searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hanaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

ブログ『TABI-NO-TOTYU』から7年。新にこのページを始めました。 修行を通して、水波(みずば)霊魂学を学んでいます。 日々の生活の中で、いろいろな心情が浮いては消え、また浮いてきます。 自分を見つめながら、ここに生まれた意味を知りたいと思います。

ブログタイトル
TABI-NO-TOTYUⅡ
ブログURL
https://tabityu2.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
キレイなものに心惹かれる主婦です。 水波霊魂学を通じて霊的なセカイを学びながら、日々のつぶやき日記です。
更新頻度(1年)

76回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/09/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、hanaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hanaさん
ブログタイトル
TABI-NO-TOTYUⅡ
更新頻度
76回 / 365日(平均1.5回/週)
フォロー
TABI-NO-TOTYUⅡ

hanaさんの新着記事

1件〜30件

  • こんな願望、希望・・

    守護霊や指導霊っているんだ・・?私にも? まず、そういった存在とつながっていく為には? それが、初心の頃の私でした。 [幽体]は汚いし、いままで良い幽気がある環境で育ってないから・・・ 自然と[幽体]の活力が乏しいのも、仕方ありません。 [霊的調査]での指摘は厳しいものでした。 でも私は、そんな状態とは露知らず、普通に生活をしていました。 生きることはできたかもしれませんが、いつ未熟な霊魂が寄って来た...

  • 霊魂学最前線

    今、私たちが知るべきコト、学ぶべきコト・・・ [水波霊魂学]を学びやすい環境づくりをしています。 動画『霊魂学最前線』でのお知らせです。 新しいHPは  霊魂学最前線 になります。 ぜひご覧ください。 tabityu〜*・゜゜・* レイを知るための旅はつづきます*:.。..。.:...

  • 親子ゆえに

    私の母はとかく口うるさかったです。 お金が一番で、人の思いを踏みにじるようなコトを平気で言うようなところも嫌でした。 一人で生活するようになってから、ずっと距離を置いてきました。 それなのに・・・ 夫から見ると、私の挙動は母そっくりなのだそうです。 そう言われてみると、確かに年を重ねるごとに、母に似ていってるような気がします。 顔つきも、口ぶりも・・・ 血のつながりは避けようもなかった、という事実を...

  • 出会い

    動画『契山館に入会した人達 - 契山館との出会い -』 会員といってもさまざま。 その方の情熱に胸熱になり、思わず涙・涙・・・してしまいました。 特に、4人目のふ~みんさんの「僕の人生もう終わりだけれど、この後の人生すべてをかけて・・・」という、フレーズは。 今世の人生すべてを掛けている、その志の強さ。 そうだったのですね。 行動力の原点はここにあったのですね。 そして、今もなお、その情熱を...

  • 修行者ゆえに

    修行者だからって、下のセカイに入らないとは限らないかもしれません。 いかにトレーニングをしていたとしても、守護霊指導霊、ひいては神霊とのつながりがなくなってしまったら・・・ どんなに下にいくことだろう。 もしかしたら、ずっとずっと下のセカイに入ってしまうかもしれません。 それは、守護霊指導霊、ひいては神霊を裏切った罰ゆえに。 修行をしていれば、幽体や霊体は整い輝いていくことでしょう。 霊的セカイ...

  • 作法を見直す

    私たちが日々、行じているトレーニング[修行] 途中で、「何か違う。何か分断されているような、流れていかない・・?」と思うことがあり、 そういう時は、たいてい、どこかがおかしいのです。 作法が書いてある次第書を見直してみると、やはり微妙に、違っているのです。 「できるから大丈夫!」という油断は禁物です。 著書『指導霊』には、作法が間違っているのを側で見ていた指導霊が落胆する姿が書かれています。 私の指...

  • 鬼滅のアニメ

    アニメ『鬼滅の刃』 「全集中!」 そうして、修練した「型」を繰り出して敵を倒していく・・・ テンポよく画面が切り替わり、多彩な描写。 ギリギリの、ここだ!という決断を迫られる、切迫感。 そこで行動しなければ、食われるという手に汗握りながら・・・ 切りあいなので、死の場面も多いのですが、 残忍であるはずの画面は、クリアでありながら汚くない。 そして、(これはアニメだから主人公が死ぬことはない)と冷めた目で...

