お祝いの日に救急車はマズいなと、 訳を言って現場を抜け出し、早めに帰宅することにした。 頭痛と嘔吐でこれ以上運転はムリと判断し、途中で家の人を呼んだ。 消防署まで連れて行ってもらい、救急扱いで病院に搬送してもらった。 病院で、「先生、今日は帰れますか?」と聞くと、「無理だと思いますよ」と。 その日のうちに開頭クリッピング手術となり、手術は8時間..

  • 集団思考停止

    BPOとか、コンプライアンスとか、ハラスメントなど、 ひと昔前には聞いたことのない言葉だ。 名誉、プライバシーの人権侵害があると訴えられないように、 ここ最近、テレビ局が世間からの批判を恐れて自主規制を強めている。 時代とともにコンプライアンスが厳しくなっていることも、 テレビがつまらないと感じる要因の一つだと思う。 視聴者側はもう少し寛容な心でテレビを楽しんでもいいのではないか? 痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー番組に対し、 不快感を覚える視聴者は一定数いるようだ。 報道番組、情報番組、ドラマの内容にしても、全てがんじがらめでツマラナイ。 深夜番組に対しての苦情も見受けられる 深夜アニメは子どもが間違って見ないように深夜に放送しているのであって、 子どもが深夜アニメの時間帯に起きているのであれば、 それは子どもを寝かさない親の責任でもあるので..

  • 交互(クロス)接種

    昨日はネコの病院で夜更かしだったので、睡眠不足だった。 昼食を終え「チョット仮眠♪」と目を瞑った。 ポケットの中の電話が鳴って目が覚めた。 時刻は13時20分、「もしもし」と電話に出ると、 携帯を耳にあてた水道屋さんが玄関に立って笑っていた(恥) 知人が3回目のワクチンを打ったそうだ。 1,2回目はファイザー、3回目にして初めてモデルナにしたそう。 そしたら、頭痛、発熱、腕が上がらないなど、強烈な副反応だったそうだ。 うちの長女も金曜日に3回目で、週末は寝たきりだったそう。 女性はワクチンの回を増すごとに副反応が強くなるのだろうか? モデルナの方が強く副反応が出ると言われているが、 その逆のパターンもあるようで、人によっていろいろだ。 新型コロナウイルスのワクチン接種で、 3回目用に配布されたモデルナ製ワクチンの廃棄が各地で相次いでいる。 全体的に接種率..

  • 夜間救急病院

    今朝は寝覚めがすごく悪い。 というのも、一晩事務所で寝ていたからだ。 椅子の背もたれを倒して、毛布を掛けて寝ていたのだから、 気持ちよく起きられるはずもない。 なぜかというと、昨夜は一晩中事務所のネコ(シロ)の付き添いをしていたのだ。 昨日の夕食カリカリを食べた後、シロが突然何度も嘔吐した。 嘔吐自体は珍しいことではないのだが、 連続で、しかもそのうち泡を吐きだした。 その泡吐きが20分ほど止まらない。 ヤバい!と感じ、妻を呼んだ。 もしかすると一大事かもしれないと、2人で調べたが良い対処法が見つからない。 「猫 口から泡」で検索をかけた。 誤飲、空腹、てんかん、苦いものを口にした、などが挙げられたが、 心当たりがないし、症状も少し違う。 何らかの病気の疑いがある場合、最初に考えられるのが胃腸炎、食道炎。 「何度も繰り返し泡やよだれを垂らしている場合は、 ..

  • ノイローゼ

    昨日、改修工事の現場作業が終了した。 改修工事は雨が降っていてもできるから助かる。 今日、写真整理と完了書類を作成すれば、 週明けには請求書とともに提出できる。 今年もGWは休みが取れなかったので、今週どこかで息抜きしよう。 降り続いた雨で、ジャガイモが半分ほど倒れていた。 ちゃんと土あげしていたはずなのに、上部の重さに耐えきれず、 中には茎が真ん中からボキッと折れているものもあった。 ジャガイモ栽培は今回が初めてなので、いろんな新しいことが巻き起こる。 ネットで対処法を見ると、 杭を打ち、紐を張って倒れた茎を立たせる(一案) そのまま放置する(二案) 結局、合羽を着て雨の中かけやで杭を打って、リボンテープを2段張った。 茎は折れてもまた新しい芽が出てくるから大丈夫らしい。 収穫まであと1ヵ月、どんな結果になろうとも、何事も経験だ。 近所の人と..

  • これからの普通

    昨日は昼から、総会を目前にした役員会兼監査会に行ってきた。 昨年度同様、総会自体は書面決議となることは九分九厘決まっていた。 俺はその協議会の監事をしているので、欠席というわけにはいかない。 その会議は夜でも良いのに、平日の昼間からそれも昼食付きだった。 監査会を終え、しばしの昼食タイム、 いつものようにコンビニ弁当かほっともっと弁当だろうと思ったら、 なんと和食屋の天重だった。 弁当なら肝硬変による油分カット生活の俺にも、揚げ物以外は食べられるのだが、 天重となると逃げ場がない。 会長曰く、「総会後の懇親会が3年無いから、少しは贅沢してもいいじゃない?」だった。 有難く頂戴するそぶりを見せながら高級な昼食を目の前に、 「さて、コイツをどう攻めてやろう」と箸を取った。 「まあ、衣をはがして中身だけを食べればよいだろう」と、箸を動かすと、 思いのほか簡単に、衣と..

  • 心のケアを

    昨日は「心のバランス」について書いた。 そしたら、今度はダチョウの上島さんの訃報。 普段明るく振る舞っている人ほど、自分の中の深い部分に闇を隠しているものだ。 上島さんを慕っていた人も周りに多くいると聞くし、 実際に面識はなくてもテレビで活動を見て、 身近に感じていた人には衝撃になる。 身近に感じていた人の死に接した時、 人はどのように心を保ち癒すのか。 自分も死にたくなったりするといった、 ネガティブな同一化を起こしてしまうのか? 中高年の男性は、辛くても我慢して人に助けを求めたり、 辛いと言葉で伝えられない傾向がある。 辛くても平気な顔をして振舞ったり、辛さを紛らわすために、 アルコールの力を借りたりすることも多い。 俺もその一人だった。 辛いことは心の奥底にしまい込んで、常に明るい自分を演じていた。 だから、旅行やお祭り、宴会時には人一倍盛り上がっ..

