searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hashryokouさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
写真のない旅行記
ブログURL
https://hashryokou.hatenablog.com/
ブログ紹介文
カメラ・携帯を持たずに一人で旅した記録です。写真がない偏屈なブログだとおもいますが、暇なときにでも読んでやってください。
更新頻度(1年)

337回 / 336日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/10/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hashryokouさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hashryokouさん
ブログタイトル
写真のない旅行記
更新頻度
337回 / 336日(平均7.0回/週)
読者になる
写真のない旅行記

hashryokouさんの新着記事

1件〜30件

  • 14 「群れない政治」は可能か?

    このところ、政治がらみの記事をいくつか書いてきました。私は政治に関心を持ってはいるものの、実際の政治は遠い存在になっています。ときどき法律や制度が変わって、その影響を受け、えっ、って思うこともありますが、特に反対運動することもなく、選挙でも、あの党の政策はここはいいんだけど、ここはダメだよなあ、なんて思いながら投票するので、モヤモヤしたまま投票所をあとにします。 そもそも、私は友人知人も少ない偏屈者です。群れることを好みません。ということで、候補者のほとんどがどこかの政党に属している時点で、「この人は自分の代表ではないな」と思いながら投票することになります。自民党だろうが共産党だろうが立憲民主…

  • 13 世襲政治は打破されるのか? 

    菅内閣、発足しましたね。久々の非世襲自民党首相です。 私は庶民層の出身です。昔風に言えば「プロレタリア」層です。親から受け継いだ、あるいは先祖代々の財産は、ほとんどありません。ですから世襲というものについては批判的です。天皇やある種の宗教団体などは権威や伝統を維持するためにやむを得ない部分があるとは思いますが、その他の世襲はいかがなものかと思います。 平成になってから顕著になったことに、総理大臣、および自民党総裁が世襲政治家によって占められるようになった、ということがあります。 自民党結党以後の歴代首相・自民党総裁とその出身地・学歴、父親について並べると以下のようになります。 鳩山一郎 東京 …

  • 12  政治批判に思う

    先日の「安倍内閣退陣表明を受けて」の記事以来、ときどき政治について思っていたことを書くようになってしまいました。「アップダウンクイズに出た話」の時に書きましたが、私は子供の頃の一時期、政治家にでもなろうか、と考えていた時期があります。今思うと赤面もの、今は絶対なりたくない、政治家という人種とはいちばん遠い人間になってしまいました。 そもそも、政治家になるという人は、よほど面の皮が厚い、よく言えばタフなメンタルをしているのだと思います。昭和の田中角栄氏などもそうでしたが、特に平成期の竹下登氏、森喜朗氏などは、人格的なことまで含めて、もうむちゃくちゃに叩かれていました。竹下氏を見ていて、普通の神経…

  • 11  プラネタリウム

    田舎から都会に引っ越してくると、思わぬ施設を見つけることがあります。 8月の話ですが、近所に「プラネタリウム」なるものがあるのを見つけました。初めは、そういう名の飲み屋か、あるいは真四角のコンクリートづくりという建物の雰囲気からして、ダンス教室でもあるのか、と思っていたのですが、先日通りがかると、夏なので扉が開いていて、覗いたら本当のプラネタリウムでした。 何でこんなところにあるのか?と思います。案内を見ると、ちょうど1日1回の投影、14時の10分前でした。興味を惹かれたので入ってみました。料金900円。3連休なのに客は私以外におばさん1人。そもそもこんなところにプラネタリウムが存在すること自…

  • 11 安倍氏と「知性」<その2>

    昨日の続きを掲載します。「知性」を論じる私の知性、あるいは理性・品性も問題視されるかも知れませんが、よろしければお読みください。 白井氏や知人、その他の論者も含めて、安倍氏の批判に「知性」という言葉を使うからいけないのかな、とも感じました。知性という言葉を使うと、知識の多寡、あるいは頭の善し悪し、という方面を連想してしまいます。この言葉がいいか、もっと適切な言葉があるのかも知れませんが、例えば「理性的」という言葉でも使えばいいのでは、と思いました。「知性」という言葉は誤解されやすく、「反知性主義」もあることですから、安易に「知性」という言葉を使うのは避けた方が妥当なのかも知れません。 「知」と…

