chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ScrewTracker http://blog.livedoor.jp/p_tadasuke/

天体写真を撮影するための、3,000円の超小型簡易赤道儀PocketTrackerシリーズを製造・販売しているガレージメーカーScrewTrackerのブログです。

ScrewTracker
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/02/25

1件〜100件

  • ClockworkTracker取扱説明書(初稿)

    準備が整ってきました。盆明けに出品できたらいいなぁ。 【CwTracker の仕組み】CwTrackerはゼンマイ駆動式のタイマーに取付られたカムがカメラが載っているプレートを恒星時に合わせたスピードで持ち上げることによって星を追尾します。こ

  • タンジェントスクリューはM4がいい?

    設計中にM4ネジを 使用した赤経軸の計算をしていました。入力回転数が0.5RPM(2分で1回転)の場合の軸間距離を計算すると、80㎜・・・?恒星時が86164.091秒、円周率を3.1415926とするとM4ネジのピッチが0.7㎜なので円周が0.7㎜x86164.091÷120これを2πで割ると79.995㎜ 

  • 工程

    ゼンマイ駆動赤道儀。ClockworkTracker( 略称CwTracker)という名前にしました。性能的には目処が立ったものの、タイマーの偏心を補正するカムの制作に手間がかかりすぎて、私の時給が500円を切りそうです。そこでカスタムカムを作る前に算出した偏心要素が正しいかどうかを

  • RAW画像のスタック+α(フラットフレームによる周辺減光補正)

    先日撮影した作例画像で絞り開放で撮影した広角レンズの画像がショボかったので簡易的にフラットフレームを撮影してレンズの周辺減光を補正しました。DeepSkyStackerでの処理でダークフレームに加えて、このフラットフレームを加えると、その後の絵作りが楽になり、最終結果

  • 作例画像撮影2(ゼンマイ駆動赤道儀)

    先月、島根に居る間に車で30分の広島県境(広島側)に撮りに行くつもりでしたが月齢と天気のタイミングが合わず、昨日、車で3時間の三重県志摩市の賢島の南にあるあずり浜まで撮影に行ってきました。灯台の灯りが届かない南向きの海水浴場です。(無料駐車場、公衆トイレ、

  • GIMP-2.10

    前回、GIMPを紹介しましたが、それだけでは無責任だと思ったので軽く処理の見本をお見せしたいと思います。GIMPは簡単な処理も複雑な処理もメニューの中にごっちゃに詰まっていますので自分なりの使い方を探していただければ幸いです。DeepSkyStackerでスタックしただけのフ

  • RAW画像のスタック〜DeepSkyStacker編

    今回はDeepSkyStacker(無料)を使った撮影画像の簡単なスタック(コンポジット)の方法をご紹介します。そもそも、1分露出の画像の10枚スタックと1枚撮りの10分露出のどちらが優れているかですが、私は空が十分暗くガイドが完璧なら後者が、それ以外は前者が優れてい

  • 作例画像撮影(ゼンマイ駆動赤道儀)

    島根本社(笑)に戻ったので、庭から30mの田んぼの畔で、ゼンマイ駆動赤道儀の作例画像を撮影しました。OLYMPUS PEN E-PL5 20mm(フルサイズ換算40mm)F1.7→2.8 ISO1600 60s 7枚スタックOLYMPUS PEN E-PL5 20mm(フルサイズ換算40mm)F1.7→2.8 ISO400 240s 1枚撮

  • 3Dプリンターで作る樹脂製カムの問題点

    光造形式3Dプリンターで出力したカムですが、当初は期待したほどの精度が得られませんでした。プリンターの出力精度はX軸とY軸が0.05㎜、Z軸が0.02㎜なので、縦に出力したかったのですが、縦でも斜めでも積層式と同じ局所的な誤差が出てしまいます。そもそも内径が綺麗に出力

  • 光造形式3Dプリンター導入しました

    どうもゼンマイ駆動赤道儀のカムの精度に納得いかないので思い切って光造形式3Dプリンター導入をしました。役に立つかどうかわからなかったので、使いかけのレジンと交換部品(予備のLCDとFEPフィルム)が付いた中古品です。精度的には0.05㎜と微妙なのですが、ジャギーを抑

  • M425

    メシエ天体ではなくNCマシンや3Dプリンターを制御するGコードです。これが使えるとハードウェアのバックラッシをキャンセルできるのですが、現状Marlinのファームウェアを採用している機種でしか使えないようです。私が使っているTRONXY XY-2proのファームウェアはchituなの

