searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

流星光さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
マンガアシの教科書
ブログURL
https://hikaru-n.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
22歳でアシスタントとして漫画業界入りし、プロ漫画家になったはいいけどヒット作無しで30年経過した男・流星光(ながれぼしひかる)の告白ブログ
更新頻度(1年)

2回 / 22日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2020/03/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、流星光さんの読者になりませんか?

ハンドル名
流星光さん
ブログタイトル
マンガアシの教科書
更新頻度
2回 / 22日(平均0.6回/週)
読者になる
マンガアシの教科書

流星光さんの新着記事

1件〜30件

  • 【漫画アシスタント】どのくらいで終わりそう?は魔法の言葉だった!

    【この記事のターゲット】22歳の自分(漫画アシスタント、漫画家志望) 今回は、アシスタントをしていて、先生から 「どのくらいで終わりそう?」 と聴かれたときの対処法をシェアしていきます。 【もくじ】------------------------■「どのくらいで終わりそう?」■なぜストレスと感じるのか■終了時刻を宣言しない時とした時とでは何がどう違うのか■魔法の言葉■終了時間の予測方法■生活すべての終了予測時間を出そう■まとめ------------------------ ■「どのくらいで終わりそう?」 どんな仕事をしていても、コレ、ぜったい聴かれますよね。 僕は、若いころから、これストレス…

  • アナログアシの思い出 その22 13時間遅刻したときの話

    --------------------------------もくじ■眠かったから寝た■しっかり寝て起きた■今さら急いでも仕方がない■遅刻は善か悪か■遅刻ダメ ぜったい■未来からのアドバイス■まとめ-------------------------------- ■眠かったから寝た アシを初めてから半年くらいたった頃。アシ前日の夜。明日から泊まりで4日間のアシスタントに行かなければならないというのに、僕はぜんぜん眠れなかった。 空が明るくなり、完全に朝になっても眠れなかった。 そして、家を出る時間になってようやく眠気がやってきた。 「徹夜の状態で仕事場に行っても、仕事にならないだろう」なんて…

  • デビュー直後の生活はこんな感じだった!

    【想定している読者層】漫画家デビューを目指している人【この記事の趣旨】デビューは単なる通過点である。-------------------------------------------もくじ■漫画家デビューした■さらに100万円の賞とった■つまずいた■週刊アシ生活■キツいスケジュール■また週刊アシ生活へ■何がいけなかったのか?■出来ないことを知る■デビューは通過点■まとめ-------------------------------------------《漫画家デビューした》僕は、ある週刊青年誌で月例の賞をもらってプロデビューした。※デビューとは作品が雑誌に掲載されることです。 賞とっても…

  • 振られた仕事はとにかく全部やれ

    ※この記事は若い漫画家志望者・デビューしたばかりの漫画家に向けて書いています。 ----------------------------------------------■もくじ■とにかく何でもやるべき■やってないのに悪口はNG■悪い経験も自己投資■仕事がなければ取りにいけ■描けないのは経験値不足■どうすればいいのか?■最悪の選択とは?---------------------------------------------- 《とにかく何でもやるべき》 とにかく振られた仕事は全部やりましょう。やらないと、わかりません。やってみないと「クソみたいな仕事だった」「単価が死ぬほど安かった」「スト…

  • 【スロースターター】だめ、絶対!

    【スロースターターとは】調子をあげるのに時間がかかる人。物ごとを始めるのに時間がかかる人。というのがスロースターターの定義みたいです。よく、「俺はスロースターターだから」とか言ってだらだらする言い訳にする人がいたりします。(僕もです)-----------------------------------------------------■もくじ■■スロースターターな僕の体験■スロースターターは損■他人からの評価が下がる■スロースターターな原因 ■精神の安定へ■スロースターター脱出法 ■まとめ---------------------------------------------《スロースタ…

  • だめ漫画家だった時期の反省

    《月収6万円だった時代》僕は昔漫画家をやっていて、 仕事がない時に月収6万円で暮らしていた時期があった。住居は奥さんの持ち家だったので家賃はゼロ。光熱費は奥さんに甘えて払ってもらっていたので、実質自分が使う分だけ稼げばよかった。 営業したり持ち込みしたりすれば、もっと収入は増えたはずなのに自堕落な日々を送っていました。《収入6万円の内訳》その頃の僕の仕事は、大衆誌に掲載される6ページの漫画だけでした。 大衆誌っていうのは、コンビニなんかでよく売られている グラビア、芸能人スキャンダル、エロネタ、政治ネタ、その他モロモロのお楽しみ記事や漫画が掲載されている雑誌です。漫画の内容は、エロ事件もの。女…