  • 等身大の幸せ

    「どう生きようとも、かまわない」そう言われると楽になりますが、選択肢が多いほど、迷いも後悔も多くなってしまいます。 ココロのどこかで、他の人と自分を比べ、優越感を持ったり卑下してみたりしながら、幸不幸を決めているのは相変わらず。 たしかに、霊的セカイを知るようになって、[幸せ]いう価値観が変わってきたと思います。 幸せそうに見える人がいたとしても、(果たして、霊的な幸せを得ているのだろうか)と立ち...

  • 桜の儚さに 

    「来年もまた桜の花を見たい。」 ふっとそんな風に言ってしまうのは、歳をとってきた証拠なのでしょうか? 当たり前に過ぎていく毎日。 であれば、一年後の桜を見ることも、当たり前のこと。 「また見たい」などと言わずとも、見れてしまうはずです。 こうして「見たい」という希望を口にしてしまうのは・・・ ’ 当たり前 ’ であった日常の変化が大きく変わった昨今ならではかもしれません。 1年に1度の楽しみにしていた...

  • 日々の中で影響を受けている

    霊魂から聞いた話シリーズ。よくありそうな話のように思いました。仲の良い夫婦であっても、ちょっとしたすれ違いから生まれる不和。背後に見え隠れする[霊魂]という存在。私たちはそうした存在の影響を受けている可能性は否定できません。よい影響であれば、良いのでしょうけれども・・・普通にしているだけで、高級な霊魂からの影響は受ける事は、まずなさそうです。影響を受けやすいとしたら、悪い霊魂の部類(いたずらする霊...

  • 出会いを振り返る

     今、振り返ってみると、[契山館]という霊的団体に出会ったのは、ホントにたまたま・・・ ですが、「ラッキー」という言葉で片づけられるほど、簡単な出会いではなかったと思います。 ありえない確率での出会いだったと思います。 あの時、あの人と出会い、親しい友人となったから。 あの時、たまたま、霊的障害の相談をしたから。 そして、霊的なコトであればこの人に相談すべき、と紹介してもらった人が所属していたのが...

  • 自分を取り戻すのだ

    いつの間にか、 瞑目をしながら、日ごろの雑事の整理を頭の中でしていたように思います。 それが果たして[修行]といえるものであっただろうか・・・ と最近、ふと思いました。 そんなことだから、期待されるような成果がでてないのではないか? 漫然と続けてきた、という悪しき慣習にも似たモノ。 修行を始めた当初は、とにかく、習慣になるように、とにかくやろう!と思いましたけれど・・・ 何十年を経てくれば、初心の、「...

  • 真実と出会うために

    どうしても手に入れたい、必要な何か。 なんとかしてお金を工面することでしょう。 「その価値がある」と思えばこそ、 その「価値」とは人それぞれ・・・ お金と引き換えで時間を買う、どうしても身に付けたいモノ、欲しいと思うモノ・・・ これからの時代は、「より何を必要にしているか。何が本当に大切なのか」 大切なモノをより選択していくように思えます。 私にとって必要なモノとは、[霊魂学]という学びの場です。 ...

  • 武士の生き方

    武士道 武士道は江戸時代、支配階級である武士に文武両道の鍛錬と徹底責任を取るべきことが求められたことに始まる。~Wikipedia 階級社会の中で上からの命令は絶対。不始末があれば命をもってつぐなう。 そこにためらいはない。 自分の仕える殿様のため。家のため。という大義のために・・・ そこに個の存在価値などない。 時代劇を見ていると、今の私たちとは精神性がこんなにも違う・・・と思うことばかりです。 そうした精神...

