プロフィールPROFILE

バッシーさんのプロフィール

住所
海外
出身
福岡県

人生の約半分は上海在住の福岡人。上海のパンダのお土産屋の店長。趣味は空手とヨガとダイビング。オリジナルグッズのデザインなどの依頼もご連絡下さい!

ブログタイトル
Marine Life Log イラストで綴る、海の生き物ログ
ブログURL
https://marinelifelog.hateblo.jp
ブログ紹介文
ダイビングで出会ったお魚ちゃんやウミウシなど海の生き物をイラストで紹介、たまにダイビングログも!海を守るため海の世界の面白さを伝えられたらと思います。夢はダイビングや海のグッズをデザインして、サンゴやサメの保護に寄付したい!
更新頻度(1年)

7回 / 14日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2019/11/02

バッシーさんのプロフィール
読者になる

バッシーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(IN) 45,102位 43,851位 43,888位 43,749位 43,604位 圏外 37,903位 978,196サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 20 10 0 0 40/週
PVポイント 0 60 140 220 180 190 60 850/週
イラストブログ 516位 516位 515位 515位 512位 圏外 382位 16,871サイト
動物イラスト 19位 19位 19位 20位 19位 圏外 15位 378サイト
マリンスポーツブログ 100位 97位 96位 96位 96位 圏外 83位 2,971サイト
ダイビング 35位 36位 36位 36位 35位 圏外 25位 907サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 53,706位 44,576位 44,618位 44,701位 47,617位 50,630位 42,215位 978,196サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 20 10 0 0 40/週
PVポイント 0 60 140 220 180 190 60 850/週
イラストブログ 440位 336位 341位 334位 373位 393位 281位 16,871サイト
動物イラスト 15位 8位 9位 10位 12位 14位 8位 378サイト
マリンスポーツブログ 146位 106位 105位 106位 106位 127位 98位 2,971サイト
ダイビング 37位 27位 27位 27位 26位 30位 27位 907サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(PV) 10,273位 10,185位 10,394位 10,331位 10,969位 10,049位 9,824位 978,196サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 20 10 0 0 40/週
PVポイント 0 60 140 220 180 190 60 850/週
イラストブログ 95位 96位 97位 98位 106位 94位 81位 16,871サイト
動物イラスト 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 378サイト
マリンスポーツブログ 15位 15位 15位 15位 15位 13位 13位 2,971サイト
ダイビング 3位 3位 3位 3位 4位 3位 3位 907サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、バッシーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
バッシーさん
ブログタイトル
Marine Life Log イラストで綴る、海の生き物ログ
更新頻度
7回 / 14日(平均3.5回/週)
読者になる
Marine Life Log イラストで綴る、海の生き物ログ

バッシーさんの新着記事

1件〜30件

  • お目々パッチリのサザナミフグさん

    分布/南日本の太平洋岸、伊豆・小笠原諸島、琉球列島;インド・汎太平洋サンゴ礁域に生息。礁池内や礁斜面など浅所の砂地に見られる。単独で行動する。体の白い斑点がまばらにあり、腹部は多数の縦帯がさざ波のような形になることが特徴。目の周囲の斑紋はリング状で、胸鰭基部の黒斑は円く、白く縁取られ眼状斑になる。あまり逃げないので近づきやすいが、歯はかなり強力で、いたずらすると食いつかれることもあるので、注意したい。雑食性でさまざまなものを食べる。1cmほどの幼魚は、全身が黒っぽく、河口域や内湾など、波静かな場所で見られる。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓…

  • 上海から3連休で行けるフィリピン、アニラオ(2日目:2019年9月14日)

    1日目の記事はこちらから! marinelifelog.hateblo.jp 2日目は朝からなので、4本潜っちゃうぜ 1ダイブ目 Sombrero 2ダイブ目 Kirbis Rock 3ダイブ目 Twin Rocks 4ダイブ目 Solana とにかくポイントが沢山 2日目は朝からなので、4本潜っちゃうぜ さぁ!朝ごはん食べたら出港です。Pacifico AzulからSombreroはちょっと遠出になります。と言ってもバンカーボートに乗って30分圏内です! 自分でデザインしたポンチョでウキウキ 1ダイブ目 Sombrero エントリー08:45 エキジット09:31潜水時間46分 水温28.1…

  • 上海から3連休で行けるフィリピン、アニラオ(1日目:2019年9月13日)

    ガンガン潜れるアニラオ 上海からのフライト ついたら、午後から1本目 1ダイブ目 Koala 2ダイブ目 Cathedral 3ダイブ目 Pacifico Azul前 ガンガン潜れるアニラオ 上海ダイバーの会に参加するようになって、今年の4月の清明節に初めてフィリピンのアニラオに行きました。その際にお世話になったのが、パシフィコアズールさん。日本人と台湾人のスタッフさんがいるので、日中英に対応しています。 ホームページはこちら↓↓ アニラオ パシフィコアズールリゾートへようこそ ダイビング以外やることがなにもないような土地ですが、逆にそれがいい!ご飯も宿もダイビングも全部ついてます!依頼すれば…

