searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
そうだ、カンボジアに支援しよう https://cheerfulsmile.org/category/activity/

チアフルスマイルは、カンボジアの地方部・農村部の学校に図書を届ける活動をしています。日本では想像もつかない恵まれない環境で、一生懸命に学ぶ子供たちを支援しています。

現在、カンボジア プノンペン在住。 ご関心のある方は、一度スマイルサポートツアー(学校支援訪問)へご参加ください。英語教育インターンシッププログラムにも参加可能です。また、サポートスタッフ、ボランティアスタッフも併せて募集しています。

国際協力NGOチアフルスマイル
フォロー
住所
未設定
出身
静岡県
ブログ村参加

2020/01/29

1件〜100件

  • 【PreyBoeung小学校】ホームステイ宅を訪問

    こちらは、プレイボン小学校LySokda先生のお宅。そうです、7月~8月に来るインターンの方のホームステイ宅です。学校までは、数百mで徒歩圏内です。広い庭には、果樹の木が植えられています。階段を登って、2階に上がります。涼しそうなバルコニー

  • リゾート開発がすすむカンボジアの過疎地

    カンボジアの過疎地を回っていると、このような看板を目にすることがあります。これは、第3インターン校のコンルー小学校から、奥へ数キロメートル走った奥地にありました。森林浴食事スイミングプールフィッシングキャンピング花園バードウォッチング貸別荘

  • NGOチアフルスマイル講演会「しあわせな世界をつくるために」

    講演会のお知らせです。中学校の総合的な学習の時間の指導家庭の中で行わせていただく予定です。いつもながら、こういった準備を進めていただく先生方のご尽力に頭が下がります。先生方、日々の指導を含め、たいへんお疲れ様です。講演テーマ「しあわせな世界

  • 【カンボジアの地方に光を運ぶ】まなぶ日本語学校と神戸ヒューマンサービスの学生さんたちがインターン校を視察

    6月22日、夏至。今日は、プノンペンからまなぶ日本語学校の学生さんたち26名と神戸ヒューマンサービスの技能実習候補生40名の方々がインターン校を見学されました。中型バスと大型バスの2台に分乗されて、コンポンスプー州KronChberMonの

  • 進化するカンボジアのポリスコントロール

    こちらは、カンボジアのプノンペン~シアヌークビル間を結ぶ国道4号線。その国道4号線上、プノンペンから、西に30㎞ほど進んだところに、Thnal Totongという大きな街があります。ある火曜日の午後、お気に入りのパン屋さんでコーヒーを飲んで

  • 神奈川県厚木市に「カンボジア商業センター」がオープン

    こちらは、コジマグミカンボジアさんが、独自の調査を進めて、日本とカンボジアの商業活動の促進を目的として神奈川県の厚木市に作られた施設です。センター長は、キズナシップの理事である小杉さんです。今回は、同スタジオディレクターで、キズナシップ理事

  • 【スタッフ研修】テーマ「カンポットの自然に触れる」

    金曜日と土曜日の2日間で、スタッフ3名と共にカンポットに行ってまいりました。私は、コロナパンデミック前の2020年初頭以来2年ぶり、そしてスタッフ3名はもちろん初めての訪問となります。今回、カンポットを訪問する目的は、カンボジアの大自然に触

  • 【第4インターン校】コンポンスプー州Boeung Khnar Primary Schoolの開校準備

    Boeung Khnar Primary Schoolが第4のインターン校として、開校準備に入りました。こちらの木造校舎の一番右端の教室が空き教室となっていまして、そこをお借りして英語の指導を行わせていただく運びとなりました。使われていなか

  • 【63校目の支援を完遂】コンポンスプー州Boeung Khnar Primary Schoolの愛すべき子どもたちへの図書寄贈

    こちらは、6月8日~14日の日程でカンボジアに来られたSさん。到着早々のクメール料理に舌鼓。初日は、Koh Dach島へ。個人経営のシルクファームへご案内。シルクの機織りを熱い視線で見つめます。Chanthouさんの英語での説明を聞いていま

  • 【感慨深かった瞬間】カンボジアの子どもたちが日本のご支援者から頂いた算数教材を手にした瞬間に心に込み上げてきたもの

    コロナ蔓延下の中、昨年から国内で呼びかけさせていただいた算数教材のご支援。現在までに、こちらに50を超える数の算数セットが届けられていました。それが、2022年6月8日水曜日。コンポンスプー州のRumChek小学校の子どもたちのもとに運ばれ

