searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Toshi爺さんのプロフィール

住所
北区
出身
熱田区

ブログ始めた70歳超のToshi爺と言います。サイトの更新を続けて早く100記事まで達成が目標です。「ひらめきシニアライフ」というサイトでシニアライフへの健康・生活家電・釣りなどの分野でクリエーティブな提案を行います。

ブログタイトル
ひらめきシニアライフ
ブログURL
https://toshijj.com
ブログ紹介文
『ひらめき』とは創造的思考の中から生まれるもの。充実したシニアライフを積極的に楽しむためには『ひらめき』こそ最大の武器となる。アウトドア・インターネット・健康と医療・家電・釣り・生活文化等の各ジャンルでシニアライフ提言の先駆者を目指します。
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2020/01/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Toshi爺さんをフォローしませんか?

ハンドル名
Toshi爺さん
ブログタイトル
ひらめきシニアライフ
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
フォロー
ひらめきシニアライフ

Toshi爺さんの新着記事

1件〜30件

  • 矢田川釣り、オイカワを狙っている人発見

    名古屋近郊の都市河川「矢田川」で釣りをしている人発見。矢田川にいる魚はコイとオイカワの2種、その他の魚も多分いるのだが、釣りあげた人を見かけたことはない。昨年、私も実際オイカワを狙って釣りを試みた。釣れたことは釣れたが、3~5匹が精々であった。興味に惹かれて、釣りを見ていた。

  • 名古屋北部に点在する六所社、六柱の神を祀っているのか、6つの神社を合祀しているのか定かではない

    名古屋市北部に6つの六所社がある。北区の上飯田六所宮、金城六所社、成願寺六所神社、東区の矢田六所神社、西区の比良六所神社、そしてこの北区下飯田の六所社がそうだ。この六所社以外にも、北区の味鋺神社、大乃伎神社、大井神社、別小江神社は江戸時代には六所明神と呼ばれていた。六所社は六柱の神を祀っているのか、6つの神を合祀したのか定かではない。ひとつ確かなことは、名古屋市北部である時期、六所社(六所明神)が流行ったことがあるということだ。名古屋市内では北部エリア(主に庄内川流域)以外に六所社はない。六所明神の正体もよく分からないのだけど、どうして北部エリアだけだったのかが最大の謎であり、謎を解く手がかりでもある。

  • 人と自然をつなぐ動物園!自然のすばらしさを体験してみよう!(再生された名古屋東山動植物園)

    人と自然をつなぐ動物園として「名古屋東山動植物園」の再生計画が2010年から順次実施され、10年以上かけて2021年4月にはほぼ全計画が完成しました。人と自然をつなぐ場となるためには、さまざまな垣根を取り払い、生まれ変わる必要があります。従来の檻に閉じ込められた動物園というイメージは払拭され、自然のすばらしさや大切さを学習できる場となってます。動物園に10年以上前しか訪れたことがない人はぜひ、一度訪問されては・・・

  • 水を分ける橋・水分橋その西側にある水分橋緑地の春景色

    水分橋は名古屋市の北部を流れる庄内川に架かっています。ずいぶん変わった名前です。橋のすぐ上流には、ダムのような物があり、市内ではここにしかない珍しいもの。橋の北では八田川が庄内川に流れ込んでいる。南では堤防にスクリーンが設けられている。ダムのようなものは頭首工(とうしゅこう)といい、庄内川を塞き留めて水位を上げるためのものだ。塞き上げられた水は、スクリーンから取り込まれ堤防をくぐり南に流れてゆく。この流れが堀川であり庄内用水であり、ここ水分橋は堀川や庄内用水の源流。庄内川から堀川などに水を分けるところに架かる橋だから水分橋という。庄内川は矢田川と合流するのだが、その合流点近くに『水分橋緑地』は存在する。古墳みたいの石のオブジェが多数あり、一瞬奇妙な風景。でも、桜に囲まれ格好の見晴山もあります。

  • 春弥生、桜満開の御用水跡街園を散策する

    春弥生、待ちに待った桜満開の「御用水跡街園」を散策。いつもの散歩コースで慣れ親しんだ景色だが、桜が咲くとイメージは一変。ピンクの桜が景色も温度も変えてしまう。ピンクの色が水面に映り込み川の色さえ異なって感じる。これが「桜」日本人が愛する生き物の証だ。花は「桜」以外でも沢山あるのだが、やはり「桜」が一番。特に満開の時期には心まで高揚する。

  • 歴史と伝統が描き出す、桜満開弥生の徳川園を訪れる

    歴史と伝統が描き出す「桜満開の弥生徳川園」。トウカイザクラは満開となり、コブクザクラも春の盛りとなっています。黒門西側のソメイヨシノやアヤメ属のシャガも咲き始めました。美術館前広場の東海桜は超有名。周辺の瀬戸電高架下の森下駅から大曾根駅にかけての桜並木も満開です。