  • 10 安倍氏と「知性」<その1>

    大学講師の白井聡氏がユーミンと安倍首相の親交を知って「夭折すべきだった」とかいて炎上し、反省のつもりで「偉大なアーティストは同時に偉大な知性であって欲しかった。」とか書いてさらに炎上したという話がありました。 経緯はニュース記事を見ていただきたいのですが、たまたま、私も、数少ない知人との個人的なやりとりの中で、安倍氏の話になり、その方も安倍氏の「知性」のなさを問題にしていました。さらに「AERA」配信の記事で、安倍氏の「恩師」だという大学名誉教授が安倍氏に「首相としてもう少し知的になってほしかった」と語ったという記事がありました。偶然なのか、そうではないのか、興味を持ちましたので、考えたことを…

  • 08 納豆ベーコン

    以前は田舎に住んでいましたから、週末に一回程度買い出しをするだけでした。刺身は買い物当日に食べる、魚類は週の前半、週の後半は日持ちのするもの、というパターンが多かったように思います。今は毎日行こうと思えば行ける環境なのですが、転居当初むやみに買いすぎて反省、最近は行く回数を抑えています。それでも出費は多くなりましたが。 ということで、週の後半、冷蔵庫の中のものがなくなってきたときによく食べていたのがこの「納豆」&「ベーコン」です。これ、和洋折衷で朝食のメニューのようですが、これといった食べ物がないときの我が家の定番です。 納豆は「しそのり納豆」一択です。私はもともと西日本系の人間ですから、納豆…

  • 09  写真の氾濫

    今日はこのブログを読んでくださる多く(数少ない。か?)の方々を敵に回すようなことを書きます。実は半年ほど前から、私が転勤に際してスマホを持ったことで前の職場のある方と「メッセージ」のやりとりをするようになりました。その後、メッセージをやりとりしているうち、私は短文でチャットのようなことを繰り返すスタイルでは自分の意を尽くせないと思い、メールに移行してもらいました。 ですが相手の方は、LINEなどのスタイルに慣れているのか、逆にメール形式には不案内のようでした。 それからもうひとつ、その方は、LINEあたりのノリなのでしょう、しきりにさまざまな写真や画像を送ってこられるのですが、率直に言うと、あ…

  • 08 「総統」と「大統領」

    先月、李登輝氏の追悼記事を書きました。そのとき思った「総統」と「大統領」という言葉について思ったことを書きます。 台湾の国家元首は「総統」と名乗っています。 「総統」というと、日本ではナチスドイツのヒトラー総統がいちばん有名でしょう。大統領と首相を兼ねたヒトラーの立場を示す「フューラー」という語の訳語だそうです。 あと、1975年まで独裁体制を維持したスペインのフランコ総統に対しても、「総統」の語が使われていたようです。 そして台湾。蒋介石・蒋経国・李登輝を経て、現在の蔡英文総統まで、台湾・日本ともに「総統」の語が使われています。 ナチスドイツは「第三帝国」といわれ、フランコも終身執権したうえ…

  • 07  札幌のロシア料理とタイ料理

    3年前の2017年9月に札幌のロシア料理店とタイ料理店に行ったときの感想を残しておいたのがありました。ちょうど9月ですし、ネタ切れ防止対策記事として掲載しておきます。 9月の初めに札幌に行ったとき、北24条の「シュシュエルミタージュ」というロシア料理店に行きました。ロシア料理が食べたくなり、ロシア料理店に行こうとして調べたところ、以前行った中心部の店は閉店していました。さらに調べると、札幌では北24条とと平岸にあると言うことで、北24条の方に行きました。この日は年休をとって行きましたので平日でした。 久しぶりに北24条に行ったのですが、むしろこの辺の界隈が新鮮でした。駅も地下鉄開業当初の面影が…

