searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

TK_Starlightさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
カメラ片手に空の下で
ブログURL
https://tkstarlight2020.fc2.net/
ブログ紹介文
綺麗な眺めに魅かれて天体・星空・風景・花などの写真を撮っています。撮影した写真や撮影機材の紹介、そして撮影記やハイキング・トレッキングの記録です。
更新頻度(1年)

56回 / 182日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2020/01/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、TK_Starlightさんの読者になりませんか?

ハンドル名
TK_Starlightさん
ブログタイトル
カメラ片手に空の下で
更新頻度
56回 / 182日(平均2.2回/週)
読者になる
カメラ片手に空の下で

TK_Starlightさんの新着記事

1件〜30件

  • Canon R5 熱問題など

    Canon R5/R6が発表され盛り上がっていますね。キヤノンからは早くも供給不足の可能性が示されています。 動画撮影時間の制限 先の記事で8K動画撮影に対応したCanon R5がどのように熱対策をしているか興味がありますと書きましたが、その答えは

  • ミラーレスカメラ新機種の情報など

    明日7/09にCanonの新しいミラーレスカメラR5とR6が発表されるようですね。 R5はすでに一部仕様が公開されていますが、動画のスペックがとても高くびっくりですね。これまではパナソニックの製品が動画では高いスペックだったのですが、発生する熱の処理に苦労しているようで空冷ファンを内蔵していました。キヤノンはその熱問題をどうクリアしたのか興味深いです。一方でR6は画素数は控えめでその分連写性能などは高くなってい...

  • 過去の写真から - 新緑の上高地 (2)

    2018年6月に訪問した上高地の続きです。 河童橋の上から撮影しました。橋の上からだと川の流れを中心に据えることができて良いですね。ただ人の通るタイミングによってはぶれるの注意が必要です。 D750, Sigma 24-105mm F4 (28mm), f/5.6, 1/800, ISO125 このあとゴールの岳沢小屋までは正面に見えている涸れ沢 (緑がないところ)に沿って登っていきます。河童橋からは岳沢小屋は右側の尾根に隠されてギリギリ見えないのですが...

  • 過去の写真から - 新緑の上高地

    なかなか写真を撮影する機会がないので過去の写真からです。2年前の6月半ばに訪問した新緑の上高地です。梅雨時には珍しい晴天に恵まれました。 沢渡からバスに乗って、終点より手前の大正池で降りてハイキングスタートです。 D750, Sigma 24-105mm F4 (32mm), f/6.3,1/640, ISO200 正面に見えている穂高連峰、左奥が奥穂高、右が前穂高、それをつなぐ吊り尾根ですが、このときは、吊り尾根の稜線と山麓の真ん中あたりに...

  • LEE ソフトフィルター No.2 単体売り

    地上を構図に含めた星景写真を撮るときにはソフトフィルターを入れて明るい星が目立つようにしています。ソフトフィルターもいろいろと販売されていますが、レンズの前の取り付ける通常のガラスフィルターだと画像周辺にある明るい星がラグビーボールのように変形してしまうのが問題です。 それを避けるためにゼラチンフィルターのLEE ソフトフィルターをカットしてレンズ後部に取り付けて使用しています。LEE ソフトフィルターに...

  • 睡蓮

    菖蒲と紫陽花を撮影したお寺には睡蓮も咲いていました。睡蓮は花までの距離が遠いことが多くて、どうしても小さくなってしまいます。望遠端の210mmでの撮影です Z6, Tamron 70-210mm F4 (210mm), f/5.6, 1/400, ISO100 Z6, Tamron 70-210mm F4 (210mm), f/5.6, 1/160, ISO100 Z6, Tamron 70-210mm F4 (210mm), f/5.6, 1/125, ISO100 210mmでの撮影でシャッター速度 1/125秒でも手振れがないのは助かります。カメラ・...

  • Nikon Z6のバッテリー消費

    ミラーレスカメラは消費電力が大きくてバッテリーがもたないとよく言われます。USB外部電源を使って、実際の消費電力がどれぐらいであるか測定してみました。 待機電力が高い まず電源をオンにしただけの状態での電力です。ファインダー(EVF)、液晶モニターともに点灯していません。撮影待ちの待機状態と言えます。 5V x 0.66A = 3.3Wになりますね。これはずいぶんと高い数字だと思います。この数字にはUSB 5Vから昇圧する回...