  • ホームステイ先のホスト宅を訪問

    月曜日、ホストファミリー宅を訪問してまいりました。こちら、プレイボン小学校からは、300mほどの距離にあるVenさんのお宅です。広い庭に、マンゴーなどの果樹が植えてあります。天気が良い日でしたので、青空と緑のコントラストがくっきりしています

  • カンボジアの子どもたちへのメンタルケアはどうあるべきか

    カンボジアの子ども80%が精神的ストレス抱える:報告書2022年06月03日 ポステカンボジアより上の記事、まずはお読みください。いかがでしょうか。常日頃、潜在的に感じていることではありますが、80%の子どもが精神的な悩みを抱えているという

  • 【人材派遣会社】プノンペンの神戸Human Serviceを訪問

    昨日、プノンペンの神戸Human Serviseをご訪問させていただきました。おそらく、2年ぶりに会ったMr.チュンとその奥様のMakaraさん。チアフルスマイルの契約ドライバーとして働いてくれています。これまでに、シェムリアップを訪問した

  • 【子どもの魂を揺さぶった日】インターンのMさんが活動を終了

    KongLeu小学校で1か月間の指導を終えたMさん。5月27日(金)が最後の授業となりました。校長のチャムラウン先生が子どもたちの前でMさんに感謝状を授与してくださいました。天候が悪かったので、電気のない教室はかなり暗っぽくなっています。K

  • 【いたずら好きな動物がいっぱい】コンポンスプー動物園

    先日、立ち寄りました「コンポンスプー動物園」についての取材記事です。私は特別に動物が好きってわけでもないんですが、同行されたMさんは日本国内で動物愛護活動をやっていたほどの動物愛護者です。その証拠に、こちらの写真。犬がクンクンと臭いを嗅ぎな

  • 【心が動いた日】500人に2つのトイレの学校、しかも校舎から100m以上も離れている

    コンポンスプー州Saen Daiという地域にあるSras Ta Chann Primary School。コンポンスプー中心部からは、13㎞ほど。県道130号線を東に向かっていくと、山本サーキットの看板があります。そこを右折して、道なりに進

  • 【偶然の産物】ある小さなコミューンでの日本語堪能な女性との出会い

    冒頭の写真は、Sovannさん。私とMさんとである村の小さなカフェに立ち寄ったところ・・・。場所はこちら。店主の女性が何やらにこにこしながら近づいてくるではありませんか。私「カフェ、クダウ、クマウ」(ホットコーヒー、ブラックで)店主「ドッコ

  • 【雨にも負けず・・】指導の質が向上しつつある英語の授業

    授業の質の向上は、教える側の授業に望む姿勢にかかっています。毎日、午前中に行っているインターン生たちの教材準備。インターンの方々、子どもたちに楽しんで取り組んでもらいたい一心で、手作りの数字カードを作成しています。授業に取り入れるダンスを練

  • 【コンポンスプー州】美しい虹色の雲

    日曜日の午後、バイクで田舎道を走っていました。水上村。きれいな景観に心を癒されます。帰り道、ラッキーにもこんな雲を目にしました。気象現象とはいえ、しばし見入ってしまう私。きれいな写真を撮るために、さらに奥まで行ってみようと、悪路を進みます。

  • プノンペンの「まなぶ日本語学校」を訪問

    プノンペンのボンケンコンエリアにチェアシム高等学校(ボンケンコン高等学校)があります。ここの敷地内にまなぶ日本人学校があります。こちら、学長の柳井さんです。今回、ご支援いただいた教材を日本から運んでいただいたのが最初のご縁です。合計16㎏も

  • 【KIZUNAship】オンラインミーティング

    日本法人「KIZUNAship」のオンラインミーティングを行いました。今回のお話し合いは、先日ご紹介させていただきました理事の浅見さんが設定してくださいました。浅見さんに関する詳しい記事は、下をお読みください。浅見さん、行動力があり、人脈も

  • 【動物ショーが目玉】プノンペンサファリ

    カンボジアの動物園の記事は、これが2つ目です。以前、取材したプノンタマウ動物園の記事は下からどうぞ。今回は、コロナ蔓延期間中、しばらく休園していたプノンペンサファリについて書きます。こちらの方、まずは、ローカルレストランで昼食を済ませました

  • Raksmey Sameky Primary Schoolに100冊の図書を支援

    コンポンスプー州のKrang Chekコミューンに位置するRaksmey Sameky Primary School。2022年4月30日(土)にこちらの学校に支援訪問に行ってまいりました。このコミューンは、結構大きな街で、沿道には様々な店