  • ゼンマイ駆動式赤道儀試写結果

    月明かりの中で1分連写と露出9分30秒の1枚撮りです。1分連写フルサイズ換算120㎜クリックでピクセル等倍撮影順は右下から左上です。各コマの露出時間の中央はだいたい横軸の偶数です。1枚撮り9分30秒 フルサイズ換算120㎜クリックでピクセル等倍1枚撮り9分30

  • 激闘の記録

    約2週間に渡るゼンマイ式赤道儀のキモであるカム製作の激闘の記録です。こんな感じでタイマーの回転によって黒いカムで押し上げられるカメラ取り付け台の動きを測定するのですが、どうかすれば使っている3Dプリンターの限界を超えるような精度が必要なので、試作をしながら

  • 3Dプリンターと格闘

    3Dプリンターの設定を見直して、カム表面のライン幅を半分の0.2㎜にしてみました。試写結果でいちばんいいのががこちら。フルサイズ換算120㎜相当。これを50㎜相当にするとこうなります。いちばん悪いのはフルサイズ換算24㎜にしても星像が流れています。(全て1分露出)音

  • 苦肉の策

    なかなか晴れないので、苦肉の策として自動追尾のポータブル赤道儀に同軸で載せて追尾精度のチェックをしてみました。電動側を南半球設定で逆転させるとゼンマイ側が正しく追尾していればお互いに回転を打ち消しあう筈です。まずはレーザーで適したカムを選定して、いつもの

  • myDriveAssist

    スマホアプリ(無料)です。車検で借りた代車のROOXに付いていた「標識検知機能」が便利だったので、同じ機能が付いたドラレコを探していて見付けました。https://apkpure.com/mydriveassist/com.bosch.mydriveassistAndroidスマホのカメラに写った交通標識をクラウドで認識

  • スラストベアリングモデル

    赤経のベアリングを2個ともスラストベアリングに替えました。試写星像がこちら前回よりはマシですが、行ったり来たりするのがタイマーの回転ムラに比べて大き過ぎます。ふと思い付いてダイヤルの偏芯を測定してみると0.2㎜程度の偏芯がありました。0.2㎜といえば日周運動で2

  • 試作1

    こんな感じで試作してみました。かわいくないかな?カムフォロアを含めてステンレス製深溝ベアリングを3個奢っています。いつものベンチテストをして見たところ直交軸の3Dプリンターで作ったカムは多角形になっているので予想された結果です。ピンホールの像が順番に並んで

  • 12分タイマー

    定期的に巡回している半額スーパー「222.」でゼンマイ駆動の12分タイマーを見付けました。誤差±5%赤道儀の動力としては広角レンズの12分ガイドも難しい精度ですが、保護して帰ってビートの周波数を測定してみると時間に対する誤差は5%を超えるものの、そのふらつき

  • PocketTracker-AI ?

    売れ行きの悪さをコロナのせいばかりにもしていられないので、一部半透明の材料を使ったバージョンを作ってみました。PocketTracker-AI(Illuminated) ?本体の半分ぐらいが、ガイド中は緑に巻き戻し中は赤に光ります。他にも撮影者が居るときは迷惑かもしれませんが、派手にな

  • 高いドリルを買いました

    お正月は掩蔽観測用の縮小光学系を作っていました。アイピース は多分ミードのPL32mmレンズはCマウントの4㎜、6㎜、8.5㎜を試したのですが、いちばん良かったのが8.5㎜を使った0.28倍でした。これをBORG77EDIIに付けてF1.8になります。掩蔽観測ではできるだけ1秒あたりのコ

  • アルコールで拭きましょう

    3DプリンターTRONXY XY-2 Proの調子が悪いのでメンテナンスしました。フィラメントが一部波打つのはヒートベッド下のローラーが悪いのだと思って見てみると、思ったより削れています。調整は諦めで交換しました。取り外し品                  新品もとも

  • PocketTracker-A 2ndロット発売

    PocketTracker-Aの2ndロットを発売しました。ヤフオクだけでなくしばらくお休みしていたオリジナルショップも再開しています。外見的にはコストダウンのために本体と一体化していた電子基板のスペーサーが金属製の別パーツになっているだけですが、電子基板もver.1.1になりジ

  • お手軽天体写真用コンデジ OLYMPUS XZ-1

    以前、お薦めミラーレス OLYMPUS Pen E-PL5を紹介しましたが、今度はお手軽天体写真用コンデジ OLYMPUS XZ-1 です。ヤフオクでの相場は8,000円程度ですが、E-PL5と違ってレンズ込みです。アピールポイントはフルサイズ換算28ー112㎜のズームレンズ。広角側のF1.8は割とある