  • 紫陽花

    6/19以降は県境を越えるような遠出をしても良いかと思っているのですが、梅雨の中どんな被写体があるでしょうか。この時期に以前に行ったことがある場所を考えても、信州方面のレンゲツツジは場所によってはもう見頃は過ぎている、箱根登山電車と紫陽花の組み合わせは登山電車がまだ運航が再開されていない、上高地の新緑は群発地震があり避けた方が良さそうと、なかなか思いつきません。 先日近所のお寺で撮影した紫陽花です。 ...

  • Nikon Z6を外部電源で使う

    先週撮影した花の写真紹介がまだ途中ですが、ここで機材ネタで一呼吸入れます。 天体撮影時のカメラの電源 天体撮影は長時間に及ぶことからカメラは通常のバッテリー1個では足りません。バッテリーを複数用意しても良いのですが残量をチェックする必要がある、長時間露光中にバッテリーがなくなってしまうと困るといったことから私は外部電源を使用しています。 メーカーから販売されている外部電源はたいていAC100Vを用いるも...

  • 菖蒲 (2)

    菖蒲の画像の続きです。 白い花をアップ気味に、形良く咲いていて、かつ背景のバランスが良い花を選ぶのに苦労します。コントラストは少し落としています。 Z6, Tamron 70-210mm F4 (140mm), f/4.0, 1/2000, ISO100 紫の花は距離があったので望遠端にしてもこの大きさでした。望遠端の210mmだと手振れに気を使います。 Z6, Tamron 70-210mm F4 (210mm), f/4.0, 1/500, ISO100 Z6, Tamron 70-210mm F4 (210mm), f/4....

  • 菖蒲と紫陽花

    久しぶりの花撮りとして近場のお寺で菖蒲と紫陽花の写真を撮りました。何回かに分けて撮影した写真を紹介します。 なかなか見事な菖蒲田があります。今年はやや花付きが悪かったでしょうか。それでも綺麗なものです。背景の斜面には紫陽花が植わっているのもポイントです。 Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (70mm), f/7.1, 1/250, ISO100 菖蒲園の中には道が切ってあるので、こうやって花に近づいて撮ることができるのは助かります...

  • カーボン三脚の石突を交換しました

    AP赤道儀には純正三脚APP-TL130ではなくカメラ用カーボン三脚を使っています。この三脚では先端の石突のところが3/8インチカメラネジで交換できるようになっており、ジッツオ、マンフロット用などに販売されているものが使用できます。 今まではゴム足と金属スパイクとが使い分けられるタイプのものを使っていました。APP-TL130と同じタイプですね。 実際の商品はベルボンのものです。 ベルボン Velbon 可変石突Set(V600)...

  • 過去の写真から - バラ

    本来であればこの季節はいろいろな花の写真撮影を楽しむことができるのですが、今年はなかなかそうもいきません。この先菖蒲や紫陽花を近所であれば撮影できるかなというところでしょうか。それまでのつなぎとして過去に撮影した写真を紹介します。2018年に生田緑地で撮影したバラです。 D750, Nikon 70-200mm F4 (200mm), f/5.6, 1/1600, ISO200 D750, Sigma 24-105mm F4 (105mm), f/5.6, 1/1000, ISO200 シャープさが評...

  • 2019年3月 NZ遠征記 (7) 最終回

    その(6)からの続きで最終回になります。4/2(火)夜から4/5(金)の帰国まで一気に行きます。 3/25(月)成田 18:30 発 機内泊 3/26(火)オークランド経由クイーンズタウン午後着。テ・アナウへ移動テ・アナウ泊 3/27(水)モンキークリークへドライブテ・アナウ泊 3/28(木)ミルフォードサウンド観光。クイーンズタウンへ移動クイーンズタウン泊 3/29(金)マウントクックへ移動。ハイキングマウントクック泊 3/30(土)テカポで観光 ...

  • 2019年3月 NZ遠征記 (6)

    その(5)からの続きです。 3/25(月)成田 18:30 発 機内泊 3/26(火)オークランド経由クイーンズタウン午後着。テ・アナウへ移動テ・アナウ泊 3/27(水)モンキークリークへドライブテ・アナウ泊 3/28(木)ミルフォードサウンド観光。クイーンズタウンへ移動クイーンズタウン泊 3/29(金)マウントクックへ移動。ハイキングマウントクック泊 3/30(土)テカポで観光 & 買い物マウントクック泊 3/31(日)マウントクックでハイキ...