  • 07 マスクと袋とゴミ箱と

    近頃出かけるときに困るものとして「マスク・袋・ゴミ箱」があります。 私は本来身につけるものをあれこれつけることを好みません。北海道民ではありますが、真冬でも手袋やマフラーはつけていません。本当は靴下だって嫌なくらいです。 ところが、この夏はマスクをつけて外に出なければいけませんでした。これがきついです。これ、いつまで続くのでしょうか? ときどきマスクをするのを忘れて家に戻ったり、慌ててコンビニにいって買ったりします。マスク代も結構しますし、早く何とかならないかなあ、と思っています。 もうひとつ、7月から買い物袋が有料化されてしまいました。マイバッグを持ちましょう、とのこと。すると今度はエコバ…

  • 10 バッグを買い換えなければならないのですが…

    実はもう1~2年前から、通勤用とプライベート用のバッグがダメになってきています。だましだまし使ってきましたが、いよいよどうしようもなくなってきました。 もともと私はドケチなので、壊れたものでも本当に使えなくなるまで使い続ける、という性癖があります。先日など、すれて脇の下が破れていたYシャツをそうとは気づかないままクリーニングに出してしまい、返却の時、「破れていたのでそのままお返しします」といわれて恥をかきました。 バッグもさっさと買い換えればいいのですが、どうもその気になりません。というのは、今まで使っていたビジネス用バッグは、縦型のショルダーバッグなのですが、この形が絶滅しています。デパート…

  • 18 ブログ開始後10ヶ月目までの状況<その4>

    8月後半の報告です。8月16日39アクセス、17日31,18日48、19日40、20日急減で16、21日29,22日36,23日63、24日53,25日37,26日43,27日75,28日26、29日55,30日38,31日も38アクセス、ということで9月を迎えます。 この時期は2001年夏の旅行記連載でした。古旅行記を連載すると、「鉄道コム」からの流入が目立つようになりますが、いちばんアクセスの多い27日といちばん少ない20日の記事内容になぜこのような差が生まれるのかさっぱりわかりません。まあ、新着記事意外にも検索流入で古い記事が読まれることはあるでしょうから、記事そのものの問題ではないのか…

  • 17 ブログ開始後10ヶ月目までの状況<その3>

    一部の方には毎度おなじみ、ブログアクセス数報告です。零細ブログを見下してやってください。8月前半分です。 8月1日不調で15,2日29,3日23、4日25、5日27、と低位安定。6日突然120です。不調の1日は「花開市場」の記事を掲載した日です。この記事もそうですが、前日の「韓国版YMCA」が、不評の韓国歌謡記事の中でも特に関心を持たれなかったようで、アクセスランキングになかなか出てきませんでした。訪問してやってください。 一方、6日の方は、初の100アクセス超えだったのですが、「中国人観光客がいなくなって思うこと」という記事でした。前日の「旅行と倫理」という記事に関連して何となく思っていたこ…

  • 16 ブログ開始後10ヶ月目までの状況<その2>

    ブログ運営報告7月後半分。7月15日31アクセス、16日68、17日38,18日42、19日35,20日23、21日45,22日34,23日25、24日26,25日36,26日42,27日39、28日40,29日31、30日42,31日31。 この月は途中まで古旅行記を掲載しなかったので、「旅行記載せない月間宣言」をしました。16日のアクセスが目立ちますが、これは誰かが集中して読んでくれたからか、あるいは前日の気象通報の記事が多少好評だったようで、それの関係でしょうか?この日の記事自体はさほど人気記事でもなかったようですし。 あとは20~40アクセスを上下しています。積極的に読者登録をしていな…