  • 【インターン生の休日】カンボジアのコスメティックにチャレンジ

    土曜日の休日、インターンのSさんとMさんが、カンボジアのヘアサロンでのトリートメントにチャレンジしました。モデルは、Mさんです。撮影は、Sさんです。Mさん、まずは、自撮りです。まずは、念入りなシャンプーから。丁寧に水で洗い流します。ブローを

  • 英語授業での子どもたちの表情

    最近コロナウィルスの感染数の低下から、教室でもマスクを外している子どもたちの姿を目にすることが多くなりました。発音が大事な指導ポイントである英語の授業においては、口の開け方のチェックは不可欠なのです。そんな一瞬を捉えてみました。先生の後に続

  • 【一度は訪ねてみたいお店】宮ケ瀬湖にある「和ごころカフェ絆」

    皆さま、神奈川県内に宮ケ瀬湖という湖があるのをご存じでしょうか。1970 年に計画が発表され、2000 年に完成した中津川沿いにある人造湖で、ここには巨大な重力式ダムがあります。私は、カンボジアに来る前に、横浜市に住んでいたこともあり、あま

  • 【インターン生の一日】ビザ更新のためにプノンペンへ

    皆さん、ビザの更新に不安を抱えてはいませんか。今回、お二人のインターンの方々と共に、ビザ更新のためにプノンペンに行ってまいりました。5月5日木曜日、早朝7時にコンポンスプーを2台のバイクで出発。途中、朝食を食べたり、カフェに立ち寄ったりしな

  • 【熱烈歓迎】2名のインターンの学校初訪問

    一昨日、着任したばかりのインターン生2名が、学校を初訪問しました。副校長先生のチャントリー先生にごあいさつした後、各教室を巡回させていただきました。子どもたちは起立してお出迎え。6年生のチェンダ先生のクラスで、英語の授業の勧誘をするMさん。

  • 5月1日、2名のインターン生が到着

    5月1日は日曜日でしたが、皆さん結構大忙しでした。朝5時半に起床。Kさんは、6時半にクメール料理店のお手伝いのために早々出発。私とMさんは、ビザ延長のために6時45分にプノンペンへ。MさんのビザはERなので、申請書類に写真とFPCSを見せて

  • 第2期インターン活動の授業の様子

    2022年4月1日から、第2期のインターン活動が開始しました。こちら、以前に生活の様子を紹介させていただいたKさんの記事です。そのKさんの授業が軌道に乗りつつあります。授業初日、早めに学校に来たら、まだ校門が締まっていたので、子どもたちと談

  • 支援校のロケーションマップを掲載

    今年のクメール正月中、人ごみに入り込むのを極力避けるために、基本部屋で過ごしたわけですが、その間、実はある作業に没頭しておりました。それは、支援校のロケーションマップの作成作業でした。かねてから、これまでにご支援者様を随伴して支援した場所が

  • 【お見せします】インターン生の自炊生活

    現在、カンボジアにて、インターン活動中のKさん。今回、自炊生活の一部を特別に見せていただきました。こちらが野菜類を保管するクーラーボックス。こちらでは、これが冷蔵庫です。今日の食材は、人参、玉ねぎ、ピーマン。(3,000リエル)さてさて、彼

  • 【2030年に向けて】カンボジア支援の在り方

    日本の海外支援に関心を持たれている皆様。きっと、ボランティアマインドにあふれていらっしゃることでしょう。今回の記事は、そんな方々にお読みいただき、今後目指すべき支援活動について考えるきっかけにしていただきたい内容です。日本のODAの在り方に

  • 雨で迎えるクメール正月2022

    2022年4月14日~16日は、クメール正月で休日。この期間は、授業準備もお休みにして、部屋に籠って、ひたすらこれまでたまっていた仕事を消化しています。(笑)ずっと部屋に籠っているのも不健康なゆえ、夕方に滞在アパートから散歩がてらに外へ出る

  • 【BOOKING.COMだけじゃない】プノンペンのホテル探し

    皆さんは、ホテルを見つけるのに、AGODAやBOOKING.COMを検索すると思います。この時、宿泊料金の安いホテルを見つけて予約すると思いますが、ホテル側は紹介サイトにコミッションの支払い義務が生じるため、実際には、直接フロントで予約した

  • 【BOOKING.COMだけじゃない】プノンペンのホテル探し

    皆さんは、ホテルを見つけるのに、AGODAやBOOKING.COMを検索すると思います。この時、宿泊料金の安いホテルを見つけて予約すると思いますが、ホテル側は紹介サイトにコミッションの支払い義務が生じるため、実際には、直接フロントで予約した