  • 心のバランス

    ここ数日、見たくないニュースばかりを目にする。 亡くなった俳優の渡辺裕之さんは、 自律神経失調症を患っていたそうだ。 心配性で先行きの不安を口に出すようになり、考え込むことが多くなっていた。 何事にもストイックで、一生懸命で、手を抜くことをしない人だったそう。 「眠れない」と体調の変化を訴えるようになり、 少しずつじわじわと、心の病で大きな不安から抜け出せなくなり、 医師にも相談し、希望の持てる治療を始めたところだったそうだ。 衝動的な行動だったのだろう。 日常生活の中でも、 高所作業をしていて、ここから1歩前に出れば・・・とか、 道を走っていてハンドルを少し右に切れば対向車にぶつかって・・・とか、 生と死の境界線なんて、簡単に引ける場面はどこにでも転がっている。 依存症にも言える話だが、 これは本人だけの問題だけじゃない。 周りの、特に家族の人を..

  • 母の日?

    最近避妊手術から帰って来たころから、サビ親子が非常に仲が良い。 2匹同時とはならなかったが、2月中に手術を終えることができた。 「さくらねこ無料不妊手術事業」は、人間の身勝手な事業なのか、 ノラ猫たちにとって良いことなのかは難しいところだが、 殺処分ゼロを実現するもっとも有効な手段なのだそうだ。 サビとクロは、事務所内のシロと窓の網戸越しに鳴き合っている。 シロは体が小さく脳に障害があるため避妊手術ができないのと、 ネコエイズのキャリアであるため、サビ親子と触れ合うことができない。 メス猫同士3匹で遊べると良いのだが、仕方がない。 去年の今ごろは何をしていたのか?と、 過去ログを見たら、俺は毎日腰痛に耐えていた。 MRIを受ける前だったので、椎間板ヘルニアではなく、 アルコール依存症から来る「大腿骨骨頭壊死」と信じ切っていた。 腰よりも足の付け根に激痛が走..

  • BBQスポット有料化

    人気BBQスポットの一部有料化でGWの利用者激減だったそうだ。 トラブルが減り住民は大歓迎だが、 BBQセットの貸し出しや軽食提供などをする近隣の業者は困惑していたそう。 これは、昨日のブログの「コロナ移住」の話とも通じる。 田舎の河原は無料テーマパークではない。 Welcomeではない客層も多いのだ。 何事も整備にはコストがかかるものであり、適正な使用料を徴収するのは当然のこと。 観光施設の有料化は、施設の運営や環境維持コストを賄うだけでなく、 観光需要を適正規模にコントロールするという意味でも重要な試みだ。 施設の管理運営する自治体にも、清掃やゴミ処理等、環境維持にもコストがかかるのだから、 利用するからにはその代償を支払うのが当然だという意識をもつ必要がある。 なんでもタダで利用しようとする考え方を改めるべきだと思う。 無料開放されている河川敷など..

  • コロナ移住

    テレワークが導入され、ちょっとした移住ブームになっていると言う。 いわゆる「コロナ移住」というやつだ。 しかし、ブームに乗って準備も十分にしないまま、移住に失敗する人もいる。 過疎化の進む自治体にとっては、田舎の良さをPRする絶好の機会ではあるが、 それがなかなかうまくいっていないそうだ。 都会ではできなかったことを謳歌することはとても素晴らしいことだが、 何処にだって最低限のルールはある。何をしてもOKというわけでない。 なぜなら、その土地で暮らしている地元の人々がいるからだ。 田舎は楽しいこと、自分のやりたいことが実現できるとはいえ、 移住者のために用意されたテーマパークではない。 にわか田舎ファンが増え、各地で迷惑をかけているという事例をよく耳にする。 ネット上で手ごろな空き家を見つけ、いきなり縁もゆかりもない土地へ飛び込む人の中には、 お客様目線の移..

  • コロナとマスク

    ウクライナのニュースに隠れて、コロナのことが騒がれなくなっている。 GW中の俺は、ずっと仕事だったので気づかずにいたが、 一昨年去年のことがウソのように人の動きがあったようだ。 沖縄では昨日、新規感染者が2375人で、初めて2000人をを超えた。 県内で行動制限もなく、旅行者も来て自由に行動した結果だろう。 まだ連休が明けきれてないうちに、この数字ということは、 これから2週間したら、どうなるのか恐ろしい。 沖縄旅行者が持ち帰るとすると、2週間後には7波到来とか? コロナの流行が始まってから2年余りが経ち、 マスク着用が、日常生活に定着した。 「新しい生活様式」から始まったマスク生活ではあるが、 素顔を見せるのが恥ずかしいとか、 感情を悟られにくいとか、 化粧をするのがめんどくさいとか、 本来の目的とは違った定着の仕方へも変化している。 初対面の人との..

  • 肩甲骨の痛み

    昨日は通常運転だった。 現場が公共の建物なので、普通に平日扱いだった。 まだ連休後半戦って人たちも多いようで、 金曜日なのに他県ナンバーの車が多かったように思える。 うちの隣の公営トレッキング駐車場も朝から満車状態。 この駐車場は無料であるが、ほかの有料駐車場はガラ空きだった。 気候が良くなって、山登りをする人も増えたのだろう。 しかし、なぜかクーラーボックスを担いで川のほうに歩いていく人も多かった。 近年、川での事故やBBQゴミの不法投棄が急増しているため、 川へと続く消防道路は封鎖され、 近隣施設の駐車場も川遊びの車は駐車禁止としている。 路駐しそうなところもカラーコーン配置されている。 自然を楽しむのは良いことだと思うが、 最低限のマナーだけは守っていただきたい。 肩から肩甲骨の痛みで悩んでいる人がいる。 今年は本格的に来たようで、眠れないほどの..

  • GW最終日

    昨日は朝から休み。 4時起床と朝のルーティーンはいつも通りこなした。 祭日もゴミ収集車は来るからね。 朝食後からメダカの水槽の水入替えをし、 続いて妻の車を洗車してワックスをかけた。 妻が自分の車を洗車しているところを1度も見たことがない。 ハッキリ言って汚い。 ワックスをかけながら妻の車をまじまじと見ると、 前後左右4方にかすり傷があった。 ハッキリ言って運転がヘタクソである。 作業を終え「終わったよ」と、妻に一声かけたら、 「スモールランプの球が切れちゃってるんだよね」と。 俺の車の中を見たらちょうど1つ電球の予備があったので付け替えをした。 ウォッシャー液も花粉の時期を過ぎ、空になっていたので水を補充しておいた。 昼食後、妻の買い物に付き合った。 ばあちゃんの、母の日と90歳(卒寿)の誕生日のプレゼントを買いにデパートに行った。 俺もちょう..