  • 15 ブログ開始後10ヶ月目までの状況<その1>

    約2ヶ月ごとのブログ運営報告。7月1日から。1日42アクセス、2日68、3日42,4日56、5日35,6日43、7日33,8日63、9日45,10日33,11日20,12日95,13日53,14日41、15日31。という具合です。 ここに来て20を切らなくなりました。最高は12日の95。これまでの新記録です。100アクセスまでは行きませんでしたが。この日は「窓が曇っていたのでJR北海道にクレームメールを送ってみました」という記事。こんなものが「一番人気」に来るのですね。ふーん、こういう記事がアクセス数を稼ぐのかあ、と思います。 あとアクセスが比較的多かったのは2日の「旅行貯金 中央郵便局にこだ…

  • 08 旅行貯金 中央郵便局にこだわる<その8>(2001年8月)

    42局目 新潟中央郵便局(2001年<平成13年>8月14日) 新潟中央郵便局へ。駅から5分ほどのところですぐ見つかり、担当者はおばさん。ハンコは問題なし。 43局目 福島中央郵便局(2001年<平成13年>8月15日) 福島について、早速福島中央郵便局へ。地図では町外れのトンネルの近くということで、どうしようかと思いましたが、徒歩で行くことにしました。このところ、行きは徒歩、帰りはバス、というのが定着しつつあります。迷うかな、と懸念していたのですが、トンネルを目標にすればいいわけですから、案外簡単で、20分ほどかかりましたが、迷うことなく到着。少し古い建物でした。係員は中年のおじさん。通帳を…

  • 07 旅行貯金 中央郵便局にこだわる<その7>(2001年8月)

    また郵便局めぐりの記録です。今回も先日まで連載した記事から抜粋し、2回に分けて掲載します。 37局目 水戸中央郵便局(2001年<平成13年>8月6日) 水戸中央郵便局に行きます。駅から坂を登ってすぐのところでしたが、時間があるので、しばらく水戸城周辺をうろうろ。但しここも開いていません。 9時になるのを待ちかねて郵便局へ。ここの局員は若い男性。朝の若い男性というのはハンコの押し方に関してはまず安心です。貯金の用紙が変わっていました。どうも関東のみだったようです。局員はやたら慎重な人でハンコはきちんと押しましたが、インクが少し下に付いてしまいました。 38局目 宇都宮中央郵便局(2001年<平…

  • 06  安倍内閣退陣表明を受けて

    これまでブログで、アジアの政治に関することを書いたことはありますが、国内政治については一切書いてきませんでした。「旅行記」プラス「雑記」というスタイルのブログですから、比較的お気楽なことばかり書いてきました。 ですが今回は長期にわたり政権を担当した安倍首相退陣、ということで、安倍内閣について思っていたことをまとめてみました。読者の方々にも安倍支持・不支持の両方がいらっしゃるでしょうし、またブログは不特定多数の方にも開かれていますので、いつもと全く違った筋からの批判が来るかも知れません。アクセス数も増えるのか減るのか、愛想づかしされるのか、見当もつきませんが、この手の記事を載せるとどういうことに…

  • 15 2001年8月の旅行感想(2001年8月)

    古旅行記終わりました。読み返してみて、この回は辛辣というか、なんだか、ささくれだった表現が多いなあ、と感じました。この頃、いろいろあって、旅行のときも苛立っていたのかも知れません。恒例ですから、書き落としたこと、削ったことを寄せ集めてまとめておきます。 日光について 日光は東照宮なんかが歴史で出てくるので見に行ったまでです。観光地、といっても当分は歴史的な物だけ見ることになるでしょう。ですから華厳の滝や奥日光は行きませんでした。 快速アクティーと御殿場線について 「アクティー」はだいたい2階建て車(系列番号よくわかりませんが)です。ちょっと狭苦しいです。御殿場線も乗ろうとして乗らないと乗れない…

  • 14 仙台から「北斗星」で帰着(2001年8月15~16日)

