searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

壮年部員 Aさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
普通の創価学会員
ブログURL
https://hutuuno.fc2.net/
ブログ紹介文
よくいる活動的ではない創価学会、壮年部員。学会3世
更新頻度(1年)

53回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/10/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、壮年部員 Aさんをフォローしませんか?

ハンドル名
壮年部員 Aさん
ブログタイトル
普通の創価学会員
更新頻度
53回 / 365日(平均1.0回/週)
フォロー
普通の創価学会員

壮年部員 Aさんの新着記事

1件〜30件

  • ただいま同盟唱題会中らしいです

     なんか、座談会に出たら選挙が、どうこう。それで土曜日 同盟唱題会をするそうで。それで、さっきまで30分だけ唱題していたのです。 このブログはだいたい土曜日の午前中に書きます。今日は書くネタがなかったので、ネタを思いつくまで唱題しようと思いついたのでした(選挙のことは知りません)。 さ~てと、今日の新聞を見てましたら、若者プラスを見てましたら、10才の子が平仮名の多い投稿がありました。なにやら、友...

  • 師弟を、ちょっと考える

     さいきんはメンターなどという言葉が流行っておりまして、意味はというとコーチに近いようで。師匠は英語でいうならマスターでしょうか。 そのむかし、学会員さんが会ったこともないであろう人を勝手に師匠と呼んでいる姿に、すごく違和感を持っておりました。そもそも、師弟というものが、よく分かりませんでした(今でも)。たとえば、プラセボ効果というのは薬の効き目を判定するのに使うニセ薬ですが、それは医者がくれた薬...

  • 父 また徘徊する

     ウチの父は認知症です。たまに、散歩に出たまま帰ってこないことがあります。それで、捜索のため警察犬にパンツを嗅がれたこともあります。2度 警察のご厄介になっており、「施設に入れた方がいいのでは?」 とお巡りさんもお医者さんも言います。しかし、最近は放っておいても家に帰ってくるので放置。 ですが、先月なかなか散歩に出たまま帰って来なかったので、探しに行こうと思っていると、自転車屋さんから電話が掛かっ...

  • 直観のこと

     本屋さんなどに行きますと、直観は8割 正しいだの 直観を信じなさい などいう本を見かけます。 それで、どうしたら直観を得られるのかと聞くと、ボーっをリラックスしてるとき来るぞ! と言います。それは閃きとか悟りとかも、そういういとき来ると、だいたい書いてあります。 どちらも、なんにしても誤解があるのは、直観的なものが来るのは短い時間ということです。悟りとかも瞬間で世界が変わったとか、よく書いてあり...

  • 議員さん 座談会にくる

     今月のオンライン座談会は市議会議員さんが参加するとのこと。 選挙が近いのかもしれません。 これは、みんな私に「中国人に入れてもらえば?」 と言うのを期待しているのでは? みんなが言えないなら、ここは人肌ぬがなくては! と思いつつ参加しました。 しかし、選挙の話は一切ありませんでした。ワクチン予約の仕方、現状の話のみ。混雑しているようで。 私んとこはネットで両親のワクチン、予約済み。7月半ばに取れ...

  • 題目水

     私の仏壇 水のお供えは 青いガラスのぐい飲み、お気に入りのやつです。 日本酒など久しく飲んでいないので、ボチボチ変えようと思います。そういえば、お供えの水で思い出しました。私の祖母は朝 一 水を替えるとき、その水を飲み干しておりました。 子供ながら、あの水にはきっと御利益があるに違いないとにらんでいました。しかし、自分で飲んでみるほどの根性はありません(不届き者にはバチが当たると思っていた)。祖...

  • 正義合唱団

     今日の新聞を読んでおりましたら、正義合唱団の人の話が載っておりました。 「正義合唱団」  清々しくカッコいい響き。ちょっと、入りたいです。「どこ卒業ですか?」 と聞かれ、 「正義合唱団!」 とか。「身分証明書を出しなさい!」 と職質され、 「正義合唱団カード」 を颯爽と出したいのであります。 近年、歌番組はなくなり、街から歌が消えて久しい昨今。座談会で学会歌を歌わされるのが苦痛だった私は、歌えな...

