本当の戦いはここからだぜ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
かずひろさん
ブログタイトル
本当の戦いはここからだぜ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kazurex1215
ブログ紹介文
映画・特撮・アニメ・漫画など、好きなことについて語ってます。気ままに更新中。
自由文
-
更新頻度(1年)

6回 / 149日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/05/06

かずひろさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,595サイト
映画評論・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,659サイト
日本映画(邦画) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 397サイト
外国映画(洋画) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 685サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,595サイト
映画評論・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,659サイト
日本映画(邦画) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 397サイト
外国映画(洋画) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 685サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,595サイト
映画評論・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,659サイト
日本映画(邦画) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 397サイト
外国映画(洋画) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 685サイト

かずひろさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かずひろさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かずひろさん
ブログタイトル
本当の戦いはここからだぜ
更新頻度
6回 / 149日(平均0.3回/週)
読者になる
本当の戦いはここからだぜ
  • 俺とマックの1460日間を振り返ってみる。

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。   私は大学生をやっていた4年間、『マクドナルド』でアルバイトをしていた。大学生のするアルバイトといえば、居酒屋やレストランなどの飲食店やコンビニの夜勤など、優先的に時給が高いバイトを選ぶ傾向が強いんじゃないだろうか。大学生にとってバイトから得られる給料は貴重な資金源だし、これがなければ遊ぶことも趣味を充実させることままならない。そんな中で『マクドナルド』は飲食店でありながら、時給はその県の最低賃金に設定されているし、少なからず“マックのアルバイト=高校生がするアルバイト”というイメージが強いんじゃないかな、と。   それだったら、なぜ自分は『マクドナルド』をアルバイト先に選んだのか。 という部分も含めて、元マッククルーだった自分から見てマックのアルバイト...俺とマックの1460日間を振り返ってみる。

  • 【感想】誰の物語にもなれなかった『ドラゴンクエスト ユアストーリー』が悲しい

    こんにちは、かずひろです。『ドラゴンクエストユアストーリー』公開されてからこの映画の賛否が割れているさまを目にしていたので、全くのノーマークだったけど劇場へ足を運んできました。こうした賛否が分かれている映画ほど、劇場で公開されているタイミングで観ておきたかったんですよね。いわゆるライブ感を感じたいというやつです。まず自分の『ドラゴンクエスト』に関する知識としては・生まれてこの方ゲームを一度もやったことがない。・キャラデザを鳥山明先生が務めていた、ことは知っている。・ファイナルファンタジー的な冒険RPGなのだろうなー(という想像)という超ド級初心者という立場なので、今回の『ユアストーリー』で往年のファン向けにどのような小ネタが仕込まれているとか、ストーリーの取捨選択はどう行われたとか、そういった楽しみ方は出来るわ...【感想】誰の物語にもなれなかった『ドラゴンクエストユアストーリー』が悲しい

  • 【感想】『旅のおわり 世界のはじまり』、それは前田敦子という女優への偏愛で満ちた傑作だった。

    こんにちは、かずひろです。突然の自分語りから始まるんですけど、今から9年前、高校一年生だった私はAKB48にどハマりしていました。それはまさにAKBの黄金期で、あの前田敦子がセンターを務めていた時代であり、自分がガチ恋レベルで推していたのも前田敦子なのでした。あっちゃん=前田敦子という人間は私にとって、一言では語れないというか細胞レベルで一生涯かけて応援するという次元なんですよね。自分でも何を言っているのか分かりません。そしてこの話をすると、ひたすら長くなるのでやめておきましょう。6月14日(金)より公開された『旅のおわり世界のはじまり』、ほぼ一カ月遅れで観てまいりました。ここから先は本編に触れながら感想を綴っているので、未見の方はご注意ください。※※※※※※※とにかく「前田敦子の魅力を120%引き出してやる!...【感想】『旅のおわり世界のはじまり』、それは前田敦子という女優への偏愛で満ちた傑作だった。