  • 一件落着

    昨日は、床タイル下地モルタルの養生期間で現場は休み。 てことで、8時からタケノコ堀に行ってきた。 そろそろ今シーズンのタケノコも最終便、 ストックも冷蔵庫にたんまりあるので、 良い形のもの以外はライダーキックしてきた。 出ている本数も少なく、途中から竹伐採にシフトチェンジ。 竹もほかの樹木と同じで、今の時期が一番水を上げている。 この時期に伐採すると、その場所に竹が生えづらくなるのと、 伐採した竹が腐りやすいので、邪魔な竹は今の時期に伐採する。 隣の杉山に生えこんでいた約100本を伐採し、 玉詰めと枝打ちをして、斜面を滑り落ちないように積んできた。 伐採を始めると止まらなくなり、休憩も入れずに作業を行ったら、 足元不安定な斜面のアップダウンと、伐採による疲れで、 午後3時にはクタクタになり山を下りた。 やっぱり一人で作業をしていると、ついつい休憩を取るのを忘..

  • テーマは「否認」

    昨日、現場では午前中に床のモルタルを打設してしまったので、 午後は内部に入れず立入禁止となった。 そこで、断酒会の昼例会に妻と行ってみることにした。 連休中なので、新しい人や他県、他支部の人も多かった。 例会のテーマは「否認について」だった。 例会ではおなじみの議題だが、 俺は第一の否認と第二の否認についてしゃべってきた。 ここで、第一の否認とは? 「アルコール依存症ではない!」と自分に言い聞かせる。 「アル中」とレッテルを貼られる嫌悪感、 世間から疎外される孤立感、 酒を飲めなくなるという恐怖感などから否認し続けるので、 アルコール依存症と認めざるを得ない日まで飲み続けることになる。 第二の否認とは? 「酒さえ飲まなければ、何の問題もない!」と自己完結する。 すべてを酒のせいにしたいから、諸悪の根元は酒であり、 その酒を断ったので一件落着と思いた..

  • 公共のトイレ

    このところ公共トイレの新築工事や改修工事が多いせいか、 公共トイレのニュースには、ついつい目が行ってしまう。 多目的(身障者用)トイレの長時間利用が増加傾向らしい。 清潔さと居心地の良さはわかるが、喫煙所として利用したり、 個室内でのゲーム利用など以前にはない“要因”も増えてきた。 身障者や赤ちゃん連れの人は、そこしか使えないのに長時間待たされる。 身障者用なので、車いすの回転できるスペースがあり、 手すりやベビーチェア、おむつ交換台も充実している。 多目的トイレは元来、車いす利用の方、オストメイトの方、 発達障害の子どもがいる方、高齢者の方、小さな子どもがいる方、 潰瘍性大腸炎などの難病の方などのためのものである。 スマホゲームや喫煙、化粧直しのための利用など言語道断である。 自治体がコンビニに協力を仰ぎ、 「公共トイレ」として住民に使ってもらう動き..

  • 雨のGW

    ゴールデンウィークに入っているが、 渋滞情報が入っていないような気がする。 4月29日から5月8日まで、 長~い連休だから、分散型なのかもしれないが、 コロナの規制解除後でも、まだ遠出を控える人が多いのかも? まあ連休中は仕事の俺には関係ない話だが。 俺のGWは、連休明けの雨の平日にしようと思っている。 俺も妻も土日祝日関係ない仕事だから、休みの予定も流動的だ。 日帰り観光コースになっているうちの周りは、 ドライブやBBQで、連日サンデードライバーの運転に注意が必要だ。 景色を見ながらカーナビ頼りで、急にブレーキを踏んだり、 センターラインのない山道のど真ん中を走ってくる。 最短距離を案内するカーナビも困りもので、 すれ違いのできない俺の自宅前の道を、カッと飛んで来てお見合いしている。 そんな中、サビ親子がチョロチョロしているので危なくてしょうがない。 ..

  • 意見の相違

    昨日の朝は長女とタケノコ堀に行ってきた。 最近デスクワークの多い彼女は、 斜面の上り下りに付いてくるのが精いっぱいで、手伝いにもならなかったが、 「いい汗をかいたー」と、清々しそうだった。 妻はなんでも精神疾患と繋げたがる。 俺のアルコール依存症や、亡き妹の統合失調症のことで、 多方面で勉強しているのはわかる。 しかし、ちょっと考え過ぎじゃないのかな?と感じることが多々ある。 俺の精神病院入院から5年が経過し、 酒のことを過去のこととして覚えておきながら、前に進みたいのに、 ことあるごとに、過去のことを掘り下げたり、 再飲酒してしまったときのことばかりを言ってくる。 俺は肝臓に爆弾を抱えているので、日々の自己管理はしているつもりだ。 身体が動く限りは罪滅ぼしのためにも、頑張っていきたいと思っている。 しかし妻は、「酒を飲みすぎなければ」とか、「私がも..

  • コロナ慣れ

    今朝は早く起きた てか、昼夜逆転の長女に起こされてしまった。 今日は仕事も甘いし、まあいいか。 東京・練馬区のマンションで立てこもり 大田区のマンション立てこもり 物騒な世の中である。 昔と比べるとこの種の事件が増えているように感じる。 また猟銃か、銃の規制、更に強化すべき 今回の事件のように他人を巻き込んじゃいけない 知り合いの娘さんがコロナになったそうだ。 うちの次女も先週みなし陽性となり、GWは帰ってこれない。 しかし、もう誰がコロナになっても動じなくなってしまった。 もう少し緊張感を持ったほうが良いのはわかっているのだが、 「風邪程度」って認識が良くないんだね。 そんなこともあって、3回目4回目のワクチン接種を渋る人が多くなっているそう。 強く症状が出る人に聞くと、回を重ねるごとに副反応が重くなるとか? うちの長女も副反応が強く出るらしく..

  • 毎日切り花

    今朝も、みぃのゴハンの催促で起こされた。 玄関を開けると、これまたいつもの通り、外ではサビ親子が待っていた。 事務所に着くと、シロが「早く出せ!」と、ケージの中で暴れていた。 ひととおりネコたちのゴハンの用意を済ませ、 メールチェックとブログUPが俺の朝の日課だ。 今日も始業前にタケノコ山に行ってくる。 夏日 → 雨 → 夏日 → 雨 の繰り返しでは休む間がない。 1日おきに行っても採り切れない。 8時には現場に行かなくちゃだから、6時には山に入る。 今日は2社の下請けさんが集金に来る。 最近は振り込みのところばかりだから集金は珍しい。 そこで、タケノコ消費チャンス! 今日の収穫分はその人たちに全部持って帰ってもらおう。 都市部の人だから多分喜んでくれると思う。 しかし、今年はタケノコシーズンが早い。 普段なら、連休明けに出るところまで今の段階で出..