  • 己を捨てれるか

     アニメ『約束のネバーランド』 6歳から12歳の孤児があつめられ食肉として飼育されている。やさしいママのもとで、 何もしらずに幸せに過ごす幼少期。 そして、ある時「里親が見つかった」と孤児院から送り出される。それはうれしい門出のはず。 そしてまた、新たな孤児がやってくる。 実は、ママは本部からの指令のもと、子どもたちに愛情を注ぎ育て、出荷サイクルを管理しているのだった。 「食育として飼育している場所...

  • 不幸の要素を減らすには

    ちょっと歯車が狂うだけで、日常が一変してしまう。 その要素は誰もが持っているものです。 そうならないように、と用心しているつもりですが、何かの要因でもろくも崩れ去ります。 邪悪な霊魂ほど、そうした、ヒトのちょっとした隙や、そのヒトの弱点を入念に探し出し、その瞬間(とき)を見計らって、一気に突いてくる。 霊魂にとっては時間の観念はないのだから、いくらでも時間を掛けれるから。 そんな指摘を受けたことがあ...

  • 音読のススメ

    最近、「音読」というものに惹かれています。それは、なぜだろう・・・? アナウンサーや俳優さんなどによる「音読」もあります。ニーズがあるから、そこに分野も開ける。 なぜ、人はその人の声を求めるのだろう。 聞いていたい声。その人から出る世界観を共有したいから?ファンだから? 「自分の声に出して読むと、それを自分の脳が受け取る。だからより、自分に響くのだ」と話し方教室の動画で聞きました。 今回、ニーチェの...

  • ヒトを作るモノ

    最近、You Tubeをよく見るようになりました。 テレビや新聞といった大手メディアでありがちな規制にしばられていないためか、意外と有益な情報も出ているように思うのです。 友人から、「話し方教室」というものを勧められたので、見てみました。 「体は食べているモノが作る。人はコトバで作られる・・・・」 ウソのような、ほんとのような・・・ それでも、わずなかながら、(なるほどな)と腑に落ちている私・・・。 ヒトを...

  • アウトプット

    人に説明するのが苦手な私。 のんびり屋の気質も幸いしてか、聞き手に回ることが多かったためかもしれません。 あいづちを打ちながらインプット・・・ ですが、コミュニケーションは相手との会話のキャッチボール。 じゃあ、「あなたは?」と尋ねられると、私はワンテンポ遅れてしまい、話の腰を折ってしまいそうになります。 言いたいことがあっても、頭の中ではこんな感じなのです。 (こう思っている)(でも、それは○○だから...

  • 明かされない理由

    [神伝禊法]や[神伝鎮魂法]の内容が本やSNSでも明かされないことに、不満を持たれる方も多いようです。 「何も中味が分からないから、判断のしようがない」と耳にします。 確かに・・・そうかもしれません。 情報社会の中で、私たちはググる(調べる)ということに長けてきました。 どこかを探れば、正しそうな、自分の欲求を満たすような事柄がどこかに出て来るはずだ、そんな風に思います。 ですが、契山館で学ぶ[神伝禊...

  • 今こそ、霊的トレーニング

    ある時、夫が、 「どうなるか分からない(明日、生きているか)から、ちゃんと修行はしておかないとね。」 と唐突に言うのでした。 「うん。私もそう思う。 だから、朝、出勤が遅くなりがちだけれど、ちゃんと禊法や鎮魂法をするようにしているよ。 あなたは修行をしているの?」 「朝、やってから出勤してるよ。」 とお互い、確認?したのでした。 今日はよくても、明日はわかりません。 コロナの感染者はうなぎのぼりに上...

  • 漠然とした不安感

    「死ぬまでにしたい○○のコト」 絶景を訪ねる、食べておきたいモノがある・・・物欲を満たすようなコトがあがってきそう。 あえて、その状況に身を置いたとして、自分が何を選択するだろうか、と想像したことがありました。 でも、今は・・・・そんな悠長なことをいっている場合ではないかもしれません。 コロナ それは、「ウイルス感染だから、免疫力があれば、大丈夫」「風邪みたいなもの」 という意見から、「軽傷でも、傷つい...