    仙台に戻り、晩御飯ですが、仙台といえば牛タンか冷やし中華、というところでしょうが、牛タンにしました。郵便局にいくとき、地下街の外れに良さそうな店がったのでそこに行きましたが、行列。ということで断念し、別のまあまあ客が入っているところにしました。 ボヤッとしていたのか、注文も水も持ってこず、呼び止めなければならなかったのですが、定食を食べるとこれは美味でした。牛タンは味噌味と塩味のミックスのものを頼みました。おみやげ用もあったので買おうかと思ったのですが、他にもいろいろ買ったのでやめました。 そのあと、チーズとかシソが入った笹かまぼこと「萩の月」を買いました。後で食べるとどちらもおいしかったです…

  • 13 仙台と松島花火大会(2001年8月15日)

    山形という町は個性がなく、それにとにかく暑いです。住んでいる人には申し訳ないですが、あんまり住んでみたくなるような町ではないです。ですから福島の印象と混同している部分があるかも知れませんが、とにかく、山形中央郵便局に向かいます。 ここは歩いて10分ほどでしょうか。案内標識がありましたので迷わず行けました。担当者は30代ぐらいの男性。また限度額のことを言った気がします。ハンコは問題なし。バス停があったので乗ろうかと思いましたが、そんなに遠くないので歩こうか、と思い直して歩き出してしばらくしたところでバスが来ました。まあそんなところです。 絵はがきを買って山形15:43発の仙山線快速仙山18号で仙…

  • 12 福島から山形まで(2001年8月15日)

    翌日(8月15日)朝、会津若松のホテルで、さて今日はどうしようか、迷っていました。市内見物をしたら列車時間の関係で、福島で50分しか時間がとれません。福島中央局は甲府と並んで今回の郵便局めぐりではたどり着くのが困難な局とにらんでいましたから、50分では不安です。 会津若松見物しない場合は福島で2時間以上とれますが、さりとてそんなに時間がいるのかも疑問です。宇都宮の失敗もありますし、いろいろ考えましたが、鶴が城は再建だから面白くないかな、と思い、絵はがきだけ買って、朝8:14発の快速ばんだい2号で郡山に向かいます。 列車は案外混んでいて、進行方向に座れませんでした。猪苗代湖は一瞬しか見えませんで…

  • 11 新潟の思い出(2001年8月14日)

    8月14日、善光寺見物の後、10:05長野発の飯山線に乗ります。この列車は2両のうち1両が「眺望車ふるさと」となっています。普通のディーゼルカーなのですが、座席が窓に向かって並んでいる逆ロングシート状態になっていて、川を眺めやすいようにしています。 せっかくですからそこに座ってみましたが、結果はあまり良くなかったです。やはり、進行方向に向かって座る方が景色を眺めるときには自然である気がしました。まあ、車窓は山間部の路線で、悪くもないですが、絶景というほどではありませんでした。窓が開かないのも致命的です。朝を食べてこなかったのですが、横の人が駅弁を食べているので、買ってくれば良かったと後悔しまし…

  • 10 善光寺と長野中央郵便局(2001年8月14日)

    翌日(8月14日)は長野中央郵便局に行かなければいけませんが、とりあえずお寺シリーズということで善光寺参拝。朝は食べずに、8時過ぎにでて長野電鉄に乗り、2駅先の善光寺下まで行きます。この駅までが地下線です。外に出て善光寺に向かうと「善光寺下」駅だけあって坂を登ります。やっと善光寺が見えました。一応お参りして、中を覗くと内部拝観のための切符売り場がありました。 拝観券は記念になるので大して期待もせず、買って中に入り、仏像を眺めた後、他の団体客に混じって「内陣」に入ります。何があるのか全く知らなかったのですが、階段を下りるとき、団体の案内人が、「荷物は左手に持って右手は壁につけて」というので、一応…

  • 09 長野の夜(2001年8月13日)