  • 世代間格差

    昨日は1日だけ昔の仲間の手伝いで、RCの現場の墨出しをしてきた。 なんでも、老人ホームが建つそうで、 その基礎の躯体の墨出しだった。 「いくつになっても、慣れた相手との墨出しのほうが仕事がはかどるんだよ」と、 良く誘ってくれるヤツだ。 確かにアイツの動きを見ていれば、次に何をするかわかるから、 自然と俺の身体も動く。 基礎の作業は上り下りが多いから、夕方には足腰がヘロヘロになるんだよね。 ただ、俺はアナログ人間のため、新しい機械や工具には戸惑ってしまう。 しかし、まだ老人ホームも新築の需要があるんだね。 20年ほど前は、バンバン新築していたけど、 よく考えてみると、団塊の世代の人たちとバブル全盛期の人たちが、 施設の利用をするにしても、あと20年だろう? 今新築して採算が取れるのだろうかと思ってしまう。 セレモニーホールも、やはり20年前は新築ラッシュだ..

  • 畑、山、雑草

    年度末の仕事の後始末で多忙だったため、 うちの仕事が疎かになっていた。 昨日は夕方にキュウリネットを張った。 現場の仮囲いみたいに組んだので、少し頑丈すぎた。 連休には長女が来るのだが、 気温も上がって来て、今年は腰も絶好調なので、 待っていられなかった。 タケノコもいよいよ飽きてきた。 煮物、野菜炒め、青椒肉絲、タケノコご飯、みそ汁、 作ってくれる妻には悪いのだが、 すべてにタケノコが入っているので、 胃が悲鳴を上げそうである。 でも、昨日の夕方からの雨で、今日も昼休みに山に登らないと竹林が広がってしまう。 降雨と夏日の繰り返しでは、成長も早い。 こうなると、駆除に近いものがある。 小さすぎるものは掘って放置、大きすぎるものはライダーキック! タケノコさんには、ほどほどに顔を出してほしいところ。 家や工場の周りの雑草も、ぐんぐん成長してい..

  • 団塊ジュニア

    俺たちのころは、バブルの恩恵を受け、 就職活動は何も苦労がなかった。 受ければ即内定、学生が職を吟味する、まさに売り手市場だった。 にもかかわらず、俺は数年先には家業を継ぐことが決まっていたので、 地元の建設会社に就職した。 その数年後、バブルは崩壊し、その煽りを受けて、 就職難の時代に突入し就職氷河期を迎える。 俺が家に引っ込んだころも、業界自体も冷え始めていた。 こんな記事を見て、少し考えさせられた。 「団塊ジュニア」と呼ばれる 47歳から51歳は、 「団塊の世代」の子供たち世代のことを指す。 親である団塊の世代はこれから介護や医療に出費がかさむ。 「老老介護」、その主役に、団塊ジュニアたちが躍り出る。 その先、団塊ジュニアが後期高齢者となると、日本はどのようになっているのだろう? 現役世代1.4人で1人の高齢者を支える時代となり、 現役世..

  • 休日に重労働

    昨日は、午後から雨が降るとの予報だったので、 朝からタケノコ堀に行ってきた。 金曜日に根こそぎ採ったので、 何本も出ていないだろうと、様子見がてら山に登った。 そしたらなんと、金曜日の雨と土曜日の夏日の影響で背負いかご満タン2往復。 寝た子を起こしてしまったようだ。 これは家では食べきれないと思い、お裾分けしようと姉に電話したら、 「茹でたタケノコがまだ鍋にたくさんあって食べきれない」と言われた 近所の人たちもタケノコに飽きているので貰ってくれないだろう。 もっと時間をかけてゆっくりすこしずつ出てくれよ~。 結局妻の実家に、第2便でまた3箱送った。 妻の実家は北海道で孟宗竹が無い。 それにお寺さんだから配るのには困らないだろう。 クロネコさんには、コロナ疑いのある次女にも救援物資を送った。 次女に電話をすると、 「みなし陽性」という扱いで、自宅待機で今週は..

  • 次女がコロナ

    昨日も暑かった。 無防備にタオルで汗を拭っていたせいか、 鼻の頭がヒリヒリ。 鏡を見たらトナカイさんだった(笑) 陽も伸びて、外では遅くまでサビ親子が組んず解れつじゃれ合っていた。 手術後サビが赤ちゃん返りしたのか、昨日もむすめのクロを追いかけていた。 クロがどこかに遊びに行くと、寂しくて「にゃ~」と呼んでいた。 外のサビの声を聞いて、事務所内の発情6日目のシロも大騒ぎ。 シロの発情、ここ1年くらいは頻繁に起きていなかったのだが、 先月辺りから、また2週に1度の発情ペースに戻ってしまった。 おかげで事務所の玄関がオシッコ臭い。 床はペットシートだらけだ。 まあ5年前からこの調子だったので、慣れたものである。 ただ、お客さんが来るときは、 1時間前から換気とファブリーズなのがめんどくさい。 知り合いがMRIの結果「脂肪肝」と診断されたそうだ。 NASH..

  • タケノコ堀

    昨日は仕事が早く終わったので、3時過ぎからタケノコ堀に行ってきた。 てか、朝方にタケノコの姿を見てからというもの、 明け方まで降り続いた雨と、日中の急激な気温上昇に、 「タケノコ育っているだろうな」と、居ても立ってもいられなくなったので、 無理やり仕事を途中で切って、山に入ったわけだ。 そしたら俺の予想通り、たくさん採れた。 土日は、山に2本足のイノシシ(似非ナチュラリスト)が入る。 山にも地主がいるので、盗掘、盗伐は控えてほしい。 柿やみかんはわかりやすいが、コマを植えたキノコまでもが、 山に伏せておくと盗られる。 以前、畑で栽培しているタラの芽をもぎ取っているのを見た時には、 よそのお宅の畑にもかかわらず、さすがに車を停めて注意した。 とりあえず昨日はウチの初物に加え、妻の実家に送る分も確保できた。 汗びっしょりになったので、軽くシャワーを浴びてから、..

  • IRとギャンブル

    先ほどタケノコ山に様子を見に行ったら、 何本か顔を出していた。 先月はあんなに寒かったのに、例年より1週間ほど早い。 気温よりも降水量なんだね。 けもの道も復活していて、 今年もやはりタケノコ山は、タヌキと野良猫のトイレと化していた。 今日は暖かくなりそうなので、 昼休みに今シーズンのタケノコ収穫の始まりだ。 今年はイノシシとシカは来ていないようだが、 週末は2本足のイノシシに採られちゃうので、 今日中にウチの分の初物をGETしておこう。 畑は1柵ジャガイモに占領されてしまったので、 夏野菜は今年もナス、キュウリ、ピーマンくらいか。 ゴーヤーとトマトは、俺しか食べないのでやめておく。 和歌山でIR区域整備計画が否決された。 IRは名前こそカッコ良いが、所詮賭博場である。 パチンコ、パチスロは、三店方式で守られているおかげで、 風俗営業適正化..

