searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ブログNPO法人労働組合さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ブログNPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/19681226_001
ブログ紹介文
NPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センターと東京東部労働組合の記録
更新頻度(1年)

91回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2019/06/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブログNPO法人労働組合さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブログNPO法人労働組合さん
ブログタイトル
ブログNPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター
更新頻度
91回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
ブログNPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター

ブログNPO法人労働組合さんの新着記事

1件〜30件

  • シリーズ「労働相談」報告(2020年10月18日)

    みなさんへ寄せられた労働相談メールから抜粋して報告します。************************************************************************シリーズ「労働相談」報告(2020年10月18日)NPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター全国一般東京東部労働組合・ジャパンユニオン1、シングルマザー。子供が熱を出しても残業を命じてくる3歳の子供がいるシングルマザー。アルバイト。会社もシングルマザーと了解した上で雇っています。しかし、子供が熱を出した時、上司は「子供のことなんか知らない。残業はしろ」と言い、また私自身の高熱が出た時も電話口で「みんなに迷惑かけるな、なんとしても出てこい」と言います。このままでは身体も心もおかしくなりそうですが生活の為会社を辞...シリーズ「労働相談」報告(2020年10月18日)

  • 東部労組メトロコマース支部・非正規差別なくせ裁判 最高裁不当判決を受けての声明

    東京メトロ駅売店の非正規労働者でつくる全国一般東京東部労組メトロコマース支部が正社員との賃金差別をなくすために闘ってきた裁判の上告審で、最高裁は10月13日、非正規労働者への退職金の不支給を容認する差別判決を言い渡しました。これを受けて東部労組の執行委員会は以下のとおり声明を発表しました。◇東部労組メトロコマース支部・非正規差別なくせ裁判最高裁不当判決を受けての声明2020年10月13日全国一般東京東部労働組合執行委員会本日、全国一般東京東部労組メトロコマース支部が非正規労働者への賃金差別を撤廃させるために闘ってきた裁判の上告審で、最高裁第三小法廷(林景一裁判長)は、非正規労働者への退職金の不支給を容認する差別判決を言い渡した。私たち東部労組はこの不当極まりない判決を徹底的に糾弾するとともに、非正規労働者へのあ...東部労組メトロコマース支部・非正規差別なくせ裁判最高裁不当判決を受けての声明

  • 【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】HTS(阪急トラベルサポート)支部 団体交渉-「みなし休業補償」の続行が実現

    9月23日、東部労組HTS支部と阪急トラベルサポートとの団体交渉が行われました。HTS支部の会社・行政に対する粘り強い要求・闘いの結果、5月の団体交渉で会社は、組合の要求に基づき「アサインされたツアーのない期間」(形式上の雇用契約のない期間)についての休業補償(「みなし休業補償」)を行う旨を表明し、それが現在まで実施されています。【経過】・【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】HTS支部「みなし休業補償」の実現をかちとる!・【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】厚労省が「みなし休業は助成金の対象」との通達この「みなし休業補償」も対象となる雇用調整助成金の特例措置は9月末まで、とされていましたが、それが年末まで延長されると報道されました。これをうけ、組合はこの日の団体交渉で「みなし休業補償」の続行...【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】HTS(阪急トラベルサポート)支部団体交渉-「みなし休業補償」の続行が実現

  • シリーズ「労働相談」報告(2020年9月19日)

    みなさんへ寄せられた労働相談メールから抜粋して報告します。決してコロナ禍のせいにしてはいけない労働者にたかる悪徳企業暴力的な酷使・パワハラ・セクハラが目につきます。************************************************************************シリーズ「労働相談」報告(2020年9月19日)NPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター全国一般東京東部労働組合・ジャパンユニオン1、過酷な労働条件下でフォークリフトの事故が多発。弁償代は労働者が払う冷蔵庫内の寒い過酷な環境で、休憩時間もほとんどなく、多くのフォークリフトドライバーは長時間働いている。労働者が下痢や腹が痛いなどで体調を崩して帰りたいとお願いしても許してくれないなど会社の安全配慮対策は一つ...シリーズ「労働相談」報告(2020年9月19日)