  • 一味違う2022年のクメール正月

    2020年と2021年のクメール正月は、コロナパンデミックの規制により、帰省が禁止されました。毎年の帰省を楽しみにしていた人々は、首都プノンペンに滞在することを余儀なくされ、悔しい思いをしていたことでしょう。しかし、2022年はその規制もな

  • 【Yさんの活動記2】インターン活動を終えて

    こんにちは。大学3年生のYです。2022/02/06~2022/04/02の約2ヶ月間、チアフルスマイルのインターン生として活動しました。今はコロナのため、日本帰国後の自宅待機中に書いています。今回ではこのインターンシップの主な活動である授

  • 【クメール正月前】インターン校での終業式に参加

    4月1日に着任したKさん。週明けの月曜日の朝7時45分に、学校を訪問しました。この日は、クメール正月前、プレイボン小学校では終業式が行われていました。村長さんや地域の役員さんたちも参加しています。子どもたちが、家から持ち寄った食べ物を先生方

  • 【Iさんの活動記】教員養成校と地方部の小学校への支援訪問

    皆さん初めまして。チアフルスマイルインターン生のIです。2022年3月25日、26日にかけて同じくインターン生のTさん、代表の松田さんと共にスバイリエン教員養成大学とベトナム国境近くのBRASBLEAK小学校への図書支援に赴きました。活動の

  • 【Tさんの活動記】教員養成大学訪問と学校支援活動への参加

    こんにちは。2/6-4/2の約2ヶ月間、インターン生として活動している大学生のTです。私は、チアフルスマイルのインターン生です。現在、プノンペンから西に約50km、コンポンスプー州という場所で活動を行っています。ここは、いわゆるベットタウン

  • 【チャリティイベントの開催】探求空間主催の科学教室

    3月20日、山梨県で探求空間というNPO団体が高校生対象の科学教室を開催しました。こちらのイベントはチャリティイベントとして行われ、カンボジア教育支援を行うチアフルスマイルの支援活動を紹介していただきました。PDFファイルはこちらでご覧いた

  • Chey Chomneah Primary Schoolでのチャリティーイベントに参加

    プノンペンのトゥールスレン博物館のやや南にChey Chomneah Primary Schoolがあります。3月20日(日)にこちらでチャリティーイベントが行われましたので、賛助者として参加してまいりました。こちらの校長先生が主催者です。

  • 【思いをつないだ支援】PREYVENG州BAPREI小学校への支援活動

    プレイベン州BAPREI小学校コンポンチャム州とプレイベン州との境に位置します。こちらを訪問したのは、コロナが明けたと思った矢先の2021年1月でした。この翌月、プノンペンでは、パンデミックによる都市封鎖があったんですよね。1か月間の籠城生

  • 【絶景】再び訪れたキリロムナショナルパーク

    まずは、キリロムの前回の記事はこちらさて、キリロムは、カンボジアの国が定めた国立公園。手つかずの自然が残されている山岳地帯です。日本で言えば、長野県の軽井沢のようなところでしょうか。こういうところには、二輪車で来るに限ります。それは、自然を

  • 【Hさんの活動記】私のインターン活動記

    こんにちは。2/11-3/11の1ヶ月間、インターン生として活動した大学生のHです。今回はインターン活動記として、この1ヶ月で印象に残っていることを書き記したいと思います。 授業についてインターンの主な活動として、preyboeng小学校で

  • 日本語指導とクメール語学習

    この写真は、日本語の50音のひらがなの書き方を練習しているコンポンスプー高校の3年生の様子。まずは、母音のあいうえおから。なぞり書きをさせて、書き順を確認します。上から下、左から右が原則です。そして、終筆は右下が基本です。なかなかうまく書く

  • 教員養成大学での計算ボードの製作

    教員養成大学で、計算ボードの製作実習が行われました。カンボジアの学校には、学習教材がほとんどありませんので、教師の創意工夫が不可欠です。身近な素材を用いて、自分たちの手で教材を作り出す。学生たちも、このような実習が、子どもたちの学習効果をあ

  • 【Tさんの活動記】インターン活動を終えて

    こんにちは。大学3年生のTです。2022/02/01~2022/02/23の約1ヶ月間、チアフルスマイルのインターン生として活動しました。今はコロナのため、日本帰国後のホテルの隔離施設の中で書いています。今回は自身の活動の内容やその振り返り

  • インターンによる英語授業の様子

    1月からインターン活動で、コンポンスプー州に8名のインターン生が滞在しています。現在、滞在期間が半分を過ぎた人もおり、少しずつ現地での生活にも慣れてきました。慣れるとは、①周辺の地理的環境がわかる。②自分で必要なものを購入できる。③自分の足

  • 【インターン渡航準備Part1】カンボジアへ持っていくべき荷物とは?

