BlueMonday【ひでじの父子家庭回想録】
住所
出身
ハンドル名
ひでじさん
ブログタイトル
BlueMonday【ひでじの父子家庭回想録】
ブログURL
https://hskhinoto.com/
ブログ紹介文
書きたいことを書きたいときに書きたいように書くブログ。 主に父子家庭時代の回想録と日記。
自由文
-
更新頻度(1年)

42回 / 79日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2019/06/01

ひでじさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 18,136位 19,564位 16,882位 11,775位 10,752位 11,813位 10,467位 969,252サイト
INポイント 0 20 10 20 40 0 0 90/週
OUTポイント 0 10 10 0 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 190位 209位 181位 117位 100位 109位 86位 27,027サイト
シングルファザー日記 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 7サイト
赤裸々 1位 1位 1位 1位 1位 1位 圏外 72サイト
家族ブログ 388位 399位 359位 278位 258位 288位 264位 15,984サイト
シングルパパ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 65サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 64,676位 56,012位 43,457位 43,385位 39,405位 37,592位 36,175位 969,252サイト
INポイント 0 20 10 20 40 0 0 90/週
OUTポイント 0 10 10 0 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 1,009位 764位 516位 515位 420位 394位 368位 27,027サイト
シングルファザー日記 2位 2位 2位 2位 1位 1位 1位 7サイト
赤裸々 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 72サイト
家族ブログ 1,476位 1,351位 1,093位 1,087位 987位 956位 919位 15,984サイト
シングルパパ 7位 6位 6位 5位 5位 6位 5位 65サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,252サイト
INポイント 0 20 10 20 40 0 0 90/週
OUTポイント 0 10 10 0 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,027サイト
シングルファザー日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7サイト
赤裸々 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 72サイト
家族ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 15,984サイト
シングルパパ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65サイト

ひでじさんのブログ記事

  • ひでじ典 第八巻

    ひでじ典 第八弾です。ひでじ典の第八巻になります。第七巻では、【子はナイスガイ】【進めず涙】を収録しております。暇つぶしの一環になればと、ひでじ典八巻出ました。おやじギャグと紙一重って感じですね。【逃げるか、家事】読み:にげるか、かじ意味:

  • ひでじ典 第七巻

    ひでじ典 第七弾です。ひでじ典の第七巻になります。第6六巻では、【酒に交われば赤くなる】【猪木あってのモノマネ】を収録しております。早くも(早くはないけれど)ひでじ典とうとう七巻です。飽きずに、ようやるねーって感じです。...

  • もしかしたら僕は、彼女の特別な存在になてたのかも知れないと思い込んで、つい告白。

    そこは、慌ただしい日常から離れた、僕の心地好い場所だった。久しぶりに掲示板に顔を出すと、メンバーが僕を心配していてくれた。体調崩したんじゃないかとか、子供が病気でもしたんじゃないかとか。みんなに変な心配を掛けて申し訳なかったけれど、何だかと

  • 父子家庭の僕は、誰かを好きになることに強い罪悪感を覚えていた。

    名前も顔も年齢さえ知らない人を好きになってしまっていいのだろうか。回線の混雑と言うトラブルのおかげで、彼女(トピ主)と直接メールのやり取りが出来るようになると、掲示板上では出来ない二人だけの会話が成り立ち始めた。掲示板では、普通に会話をしな

  • ひでじ典 第六巻

    ひでじ典 第六弾です。ひでじ典の第六巻となります。第五巻では、【年寄りの温水】【全ての道はロマンに通ず】を収録しております。このひでじ典で諺が身近なものになれば幸いです。諺もこうやっていじってみると、意外に面白いでしょ。【酒...

  • 誰かに愛されるなんて必要ないと思っていたけど、本音は愛されたっかのかのかも。

    話し相手を探していた僕は、ネットの中にその仲間を見つけた。子供らが寝静まると、僕はパソコンを開くことが日課になっていた。その日にあった子供らの出来事を話したり、聞いたり。もちろん掲示板だから文字での会話だったけれどね。そうこうしているうちに

  • ひでじ典 第五巻

    ひでじ典 第五弾です。ひでじ典の第五巻となります。第四巻では、【二階から目の薬】【古着を重ね新し気に着る】を収録しております。このひでじ典で諺が身近なものになれば幸いです。誰ですか?ただのおやじギャクだっていう人は!【年寄り...