  • 【感想】『Diner ダイナー』が全然面白くなかった理由を3000字にまとめてみた。

    『Dinerダイナー』観てきました。久しぶりでしたよ、映画を観て感情が死んでいくタイプのやつ。原作は漫画にもなるほど約束された傑作、しかも藤原竜也をはじめ窪田正孝や本郷奏多など実力派の豪華キャストを起用していてどう転んでも面白くなる要素しかないこの作品を、よくここまで面白くなくつまらなく仕上げられたなあ、と。ほんとになんでこうなったんだろう…。先に書いちゃいましたけど、ここから先は酷評しかしてません。作品を楽しまれた方は読まない方がいいかもしれませんので、ご注意ください。※『Dinerダイナー』のネタバレあり感想です。ご注意ください。※※※※※※※※蜷川実花監督の作品として観れば、その持ち味は出せていたのだろうと思う。明暗をくっきりさせ豊かな色彩を鮮やかに映す映像美と、カット毎のインパクトはまるで芸術画を切り出...【感想】『Dinerダイナー』が全然面白くなかった理由を3000字にまとめてみた。

  • 小説『海の底』、有川浩が描く『レギオン襲来』をぜひ読んでほしい。

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。有川浩さんといえば、日本を代表する小説家さんですよね。『図書館戦争』『阪急電車』『三匹のおっさん』などなど、誰もが一度は読んだことがあるんじゃないでしょうか。読まないにしても著書のほとんどが映画・ドラマ・アニメ・漫画など多岐に渡ってメディア展開されているので、どこかしらで触れているんじゃないかな、と。そんな有川先生の作品の一つに、未だにこうしたメディア展開されていない作品群がある。『自衛隊三部作』と銘打たれたシリーズ、『塩の街』『空の中』『海の底』の3作品である。シリーズといっても各作品はそれぞれ独立しているので、どれから手に取っても何の問題もない。内容は3作品とも主要人物に自衛隊員が関わっており、『塩の街』が陸上自衛隊、『空の中』が航空自衛隊、『海の底』が...小説『海の底』、有川浩が描く『レギオン襲来』をぜひ読んでほしい。

  • 【イベントレポ】『ジゴワットレポート~東京エンドゲーム~』へ参加してきました!

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。5月17日(金)に中野オルタナティブカフェで開かれた『ジゴワットレポート~東京エンドゲーム~』に参加してまいりました。金曜日ではありますが平日の夜からで都内の開催、絶対に参加できないと思っていたのですが、なんとGWに出勤していた振替休日が17日(金)から貰えていたので「これは応募するしかない!!」と。そして見事に抽選で当選し、とりあえず行き帰りの交通は手配したほぼ弾丸旅行という形で、臨んでまいりました。↑普段はこんな感じのオシャレで良い感じのお店↑当日はこの大盛況っぷり。自分はアキラさんの真後ろという特等席で拝聴しておりました。遠方からの参加者は確か自分を含めて2人だったような、そのうち大阪から来たのは自分だけだったように思います。会場についたのは18時40...【イベントレポ】『ジゴワットレポート~東京エンドゲーム~』へ参加してきました!

  • 【感想】『アベンジャーズ/エンドゲーム』を”MCUの集大成”とは言えない

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。本当に、終わってしまった。11年目に突入したMCUが「終わり」を迎える。ここでの「終わり」とは、単なる最終回という意味ではなく、MCUという誰も成しえなかった前人未到のユニバース構想が辿りついた“究極の到達点”を意味する。それがMCU22作目にして「アベンジャーズ」の完結編、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(以下:EG)である。この映画に関しては、面白い面白くない、という次元で語ることは出来なかった。MCUが積み上げてきた11年を総括するフィナーレなので、様々な思いが生まれて当然だし、観終わった自分自身もこの映画に対して、どういう思いを抱けばいいのか分からなかった。しかし、“インフィニティ・サーガ”と銘打たれたこの11年間を、本気で終わらせるんだという製作陣...【感想】『アベンジャーズ/エンドゲーム』を”MCUの集大成”とは言えない