  • 東部労組メトロコマース支部 非正規差別なくせ裁判最高裁弁論報告

    東部労組メトロコマース支部非正規差別なくせ裁判最高裁弁論報告東京メトロ駅売店の非正規労働者でつくる全国一般東京東部労組メトロコマース支部が正社員との賃金差別をなくすために闘ってきた裁判の上告審で、最高裁第三小法廷(林景一裁判長)は9月15日に退職金に関する口頭弁論を開き、判決の言い渡し日を10月13日に決定しました。弁論では、組合側弁護団から今野久子弁護士と青龍美和子弁護士の2人が意見陳述しました。今野弁護士は非正規労働者が正社員と同じ仕事を長期にわたって従事していることをあげたうえで、「退職金ゼロはもちろんのこと、原判決が認めた4分の1の退職金でも正社員との相違は著しい」と指摘。青龍弁護士は「4分の1ではなく、満額の退職金が支給されてこそ、労働契約法20条の趣旨にかなう」と主張しました。弁論後には、原告団・弁...東部労組メトロコマース支部非正規差別なくせ裁判最高裁弁論報告

  • 「土風炉」ほかラムラ店舗勤務の皆さんへ! 無期限スト決行中の長澤さんからのアピールです

    「土風炉」ほかラムラ店舗勤務の皆さんへ!無期限スト決行中の長澤さんからのアピールです「土風炉」「鳥元」「土古里」ほかラムラの店舗で働いている仲間の皆さんに、ジャパンユニオン(全国一般東京東部労組ジャパンユニオン支部)に所属して無期限ストライキで会社と闘っている長澤伸彦さんからのアピールをお伝えします。長澤さんは、20年来ラムラ店舗に調理師(現在は料理長)として勤務してきましたが、その間糖尿病を患い現在通院中です。新型コロナウイルス感染のリスクが極めて高い基礎疾患保持者としてラムラに対し、この4月より休業・自宅待機の業務命令を発するよう要請してきましたが、会社は一切聞く耳を持たず、「自己責任」において有給休暇の消化などで対処するよう冷たくあしらっています。長澤さんのように感染しやすく、かつ、感染した場合はいのちの...「土風炉」ほかラムラ店舗勤務の皆さんへ!無期限スト決行中の長澤さんからのアピールです

  • 葛飾4労働団体がコロナ対策と公契約条例制定で葛飾区長に申し入れ

    葛飾4労働団体がコロナ対策と公契約条例制定で葛飾区長に申し入れ全国一般東京東部労組の本部がある東京・葛飾地域の労働4団体が8月28日、コロナ対策と公契約条例制定を求める申入書を青木克徳葛飾区長宛に提出しました。当日は、東部労組が加盟している葛飾区労協、葛飾区労連、葛飾区職労、東京土建葛飾支部のナショナルセンター(労働組合の中央組織)が異なる4団体の代表者が葛飾区役所を訪れ、区長の代理として赤木登副区長らに申入書を手渡しました。コロナ対策の申入書では、感染拡大を防ぐために医療従事者・介護施設従事者・教育施設従事者・区職員らへのPCR検査のさらなる充実とフリーランスを含めた労働者への休業補償を早急に行うことを求めています。公契約条例の申入書では、自治体が発注する建設工事や委託業務などに対して、それに従事する労働者の...葛飾4労働団体がコロナ対策と公契約条例制定で葛飾区長に申し入れ

  • 9/13 コロナ禍の休業・解雇・生活相談ホットライン 開催のお知らせ

    9/13コロナ禍の休業・解雇・生活相談ホットライン開催のお知らせ全国一般東京東部労組は、9月13日(日)に全国各地の労働組合(ユニオン)やNPOなどと共同で「コロナ禍の休業・解雇・生活相談ホットライン」を行います。コロナの感染拡大はとどまるところを知らず、労働者の生活は厳しい状況が続いており、労働者・失業者の生活は困難を極めています。この間で次のような新たな状況が生まれています。〇感染拡大によって多くの職場に感染者が出るようになっているにもかかわらず、多くの企業が感染防止策を十分に取ろうとしません。とくに非正規労働者は命の危険を顧みずに出勤することを強要されている。〇コロナの影響が長期化することを確信した企業が、次々と労働者を解雇している。〇中小零細を中心に企業の倒産や事業所の閉鎖に直面する労働者が増加している...9/13コロナ禍の休業・解雇・生活相談ホットライン開催のお知らせ

