chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
壮年部員 A
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/10/29

1件〜100件

  • 投稿は以外と早く掲載される

     きのう、新聞を「声」を見てましたら、6月6日から3日間連載した脳腫瘍になった少女の体験談への投稿が載っておりました。20日も経っていませんが。体験談を3日に分けるというのは見たことがなかったのです。それでも、人生の山場が3度あったのならば、それは分けたほうがいいのかもしれません。 その少女は幼くして脳腫瘍に。三日目は結婚して子供が出来ます。脳腫瘍と聞くと手術したら何も出来なかった、手遅れという話...

  • 何が書いてあるのやら

    ウチの父は介護3の認知症で、さいきんは日本語での意思疎通が出来なくなってきました。もちろん、本を読む 新聞を読む は昔からあまりしない人でしたが、今は絵本すら読めません(スマン親父)。 それでも、きのうは朝から父がテーブルに座り、何やらパラパラめくっておるので見てみると、大白蓮華8月号(去年の)。どこから、そんなもの引っ張り出してきたのやら(たいてい捨ててます スイマセン)。 どうせ、すぐに飽きる...

  • マイナポイント

     母のマイナンバーカードを作りました。免許を返納しているので書類の証明するとき、保険証だけでは足りず住民票もつけろと言われることが多いのです。マイナンバーカードがあれば手間が省けるので今回、作成。作ったのはいいのですが、カードを作ったら、すぐマイナポイントがもらえるものと思っている母。 ま、いずれ行政サービスはポイントで支給される日がくるでしょう。年金なんか特に。貨幣制度の歪みは、お金の価値が永久...

  • 心臓破裂

     今朝、新聞のブラボ-人生を読んでおりました。人生は山あり谷あり、一つの人生 全体を見ないと、推し量れない機微もあります。一つ難局を乗り越える体験談も好きですが、それとはまた別の趣。 新聞を読んでみますと、貧しくて人にクツを借りたとあります。クツなんか私なら絶対に貸しません。45才のとき機械に右手を挟まれ、親指と人差し指がペチャンコ。利き腕だったでしょうに。 さらに、後年 心筋梗塞で心臓破裂。心臓...

  • 一災 起これば 二災 起こると申して

    「一災 起これば 二災 起こると申して……」 と 御書 下山御消息に出あります。 禅宗、念仏が次々に流行したと御書は続きます。まあ、三災の一つ起これば、あとの二つも起こる、ということでもありませんけれども。 このコロナ流行のさなか、戦争する余力はないと思っておりましたら、あのように隣国が攻め込んでいきました。第一次世界大戦もスペイン風邪が流行するなかで始まったことです。 「国土 乱るるときは まず鬼...

  • 新聞を読もう

     3年もブログをやっておりますと、ネタ切れしてきます。新聞でも読んでネタ探すか(だいたい毎週、土曜日にこのブログを書きます)と、朝日を浴び、颯爽とポストをのぞくと、新聞がありません。そういえば、配達する人がいなくて大変だという話を聞いたり、記事を見たりします。それで、たまに未配があっても「ま、しょうがない」ですませます。いずれ、電子新聞になっていくのでしょうから。 ロシアの学会員さんは、いま、まさ...

  • 仁王経に曰く 赤日黒日 出で

     立正安国論に 「仁王経に 曰く赤日 黒日 出で」 と、あります。三災七難 のところです。 さいきん、隣国で空が真っ赤になるニュースを見ました。 以前には昼間 真っ暗になったりしてました。先週くらいに滅多に咲かない竹の花が盛大に咲いてるニュースがありました。 三災七難は正法違背だけでなく、民の嘆き大なるゆえ 起こると御書にもありますので。 ...

  • 漢字

     今週 新聞を読んでおりましたら、「声」 欄に 「私」 と 「仏」 が似ているのに気づいて……。 私も「仏」なのだと悟った とまでは書いてありませんでしたが、それに近い宗教体験は、あったのかもしれません。 仏は文字によて衆生を度す(どこかの御書 漢字も違うかも)   むかし、書道の展覧会に行って、叶うという一文字の書がありまして、 それを見た私は 口に十度 唱えたら願い事は叶うんだ!と感動したことは...

  • 核兵器を持つこと

     また、公明党の委員長 核兵器を持たない話。 それは宗教家がする話ならいいですが、政治家は まともな代替案を実行しなければ国は滅びます。 先週、ユーブ・チューブでレーザー兵器でミサイルを落とす動画を見ました。ミサイル誘導の無効化する電子防御、人工衛星による無効化なども進化しています。どうせなら、そういう技術に日本は注力していくと言えばいいものを、といつも思っております。  殺されないために戦うこと...

  • 認知症と投票

     市会議員の選挙があるので事前投票に行ってきました。ついでに認知症の父も事前投票。「無理に行かなくてもいい」 と言われていました。分かってない人に投票させるのは選挙違反にあたります。ウチの父は自分の名前は書けるかもしれませんが、他人の名前はムリ、覚えられません。自分ちの住所も電話番号も忘れました。 きのうも散歩に行って、「このまま1、2の3でお別れしてもかまわない」 そう言って、なかなか帰ろうとし...

  • 末路

     御書には仏教説話だけでなく、歴史の一コマも、たびたび登場します。 平家は寺に燃やしてますんで、平清盛が高熱に犯されて死に、平家の最期のほうの頭領が連行され、仏敵と一太刀一太刀刻まれた話、壇ノ浦で沈んで魚のフンになった 等 いろいろ書いてあります。 念仏が盛んになってから、武士が自害する心 出来うんぬんと御書にあり、そのくらいから自刃が増えたかどうか目線で歴史書を読んでみたいと思っています。そのう...

  • ありのまま

     普通、 あなりたい、こうなりたいと祈っているわけです。私も、多くの人も。 昨日の新聞 イタリアの人の体験談を読んでおりますと、娘が細菌性髄膜炎になり、「助からないだろう」と言われ14度の手術を受け皮膚6割を失い、手足の指で残っているのは手の親指1本だけ。 その娘さんが東京パラリンピックでメダルを取ったという体験談でした。 そのいびつな姿が 本当の自分なんだと  今さら思った。そういう話です。あり...

  • 山高神代桜 今年も咲く

     毎年、今じぶんになりますと山高神代桜が咲くのを確認します。 樹齢2000年の山高神代桜 鎌倉時代に枯れかけ、日蓮師匠 威光勢力回復の御祈祷を行ったとあります。そして復活。たしか桜か、ソメイヨシノの本に載っておりました。 それ以来、春になると神代桜が咲くのを確認します。そして、枯れることなく今年も無事にキレイに咲きました。 今はユーチューブもあり確認するのも簡単です。 「桜はめでたき花なれど、仏法...

