chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
お地蔵さん愛好家
フォロー
住所
板橋区
出身
未設定
ブログ村参加

2019/04/04

arrow_drop_down
  • 関のかんかん地蔵

    練馬区関町の青梅街道沿いには「関のかんかん地蔵」と呼ばれるお地蔵さんが立っています。かんかん地蔵というと、浅草寺や北千住の安養院にも同名のお地蔵さんがいました。関のかんかん地蔵はどのような由来があるのでしょうか? 【目次】 関のかんかん地蔵とは 胎蔵大日如来 勢至菩薩 関のかんかん地蔵にまつわるお話 関のかんかん地蔵へのアクセス 関のかんかん地蔵とは 練馬区教育委員会掲示に関のかんかん地蔵の説明書きがありました。以下引用します。 『新編武蔵風土記稿』に石地蔵像 像長六尺青梅道の北側に立り、關の地蔵と云、祈願をなすもの石にて打は、かねの音あるをもてかんかん地蔵とも云」とあります。「生きとし生ける…

  • 廻り地蔵とは?

    廻り地蔵は、一体の地蔵を家から家へと順次に送り、滞在中はその家だけで祭る民俗行事です。このような変わった風習はどのように生まれたのでしょうか?解説していきたいと思います。 【目次】 廻り地蔵とは 廻り地蔵の風習が残る地域は? 下飯田地区での廻り地蔵 今井の廻り地蔵 羽生市の廻り地蔵 かつて廻り地蔵の風習があった地域 大和市福田 和歌山県田辺市(秋津川) 廻り地蔵の発祥は? 廻り地蔵とは 廻り地蔵とは、お地蔵さんを背負って町内の家を順番に回していく風習です。16~17世紀にはじまり江戸時代に全国的に流行った風習で、子どもの成長や家内安全、長寿息災などを祈願するものとなっています。 廻り地蔵の風習…

  • あの有名なお寺にお地蔵さんはいるのか?(成田山新勝寺編)

    誰もが知る著名なお寺「成田山新勝寺」都心から少々離れていることもあって、実はこれまで未訪のお寺でした。あまりお地蔵さんのイメージはありませんが、果たして出会うことはできたのでしょうか? 【目次】 成田山薬師堂 成田山薬師堂の歴史 寺号標 手水舎 本堂 弘法大師坐像 成田山新勝寺 総門 仁王門 大本堂 釈迦堂 醫王殿(いおうでん) 一切経堂 光明堂 聖徳太子堂 開山堂 こわれ不動堂 鐘楼 三重塔 平和の大塔 奥之院 成田山新勝寺で出会ったお地蔵さん 開運地蔵尊 成田山公園 成田山新勝寺へのアクセス 成田山薬師堂 薬師堂は成田山新勝寺現存最古の御堂。成田市指定有形文化財に指定されています。現在は成…

  • 生身地蔵尊(岩船山 高勝寺)

    岩船山山頂に建てられた高勝寺は日本三大地蔵の名刹として知られており、地蔵尊を本尊とする天台宗の末寺です。地蔵信仰が盛んであった、いわば地蔵信者にとって聖地ともいえる場所。この度遂にその地を訪れることができました。 【目次】 高勝寺の基本情報 仁王門 三重の塔 鐘楼堂 本堂 血の池 奥の院 岩船山の由来 高勝寺で出会ったお地蔵さん 生身の地蔵尊 六地蔵尊 水子地蔵尊 霊場 西院の河原堂 地蔵信仰 御朱印 高勝寺へのアクセス 高勝寺の基本情報 高勝寺は天台宗のお寺で、山号は岩船山。宝亀2年(771年)弘誓坊明願により開山。本尊は地蔵尊(生身の地蔵尊)本尊は秘仏であり、年に1度秋彼岸の時公開されます…

  • 伊勢崎市でのお寺巡り

    伊勢崎市のお寺巡りの続き。この記事では延命寺と善応寺を紹介します。 【目次】 延命寺 寺号標 本堂 荒神堂 十一面観世音菩薩 延命寺で出会ったお地蔵さん 六地蔵尊 延命寺へのアクセス 善応寺 善応寺の基本情報 本堂 薬師堂 慈慧大師像 善応寺で出会ったお地蔵さん 六地蔵尊 善応寺へのアクセス 延命寺 寺号標 止観(しかん)道場という禅の道場があるお寺です。 本堂 荒神堂 木彫三宝大荒神が安置されています。 十一面観世音菩薩 延命寺で出会ったお地蔵さん 六地蔵尊 延命寺へのアクセス 群馬県伊勢崎市曲輪町18-10 善応寺 善応寺の基本情報 善応寺は天台宗のお寺で、江戸時代の初期「慶安年間(164…

  • 2022年管理人を驚かせたお地蔵さん5選

    年内最後の記事は、毎年恒例の「今年出会ったお地蔵さんの中で、管理人が驚いたお地蔵さん5選」です。行動範囲内でインパクトのあるお地蔵さんは、既に来訪済ということもあり、どちらかといえば遠方のお地蔵さんの比率が高めとなってしまいました。 2018~2021年の5選はこちらです。 jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com 【目次】 第五位 建長寺のお地蔵さん 第四位 耳切り地蔵尊 第三位 善光寺の六地蔵尊 第二位 赤地蔵…

  • 同聚院のお地蔵さん

    同聚院の基本情報 同聚院は曹洞宗のお寺で、山号は白華山。平治元年(1159年)三浦義明が赤石左衛門の菩提を弔うために創建したとされる。 寺号標 仁王門 同聚院山門(武家門) 瓦葺きの切妻造りで本柱4本と控柱4本の4脚門。市指定重要文化財になっています。 本堂 不動堂 同聚院で出会ったお地蔵さん 六地蔵尊 水子地蔵尊 同聚院へのアクセス 群馬県伊勢崎市曲輪町14-5 この記事が面白いと思ったら、クリックの協力をお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 宝徳寺のお地蔵さん