  • 心の障害者

    吉野家の「田舎の生娘シャブ漬け戦略」 呆れてものが言えない。 田舎差別、女性蔑視であるのはもちろん、薬物で苦しんでいる人もいるのに、 冗談にして笑って話してはならない。 他にも「家に居場所のない人が何度も来店する」という趣旨の発言もあったそう。 顧客を中傷する発言をすることに強い怒りを覚えたし、 その発言が教育機関でなされたことにも驚いた。 また、教室にいた受講生の中には笑っている人もいたという。 店のターゲットは明らかにサラリーマンや学生中心であり、 あまりに言葉に過敏になりすぎていないかと言われるかもしれないが、 今の時代、昭和の根性論を持ち出しても的外れである。 そもそもこの人には、客を物として見下す、 人を押しのけてでも勝つということしか頭にないのかと思ってしまう。 この人の心の奥底に、そういった思想があるからこそ出てしまう言葉であり、 失言という程..

  • 飲みニケーション

    4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶらしい。 実際に月がピンク色に見えるというわけではなく、 春に咲く草花の色にちなんでそう呼ばれているそうだ。 日曜の月は満月だったそうだが、 こちらでは曇ったり時折雨が降ったりで、 月を拝めたのは月曜の朝5時ごろ、 西の空に雲の隙間からほんの少しだけ顔を出していたが、 ピンクではなく、黄色ムーンだった(笑) 総会シーズン突入だが、コロナの影響で今年度も紙面開催のところが多い。 歓送迎会も中止のところが多いのではないだろうか? サクラの花は散ってしまったが、当然花見も中止だったのだろう。 改めて、リアルな飲み会を希望している人はどの程度いるのだろうか? 酒宴だけを楽しみに参会する人もいるが、 プライベートな飲み会は楽しみたいけれども、 仕事関連の飲み会は、できればこのままなくなってほしいと感じている人もいる。 喜び勇..

  • 空白の時間は危険

    週明け月曜日の午前中は何かと忙しい。 朝から慌てないように、就業前には準備を整えていたのだが、 予定のない仕事も入り、昼食は移動中の車内で菓子パンとなってしまった。 土日に電話が繋がらないから、週明けは大体こんなものだ。 週末に休むのならば、せめて金曜の夕方に、 電話でもメールでも良いから一報が欲しいところだ。 全速力で外回りを終わらせたら、15時には事務所に帰ってきてしまった。 ホッとして、ゆっくりコーヒーを飲んでいたら、 日曜日にジャガイモの芽かきと草取りを終えた畑が窓の外に目に入った、 草取りをしたら少し広くなったので、 「もう一柵耕しちゃおうかな」と突然思った。 娘の車のタイヤ交換も気になったが、もう止まらない。 長靴と農作業用手袋と帽子を装着し、畑にGo! 1時間半かけて1柵増やし腐葉土と苦土石灰も混入させ、 連休中に植え付け予定の夏野菜の準備が整..

  • 高級セダン

    土曜日は、台風一過のような風の強い1日だった。 流れる白い雲は早く、山にぶつかって徐々に溜まって灰色が濃くなる。 そうすると、うちの現場はにわか雨が降る。 ちょうど板金屋さんが軒樋をかけていて、 雲の様子を見ていた俺が、 「そろそろ雨が来るよ」と言うと、 「こんなに晴れてるのに降るわけないじゃん」 10時休みをしていたら、ポツポツ・・・ 俺「ネッ」 慌て出した板金屋さんに、「すぐ止むから大丈夫だよ」と言った。 すると、20分くらいで晴天に戻った。 「やっぱ、山の人はすごいな」と感心された。 昨日の日曜日は、朝から畑でジャガイモの世話と草取り、 午後からはメダカの水槽の水替えをした。 時折サビ親子がやって来て、「何してるの~?」と言う感じで見ていた。 途中、愛車の車検で修理屋の先輩が来てくれた。 「この車を取りに来ると春だな~って感じるよ」だって。 ..

  • 宅飲みは危ない!

    今朝はどんより、気温も上がらなそう。 先日から芽が出始めているジャガイモの芽かきと、 追肥、土寄せからスタートだ。 ついでに周りの草取りでもしておきましょうか。 汗をかくだろうから、それからシャワーだ。 休日でもないと、午前中からシャワーなんて浴びられないからね。 以前なら、それから風呂上りにキューっと冷えた缶ビールという流れだったが、 現在は40円の炭酸水がその代用品だ。もう慣れた。 今更だが、「宅飲みは危ない!」 コロナ禍に伴って、外で酒を飲む機会が減り、 「気がつけば自宅での飲酒量が増えていた…」という人も少なくないのでは? 酒を飲み過ぎれば病気になることは、誰もが頭では理解している。 しかし、そうは言っても飲む量を減らしたくないのが酒好きというもの。 ただでさえコロナ禍でストレスがかかっているのだから、 お酒を飲みたくなっても無理はないのかもしれない..

  • 彼氏がご挨拶

    昨日は一日中雨、開店休業だった。 23歳の次女から妻へLINEがあった。 「GWに彼氏を連れて家に帰る」って。 え~~~~~~~ どうしよう?急に言われてもネ~。 そもそも彼女はどういうつもりなんだろう? 来月中に会社を辞めて、東京での仕事も決まっている。 それに彼氏と一緒に住むということまでは聞いていたが、 まだ実家に来なくてもいいんじゃない? なんて思ってしまう。 でも、俺も初めて妻を家に連れて来たのは21歳の時だったな。 彼氏とは大学時代からの付き合いだそうだ。 一緒に住み始めるということで、 まあ、とりあえずご挨拶ってところだろうか? 今後、気軽に遊びに来れるような関係になれれば良いなと思っているが、 2人を迎える両親のほうが、アタフタしている。 お互い成人した社会人だし、彼女には彼女の人生があるわけだから、 俺からは何も言わな..

  • 1年半ぶりのアルコール外来

    連日の暑さと打って変わって昨日は寒いくらいの1日だった。 調子が狂ってしまう。 まあ連日の夏日で、おじさんの身体はビックリしていたので、 クールダウンと言ったところだろうか。 でも、冷えから来る身体の不調には十分注意せねば。 昨日は予定通り、精神病院の外来に行ってきた。 受付をしていると、入院当時からいる女医さんが声をかけてくれた。 医「七さんお久しぶりです~♪ お元気でした?」 俺「はい、飲まずに元気でやっています」 医「ちょっと痩せた?」 俺「このところハードワークが続いていまして」 医「顔色が良さそうなので安心しました」 久しぶりの女医さんの顔に、懐かしさを感じた。 受付を済ませ、待合室で初診の問診票を書きながら順番を待っていると、 10分ほどで俺の名前を呼ばれた。 懐かしの診察室に入ると、主治医が 「お久しぶりです、今日は何かありましたか?」..