  • PocketTracker-L+ラインナップ復帰

    PocketTracker-L+の改修とテストが終わり、ラインナップに復帰しました。接着剤でくっつかない樹脂製軸受をどうやって動かないようにしようかと悩みましたが、接着剤をくっつける以外の用途に用いることで解決できました。(秘密です)テスト撮影画像Canon EOS x2 EF50mmII(

  • AliExpress

    AliExpressでマンフロットの雲台用のクイックリリースプレートを5個買いました。18日で到着。送料込みで@300円弱。同じものがAmazonの1ヶ月かかる中国発送で@477円。楽天では@2,000円を超えます。純正品は回り止めを気にしなければどちら向きにも付きますが、これは1

  • 不始末

    やってしまいました。先日リニューアルして「+」が付いたPocketTracker-Lですが、発表までに紆余曲折がありました。撓むことで極軸となるアクリル板と作動ネジの距離を理論値から計算して、実写による微調整をするのですが、この実写の結果が安定しなかったのです。ガイドが

  • ヤフオク出品

    リニューアルしたPocketTracker-+(プラス)シリーズと-Aをヤフオクに出品しました。https://auctions.yahoo.co.jp/seller/_tadasukePocketTracker-Aについては、まだ細部の仕上がりが安定していない1stロットなので2ndロット以降の出品予定価格から1,500円安くなっています

  • PocketTracker-A取扱説明書(初稿)

    昨日に続いてリンク用の記事です。 PocketTracker-A取扱説明書この度はPocketTracker-Aをお買い上げいただきありがとうございます。PocketTracker-Aは、ポータブル赤道儀を購入する前にガイド撮影を試してみたい方眼視派の方の、その日の星空の記録用本

  • 命名 PocketTracker-L+

    オークション出品の準備が整ってきたので、販売ページからのリンク用に取扱説明書の初稿をアップします。フレームが3Dプリンター出力に変わった機種の商品名には末尾に「+」を付けるようにしました。 PocketTracker-L+取扱説明書この度はPocketTracker-L+を

  • 無料のRawTherapeeによる画像処理

    天体写真の画像処理には他の写真ではあまり使わない処理があります。今回はそれを無料のRawTherapeeで行う手順を紹介します。RawTherapeehttp://rawtherapee.com/Windows,Mac,Linux版があり、操作はほとんど共通でしょうが、Mac版5.8での解説です。初期画面ファイルのブラウ

  • OLYMPUS PEN E-PL5試写 終(リベンジ2)

    先月のゴースト対策を思い付いたのでリベンジです。「天の川に架かる奥出雲おろちループ」OLYMPUS PEN E-PL5 LUMIX G14㎜(フルサイズ換算28㎜)F2.5開放 60s ISO400 PocketTracker-2/3にて恒星時比2/3倍速ガイド構図を変えてゴーストが橋上に来るようにしました。画像処理

  • OLYMPUS PEN E-PL5試写5(リベンジ)

    また島根に戻っています。前回、LVブースト機能に騙されたので、ISO400でリベンジです。OLYMPUS PEN E-PL5 LUMIX G20㎜(フルサイズ換算40㎜)F1.7→F2.8 240s ISO400PocketTracker-Aにて恒星時ガイドOLYMPUS PEN E-PL5 LUMIX G14㎜(フルサイズ換算28㎜)F2.5→F3.2 240s IS

  • 台形ネジ

    金曜に仕事用の老iMac(Late2009)が壊れました。代わりに手に入れたのがiMac(Mid2010)。ピチピチです。(笑)久しぶりに1万円以上のパソコンを買いました。まあ、それはそれとしてPocketTracker-Aは4分間ガイドの中でどの時間帯がより精度良くガイドできるかがわかる「差動

  • OLYMPUS PEN E-PL5試写4

    島根の自宅付近での試写です。OLYMPUS PEN E-PL5 LUMIX G14㎜(フルサイズ換算28㎜)F2.5→F3.5 240s ISO200PocketTracker-Aにて恒星時ガイドOLYMPUS PEN E-PL5 LUMIX G14㎜(フルサイズ換算28㎜)F2.5→F3.5 240s ISO200PocketTracker-Aにて恒星時ガイドOLYMPUS PEN E-PL5 L

  • OLYMPUS PEN E-PL5試写3

    家庭の事情で1週間ほど島根の自宅に帰っていました。PocketTracker-2/3の作例も兼ねて「奥出雲おろちループ」OLYMPUS PEN E-PL5 LUMIX G14㎜(フルサイズ換算28㎜)F2.5→F2.8 60s ISO200PocketTracker-2/3にて恒星時比2/3倍速ガイド20年来撮ってみたかった構図ですが、派手

  • お知らせ

    サイトリニューアルのため、しばらくバナーのリンク先直営ショップをお休みします。晴れないのでPocketTracker-Aの作り貯めをしています。日産2個は可能、3個は多分可能、4個は無理をすれば・・・という感じです。最初は細かなマイナーチェンジが続く可能性があるので少し