  • 尾張二宮・梅の名所「大縣神社」、女性のご神体を祀る!縁結び祈願

    尾張二宮・梅の名所「大縣神社」を訪れた。梅の名所はもとより、女性のご神体を祀る、神社としても有名です。すぐ近くにある「田県神社」が男性のご神体を祀るのに対して、こちらは女性です。例年3月に行われる「豊年祭」は『女性のご神体になぞらえた特別な神輿』も担がれ、見物客も多数です。残念ながら2021年3月は【コロナ禍】のため中止となりましたが、一度ぜひご覧ください。しだれ梅の美しさと「豊年祭」の祭事は見ものです。

  • 10年前のテレビがFire TV Stick(2021)で蘇り、動画ストリーミングも快適

    10年前のテレビで動画配信サービス機能が終了。インターネットもできない状態。それが「Fire TV Stick」を差し込むだけで、HD仕様ですばやい動きの動画ストリーミングが復活。5千円以下の小さなスティックが10年前のテレビを蘇らせた。Prime Video、YouTube、Hulu、Netflix、TVer、GYAO!、U-NEXT、DAZN、Disney+、FOD、Apple TV+などの豊富な映画やビデオを大画面で楽しめ、おまけにAlexaにも対応。

  • ソニー WF-1000MX3 とSpotifyでハイレゾを楽しむ

    ソニーWF-1000MX3とSpotifyでハイレゾをお手軽に楽しんでます。ハイレゾといってもソニーの「 DSEE HX」でSpotifyの「ストリーミングをダウンロードしたプレイリスト」をアップルサンプリングして聴いています。 DSEE HX はCDやストリーミングなどの圧縮音源をSBC/AACのコーデックでBluetooth再生する際、最大96kHz/24bitまで拡張してくれます。スマホ側のBluetoothコーディックは気にしなくても大丈夫です。また音源もSpotifyから好きな曲が簡単にダウンロードできるので、通信料も少なくて済みます。この組み合わせで屋外の散歩やウォーキングの時にハイレゾ相当の音楽を楽しみましょう。

  • ソニーWF-1000MX3 エイジングで大変貌ライバルを完全凌駕

    発売から約1年半たっても、いまだ売れ行き衰えず人気も高いソニーWF-1000MX3を最近購入し、2カ月使用した感想です。「ノイキャン」「外音取り込み」「高音質」のハイエンド完全ワイヤレスイヤホンです。ソニーの「フラッグシップモデル」として他社のライバルと張り合い、「ノイキャン機能」では高い評価でライバルに差をつけています。「音質面でやや劣る」というウィーポイントも総合力でカバーし今でも第一位の座にとどまり大健闘。そのWF-1000MX3に50時間のエイジングをしたら、【音質面で大変貌】ライバルを完全凌駕し【すばらしい音質】になりました。

  • Spotify音楽好きなら有料Premium加入、決め手は最高音質ダウンロード

    Spotifyは音楽サブスクの一つであり、全世界でもっとも有名なサイトです。無料プランと有料プランの2種類あり、無料プランでもそこそこ利用できます。私も、散歩のときにスマホで聴く程度なら無料プランで十分と思って、ご紹介もさせていただきました。ところが、最近無料体験プランで有料のSpotifyを利用してみました。そして「音楽好きで、毎日ある程度の時間音楽を楽しむ人」には有料プランをおすすめします。その決め手は【音楽が高音質でダウンロード】できることです。

  • ハイレゾ完全ワイヤレスイヤホンを今から買うならaptX Adaptive搭載・イヤホンを買うべきだ!

    毎日のように発表される完全ワイヤレスイヤフォン。製品数が増加し、各社がしのぎを削る事で高音質化・多機能化が著しい。多くの製品が一定水準を超えるクオリティを備えているので「もう、どれを買ってもあんまり変わらない」と思っている人もいるかもしれない。しかし、音質にこだわりのある方なら絶対にハイレゾ対応それも「aptX Adaptive」搭載機種を買うべきです。 将来的にハイレゾの主流コーディックは「aptX Adaptive」と「LDAC」の2つに絞られます。Bluetoothコーディックは受け手側のイヤホンと同一のコーディックが送る側のスマホにも搭載されていないと使えません。各社とも今後ハイエンドモデルから「aptX Adaptive」コーディックが搭載される見込みですが、先に完全ワイヤレスイヤホンを購入する場合は必ずハイレゾ対応「aptX Adaptive」が搭載されている機種を選ぶべきです。今持っているスマホ/タブレットは対応していないという人も多いと思うが、今後買い換える端末がaptX adaptiveに対応するケースも増えていくはず。それを見越して、イヤフォンを買う時はaptX adaptive対応の新世代イヤフォンを選ぶというのはアリだと思う。