  • 5th入院記念日

    本日は、俺の「入院記念日」である。 5年前の2017年(平成29年)4月14日、 連続飲酒 → 吐血 → 下血 → 歩行不能 となり、 入院と言うよりも、護送か搬送みたいな感じで、病院に担ぎ込まれた。 入院時に家族は「72時間以内に変化があれば命に関ることになるかもしれない」 と医師から言われた。 それからの数日間は記憶が無い。 見舞いに来た妻と姉に、「ご苦労様です。どちら様ですか?」 と、尋ねていたそうだ。 妻と姉は泣き崩れたと聞いた。 入院後は、 保護室(檻) → 閉鎖病棟 → 開放病棟 → 閉鎖病棟 → 開放病棟 アルコール依存症の場合、通常3か月の入院だが、 俺の場合は症状が重く、退院までに5か月かかった。 入院時に発覚した肝硬変はCP分類C(重度)から、現在はAまで回復、 2年前に肝細胞癌発覚、そして切除手術、 再発や転移はまだない。 4ヵ月..

  • 春を通り越して

    昨日も夏日だった。 満開だった桜も散り、赤と緑色の部分が目立つようになってきた。 見ごろも、あっという間だった。 昨日も夕方、ブロアーで吹いたら、 前の道が真っ白になった。 早く風よ吹け!(証拠隠滅) コタツを片付けたいが片付かない。 コタツは、ばあちゃんとみぃの特等席なので、 GWまではバリバリに活躍すると思われる。 ここまで気温が上がると、春を通り越して真夏である。 衣服も、春物は何着か用意してあるけど、 さすがに真夏用の服はタンスの中だ。 今週末にはタイヤの入れ替えを予定している。 熱い路面にスタッドレスだと溶けてしまう(笑) こんな時って、薄着になったり汗が冷えたりして、風邪をひきやすいんだよね。 時期が時期だけに、コロナと間違われてしまうので風邪には要注意だ。 昼休みに姉からTEL。 姉「七~、花が終わったから庭の桜の木を切ったん..

  • 旅行の夢

    桜の花びらをブロアーで吹き飛ばすのが日課となっている。 急に暑くなったので、見ごろは1週間も持たなかった。 旅行の夢を見た。 温泉宿近くの漁港を歩いていた。 ふと、「あれっ?まだ酒が残っている」と気づき、 汗をかいて体内の酒を抜こうと、防波堤の上を走った。 そのとき思ったのが、「ヤバい、飲酒がバレる」だった。 断酒生活も丸5年、飲酒欲求も無いし酒に対して敵意さえ持っているのに、 夢の中では二日酔いするほど飲酒している自分がいた。 これは、飲酒に対する罪悪感よりも、 「バレないように隠そう」といった、 アルコール依存症者にはありがちな、証拠隠滅の意識のほうが高いということがわかる。 バレなければ飲んでも大丈夫という、弱い自分への甘さ、ズルさの表れだ。 心の奥底に、こんな感情が残っているということで、 「俺もまだまだ危ないな」と、 断酒の決意を、よ..

  • 2年ぶりの例会場

    土曜日の夜、断酒会の例会に行ってきた。 その例会場は2年ぶりだ。 総会も近いので、その打合せがある家族会役員さんの妻のお供で、 付録みたいに付いていったような感じ。 例会場に到着すると、 「お久しぶりです~♪」と、嫌味にも似た挨拶をされた(笑) しかし、2年前とまったく同じ顔ぶれ。 正副会長と支部長、それとベテランさん。 皆さん少し老けたかな?って程度。 話す内容も、聞いたことのある話(春バージョン)と近況報告と孫自慢。 「この面子では深い話をしても仕方ないな」と思い、 俺も近況報告とネコの話をして終わった。 もともと年齢層の高いベテランさんの多い例会場なので、 だいたい想像はできたが、まさに俺の予想通りとなってしまった。 俺は断酒会員だが、AAチャレンジもしたことがある。 そこで解ったこととは、 自助グループは、AAにしても断酒会にしても、 例会..

  • 入学式は親子で

    金曜日の昼間、水分補給のたにローソンに寄ったら、 レジ前に黒い行列が! 店の近くの高校の入学式の帰りのようだった。 ブカブカの制服の子供たちと、 ピカピカに黒光りしたフォーマルスーツのマダムの皆様。 ほぼ全員が親子連れだった。 中には両親が付いて来ている新入生の姿もあった。 妻の言う通り、ほとんどの親が入学式に来る時代なんだね。 俺たちの時代は、高校の入学式に親が来るヤツなんて一人もいなかったのに。 経験者の妻が言うに、卒業式も同じような状態だそうだ。 高校の卒業式なんて、学生のものじゃないの? 同輩や後輩との時間のほうが大切じゃないの? 高校生活最後の日に、親が居ては盛り上がれない。 遠い昔の話だが、俺たちのころは、 卒業式終了後から、卒業証書を持ったまま同級生の家を泊り回っていた。 現代では、そんな奴らはクズ扱いされるんだろうな。 黒い行列で..

  • ジャガイモの芽

    ず~っと山奥の現場ばかりに行っていたので、事務仕事が溜まっている。 その現場の書類は終わっているのだが、ほかの仕事をサボっていた。 リフレッシュ休暇と行きたいところだが、 なかなかそうはいかないのが現実だ。 事務仕事が終われば、次の現場の準備に取り掛からなければならない。 次の現場のことも後回しにしていたので、図面も頭に入っていない。 そこに来て、先日もブログに書いたが最近の材料高である。 納期未定の材料や器具も多い。 悲しいかな、前もって大量在庫しておくほどの財力は無い。 これが零細企業の悩みだ。 値動き等、細心の注意を払わねばならない。。 今年は、コロナに加えてウクライナ、それに原油高。 材料や器具の部品を世界中から仕入れている日本では、 こんな有事の際にパニックに陥る。 それも、末端に行けば行くほど苦しめられる。 いまGOサインを出したら、お客さ..

  • 外来は可能?

    駐車場の桜も満開を過ぎ、散り始めて、 車が通るたびに道路に花びらが舞っている。 コロナも落ち着き始め、仕事も一段落しているので、 久しぶりに、入院していた精神病院に行ってみようかと電話してみた。 受付の人に氏名を言って、カルテを確認してもらった。 すると、「七さん久しぶり~♪ お元気でした~?」と聞き覚えのある声が。 俺が5年前、5か月入院していた時のアルコール担当の看護師さんだった。 彼女とは同年代で、入院時には暇を持て余していたので、 よく病気の相談をさせてもらったり、雑談をしたりしていた。 とても世話になった人だ。 計算してもらうと、1年半も通院していなかった。 主治医の外来のサイクルも変わっていた。 来週木曜日の午前中なら、初診扱いで診てもらえると聞いた。 以前は金曜日の午後に診察してもらい、 その後には院内例会(グループミーティング)に参加して..