    ずっと行きたいと思っていた宝徳寺へ参拝することができました。かわいいお地蔵さんと変わったお地蔵さん好きの筆者ですが、宝徳寺はこれまで訪れた「かわいいお地蔵さん部門の最高峰のお寺」と言っても過言ではありません。それほどかわいいお地蔵さんが境内にこれでもかっ!といわんばかりに配置されています。 その他にも床もみじ、風鈴祭りなど見どころの多いフォトジェニックなお寺です。 【目次】 宝徳寺の基本情報 寺号標 山門 本堂 雙龍殿(そうりゅうでん) 釈迦如来 枯山水他 原爆の火 風鈴祭り 宝徳寺で出会ったお地蔵さん 六地蔵 なで地蔵 しあわせ地蔵 宝徳寺の御朱印 宝徳寺へのアクセス 宝徳寺の基本情報 宝徳…

  • 南光院地蔵

    南光院地蔵とは 南光院というお寺は現存しません。長命寺末寺としてかつてはこの地にあったということ。 地蔵堂の中にお地蔵さんが2体。そして近くの幼稚園の子供たちが作ったのでしょうか?かわいいお地蔵さん2体が囲んでいます。 右の舟型地蔵尊は貞享5年(1688)2月の造立。武刕谷原村 同行27人と刻まれています。 左の地蔵尊の造立年は不明です。なお地蔵堂は2008年に建て替えられたとのこと。 写真はありませんが、入口にある2本の木が、山門の屋根の形に植栽されているのが特徴的で、心落ち着く場所になっています。 南光院地蔵へのアクセス 練馬区富士見台4丁目5-14 この記事が面白いと思ったら、クリックの…

  • 長命寺のお地蔵さん

    練馬区高野台にある長命寺という大変見応えのあるお寺があります。こちらでも何体かのお地蔵さんと出会うことができました。 【目次】 長命寺の基本情報 寺号標 南大門 多聞天 持国天 広目天 増長天 仁王門 東門 鐘楼 観音堂 御影堂 姿見ノ井戸 三波石 木造塚 三鈷の松 長命寺で出会ったお地蔵さん 水子地蔵尊 地蔵堂 長命寺のその他の石仏など 釈迦如来 阿閦如来 阿弥陀如来 大日如来 薬師如来 不動明王 普賢菩薩 観世音菩薩 虚空像菩薩 弥勒菩薩 文殊菩薩 勢至菩薩 弘法大師像 長命寺へのアクセス 長命寺の基本情報 長命寺は真言宗豊山派のお寺で、山号は東高野山、院号は妙楽院。慶長18年(1613)…

  • 銅造地蔵座像など(観音庵)

    【目次】 観音庵の基本情報 山門 本堂 筆塚 願掛け観音 子育大師 観音庵で出会ったお地蔵さん 銅造地蔵座像 子育て地蔵尊 六地蔵 観音庵へのアクセス 観音庵の基本情報 観音庵は曹洞宗のお寺で、山号は昇龍山。寛政年間(1789-1801)昇山尼が東大久保縄手に創建。当地に移転されたのは、文政年間(1818-30)のことです。 山門 本堂 筆塚 この筆塚は天保3年(1832)に当山に掛錫していた佛山禅苗和尚が天下泰平、国家安穏を祈願し、自らの小指の爪をはがし、その血で大般若経150巻を書写した時の血筆が納まっている碑です。 願掛け観音 子育大師 観音庵で出会ったお地蔵さん 銅造地蔵座像 銅造で座…

  • 延命子育て地蔵尊(江東区南砂)

    路傍のお地蔵さんが多い江東区南砂エリアで、子育て地蔵尊に出会いました。 延命子育て地蔵尊 この地蔵尊は江戸時代(約200年前)に建立され当時の砂村は農村地帯で医療施設もなく、病気の時は神仏にすがるより方法がありませんでした。特に幼児の流行病(はやりやまい)で死亡するもの多く、この子育地蔵尊に、祈願し、その霊験あらたかと聞かされています。当時より戦前までは砂村念仏講が中心になり地蔵尊の主守をしていました。最近は、子供を交通事故から守り健康と受験合格を祈願する方が多くなりました。 こちらの説明書きは地蔵堂にあった「延命子育て地蔵尊由来」から引用しました。 延命子育て地蔵尊へのアクセス 東京都江東区…

  • 波除地蔵尊

    波除地蔵尊 画像左にある砂村波除地蔵由来碑は江東区登録有形文化財となっています。 大正6年に砂村と洲崎で起こった大津波は軒端にまで達する波が一帯を襲い大勢の命を一瞬で奪いました。そこで波除地蔵尊を建立したところ、以降津波は一切起こらなくなったとのことです。 波除地蔵尊堂 波除地蔵尊へのアクセス 東京都江東区南砂2-23 この記事が面白いと思ったら、クリックの協力をお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 千石地蔵尊

    深川親子地蔵尊同様、戦火で被害にあった方々を慰霊するお地蔵さんです。建立された由来にもある通り、二度とこのような悲劇を繰り返さないように平和を祈願するばかりです。 千石地蔵尊 昭和二十年(1945)三月十日未明、米軍機の大空襲により、我が郷土は焼野原と化し、堀割や路傍、学校などで、尊い瀬名が数多く奪われ殆ど肉親に逢うこともなく葬られました。劫火に追われて逃げ惑い、離れ離れになった家族の行方を捜して、焼跡に住み続けた。杉岡桂治郎氏らの有志が、夥しい死者の霊を悼み、同年5月頃、当地に地蔵尊を祀り、供養を続けて参りました。この度山崎ムメ氏外有志が、地区内の風致化に伴い、豊かな景観に添う御堂修築を発願…