  • マンガ家時代の苦い経験 その1「バイク便」

    正直いうと、僕はいまだに、これからやる作業に自分がどのくらい時間がかかるのかがわからん。 どんだけ仕事できないんだよお前、なんて思われてるかもしれないけれども事実なので仕方がない。PC作業中によくあるクソでかいファイルをダウンロードとかインストールとかするときに現れる「終了まであと14分…」とかいう終了時間予告くらいあてにならないのが僕の終了時間予測だ。「あと14分」と出ていた次の瞬間には「あと22分」となり「あと8分」となり、「あと25分」になったりもする。まあ、減ったり増えたりしながら確実に減ってはいるので進んでいるのだろうな、とわかる程度である。僕の終了予測もそんな感じだ。 ★ ★ ★ …

  • 僕のデジタル転向記録 その1「まずデジタルに慣れろ」

    デジタルは、まず遊びでやること。いきなり漫画の仕事で使おうと思うと、 最初は慣れるまでに時間かかるし 保存したはずのファイルが消えてたり、 なぜかトーン仕上げしたはずなのに トーン仕上げする前に保存したファイルしか残ってなくて 必死で探してもどこにもなくて 全身に冷や汗かいて泣きそうになるしで、 ストレス溜まってガンとか発生しそうになるのでやめといたた方がいい。まずは、ストレスのない環境で、 締め切りもない環境で、趣味で4ページとか8ページとかの漫画を描いてみる。 それも、きちんと仕上げまでやる、という方法で練習するのがいい。 そうやって、最初は、いろんな失敗を体験すること。なんならもう、手ひ…

  • 【映画の構成メモ】「コラテラル」

    【主人公】 マックス=タクシー運転手【敵】 ヴィンセント=すご腕の殺し屋【ヒロイン】 アニー=マフィアの罪をあばく検事ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー このカテゴリーでは、漫画のストーリー作りの参考にするため、 有名な映画の構成をまとめていきます。 ネタバレ注意です。 まだ観てない方は、映画を観てから読んでください。 【マックスの日常】 マックスは、起業の夢を持つ真面目なタクシー運転手。 タクシーの客としてアニーと出会うが、すぐ別れる。 アニーの仕事をマックスは知らない。だが好感を持つ。【敵と出会う】 ヴィンセントが客として乗り込んでくる。 殺し屋とはわからない。 今夜のうちに市…

  • 漫画背景を売って収入を得ようとする男

    https://assets.clip-studio.com/ja-jp/search?user=%E6%B5%81%E6%98%9F%E5%85%89&order=new ■基本コンセプト 「どこか」「何か」を売る! どこでもいいんだけど何かがあってほしい漫画のコマの中に、 スッと入れるだけで漫画が締まる! そんな画像素材を探し求めております。 何かいいヒントやご要望がおありの場合は、私に言ってください。 コメントでも、ツィッターでもDMでも構いません。 僕にアイディアを。 よろしくお願いいたします。 ■Twitter流星光 https://twitter.com/emphasizeman

  • 背景の販売をまた開始しました

    CLIPにて、また背景を販売し始めました。ここんとこ休みが続く予定なので、毎日描いて、毎日アップしていきたいと考えています。1枚単位で、安価なものを提供していければと思ってます。 よかったら、ご利用ください。 https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1756273#author ■流星光Twitter https://twitter.com/emphasizeman

  • 漫画が完成しない最も危険な原因

    アイディアが生まれ、育つ。 そして作品になる。 すばらしいこと。 ■アイディアが生まれ育つ アイディアが生まれ、プロット書き キャラデも進みネームへ。 しかし、 途中で止まってしまうことが多々ある。 最も大きな原因は、 新しいアイディアだった! ■一番危険なヤツ 「新作の発想(アイディア)」は、危険です。 新作だけに新しくてキラキラ輝いています。 輝き過ぎて形がハッキリしないくせに魅力的。 なんかめっちゃイイ感じに見えます。 現在進行中の作品への 「ひょっとしたら面白くないんじゃね?」 という疑念もあってか、めっちゃ面白いように思えてきます。 そして、 「そうだ。こっちをやろう! 俺が今やるべ…

