searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ジェイスさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ジェイスのブログ
ブログURL
https://www.jacepark.com
ブログ紹介文
独自のサービスを開発しながら、二十数年間のITエンジニアの経験を生かして主に WordPress|CentOS|Ubuntu|Python|React に関する構築・開発の経験と、最新技術の検証・実験をポストしています。
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/06/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ジェイスさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ジェイスさん
ブログタイトル
ジェイスのブログ
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
ジェイスのブログ

ジェイスさんの新着記事

1件〜30件

  • ScrollView の Scroll 機能を ON・OFF して使おう!〜ReactNative〜

    React NativeのScrollViewを使用する時、スクロールしてもリバウンドされて最下段のコンテンツが見えない問題をクリアしてからスクロール機能を必要な時だけ ON にする例題です。

  • Reduxの代わりにReact Context APIでStateを管理してみる

    ReduxもしくはuseContext、useReducerなどのReact Context API?どちらを使用すれば良いのか?それに答えるにはそれぞれ作って確認するが良いでしょう。定番のTODOアプリで素早くContext Storeの動作を確認!、ReduxのCounterアプリの動作も確認!、できます。今チェックを!

  • React Native で UUID を使うためには?!

    React Native でuuidを使おうとすると、JavaScript標準のCrypto.getRandomValues()をサポートしていないためgetRandomValues() not supportedエラーが発生するようです。必要なpolyfillを適用してuuidを使う方法を確認しましょう。

  • material-bottom-tabsのTabを非表示する方法〜React navigation〜

    React Navigation v5 + React Native Paper + createMaterialBottomTabNavigator で作成した Tab を非表示にしたい。その時、TabBarVisible: false オプションを使っても何故か効かなかったのでRedux Storeを使って解決(回避)してみました。

  • Redux ToolkitでReduxを楽に使う〜React-Native〜

    React NativeでReduxを実装するための簡単なテンプレート的なものが欲しかったためまとめたものです。Reduxを実装する一般的な手順、Redux を実装する方法、関数コンポーネント ( フック )、クラスコンポーネント ( HOC ) への設定の違い、Redux Toolkit 上での非同期処理方法などをみていきます。

  • レンダリングを妨げるリソースの除外〜PageSpeed Insights〜

    PageSpeed Insights からレンダリングを妨げるリソースを除外してサイトの性能を改善しなさいといわれた!PageSpeed Insightsから紹介されたやり方に沿って対処!リソースの読み込みのタイミングをチェックし、的確に先読みか後読みかを選別。除外スクリプトを作成しHTMLのヘッダーに挿入することで改善します。

  • Paper と Navigation v5 で Twitter Clone アプリを作成する〜初心者向け〜

    初心者向け!Twitter CloneアプリをReact Nativeで作成、すべてのコードと共に開発過程を動画付きで詳しく説明!コピぺして今すぐ動くアプリを作りましょう。最新版の React Navigation v5とReact Native Paperを Expo開発環境でアプリを作成しています。マテリアルデザイン!

  • VSCode に乗り換えてはじめてやること!〜初心者向け〜

    プログラミング用のエディターって何を使えばいいの?悩みますね。Atom から Sublime Text 3 それからVSCode。この三つの中で最終的に VSCodeに辿り着いた。VSCode を使う為に Emmet、Snippet、ESLint、Prettierなどを設定してすぐ有効に使えるものにします。

  • Expo.io|イメージをシェアする方法〜チュートリアル〜

    React Nativeをはじめる為Expo.ioを利用することに!その為ExpoやReact Nativeの開発環境や基礎を学習中です。今回はExpo.ioチュートリアルであるイメージファイルをシェアするアプリを作成します。expo-image-pickerやexpo-sharingなどを利用します。

  • Argon React Native で React Native をはじめる〜開発環境作り〜

    Argon React Native + Expo.ioで開発環境を macOS に構築します。Android・iOS 用シミュレータ環境及び Expo アプリをインストールするデバイス環境の設定まで行います。これによって、より迅速なモバイルアプリの開発ができるようになります。

  • Expo.io で React Native 開発環境を構築する〜macOS〜

    React Native アプリを開発する為の環境を二つに分けて設定していきます。1) Android エミュレート・iOS シミュレータ環境、2) Expoアプリ・Expo Client のインストールによるデバイス環境

  • Nodebrew で Node.js の環境を管理する〜macOS〜

    macOSでのnode.js環境をnodebrewで管理する方法のメモ!

  • Twitter ソーシャルログイン機能を実装する〜Reactjs + Django〜

    CentOS7.6で、React+Django REST framework+Nginx+uWSGIの環境を作り、その上にソーシャル認証機能(Twitter)を実装する方法をご紹介します。メール認証方式のユーザ登録方法も確認できます。

  • 適切なサイズの画像を配信する方法〜PageSpeed Insights〜

    PageSpeed Insight でサイトを分析すると、「改善できる項目」に「適切なサイズの画像を配信して、モバイルデータ量を節約し読み込み時間を短縮してください。」と表示された場合の対処方法をご紹介します。本記事の最後にご紹介する他の項目も改善する前提で、パソコンで最大 97 点、モバイルで最大 68 点までアップできます。

  • 「オフスクリーン画像の遅延読み込み」項目を改善する方法〜PageSpeed Insights〜

    サイトバーにアフィリエイトサイトの広告を適用中ですが、PageSpeed Insightsの分析結果で「改善できる項目」に入っていましたので、修正した内容を記録しておきます。個人的にはプラグインを使用しないなら Lazysizes を適用し、プラグインを使用するなら Autoptimize を使えば楽かと思います。

  • 「WEB フォント読み込み中のテキストの表示」に対処する方法〜PageSpeed Insights〜

    WEBフォントがロード中に表示できない場合、システムフォントを一時的に表示できるよう、font-display:を@font-faceスタイルにスワップすることで、ほとんどの最新ブラウザーでこの問題を回避できますが、全てのブラウザでサポートさせるためWeb Font Loaderを採用します。

  • JavaScript や CSS の最適化のための Autoptimize プラグインの設定方法

    JavaScriptやCSSの最適化はもちろん、Googleフォントの制御、サードパーティのドメインに事前接続設定でサイトのパフォーマンスがさらに向上できます。PageSpeed Insightsのパソコンスコアが60台から最大97点までアップするその一つの方法を公開!GTmetrixでも最大A(93)までアップ!