  • 認知症と勤行

     けさ、食卓から「これはバ・ナ・ナ」 という声がしました。父は不思議そうな顔でバナナを、パクパク食べます。バナナを忘れてもバナナを食べることは忘れません。さいきんの認知症の父 日本語をどんどん忘れていって、7割くらい話が通じません。 昨日は、箸立てを空にして醤油を注いで喜んでいました。しかし、箸立てには小さい穴が開いておりイスの座布団が醤油まみれに。徘徊もするし、紙パンツがないと暮らせない、介護3...

  • 口コミ

     むかし、男子部だったころ 中華料理店一家のメンバーがいました。 もちろん、私は昔から非活動家、大きな会合に出るか出ないかぐらいの。会合に参加しても受付に入場券を出し、「きたったぞ!」 と即帰りする危険人物です。なので、そのメンバーと話したことも、正直あまりありません。 おととし、ウチの認知症の父が徘徊し、「他人の車をワシの車じゃ!」 と暴言を吐いているところを、その料理店のメンバーが騒動を収拾し...

  • 対話

    いろいろ きな臭いこの頃です。 新人間革命に池田先生がロシアに行き、ロシア人に怒鳴られるシーン(何巻か分かりません)がありましたが、よくもあんな時代、あんな国へ行けたものだと驚きです。 ナゴヤドームの文化祭に池田先生とゴルバチョフ氏が一緒に来た来てくれたことを思い出しました。私は観客席で人文字の一部分です。たぶん、ロシアの人を見たのは、その一回きり。 ゴルバチョフさんてノーベル賞の人くらいしか知り...

  • 御書 19週目 音読3週目 突入

     今週から また、御書 読み始めました。 19週目であり 音読として3週目になります。 しばらく、御書拝読 お休みしようと思っていたのですが、ウクライナ侵攻とか御座いまして、最勝王経に「王としてもっとも悪いのは国を取られること」と御書に書いてあったなと思い出し、また一から読み始めました。 まあ、戦争などが起こりそうになりますと立正安国論 読みます。正法に背く以外に、民の嘆き大なるゆえ三災七難は起こ...

  • フツフツと湧いてくるもの

     けさ、新聞を読んでおりました。 若者の体験談に 唱題しててフツフツ湧き上がってくるので、 「なんか出てくるんだけど、これ何ですか?」 と先輩に聞いたら生命力じゃない と言われた話が載っておりました。ああ、あの嬉しくて死にそうになるやつか(例え悪すぎ) それが歓喜の中の大歓喜  南無妙法蓮華経。それが出てくるやつ。 しかし、そんなのを若いうちから、初めたばかりで感じられるのは羨ましいものです。まあ...

  • 御書18週目 終了

     きのう、御書18週目 終了しました。音読し始めて2週目になります。 音読は速読したら、ものすごい脳トレなるよ~♪ という話を聞いて御書の速音読をしてました。4ページ 8分くらいで読みます。そして、今日は法華経の2週目が終了。こちらは黙読してたのですが、気がつくと音読し始め、こんなん読経と変わらんし、ということで知らぬまに読経に。 こちらも4ページ。 いつの間に、御書を18週も読んだのか、あまり実...

  • 鎌倉どの

     NHKの大河ドラマ 「鎌倉どの」、テレビ見ないので知りませんが、 鎌倉時代と言えば日蓮師匠の生きた時代。  鎌倉時代の文献というと、もしかしたら日蓮師匠 出てくるかも という些細な好奇心で 北条九代記は読んだことがあります。上中下巻あって、立正安国論が送られてきた! それで会議 というくだりが出てきます。会議を開きまして、坊さんのくせに念仏の坊さんのクビ切れなんか言うとる 仏道僧としてあるまじき...

  • コロナ共存生活

     はやいもので、コロナが流行りだしてから 3年 過ぎようとしています。 2020年の春には10月には座談会が前のように開催されると、コメントいただきましたものの、次から次と新しい株のウィルスに変化、いたちごっこが続きます。 対応される前に変化し続ける、それが生き残る秘訣か。 今は寒いので流行りやすいを環境差し引いても、これは当分続くものと、人も対応していかねばなりません。しかし、個人で出来ることな...

  • 座談会の功徳

     ウチの父は認知症です。昨年くらいからは特に徘徊が酷く、紙オムツも24時間体勢に。さいきんは日本語をどんどん忘れていき意思疎通もままなりません。 紙オムツも色々試してみてますが、紙オムツの構造上、すごく横漏れします。今度、試しているのは変えた日だけは成功して、あとは毎日、毛布を洗濯するハメに。しかも、紙オムツを交換するのを嫌がりまして、押し問答のすえ半日かかったこともあります。 それで先日のこと、...

  • 唱題で体温は上がるのか? ②

     先週、新聞の体験談を読んでおりますと、題目を上げると中からこみ上げてくる力で、身体がポカポカしてくるという記事を読みました。それで、今週は唱題中の体温を測ってみることにしました。 部屋の温度 始める前の体温、途中、終わったあと、寝る前 に測定。 まず、朝の室温。部屋の中のくせに6.5度と10度を切ってきます。あら~、でも部屋で吐く息が白くならなければセーフ。 そして体温ですが、部屋の温度が寒いと...

  • 唱題で体温が上がるのか?

     新聞を読んでおりました。100才くらいの人の体験談でして、題目上げたら腹の奥から熱いものがこみ上げてきてポカポカするとのこと。 あの、唱題するとこみ上げてくる例のヤツは暖かだったのか?  あまり意識してなかったので気がつきませんでした。私はここ数年、部屋に暖房器具を出してませんので。 そういえば、唱題中 寒いと思ったことはありませんが、終わってみると足の先が痛いなとか、鼻水が出てるな と思い始め...

  • 良医病死のたとえ

     法華経 寿量品に良医病死のたとえが出てきます。 荒っぽい説明をすれば、毒を飲んだ息子が薬を飲まないので、父親が死んだとウソをついたら息子が嘆き悲しんで、薬を飲みましたという話。 むかしは、寿量品じたいが仏の寿命は無量という話なので、良医病死のたとえは「生命は永遠なので本当は死はないのだけれど、人が命を大事に生きられるように死は必要なこと」 荒っぽくいえば、そうとらえておりました。 さいきんは、と...