  • 深川親子地蔵尊(東陽町)

    江東区東陽町エリアには、戦火によって被害を受けた方々を慰霊するお地蔵さんがいくつか建立されています。今回はその中から「深川親子地蔵尊」を紹介したいと思います。 地蔵堂 深川親子地蔵尊 この親子地蔵尊は第二次大戦も終りに近い昭和20年(1945)3月10日の下町地区の大空襲の砌、この地域に於いて殉難死された方々の霊の供養回向の為、昭和23年(1948)3月10日の3年忌法要を記念し、遺族及有志の発願によって建立したものです。 こちらの説明文は、近くに掲示されていた石碑から引用させて頂きました。現在に至るまで、親子地蔵保存会によって、保存管理されているようでした。 深川親子地蔵尊へのアクセス 東京…

  • 詫言(わびごと)地蔵尊(円応寺)

    閻魔様の寺として知られている鎌倉の円応寺。こちらのお寺では詫言(わびごと)地蔵尊と出会うことができました。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 本尊は閻魔大王。閻魔大王とお地蔵さんが切っても切れない関係であることは、以前このブログで記事にしています。 jizo-bosatsu.hatenablog.com 【目次】 円応寺の基本情報 山門 十王 閻魔大王 鐘楼 円応寺のお地蔵さん 詫言(わびごと)地蔵尊 円応寺へのアクセス 円応寺の基本情報 円応寺は臨済宗建長寺派のお寺で、山号は新居山。建長寺開山大覚禅師の弟子であり、建長寺第九世の知覚禅師が開山。本尊は閻魔大王。鎌倉二十四地蔵 第八番、…

  • 建長寺のお地蔵さん

    北鎌倉地蔵探索2つ目のお寺は建長寺。鎌倉五山第一位のお寺で、本尊は何と地蔵菩薩。否が応でもテンションが上がってしまいます。 その他どんなお地蔵さんと出会えたのでしょうか?お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 建長寺の基本情報 寺号標 三門 総門 唐門 得月楼 仏殿 法堂 釈迦苦行像 梵鐘 柏槇(びゃくしん) 建長寺のお地蔵さん 心平地蔵尊 済田地蔵尊 回春院で見つけたお地蔵さん 寺号標 山門 復興地蔵尊 まん丸地蔵尊 わらべ地蔵尊 建長寺で頂いた御朱印 建長寺へのアクセス 建長寺の基本情報 建長寺は禅宗のお寺で、臨済宗建長寺派の大本山。山号は巨福山(こふくさん) 蘭渓道隆禅師に…

  • 呑龍地蔵大菩薩など(円覚寺)

    北鎌倉でお寺巡りしてきました。 まずは鎌倉五山第二位の円覚寺。北鎌倉駅を降りてすぐという立地の良さもあって、いつも参拝客で賑わっています。 円覚寺ではどんなお地蔵さんと出会えるのでしょうか? 【目次】 円覚寺の基本情報 寺号標 総門 三門(山門) 仏殿 宝冠釈迦如来 舎利殿 洪鐘(おおがね) 弁天堂 佛日庵 桂昌庵(けいしょうあん) 黄梅院 正続院 円覚寺で出会ったお地蔵さん 石んこ地蔵 呑龍地蔵大菩薩 身代わり地蔵 延命地蔵菩薩坐像 円覚寺で出会ったその他のお地蔵さん 御朱印 円覚寺へのアクセス 円覚寺の基本情報 円覚寺は臨済宗円覚寺派の大本山で、山号は瑞鹿山。弘安5年(1282)北条時宗が…

  • 干支地蔵菩薩・北向地蔵(龍泉寺)

    下高井戸駅から徒歩3分にある龍泉寺では、干支地蔵菩薩や北向地蔵といったお地蔵さんと出会うことができました。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 龍泉寺の基本情報 山門 本堂 龍泉寺のお地蔵さん 干支地蔵菩薩 六地蔵 北向地蔵 龍泉寺へのアクセス 龍泉寺の基本情報 龍泉寺は曹洞宗のお寺で、山号は嶺玉山。慶長八年(1603)八月江戸麹町に開創されたと伝えられています。雄峰山全勝寺二世の普庵瑞迪和尚によって開山。寛永年中(1624-1643)江戸麹町から四ツ谷南寺町(現新宿区須賀町)に移転。当地に移転したのは明治四十二年になります。本尊は釈迦如来座像。 山門 本堂 龍泉寺のお地蔵さん…

  • 子授け地蔵(永福寺)

    杉並区永福の地名の由来となった永福寺では、通称「子授け地蔵」と呼ばれるお地蔵さんと出会うことができました。 【目次】 永福寺の基本情報 寺号標 山門 鐘楼 本堂 子授け地蔵 五輪庚申供養塔 永福寺へのアクセス 永福寺の基本情報 永福寺は曹洞宗のお寺で、山号は万歳山。大永2年(1522)当地に秀天慶実によって開山されました。本尊は十一面観音像。 寺号標 山門 1979(昭和54)年12月建造 鐘楼 本堂 1960(昭和35)年12月建造 子授け地蔵 その名前の由来は不明。台座はかつて道標も兼ねていたようで「左 江戸道」「右 大山道」と刻まれています。 五輪庚申供養塔 1646年造立。区内最古の庚…

  • 薬師神社のお地蔵さん(川越)