  • 山吹色じゃないのに?ヤマブキベラさん

    分布/南日本の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島;インド、太平洋岩礁域、サンゴ礁域に生息。浅所に多い普通種。胸鰭は地色が黄色で後部に大きな青色斑があることが特徴。雌相は全身ヤマブキ色で、成長するにしたがい青い帯が出る。体の半分以上が青いものもいる。産卵時、雄相は海底から離れ、中層で円を描くように泳ぐ。この時派手な色の胸鰭を激しく動かす。雌はやがて海底から舞い上がり、雄とともに産卵放精する。幼魚は体側中央に黒い縦帯があり、縦帯の後端付近に黒色斑が連なる。体側下半部が白いことも特徴。岩礁域では、体側上半部が茶色いことも多く、クギベラの幼魚に似る。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄…

  • 本家とはどこが違うの?ニセフウライチョウチョウウオさん

    分布/南日本の太平洋岸、琉球列島;インド・太平洋岩礁域、サンゴ礁域に生息。ヒメフウライチョウチョウウオに似るが、目を通る黒帯が途切れない。大型種。幼魚は内湾に多い。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ヒメフウライチョウチョウウオとそっくりさん ヒメさんとニセさんの違いは目を通る黒帯が途中で途切れているかどうか。ニセさんのほうが途切れない方です。割と見分けやすいですね。 体長は大体30cmぐらい。 チョウチョウウオ科の中で最も大きくなる種類です。 ニセじゃないフ…

  • 実はニモのモデルではない?カクレクマノミさん

    分布/沖縄島以南;東部インド洋〜西部太平洋の熱帯域 サンゴ礁域に生息するハタゴイソギンチャクと共生。イソギンチャクへの依存度は強く、宿主から離れることはほとんどどない。タイバーが近づくとイソギンチャクの中に潜り込んでこちらを見ている。クマノミ属全種に共通するが、卵を守るのは雄の役目。ゴミの掃除をしたり、胸鰭で新鮮な水を送ったり、甲斐甲斐しく卵の世話をする。雄は外敵の防御に当たるだけではなく、次の産卵に備えてエサを食べる。クマノミ属は雄から雌へ転換することで知られ、1つのイソギンチャクの中で、最大の個体が雌、2番目に大きい個体が雄となり繁殖に参加する。他の個体は繁殖には参加しない。 山溪ハンディ…

  • 胸鰭に黒斑が特徴のニセネッタイスズメダイさん

    分布/琉球列島;西部太平洋サンゴ礁域の水深2~40mに生息。ネッタイスズメダイに似るが、全体に少し青みを帯びてくすんでいること、胸鰭基底部の黒斑は大きいことで区別できる。幼魚は背鰭に眼状斑がある。普通種。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 本家ネッタイスズメダイと何が違う? 本家は枝サンゴをすみかとしていて、ニセネッタイスズメダイのほうはガレ場(死んだサンゴが瓦礫の山のように積み重なっている場所のこと。)に住んでます。また本家より深い水深にいます。 図鑑の説明…

  • 黄色いボディーのネッタイスズメダイさん

    分布/和歌山県以南、琉球列島;東部インド洋~西部太平洋の熱帯域サンゴ礁域の水深1~14mに生息。鰓蓋に小さな黒斑があり、体は鮮やかな黄色。普通種。幼魚は背鰭に眼状斑がない。雑食性だが、主に付着藻類を食べる。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 黄色が鮮やかなスズメダイ 体長は大体5cmぐらい。ニセネッタイスズメダイってのもいるんですが、本家ネッタイスズメダイは枝珊瑚がすみかで、小さな群れを作るか他のスズメダイと一緒に群れています。 私がよく見るのは、ルリスズメダ…

  • 白黒ボディーで丸っこいアマミスズメダイさん

    分布/南日本、琉球列島;インド・西太平洋サンゴ礁域の礁斜面の水深5mから少なくとも30mまでに生息。大きな群れで群泳する。スズメダイ科としては大型で、体側の鱗が目立つ。幼魚は小型のものほど青みが強い。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 上半身黒、下半身は白のバイカラー シコクスズメダイやデルタスズメダイなんかも下半身白いんですが、それらと比べるとシコクさんとデルタさんはシュッとした細身で、アマミさんは体高が高く丸みを帯びたフォルムで、尾ひれに黒いラインが入りま…