  • あけましておめでとうございます

     みなさま あけましておめでとうございます。 大白蓮華 1月号の「あしおと」を読んでおりましたら、アルコール依存症 8年して酒を受け付けなくなった話が載っておりました。そういえば、新人間革命にも酒が健康なのに受け付けなくなった話がありました。私も酒のことを考えるだけで、裸になって走り出しそうになりますが、最近はあまり飲みません。ストロング500一缶、週1強 飲むくらいにはなりました。 おかげで血圧...

  • カゴの鳥

     先日、今年最期の座談会にオンラインで参加しました。 とちゅう、フツフツと湧き上がる、こみ上げる感覚に襲われました。これは唱題中に来るやつ!  ちょっと、違うのは引っ張られる感じ。 別に何かに感動したわけでもなく、心打たれたわけでもなかったのです。 唱題中以外に来るときは、一呼吸、一念、ひと南無妙法蓮華経 単位を意識していると出てきますが、キモチいいので、さらに、さらに~、と増幅させると、嬉しすぎ...

  • 新御書の誘惑

     今週の新聞に 新御書の概要 載っておりました。 39編くらい増え? ルビも沢山、改行も増え 文字も大きい。 これは、もし読んだことがなかったとしたら是非 衝動買いして読み比べたいものですが、ここはガマン。人に見せてもらってガマン。 もしくは、びっくりするような不思議な出会いでもあれば、衝動買いするかもしれません。たとえば、誕生日プレゼントに御書、クリスマスプレゼントに御書。そういうことでもあれば...

  • 人を励ます人たち

     たとえば、世界一の不幸な人に「頑張りましょう」 そんなふうに励まされる、 そんなことを想像します。 たとえば、新聞に末期ガンの人が病院で他の患者を励まして、周りに人が入会した、そんな話が体験談の別のエピソードとしてチョロッと載っていたりします。私はその入会した人に直接、どう 心うたれたのかという話を聞きたいのです。 人の強さや優しさに衝撃を受け、それに感動したいのです。何か起こらなくても、治らな...

  • 治ってた

     今週、新聞の「声」を読んでおりましたら、B型、C型肝炎が治った話が出てました。B型肝炎は治らない病気で、その2割が慢性になり、またその2割がガンになる病気で、完全に治る病気ではないと思っておりました。 まあ、インターフェロン療法もしていらっしゃるし、お医者さんのお墨付き、新聞に出るくらいですから、完治でしょう。 病といえば、私も2年くらい前から左肘周辺だけに湿疹ができ、ステロイド軟膏を塗っても狂...

  • さらば 宗門

     先日、新人間革命30巻上が出てきました。家じゅう探し回って、31巻中11巻ぶんなかったのですが、ふいに本箱の中に堂々と立っておりました。不思議なこともあるものと、さっそく読んでます。 昨年 ウチにあったぶんは全部 読んだのですが、宗門と別離したいきさつが今ひとつ載ってません。私は非活動家なので、詳しく事情を知りません、和解なんかするなよとしか思ってません。 ちょうど30巻上に 「イキサツ」 載っ...

  • 新 御書 8000円

     どうやら、新しい御書 発売です。さて、今さら買い換えるかというと、全編現代語訳なら買うと思いますが、私が死んだ後のことを考えてみると、家族が捨ててええんかな? 棺桶入れようか? と悩むでしょうから、たぶん買わないと思います。 もう、19週も読んでくると身体の一部、心の一部のような気がします。 買うのも御縁があるようです。私の御書は40年前、中学生のころ近所の書店で買ってのです。御書は会館でしか買...

  • 挨拶のしかた

    はじめて、法華経を読んだとき 頭面礼足というのが出てきまして、それは土下座して相手の足を後頭部に載せる挨拶らしいのです。 アスファルト・コンクリートジャングルでクツを履いて生きてきた私とてしは、とても受け入れられませんでした。まあ、でも挨拶は大事なのは分かります。 さて、挨拶といいますと握手などあります。握手にもいろいろあるようで、自民党の前の幹事長などは隣国の国家主席と握手するとき、両手で手を握...

  • 700万票

     選挙が終わりました。私は昔から非活動家なので、ほぼ気にならないのですが、こういうブログをしてると多少、ネタにしようと見たりします。 座談会前に創価ネットの番組を見せられました。昔の中選挙区のころの新聞がチラと映りましたが、第3党で78議席も当選してて驚きました。 ネットで創価は得票も減ってきて、今では400万~345万くらしか獲得できない、どの新興宗教も人減って以前ほどの力を持っていないという記...

  • 四表の静謐

     「なんでコロナ収まってきたんかな?」そう聞かれると、「ワシが題目あげとるからや」 そう言ってます。 去年、なんとかの科学のトップが、「ワシの法力でウィルス殺すから大丈夫」といっていたいう話をテレビで見ました。なんで、コイツ叩かれんのだと不思議な気もしましたが、スポンサーというのは偉大なのでしょう。 「世界平和を祈っとる」 と言うと微妙な顔をされます。 日蓮師匠が鎌倉幕府に送った立正安国論に、自身...

  • 南無妙法蓮華経 生活

     むかしは、唱題しても時間が経たないものですから、時計をにらみニラミ 唱題しておりました。 時計を見ない方が時間は進むもの、いかに時計を見ないようにするか挑戦の日々が始まりました。「今日はがんばったぞ、20分も時計を見なかった」、などと喜んでいた日々が懐かしいです。 しかし、時が経ち やがて、そんな時計ばかり見る生活、時間に追われる日々に疲れました。もう、うんざりだ、時間を気ばかり気にして生きてい...

  • 土下座選挙

     ボチボチ、選挙期間に入ります。 100人以上、票を頼んでくる人たちが颯爽と陣取る座談会を欠席。あと、誰か一人くらいウチに来て、「あ~残念やな。ワシが中国人だったら喜んで応援したったのに」 で、終了。毎度のこと。 さて、日本の選挙というのは政策で選ぶというよりは、議員さんが涙を流して土下座 ~「そんなんせんで、頭を上げてくれい!」  投票。人情、人柄が大事なようです。 困ったとき あれしてくれた、...

  • 題目依存症

     きのう、新聞の「声」 を読んでおりましたら、心臓腫瘍で5日で退院した話が載ってございました。 身体でガンにならないのはど~こだ? というクイズの答え、「心臓」と聞かされ、心臓のような人になりたいと思ったものでしたが、世間にはさまざまな病気があるようです。 さて、唱題で南無妙法蓮華経をはっきり、ゆっくり、自分の名前のように正しく唱えるようになってから、唱題が気持ち良くなってノリノリになりました。 ...