  • 当分晴れそうにないので

    設計が固まってから2台目が昨日組み上がりましたが週間予報を見ても当分晴れそうにないので、このまま作り貯めしても大丈夫かどうかチェックするためにできる限り詳しいベンチテストをしました。いつもの検査方法を4分のガイド区間全てに渡って撮影しています。ピンホール

  • ちょっとだけコストダウン

    梅雨空のせいでリニューアルのための作例撮影と検証作業が進まないので細々とした「カイゼン」活動をしています。新型PocketTrackerは肝心の撓み部材以外のフレームの材質がアクリル樹脂から積層ABSに変わっています。撓み部材以外は撓んで欲しくないのですが、力がかかって

  • OLYMPUS PEN E-PL5試写2

    やっと晴れ間がありました。OLYMPUS PEN E-PL5 SIGMA 60㎜F2.8DN→4(フルサイズ換算120㎜)ISO200 露出4分 ノーフィルター PocketTracker-Aにて自動ガイド月の出と雲との競争でしたので十分高度が上がるまで待てず、構図も自由に決められなかった上に下の方がカブっていま

  • TRONXY XY-2pro ファン交換

    今日は雑事を片付ける日。羽根が2個もげたまま運転していたTRONXY XY-2proのヒートシンク冷却ファンを交換しました。ここのファンです。ガラガラ鳴りながらも回っていたのですが、場所が場所だけに突然止まったら発火するかもと思い、Amazonで715円のANVISION DC 24V 40mm x

  • OLYMPUS PEN E-PL5試写

    PocketTracker-Aのガイドテストも兼ねてOLYMPUS PEN E-PL5の試写をしました。OLYMPUS PEN E-PL5 SIGMA 60㎜F2.8DN→5.6(フルサイズ換算120㎜)ISO200 露出4分 ノーフィルター星座の形もわからないような薄雲越しでしたのでゴリゴリの画像処理をしましたが、画面中央下のM17

  • 命名 PocketTracker-A (製作日記)

    毎回PocketTracker-L電動版とか書くのが面倒なので(表記も統一できていないし)PocketTracker-Aで統一することにしました。電動化の方法をScrewTrackerから変更したり、3Dプリンターを使ったりいろいろ変わったせいで、前回の撓みの軸の移動の他にも上手くいったことも期待

  • ベンチテスト

    最後の仕上げにいろいろやってます。テストに星空がつかえないのでレーザーを使ってベンチテスト。建築用墨出しレーザーですのでこんな感じに照射されます。4分間のガイド後の位置を測定すると計算値より微妙に短い!撓み部材の保持方法を左から右に変更したため、撓みの軸

  • 今が買い時の天体写真用中古ミラーレス

    製品ラインナップの大幅リニューアルに備えて、作例写真もグレードアップしようと思い、ヤフオクでカメラを物色していました。最新のカメラを使うのがいちばん確かですが、そんなお金のある人はPocketTrackerなんか買わずにポラリエを買うでしょうから、作例写真もそれなりの

  • プリント基板到着!

    外注していた自動化PocketTracker-Lのプリント基板が到着しました。ちょうど10枚(世の中そんなに甘くない)発注から15日でした。実はこの基板、1ヶ所間違っています。先日、梅雨の晴れ間に実写テストをしたところ1/2倍速で追尾しています!独りでやっているとダブルチェッ

  • ビニール温室

    Amazonからもらった3000円以上で使える1200円引きクーポンが15日までなので、Amazon出品の商品(限定で使える)を5日ほど探していたのですが、これにしました。ビニール温室、3Dプリンターの保温用です。検討中にネットで使用例が見つからなかったので不安でしたが、使用中

  • PrismFinder 3Dデータ公開

    命名「PrismFinder」アメリカンサイズの天頂プリズムをカメラのアクセサリーシュー(ホットシュー)に取り付けて対空ファインダーにするアダプターです。いちばん下にあるバナーをクリックすると3Dデータ(STLファイル)をダウンロードできるショップに行けます。3Dプリン

  • 3DプリンターLABISTS X1マニュアルに書いていないこと

    9,180円の3DプリンターLABISTS X1ですが、さすがにいろんなところでコストダウンが図られています。LABISTS X1の導入にあたってネット上のいろんな情報にお世話になったので、私が見つけた調整方法を公開しておきます。(初出ではないかもしれませんが)プリント中にWallとIn