  • 【感想】MCU史上初の女性ヒーロー単独作品『キャプテン・マーベル』の正直な感想

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。4月26日(金)に日米同時公開を控えているマーベル・シネマティック・ユニバース(以下:MCU)の集大成『アベンジャーズ/エンドゲーム(以下:EG)』の直前に、全くの新しいキャラクターを主役にした単独作品を公開するって、単純に考えてとんでもなく挑戦的なことやってるんだなあ、と。というわけで、3月15日(金)より公開されたMCUで21作目の映画『キャプテン・マーベル』を観てきました。「サノスを打倒するがための“ぽっと出”キャラにならないだろうか…」「アベンジャーズ誕生前の話ってことは、なにかEGに向けて仕掛けがある??」「顛末が分かっているキャラ(コールソンやロナンなど)はどう扱われる??」などなど、オタク的に気になる部分も非常に多かったり、この映画の抱えている...【感想】MCU史上初の女性ヒーロー単独作品『キャプテン・マーベル』の正直な感想

  • 2019年、新年のごあいさつ

    新年あけましておめでとうございます、かずひろ(@kazurex1215)です。今年もよろしくお願いします。すでに正月もあけて仕事を始めている方や、迫ってくる連休明けが億劫になっている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。ちなみに自分は昨日から仕事が始まりました…。長続きしない性格なのであまり抱負や目標とか立てないんですけど、今年はちょっと頑張ってみようかなと思いまして、こんな目標を立てました。【2019年の目標】・休日にランニングをする・筋トレを習慣化して腹筋を割る・資格を取る・見た目に気を使う以上を実現して、”ふつうよりちょい上”ぐらいの人間になれるように頑張ります。—かずひろ(@kazurex1215)2019年1月2日・休日にランニングをする実は中学から高校の6年間で陸上部だったので、走ることに抵抗は無い...2019年、新年のごあいさつ

  • 本当の2018年映画ランキングはここからだぜ 【10位~1位】

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。待たせたな!!!!さてさて、いよいよ2018年映画鑑賞のベスト10の発表です。2018年も残り3時間を切った!!!!とりあえずいってみましょう!!!※感想中にネタバレを含みます。ご注意ください。※10位『ボヘミアン・ラプソディ』伝説のバンド「Queen」のボーカルであるフレディ・マーキュリーの人生を描いた伝記作品。日本での爆発的ヒットはもう言わずもがなで、応援上映もかなり拡がっているらしい。私がクイーンの楽曲を知ったのは、キムタクが主演のドラマ「プライド」がきっかけ。主題歌の「IWasBornToLoveYou(ボーン・トゥ・ラヴ・ユー)」や、「WeWillRockYou(ウィ・ウィル・ロック・ユー)」など、名だたる名曲たちをこれで知りました。なので、曲こそ...本当の2018年映画ランキングはここからだぜ【10位~1位】

  • 本当の2018年映画ランキングはここからだぜ 【24位~11位】

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。2018年の映画ランキングも、続いては24位から11位の発表です。正直ここに位置している作品群はベスト10に入っていてもおかしくないクオリティの作品ばかりで、公開されている年さえ違えば絶対に入ってたのに…!!というものばかり。なんだかんだで文字数が5500字くらいになってしまったのですが、よろしければお付き合いください…。それではいってみましょう!!※感想中にネタバレを含みます。ご注意ください。※24位『デッドプール2』アクション・ドラマ・CG・友情・愛、全てが前作以上にグレードアップされていて、デップーに対する期待値をしっかり満たしてくれる、そして「ああ!!前より製作費多くもらえたんだね!!」ってなる続編でした。多少ギャグが長く感じるところはあったけど、そ...本当の2018年映画ランキングはここからだぜ【24位~11位】

  • 本当の2018年映画ランキングはここからだぜ 【33位~25位】

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。年末になると、恒例の映画鑑賞作品をランキング付けするわけですけども、昨年に続いて今年も観た作品を全て順位付けしようと思います!今年はなんと33作品映画館で観る事が出来ました。社会人にもなり始めて、仕事と趣味の両立の難しさを実感しつつも、映画館へこれだけ足を運べたのは良かったなあ、と。見逃した作品はありがたいことに特にないんだけど、例年に比べれば同じ作品を何度も観ることが多かったかなと思います。それでは33位~25位の発表です。いってみましょう!※感想中にネタバレを含みます。ご注意ください。※33位『検察側の罪人』木村拓哉×二宮和也、ジャニーズの誇る二大俳優を主演に迎え、二人の検察官がある事件をきっかけに、正義と倫理の間で葛藤する姿を描いた社会派ドラマな作品。...本当の2018年映画ランキングはここからだぜ【33位~25位】

  • 【感想】『ドラゴンボール超 ブロリー』、DB史上最高の超次元バトルを見届けろ!!