  • 2019年3月 NZ遠征記 その(5)

    その(4)からの続きです。3/31、4/1の二日分です。 3/25(月)成田 18:30 発 機内泊 3/26(火)オークランド経由クイーンズタウン午後着。テ・アナウへ移動テ・アナウ泊 3/27(水)モンキークリークへドライブテ・アナウ泊 3/28(木)ミルフォードサウンド観光。クイーンズタウンへ移動クイーンズタウン泊 3/29(金)マウントクックへ移動。ハイキングマウントクック泊 3/30(土)テカポで観光 & 買い物マウントクック泊 3/31(日...

  • 2019年3月 NZ遠征記 (4)

    その(3)からの続きです。3/29および3/30に行った天体写真撮影です。 3/25(月)成田 18:30 発 機内泊 3/26(火)オークランド経由クイーンズタウン午後着。テ・アナウへ移動テ・アナウ泊 3/27(水)モンキークリークへドライブテ・アナウ泊 3/28(木)ミルフォードサウンド観光。クイーンズタウンへ移動クイーンズタウン泊 3/29(金)マウントクックへ移動。ハイキングマウントクック泊 3/30(土)テカポで観光 & 買い物マウント...

  • 2019年3月 NZ遠征 (3)

    その(2)からの続きです。3/29分です。 3/25(月)成田 18:30 発 機内泊 3/26(火)オークランド経由クイーンズタウン午後着。テ・アナウへ移動テ・アナウ泊 3/27(水)モンキークリークへドライブテ・アナウ泊 3/28(木)ミルフォードサウンド観光。クイーンズタウンへ移動クイーンズタウン泊 3/29(金)マウントクックへ移動。ハイキングマウントクック泊 3/30(土)テカポで観光 & 買い物マウントクック泊 3/31(日)マウントク...

  • 2019年3月 NZ遠征記 (2)

    その(1)からの続きです。3/28分です。 3/25(月)成田 18:30 発 機内泊 3/26(火)オークランド経由クイーンズタウン午後着。テ・アナウへ移動テ・アナウ泊 3/27(水)モンキークリークへドライブテ・アナウ泊 3/28(木)ミルフォードサウンド観光。クイーンズタウンへ移動クイーンズタウン泊 3/29(金)マウントクックへ移動。ハイキングマウントクック泊 3/30(土)テカポで観光 & 買い物マウントクック泊 3/31(日)マウントク...

  • 2019年3月 NZ遠征記 (1)

    今月にはニュージランドを再訪する計画でしたが、残念ながら来年以降に延期せざるを得ませんでした。そのかわりというわけでもないですが、星空、ハイキング、観光と大自然を満喫できた昨年2019年のNZ遠征を何回かに分けて振り返ります。 10泊の日程 幸いにも10泊という長めの日程を組むことができたので、星見だけではなく観光やハイキングを楽しむことも予定に組み込み、前半は著名な観光地であるミルフォードサウンドやクイー...

  • 観望用望遠鏡を入手しました

    天体観測といっても基本は天体写真撮影派なのですが、それでも綺麗な星空の下で過ごす時間が好きですし撮影の傍ら双眼鏡で天の川を流したりしています。銀塩フィルムで撮影していた頃は露出中は何もすることがなかったので観望用の望遠鏡を使っていたこともありました。その頃以来になりますが観望用望遠鏡を入手しました。 鏡筒 かなり以前にガイド鏡用途などに販売されていた8cm F5の短焦点屈折望遠鏡をネットオークションで...

  • ハイキングコースの紹介 - 乗鞍 位ヶ原の紅葉

    北アルプスなど森林限界あたりの山岳地帯では例年9月末から10月初め頃にナナカマドの紅、ダケカンバの黄色と見事な紅葉を楽しむことができます。そのような山岳紅葉の名所はいくつもありますが、乗鞍岳はバスでアプローチ可能であること、歩きやすい車道沿いにスポットが多いことから、お手軽に山岳紅葉を見ることのできる場所です。紅葉時期が近づいてくると位ヶ原山荘などが詳細な紅葉情報を発信してくれるのも良いところです。...