  • メトロコマース非正規差別撤廃裁判の最高裁の不当決定への抗議声明

    メトロコマース非正規差別撤廃裁判の最高裁の不当決定への抗議声明全国一般東京東部労組と同メトロコマース支部は9月4日、厚労省で記者会見を行い、以下の最高裁の不当決定に対する抗議声明を発表しました。◇メトロコマース非正規差別撤廃裁判の最高裁の不当決定への抗議声明2020年9月4日全国一般東京東部労働組合執行委員会全国一般東京東部労働組合メトロコマース支部東京メトロ駅売店の非正規労働者でつくる全国一般東京東部労組メトロコマース支部が正社員との賃金差別をなくすために闘ってきた裁判の上告審で、最高裁第三小法廷(林景一裁判長)が、組合側の上告受理申し立ての大部分を棄却し、非正規労働者への差別を認める極めて不当な決定を行ったことに満身の怒りをもって抗議する。最高裁が決定した要点は次の通りである。第一に、毎月の基本給と資格手当...メトロコマース非正規差別撤廃裁判の最高裁の不当決定への抗議声明

  • 韓国サンケン労組を支援する会結成集会に参加

    9月3日、会社から解散・清算攻勢をかけられている韓国サンケン労組を支援する会の結成集会が、文京区民センターで開かれ、東部労組より3名が出席し、国際連帯を確かめあいました。韓国サンケン労組の闘いは、3年前東部労組も支援し、当該組合員たちは解雇撤回・職場復帰を果たしました。職場に復帰してからも、設備投資も充分になされない職場で、休業をくり返しつつも、会社との労使協定に基づき操業を継続してきました。ところが、今年7月、親会社であるサンケン電気が突然、業績不振を理由として、韓国サンケンの解散・清算を、現地社長にも知らせないまま、ホームページで発表。一方で、サンケン電気は、2年前、韓国に別の子会社を秘密裏に立ち上げ利益を振り替えていたのです。これは、明らかに組合つぶしを意図した解散・清算であり、不当労働行為です。韓国サン...韓国サンケン労組を支援する会結成集会に参加

  • 東部労組「団結」連続学習会の報告です(動画)

    今年、全国一般東京東部労組は「団結」をテーマにした連続学習会を3回開催しました。第1回は、5月17日、テーマは「職場の団結」、講師は金沢新悦東部労組副委員長・大久保製壜支部委員長です。第2回は、6月14日、テーマ「東部労組との団結」、講師は菅野存東部労組執行委員長です。第3回は、7月12日、テーマは「地域・全国・世界の労働者との団結」、講師は須田光照東部労組書記長です。ぜひご覧ください。第1回「団結」連続学習会「職場の団結」講師金沢新悦副委員長・大久保製壜支部委員長第2回「団結」連続学習会「東部労組との団結」講師菅野存執行委員長第3回「団結」連続学習会「地域・全国・世界の労働者との団結」講師須田光照書記長東部労組「団結」連続学習会の報告です(動画)

  • 労基法36条「健康上特に有害な業務の労働時間の延長は一日2時間まで」-大久保製壜支部の闘い

    2017年、東部労組大久保製壜支部は高温・暑熱、粉じん、騒音という過酷な職場環境における一日13時間・15時間という労働者の命と健康にも関わる長時間労働を是正させるため、労働基準法(労基法)第36条の但し書きを武器に闘い、事実上、この長時間労働を撤廃させました。今回はこの闘いと労基法36条但し書きの意義について紹介します。ガラスびん製造を主な業務とする大久保製壜では2017年当時、「追い通し勤務」と称して、本来は三交替制の労働者を交替させることなく通し勤務を行わせ、その結果、13時間以上という長時間労働が行われていました。ガラスびんの製造は過酷な労働をともないます。原料を溶解炉へ投入、約1500℃の熱で溶かし、ガラスびんに成形します。この過程で職場は非常に高温となります。文字通り「灼熱地獄」です。このような過酷...労基法36条「健康上特に有害な業務の労働時間の延長は一日2時間まで」-大久保製壜支部の闘い