  • 「対空スポーツファインダー」イメージ映像

    「対空スポーツファインダー」のイメージ映像です。(合成)カメラで覗かせて取ろうとしましたが無理でした。(レンズの主点がいちばん前のレンズにある単レンズでないと)』の明るさは蓄光指標に光を当てる時間で調整できますが、明るすぎるのを調整するには待つしかありま

  • 「対空スポーツファインダー」モックアップ完成

    対空スポーツファインダーのモックアップが完成しました。モデルはそこらへんに転がっていたRICOH XR-10Mと大嫌いなお風呂に入れられて干されている秋田犬の小雪ばあさん(笑)フレームは磁石で着いているだけなので、倒せますし別に収納できます。これからはアクセサリーシ

  • 3Dプリンターで本当に作りたかった物

    3Dプリンターを導入したら作ろうと思っていたのがスポーツファインダーです。最新のライブビュー増幅機能を持つカメラ以外ではカメラ単独では十分に星が見えないので、撮影時に構図を決めるのに苦労します。アクセサリーシュー(ホットシュー)はJIS規格を見てもカメラの光軸

  • 昨日作っていた物

    お手軽「対空スポーツファインダー」です。カメラのアクセサリーシュー(ホットシュー)に天頂プリズムを取り付けるためのパーツです。アクセサリーシューがポップアップしてストロボが現れるタイプには強度不足で使えませんがフルサイズ換算で約100㎜の視野が得られますので

  • 3Dプリンター買いました

    Amazonで9,180円。13 日からのタイムセールでもっと安くなるかも?付属のスライサー(3D CADで作ったデータをプリンターで使えるようにするアプリ)3種のうち2つが使えなかったり、ボタンが4つしかないのに説明書では手順が1つ抜けていたりして手こずりましたが、なんと

  • 久々のSVBONY SV305 「火星」

    話題の火星をSVBONY SV305で撮影してみました。2020年10月7日01時16分BORG77EDII対物レンズ使用自作鏡筒+VIXEN Delux2XバローSVBONY SV305(IRカットフィルター除去)+SVBONY UV/IRカットフィルターサイトロン AZ-GTi自動導入経緯台 Sharpcap3.2にて70fpsで60秒キャプチャ

  • ScrewTracker-Sのガイド可能時間

    購入者様からブログを褒めていただいたので、更新します(笑)ヤフオクに出品しているScrewTracker-Sですが、個体ごとにガイド可能時間が異なります。これは動作範囲を設定する役目をしているリミットスイッチの「応差の動き」(M.D.)がリミットスイッチごとに異なるためで、

  • キット2種追加

    今までPocketTracker-Mのみ組立キットを出品してきましたが、PocketTracker-L、PocketTracker-2/3の組立キットも出品することにしました。今まで-Mのキットしかなかった理由は発送方法の厚さ制限でした。-Mのフレームの厚さは20㎜ですが、-Lと-2/3は32㎜で、3㎝の厚さ制限に

  • PocketTrackerシリーズ累計100台突破!

    しばらくサボっていた顧客名簿の作成をしようとしたら、ヤフオクの落札履歴の120日ギリギリでした。そこで判明したのが「PocketTrackerシリーズ累計100台突破!」です。ScrewTracker-Sとユニバーサルモータードライブも含んでですが。気前よく記念セールでもやりたいところで

  • ユニバーサルモータードライブ精度検証

    回転精度2%のちょっと残念なユニバーサルモータードライブですが、2%の範囲で速くなったり遅くなったりするわけではありません。周波数カウンターで発振パーツを検証してみました。周波数の誤差は0.75%程度で標準レンズなら15分前後ガイド可能5℃程度の室温変化では影

  • ScrewTracker-Sマイナーチェンジ

    ベンチテスト風景です。この姿勢で静止している点滅光源をガイド撮影すると、ガイドに問題がなければ赤道上で真西水平線上の点滅する恒星を固定撮影したのと同じ画像が得られます。フルサイズ換算600㎜なんですが、Exifでは938㎜と出ます。他のカメラのExifファイルではフル

  • 基板設計完了

    ScrewTracker-S試作2号基板は無事動作しましたので、量産基板のエッチングをしました。右はユニバーサルモータードライブの基板です。角がひとつ欠けているのは、見通し式極軸望遠鏡(?)の 光路を通すためです。次からコストダウンのためにひと回り大きな生基板で製作しま

  • お前かぁ!