  • 50肩 完治

     去年の10月くらいから腕が回らない上がらない、いわゆる50肩に。それから、はや半年、もう完治と言ってもよいでしょう。今でも、肩を回すとゴリゴリ音がしますが、その音も お気に入り。 さいきん、親戚が五〇肩で手術をするというので、自分も五〇肩だったのを思い出しました。近所の女性部(さっそくです!)の人も五〇肩で寝返り、肩の激痛、もんどり打ったそうです。私もありました。 しかし、痛みも治療。痛みも薬。...

  • 御本尊が光って見える人

     ごくまれに、御本尊が光って見える人がいます。特に信心に励んでいるわけではないそうですが、その知り合いはラジオ体操代わりに長年 気功をするうち見えるようになったそうです。本人は失明するのか心配していたそうで。 どんなふうに見えるかというと、光るモノ(太陽など)を見た後に残像が残った感じ、目をつむった後 緑色の残像で文字が見えるそうです。 御書に「南無妙法蓮華経の本有の光に照らされて云々~」 人とい...

  • 認知症は治らないのか?

     ウチの父は認知症で、今年1月 二度も徘徊で行方不明になり、パトカーに乗って帰って来ました。 一日に何度も一人で散歩に出かけますが、今は症状も落ち着いたのか一人で帰って来ます。2年前にはオムツをしていた時期もありましたが、ひと月くらいでオムツが取れました。よくなっているのか、波があるのやら、さっぱり分かりません。 それで、色んな本も読みましたし、医者にも行きましたが、認知症が治った話を見つけられま...

  • 一緒に祈ること

     盂蘭盆御書など見ますと、釈尊十大弟子、目連さんの母が餓鬼道に墜ち、助けるために「ワシだけじゃムリ!」 みんなで祈るよ! というのが盆の始まりという話しです。 ということは、一人で祈るより大勢で祈ったほうが効果があるということになります。むかしの体験談を見ますと、座談会の翌日はいつも大漁とか、盛り上がってる地域の会合に出たら、歩けないほどの腰痛が治って走って帰った(私の個人体験)など色々、ありまし...

  • ライン座談会 拒否

     前々から問題あったラインですが、さすがに今回 ついに 使用禁止と言われました。 しかし、学会員さんたちのちまたでは、やっとライン座談会は軌道に乗ったところ。そのためにスマホを買い、ドコモに使い方を聞きに走る人すらいます。いまさらライン座談会を止めようという通達もなければ、警戒する声すら上がりません。 むかしから、よくラインなんかで選挙のお願いなどするなと注意もしましたが、不思議そうな顔をされるる...

  • 今年も神代桜 咲いたようです

     むかし、ソメイヨシノの本を読んでいたら、日本最古の桜の話、樹齢2000年の山高神代桜のことが書いてありました。桜は繊細で切っては菌が入るし、土壌も硬いとダメらしいです。 神代桜も鎌倉時代に枯れそうになり、そのとき日蓮師匠が威光勢力回復の祈祷をしたとあり、それから もう800年。 「神代桜、今年も咲きましたね~」 と確認するのが私の春、私の花見。神代桜は実相寺(身延)にあるので、そんな話を座談会で...

  • 後継の庭

     先日、新聞を取り込もうとポストに行きますと庭のサクラが咲き始めました。その日は、ちょうど3月16日。日ごろ、よそサマにジャングルと呼ばれるウチの庭、ノラネコが子供を産みに来たり、近所の学会員さんが、「ネギを植えろ!」と言う庭。そんな庭ですが、後継の日に花を咲かせました。 むかし、「3.16とはなんぞや?」 とクイズを出され、「遅めのホワイトデー」と答えましたが、それで先輩に怒られ、人間革命を読む...