  • 先生と打ち解けるのが苦手な僕

    ■先生と仲良くなるの苦手 僕はもともと 学校の先生とか、お店の店員さんとか店長さんとか そういう、仕事で関わっている人たちと 親し気な会話をするのがめっちゃ苦手でした。 バイト先の先輩やマネージャー・店長と親し気に気さくな会話を楽しむのも 苦手でした。 なので、漫画家の先生とも同じく、 なかなか打ち解けた会話ができず苦労しています。 在宅デジアシなのだから、会話するといってもチャットくらいで、 言うほどの事はないじゃないか、と思われるかも知れません。 しかし、チャットの中にも、いろいろあるのです。 ■チャットの会話がよそよそしい! チャットでも、複数のアシさんが同時につながって チャットで会話…

  • 【漫画アシ】ストレスがたまる原因と その対処法

    (あくまでも僕自身の話です。自分以外のことはわかりません) ■時間がかかりすぎている事に対するあせり →つまり自分の評価が下がることを気にしている。 このアセリが出た時点で、もうすでに時間がかかっている。 その後の作業を段階に分けて □手前の建物 〇〇時終了 □遠景 〇〇時終了 □トーン仕上げ 〇〇時終了 など、大まかな計画表を立てると気持ちが少し落ち着く。 あとは、計画表の最初からやるだけ。 次からは、最初にかかる時間を予測して計画を立てる。 その癖をつければ大幅に遅れることは少なくなるはず。 ■やる気がまったく出ない 指示された背景が、魅力的な背景ではないためにやる気が出ない。 これは…う…

  • 社会の歯車なんかになりたくないぜ!

    ■若さゆえの過ち(あやまち) 「社会の歯車なんかになりたくないぜ!」若いころ、そんな言葉がどこからか聴こえてきました。「そうだ。社会の歯車なんかダメだ!ダセえぜ!」僕は、ロックな思想にうかされました。 ■「社会の歯車」とは何か イメージを言うと、企業戦士。ブラック企業とまではいかないまでも、それに近い環境下で働かされる社畜みたいなイメージです。とにかく、ひたすら金で使われ労働に明け暮れ、自由時間なし。いきなり残業になるわ、いきなり転勤になるわ、理不尽な思いをじっと耐えて会社のために尽くす人種のことです。僕は若いころは「働きたくないなあ」と思っていたので、「社会の歯車にはなりたくねえ」という言葉…

  • 実績を積むことを念頭に行動する

    ■人は実績をみる 人は、実績を見てはじめて納得する。 どんなに才能あふれる人間でも 数年という実績がなければ認められない。 例えば『弱虫ペダル』は、連載開始直後にアニメ化しただろうか。 いやしてない。 連載開始から数年間、 ずっと『少年チャンピオン』で人気トップを取り続け、 初めてアニメ化という話になったはずだ。(内情は知らんけど) そして、アニメ化した後もシリーズは続き、 関わっている人たちに利益を与え続けている。 その実績があり、現在の渡辺航さんがある。 ヒカキンさんは、最初から、あの有名なヒカキンだっただろうか。 ヒューマンビートボックスでテレビに出られただろうか。 いや、どうかな。 数…

  • 仕事が終わらない原因のひとつ

    ■仕事が終わらない アシスタントやっていて、終了時間までに 振られた背景・仕上げが終わらない事があります。 今日が最終日、約束は22時まで。 先生に 「進捗いかがですか~?」 と聴かれて 「すみません、終わりそうにないんですけど~」 と謝ったり、残業になってしまったりすることが多い 僕のようなダメアシの反省点を記した記事です。 少しでも、ヒントにしていただけたら嬉しいです。 ■終わらないと自分で決めている 「時間までには終わらないだろうな~」 という予測がすべての元凶。 最初から逃げ腰なんです。 ■デジタル作業は途中で終わることもある 「終わってなくても大丈夫ですので、できたとこまで送ってくだ…

  • 「才能」を獲得する

    ■「才能」という言葉に翻弄される若者たち 30年間、漫画業界で生きてきたプロ崩れアシスタントが 勝手に書かせていただきますよ。 「あの人には才能がある」 「彼は、ものすごい才能です」 × × 「わたしには才能がありますか?」 「才能がないならないって、ハッキリ言ってください!」 × × 「俺には才能なんてないんだ! もう…生きていてもしょうがない!」 「やめろ! 才能なんて、なくったっていいじゃないか! 世界は美しい…」 などというやり取りが、そこここで聴かれる昨今の世の中 どうやら多くの若者にとって、自分に才能があるかないかは重大な問題のようです。 僕も若いころは、そうでしたし、 自分には、…

  • いろいろルーズな先生のお話

    こんにちわ。 漫画アシスタントの流星光(ながれぼしひかる)です。 今回は、「いろいろルーズな先生」ということで、 なんというか…、こんな言い方をして申し訳ないのですが、 キッチリしていない先生についてお話させていただきます。 アシスタント未経験の方に向けて、 漫画アシとは、どういう仕事かを知っていただければ と思って記事を書いております。 悪しからず、です。<(_ _)> ■仕事始めから返信がない先生 約束は、10時~22時 でした。 僕はいつも、 作業開始5分前にはPCの前にスタンバイしているようにしています。 9時55分。 「お早うございます!今日からよろしくお願いします!」 と朝の仕事開…

  • 漫画 デジタル在宅アシスタントの一日 「計画表破棄」から卒業したい!