  • シリーズ「労働相談」報告(2020年8月16日)

    みなさんへ寄せられた労働相談から抜粋して報告します。相変わらず、こんな事が許されてよいわけがないという相談ばかりです。コロナ禍でそれがますますひどくなっています。************************************************************************シリーズ「労働相談」報告(2020年8月16日)NPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター全国一般東京東部労働組合・ジャパンユニオン1、県の緊急事態宣言でお店は休み。賃金補償はないパート。県独自の緊急事態宣言が出て、勤めていた飲食店が一週間お休みになりましたが、賃金補償の話はありません。すでにシフトが決まっていて会社の都合で休みになった場合きちんと補償はすべきではないでしょうか。2、派遣添乗員への無慈悲な使...シリーズ「労働相談」報告(2020年8月16日)

  • 賃金払って休ませろ! 「土風炉」「鳥元」のラムラにストライキ通告・本社に申し入れ行動

    8月5日、「土風炉」「鳥元」「土古里」などのブランドで首都圏中心に飲食店を展開する「ラムラ」(東京・中央区日本橋大伝馬町)の店舗に調理しとして20年来勤務する、ジャパンユニオン(全国一般東京東部労組ジャパンユニオン支部)の長澤伸彦組合員が、糖尿病の基礎疾患を抱えながら新型コロナウイルス感染リスクを回避するため、会社に対し休業・自宅待機を要求するため、ストライキを通告、争議状態に入りました。長澤さんは、1998年3月、ラムラに入社以来、通算2年あまりの本社勤務(メニュー開発などに従事)を除き、同社運営店舗で調理師(現在は料理長)として働いてきました。その間、40歳代から2型糖尿病を患い、現在まで通院治療を続けています。今年の4月に入り新型コロナウイルスの感染が拡大し、緊急事態宣言が出された4月8日以降は、基礎疾患...賃金払って休ませろ!「土風炉」「鳥元」のラムラにストライキ通告・本社に申し入れ行動

  • コロナ廃業・解雇に負けない!労働組合が守った眼鏡店

    労働組合が守った眼鏡店「めがねおー」コロナ廃業・倒産に負けず職場と生活を守ろう!東京の御徒町と秋葉原で営業していた眼鏡店「めがねおー」の労働者でつくる全国一般東京東部労組めがねおー支部に対し、会社側は5月の団体交渉で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営難になったとして両店舗の閉店=廃業と会社解散の方針を示してきました。このまま廃業になれば組合員も解雇されることに危機感を持った東部労組と同支部の桑原委員長は、会社が廃業と解雇を強行してきた場合にはストライキに入ると同時に店舗での泊まり込み職場占拠に打って出る闘争方針を確立しました。こうして臨んだ団体交渉で、労組側は解決策の一つとして店舗の譲渡による自主営業を認めるよう社長に要求しました。会社側は全店舗の閉店方針にこだわり当初は難色を示しましたが、闘争方針を背景...コロナ廃業・解雇に負けない!労働組合が守った眼鏡店

  • 市進支部 問題ある「自動割付」を是正させる!

    (「自動割付」の改善要求を含む春闘要求書を読み上げる市進支部並木委員長/1月20日団体交渉)東部労組市進支部はこのかん、会社が高校生対象の季節講習にあたって行っていた、通常期を上回る講座数料金を生徒保護者からの申込みの有無にかかわらず、銀行引き落とし手続きを行うという「自動割付」システムを改めるよう求めてきましたが、7月17日に行われた第59回団体交渉において、会社は組合の要求に対し、制度の根本的な是正を行う旨を回答しました。【「自動割付」について参考】市進支部問題ある「自動割付」問題で会社を追及生徒・保護者からの申込みがない状態で「あらかじめ引き落とし手続きを行っておく」という問題のある「自動割付について、組合は昨年12月の団体交渉で直ちにこれを中止することなどを求めていましたが、実質上、是正はなされませんで...市進支部問題ある「自動割付」を是正させる!