    ScrewTracker-Sの駆動基板を将来的に外注すべく設計ルールに従った1枚基板にバージョンアップを試みているのですが、部品の集積度を上げた試作1号基板が動かず1日中悪戦苦闘していました。ICを1つ20円安いものに替えたので、そこが問題かと疑ったのですが、いくつかあ

  • ユニバーサルモータードライブ出品

    ユニバーサルモータードライブを4台ヤフオクに出品しました。初公開のユニバーサルモータードライブ内部基板です。なるほどと思う方や何やってんだと思う方がいらっしゃるかもしれませんね。70カ所ほどの穴あけが大変です。スーパーのJR忘れ物市でUSBバッテリー充電用のショ

  • ScrewTracker-S作例画像

    島根の暗い空でScrewTracker-Sの作例画像を撮影しました。まず見ていただきたいのが、こちら。撮影中のScrewTracker-Sを三脚の下から撮影。露出15秒ですので実際はもっと控えめに光っています。RICOH GX200フルサイズ換算24mm F2.5 180s ISO 400RICOH GX200フルサイズ換算5

  • ScrewTracker-S取扱説明書(初稿)

    ScrewTracker-S取扱説明書この度はScrewTracker-Sをお買い上げいただきありがとうございます。ScrewTracker-Sは、ポータブル赤道儀を購入する前にガイド撮影を試してみたい方眼視派の方の、その日の星空の記録用本格的な登山等、少しでも荷物を軽くしたい場合など

  • ScrewTracker-S実写検査2

    続編です。RICOH GX200フルサイズ換算50mm F3.5 180s ISO 400RICOH GX200フルサイズ換算72mm F4.4 180s ISO 200ScrewTracker-Sは仕様上は標準レンズまでですので、72㎜で大丈夫なら安心して出品できます。ファーストロットの2台は仕様外の使い方をしているリミットスイッチ

  • ScrewTracker-S実写検査1

    天気予報に反して晴れたので、急遽ScrewTracker-Sの実写検査をしました。PowerShot S120 フルサイズ換算24mm F1.7 200s ISO 80PowerShot S120 フルサイズ換算33mm F2.8 200s ISO 80PowerShot S120はCHDK非対応なので長時間露出時はISO 80に固定されてしまいます。晴れると思

  • Brother社製レーザープリンターによるプリント基板製作

    最初はコンビニのプリントサービスを利用していたのですが、勝手に拡大されてサイズが合わなかったり、店によって紙質が違ったりして不便だったので、中古のBrother社製レーザープリンターHL-2140を入手しました。で、今まで通り原版を印刷してアセトンで生基板に転写しよう

  • ScrewTracker-S待機中

    数日前にScrewTracker-S2台が組み上がりベンチテストも終えたのですが、ファーストロットなので実写でも検査しようと思ったら梅雨も明けたというのに暑いばかりで全然晴れません。仕方がないのでユニバーサルモータードライブのプリント基板のリニューアル中。レーザープリ

  • ScrewTracker-S(ステッピングモーター駆動)試写

    やっとScrewTracker-Sプロトタイプの試写ができました。ガイド中巻き戻し中電源が入っている時は赤LEDが暗く光ります。で、試写画像がこちらPowerShot S120 フルサイズ換算120mm 250秒露出ユニバーサルモータードライブの取説にも書いていますが、例えば50秒固定→50秒キャ

  • 久しぶりのPocketTracker-L

    梅雨が明けましたね。梅雨明け予測が現実味を帯びてきたあたりからPocketTrackerが売れだしました。作り置きがなくなったので、とりあえず5台作ったのですが、ガレージメーカーには厳しい季節です。(ガレージが暑い!)次あたりから作業するときには重くてもスポットクーラ

  • ユニバーサルモータードライブ バッテリー耐久テスト

    ユニバーサルモータードライブのバッテリー耐久テスト中です。DAISOのUSBバッテリー(500円)を接続、無負荷ですが最速で現在11時間30分経過バッテリーのインジケーターは後1つになりましたがトルクは落ちていない様です。早く終わってくれないと寝られない・・・。取扱説明

  • ユニバーサルモータードライブ ヤフオク出品

    ユニバーサルモータードライブを3台、ヤフオクに出品しました。製品は基板の穴も割れてません(笑)バックライトが結構明るいので、使用時は付箋か何かでカバーする必要がありそうです。ハーフステップ/フルステップ切替ジャンパはツマミ付という親切設計取説に書こうと思

  • ユニバーサルモータードライブ量産モデル

    梅雨が明けないのでユニバーサルモータードライブを進めています。下の黒いのはDAISOのUSBバッテリー(500円)です。サイズは53mm×40mm×20mm USBバッテリーからの5Vで動作します。いちばん速くトルクが小さくなる150kHz入力でも指で軸を持って回転を止められませんから、

  • ScrewTracker-Sプロトタイプ

    ScrewTracker-Sプロトタイプですが、全然晴れないのでユニバーサルモータードライブを進めながらのんびり組んでいました。このモデルで適切な配線長を割り出して量産モデルではスッキリした見栄えにする予定です。DAISOのUSBバッテリー(500円)でも動いたので、ますますDCモ

  • ユニバーサルモータードライブ

    ScrewTrackerをステッピングモーターで動かすべく、ネットや古本屋で技術書を探していたのですが、みんなRasberry-PiやArduinoで動かす記事ばかりで(最近は3Dプリンタ)電子回路を組んで動かす記事がほとんどありませんでした。そこでコロナウィルスのせいでアクリル板の調

  • こんなところにもコロナの影響が!