    長野のホテルに着きました。古いですがまあまあです。冷房がきいて一人でゆっくり。やっぱり一人旅はいいなあ、なんて思いましたが、食事をしていません。ホテルの食堂はいまいちそうだし、あんまりおなかが空いていないので信州そばでも、と思い、出かけました。 ホテルが長野電鉄市役所前駅の近くなので、これに乗って長野駅に行くことにしました。長野電鉄は20年ほど前、地方私鉄としては初めて市内中心部を地下化したのですが、当時某ラジオ番組で「長野には地下鉄がある」というお国自慢の投書がきっかけになって「あれは地下鉄ではない」とか、「長野に地下鉄はもったいない」とか、いろいろ話題になったことがありました。 それ以来試…

  • 08 甲府から長野まで(2001年8月13日)

    甲府に来たからには、まず甲府中央郵便局に行かなければいけません。ここは駅からかなり離れていて、福島とともに今回の難物の一つです。駅前に地図があってそれを見てから行きます。でも心配。遠そうですが、歩いていくことにしました。最近は行きが徒歩、帰りがバスというパターンが多くなっています。 はじめ目的地に向かって歩き出しましたが、途中の地図に郵便局の記載がなく、不安になり、本屋で地図を買うことにしました。ところが本屋がなく、探すのに時間がかかりました。やっと見つけましたが小さい地図がなく、「もっと小さいのないですか?」と聞くと「これしかないです」との答え。仕方ないので大きいのを買うと「すいません」と何…

  • 07 旅行再開で甲府まで(2001年8月13日)

    8月11・12日と岡山で過ごしました。岡山で冬に乗るつもりだった未乗線区(中国地方山間部の路線はほとんど乗っていない)でも乗ろうかと思いましたが、結局無為に過ごし、何のために来たのかよくわかりませんでしたが、8月13日月曜、旅行再開です。 庭瀬駅5:43発山陽線で岡山5:50着。いろいろ検討しましたが、ここから静岡まで戻ってもとの予定通りに動くことにしました。新幹線代がもったいないですが、岡山から甲府に行く方法はこれぐらいしかなく、直接長野や新潟に出ると行きにくい甲府が残るので、このルートにしました。 岡山6:15発のひかり142号でとりあえず新大阪7:08着。このひかりは静岡に止まらないので…

  • 06 大阪城&梅田をウロウロ(2001年8月10日)

    身延線の話になる前にちょっと大阪の話を。 祖父の葬儀自体は書いても仕方ないですし、記録にも残していないので、省略します。 8・9日と通夜・告別式といって、8月10日です。この日は金曜日。このまま甲府にいくと、その日はいいのですが、その後土日となりますので、旅行貯金には都合が悪いです。ということで土日は岡山の実家に行くことにしました。夏は行かず、冬に行くつもりだったのですが、仕方ありません。大阪か奈良のホテルに泊まって冬にやる予定だったお寺めぐりでもしようかと思いましたが、暑いのでやめました。 それでも一日ぐらい、と思って大阪見物。大阪に住んだことがありながら大阪城に行ったことがなかったので行っ…

  • 05 登呂遺跡(2001年8月8日)

    翌日8月8日は葬儀のため大阪に行かなければいけませんが、その前に通夜まで時間があるので、のん気に静岡見物。静岡といえば「登呂遺跡」でしょう、と思ってここに行くことにしました。三内丸山。吉野ヶ里に続き、遺跡シリーズ第三弾です。とりあえずホテルで朝食を食べましたが、量が案外多く、満腹。 地図では静岡駅の南口からまっすぐなので、南口でバスを探しましたが、それらしきものがありません。仕方なく案内所に行き、聞くと北口から出るとのこと。行くとバスがしばらくないのです。仕方ないので喫茶店で時間つぶしをして出直します。 行ってみると児童公園の大きなやつに遺跡が復元されているという感じで、これまで行った遺跡とち…

カテゴリー一覧
商用