  • 桜満開

    昨日も暖かかった。 午前中には汗びっしょり、昼休みにシャワーを浴びて全着替え。 先日まで防寒着を着てブルブル震えていたのがウソのようだ。 この気温上昇で、遅咲きのうちの桜も満開を迎えた。 苗を植えたのが26年前、やっと見られる桜になって来た。 しかし、ソメイヨシノは成長スピードが速く、寿命は60~70年と聞く。 俺が子供のころ見事だった近所の桜並木も、次々に伐採され始めた。 第二次世界大戦の終戦後間もなく植えられたものが寿命を迎え、 近年、「サクラの名所がなくなる」ともいわれている。 今週末は夏日になるとの予報で、花の見ごろもあと数日だろう。 その後は桜吹雪で車は水玉模様、花粉の次は花びらだ。 うちの桜は事務所の前の南側に立っているので、 夏の間はグリーンカーテンの役割を果たしてくれる。 しかしその後は、落ち葉で葉っぱ掃除の毎日が待っている。 朝から..

  • 寝坊

    昨日は寝坊した、1時間以上寝過ごした。 2度寝ってとても気持ちが良い。 まあ無駄に早起きしているわけだから特に問題はない。 時間に追い回され、バタバタするのが嫌なので、 時間には余裕を持つように普段から心がけている。 焦ると間違うし、ケガもしかねない。 後ろの車が煽ってパッシングしてきても、 「10分早く起きろよ!」 「オマエの遅刻より、荷台の積み荷のほうが大切だ」 と、安全運転続行する。 今朝は、資源回収とペットボトルの日。 現場で出たダンボールとペットボトルもついでに出した。 ペットボトルは職人さんも持ち帰るので、あまり無かったが、 ダンボールは、サッシの箱と衛生陶器の箱が多かった。 TOTOとかLIXILとか書いてあるのが見えると気まずいので、 それを隠すようにリボンテープで縛って出した。 ちょっと1回では量が多いので、来週の分と2回に分けることに..

  • 雨の昼例会

    昨日も1日中雨だった。 外構工事が残っている現場も、ドシャ降りでストップ。 内勤を余儀なくされた。 そこで、妻と一緒に断酒会の昼例会に行ってみようということになった。 うちの地区では、昼例会が月一で行われている。 2人とも3回目のワクチンは接種済みだし、ダイジョブだろうと、 久ぶりに行ってみると、俺が入会した4年前と同じ顔ぶれ。 新規の人は見受けられなかったので、 いつもの人に同じことをしゃべっても仕方がないと思い、 近況報告のみでお茶を濁した。 ヒートアップしていたのは、妻ともう一人の家族会の人。 2人とも、以前にも同じ場所でしゃべっていたとをリピートしていた。 その横で俺は「あっ、この話は聞いたことがある」と、黙って目を瞑っていた。 物事を反復(繰り返し)することで、 問題に対する答えを正しく導き出しやすくなったり、 間違いが起こりにくくなると..

  • 雨の日曜日

    2日連続の雨天、 一度しまった真冬用の防寒着を引っ張り出した。 昨日はホントに何もない日曜日となった。 朝は、普段より1時間遅く起きた。 のんびりと朝のルーティーンをこなし、 ついでに2ヵ月ぶりの散髪をした。 20歳のころから髪の毛は自分で切っている。 30年以上のキャリアなので、手慣れたものだ。 美容師をしている妻の友達にも褒められたことがある。 バリカンを買って、坊主頭にした時期もあったが、 クモ膜下出血による開頭手術により、頭蓋骨が少しずれているので、 現在は坊主頭にはしていない。 次の日の段取りをする必要もなかったので、 土曜日の夜は、滅多にしない夜更かしをした。 とは言っても、23時が限界だった。 まあ、普段は21時には布団の中なので、 プチ夜更かしと言ったところか? 久しぶりに妻と雑談らしい雑談をした。 ネタが少ないから、子供たち..

  • 安い日本

    今朝は寝坊、アラーム音にも気づかなかった。 ネコに「腹減った~」と起こされた。 今日は久しぶりに、何もない日曜日だ。 サビ母さん、2日ぶりにエサ場に顔を出してくれた。 まだ以前のような元気はないが、食欲は回復傾向のようだ。 とりあえずホッとした。 今シーズン初のウグイスの鳴き声を聞いた。 梅に鶯ならぬ、花桃に鶯だった。 事務所裏で朝から一生懸命鳴いていたが、 まだまだ「さえずり」とまでは行かないヘタクソな鳴き方だった。 昨日で今の現場の作業は終了。 片づけをして、残材を引き上げて帰って来た。 追加工事は、引き渡し後にお客さんの少ない日を狙って行う。 月曜日に完了書類と請求書を提出すれば、 令和3年度の仕事も概ね終了だ。 次の仕事は平地で四角い建物だからホッとしている。 しかし、材料の値段がバカ高い。 納期未定の材料や器具も多い。 手を付け..

  • サビのお迎え

    サビ母さんを迎えに行ってきた。 昨日も、現場の朝段取りを終えてから、 指定された動物病院に、サビ母さんのお迎えだ。 現場での打ち合わせが長引き、出発が遅れた。 仕事をサボって抜け出すのだから贅沢は言えない。 道中は4月1日、新年度初日と言うこともあり混雑していた。 対向車を見ると、営業車らしき車の中に2人乗っている。 運転する先輩社員と助手席の後輩社員もしくは新入社員かな? 新年度の挨拶回りなんだろうな。 そんな車と数台すれ違った。 てか、そんなことより病院の診療時間内に間に合わないんですけど~。 午前中の診療時間は09:30~12:30 現場を出発したのが11:00 片道1時間はかかる距離だ。 新年度の月初、それに金曜日、渋滞するよな。 結局1時間25分かかった。 診療時間終了3分前に病院に到着した。 急いで受付を済ますと、スタッフの人に、 ..

