searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ハリコフさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
世界は広いが、遠くない!
ブログURL
https://worldwideharikov.hatenablog.com/
ブログ紹介文
SFC修行をきっかけに、海外旅行にはまった管理人が、旅行時の搭乗記や旅行先の観光情報、ANAマイル修行(SFC修行)やマイルの貯め方・使い方の情報をまとめているブログです。
更新頻度(1年)

63回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/07/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ハリコフさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ハリコフさん
ブログタイトル
世界は広いが、遠くない!
更新頻度
63回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
世界は広いが、遠くない!

ハリコフさんの新着記事

1件〜30件

  • Go to トラベルキャンペーンを利用して旅行しても大丈夫か?

    新型コロナウイルス感染症の陽性者数が増えている中、Go to トラベルキャンペーンで旅行に出ることの是非について、現在出ている新型コロナウイルス感染者数のデータをもとに考えてみました。現在は緊急事態宣言時と比較して重症者数や死者数が少ない状況で推移しているので、ウィズコロナの考え方の元、感染対策を徹底して旅行に出るのが良いのではないかと思います。

  • 首都圏移動自粛明けの羽田空港の様子

    首都圏の移動自粛要請が解除された直後の6月下旬に羽田空港に行ってみました。6月中は欠航のままの便が多く、信じられないほど閑散としていたターミナル内の様子をまとめてみました。特に国際線ターミナルの内部は衝撃的でした。

  • 別切り発券で乗り継ぎ、帰国。NH886(クアラルンプール→羽田)搭乗記

    シンガポールからクアラルンプールを経由して羽田に帰国しました。その際に利用したANAのNH886便(クアラルンプール→羽田)の搭乗記です。シンガポールからクアラルンプールとクアラルンプールから羽田は別切り発券の旅程だったため、クアラルンプールで一度入国してから手続きをし、再出国しました。マレーシアには1時間だけの滞在となりました。

  • 新型コロナウイルス終息後の海外旅行はこれまでとどう変わるのか?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック後の海外旅行がこれまでとどう変わるのかについて、現在出回っている情報をもとに考えてみました。いろいろと不確実なことも多いですが、渡航先や経由地の情報、航空会社のルールを事前にちゃんと調べておくことが重要になる、ということは確かです。

  • シルクエア―のサービスの良さは想像以上だった。MI324(シンガポール→クアラルンプール)エコノミークラス搭乗記

    2020年初めごろにシンガポールからクアラルンプールまでシルクエア―のMI324便を利用しました。シルクエア―はシンガポール航空の子会社です。1時間程度のフライトですが、新聞の配布やコーヒーをカップに入れて提供する等、想像以上にサービスが良く、親会社のシンガポール航空とも遜色ないレベルに思えました。

  • 羽田深夜便でシンガポールへ。NH843エコノミークラス搭乗記

    2020年初めごろに搭乗したNH843便(羽田→シンガポール)のエコノミークラス搭乗記です。エコノミークラスの前方区画最後尾の座席を指定しました。すぐ後ろがギャレーでしたが、座席を倒すのには支障がなく、音もそれほど気になりませんでした。

  • ラクサも食べられる!クアラルンプール国際空港マレーシア航空ラウンジ訪問記

    クアラルンプール国際空港のサテライトターミナルにあるマレーシア航空ゴールデンラウンジの紹介です。マレーシア航空の本拠地ラウンジだけあって、とても広く快適です。設備や食べ物も充実しており、マレーシアで一般的な麺料理のラクサが注文できるヌードルバーもあります。

  • 成田空港は都心からどのくらい遠いのか?

    よく「成田空港は都心から遠い」という意見を聞きますが、世界の空港と比較して実際にどれくらい遠いのかを調べてみました。結果、世界の主要空港と比較して、移動時間ベースで1.5から2倍ほど遠いことが明らかになりました。

  • 羽田空港国際線増枠分のうち、予定通り就航する路線はいくつあるのか?

    国際線は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で壊滅状態の中、2020年3月29日からの羽田空港国際線増枠分路線がどの程度予定通りに就航するのかを調べてみました。現状では3月29日から予定通りに就航する路線は4路線だけ、大部分は就航延期、一部が減便での就航となっています。

  • ANAのプレミアムポイント2倍キャンペーンを利用したマイル修行のリスクについて

    新型コロナウイルス感染症に伴うANAマイレージクラブ会員向け救済策として、プレミアムポイント2倍キャンペーンが発表されました。マイル修行にはとても魅力的ですが、コロナウイルス感染症対策で不要不急の外出は避けるべきとされているときにマイル修行を実行することの可否が気になるところです。そこで、現状でのマイル修行に伴うリスクについて考えてみました。