  • 本部幹部会で見たかったもの

     先月の座談会でも、「今年も選挙が~」などと言い出すものですから、そこはオンライン座談会、音量を限界まで下げます。オンラインが、いつまで続くものやら。 やはり、勤行は大人数、広い場所でやりたいもの。そもそも勤行の意味は虚空会の再現らしいですから、大勢でやるのが筋。本来、我も仏と悟るのが目的で、それが難しいので方便を使ったり、本門しゃくもんに分けたりしてるのですから、どうせ借り物なら大舞台にするのが...

  • 心の底

     ひな祭りに新聞を読んでおりましたら、「声」に 多発性関節炎で寝たきりになり身動き出来なくなって初めて  心の底から  祈れるようになったと書いてありました。 私めなど、どこか身体が痛いと集中出来ないし、唱題どころではありません。実際、体調が悪いと5分でも大変。 ひごろ、身体の底からはノリノリで祈っております、込み上げすぎて立ったり、鼻血でそうとか踊りそうになりながら。しかし、心の底から祈ってるか...

  • 妙な法ゆえ

     今日、ケアマネージャさんが来るので徘徊老人の対策を聞いといてくれと母に頼みますと、「そんなもん、ムダじゃ!」とキレられる始末。 実際、父は一月に警察に保護されて以来、日に何度も散歩に行きますものの、幸い 迷子にならずに済んでいます。基本、父は人の言うことなど聞きませんから、どうぞ お好きなように散歩に行かせ、呆れられます。 しかし、さいきん遠出しなくなり30分ぐらいで帰ってきます。その代わりに何...

  • 御書の存在感

     今日の新聞を読んでおりました。「若者のリアル」に、学生部の方が分厚い御書を見て「すっげ~」 「線がいっぱい引いてあってカッコええ!」と思ったというはなしです。 私が子供のころ、会合に参加したときも、いちばん前の小さいテーブルに御書がドッカと置かれ、その黒いカバーに包まれた分厚い御書、そこに言いようのない安心感を覚えたものでした。 御書の汚れぐあい、挟まった栞の数で、その人の値踏みなどしたりして。...

  • 老人の行方

     ウチの父は認知症です。今日はジャージの上にオシャレでベルトを締めていますが放置。 父は元気で、すぐ外に行きたがります。散歩に行くと一時間くらい帰ってきません。 一月前、散歩に行ったまま、なかなか帰ってきませんでした。ボチボチ探しに行こうかと思っておりましたら、パトカーに乗せられて帰宅。なにやら飲食店で、よそサマの車を自分の車と言い張って警察に保護されたようです。 警察を呼んでくれたのは偶然 学会...

  • 1月度 本部幹部会

     本部幹部会をユーチューブで二倍速で見ています。時間、半分で済みます。 二倍速で感動したり、心打たれたりするのか、試してみました。会話は間が大事、見た目7割など言われますが、テクニック、中身より大事なのは、暖かみ、人柄のような気がします。倍速で見てるからこそ、分かることもあります。 これからは、他人と接するのはオンラインが増えるとして、離れた状態で、いかに心を通わせるか、届けるか考えると、最終的に...

  • 花のお墓

     きのう、新聞を見ておりましたら、「声」に自分が死んだら庭の桜の木を棺に入れてくれと頼む話がありまして、その人の葬儀の日 桜の花が3つ、11月だというのに棺の中で咲いていたそうです。 もしかしたら、その昔、人が亡くなった場所に花が咲き乱れるものだから、いつしか棺に花を入れるようになったのかもしれません。 さて、日蓮師匠が亡くなったのは10月13日。その日に桜が咲いて6ヶ月、桜は咲き続けたそうです。...

  • 駅伝のこと

     今年も、お正月の駅伝 見ませんでした。トップを走っていたのはチラと居間を通るときに見ました。 なにやら、ネットでは 「創価大学は神社の鳥居をくぐったせいで負けた!」 というのを見ました。ほう、そんなことがあったのなら見れば良かったなと。宗門とはお別れしたので、今ひとつ、神社付き合いというものがしっくり来ないのです。 有名な「人のために火を灯せば、我が前 明らかになるが如し(P1598)」で有名な...