    皆さん、こんにちは!日本事務局のミヤコダです。日本はまだまだ本格的な寒さが続いていますね。。。さて、チアフルスマイルの英語教育インターンシップにおいては、2月の参加者がぞくぞくとカンボジアへ到着し現地入りしていると、松田氏より報告をもらって

  • 【2年ぶりの支援者】スマイルサポートツアーの再開

    2020年2月にご支援者をコンポントムの支援校にご案内したあと、コロナウィルス蔓延により、長らく日本からのご支援者のご案内できなくなっていました。コロナ前、最後の学校支援訪問そんな中においても、この2年間、日本から金銭的な支援、カンボジア国

  • 【授業開始】インターン活動日誌1

    はじめまして、インターン生のIです。3月の頭までこちらで活動させて頂きます。よろしくお願いします。この写真は2年前にアンコールワットで撮影したものです。静かな湖面に朝日とアンコールワットが映ってとても素敵な場所でした。そして、こちらは個人的

  • 【不要になった算数教材】インターンの方へ受け渡し、いざカンボジアへ!

    皆さんこんにちは。日本事務局のミヤコダです。本日は現在進行中の算数教材プロジェクトについて嬉しい動きがありましたのでご報告いたします。このプロジェクト、日本で使われなくなった算数教材を寄付して頂き、人の手で、支援のリレーでカンボジアまで届け

  • 【国際協力・インターン】参加者の共通点:出会ったきっかけに向き合う力

    皆さん、こんにちは。日本事務局のミヤコダです。さて、インターンシップ2月出発組の壮行会も続々と開催しております。(英語教育インターンシップとは?)そんな中、インターン参加者にはある類似した共通点が存在するのでは?と思い、今日はそのお話を届け

  • 【インターンシップ参加者】いろいろな思いを持ち、いよいよカンボジアへ

    皆さん、こんにちは。日本事務局のミヤコダです。前回の記事でもお知らせがあったように、英語教育インターンシップの第一号としてIさんが無事、今月の16日にカンボジアへ到着しました。(詳細はこちら。)記事の中では、現地生活に慣れるために、ローカル

  • 【インターン活動の開始】インターン校へのあいさつ訪問

    1月18日、早朝からプレイボン小学校へごあいさつの訪問をしました。ちょうど、1限目が終わる8時半の休憩時間に学校へ到着。何やら珍しい人が来ているということで、子どもたちの関心はⅠさんに集中しています。子どもの目の高さで話しかけるⅠさん。勉強

  • インターン生第一号の来訪

    1月16日(日)、インターン生第一号のIさんが、成田からバンコク経由で無事にプノンペンの国際空港に到着いたしました。案の定、成田~バンコク間は、空席が目立っていたようですが、バンコク~プノンペンはほぼ満席状態だったようで、すべての手続きを終

  • 【国際協力・途上国支援】参加の動機は「自分のため」であってもいい理由

    皆さん、こんにちは。日本事務局のミヤコダです。本日は2月にインターンシップへ参加される方の壮行会を行いました。今回の方は、大学にて東南アジア専攻をしており、学んでいる中で、実際の支援に関わってみたいとの思いで申し込まれました。そして、もう一

  • 【算数セット】寄付された方へ・カンボジアへの運搬ボランティアの方へ

    皆さん、こんにちは。日本事務局便りです。今日はご支援いただいている方へ、そしてカンボジアの子どもたちへ、嬉しいお知らせがあります。多くの方からご支援いただいている算数セットのカンボジアへの運搬がいよいよスタートしました。教材が不足しているカ

  • 2022年度Preyboeng小学校の始業式に出席

    2022年1月10日(月)Preyboeng小学校の始業式にご招待を受け、出席してまいりました。それぞれ、1学年進級しています。カンボジアには、屋内体育館のような施設はありませんので、この木陰の場所で行います。常日頃、学校に出入りしている関

  • 【これも質的支援】衛生標語のペイント

    トイレ建設のクラウドファンディング時において、完成後には衛生標語を募集して、子どもたちにきれいに使う意識をもたせることを狙っていくことをお約束しました。トイレ建設を通して、手を洗う習慣きれいに使う意識公共心の向上トイレを見れば、その家の衛生

  • 間もなく英語教育インターンシップ開始!第一便の参加者と壮行会を実施!