  • 蜘蛛

     秋がきたのか、少し肌寒くjなってきました。いかがお過ごしですか? 今朝、唱題しておりますと仏壇の扉にクモが来ました。たまに虫、来ます、それでも御本尊さまに行かなければそのまま、小さな虫を殺しても軽い地獄に墜ちると仏は説いてますので。 クモも心得たもので、扉でジッとしています。「虫にも仏界があるね~」 そう、思いながらいつもの私は一時間、クモは20分ほど一緒に上げてました。唱題が終わると、クモは下...

  • 変わらないものは滅びる

     きのう、新聞の「声」を見ておりましたら、三才でほぼ全身ヤケドで、大学病院で死亡確認され、死体安置所にて題目で息を吹き返した話が載っておりました。 70%のヤケドでほぼ死亡だそうで、南無妙法蓮華経は蘇生の儀。 さいきん、抗体カクテル療法を公明党が推し進めて云々という記事をよく見ます。こんなことでもなければ新しい治療は生まれませんから、どんどんやって欲しいものです。抗体療法は コロナだけでなく、アト...

  • 選挙病

      きほん、私は選挙が近いときは座談会は出ません(うるさいので)。 オンライン座談会になって久しいですが、毎回 誰か選挙頑張りましょう、ガンバります そんな話を必ずします。興味がないので流してましたが、選挙なんかありません。だいたい密を避けるために投票所なんかに行かないほうがいいくらいで。本当に選挙が好きで困ったものです。 ははあ、さてはネタがないから選挙いってるだけなんだなと。人と会わないから余...

  • 黒鳥

     天安門広場に黒鳥が1匹、現れたニュースを見ました。 食べられこともなく、三時間ほどウロウロしていたが捕まったそうです。たしか証券取引所か何かに、黒鳥の像を建て、縁起が悪いと取り壊しましたから、気味のいいモノではないのは知ってるようです。 ブラック・スワンといいますと、とんでもないことが起こるのを指し、ブラック・スワン効果というと思いがけなく起こった事は苛烈になることを指します。黒鳥はニュージーラ...

  • 法華経 音読 読み終わり

     にっけん さんが死んだ日に大石寺版の法華経が出てきました。 それは人からもらったもので、名前、住所、印が押してあり、私の知らない人の法華経です。上半分、白文。下半分漢語訳、うちには口語訳の法華経があったので、そんな難しそうなもの開きすらしなかったのです。 そもそも、法華経を読もうと思ったのは人間革命の生命に庭(七巻)にあった話からで。戸田先生が牢屋で返却しても返しても戻ってくる法華経の白文を仕方...

  • 誤診

     きのう、2回目のワクチンを打ってきました。もう、20年近く注射を打ってなかったので、あまり痛くないのに驚きました。注射針も改良されているのでしょう。 そのむかし、小学生のころ お腹が痛いと病院に行くと「盲腸だね、明日手術~❤」と言われました。翌日になり、手術など絶対イヤな私は「絶対に盲腸じゃない」と駄々をこね、別の小児科に行くことに成功。 しめしめ、と思っておりますと小児科の院長先生が 「脊髄注...

  • 忘恩

     先日、いろいろ日蓮正臭の人とやり取りをしていたのです。 本当に地獄に墜ちろだの、卒塔婆とか坊さんが葬儀に必要とかいっててビックリしました。あげく、登山にも勧誘されました。正本堂、破壊しといて、よくも言えたもんです。 本堂を建てるのに供養した人たちは、目を真っ赤にして 「絶対に許さん!」 言ってることも知らず。冬に着るモノもガマンして、子供がお腹すかせても、苦しいなか絞り出すように供養したことなど...

  • 体験談マニアの最終形

     さいきん、聖教新聞の体験談がぬるい、そうコメントきました。ここ一年で3度、目が見えるようになった体験談 読みましたし、指が生えてきた話 2回(新聞は1回)知る私に、どんな体験談を語ってくれるのかワクワクしておりました。具体的な話はう~ん。ただ昔はという・・・話なのでしょうか? 昔は病院行かず治す人も多かったのか、新・人間革命に身体引きずりながら(脳梗塞?)題目上げてたら鼻水、涙いっぱい出てきて治...

  • 開眼供養のこと

     コメントに開眼供養してないので学会の本尊はダメだとのこと。 開眼供養ですから本来は仏像に経を唱えながら筆でチョイチョイするやつでしょう、テレビで見たことあります。御書に真言宗がそんなんするのは問題外と何度か出てきます。 草木成仏できない真言宗が! という話になってくるのですが、御書の草木成仏事に、衆生が卒塔婆を建てるのは開眼供養で「草木成仏は死の成仏」 と、あります。 宗門が卒塔婆を建てないと故...

  • セミ

     私の部屋にはクーラーなどないので、真夏は窓を開けて勤行・唱題します。むかし、向かいに住んでいたやさんは奥さんが未入信のころ、真冬に窓を全開にされ、「これでもか、これでも信心するか」と脅されたと言います。 私も窓全開で「これがワシの折伏じゃあ!」と唱題。名字即というのは南無妙法蓮華経を聞いただけで悟る位のこと。「これでもか、これでもか」と私の題目が町に響きます。 すると、セミたちが対抗して猛烈に鳴...

  • ワクチン クーポン来る

     ウチにもワクチン接種のお報せが来ました。なんぞクーポンって、今打ったら2回目がついてくるらしいです。 私の健康法は病院に行かないことです。みんながコロナのせいで病院に行かなくなって平均寿命が延びたみたいなことです。ワクチンも後延ばしにして、あんまり効果ないので打たなくていいという時期まで待とうと思っていたのですが、タダなら打ってもいいかなと思っています。今は死亡数も重症者も減っているので、本当に...

  • ぜんぶ ひらがな

     今日の新聞の「わかもの+」とか読んでおりましたら、オール平仮名の投稿がありました。 ダニエルキイスの「アルジャーノンに花束を」みてえ、と感心。内容は、なんみょうしたら盗まれた自転車が帰ってきた話に感動し、自分も なんみょう頑張ったら学校生活が帰ってきたという話でした。 子供は こういう話で発心するのに、大人になったら面倒くさくていけません。 さいきん、白文の法華経とか音読してるので、平仮名だけな...