    ScrewTrackerやPocketTrackerのフレームはアクリル板でできています。お分かりですよね。いつもお世話になっているところに、「今回はお受けできません」と言われました。感染防止需要で大変なんでしょうね。いつも面倒な切り分けをタダでやってもらっている儲けの出ない客で

  • ScrewTracker-S ベンチテスト

    試作2号機のフレームに組み込んでベンチテストをしました。スケール違いのフレームですが、約6分30秒ガイドで2倍速巻き戻しになりました。驚いたことに動作速度が半分になっているにもかかわらずリミットスイッチが完全動作したのですが、たまたま大当たりの個体だった

  • 計画変更

    電動機でリミットスイッチがうまく働いたり働かなかったりする問題で、頭が痛いのは「うまく働く個体」があることです。販売にあたって「うまく働く個体」と「うまく働かない個体」で価格差をつけるとしても、客側の立場に立てば1,000円差でも納得いかない方も(たくさん?)

  • ScrewTracker取説作成中ー続編

    ScrewTrackerの極軸合わせは、本体南北に取り付けられた2つの極軸リングを見通すことによって行います。南側のリングには縦向きの、北側のリングには横向きの蓄光指標が付いているので、これでできる十字の中心に北極星が来る様に調整してください。両目を開

  • ScrewTracker取説作成中

    ScrewTracker取説を作成中です。PocketTrackerと違い、自動ですから書かなくても良い事もあるはずで、頭を捻っています。 ScrewTracker取扱説明書この度はScrewTrackerをお買い上げいただきありがとうございます。ScrewTrackerは、ポータブル赤道儀を購入

  • 創造の柱と邪道その3

    SVBONY SV305で撮影したM16わし星雲内にあるハッブル宇宙望遠鏡の画像で有名な「創造の柱」です。やっと16秒露出50フレームスタックで撮影できたのですが、どうもAZ-GTiのガイドが良くありません。水平回転軸に短周期のピリオディックモーションがある様で経緯台なので方角に

  • 作例画像撮影 邪道その2

    6/16は貴重な梅雨の晴れ間でしたので、ScrewTrackerの作例画像撮影、SV305のテスト、掩蔽観測と欲張りな計画を立てていました。PowerShot90s 28mm相当 120sPowerShot90s 35mm相当 120s朝方まで晴れの予報でしたので、のんびり撮影していたら、掩蔽観測直後に曇ってしまいまし

  • SV305コラボ企画 6

    梅雨の晴れ間にやっと検証できました。(SV305コラボ企画 5から光学ウインドウ交換、UV/IRカットフィルター追加)今回、続けて掩蔽観測の予定でしたのでGamma1.0です。M8M20M17M16M4全画像共通データBORG77EDⅡ対物使用自作鏡筒 SVBONY CLSフィルター+UV/IRカットフィルタ

  • ScrewTracker量産モデル 邪道その1

    量産モデルです。配線の整理は、まあこれぐらいだと思いますが、半田付けは積極的にフラックスを使用するなどで、もうちょっと綺麗になると思います。邪道その1上の画像の←はリミットスイッチ(マイクロスイッチ)です。アームが押し下げられると、接点CとNCが繋がっていた

  • ScrewTracker最終プロトタイプ

    最終形態が見えてきましたのでお披露目を。縮尺は電池ボックスに入っている単三乾電池を基準にしてください。電池ボックスのメインスイッチをONにした状態で緑色のプッシュスイッチをワンプッシュするとガイドが始まり、2分強ガイドした後、自動で巻き戻しが始まりスタンバ

  • ScrewTracker 試作5号機改

    天気予報を見ると梅雨入りまでの晴れ間が期待出来る夜は今夜だけの可能性が高いので、試作6号機の製作を諦め、試作4号機と試作5号機のモーターをフレームの軸受け距離に適した(と試写結果から推測される)回転数のものに交換して雲が広がるまでに2台の試写をしました。S

  • ScrewTracker 試作5号機試写

    久しぶりの製作日記です。(今回は面白い画像はありません)ScrewTracker 試作5号機の試写をしました。ベンチテストではフルサイズ換算600mmにて点滅するピンホールを1分露出アルタイルをフルサイズ換算600mmにて固定撮影(赤緯0°との誤差補正)ほぼ完璧ですが、ピンホー