  • 人が少なくて快適な後方席。NH886(クアラルンプール→羽田)エコノミークラス搭乗記

    2019年末に土日完結型の弾丸旅行でクアラルンプールへ行き、帰りにANAのNH886便をエコノミークラスで利用しました。座席はエコノミークラス最後尾の通路側席を指定しました。トイレの隣の座席ですが、トイレのドアは後方側にあるため音やトイレ待ちの人はあまり気になりませんでした。むしろ隣の列が座席でない分人口密度が少なめで落ち着いて過ごせました。

  • 海外発券で土日完結弾丸旅行。NH885(羽田→クアラルンプール)エコノミークラス搭乗記

    2019年末に土日完結型の弾丸旅行でクアラルンプールに行きました。海外発券を利用することで、滞在時間の短い旅程を実現させています。利用した便はNH885便、羽田深夜発、クアラルンプール早朝着です。座席はエコノミークラス窓際のバルクヘッド席を利用しました。

  • ANAが新規就航する成田―ウラジオストク線とウラジオストク空港の情報まとめ

    2020年3月16日からANAが新規就航する予定の成田―ウラジオストク線と、ウラジオストク空港の情報をまとめてみました。ウラジオストクは極東ロシアの日本海に面した都市です。ANA便は午前中に成田を出発、午後にウラジオストクを出発するスケジュールで、3月28日までは週2便(月、金)、3月29日以降は週3便(月、水、金)の運航予定です。ANAの最短国際線で、沖縄―東京間よりも近いです。ウラジオストク国際空港は市街地から45kmほどの場所にあり、バスや電車でアクセス可能です。

  • 新型コロナウイルス感染症が拡大する今、海外渡航は避けるべきか?

    新型コロナウイルス感染症が拡大している現状では、海外渡航はなるべく避けるべきでしょう。自分が新型コロナウイルスをもらってくる可能性に加えて、自分が渡航先に新型コロナウイルスを広めてしまう可能性もあり得ます。渡航先で隔離されて帰ってこれなくなるリスクもあります。どうしても行くのであれば、万全の準備をしていきましょう。

  • ANAクアラルンプール発券でシンガポールに滞在する方法

    ANAでクアラルンプール発券を利用しようとすると、東京とクアラルンプールを2往復する必要があります。この単純2往復は、シンガポールでのストップオーバーを入れることで回避できます。これを利用すると、マイル修行を土日完結の弾丸旅行として行い、クアラルンプールとシンガポールを観光することができます。平日休みを取れないけどマイル修行したい方におすすめです。

  • 成田空港国際線ANAラウンジのレビュー(第4サテライト&第5サテライト)

    成田空港にある2カ所のANAラウンジ(第4サテライト、第5サテライト)について、ラウンジの利用条件、二つのラウンジの中の様子、ラウンジで出されている食べ物や飲み物、シャワールームの備品や使い方などをまとめてみました。

  • 衝撃の一言「荷物が乗り継ぎに失敗したようです」MH601(クアラルンプール→シンガポール)搭乗記

    マレーシア航空MH601便(クアラルンプール→シンガポール)のエコノミークラスの搭乗記です。ANAのサイトから羽田→クアラルンプール→シンガポールで発券していましたが、クアラルンプールにて荷物が乗り継ぎに失敗、ロストバゲージしました。結局2便後の便まで4時間もチャンギ空港の荷物受け取りエリアで待つ羽目になりました。

  • ANA国内線で座席モニター付き新シート搭載の機材に乗ってみた

    ANAが2019年秋から国内線に導入している全席モニター付きの機材に乗る機会があったので、レビューしてみました。モニターは現在の国際線エコノミークラスやプレミアムエコノミークラスのものよりも大型のものが採用されています。映画や音楽、漫画など、コンテンツも充実しているので、国内線を過ごすには十分すぎる性能でした。

  • ザンクトヴォルフガングへザルツブルクからバスと船で行く方法

    オーストリアのザルツブルグからザンクトヴォルフガングやシャーフベルグ山へバスと船を使って行く方法の解説です。ザルツブルグから路線バスでザンクトギルゲンへ(50分程度)、ザンクトギルゲンからザンクトヴォルフガングまで船で30分程度、ザンクトヴォルフガングからシャーフベルグ山頂まで登山電車で40分程度です。風光明媚で素晴らしい景色が見れるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

  • 音楽の都ザルツブルグの1日観光記

    2018年夏に旅行したザルツブルク(オーストリア)の観光記です。ザルツブルクには2泊3日の滞在で、そのうち1日でザルツブルク旧市街を観光しました。ミラベル庭園からモーツァルトの家、大聖堂やレジデンツ、ホーエンザルツブルク城などをまわりました。観光の際はザルツブルクカードを購入しておくと、ほぼすべての観光地が無料で利用できるので、とてもお得です。