    こんにちは。 漫画アシスタントの流星光です。 今回は、在宅アシスタントの普通の一日シリーズ パターン C をお話したいと思います。 ■ノルマが最初にわかってる先生 今回の先生は、4日間の約束で、 最初に、描いてほしい全ての背景を提示してくれる先生です。 初日の午前10時に作業スタート。 まず、スカイプ通話して画面共有しながら指示を聴きます。 最初に、全てのノルマがわかってますから、 まず計画表を作ります。 何時までにコレをやる。 何日目の何時までにコレをやる…というヤツです。 だけど僕のいつものパターンとして、 一発目の背景の完成が大幅にお遅れるので、 その計画表自体を破棄しなければならず、 …

  • 漫画アシスタント 普通の一日 パターンB

    ■ご挨拶 こんにちわ。漫画アシスタントの流星光です。 デジタル在宅で漫画の背景・仕上げなどをやらせてもらってます。 今回は、普通の一日パート2ということで、 とある先生のお手伝いをした時のタイムスケジュールを 紹介させていただきます。 この「普通の一日」シリーズは、 一回一回は大したことないんですけど、 ためていくと資料的価値が出てくるんじゃないかと思ってます。 ■仕事初め 今回は、 3日間の約束の先生の時のお話です。 この先生は、その後数年にわたってお付き合いがありましたが、 その最初の初日の時のお話です。 午前10時からスタートの約束でしたが、 9時45分くらいにメールに添付されて いろい…

  • ご質問「カット割りってどうすれば身につくと思いますか?」に対する僕の答え

    質問「カット割りってどうすれば身につくと思いますか?」 ■映画を見る 映画を見ると勉強になります。 有名な映画がいいです。 超有名な監督の撮った映画を選んで見るといいと思います。 アクション映画がいいと思います。 勉強になります。 ■見たら描く 見終わったら、コマを割って絵を描いていきます。 1シーンを、数ページの漫画にする、という感じです。 練習になります。 ■そのまま描く 絵は、映画の映像そのまま描きます。 アップならアップの状態で描きます。 最初は、コマ割りとか面倒かもしれないので、 コマ割りなしで、1枚の紙ぜんぶ使って絵を描いていってもいいと思います。 紙芝居みたいな感じですね。 慣れ…

  • 漫画 デジタル在宅アシスンタト 先生からの指示【2】(コミスタ編)

    こんにちわ。漫画アシスタントの流星光です。 最近はデジタル専門。 家から一歩も出ずに仕事してます。 今回は、漫画家の先生から来る仕事の指示 2 ということで、 コミスタ編をお送りします。 原稿ファイルは、 先生から送られてきた原稿に似せて すべて僕が描いたものです。 枠線とか、ちょっと変えたりしてます。 描いてあるキャラは僕のオリジナルキャラです。 まず、こちらの先生です。 中央に写真が貼ってあって、 ちょっと表示色を薄くしています。 で、その上から別レイヤーに赤文字で、指示が書いてあります。 この写真は、僕が自分で撮影してきたものですが、 実際の先生の原稿にも、先生が撮影した写真が貼ってあり…

  • 漫画 デジタル在宅アシスタント 先生からの指示【1】(クリスタ編)

    ■指定の出され方 こんにちわ。 漫画アシスタントの流星光です。 漫画アシスタントというのは、どういう事をやっているのか という説明の動画をアップしています。 今回は、デジタル在宅アシスタントをやっていて、 どういう感じで指示を出されるかについて、 実際の画面をお見せしながらお話したいと思います。 これからお見せする原稿ファイルは、 実際に僕が漫画家の先生から指示されたファイルを なるべく同じようにマネて僕が描いたものです。 この先生は、『背景カタログ西洋ファンタジー編』という、 背景資料用の写真集から画像をコピペして、 「トレスお願いします」という形で指示されています。 レイヤー構成は、こんな…

  • 漫画 デジタル在宅アシスタント  フリーの漫画アシは仕事を断ったことがあるか?