    皆さん、こんにちは。日本事務局のミヤコダです。さて本日は、1月16より正式にインターンシップに参加される方へ、ささやかではありますが、オンライン壮行会&激励をさせていただきました。(インターンシップについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

  • 日本語が飛び交ったキリロムでの夜

    いきなり、変わったタイトルでの書き出しとなります。新年明けそうそう、コンポンスプーからリゾート地で有名なキリロムへ行ってまいりました。キリロムには、多くの開発業者が入っています。キリロムパインリゾートキリロムヒルサイドリゾート各リゾート地は

  • 【新入生の募集】各教員養成大学で入試を実施

    昨年はコロナパンデミックにより、募集が見送られた教員養成校も、今年は選び抜かれた新入生が入学しました。教員養成大学の入試倍率は、どこもだいたい約50倍という狭き難関。それを潜り抜けて入学した学生たちです。将来の教師の卵たちですから、ここでみ

  • 【新入生の募集】各教員養成大学で入試を実施

    昨年はコロナパンデミックにより、募集が見送られた教員養成校も、今年は選び抜かれた新入生が入学しました。教員養成大学の入試倍率は、どこもだいたい約50倍という狭き難関。それを潜り抜けて入学した学生たちです。将来の教師の卵たちですから、ここでみ

  • コンポンスプー教育局を訪問

    こちらは、コンポンスプー州の教育局長のTharin氏です。昨日10時にアポを取って、今年展開されるチアフルスマイルの活動をご報告させていただきました。こちらは、教育局と教員養成大学、付属小中高等学校が同じ敷地にある、州の教育拠点と言えます。

  • 2022年教員養成大学の新入生

    昨年は、コロナ下で全学校が閉鎖に追い込まれていたために、各教員養成校も新入生の募集を行いませんでした。それは、ある意味、教育の質の向上を1年間も停滞させました。しかし、今年は違います。意欲ある新入生たちが入ってきました。約50倍の難関をパス

  • コンポンスプー教育局を訪問

    1月4日、こちらは、教員養成大学、付属小中高等学校が同じ敷地にあるコンポンスプー州の教育局です。昨日10時にアポを取って、本日、局長のTharin氏を訪問しました。今年、展開されるチアフルスマイルの活動の見通しをご報告させていただきました。

  • 踏みにじられた支援

    事実をありのままに伝える。そして、受け手がどう感じるかは、任せる。このマインドにより、ブログは長く続けられます。「上の事実を伝える」に基づいて、昨年暮れに起こったある出来事について書いてみようと思います。実は、新しくできたトイレの記念碑に貼

  • 【2022年初頭に思う】コロナ下だからこそできたこと

    昨年を回想してみました。2021年4月、私は、プノンペンのある地域に閉じ込められていました。期間は、カンボジア政府発表では当面の間とのこと。そうです。コロナ感染者が出たことによる政府によるレッドゾーン措置です。こちらをお読みください。【ロッ

  • ASIA KAKEHASHI PROJECT 2022に見事合格

    冒頭のサッキムさん。日本カンボジアオンライン交流会のメンバーであり、日本へ強い関心を持っている高校2年生です。この度、タイのAFSが主催する「ASIA KAKEHASHI PROJECT 2022」に応募して、見事、最終選考者12名に残りま

  • 日本法人「KIZUNAシップ」設立のお知らせ

    国際協力NGOチアフルスマイルでは、これまで多くが皆様のボランティアに支えられて支援活動を展開してまいりました。マンスリーサポート個人様からの寄付教材等のご支援セミナーの開催アクティビティへの参加こういったものから支援に必要な活動費を生み出

  • 【Preyboeng小学校】修繕したトイレ前の通路の改修工事

    改修されて、きれいに再生された既存のトイレ。その前の道は、土のままでした。これだと、トイレに入るときに、靴底に付いた土を運ぶことになってしまい、トイレがすごく汚れるのです。そこで、・・・・。この通路も、モルタルで固めることになりました。なお

  • 【2023年第32回東南アジア競技大会会場】Morodok Techo National Stadium

    1959年から、2年毎に開催されている「東南アジア競技大会」をご存じでしょうか。タイミャンマーマレーシアシンガポールラオスベトナムフィリピンインドネシアブルネイカンボジア東ティモールの11か国が参加して行うスポーツ競技会です。今回、2023