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。ついこの間までテレビシリーズが放送されていて、キャストも未だ現役という凄すぎるアニメ『ドラゴンボール』。私も小学生の頃からずっとファンで、漫画もZもGTも全部大好きです。そんな最新シリーズ『ドラゴンボール超』初の劇場作品である『ドラゴンボール超ブロリー』、観てきました。『ドラゴンボール超ブロリー』鑑賞。サイヤ人の物語を丁寧なドラマで描き、その生き様を圧倒的な映像と作画で描く超大傑作!!後半ノンストップで繰り広げられるサイヤ人同士の闘いに、もはや脳が追いつかない。こんなDB観たことない…。—かずひろ(@kazurex1215)2018年12月21日ドラゴンボール超ブロリー、とにかく作画がヤバい、ヤバすぎる。スタッフさんの魂が削られたかのような戦闘シーンの気合が...【感想】『ドラゴンボール超ブロリー』、DB史上最高の超次元バトルを見届けろ!!

  • 【感想】20作品の集大成『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』、ありがとう平成仮面ライダー。

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。12月22日㈯、公開日に観に行ってまいりました。映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』2000年より始まった平成仮面ライダーシリーズは『クウガ』を皮切りに、現在放映中の『ジオウ』で通算20作目を迎える。そんな平成ライダーシリーズの総決算ともいうべき今作は、事前情報が少なく、最低限の予告とざっくりとしたあらすじ、どういった内容になるのか全く想像がつかない、ほんとに「ど…どんな映画になるんだ…」という誰も予想が出来ないまま公開日を迎えた。一昨年から始まった『平成ジェネレーションズ』シリーズ、従来の映画らしからぬ(?)完成度の高い作品が2年連続公開されたこともあって、観る前からホントに緊張というか、期待と不安が体中をぐるぐるずっと駆け巡っている状...【感想】20作品の集大成『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』、ありがとう平成仮面ライダー。

  • どストレートに出会いが欲しいので、2回目の『街コン』に参加してきた。

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。気ままに更新するのがポリシーの当ブログですが、まさかの4ヵ月ぶりの更新になってしまいました。今年から始まった社会人生活が、徐々にその本領を発揮してきまして、平日は家に帰ってすぐに寝るし休日は終始ダラダラするという生活リズムに…。せっかくアウトプットの場があるのにちょっと放置し過ぎたなあ…と反省しております。これからまた少しずつ、せめて広告が表示されない程度に更新頻度を上げていきたいところです…。※※※※※※※当ブログでも記事にしましたが、今年の初旬ごろに人生初の街コンへ参加してまいりました。どストレートに出会いが欲しいので、生まれて初めて『街コン』に参加してきた。-本当の戦いはここからだぜ詳細はこちらに書いてあるので割愛しますが、結果はともかく全体的に楽しか...どストレートに出会いが欲しいので、2回目の『街コン』に参加してきた。

  • 【感想】実写『進撃の巨人』二部作は、いったい何に駆逐されてしまったのか。

    こんにちは、かずひろ(@kazurex1215)です。こう言ってしまうとアレだが、私はこの“進撃の巨人”というコンテンツがメジャーになる以前から原作を集めていたし、自信を持って「私は進撃オタクです!」と言えてしまうほどの大ファンである。2013年より始まったアニメシリーズは欠かさず見てBlu-rayも揃えたし、現在放映されているseason3も毎週の楽しみだ。もちろん2015年に公開された実写『進撃の巨人』『進撃の巨人エンドオブワールド』、この二作は劇場へ足を運んで観に行った。まあ、なんというか、なんとも言えない映画だったなあ、と。特に前編を鑑賞した直後は「なんでこうなった」「おいふざけんじゃねえ」という怒りやら悲しみやら複雑な胸中で、後編はそれを踏まえて「ほーん」「まーそうなるよねー」「あーーーうん」という無...【感想】実写『進撃の巨人』二部作は、いったい何に駆逐されてしまったのか。

カテゴリー一覧
商用