  • 2020年3月29日以降のANA国際線のスケジュールまとめ

    ANAグループの2020年度の国際線輸送事業計画が発表されました。羽田空港国際線発着枠の増加に関係する増便分のスケジュールや成田線の減便、機材変更や貨物路線の縮小など、かなり内容が濃かったので、少し整理してみました。

  • 行って良かったウィーン中心地観光スポット5選

    2018年に2回行ったウィーンの中心地で行って良かったと思う観光地を5個ピックアップして紹介します。1.シュテファン大聖堂、2.国立図書館大広間、3.楽友教会、4.自然史博物館&美術史博物館、5.ベルヴェデーレ宮殿。

  • スターウォーズ特別塗装の787型機で帰国。NH210プレミアムエコノミー搭乗記

    ANAのNH210便(デュッセルドルフ→成田)のプレミアムエコノミークラス搭乗記です(2018年夏搭乗)。今回はANA上級会員向けのプレミアムエコノミークラスアップグレード特典(今は廃止)でアップグレードに成功しました。機材はスターウォーズ特別塗装機でした。搭乗時にスターウォーズのテーマ曲が流れていたり、搭乗証明がもらえたり、ヨーダが乗っていたりします。

  • ANAアップグレードポイントを使ってビジネスクラスに搭乗。NH209(成田→デュッセルドルフ)搭乗記

    ANAのNH209便(成田→デュッセルドルフ)のビジネスクラス搭乗記です(2018年夏搭乗)。今回はアップグレードポイントを利用してエコノミーからアップグレードしました。離陸後30分程度で最初の機内食、離陸後10時間程度で2度目の機内食が提供されます。最初の機内食では有名料理店とのコラボメニューが選べます。

  • ANAアップグレードポイントの獲得方法と使い方

    ANAの上級会員(ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ)に付与されるアップグレードポイントについて整理してみました。座席のアップグレードに利用できますが、利用の条件が厳しいことが多く、たいてい使えずじまいになってしまいます。国内線のアップグレードか、国際線で予約クラスEのプレミアムエコノミーを購入してビジネスへアップグレードさせるのが効果的な使い方に思えます。

  • 2020年羽田空港国際線増枠による海外航空会社の就航先まとめ

    2020年羽田国際線増枠に伴う、海外航空会社の就航先をまとめました。おおむね配布国発表時の予想通りでしたが、ヴァージンオーストラリアの新規乗り入れや中国の発着枠配布などが予想外でした。多くの航空会社が成田線を減便するか、成田空港から撤退します。

  • ANAスカイコインの使い方と注意点

    ANA SKYコインについて解説します。スカイコインは1コイン1円分として10円単位でANAの航空券購入などに使える電子クーポンです。特典航空券とは異なり、現金で航空券を購入するのと同じ扱いですので、空席がある限り航空券の予約・購入が可能です。その一方で旅程全体をANA便にしなければ使えないなど、制約もいろいろあります。長所・短所を把握して状況に応じて特典航空券と使い分けると良いです。

  • ANAプレミアムメンバーのフライトボーナスマイル対象にルフトハンザグループ運航便が追加

    ANAのプレミアムメンバー向けの特典の一つに搭乗時のボーナスマイルがあります。これまではANA運航便かユナイテッド航空運航便のみがボーナスマイルの対象でしたが、2020年1月からルフトハンザグループ(ルフトハンザドイツ航空、スイス航空、オーストリア航空)もボーナスマイルの対象となります。限定的ではありますが、近年では珍しいマイレージサービスの改善です。このフライトボーナスについて解説します。

  • 香港国際空港のシンガポール航空シルバークリスラウンジの紹介

    NH822便搭乗前に利用した香港空港のシンガポール航空ラウンジ「シルバークリスラウンジ」のレビューです。2019年夏に訪問しました。営業は24時30分まで、食事や飲み物、シャワーを利用できます。wifiもあります。NH822便の機内食は朝食のみで、離陸後すぐのサービスはないので、ラウンジで夕食を済ませて機内では寝るだけにすると効率が良いです。

  • 香港空港の乗り継ぎ時間でも大丈夫?忙しい人のためのマカオ観光ルート案

    香港空港での乗り継ぎ時間にマカオに寄り道する観光ルート案を考えてみました。マカオ滞在時間は2時間を想定、マカオバスターミナルからセナド広場を経由して聖パウロ天主堂跡までを往復するルートになります。なお、結論は「乗り継ぎ時間でも回れるけど最低1泊くらいしたほうが楽しめる」です。

カテゴリー一覧
商用