  • 「公認心理師ユニオン」加入のご案内

    「公認心理師ユニオン」に入って心理職の生活と権利を守ろう!全国の心理職の方々から「公認心理師ユニオン」への加入申し込みや問い合わせが最近増えています。そこであらためて同ユニオンをご案内します。心のケアを仕事とする心理職の役割は現代の各分野においてますます重要になっているにもかかわらず、心理職の雇用は不安定で賃金などの労働条件も劣悪なものです。こうした状況を踏まえ、2009年3月に「臨床心理士ユニオン」(当時の名称)を全国一般東京東部労働組合の「支部」として結成しました。全国一般東京東部労働組合は個人加盟を原則とする地域の労働組合で、様々な職種・企業を横断的に組織しています。それぞれの職種ごとや企業ごとに支部を結成し、本部と一体となって活動しています。現在、同ユニオンは主として児童養護施設や民間の教育機関等で働い...「公認心理師ユニオン」加入のご案内

  • 今井明さん写真特集 7.7大久保製壜支部ストライキ

    今井明さん写真特集7.7大久保製壜支部ストライキ

  • シリーズ「労働相談」報告(2020年7月19日)

    みなさんへ寄せられた労働相談から抜粋して報告します。コロナのせいでしょうかパワハラ相談が増えています。経営者諸君!コロナを理由としたパワハラなど絶対に許されませんから!こんな時こそ労働者を大切にすべきではないですか。************************************************************************シリーズ「労働相談」報告(2020年7月19日)NPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター全国一般東京東部労働組合・ジャパンユニオン1、「私たちは国から見捨てられた」配ぜん労働者の叫び私は30年間、配膳人紹介所から指定されたホテル・結婚式場、イベント、宴会などで配膳の仕事に従事してきました。雇用保険などの社会保険には入れて貰えず、辞める時も離職票すら発行...シリーズ「労働相談」報告(2020年7月19日)

  • 大久保製壜は金儲け優先をやめろ!7.7ストライキ行動

    労働者の命を守れ!重大労災から一年ストライキ行動に150名が結集昨年7月7日、(株)大久保製壜(大久保統社長)構内テント倉庫において、重大な労災事故が発生しました。戸谷組合員と職場の労働者2名が崩れた製品の倒壊の下敷きになり、レスキュー隊に救い出されました。3名の仲間は腰椎骨折・両足かかと複雑骨折等大怪我を負わされるなど、文字通り「殺されかけ」ました。この重大労災事故は、組合が多段積みの危険性について度重なる警鐘をならし、改善を求めていたにもかかわらずそれを放置していた会社に責任があることは明らかです。組合は事故直後より労災の責任追及、多段積みの根本的な解消、「金儲け優先」体質をあらため、労働者の命を守れ、と会社に求めています。しかしこのかん、会社は根本的な問題解決を図ろうとせず、被災者である戸谷組合員への損害...大久保製壜は金儲け優先をやめろ!7.7ストライキ行動

  • 葛飾区労協が「コロナ禍の労働相談・生活相談」駅頭宣伝

    葛飾区労協が「コロナ禍の労働相談・生活相談」駅頭宣伝全国一般東京東部労組が加盟する葛飾地区労働組合協議会(葛飾区労協)とみずま雪絵葛飾区議は7月2日、JR亀有駅南口で「コロナ禍の労働相談・生活相談」を呼びかける宣伝行動を行いました。「あきらめず、泣き寝入りせず、ともに闘おう!」と記された横断幕を掲げ、駅頭を行き交う人たちに以下のビラを配りました。==================================================私たちは葛飾で活動している様々な労働組合がつくる団体「葛飾地区労働組合協議会」(葛飾区労協)です。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて労働や生活に困っている方々への相談を呼びかけます。会社を休まされているのに賃金補償が行われていない、収益が下がったことを理由に解雇・雇...葛飾区労協が「コロナ禍の労働相談・生活相談」駅頭宣伝