    川越の薬師神社といえば、時の鐘の奥に進んだところにある神社を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし今回紹介するのは、そちらではなく伊佐沼の近くにある薬師神社です。 【目次】 薬師神社 本殿 薬師神社で見つけたお地蔵さん 薬師神社へのアクセス 薬師神社 葭葺、向拝付、建坪10坪。薬師神社は古くから伊佐沼の西岸に祀られていた。社殿は元和九年(1623)川越城主酒井備後守忠利の奉納により建立された。元禄五年(1692)川越城主松平伊豆守信輝がこれを補修し、さらに昭和三十四年、坂本才一郎氏によって建立当初の造営に復元された。地方の大工である根岸八五郎の手になる素朴な工法がそのまま保存されたもので、…

  • 六道能化大地蔵尊(一乗院)

    川越市にある一乗院では六道能化大地蔵尊と出会うことができました。関東百八地蔵霊場2番のお地蔵さんです。これから時間をかけてゆっくり関東百八地蔵霊場もコンプリートしていこうかと考えています。 【目次】 一乗院の基本情報 寺号標 鐘楼門 本堂 一乗院で出会ったお地蔵さん 六道能化大地蔵尊(厄除延命地蔵尊) 六地蔵尊 一乗院へのアクセス 一乗院の基本情報 一乗院は天台宗のお寺で、山号は星光山、寺号は新善光寺。永仁4年(1296年)に尊海僧正により開山。本尊の阿弥陀三尊は、善光寺の御本尊を模して造られた日本四十八体の金仏のうちの一つと伝えられています。また一代の住職につき一度限りのご開帳しか行われない…

  • 苦抜地蔵(最明寺)

    川越にある最明寺は、色鮮やかな花手水がフォトジェニックなお寺でした。出会うことができた苦抜地蔵と共に画像やお寺の情報を紹介していきましょう。 【目次】 最明寺の基本情報 山門 本堂 子安観世音 最明寺の花手水 最明寺で出会ったお地蔵さん 苦抜地蔵尊 六地蔵尊 御朱印 最明寺へのアクセス 最明寺の基本情報 最明寺は天台宗のお寺で、山号は瑶光山、院号は真日院。鎌倉幕府執政北条相模守平時頼が弘長二年(1262)に創建。川越喜多院に天海僧正が入られ、末寺とし天明七年(1787)寺を復興。昭和五十三年に現在の本堂を再建。本尊は阿弥陀如来。 山門 本堂 子安観世音 最明寺の花手水 最明寺で出会ったお地蔵さ…

  • 芝公園十体地蔵尊

    増上寺や東京タワーが近い芝公園付近を探索していたら「芝公園十体地蔵尊」というお地蔵さんに出会いました。 芝公園十体地蔵尊 由来など詳細は不明。お地蔵さんといえば6体並んだ六地蔵が思い浮かびますが、十体のお地蔵さんは珍しいです。 芝公園十体地蔵尊へのアクセス この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 虎ノ門周辺のお地蔵さん Part.2

    虎ノ門周辺は意外に寺社仏閣が多いエリアだったりします。以前一度訪問したことがあるのですが、その際に紹介しきれなかったお寺などを中心に記事にしてみました。 jizo-bosatsu.hatenablog.com 【目次】 雲晴院 本堂 雲晴院の出会ったお地蔵さん 雲晴院へのアクセス 光円寺 本堂 和夫地蔵尊 光円寺へのアクセス 雲晴院 雲晴院は浄土宗のお寺で、増上寺十七世照譽上人了學大和尚が遊學院と号して寛永10年(1633)開山。後に雲晴院と改号しました。 本堂 雲晴院の出会ったお地蔵さん 半跏のお地蔵さんは珍しいです。 雲晴院へのアクセス 東京都港区芝公園3-1-8 光円寺 光円寺は真宗大谷…

  • 消災地蔵尊など

    愛宕神社付近で見つけたお地蔵さんなどです。 【目次】 消災地蔵尊 法輪大観音 その他見つけた石像など 消災地蔵尊 本来ならこちらに消災地蔵尊が鎮座しているはずなのですが、なぜかその日はいませんでした。修復?移転?その詳細は不明です。 法輪大観音 その他見つけた石像など このように緑多い癒しの空間に石像が点在していました。 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 目黒川地蔵尊(現耀寺)

    目黒川沿いにひっそり佇むお地蔵さんを見つけました。現耀寺というお寺の前に立っていました。 現耀寺の基本情報 現耀寺は日蓮宗のお寺で、山号は信行山。昭和10年(1935)に創建されました。 目黒川地蔵尊 目黒川地蔵尊へのアクセス 東京都目黒区上目黒1-18-2 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 元浅草で出会ったお地蔵さん Part.2

    前回の記事で紹介しきれなかったお地蔵さんを紹介していきます。このエリアには、まだまだたくさんのお寺がありそうです。 jizo-bosatsu.hatenablog.com 【目次】 光明寺 本堂 光明寺で出会ったお地蔵さん 光明寺へのアクセス 成就院 手水舎 大師堂 弘法大師像 本堂 成就院で出会ったお地蔵さん 成就院へのアクセス 光明寺 光明寺は浄土宗のお寺で、学蓮社善誉上人万応和尚によって開山。大正15年に、東上野にあった西光寺と合併して現在に至ります。 本堂 光明寺で出会ったお地蔵さん 光明寺へのアクセス 台東区元浅草4-7-10 東京メトロ銀座線 稲荷町駅より徒歩4分 成就院 成就院は…