    ■フリーランスの漫画アシスタントは、仕事を断ったことがあるか? はい。 すんません。 フリーランスの分際で、仕事を断ったことがあります。 今まで、2~3回ほどお断りしたことがあります。 しかし、それがフリーランスの強みでもある、と思うので、 やりたくない仕事は、断っていいと思うんですが… 思い上がりでしょうか。 とりあえず、断った理由を列挙してみましょう。 【断った理由・1】 仕事内容が面倒だったから。 すみません、それだけです。 フリーランスの分際で、面倒だから断るなんて。 とんでもない話なんですが、事実なので、 そのまま告白します。 でも…その時の気分とかタイミングもありましたね。 最後に…

  • 漫画 デジタル在宅アシスタント データ保存は大事というお話

    ■漫画アシスタント データ保存 こんにちわ。デジタル在宅専門でやらせてもらってます、 漫画アシスタントの流星光です。 今回は、僕がやっているファイルの保存方法について話したいと思います。 アシスタント作業はパソコン作業になりますので、落雷とか、何らかのトラブルでいきなり停電したりしてデータが全部消えてしまうとかあります。 今日やってた作業が数時間分、全部なかったことになってしまうとかがあります。 実際僕もパソコンの大元のコンセントが、 いきなり壁から抜けてしまったことがあってビックリした事があります。その時は、仕事中でもなくて、データも消えなかったので大丈夫だったんですけど、全然あり得ないこと…

  • 漫画 デジタル在宅アシスタント 作業環境はこんな感じ

    ■漫画アシスタント その作業環境 こんにちわ。漫画アシスタントの流星光です。今回は、僕が仕事してる作業環境についてご報告させていただきます。 まず簡単に現在の僕の職業について紹介しておきます。漫画のデジタル在宅アシスタントですね。 インターネット回線をつうじて、先生から原稿を送ってもらって、家で背景を描いて送り返す、という仕事です。 お給料は、銀行振り込みでいただいてます。 ということで、ひと月に3人くらいの先生とレギュラーの契約をさせてもらってます。レギュラーで、ひと月に3人ということは、どなたも、週刊連載の作家さんではありません。 月刊連載とか、まあ、不定期な連載とかそんな感じの先生のお手…

  • 漫画 デジタル在宅アシスタント ある月の収入を公開

    ■2019年4月の収入 こんにちわ、漫画アシスタントの流星光です。簡単に自己紹介します。22歳でアシスタントとして漫画業界に入って三年半後、1991年にプロ漫画家としてデビューしました。いろいろあって最終的に現在、漫画アシスンタトで生計を立てています。 デジタル在宅アシスタント専門でやらせてもらってます。それ以外は仕事してません。 漫画アシスタントと言うと、世間的には、どんな仕事をしているのか周知されるようになってきたとは思うんですけど、このブログでは、もっと詳細に報告させていただきたいと思います。 では、おそらく一番興味を持たれるであろう、収入面のお話です。 とりあえず、2019年4月の収入…

  • 漫画 デジタル在宅アシスタントの一日

    こんにちわ。漫画アシスタントの流星光です。今回は、漫画アシスタントの日常について紹介させていただきます。しばらくは、漫画のデジタル在宅アシスタントという仕事が、どういう仕事なのか、そして、僕がどんな毎日を送っているのか、というところを重点的にお伝えしていきたいと思っています。漫画家や漫画アシスタントを目指している方、漫画業界入りを目指してる方は参考にしてください。 いずれは、背景の描き方とか、そういう話になっていくとは思いますけど、頑張っていきたいと思います。 まず、仕事の日の僕の一日を紹介します。 朝起きてから仕事開始まで、あまり関係ないのでざっくり早足で行きたいと思います。 まず、6:30…

  • アナログアシ時代の思い出 その21「キツかった現場2/3」

    今まででキツかったアシ現場 2/3 2時間たつと次の原稿が回ってくる現場 それは、確かマック先生の連載が終わって 事務所が解散になって雑多なアシの仕事やってた頃のお話。 1日だけの臨時アシのお仕事。 成人向け漫画の人物の肌に スクリーントーン(※)61番を貼って、 光が当たってる部分をカッターで削るというお仕事。 61番っていうのは薄いトーンで、 人物の影によく使われるトーンですね。 電車に乗って仕事場の最寄り駅まで行くと、先生が駅まで迎えに来てくれてました。 仕事場到着。 先生が借りている住居兼仕事場の一戸建て。 「やってほしいのは、人物の肌に影をつける作業です」 「このトーンを使ってくださ…

カテゴリー一覧
商用