  • コロナウイルスの影響

    コロナウイルスが広まり・・・また冬になりました。この動画は昨年の5月ごろに作成されたものです。今よりももっと先が見えない状態で、多くの人が恐れと見えない経済や社会情勢に一喜一憂していた頃だったように思います。今もまだ、外出を自粛しながらの生活になっていますが、もう少しすれば暖かくなる、ワクチンもできてきた、といった希望も見えてきたため、以前に比べれば多少は気持ちが上向いているかもしれません。それで...

  • こんなに環境が悪かったとは

    霊的な環境の悪さ。ずっと話には聞いていたのですが・・・利益を追い求める。正義なんてないような世の中・・・それとは別に、霊的な側面から見ても、なんという世になったのだろう、と落胆していまいます。普通は「世の中を動かしている」のは、政治家や経営者だ、というでしょう。ですが、この世の中の霊的環境の悪さは、そういった人たちのせいばかりではなさそうです。一人ひとりの人間の総意が、知らず知らずのうちにこの世を...

  • 自分の習性 ヒトの習性

    「自分の嫌さ加減は自分で分かっている」でも、やはり 自分のことは分かってないのかもしれません。 ヒトのことは、見えてしまいます。 ここがイヤだな。ここは毎回、こういう対応をする人だな。そうしたクセ。 そういうものを見て、聞き流したり見なかったフリをしています。 一番身近な夫を例にとると、 自分への対応が悪いと「もう、そんな扱いを受けるなら、もういい」と、許否ってしまう。 相手の対応が見下すような対応の...

  • ラジオ体操

    ここ数年は、日常の活動以外で体を動かすような運動習慣が全くなくなっていました。 さすがにアラフィフ。この状態ではマズイと思い、体を動かす第一歩として、ラジオ体操にトライしてみました。 たかが「ラジオ体操」かもしれませんが、しっかりとやると結構な運動になる・・・はず! ですが、ここまで、キツイとは?!予期せぬことでした。 ラジオ体操といえば、小学校の頃は毎日必ず学校の始業始めに行われていました。夏休み...

  • 争いの中で

    国同士の諍い。どちらかがどちらかを倒す、武力闘争にキレイごとはない。 そして、その戦いに赴く戦士の多くは、夫であり恋人であり親である男性。 ふと、夫を見ていて、今ここが、とりあえず戦乱の世でなくてよかった、と思いました。 元気で年恰好もよければ、真っ先に徴兵されてしまっていたでしょう。 妻のために、子どもや家族のために。 負けたら酷い目にあってしまうから、そうならないように、と命がけで戦うしかない。 ...

  • 日ごろの関心事

    政治はどこか遠く・・・それが他国のことになると、テレビやネットでのごく普通に流れているものを拾い読みする程度。それが情報操作されていたりすれば、・・・真実は分からない知らないままであってもおかしくありません。 日ごろの関心事といえば、身近なコトになります。 天気や気温がどう?とか夕ご飯は何にしよう?仕事でいえば、客の出入りがどう?といったこと。 そのサイクルで一日が終わり、ふっと気が付くと、1ヶ月が...

  • 新たな年をめくる

    カレンダーも手帳も新しくなりました。 未だにアナログな私です。 手書きでスケジュールを書き込み、時間配分を調整。To Do Listも使って、すべきコトの視覚化の習慣からは脱せないでいます。 スマホのアプリでスケジュール管理ができたら、さぞスマートなことだと思いますが・・・ 何もしないと、ただ周りの予定から埋まって行って、自分がすべきコトが後回しになりがちですが、 TO DO LIST で見ると自分の行動が精査できます...

  • 見えないセカイだから

    知り合いに、とても好奇心旺盛な初老の方がいます。お元気で、興味のあることについて、それが「いい」と聞けば、本を読んだり講演会に出かけたり・・・すぐに行動に移されるのです。 そして、実際にご自身でも不思議な体験をされたこともあり、 「見えないセカイを信じ、霊的な存在があることも信じている。」 と、私たち夫婦とも意見が合うのですが・・・ 「有名な○○さんの治療を習っているの。まだ私はそこまでできないんだけ...

カテゴリー一覧
商用