  • 御書 17週目 読了

     一昨日、御書 17週目 終わりました。今回は音読です。一日4ページ、10分くらいかかります。全1619ページありますので1年ちょっとかかると思っていましたが、11ヶ月半で終了。音読は良いです。頭の全体を使っているのか、頭全体が熱くなるのです。 なんで、何度も何周も御書を読むのかと聞かれれば、「分からないことだらけなので」と答えます。 前回終了くらいのとき、新聞に吃音を治そうと思い、御書の音読を始...

  • 世界の変わり目

     世界の趨勢は共産主義とサタニストが覇権を争い、混迷してます。まあ、どちらに組みするでなく、共倒れするを待つのが賢明かと。 そういえば、かの共産国で3つの太陽が出たそうで、昨年も内モンゴルで3つの太陽が出ました。仁王教に曰く、二三四五の日出で、或いは日蝕して光無く、或いは日輪一重輪、二三四五重輪するを一の難とす(立正安国論)とあり、昨年は午前10時、午後3時に日が出ず真っ暗闇になった態もありました...

  • 迎春

    新年 明けましておめでとうございます。 皆様のご健康と幸せをお祈りします。Peggy und Marco Lachmann-AnkeによるPixabayからの画像...

  • よい お年を

     世間は気が早いようで「桜の会」がどうのこうの 申しております。まあ、一年中 桜がどうこう言ってはおりますが。今年は色々ございましたが、まさか、生きてる間に三災七難を見ることになるとは思いもしませんでした。まあ、よその国のことではありますが。 正法違背だけでなく、王運が尽きるとき、民の嘆き大なるときも、三災七難は起こると立正安国論にありまして、今年の夏頃までにさまざまなことが起こりまして動画で確認...

  • 今年 最後 のオンライン座談会

     先週、オンライン座談会に参加しました。 ラインを使用した座談会も回数を重ね、慣れてきたようで何にでも返事、挨拶してハウリングすることもなくなりました。前は電話が掛かってきて、そのまま呼び出し音が鳴り続けることすらありました。 それが何回か実施しただけで、この精度。いずれ、開始と終わりに題目三唱、勤行も実施される日も近いのでしょう。 来年になると、「題目、浴びたいわ~」と誰かがオンライン唱題会が初...

  • 題目のスピード

    もう、年末。差し迫ってまいりました。みなさま、いかが お過ごしでしょうか?  むかし、信心で実証を示せ! 結果を出せと言われ、私は焦りました。 そして、大急ぎで勤行(2分)。そんな状態でしたが、唱題を2分で済ませることはありませんでした。 唱題表をつけてましたし、たくさん題目を上げて早く功徳を出そうとしていたのです。しかし、焦りはかくせないもの。だんだん、唱題のスピードが上がり、早口に、気がつくと...

  • 仏法は毛穴から

     さいきん、仏法は毛穴から入ってくる という表現をよく見かけます。 学会員さんだけということもなく、仏教 日本仏教でよく使われる言い回しのようで、宗派関係なく よく目にします。信心というのは毛穴から染みてくるようなもので、何かのきっかけで悟るというより、日常の活動の中で気がついたらダンダン変わっていってた というくらいの解釈でいいでしょうか。「子供にガミガミ信心しなさいと言わなくて、大丈夫! 毛穴...

  • テレビもニュースも見なくなりました

     テレビを見なくなって10年くらい経ちます。見るのはワールドカップの予選ぐらい。 スマホでニュースアプリぐらいは見ますが、ニュースもウソが多いので、ニュースの見出しだけ目を通すだけ。まあ、日本も大概ですが、アメリカはもっと酷いことになっている模様。 それで、最近はニュースを読む時間が減り、ニュースを見ることが、いかにムダな時間だったかよく分かりました。ウソを暴くメディアというのは昔の話で、近年はメ...

カテゴリー一覧
商用