  • 第三者コードの影響を抑える方法〜PageSpeed Insights〜

    AdSenseやGoogleアナリティクスなど、第三者との連携によってサイトのスピードは落ちて行くのですが、第三者コードの影響を抑える ことでサイトのパフォーマンスがさらに向上できます。PageSpeed Insightsのパソコンスコアが60台から最大97点までアップするその一つの方法を公開します。

  • Lazysizes で アフィリエイト広告画像ファイルの読み込みを遅延させる〜A8.net moshimoなど〜

    PageSpeed Insights でサイトを分析する際、「改善できる項目」に「オフスクリーン画像の遅延読み込み」が表示された場合の対処方法を紹介します。Cocoon テーマの「高速化」機能を使用しながら、プラグインを設置せずアフィリエイト広告コードの読み込みを遅延させるときに有効です。

  • エックスサーバに SSH 接続する方法〜Config ファイル & コマンドライン〜

    レンタルサーバのXserverへSSHで接続する必要があったので、接続方法をまとめておきます。Configファイルに覚えやすい接続名のテンプレートを作成しておくと、コマンドラインで長くコマンドを打つよりは便利です。

  • CentOS 7 インストール後の初期設定を行う〜セキュリティ強化〜

    OSのインストール後、初期設定をどのレベルまですれば良いか、に対する答えは様々でしょうが、本稿ではサーバへの不正アクセスを防止する事と、システム運用のための最小限の設定に焦点を当てて紹介します。主にsudo、SELinux、Fail2Ban、Chronyd、Yum、Firewalldの設定を行います。

  • CentOS 7 に最新の LNMP 環境を構築する

    CentOS7の自宅サーバ環境です。LAMP環境は既に使用中であり、新しくLNMP環境を追加します。Nginx設定にはSSL証明書 / HTTPS / 301リダイレクト / PHP-FPM設定を行います。

  • CentOS 7.7 をインストールする〜NetInstallを利用〜

    Dell ハードウェアに NetInstall を利用して最新版の CentOS7.7 をインストールします。MacBook を使用し、OSディスクイメージからインストールCDを作成して作業を行います。サーバとして使用するので Minimal Install オプションで行います。

  • CentOS 7 で Wi-Fi を設定する〜Network Management TUI 利用〜

    CentOS7.7を設置する時に有線ケーブルが足りなくて、保有中のBuffaloルーターを利用してCentOS7にWi-Fi設定を行ったので、記録として残しておきます。Network Management TUI を利用すればよりシンプルに設定することができます。

  • Enlighter プラグインが上手く動作しない時のチェックポイント

    プログラムコードなどをハイライトするためよく使用する Enlighter ですが、WordPress 環境が変わると場合によって プレーンテキスト( Plain Text )に表示される事があったのでその原因や対処方法をメモとして残しておきます。主な原因はテーマの設置と他プラグインとの干渉でした。対処方法をすぐ確認!

  • メール認証方式のユーザ登録機能を実装する〜Reactjs + Django 環境|macOS〜

    Reactjs + Django REST Framework (DRF) 環境で 、メール認証でのユーザ登録を行う機能を実装します。SignUpやログイン時にEmail/password パターンを使えるようにカスタマイズの上、フロントエンド環境をReact / Redux / Bootstrapを適用します。

  • Django 開発サーバ Runserver を SSL/HTTPS 化する | CentOS 7

    Django Framework の拡張機能のコレクションである Django Extensions を利用します。このパッケージには管理コマンド、追加のデータベースフィールド、管理拡張機能などが含まれますが、その中で、RunServerPlusを使用してDjango 開発サーバを HTTPS 化します。

  • Django REST framework API サーバと Nginx WEB サーバを連動する|CentOS 7

    APIとWEBサーバ間でCORS Policyに違反しない設定を行いながら、Django REST framework APIサーバはSSL/HTTPS、Cross-Origin Read Blocking (CORB)対策を適用し、WEBバーバ(Nginx)は301 Redirect、SSL/HTTPS、Basic認証を適用します。

  • Permission エラーの無い uWSGI と Nginx で Django API サーバを構築する方法 |CentOS 7

    Nginx+uSWGIでDjango APIサーバを構築します。uWSGIではUnix Socketを使用しemperorモードに設定し、Systemdに登録して完全な自動化を実現します。uWSGI環境構築の最大の難関とも言える、各種Pemissionエラーが発生する理由や対処方法を簡単明瞭にまとめました。

  • uWSGIの共有ライブラリ エラーに対処する〜libicui18n.so.58/libssl.so.1.1|CentOS 7

    Python 仮想環境で uWSGI を実行する時、uwsgi: error while loading shared libraries: xxxx : cannot open shared object file: No such file or directory エラーが発生した場合の対処方法を説明します。

カテゴリー一覧
商用