  • なんでも治るから

     近所の女性部に、いつも どんな病気も「絶対治るから」 と言い切る Aさん という方がいます。私の父は認知症で、治ったように見える瞬間や症状の波のようなものはありますが、基本的にアルツハイマー型認知症は治りません。 座談会なぞで、父のやらかし自慢などをしておりますと、Aさんは涙目で「大丈夫、絶対、治るからね!」と励ましてくれます。最初は治らね~よ、そんなもん! と冷めた気持ちでおりましたが、さいき...

  • 菖蒲

     今日の新聞を読んでおりますと、3月末に菖蒲の花を探し探して、やっと見つけた話が載っておりました。ああ、新・人間革命にあったな(何巻か忘れた)思い出しました。菖蒲というのは6月の花で、五~七月くらいにしか手に入らないそうで。 ウチの母はどこにでも花を飾ります。洗面所のセッケン置くとことか、キッチンのまな板の隣に置くので「ジャマ」 です。外に出れば庭の通り道にバラを植えてあるので、しょっちゅうトゲに...

  • 歓喜の中の大歓喜 は何に歓喜したのか?

     今週、新聞を読んでおりますと、「今日の発心」に有名な御義口伝 「南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり」が載っておりました。 これは何に歓喜したのかというと、「我が心、本来の仏と知るを即ち大歓喜と名く 」が上に来ます。ここの「ワシ、仏なんや」の部分が肝ですが、これは自分で気づいて感動するべきことなので、上の部分は付いていたり付いてなかったりします。 その悟り的なモノは一瞬の感動なんかとは違い、それ...

  • ただいま同盟唱題会中らしいです

     なんか、座談会に出たら選挙が、どうこう。それで土曜日 同盟唱題会をするそうで。それで、さっきまで30分だけ唱題していたのです。 このブログはだいたい土曜日の午前中に書きます。今日は書くネタがなかったので、ネタを思いつくまで唱題しようと思いついたのでした(選挙のことは知りません)。 さ~てと、今日の新聞を見てましたら、若者プラスを見てましたら、10才の子が平仮名の多い投稿がありました。なにやら、友...

  • 師弟を、ちょっと考える

     さいきんはメンターなどという言葉が流行っておりまして、意味はというとコーチに近いようで。師匠は英語でいうならマスターでしょうか。 そのむかし、学会員さんが会ったこともないであろう人を勝手に師匠と呼んでいる姿に、すごく違和感を持っておりました。そもそも、師弟というものが、よく分かりませんでした(今でも)。たとえば、プラセボ効果というのは薬の効き目を判定するのに使うニセ薬ですが、それは医者がくれた薬...

  • 父 また徘徊する

     ウチの父は認知症です。たまに、散歩に出たまま帰ってこないことがあります。それで、捜索のため警察犬にパンツを嗅がれたこともあります。2度 警察のご厄介になっており、「施設に入れた方がいいのでは?」 とお巡りさんもお医者さんも言います。しかし、最近は放っておいても家に帰ってくるので放置。 ですが、先月なかなか散歩に出たまま帰って来なかったので、探しに行こうと思っていると、自転車屋さんから電話が掛かっ...

  • 直観のこと

     本屋さんなどに行きますと、直観は8割 正しいだの 直観を信じなさい などいう本を見かけます。 それで、どうしたら直観を得られるのかと聞くと、ボーっをリラックスしてるとき来るぞ! と言います。それは閃きとか悟りとかも、そういういとき来ると、だいたい書いてあります。 どちらも、なんにしても誤解があるのは、直観的なものが来るのは短い時間ということです。悟りとかも瞬間で世界が変わったとか、よく書いてあり...

  • 議員さん 座談会にくる

     今月のオンライン座談会は市議会議員さんが参加するとのこと。 選挙が近いのかもしれません。 これは、みんな私に「中国人に入れてもらえば?」 と言うのを期待しているのでは? みんなが言えないなら、ここは人肌ぬがなくては! と思いつつ参加しました。 しかし、選挙の話は一切ありませんでした。ワクチン予約の仕方、現状の話のみ。混雑しているようで。 私んとこはネットで両親のワクチン、予約済み。7月半ばに取れ...

  • 題目水

     私の仏壇 水のお供えは 青いガラスのぐい飲み、お気に入りのやつです。 日本酒など久しく飲んでいないので、ボチボチ変えようと思います。そういえば、お供えの水で思い出しました。私の祖母は朝 一 水を替えるとき、その水を飲み干しておりました。 子供ながら、あの水にはきっと御利益があるに違いないとにらんでいました。しかし、自分で飲んでみるほどの根性はありません(不届き者にはバチが当たると思っていた)。祖...

  • 正義合唱団

     今日の新聞を読んでおりましたら、正義合唱団の人の話が載っておりました。 「正義合唱団」  清々しくカッコいい響き。ちょっと、入りたいです。「どこ卒業ですか?」 と聞かれ、 「正義合唱団!」 とか。「身分証明書を出しなさい!」 と職質され、 「正義合唱団カード」 を颯爽と出したいのであります。 近年、歌番組はなくなり、街から歌が消えて久しい昨今。座談会で学会歌を歌わされるのが苦痛だった私は、歌えな...

  • 50肩 完治

     去年の10月くらいから腕が回らない上がらない、いわゆる50肩に。それから、はや半年、もう完治と言ってもよいでしょう。今でも、肩を回すとゴリゴリ音がしますが、その音も お気に入り。 さいきん、親戚が五〇肩で手術をするというので、自分も五〇肩だったのを思い出しました。近所の女性部(さっそくです!)の人も五〇肩で寝返り、肩の激痛、もんどり打ったそうです。私もありました。 しかし、痛みも治療。痛みも薬。...

  • 御本尊が光って見える人

     ごくまれに、御本尊が光って見える人がいます。特に信心に励んでいるわけではないそうですが、その知り合いはラジオ体操代わりに長年 気功をするうち見えるようになったそうです。本人は失明するのか心配していたそうで。 どんなふうに見えるかというと、光るモノ(太陽など)を見た後に残像が残った感じ、目をつむった後 緑色の残像で文字が見えるそうです。 御書に「南無妙法蓮華経の本有の光に照らされて云々~」 人とい...

  • 認知症は治らないのか?