  • ひでじ典 第四巻

    ひでじ典 第四弾です。ひでじ典の第四巻となります。第三巻では、【明日は明日の風邪を引く】【急がば舞われ】を収録しております。このひでじ典で諺が身近なものになれば幸いです。ただのおやじギャグと思わないで下さい。【二階から目の薬】...

  • 子供らが寝静まった夜に、僕は寂しさを紛らわすため話し相手を探していた。

    父子家庭になって数年が過ぎ、僕は兼業主夫も板についてきた。子供らの学校のことや幼稚園のこともスムーズにこなせる環境が整い、PTAの役員も引き受けながら忙しい毎日を過ごしていた。当初は父子家庭のなっことで、PTAの役員を逃れられないかと、甘い

  • ひでじ典 第三巻

    ひでじ典第三弾です。ひでじ典の第三巻です。第二巻では、【愛はお出汁にせよ】【愛は相より出でて相より愛し】を収録しております。このひでじ典で諺が身近なものになれば幸いです。諺って意外に面白いんだよ。【明日は明日の風邪を引く】読...

  • これがA型男子の恋愛観。これを知ることで日本人男子の4割をターゲットにできる。

    A型おやじが語るA型男子の性格と本音。よく血液型を聞かれるときがあるが、僕が自分の血液型を打明けると、たいがい「えー?」という反応が返ってくる。ちなみに僕の血液型はA型ですが、大雑把な性格の僕は周りからみると、どうやらA型にはみられないらし

  • これがA型男子の恋愛観。これを知ることで日本人男子の4割をターゲットにできる。

    A型おやじが語るA型男子の性格と本音。よく血液型を聞かれるときがあるが、僕が自分の血液型を打明けると、たいがい「えー?」という反応が返ってくる。ちなみに僕の血液型はA型ですが、大雑把な性格の僕は周りからみると、どうやらA型にはみられないらし

  • ひでじ典 第二巻

    ひでじ典第二弾です。ひでじ典の第二巻となります。第一巻では、【飯は熱いうちに食え】【可愛い子には足袋を履かせよ】を収録しておりますが、今回の第二弾は「恋」についての諺を掲載してまいります。恋についての諺や格言は、以外にも多いんです。...

  • 僕は子供らにとって、今でもヒーローでいられているのだろうか?

    僕の息子が小さい頃から大切にしていた絵本。この前息子の部屋に入ったときに、彼の部屋の本棚の隅にある絵本に気が付いた。カバーも破れかけて、表紙の色もかすれた絵本だったけれど、大切に本棚に立ててあった。確かこの絵本は、彼がまだ3歳くらいのときに

  • ひでじ典 一巻

    僕は子供たちに会話の中で諺を教えていた。僕は子供らとの会話の中でよく諺を遣います。すると「何それ?どんな意味?」と子供らはその諺の意味についてすごく食いついてきて、自分で調べてみたり、自分が友達との会話の中で自慢げに遣ってみたりしていました

  • 女は子供を身籠った時に母親になるけれど、男は子供に育てられて父親になっていくんだ。

    その子は本当はあなたの子じゃない。もし自分が大切に育ててきた子が、本当は自分の子ではなかったとしたら、あなたはどうしますか?女性は自分のお腹を痛めた子供だから、その子が自分の子ではないということはありえないでしょう。もしそんなことが起こった

  • 伝えたい想いがあるから、身を焦がしながらも、それでも僕は鳴くんだ。

    「鳴かぬ蛍が身を焦がす」好きな人への想いをあなたはどういう風に伝えますか?「鳴かぬ蛍が身を焦がす」という言葉を聞いたことがあります。相手への熱い想いは軽々しく言葉で表すのではなく、静かに心に秘めておく方がよい。奥ゆかしい日本人としてはこうい

  • 愛は見返りを求めないけれど、君を愛している存在だけは知っていて欲しい。

    百万本のバラという曲を聴いて。休日出勤の土曜日。車のカーラジオから流れる音楽を聴きながらハンドルを握る僕。会社に着く間際に流れてきた曲は、加藤登紀子さんが歌う「百万本のバラ」だった。みなさんも何度も耳にしたことがあるだろう素敵な曲です。僕は

  • 父子家庭の父親に再婚話しが出たとき、子供のことと自分のこととどっちを優先する?