  • 7/5 コロナ禍の休業・解雇・生活相談ホットライン 開催のお知らせ

    7/5コロナ禍の休業・解雇・生活相談ホットライン開催のお知らせ全国一般東京東部労組は、7月5日(日)に全国各地の労働組合(ユニオン)やNPOなどと共同で「コロナ禍の休業・解雇・生活相談ホットライン」を行います。5月末に緊急事態宣言が解除されて以降も、対人サービス業(観光・飲食・ジム等)などは経済活動が回復せず、雇用状況は厳しいままです。派遣やアルバイト等の非正規労働者は、解雇・休業の状態におかれています。また、コロナ流行が本格化する4月頃から補償なき休業が続いたり、解雇されて失業状態が続いていたりする人も少なくありません。この間は、貯蓄が尽きて生活に困っているという相談も増えています。さらに、3ヶ月更新で働く非正規労働者が、6月末で雇用を打ち切られることで、いっそう職を失う労働者が増えることが懸念されています。...7/5コロナ禍の休業・解雇・生活相談ホットライン開催のお知らせ

  • 「新型コロナウイルス関連」労働相談報告(6月28日)

    写真「派遣添乗員の人権を守れ!」東部労組HTS支部、TCSA(日本添乗サービス協会)へ申し入れ(2008年5月1日メーデー)「新型コロナウイルス関連」労働相談報告*****************************************************シリーズ「労働相談」報告(2020年6月28日)NPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター全国一般東京東部労働組合・ジャパンユニオン1、派遣添乗員から多くの相談が寄せられています全国の多くの派遣添乗員はこの間、コロナで全く仕事がなく収入もゼロです。「休業手当」や「みなし休業補償」をもらえるにはどうしたらいいのでしょうかという切実な相談が多数寄せられています。2、コロナの休業手当が支払われない全国飲食チェーン店でアルバイト。この間コロナで勤務時間...「新型コロナウイルス関連」労働相談報告(6月28日)

  • 【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】実態に即した「みなし休業補償」を!HTS支部が要求

    阪急トラベルサポートは所属添乗員に対し、「アサインされたツアーのない期間」(形式上の雇用契約のない期間)についての休業補償(「みなし休業補償」)を行う、と発表しました。5月28日に行われた団体交渉で、東部労組HTS支部は「みなし休業補償」を行うこと自体については評価したものの、「みなし休業補償」のための契約の内容につき、金額算定の根拠となっている「契約日数」に「打ち合わせ・精算業務」の日数が算入されていないことに加え、日数のカウントが2日刻みとなっており、実際に算出した6ヵ月の全添乗平均実日数に切り捨てが発生すること、ベースとなる時間単価が実際の添乗時の時給より低額となっていることなどについて修正を求め、添乗員の労働の実態にそった休業補償とするよう求めました。また、会社は6月16日、組合が求めた修正点についてい...【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】実態に即した「みなし休業補償」を!HTS支部が要求

  • 【東部労組主張】都知事選は人民に奉仕する宇都宮けんじさんをよってたかって応援しよう!

    全国一般東京東部労組は東京都知事選について以下の「主張」を発表しました。【東部労組主張】都知事選は人民に奉仕する宇都宮けんじさんをよってたかって応援しよう!東部労組執行委員会は、東京都知事選(7月5日投開票)に立候補する元日弁連会長の宇都宮けんじさんの推薦を決定しました。宇都宮さんは立候補にあたって、新型コロナウイルスから命を守る医療体制の充実と自粛・休業要請に対する補償の徹底を第一の課題として掲げ、「生存権がかかった選挙」と位置づけました。これまで宇都宮さんは、弁護士として過酷な借金取り立てに追われる人たちを守るため、ヤミ金ヤクザと敢然と闘ってきました。その闘いは貸金業法の成立につながり、多重債務者を苦しめてきた高金利を引き下げさせました。反貧困ネットワークの代表世話人を務め、2008年暮れの「年越し派遣村」...【東部労組主張】都知事選は人民に奉仕する宇都宮けんじさんをよってたかって応援しよう!

  • 【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】厚労省が「みなし休業は助成金の対象」との通達

    東部労組HTS支部の要求をうけ、阪急トラベルサポートは「ツアー(アサイン)のない期間」に対する休業補償(みなし休業補償)を実施する、と表明しました。HTS支部は会社に対する要求と同時に、みなし休業補償の実施を担保するため、雇用調整助成金について、みなし休業補償も対象とするよう、福島みずほ参議院議員に要請し、厚労省に働きかけを行っていただきました。これをうけ、厚労省から福島議員のもとに回答が届きました。厚労省はこの回答の中で、「添乗員等で、就労日が不確定の方については、派遣元事業主において、昨年同時期のシフトや直近月のシフト等に基づき労働日及び休業日を決め、休業手当を支払うこととしている場合は助成対象としております」として、登録型派遣添乗員のみなし休業について雇用調整助成金の対象とする、との趣旨を言明しました。ま...【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】厚労省が「みなし休業は助成金の対象」との通達

  • 【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】HTS支部 「みなし休業補償」の実現をかちとる!