  • 長い背鰭とねじねじ模様のヒレナガネジリンボウさん

    分布/南日本の太平洋岸、伊豆諸島、琉球諸島;インド・西太平洋岩礁域やサンゴ礁域に生息。礁斜面など水深10~55mの砂底に見られ、テッポウエビ類と共生。背鰭全部の鰭条が著しく伸長することが特徴。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 見た目そのままのネーミング! ヒレが長いネジリンボウ!わかりやすぅい!そう、ネジリンボウってのもいるんです。そのネジリンボウよりはヒレが長いので、ヒレナガネジリンボウ! ネジリンボウの由来はお祭りで売られているネジリンボウ飴なんですって…

  • 沖縄にも負けてない透明度!ビックリするほどアメージングな高知県沖の島(2019年9月8日)

    初めて四国でダイビング 一日のスケジュール 1ダイブ目 赤崎2号 2ダイブ目 トリノクビ 岸壁に上がってお昼ごはん 3ダイブ目 トリノクビ再び 期待以上の四国の海 初めて四国でダイビング これまでに日本で潜ったことがあるのは、沖縄本島と慶良間諸島と石垣島のみでした。 所属する空手道場の館長のお見舞いで、愛媛県松山市に行く用事ができ、四国で潜れるところないかな?と思って探したらあるじゃないですか!! というわけで、今回お世話になったのが アットホームなショップ、EBダイバーズさん ホームページはこちら! eb-divers.com ログ付けが大好きな看板猫さんがインスタで人気のようです(^^) …

  • 青のボディーと尻尾の黄色が鮮やかなナンヨウハギさん

    分布/南日本の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島;インド・太平洋 サンゴ礁域に生息。潮通しの良い礁外縁や水路、沖の隠れ根で見られる。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る そう、みんなが知っているドリーちゃん! 青いボディーに黒の模様と黄色のヒレ。ファインディング・ニモのドリーのモデルになったのが、このナンヨウハギです。なんとなくちっちゃいイメージがありますが、成魚は意外と大きくて20~30cmにもなります。 幼魚の時から成魚と同じ色ですが、成魚との違いはボディーの黒…

  • うっすら水色斑点のミズタマハゼさん

    分布/屋久島、琉球列島;インド・太平洋サンゴ礁域の砂底に生息。10m以浅に多い。頬に小さな水色斑点が数個あることが特徴だが、水中では目立たない。第一背鰭の先端が黒い。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る あんまり目立たないけど、きれいな水色斑点 図鑑には水中では目立たないと書いてある斑点ですが、ダイビングで観察したときにはちょっとキラキラしててきれいな斑点でした。ボディーの色が砂の色と似ているので、あんまり目立たないやつですが、控えめに主張する姿、嫌いじゃないで…

  • アライグマみたいな顔のチョウハンさん

    分布/南日本の太平洋岸、琉球列島;インド・太平洋、大西洋南東部岩礁域、サンゴ礁域に生息。成魚は単独またはペアで見られ、ときに群れを作る。夏には伊豆にも幼魚が現れ、浅所や潮だまりで普通に観察できる。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 丁半?長範?蝶斑? どうやら時代劇で見る「 丁か半か!」の丁半ではないようです。 目の後ろにある白い帯が長範頭巾というのに似ているということから長範と呼ばれるということなんですが、長範頭巾って何? ということで調べてみました。 長範…

  • 麻呂眉毛とおちょぼ口のシテンヤッコさん

    分布/南日本の太平洋岸、琉球列島;インド、太平洋 岩礁域、サンゴ礁域に生息。 20m以浅に多い普通種。幼魚は稀に伊豆にも現れるが、30m以深のことが多い。 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 麻呂眉毛の憎めない顔 黄色のボディーに、紫の唇と麻呂眉毛でなんか憎めない顔のシテンヤッコちゃん。目を上から下に通る黒い帯があります。 体長は最大26cmぐらい。 名前の由来は、頭部と鰓蓋にある黒い点が合わせて4点(シテン)見えるので、シテンのヤッコ(キンチャクダイ)さんらし…

  • 水玉模様が特徴のモンガラカワハギさん

    分布/相模湾以南の太平洋岸、伊豆・小笠原諸島、琉球列島、朝鮮半島;インド・太平洋サンゴ礁域に生息。礁池や礁斜面など50m以浅に多い。体下半に白い水玉模様があるのが特徴 山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚 作者: 吉野雄輔 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2018/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ド派手な水玉模様 平べったいボディーに、おちょぼ口でド派手なモンガラカワハギちゃん。第一背びれの付け根にはヒョウ柄のような模様、ボディーは黒背景に白の水玉模様で、黄色の差し色が特徴。 体長は20~25cm程になります。 奇抜なデザインでダイバーには人気。個人的に…

カテゴリー一覧
商用