  • 第2インターン校Rom Chek小学校での一コマ

    こちらは、第二インターン校のRom Chek小学校。本日が授業最終日とあって、授業は10時に終了。子どもたちへの1時間の指導を終えた後、今年のチアフルスマイルの活動に対して再び表彰を受けました。先生方、皆、正装している中、私だけカジュアルな

  • 幼稚園の授業を参観

    Preyboeng小学校では、幼児たちへのワクチン接種も完了し、幼児クラスも授業を始めています。今日は、今年の最終授業日。その最終授業を参観させていただきました。こちら、Ly Mara先生。勤続31年の大ベテランです。教室の掲示や飾りつけを

  • 【ブレインストーミング】プレイボン小学校の職員会議

    今月18日で、学校が今年の日程を終えます。その直前の12月15日、プレイボン小学校では、9時に子どもたちは下校になり、職員会議が開かれました。そこに、私も参加させていただきました。コロナ下において、すべての学校は半年以上も閉鎖されていました

  • 【4回目のブースター接種】ワクチン先進国カンボジア

    本日、飛び込んできたニュースです。カンボジア、2022年に4回目のワクチン接種を検討 変異株警戒で2021年12月13日 プノンペンポステよりこれによると、4回目の接種は、3回目の接種から6ヶ月~12か月経過した人を対象に行われるとのこと。

  • PreyBoeng小学校の子どもたちの心が寄ってきた

    Preyboeng小学校の算数指導教室を始めてから9回目。12月10日土曜日の今日は、驚きの成果が頻発しました。能力別にクラスを分け、お互いの競争意識がより働く中での計算チャレンジ。見てください。この集中力です。教室の中で、鉛筆が紙の上をす

  • 【お釈迦様の手】国際支援を達成するマインド

    これは、私のかつて所属したあるNGOでの体験談です。Aさんという専門家が日本から派遣されてきました。その道35年の専門家であり、プロフェッショナルです。意気揚々とやってきたAさんは、所属先の部署で、現地従業員に対して、自分の思いをぶつけるべ

  • 【ゴミ分別かごの設置】プレイボン小学校の環境教育の推進

    プレイボン小学校のごみの問題については、以前にも記事に取り上げました。このごみの散乱を何とかしないと・・・という思いは、先生方も感じてはいます。学校では、1か所に集めて、焼却処分をしています。でも、ごみの集積所が野ざらしでは風雨によって散乱

  • 【オミクロン株】重症化は低い?日本とカンボジアの現在の渡航制限は?

    (上記写真:ANNニュースより)皆さん,こんにちは.日本事務局のミヤコダです.早くも47の国と地域でオミクロン株が拡大しています.日本国内でも現時点で3例目の報告あり.まだデータや統計が少なく,感染症の専門機関はっきりとした情報がわかるまで

  • 【1,000円からのご支援】マンスリーサポートのお礼

    当ブログでも、度々、ご紹介させていただいておりますように、支援を行うためには、どうしても活動費が必要となります。例えば、学校を訪問するためには、移動費用が必要になりますし、指導を行うにも教材を準備したり、プリントを印刷をしたりする費用も発生

  • 【愛すべき子どもたち】Rom Chek小学校での算数指導

    土曜日に、Rom Chek小学校を指導訪問してきました。Kron Chber Monから28㎞。バイクで走ること、45分はかかります。幸いなことに道路は舗装されていますし、田舎道なので交通量も比較的少なめです。午後の始業前に、当番の子たちが

  • 【カンボジアに再来】世界を変えるたった一人の力

    当ホームページ。活動を広く発信するために、かねてからカンボジアの人々にも、読んでいただけるようにしたいと思っていました。右上の言語バーを選択してみてください。ページ全体の言語が変わります。これまでにも、当団体は、カンボジアの方々からのご支援

  • 【水祭り明け】カンボジアのWedding Ceremony

    コロナへの生活規制が解除されたカンボジアでは、水祭り明けの先月あたりからあることが頻繁に行われています。それは、Wedding Ceremonyです。カンボジアの結婚式の特徴は、オープンドアで行われるということ。路上にテントが張られて、そこ

  • 【国際協力を行う理由】日本に生まれ健康であるからこそ持っていたい気持ち

    こんにちは,日本事務局のミヤコダです.今年も残すところあと1か月となりました.少し前ですが、休日に紅葉を見に行きました。こちら皇居と東京駅の丸の内口前を結ぶ「行幸通り」と呼ばれる通りにあるイチョウ並木.こちらは江東区にある清澄庭園.どちらも

  • 【健康に良い食べ物】バンチャエウ専門店

    前回のカフェに続いて、コンポンスプーのバンチャエウ専門店のご紹介です。市場から少し離れたリバーサイドに位置するこのお店。人通りが少なく、店内もあまり込み合っていないので、安心して入ることができます。ゲートをくぐると、広い駐車場があります。で

  • 【新型コロナ・オミクロン株】全世界の外国人“入国禁止” 感染力やワクチンの効果,第6波は?