     ウチの父は認知症で、今年1月 二度も徘徊で行方不明になり、パトカーに乗って帰って来ました。 一日に何度も一人で散歩に出かけますが、今は症状も落ち着いたのか一人で帰って来ます。2年前にはオムツをしていた時期もありましたが、ひと月くらいでオムツが取れました。よくなっているのか、波があるのやら、さっぱり分かりません。 それで、色んな本も読みましたし、医者にも行きましたが、認知症が治った話を見つけられま...

  • 一緒に祈ること

     盂蘭盆御書など見ますと、釈尊十大弟子、目連さんの母が餓鬼道に墜ち、助けるために「ワシだけじゃムリ!」 みんなで祈るよ! というのが盆の始まりという話しです。 ということは、一人で祈るより大勢で祈ったほうが効果があるということになります。むかしの体験談を見ますと、座談会の翌日はいつも大漁とか、盛り上がってる地域の会合に出たら、歩けないほどの腰痛が治って走って帰った(私の個人体験)など色々、ありまし...

  • ライン座談会 拒否

     前々から問題あったラインですが、さすがに今回 ついに 使用禁止と言われました。 しかし、学会員さんたちのちまたでは、やっとライン座談会は軌道に乗ったところ。そのためにスマホを買い、ドコモに使い方を聞きに走る人すらいます。いまさらライン座談会を止めようという通達もなければ、警戒する声すら上がりません。 むかしから、よくラインなんかで選挙のお願いなどするなと注意もしましたが、不思議そうな顔をされるる...

  • 今年も神代桜 咲いたようです

     むかし、ソメイヨシノの本を読んでいたら、日本最古の桜の話、樹齢2000年の山高神代桜のことが書いてありました。桜は繊細で切っては菌が入るし、土壌も硬いとダメらしいです。 神代桜も鎌倉時代に枯れそうになり、そのとき日蓮師匠が威光勢力回復の祈祷をしたとあり、それから もう800年。 「神代桜、今年も咲きましたね~」 と確認するのが私の春、私の花見。神代桜は実相寺(身延)にあるので、そんな話を座談会で...

  • 後継の庭

     先日、新聞を取り込もうとポストに行きますと庭のサクラが咲き始めました。その日は、ちょうど3月16日。日ごろ、よそサマにジャングルと呼ばれるウチの庭、ノラネコが子供を産みに来たり、近所の学会員さんが、「ネギを植えろ!」と言う庭。そんな庭ですが、後継の日に花を咲かせました。 むかし、「3.16とはなんぞや?」 とクイズを出され、「遅めのホワイトデー」と答えましたが、それで先輩に怒られ、人間革命を読む...

  • 本部幹部会で見たかったもの

     先月の座談会でも、「今年も選挙が~」などと言い出すものですから、そこはオンライン座談会、音量を限界まで下げます。オンラインが、いつまで続くものやら。 やはり、勤行は大人数、広い場所でやりたいもの。そもそも勤行の意味は虚空会の再現らしいですから、大勢でやるのが筋。本来、我も仏と悟るのが目的で、それが難しいので方便を使ったり、本門しゃくもんに分けたりしてるのですから、どうせ借り物なら大舞台にするのが...

  • 心の底

     ひな祭りに新聞を読んでおりましたら、「声」に 多発性関節炎で寝たきりになり身動き出来なくなって初めて  心の底から  祈れるようになったと書いてありました。 私めなど、どこか身体が痛いと集中出来ないし、唱題どころではありません。実際、体調が悪いと5分でも大変。 ひごろ、身体の底からはノリノリで祈っております、込み上げすぎて立ったり、鼻血でそうとか踊りそうになりながら。しかし、心の底から祈ってるか...

  • 妙な法ゆえ

     今日、ケアマネージャさんが来るので徘徊老人の対策を聞いといてくれと母に頼みますと、「そんなもん、ムダじゃ!」とキレられる始末。 実際、父は一月に警察に保護されて以来、日に何度も散歩に行きますものの、幸い 迷子にならずに済んでいます。基本、父は人の言うことなど聞きませんから、どうぞ お好きなように散歩に行かせ、呆れられます。 しかし、さいきん遠出しなくなり30分ぐらいで帰ってきます。その代わりに何...

  • 御書の存在感

     今日の新聞を読んでおりました。「若者のリアル」に、学生部の方が分厚い御書を見て「すっげ~」 「線がいっぱい引いてあってカッコええ!」と思ったというはなしです。 私が子供のころ、会合に参加したときも、いちばん前の小さいテーブルに御書がドッカと置かれ、その黒いカバーに包まれた分厚い御書、そこに言いようのない安心感を覚えたものでした。 御書の汚れぐあい、挟まった栞の数で、その人の値踏みなどしたりして。...

  • 老人の行方

     ウチの父は認知症です。今日はジャージの上にオシャレでベルトを締めていますが放置。 父は元気で、すぐ外に行きたがります。散歩に行くと一時間くらい帰ってきません。 一月前、散歩に行ったまま、なかなか帰ってきませんでした。ボチボチ探しに行こうかと思っておりましたら、パトカーに乗せられて帰宅。なにやら飲食店で、よそサマの車を自分の車と言い張って警察に保護されたようです。 警察を呼んでくれたのは偶然 学会...

  • 1月度 本部幹部会

     本部幹部会をユーチューブで二倍速で見ています。時間、半分で済みます。 二倍速で感動したり、心打たれたりするのか、試してみました。会話は間が大事、見た目7割など言われますが、テクニック、中身より大事なのは、暖かみ、人柄のような気がします。倍速で見てるからこそ、分かることもあります。 これからは、他人と接するのはオンラインが増えるとして、離れた状態で、いかに心を通わせるか、届けるか考えると、最終的に...

  • 花のお墓

     きのう、新聞を見ておりましたら、「声」に自分が死んだら庭の桜の木を棺に入れてくれと頼む話がありまして、その人の葬儀の日 桜の花が3つ、11月だというのに棺の中で咲いていたそうです。 もしかしたら、その昔、人が亡くなった場所に花が咲き乱れるものだから、いつしか棺に花を入れるようになったのかもしれません。 さて、日蓮師匠が亡くなったのは10月13日。その日に桜が咲いて6ヶ月、桜は咲き続けたそうです。...

  • 駅伝のこと

     今年も、お正月の駅伝 見ませんでした。トップを走っていたのはチラと居間を通るときに見ました。 なにやら、ネットでは 「創価大学は神社の鳥居をくぐったせいで負けた!」 というのを見ました。ほう、そんなことがあったのなら見れば良かったなと。宗門とはお別れしたので、今ひとつ、神社付き合いというものがしっくり来ないのです。 有名な「人のために火を灯せば、我が前 明らかになるが如し(P1598)」で有名な...