  • 元浅草周辺で出会ったお地蔵さん

    元浅草は江戸時代初期の頃から寺院の多く集まった地域で、新寺町の通称で呼ばれることもあるお寺の多いエリアになります。今回の記事では元浅草を深掘り。たくさんのお地蔵さんと出会うことができました。 【目次】 華蔵院 山門 華蔵院で出会ったお地蔵さん 六地蔵尊 華蔵院へのアクセス 観蔵院 山門 聖観音 観蔵院で出会ったお地蔵さん 観蔵院へのアクセス 延命院 本堂 弘法大師像 延命院で出会ったお地蔵さん 延命院へのアクセス 正福院 本堂 白衣観世音像 弘法大師像 正福院で出会ったお地蔵さん 正福院へのアクセス 華蔵院 華蔵院は天台宗のお寺で、山号は宝光山、寺号は影現寺。創建年代は不明。慶長16年(161…

  • 泉龍寺のお地蔵さん

    前の記事で泉龍寺別院のお地蔵さんを紹介しました。本家「泉龍寺」でも珍しいお地蔵さんと出会うことができました。 【目次】 泉龍寺の基本情報 山門 手水舎 本堂 鐘楼 弁財天池 泉龍寺で出会ったお地蔵さん 延命子安地蔵尊 泉龍寺へのアクセス 泉龍寺の基本情報 泉龍寺は曹洞宗のお寺で、山号は雲松山。天平神護元年(765年)良弁(ろうべん)僧正が法相宗・華厳宗兼帯の寺を創建したのが泉龍寺のはじめとされています。本尊は釈迦如来。 山門 安政6年(1859年)に再建。平成18年(2006年)修理し銅板葺となりました。 手水舎 本堂 宝永3年(1706年)再建。昭和35年(1960年)大改修によって瓦葺とな…

  • 耳切り地蔵尊(泉龍寺別院)

    東京都狛江市にある泉龍寺別院には、耳切り地蔵尊というお地蔵さんと出会うことができました。本尊が地蔵菩薩像でもある、このお寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 泉龍寺別院の基本情報 本堂 泉龍寺別院で出会ったお地蔵さん 耳切り地蔵尊 本尊延命地蔵菩薩像 泉龍寺別院へのアクセス 泉龍寺別院の基本情報 南の参道、大門通りに面する旧龍法寺跡には平成6年(1994年)、地蔵菩薩を本尊とした泉龍寺別院が建立されました。檀信徒をはじめ広く市民の物心両面の支援を得て完成し、手入れの行き届いた斎場として定評があり、また市内や地域の文化活動の拠点としても活用されています。 引用:雲松山 泉龍寺(別院…

  • 西福寺のお地蔵さん

    【目次】 西福寺の基本情報 山門 仁王門 仁王像 風神雷神像 彩帆観音 西福寺で出会ったお地蔵さん 身代わり地蔵尊 六地蔵尊 水子地蔵尊 西福寺へのアクセス 西福寺の基本情報 西福寺は真言宗豊山派のお寺で、山号は三縁山、院号は無量壽院。豊島清光が娘の菩提を弔うために創建。江戸六阿弥陀巡礼の1番目、豊島八十八ヶ所霊場67番札所、荒川辺八十八ヶ所霊場20番、33番札所にもなっています。 山門 仁王門 仁王像 風神雷神像 彩帆観音 サイパンの戦いで戦死した犠牲者の遺骨を納め、慰霊するとともに平和を祈願し、昭和48年に建てられたものです。 西福寺で出会ったお地蔵さん 身代わり地蔵尊 六地蔵尊 水子地蔵…

  • お地蔵さん密集地帯(駒込~本駒込)Part.3

    駒込~本駒込エリアで巡り会ったお地蔵さんの記事第三弾です。これまでの記事は以下のリンク先から読んでみてください。 jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com 【目次】 栄松院 本堂 栄松院のお地蔵さん お美津地蔵 栄松院へのアクセス 清林寺 花陽稲荷大明神 手水舎 本堂 観世音菩薩像 清林寺で出会ったお地蔵さん 清林寺へのアクセス 嚴浄院 参道 本堂 嚴浄院で出会ったお地蔵さん 安全地蔵尊 水子地蔵尊 六地蔵尊 延命地蔵尊 子育て地蔵尊 嚴浄院へのアクセス 栄松院 栄松院は浄土宗のお寺で、山号は千年山、寺号は清安寺。天正17年…

  • お地蔵さん密集地帯(駒込~本駒込)Part.2

    駒込エリアには、まだまだ紹介しきれないほどお寺があります。以前このエリアには寺院が集中していると記事にしたことがあります。 jizo-bosatsu.hatenablog.com 今回は駒込エリアのお寺紹介の第二弾。約5年ぶりにこちらのエリアを深掘りしていきたいと思います。 【目次】 天栄寺 本堂 天栄寺のお地蔵さん 天栄寺へのアクセス 心光寺 山門 本堂 心光寺のお地蔵さん 心光寺へのアクセス 潮泉寺(ちょうせんじ) 本堂 心光寺のお地蔵さん 水子地蔵尊 縁引地蔵尊 潮泉寺へのアクセス 天栄寺 天栄寺は浄土宗のお寺で、山号は地久山、院号は仙壽院。元和3年(1617)天輪によって本郷菊坂に創建…

  • 土支田地蔵

    練馬区土支田の交差点近くで見つけたお地蔵さん。交差点やバス停にもその名前が冠されるなど、地元の住民に愛されているお地蔵さんであることが分かります。 土支田地蔵へのアクセス この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 成田山神護寺のお地蔵さん

    境内で洞窟巡りができるというユニークなお寺「成田山神護寺」を訪れました。こちらのお寺ではどのようなお地蔵さんと出会うことができたのでしょうか?基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 成田山神護寺の基本情報 参道 寺号標 本堂 寿栄大権現 弘法大師像 不動院 水掛け不動様 不動明王 洞窟巡り 白菊稲荷大明神様 水子地蔵尊 成田山神護寺へのアクセス 成田山神護寺の基本情報 成田山神護寺は真言宗智山派のお寺で、山号は成田山。瀧不動の不動院に入って不動様の信仰をしていた榎本英太郎が、地福寺の協力を得て不動堂を明治時代半ばに創建したとされています。 参道 寺号標 本堂 寿栄大権現 弘法大師像 不…