  • ハイレゾ(aptX Adaptive)対応 5千円前後・超おすすめ完全ワイアレスイヤホンSOUNDPEATS Sonic

    2020年末から2022年頭にかけてTWS(完全ワイアレスイヤホン)でハイレゾ対応の新機種が続々と発売されました。ハイレゾ対応機種はいまだハイエンドモデルが主流で高額なものでした。ところがSOUNDPEATSより5千円以下の価格帯でハイレゾ対応機種が発売されました。ハイエンドモデルの1/5程度の価格でコスパは最高です。TWSの入門者に最適と思われます。

  • ハイレゾに該当するのはBluetoothコーディックのどれなのか、完全ワイアレスイヤホンで再生可能か

    日本でハイレゾという言葉が使われたのは2012年、今から9年前のこと。10年ひと昔という言葉どおり、いよいよ2020年年末から2021年年頭にかけて、完全ワイヤレスイヤホンの新製品が多数発表された。性能・音質面で各製品とも飛躍的発展が見受けられた。

  • 尾張四観音龍泉寺を『ゆとりーとライン』で訪れる

    名古屋城の鎮護となっている尾張四観音の一寺院『龍泉寺』をゆとりーとラインで訪れた。名古屋市の北東にある守山区竜泉寺という町名にある。『竜』は『龍』の略字であり、古字でもある。じいんの正式名称は『龍泉寺』となっている。庄内川、濃尾平野を眼下に見下ろす守山の景勝地にたたずむ龍泉寺は、天台宗に属し松洞山大行院と号します。延暦年間(782‐806年)、伝教大師最澄が創建したといわれています。

  • ぶらり四季散歩Ⅸ・矢田川ふれあい橋2021/01

    ぶらり四季散歩と題して矢田川は何度も取り上げています。今回は『三階橋』から庄内川との合流地点『ふれあい橋』周辺までの河川敷の風景をご紹介します。雑草が刈り取られて、いい感じの緑地になっています。

  • ぶらり四季散歩Ⅷ・瀬古村輪中のおもかげ『水屋』2020/12

    濃尾平野の西南部では、低湿地に木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)が集中し、排水が悪くしばしば洪水の被害をこうむってきた。輪中は、水害から守るため、集落や耕地の周囲を堤防で囲んだところをいい、この堤防を輪中堤という。濃尾平野では木曽川河口から大小45の輪中が連なっている。今回紹介するのはこの木曽川に隣接する、庄内川と矢田川にはさまれた地域に存在した瀬古村輪中です。水害に対する自衛策として、土を高く盛り、石垣を築き、食糧等を貯蔵して生活できる避難用建物を設けました。このような建物を『水屋』と呼び、蔵式と住居式があり(写真は蔵式)。水屋には連絡用の舟も備えられていました。

  • 家コーヒー美味しさとコスト削減を両立、おすすめ全自動コーヒーメーカー7選!

    家コーヒーの最大の目的は美味しいコーヒーをお値打ちに、つまりコスパ最高で楽しむことです。コンビニコーヒーでも1杯100円、スタバは200~300円、喫茶店では400~500円と外で飲むコーヒーは結構な出費になります。それを上等なコーヒー豆を使っても家コーヒーなら、わずか1杯20~30円、1/10以下で美味しいコーヒーが飲めます。ただし、その前提条件が全自動コーヒーメーカーの購入です。価格は2万円程度で耐用年数も3年は十分に使用できます。家コーヒーを楽しむためのおすすめ全自動コーヒーメーカー7選をご紹介します。

  • 家コーヒー、美味しく飲むなら全自動コーヒーメーカー、あとは好みのコーヒー豆を選ぶだけ

    家コーヒー、お店で飲むより家飲みの方がコスパが良いのは分かっているけど。淹れ方難しいのでは、素人でも上手に美味しく作れるのか不安の方、沢山いらっしゃいます。全自動コーヒーメーカーを購入し、好みのコーヒー豆を選択する。これだけで、誰でも簡単に美味しいコーヒーが作れます。初期投資は必要ですがそれも十分カバーできます。

  • 堀川(黒川)の源流をたずねて、庄内川までさかのぼる

    堀川はここから始まる、いわばここが源流だ。庄内川にかかる水分橋(みずわけばし)のたもとに樋門(ひもん)があり、これは庄内用水の元杁(もといり とり入れ口)樋門と呼ぶ。堀川はここで庄内川からわかれて流れはじめます。取水した水は、堀川や農業用水、工業用水にも使われており、ここは堀川の環境(かんきょう)や名古屋南西部の農業、工業にとってたいせつな所です。

  • ぶらり四季散歩Ⅶ・別小江神社(わけおえじんじゃ)2020/12

    カラフルな日傘、神社とは思われない独創性。さすがカラフル御朱印帳で人気を博している『別小江神社』(わけおえじんじゃ)。拝殿回りも尋常でない。これは名古屋にある御朱印部門3年連続第一位のご紹介記事です。小さいけど、すばらしい神社です。

  • 開設約1年、やっと月間PV1万件を達成!正直疲れました、でもヤッター!!