  • 続さくらねこ作戦

    昨夜からの雨が降り続いている。 令和4年度初日から、早速段取り変えだ。 昨日、「さくらねこ作戦」決行! 前日の夕ご飯は軽めにしておいた。 早朝、鳴かれたが無視を決め込んだ。 朝8時前に現場に行き朝段取り終了後、慌てて帰宅。 帰宅後、妻にワゴンRのハッチを開けておいてもらった。 さて、朝食の準備。 カリカリに加え、匂いの強そうなチュールを混ぜた。 普段ならサビ母さんとクロのエサ皿を2つ用意するところだが、 サビ母さん用1つに集中することにして、かわいそうだがクロを外に追いやった。 先ほどのスペシャルな朝食を皿に盛り、いざ捕獲器の中に投入。 2週間前から捕獲器の中で食事をさせているので、 警戒心が強いサビ母さんも慣れている。 捕獲器にかけておいたお手製フックを解除。 とその時、誤って捕獲器のふたが半分閉まってしまい、ガシャンと音を立てた。 感づいたサ..

  • 春、サクラ、酒

    昨日は暖かかった。 書類の提出で3日ぶりに下界に降りた(高低差400m) 現場の周りではムラサキツツジが満開を迎えていたが、 ふもとに下りると、サクラが8分咲きの状態。 急に暖かくなったから、サクラの花も「早く咲かなくちゃ」と大忙しだ。 うちの事務所の前のソメイヨシノも5分咲きだ。 ウチの桜は、少し日陰げに立っているので、例年周りよりも少し遅い。 桜といえば、5年前の春を思い出す。 精神病院に強制入院させられたのが4月の半ば。 桜の花も散り始めた季節だった。 病院の近くの桜並木も、満開を通り過ぎ、 葉桜になり始めていたのを覚えている。 当時の俺の脳ミソは、完全に「酒」に支配されていた。 朝起きて、モーニングコーヒーの代わりに焼酎のお湯割り、 顔が真っ赤なことにも気づかず、平静を装い仕事を始める。 ニオイがバレるので、決して人には近づかない。 昼休みに..

  • 老害

    東京都ではコロナも下げ止まり気味とか。 国産コロナ飲み薬の早期承認に賛否両論、 塩野義コロナ飲み薬は効果明確に示されず、条件付き早期承認だという。 塩野義は「迅速な審査が可能な「条件付き早期承認制度」の適用を求めているが、 制度の趣旨に沿わないのではないかと疑問視する意見もある。 塩野義コロナ飲み薬よりファイザーの方が、 遙かにコロナに対する抗ウイルス作用が強いと言われている。 政府が塩野義コロナ飲み薬を確保して、 医療現場の選択肢を増やそうと努力していることは大いに評価すべきだが、 それなら、現状を正確に国民に伝えなければならないと思う。 昨日は建築安全センターの検査があった。 検査を受けるのは役所と設計屋。 俺は前もって役所に必要書類と写真の提出をしてあったから、 普通に現場で作業をしていた。 現場の最終チェックとクリーニングをしていると..

  • アル依存な性格

    ようやく現場が落ち着きを取り戻してきた。 電気、衛生設備の器具付けが終われば、 あとはクリーニングをして検査期間に入る。 俺はまだ、専門業者に最終クリーニングを任せたことがない。 それは、クリーニングをしながら細部のダメ直しを進めるからだ。 ヘルメットライトと老眼鏡を駆使して、這いつくばっての作業だ。 検査に受かる程度では気に入らない。 「そんなところまで見られないよ」とか、 「どうせ4月からは土足で入られちゃうんだから」とか言われるが、 建物を引き渡すまでは俺の商品だ。 単なる自己満足だということはわかっているが、 これは俺の性格だから仕方ない。 アルコール依存症には、俺のような性格の人が多いと言う。 アルコール依存症になりやすい性格↓ ・几帳面で、完全主義の人 ・仕事を「いい加減に終わらす」ということができない人 ・ストレスをためこみやすい人..

  • サビ母さん

    昨日は暖かいを通り越して、少し暑かった。 今季初、蚊に刺された。 先週は雪も降ったというのに、 この気温の変化には、50代半ばの身体は着いていけてない。 バテるのが早いのである。 15時を過ぎると、注意力が散漫になり、 惰性で動いていたような感じだった。 「日曜日だから暗くなる前に帰ろう」と、職人さんが言った。 「そうですね~」 時刻は17時半、真冬に比べると暗くなるのが1時間以上遅くなった。 12月1月は、16時に片づけを始めないと真っ暗で辺りが見えなくなっていた。 朝晩の冷え込みも、今シーズンは辛かった。 今朝起きると、風も暖かい。 そりゃあ、今週末から4月だからね。 昨夜の雨の影響で、辺り一面がガスっている。 いつの間にか甲子園も始まっているし、相撲も終わっていた。 山ごもりしているからウクライナとコロナの話題しか雑談に出てこない。 昨日..

  • 機内モード

    今朝は生暖かい風が吹いている。 雲は南から北に流れている。 気温も高い、寝汗をかいたくらいだ。 今日は曇りがちだが、 明らかに春本番を迎えようとしている。 花粉の飛散も最盛期だろう。 昨日は1日中バタバタしていて、帰宅は22時、 今日も早出だ。 工期が迫っているから、職人さんたちも苛立ち気味だ。 これも全て段取りが悪い俺の責任だ。 何を言われても言い返さないようにしている。 21時ごろ、妻が現場にやってきた。 「どうかしたの?」 「ぜんぜん電話に出ないし、LINEも未読だし」 俺の携帯を確認しようとしたが、手が汚れていて電話に触れない。 妻にポケットに入っている携帯を出してもらい、確認すると、 「機内モード」になっていた。 以前にもこのようなことが数回あった。 機内モードになったり、ライトが点いたり、呼出音が鳴らなかったり、 そのことを携帯..

  • 肉体的疲労

    昨日は疲れた。 最近、年度末で精神的な疲れが多かったが、 昨日の場合は肉体的な疲労。 3人で1日で終わる仕事だったのだが、 1人が休み、1人がワクチン接種のために半休。 時間に追われ、久しぶりに「昼飯抜き」の肉体労働。 日没で危険なので仕事を切り上げたが、あともう少し残っている。 今日は6時に作業再開だ。 いくら年度末で忙しいとはいえ、ここまでバタバタしたのは久しぶりだ。 言い訳になるが、 6ヵ月工期の現場を2ヵ月短縮された。 コロナの影響による資材調達の遅れにより1ヵ月の工期延長をもらったが、 6ヵ月 – 2ヵ月 + 1ヵ月 = 5ヵ月  すでに当初の予定より1ヵ月の工期短縮をしている。 段取りが悪いといわれるかもしれないが、 先月に雪が3回降った影響もある。 今月に入って、まるまる休めたのは1日だけだ。 そのためにサビ母さんの「さくらねこ作戦」も、..

ブログリーダー」を活用して、七(なな)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
七(なな)さん
ブログタイトル
アルコール依存症(否認からの脱却)
フォロー
アルコール依存症(否認からの脱却)

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用