  • 獨地蔵尊(東京都日野市)

    獨地蔵尊は高幡不動尊を参拝した際に近くで見つけたお地蔵さんです。いったいどんな由来のあるお地蔵さんなのでしょうか? 獨地蔵尊とは 獨地蔵尊は、正徳二年(壬辰)1711年、四月八日東山天皇の時代の建立です。女人念佛供養同行十人とあるのは、女念佛講十人で浄銭と喜捨し信仰と憩いの場所として平村入り口に建立されたものです。これより十年前元禄十四年十二月には赤穂浪士が義士が君敵の吉良邸に討入した又徳川光圀(黄門)が残した地蔵菩薩尊には、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人道・天道の六種類ありますが、みな左手に宝珠を持ち右手に持物を持っていますが、獨地蔵菩薩尊は右手が破損しているために種類は不明です。 この獨地蔵菩…

  • 高幡不動尊のお地蔵さん

    関東三大不動の一つとして著名な高幡不動尊。こちらではどんなお地蔵さんと出会うことができたのでしょうか?お寺の紹介と共に記事にしてみました。 【目次】 高幡不動尊の基本情報 参道 寺号標 仁王門 仁王尊 手水舎 不動堂 奥殿 大日堂 聖天堂 大師堂 五重塔 土方歳三像 上杉憲顕の墳 宝輪閣 山内八十八ケ所巡拝 高幡不動尊で見つけたお地蔵さん にこにこ地蔵 高幡不動尊へのアクセス 高幡不動尊の基本情報 高幡不動尊として知られている金剛寺は、真言宗智山派の別格本山で、山号は高幡山、院号は明王院。 平安時代初期に慈覚大師円仁が、清和天皇の勅願によって当地を東関鎮護の霊場と定めて山中に不動堂を建立し、不…

  • 地蔵菩薩像(観音寺)

    埼玉県和光市にある観音寺で出会った地蔵菩薩像を紹介します。 観音寺の基本情報 観音寺は天台宗のお寺で、山号は松竹山。創建年代は不明ながら、江戸初期の創建であると推定されています。本尊は聖観世音菩薩像。地福寺末寺のうち一ヵ寺とのこと。 寺号標 本堂 地蔵菩薩像 観音寺へのアクセス 和光市白子2-28 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 聖徳太子身代子安地蔵尊

    板橋区西台でみつけた聖徳太子身代子安地蔵尊。聖徳太子と何か関係はあるのでしょうか?詳細は良く分かりませんでした。 聖徳太子身代子安地蔵尊 聖徳太子身代子安地蔵尊へのアクセス 東京都板橋区西台2-25-25 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 上馬子育地蔵尊

    鎌倉道と大山道が合わさる処、世田谷区上馬で子育地蔵尊と出会うことができました。 上馬子育地蔵尊 江戸時代には疫病が、大正11年には疫痢が流行し、多くの人や子供が病に苦しみました。村の人たちは心配のあまり、お地蔵さまに祈願してきました。幸いなことに何れの時も皆助けられました。それからはお地蔵さまを子育地蔵尊と名を改めて祀るようになったとのことです。 上馬子育地蔵尊へのアクセス 東京都世田谷区上馬2-7-1 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • いぼとり地蔵尊(世田谷区弦巻)

    世田谷区常在寺の山門正面にいぼとり地蔵尊というお地蔵さんを見つけました。これまでいぼ取りにご利益のあるお地蔵さんには少なからず出会ってきました。 jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com 今回出会うことができたお地蔵さんには、どんな由来があるのでしょうか? いぼとり地蔵尊 いぼとり地蔵尊の由来という掲示板には、次のように書かれていました。 このお地蔵さまは、寛延四年(1751年)に弦巻村の女性21人が浄財を出し合って作ったもので、いぼとり地蔵さん(現在の癌や腫瘍を治す)として近隣の人々から敬愛され親しまれてきました。いぼ(腫…

  • 大吉寺のお地蔵さん

    大吉寺の基本情報 大吉寺は浄土宗のお寺で、山号は護国山、院号は天照院。当初は真言宗の寺院として創建されましたが、祐天寺の祐天上人とその弟子祐海上人の尽力により浄土宗寺院として再興しました。本尊は阿弥陀如来坐像。 寺号標 大吉金堂 本堂 本堂は改装中でした。 大吉稲荷 大吉寺のお地蔵さん 大吉寺へのアクセス 東京都世田谷区世田谷4-7-9 東急世田谷線世田谷駅より徒歩2分 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 夢違之地蔵尊など(錦糸町エリア)

    錦糸町周辺で何体かのお地蔵さんと巡り会うことができました。いずれも路傍のお地蔵さんです。 【目次】 夢違之地蔵尊 夢違之地蔵尊へのアクセス 八百霊(やおたま)地蔵尊 八百霊(やおたま)地蔵尊へのアクセス 小名木川地蔵尊(開運延命子育て地蔵尊) 小名木川地蔵尊へのアクセス 扇橋地蔵尊 扇橋地蔵尊へのアクセス 夢違之地蔵尊 このお地蔵さんに込められた願いを夢違地蔵尊縁起から引用します。 夢違地蔵尊縁起 一九二三年(大正十二年)関東大震災に於ける下町の惨禍は遭難死者五万八千名に及びその遺骨を収納し、東京都慰霊堂が建立され、その加護と平安を願い毎年九月一日を記念日と定め 官民あげて法要が営まれているが…