    意外に充実してきていた父子家庭の僕。周囲が僕の離婚に気付き始め、僕がその理由や原因に口を閉ざし、理由を聞かれても、「僕が悪いことしたからじゃないの」くらいの発言しかなかったことから、この離婚が僕の責にあるのではないかと事実と異なる噂が飛び交

  • 人生における三つの試練をスウェーデンの諺から学んでみよう。

    「愛すること、忘れること、そして許すことは人生の三つの試練」これはスウェーデンの諺。そうか。「愛すること」それも試練なのか。確かにそうなのかも知れないな。恋愛って、実は嬉しいことや楽しいことよりも、辛いことや寂しいことや悲しいことの方がはる

  • 夜空を眺める君が、無数の星の中からいつでも僕を見つ出せるように。

    一昨日の夕方頃から夕方くらいから少し熱発。今日は微熱のまま仕事を終わらせた。夜になってもまだぼーっとしている感じで、どうやら、まだ熱は下がっていないようだ。火照った身体を冷やそうと外へ散歩に出てみた。梅雨の合間の澄んだ夜空。空にはたくさんの

  • 絵本って子供のためだけのものじゃないから、大人になっても読みたいんだ。

    100万回生きたねこ。僕がこの絵本に出会ったのは、もう20年以上も前になると思う。まだ社会人になりたての若い青年だった時期だ。お酒が好きだった僕は、何軒かの行きつけの店があって、この絵本は、その行きつけのショットバーのカウンターの片隅のブッ

  • 幸せの意味をヘルマンヘッセの残した言葉から学んでみよう。

    「愛されることは幸せではない、愛することこそ幸せだ」これはドイツの作家へルマンヘッセの残した言葉。正しくはドイツ生まれのスイスの作家で、ドイツ文学を代表する人物です。ノーベル文学賞を受賞した作家なので、皆さんもよくご存知な作家ではないでしょ

  • 風任せの人生ではいけないことをマーフィーの残した言葉から学ぼう。

    「あなたの運命を決めるのは、あなたの心に張られた帆であって風ではない」これはアイルランド出身の宗教者であるジョセフ・マーフィーの残した言葉。彼は米国で活躍したアイルランド出身の宗教家で、牧師としての活動も行ってきた人物です。彼は宗教家という

  • 婚活するときには、アプリか街コンか結婚相談所か、果たしてどれを活用するといいのか。

    職場の女性社員からの婚活の相談を受けるたことありますか?職場の社食で別部署の女性社員と同席になった。彼女は今年30歳になる独身女性。僕は同じ部署の同僚だけでなく、別部署の方からも相談を受けることがよくあって、その日も食事をしながら、婚活の相

  • 誰かに覚えていてもらえることが、僕を名もない雑草から名前のついた草花に変えてくれる。

    「雑草という名前の草花はないのよ」道端にしゃがみ込み、そこに生える小さな草花に視線を向けながら彼女は言った。僕が学生の頃付き合っていた彼女は、植物学を専攻していてやたらと草花の名称に詳しかった。アスファルトの隙間から葉を広げる草や、空地の片

  • 離婚した父親が子育てに一所懸命になる姿は、変な誤解を生むから気を付けろ。

    僕が離婚したときの友人たちの反応。僕は離婚したことについて自分からはあまり大っぴらに話すようなことはなかったが、徐々にそれも自然に周囲に周知されていった。僕の離婚を知った職場の人や友人たちはかなりびっくりしていた。「何で?」「どうして?」僕

  • 離婚した父親が子育てに一所懸命になる姿は、変な誤解を生むから気を付けろ。

    僕が離婚したときの友人たちの対応。僕は離婚したことについて自分からはあまり大っぴらに話すようなことはなかったが、徐々にそれも自然に周囲に周知されていった。僕の離婚を知った職場の人や友人たちはかなりびっくりしていた。「何で?」「どうして?」僕

  • 可能なことの喜びと、その大きさをナポレオンの残した言葉から学んでみよう。

    「吾輩の辞書には不可能という文字はない」最近、夜更かしばかり。というか、もう何年もそんな夜が続いているから、もう夜更かしの域を超えているのかも知れない。眠りに就くのは深夜の二時三時。へたしたら四時くらいになることも少なくない。たぶん父子家庭

  • 子供たちは父親の仕事をしっかり理解してくれているのだろうか?

    子供たちに自分の仕事をなんて伝えているの?長男の幹が3歳の頃だったかな。通っている幼稚園で、父親や母親の仕事を子供たちが理解しているのかを聞いてみるという企画があったようだった。もちろん事前にこの企画内容は親には知らされることなく行われ、後