  • 天体観測用PCの消費電力

    最近のPCは高い処理能力を持ちながら低消費電力化が進んでおり、私の使用しているPCは天体写真撮影時に5から6ワット程度の消費で収まっています。これぐらいならディープサイクルバッテリーのような大型電源は必要なく内蔵バッテリーでも一晩の駆動は可能ですし、モバイルバッテリーを使うというのも選択肢となります。ここではPCの消費電力について注意するべきポイントを説明します。 天体観測機材の消費電力 以前にも紹介し...

  • 旧型PCでUSB C PDを使う

    USB Type C Power Deliveryに対応していない古いPCでも、USB C PDからの給電が使えるようになる場合があります。機種によってはこのような変換ケーブルが販売されています。 USB-PD-DCプラグ変換コネクター USB Type-C - DCプラグ外径5.5mm-内径2.5mmUSBパワーデリバリー専用変換アダプターPower Delivery 20V対応ACアダプター用ICON SHOP IC-C2DC55 ポスト投函便対応楽天で購入 あるいは別の機種用のこちらのもの レノボ...

  • 近所で見かけた春の風景 (2)

    近所の散歩で見かけた春の風景の続きです。なるべく周囲の住宅などが入らないようにするには望遠レンズで切り取りたく、そうするとさすがに標準ズームの70mmではちょっと不足を感じることもありますが、かといって日常の散歩に望遠ズームを持ち歩く気にはならないですね。 遊歩道の脇にボランティアの方々が植えられたと思われるチューリップがたくさん咲いていました。すこし時期が過ぎていましたが、それでもまだ綺麗に咲いてい...

  • 近所で見かけた春の風景

    幸いにも在宅勤務をしやすい勤務形態なのは助かりますが、それでも家に籠りっきりは避けたいので時間を見つけて散歩などでリフレッシュするように努めています。自宅の周りには公園や遊歩道が充実しているのでこの季節ならではの春の風景を見ることができます。先週に散歩の中で撮影した写真をご紹介します。Nikon Z6と標準ズーム Z 24-70mm F4Sはコンパクトさと安定の画質でこんなときに持ち歩くにはピッタリです。 ソメイヨシノ...

  • 天体観測用PCとモバイルバッテリー

    ここのところUSB Type Cポートを持ち、そこからの給電に対応しているPCが増えてきています。USB Type Cからの給電、いわゆるPower Delivery (PD)に対応しているとAC電源アダプタが専用品ではなく汎用品が使えることに加えて、モバイルバッテリーでも給電できるようになります。これは長時間使い続ける天体観測用PCにとっては大きなメリットとなります。 USB Type C PDの規格 USB C PDの規格は様々な機器に対応できるよう少し...

  • AP赤道儀とモバイルバッテリー

    普段は安定性・自動導入といったメリットのあるEQ6PRO赤道儀を使用していますが、サブの機材としてAP赤道儀も所有しています。併せて使用する光学系はコーワ プロミナー 500mm F5.6LでマウントアダプターTX07Tと組み合わせて350mm F4としています。 ベテランの間ではあの価格で自動導入ができないなんて、といった評価もありますが、私がAP赤道儀を選んだ理由は以下の通りです。 ・ プロミナーを搭載できる大きさで2軸オー...

  • ハイキングコース紹介 - 乗鞍岳 剣が峰

    乗鞍岳3,026mは標高2,700mの畳平までバスで入りそこから歩き始めればよいので、最も簡単に登れる3,000m峰と言われることもあるぐらい手軽なハイキングで行くことができます。畳平から頂上の剣が峰までの登りは標準で1時間半のコースタイムです。肩ノ小屋を過ぎてからの50分が本格的な登山道となるのできちんとした装備は必要ですし、雷雨にあわないよう午前中の行動が必要なのは他の場所と同じです。頂上からの眺めはさすが3,000m...

  • さそり座頭部 星雲群

    先日の遠征で撮影した画像の処理がようやく終わりました。プロミナー 9枚モザイクで撮影した さそり座頭部・アンタレス付近です。アンタレス付近のカラフルな星雲に加えて、青いIC4592やSh2-1、Sh2-7といった星雲群から天の川へ伸びる暗黒帯まで一気におさめました。 もともとシャープな光学系であるプロミナーを使って、さらに9枚モザイクとしているので拡大率の低さから星像が小さく締まり、うるさい感じにならなくて助かりま...

カテゴリー一覧
商用