  • 塩地蔵尊・三体子育て地蔵尊(大宮)

    大宮区吉敷町には、塩地蔵尊と三体子育て地蔵尊を発見しました。それぞれどんな由来があるのでしょうか?塩地蔵尊妻に先立たれた二人の娘を連れた浪人が大宮宿で病に倒れ、日一日と重くなっていきます。ある晩、夢枕に地蔵様が現われ二人の娘に塩だちをするように告げて消えました。娘は早速塩だちをし、近くの地蔵堂に祈ったところ父の病が全快しました。そこで、たくさんの塩をこの地蔵様に奉納し、幸せに暮らしたとのことです。これまで多くの塩地蔵と巡り会ってきました。しかし埼玉県の塩地蔵は初めてです。毎年8月24日には地蔵尊祭りを行います。塩地蔵にはお線香と塩を供えてお参りします。祭壇には、12幅の地獄極楽の絵が掛けられ、…

  • あの有名なお寺にお地蔵さんはいるのか?(善光寺編)

    「牛に引かれて善光寺」「遠くとも一度は参れ善光寺」 といわれるように江戸時代から一度は善光寺にお参りをしたいと願う人の多い長野県長野市にある善光寺。この度私も善光寺参りをすることが叶いました。 果たして善光寺にはお地蔵さんがいるのでしょうか?お寺の情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 善光寺の基本情報 山門 仁王門 本堂 鐘楼 善光寺のお地蔵さん ぬれ仏(延命地蔵) 六地蔵 延命地蔵尊 念ずれば花ひらく地蔵 ひとにぎり地蔵尊 本理院殿地蔵尊(ほむら地蔵) 木造地蔵菩薩立像 水子地蔵尊 むじな地蔵 やすらぎ地蔵尊 善光寺で出会ったその他のお地蔵さん 善光寺へのアクセス 善光寺の基本情報 善…

  • 赤地蔵(裁松院)

    長野市にある曹洞宗のお寺、栽松院(さいしょういん)では赤地蔵に出会うことができました。地蔵マニアを自称する私ですが、こんなに赤々としたお地蔵さんは初めてお目にかかりました。赤いお地蔵さんがいたり、座っているお地蔵さんが多かったりと、長野には特色あるお地蔵さんが多く、今後の研究対象となってきそうです。 寺号標 本堂 島の天神 尾上出世不動尊 子育て地蔵(赤地蔵) 調べてみても何故赤色なのかは不明でした。ツイッターなどを見ると、毎年8月23日には地蔵盆などが行われているみたいですね。 しまんりょの栽松院です。令和1年8月23日(金)も地蔵盆を開催します(^_^)!18:00~お経(地蔵尊前)18:…

  • 親子地蔵など(西光寺)

    長野駅から善光寺に向かう途中にある西光寺。二体の親子地蔵尊を本尊とするお寺で、「絵解きの寺」として知られています。絵解きとは、説教・唱導(仏の道に導くため、教えを説くこと)を目的とする、宗教者による絵画を用いた文芸・芸能のことです。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 西光寺の基本情報 慈光門 針塚 苅萱道心と石童丸の像 善光寺七福神巡り 第一番寿老人 大師堂(園通殿) 西光寺のお地蔵さん 親子地蔵尊 六角石憧地蔵尊 六地蔵 西光寺へのアクセス 西光寺の基本情報 西光寺は浄土宗のお寺で、山号は苅萱(かるかや)山。正治元年(1199)苅萱道心(寂照坊等阿)によって創建。本尊の親子…

  • 子育て地蔵尊(長野県佐久市)

    長野県佐久市岩村田の柳堂地区の地蔵堂に祀られている子育て地蔵尊を紹介します。 子育て地蔵尊について その名の通り、子供が丈夫に育つご利益があるお地蔵さんです。子供が水疱、風邪、麻疹、おたふく風邪などになった時、お参りすれば、治るともいわれています。昭和7年(1932年)に岩村田蔦石地区から、柳堂地区に遷されたとのこと。毎年秋には縁日を開かれ、近くの西念寺住職が読経し、多くの子供や崇敬者などの参拝で賑わいます。 地蔵巡りの楽しみの一つは地元のグルメを楽しむことです。佐久市では「佐久の草笛」というお店でくるみ蕎麦を頂きました。 tabelog.com 子育て地蔵尊へのアクセス Google マップ…

  • 六地蔵など(西念寺)

    長野県佐久市にある西念寺では六地蔵などのお地蔵さんと出会うことができました。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 西念寺の基本情報 山門 本堂 扁額 鐘楼 聖観音像 西念寺で見つけたお地蔵さん 六地蔵 水子地蔵尊 西念寺へのアクセス 西念寺の基本情報 西念寺は浄土宗のお寺で、永禄3年(1560年)岌往上人が本堂を建立し開山。山号は一行山、院号は無量壽院。本尊は阿弥陀如来座像。織田信長公・豊臣秀吉公・徳川家康公・2代秀忠公に仕えた小諸城初代藩主仙石秀久公の菩提寺となっています。 山門 本堂 扁額 鐘楼 聖観音像 西念寺で見つけたお地蔵さん 六地蔵 長野のお地蔵さんは座っているパタ…

  • ぴんころ地蔵尊(成田山薬師寺)

    生きているうちはピンピンと健康で長生きをし、逝くときは苦しまずにコロっと大往生したい。そんな願いが込められたぴんころ地蔵尊。 これまでの何体かのぴんころ地蔵尊に出会ってきました。 jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com しかしぴんころ地蔵尊といえば、何といっても長野県佐久市のぴんころ地蔵尊です。このお地蔵さんで町おこしをしているくらいですから。 ちなみに佐久市は、日本でも有数の長寿の里として知られ、1人当たりの老人医療費(平成21年現在)は、全国平均年間88万円を大きく下回る70.4万円で、65歳以上の寝たきり高齢者率はわ…