  • SV305コラボ企画 5.9

    CLSフィルター+UV/IRカットフィルターで実写テストをしましたが、月齢11でHαは無理でした。月明かりは連続光ですからCLSフィルターも無力です。唯一まともに?写ったのがこちらM57BORG77EDⅡ対物使用自作鏡筒 SVBONY CLSフィルター+UV/IRカットフィルタークローズアップレ

  • SVBONY SV305 コラボ企画 5.5

    光学ウインドウをカバーガラスに替えました。ユニット取り付け時にネジを締めていったら・・・割れた!100枚あります。周りにスペーサー代わりの切った輪ゴムを並べて今度は恐る恐る組み立てました。スケアリングが少し心配ですが、構造上撮影しながら調整できますので、その

  • SVBONY SV305 コラボ企画 5

    光学ウインドウを交換しました。詳細は後述しますが、前回と同じ対象を撮影。(禁断のGamma0.9)M8三裂星雲オメガ星雲わし星雲赤は良く出るようになりましたが、それに負けたか緑が出なくなりました。M8なんか綺麗だったのに残念!それと、なんだか眠い感じになっています

  • SVBONY SV305 コラボ企画 4

    浮気なぼくらさんのSV305検証に合わせてのコラボ企画です。私のSV305は、’まだ’ノーマルですのでノーマル機と比較しています。M8BORG77EDⅡ対物使用自作鏡筒 SVBONY CLSフィルタークローズアップレンズNO.5レデューサー+21mm接写リング8秒露出50枚スタックやっぱりHαがあ

  • SVBONY SV305 コラボ企画 3.9

    午前1時、目が覚めて外を見ると当地では珍しく天の川が見えていました。珍しく勤勉さを発揮したのですが、みるみる薄雲が出てきて撮影準備完了時には1等星も見えません。それでも比較的条件が良い時に撮影した画像がこちらM8BORG77EDⅡ対物使用自作鏡筒 SVBONY CLSフィル

  • SVBONY SV305 コラボ企画 3.5

    本家 浮気なぼくら さんと同じ対象をできるだけ同じ設定で撮影したいのですが、今夜も天気は厳しそうです。なので昨日届いたアメリカンサイズアイピース用レデューサーの取り付けテストの結果を。BORG77EDⅡ対物使用自作鏡筒クローズアップレンズNO.4レデューサー+21mm接写

  • SVBONY SV305 コラボ企画 3

    SV305はチップサイズが小さいのでレデューサーは必須です。掩蔽観測ではほとんどの場合、対象星が暗いので普通に2重掛けします。普段はTマウントにクローズアップレンズNO.5を仕込んだレデューサー(0.8倍)を使っているのですが、これだとCマウントアダプター内に仕込んだ

  • 試運転

    雲間を縫って実際に星を撮影してみました。寸法を調整していないので少し星は流れるのですが、だいたい計算通り。構図も決めていないので撮影風景?を。ガイド中巻き戻し中フラッシュなしの手持ちなのでブレはご容赦を。

  • 耐久テスト

    ダイソーの単三マンガン電池2本で何枚撮影できるか耐久テストをしてみました。縦軸は時間(秒)横軸は回数です。2分ガイド48枚でぱたっと動かなくなりました。ガイド中はモーターとリレーと発光ダイオード、巻き戻し中はモーターと発光ダイオードが電力を消費しているので

  • 断念!

    緊急事態宣言が解除された途端に注文が入りだしました!みなさん真面目ですね〜!運送屋さんを感染から守るのも大切ですから、解除されていない地域から注文がなくても我慢します。断念と言っても電動版の開発を断念するのではありません。単三乾電池1本での動作を断念しま

  • SVBONY SV305 コラボ企画2

    浮気なぼくらさんのSV305があまりに不憫なので同じものを撮影してみました。M13 SharpCap 16秒露出 Gain30 Gamma1.5 SnapBORG77EDⅡ対物使用自作鏡筒クローズアップレンズNO.5レデューサー使用 Fl=400 F5.2光学系が違いますが、LiveStackは2秒露出からalignしました。(使

  • 電動仕様開発中 1

    プリント基板が完成したものの穴あけの段階でボール盤に1mmのドリルがセットできないことが判明!とりあえず1.5mmでやってみましたが、ちょっと1.5mmより大きくないか?なんとか実装ごく簡単な回路ですが、工程が増えると不具合の原因も増えますからユニバーサル基板に配線

ブログリーダー」を活用して、ScrewTrackerさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ScrewTrackerさん
ブログタイトル
ScrewTracker
フォロー
ScrewTracker

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用