  • 御書 17週目 読了

     一昨日、御書 17週目 終わりました。今回は音読です。一日4ページ、10分くらいかかります。全1619ページありますので1年ちょっとかかると思っていましたが、11ヶ月半で終了。音読は良いです。頭の全体を使っているのか、頭全体が熱くなるのです。 なんで、何度も何周も御書を読むのかと聞かれれば、「分からないことだらけなので」と答えます。 前回終了くらいのとき、新聞に吃音を治そうと思い、御書の音読を始...

  • 世界の変わり目

     世界の趨勢は共産主義とサタニストが覇権を争い、混迷してます。まあ、どちらに組みするでなく、共倒れするを待つのが賢明かと。 そういえば、かの共産国で3つの太陽が出たそうで、昨年も内モンゴルで3つの太陽が出ました。仁王教に曰く、二三四五の日出で、或いは日蝕して光無く、或いは日輪一重輪、二三四五重輪するを一の難とす(立正安国論)とあり、昨年は午前10時、午後3時に日が出ず真っ暗闇になった態もありました...

  • 迎春

    新年 明けましておめでとうございます。 皆様のご健康と幸せをお祈りします。Peggy und Marco Lachmann-AnkeによるPixabayからの画像...

  • よい お年を

     世間は気が早いようで「桜の会」がどうのこうの 申しております。まあ、一年中 桜がどうこう言ってはおりますが。今年は色々ございましたが、まさか、生きてる間に三災七難を見ることになるとは思いもしませんでした。まあ、よその国のことではありますが。 正法違背だけでなく、王運が尽きるとき、民の嘆き大なるときも、三災七難は起こると立正安国論にありまして、今年の夏頃までにさまざまなことが起こりまして動画で確認...

  • 今年 最後 のオンライン座談会

     先週、オンライン座談会に参加しました。 ラインを使用した座談会も回数を重ね、慣れてきたようで何にでも返事、挨拶してハウリングすることもなくなりました。前は電話が掛かってきて、そのまま呼び出し音が鳴り続けることすらありました。 それが何回か実施しただけで、この精度。いずれ、開始と終わりに題目三唱、勤行も実施される日も近いのでしょう。 来年になると、「題目、浴びたいわ~」と誰かがオンライン唱題会が初...

  • 題目のスピード

    もう、年末。差し迫ってまいりました。みなさま、いかが お過ごしでしょうか?  むかし、信心で実証を示せ! 結果を出せと言われ、私は焦りました。 そして、大急ぎで勤行(2分)。そんな状態でしたが、唱題を2分で済ませることはありませんでした。 唱題表をつけてましたし、たくさん題目を上げて早く功徳を出そうとしていたのです。しかし、焦りはかくせないもの。だんだん、唱題のスピードが上がり、早口に、気がつくと...

  • 仏法は毛穴から

     さいきん、仏法は毛穴から入ってくる という表現をよく見かけます。 学会員さんだけということもなく、仏教 日本仏教でよく使われる言い回しのようで、宗派関係なく よく目にします。信心というのは毛穴から染みてくるようなもので、何かのきっかけで悟るというより、日常の活動の中で気がついたらダンダン変わっていってた というくらいの解釈でいいでしょうか。「子供にガミガミ信心しなさいと言わなくて、大丈夫! 毛穴...

  • テレビもニュースも見なくなりました

     テレビを見なくなって10年くらい経ちます。見るのはワールドカップの予選ぐらい。 スマホでニュースアプリぐらいは見ますが、ニュースもウソが多いので、ニュースの見出しだけ目を通すだけ。まあ、日本も大概ですが、アメリカはもっと酷いことになっている模様。 それで、最近はニュースを読む時間が減り、ニュースを見ることが、いかにムダな時間だったかよく分かりました。ウソを暴くメディアというのは昔の話で、近年はメ...

  • オンライン座談会 今年2回目

     今週、学会創立90周年記念座談会(オンライン)に参加しました。今回はライン通話のみ、たぶん最初だけビデオ通話のあいさつ後、音声通話に戻した方がよいようです。本当は最後もビデオ通話にした方がいいかもしれません。 さて、今回の座談会のテーマ 10年後、100周年、そのとき「こうなってたい!」の決意発表しろ! が今回のみんなから一言でした。まあ、私はそんなもん無視して、自分の話したいことを話して帰って...

  • 聖教新聞オンラインにしようと思っているのですが

     ウチでは聖教新聞 二部とってますが、私以外の者が読んでいるところは、あまり見ません。そんなもの、森林保全のため、温暖化対策のため、一部にするべきだと私は思います。しかし、母いわく、婦人部長がショックを受けるからダメと却下。 現在、朝刊を配達してくれてるのは毎日新聞さん、ご苦労さまです。しかし、月に2回くらい一部しか入っていない日があります。配達し忘れることはありませんが、私しか読んでいない現状を...

  • 心で なんみょう

     久しぶりに地区部長が尋ねて来ました。父に「どちらさん?」と言われショックを受けたようですが、ボケてるので仕方ありません。 本幹があるのでネットで参加して! とのこと。 前から会館に出向かなくても出来るやろと思っていたので、良いことです。本幹では青年部総会の動画が見られるかもしれません。 さて、きのう 聖教新聞の体験談を読んでおりました。アスペルガー症候群の少女が、「心で なんみょう」したら給食を...

  • 五〇肩

     さいきん、肩が回らないし、上がりにくいのです。これがウワサの五〇肩! 病院へ行って、治ったという話も聞きませんので、ストレッチや体操で治すつもりです。マジメに50肩体操をしすぎて悪化したり、安静にしてればいいのに余計なことをしてぎっくり腰を悪化させるパターンは避けます。 急に治るもの、すぐに治そうと思うのが失敗の元。何ごとも。さいきんの聖教新聞の体験談も、急に劇的に治ったと書いてあるのは、誤解を...

  • 初 オンライン座談会

     今週、オンライン座談会に出ました。まずはブロック座。ネットにうといウチの母などは、ドコモにライン座談会のやり方を聞きに行きそうなので、個別に座談会開催。 そして、夜にオンライン座談会。ラインのグループ通話を使います。初めだけビデオ通話、挨拶が終われば、すぐ音声通話に切り替え。まあ、ハウリングで聞きずらかったり、空気を味わえないのは仕方ありませんが、ウケを狙ったり、大正琴を披露しなくて良いので楽ち...