    2019年9月15日に『ひらめきシニアライフ』というブログサイトを立ち上げました。全く知識もなく、ただ「やってやろう」と」いう強い決意だけで始めた。なんでも、いいから記事を毎日1件づつ書いていけばブログはできるよ。そんな甘い考えはすぐ打ち破られました。最初の2~3本くらいまでの記事は簡単に書けたが、その後が続かない。1記事を書くのに5~6時間はゆうにかかる。とんでもないことに取り組んでしまった、『反省の嵐』。なんとか、自分をだましだまし50記事くらいまで続けた。そのうち、なにを書いたら良いのか、記事のテーマ・アイデアが全く浮かばない。ほんとにお手上げだった、それでも、諸先輩の「ブログ初心者へ」とかいう記事を参考にしながら、ここまで来た。2020年11月30日、11月月間でPV(ページビュー)数10,604件。やっと1万件超を達成、1年2カ月の長丁場でした。

  • 超便利かざすだけで調べられるGoogleレンズおすすめの使い方

    野に咲く、草木・花、小鳥などの小動物さらには魚釣りで釣った魚の名称など、名前がわからなくて、困っていませんか?そんな時に活躍するのが、【Googleレンズ】目の前にあるモノを調べるための『画像検索』、画像にカメラを向けてシャッターを押せば、即座に名前が判明する、優れもの!

  • ぶらり四季散歩Ⅵレイヤード久屋大通パーク2020/11

    名古屋市中区・栄の久屋大通公園北エリア/テレビ塔エリアに誕生する新商業施設『RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード ヒサヤオオドオリパーク)』。公園と店舗が一体化、名古屋初出店店舗を含む話題のテナントも集まり、公園の新しい価値を生み出す超注目の新施設!ぶらり四季散歩してみました。

  • ぶらり四季散歩Ⅴ2020/11山田天満宮・金神社(こがねじんじゃ)名古屋

    山田天満宮は、菅原道真公をご祭神する天満宮で、340年以上の歴史を持ち、名古屋三大天満宮として親しまれている神社です。今回は福徳円満、商売繁盛、金運招福、街道往来(現在の国道19号線)の御神徳と御加護を願って奉祀された金神社(こがねじんじゃ)を中心にご紹介します。

  • ぶらり四季散歩Ⅳ2020/11名古屋鶴舞公園

    ぶらり四季散歩Ⅳとして名古屋市の鶴舞公園を訪れました。この鶴舞公園は歴史ある公園で名古屋市の指定文化財も多数あり、平成21には公園のほぼ全域が、文化財保護法に基づく登録記念物に指定されています。また、四季折々の花も見所で、特に桜とバラが有名です。

  • ぶらり四季散歩Ⅲ2020/10矢田川河川敷(2)

    ぶらり四季散歩と称して、自分が散歩してしいる場所のご紹介をしております。矢田川河川敷は先回すでに紹介しましたが、雑草の全面刈り取りによって、別の景色になったので、改めてご紹介。散歩、釣りに気持ち良い場所に生まれ変わりつつあります。

  • 船からのハゼ釣りでヒラメが釣れた!思いもよらぬ外道に釣り人大満足!

    風情のあるハゼ釣りの乗合船からハゼを釣っていると・・・思いもよらぬヒラメが釣れました。ハゼが主目的だから、ヒラメは外道です。キスやメゴチあるいは真ゴチはハゼ釣りの外道として珍しくもありませんが、ヒラメの外道に大満足。

  • ダイヤル式ウォーキングシューズ(フォーセンス製)使い勝手もコスパも最高!おすすめの1品

    ダイヤル式ウォーキングはとっても使い勝手が良いので、皆さんにおすすめですが、特にシニアの方には好評です。私も簡単に履けて、履き心地も良いので、ついつい毎日使用しています。フォーセンス製なら、お値打ちでコスパも一番。おすすめの1品です。

  • ぶらり四季散歩Ⅱ2020/09御用水街園

    ぶらり四季散歩第2弾は毎朝の散歩コース「御用水街園」。春の桜だけでなく、四季折々の花が目を和ませる。秋はやはり『彼岸花』、赤と白の2色が競演します。地図と写真を見比べて、お楽しみください。

カテゴリー一覧
商用