    (上記写真:Youtube ANNnewsCHより)南アフリカで発見され,ヨーロッパを中心とし,さらには香港,オーストラリア,カナダと世界各国に広まり始めている新たな変異株,オミクロン株.また恐れていた事態が来てしまうのでしょうか...(Y

  • 【目で見える進歩】計算能力の向上

    グレード3の子どもたちを中心とした算数指導教室。これまでに、100ます計算の練習を繰り返し取り組み、すでに7回目になりました。この子たち、とうとう5分を切りました。最も速い子で、3分28秒。大体の子は、4分台です。これからは、一気に1分、2

  • 【クメールの微笑み】憩いのカフェ

    こちらのカフェショップ。コンポンスプー州の過疎地にある、私にとっては憩いのカフェ。プノンペンの各通りには、軒並みに見つかるカフェも、田舎に行くとなかなか見つからなかったりするものです。お店の前一帯が、グリーンに覆われています。見た感じは、ご

  • Wat Tabeng,Rom Chek小学校に図書を寄贈

    2021年11月27日、何となしに乾季に入りつつあるかなというこの日、2校への学校支援訪問に行ってきました。いつもの通り、早朝の出発でした。今回は、自家用車での移動。おしゃべりに花が咲きます。Wat Tabeng Primary Schoo

  • 【一人で貸し切り】2年ぶりにシティバスに乗車

    おそらく2年ぶりであろうシティバスに乗車しました。運行本数は、不定期ながらも、路線を走っていることは確かです。でも、肝心のバス停が見当たらない。そう、多分コロナで使っていなかったので、どこかにしまわれているのでしょう。まあ、この辺だろうとバ

  • 【カンボジアの姿】心が映し出す景色

    カンボジアへの想いは、各自それぞれが思い描いているものがあろうと思います。カンボジアと聞いて、何をイメージするかが人それぞれ違うのがその証拠です。別のもので例えてみましょう。例えば・・・、あなたの目の前にバラの花があるとします。「美しい」と

  • カンボジアの高等学校が抱える大きな課題

    先週の土曜日は、NPO法人Follow your heartの代表の斎藤氏をこちらの学校にご案内するために、訪問しました。学校側には、ソムナン校長がご対応。私もすでに3度目の訪問とあって、顔馴染みとなっております。一度目の訪問での支援に関す

  • 日本では見られないカンボジアの授業中でのシーン

    先週の算数指導教室でのこと。参加する子どもたちも、50名にまで膨れ上がりました。第1回から継続して参加している子たちは、目に見えて計算のスピードがついてきています。さて、今回目にした、おそらく、日本の学校ではあり得ないだろうと思われることを

  • カンボジアで救急車に乗った体験

    カンボジアに来てから4年間、病院をは全く縁のない私ですが、昨日、まれな体験をしました。知人のお見舞いのためにあるクリニックを訪問していたところ、大きな病院で検査をした方が良いとのことで、成り行き上、私が付き添うことに・・・・。車両は、韓国の

  • 【カンボジアの小学校】休み時間の遊びについての考察

    コンポンスプー州のプレイボン小学校での一コマです。日本の小学校では、休み時間の定番はドッジボール。カンボジアの学校でも、サッカー等のボール遊びをする子どもたちもいますが、結構ポピュラーなのがこれ。そう、ゴム飛びなんです。スバイリエン州、プレ

  • Preyboeng小学校の英語授業を参観

    皆さんは、カンボジアの英語の授業がどのように行われているかご存じですか。とりわけ、インターン参加者にとっては、関心の深いところだと思いますので、今回写真を交えて、お伝えしてみようと思います。まず、Covid19による長期間の閉校のために、今

ブログリーダー」を活用して、国際協力NGOチアフルスマイルさんをフォローしませんか?

ハンドル名
国際協力NGOチアフルスマイルさん
ブログタイトル
そうだ、カンボジアに支援しよう
フォロー
そうだ、カンボジアに支援しよう

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用