  • 会合の力

     うちの地区でも久しぶりに座談会をするようです。   ラインでするようで、登録しました。ワザとらしいのが嫌いなんで、オンラインのほうが合うやもしれません。とは言っても、宗教には儀式は重要なもの。一人で山奥で瞑想だけしていればいいものでもないようです。 ウチで唱題するのと唱題会で唱題するのは、身体の反応が違います。唱題会では心臓がバクバクしたり、震えがきたりビリビリしたりしますが、それはアドレナリン...

  • 負けない姿

     ドラマにしても漫画にしても、勧善懲悪で正義が勝てば面白いというものではありません。物語の醍醐味は、主人公たちが負けても負けても、立ち上がり、戦うところです。 その負けない姿を見たいから、現実でない作り物に、膨大な時間 テレビの前に座っていたりします。そんなもの実生活で見ればよいのですが、これがなかなか見られないというか、披露するものではないので知る機会すらないのが実情。 そういうのは信仰の現場で...

  • 小さい座談会から再開されるのか?

     きのう、聖教新聞を見ていましたら、久しぶりに座談会に参加したという記事がありました。三密をさけ、マスクを着けて云々。 ほう、ボチボチ小さなブロック座談会くらいから再開するのかと。 まあ、今の感患者が少ない時機を逃しせば、再開は、より困難になりましょう。それは経済活動と同じ。 いずれにしても、手探りでムダなく、時間短縮してやるのでしょうが、それはいいことです。同じ話、同じ話の繰り返しに飽きていたの...

  • 新・人間革命  読破

      いちおう、新・人間革命31巻下を読み終わりました。しかし、全巻、読み終えたのではありません。 家の隅から隅まで探して出たのが20巻、11巻ぶん出てきません。母いわく、ウチは全巻そろっていると自信満々に申すので、もう何年も1巻を探し続けました。しかし、探し方が悪いと怒られ、どこにも見当たらず。仕方なく、意を決して5巻から読み始めたのであります。そして、最期まで読み終えました。まさか、3分の1もな...

  • 宝塔のこと

     新聞の「声」を呼んでおりましたら、座談会で壮年が「自身が妙法蓮華経の当体であることを分かった」という体験談を発表した という記事がありました。 それ以上、詳しくは書いてないので詳細は分かりません。しかし、本当は言わないだけで多くの人が虚空会に行った体験をしてるんじゃないか? と想像してみます。人間革命の生命の庭の章で、戸田先生が虚空会にいる場面が詳しく書いてありますが、ここで書きません。 そして...

  • 命の価値

     この世界には多くの物語が存在し、映画にドラマ、エトセトラ、エトセトラ・・・。そのテーマの多くが「死」を扱っています。恋人の死、家族の死、自殺、病、戦争、殺人、犯罪、ほとんど「死」に関系するといっても間違いありません。 それは生きる価値を探すため、それは命の価値を探究するものです。そして、おおざっぱなまでに極論すれば、「大好きな人と一分、一秒、一緒に過ごせるから、一分一秒 生きることは尊い」 それ...

  • 百聞は映像にしかず

     今日も新聞の日中記事など読みまして、「ホント、今そういうの欲しくない」とウンザリしてみます。まあ、今は時期が時機ですので、目を通すにしても、読むものも限られます。もう活字はいいです。心が映像を欲しています。過去のビデオやDVDを漁りたいのです。私は会合嫌いですが、会合全体がキライかというと、そんなこともないのに気がつきました。 会合に出て、体験談を聞くのは大好きです。そこで、泣きそうになるのをガ...

  • 残暑お見舞い申し上げます

     御書17週目は音読することにしまして、千を超え、残り六百弱。今年中に読み終わるのも可能ですが、別段 急ぐ理由もないのです。  音読五週目、気づいたら吃音が治ってたとの聖教新聞の「声」の記事を見ました。それで、「なんで早く思いつかなかったのだろう」と音読し始め、もはや秋。 残暑 お見舞い 申し上げます。 さて、よく御書に出てくる 遺竜・烏竜。仏教を書くなと烏竜は遺言して死にますが、主君に命令され、...

  • 疫病の治まりかた

     コロナ肺炎 収拾しません。御書には、「人の愚かさにより疫病は感染拡大する」とあります。さて、いつになったら収まるのやら、また御書から探します。 御書を見ますに、「この疫病 むかし流行ったと聞かれ、流行ったとき、王 初めて天照太臣を崇めて疫病 止まる」(御書 治病大小権実亥違目 P 997) それゆえ崇神天皇と言います。これは仏法、渡る前の話。「 仏法 渡って蘇我氏が仏を崇め、物部氏は仏法を迫害。...

  • お盆 とか

     お盆だったので、墓参りに連れて行け! とウルサいので、「御書に書いてあるんか?」 と拒否しましたが、結局みんながやることはする! と墓参りに連行。 盂蘭盆御書を見ますに、釈尊一〇大弟子の目連さんの母 餓鬼道に落ち、罪深く助けられないので十方の聖僧を7月15日に集めて救う話。先祖うんぬんは日本だけのこと。 色んな新興宗教も無宗教者も、葬儀、初七日、49日、そういうのはしっかり守ります。そういう、葬...

  • リアル三災七難 ②

    立正安国論に曰く、  「夏 雪降り」 「六月に氷霜雹を降らし」 (御書 P19 ) 旧暦で6月は8月に当たります。以前、6月にも雹が降りましたが。それは金平糖のようなものが降り、ウィルスそっくりとニュースになりました。  立正安国論に曰く、 「そのとき虚空の中に大なる声あって」 (御書 P18 )    このように天が怒るは、王が悪をほしいままに治せざるゆえ と佐渡御書(P957)にありますゆえ、...

  • 記憶・知識の生死

     酒(依存症)を止めるのに、「死んだと思って酒のことを忘れる」と前回、 書きましたが分からないとコメントを頂きました。簡単にして話します。 法華経は生命を三身如来に分けます。応身如来(身)・法身如来(心)・報身如来(知識)。怒りが起こり消えて収まるのと、肉体が生死するのは同じ、肉体の生死と感情の生死は同じなのです、心と肉体の仕組みは同じということです。さらに、記憶を思い出すのも忘れるのも生死が発生...

ブログリーダー」を活用して、壮年部員 Aさんをフォローしませんか?

ハンドル名
壮年部員 Aさん
ブログタイトル
普通の創価学会員
フォロー
普通の創価学会員

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用