    「ツアー(アサイン)のない期間」について休業補償をかちとる!5月28日、東部労組HTS支部と阪急トラベルサポートとの団体交渉が行われました。この団体交渉で会社は、このかん組合が求めている「アサインされたツアーのない期間」(形式上の雇用契約のない期間)についての休業補償(「みなし休業補償」)につき、制度として実施する旨を明言しました。5月に入り、「アサインされたツアー」がなくなる=休業補償の対象がなくなることから、組合は「みなし休業補償」の必要性についてマスコミへの働きかけ、業界団体である日本添乗サービス協会(TCSA)への要請、福島みずほ参議院議員の支援を受けての厚労省への働きかけなどを通じ、社会的に広く訴えてきました。また、雇用主である阪急トラベルサポートに対しても「みなし休業補償」の実施を強く求めていたとこ...【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】HTS支部「みなし休業補償」の実現をかちとる!

  • 5/31・6/1 コロナ休業補償・解雇・倒産 電話相談ホットライン開催

    5/31・6/1コロナ休業補償・解雇・倒産電話相談ホットライン開催全国一般東京東部労組は、5月31日(日)と6月1日(月)の両日、全国各地の労働組合(ユニオン)やNPO、弁護士らと共同で、新型コロナウイルスに関連した「休業補償・解雇・倒産電話相談ホットライン」を開催します。この間、休業が長期に及んでいるために生活困窮に陥る人、企業倒産による解雇や雇い止めに合う人が激増しています。とりわけ、非正規労働者の雇い止め、有期雇用の満了の通告が増えると予想される5月末(雇い止めは6月末でその1か月前の通告)について「5月危機」と呼ばれることがありますが、そうした事態に備えるため、以下のとおり、緊急で相談ホットラインを実施することにしました。5月31日(日)10時~20時、6月1日(月)15時~21時の日程で、相談無料・秘...5/31・6/1コロナ休業補償・解雇・倒産電話相談ホットライン開催

  • 【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】HTS支部が福島参議院議員に要請

    (福島議員に要請するHTS支部大島組合員)5月25日、東部労組HTS支部大島組合員と本部菅野委員長は派遣添乗員の問題について社民党党首・福島みずほ参議院議員に要請を行いました。このかん、組合は阪急トラベルサポートや業界団体である「日本添乗サービス協会」(TCSA)に対し、「アサインされたツアーのない期間」(形式上の雇用契約のない期間)についての休業補償(「みなし休業補償」)を求めています。「みなし休業補償」を行う上で、各企業の財政を担保するのが雇用調整助成金です。5月6日の朝日新聞の報道によれば、「みなし休業補償」について厚労省が「雇用調整助成金の対象となる」旨の考えを示している、と紹介されています。しかし正式な通達等は確認されてはいませんし、阪急トラベルサポートも「みなし休業補償を行う」との考えは組合には示し...【新型コロナ関連】【派遣添乗員の生活を守れ!】HTS支部が福島参議院議員に要請

  • 「新型コロナウイルス関連」労働相談報告(2020年5月24日)

    「新型コロナウイルス関連」労働相談報告*****************************************************シリーズ「労働相談」報告(2020年5月24日)NPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター全国一般東京東部労働組合・ジャパンユニオン1、コロナで社員全員が解雇されました会社から社員全員に解雇通告がきました。「コロナで業績不振」とありましたが、我が社は長い間利益を上げ続けています。経営は全く順調でした。先月末時点でもそうです。納得できません。2、雇い止め解雇契約社員4名だけが雇い止め通告を受けました。コロナが理由だと思いますが、なんとか継続して働くことはできないでしょうか。3、コロナで即日解雇されました中堅の会社で勤続10年の正社員。本日出社したら即日解雇されました。...「新型コロナウイルス関連」労働相談報告(2020年5月24日)

カテゴリー一覧
商用