  • 杉山地蔵尊(中野杉山公園)

    新中野駅近く青梅街道と中野通りの交差点に面している中野杉山公園には、三体の地蔵が彫られた「杉山地蔵尊」があります。 埼玉県飯能市の久下地蔵尊などのように公園内にお地蔵さんがいらっしゃるケースは過去何度かあります。 杉山地蔵尊は、一体どんな由来のあるお地蔵さんなのでしょうか? 杉山地蔵尊とは 杉山地蔵尊は、大正14年(1924)に杉山公園の由来となった杉山裁吉氏が建立したものです。杉山一家は、娘の病気療養のために当時の中野町に移り住みましたが、娘は明治41年(1908年)に25歳の若さで他界。 大正14年(1925年)にはご夫人が亡くなり、これを機に邸宅や土地を中野町に寄付。公園の一角に親子三体…

  • かわぐち地蔵など(錫杖寺)

    埼玉県川口市にある錫杖寺は、ご本尊がお地蔵さんのお寺です。錫杖と言えばお地蔵さんの持ち物ですから、名前からもお地蔵さんと所縁の深いお寺であることが推測できます。 残念ながら本尊のお地蔵さんを見ることはできませんでしたが、何体かお地蔵さんに出会うことができました。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 錫杖寺の基本情報 山門 寺号標 本堂 鐘楼 弘法大師 福禄寿尊 川口天満宮 日光御成道 錫杖寺のお地蔵さん 地蔵堂 青山地蔵尊 かわぐち地蔵 八面塔六地蔵尊 錫杖寺へのアクセス 錫杖寺の基本情報 錫杖寺は真言宗智山派のお寺で、山号は宝珠山、院号は光照院。天平十二年(740年)に行基菩…

  • 威徳寺(赤坂不動尊)のお地蔵さん

    赤坂不動尊で有名な威徳寺では、何体かお地蔵さんと出会うことができました。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 威徳寺(赤坂不動尊)の基本情報・縁起 本堂 水掛不動尊 弘法大師御尊像 百度石 開山四百年記念碑 威徳寺(赤坂不動尊)のお地蔵さん 子育・子授地蔵尊 水子地蔵尊 威徳寺(赤坂不動尊)へのアクセス 威徳寺(赤坂不動尊)の基本情報・縁起 威徳寺は真言宗智山派のお寺で、山号は智劔山、院号は阿遮院。 天安2年(858)越後出雲崎の漁夫が海中から不動明王を発見し、お祀りしたことに始まります。これは、延暦24年(805)伝教大師が唐より帰国した際、暴風雨から逃れるために海に沈めて祈…

  • ピンころ地蔵(大聖寺)

    埼玉県越谷市にある大聖寺では、ピンころ地蔵に出会うことができました。お地蔵さんといえば手に錫杖を持っているのが一般的ですが、このお地蔵さんは何と手にマイクを持っています。いったいどうしてこんなお地蔵さんができたのでしょうか?お寺の基本情報とともに紹介していきたいと思います。 【目次】 大聖寺の基本情報 寺号標 山門 金剛力士像 本堂 鐘楼 大師堂 弁天池 布袋尊 賓頭盧尊堂 ピンころ地蔵 大聖寺へのアクセス 大聖寺の基本情報 大聖寺は真言宗豊山派のお寺で、山号は真大山。天平勝宝2年(750)に東大寺初代別当である良弁僧正が開基。本尊の不動明王像は大相模不動尊として著名で、成田山新勝寺、高幡山金…

  • 六道地蔵尊(朝霞市)

    埼玉県朝霞市では六道地蔵尊を見つけることができました。六体並んだ六地蔵は割とよく見かけますが、石柱の6面に6体のお地蔵さんが掘り出されているものは珍しいです。 六道地蔵尊とは この地蔵は、天明元年(1781年)に浜崎村の飯倉仲右衛門と溝沼村の源左ヱ門により建立されたものである。形状は六面石幢(せきどう)という六角石柱の六面に像を掘り出した希少なものです。この場所は浜崎村と溝沼村の境の六辻であったため、これを仏教でいう六道の入口に見立てて六地蔵菩薩をおいたものと考えられます。案内板より なお六道地蔵尊は朝霞市指定有形文化財となっています。 六道地蔵尊へのアクセス 埼玉県朝霞市三原3-7 この記事…

  • 漆台足洗地蔵堂(埼玉県和光市)

    埼玉県和光市で漆台足洗地蔵堂を見つけました。2021年12月現在、お堂は再建中?と思われ、足洗地蔵と呼ばれるお地蔵さんには残念ながら出会うことはできませんでした。収集できた情報を基に(再訪を誓いつつ)記事にしてみました。 漆台足洗地蔵堂とは 村人に尽した鍼灸師をお地蔵様にして祀っています。一刻も早く治療するために片足しか洗わないで駆けつけ、世のために尽くしたので「足洗わず地蔵」と呼ばれたそうです。 地蔵堂改築供養塔とあることから、やがて新しい地蔵堂が再建されるものと思われます。境内にある地蔵尊は市内最古(寛文6年<1666>)とのこと。 漆台足洗地蔵堂へのアクセス 埼玉県和光市新倉1-15-4…

  • お地蔵さんについての疑問にお答えします。

    2022年 元旦 新年あけましておめでとうございます。2016年から始まった当ブログも早いもので7年目を迎えます。 今回はお地蔵さんについての様々な疑問にお答えしようと思います。 【目次】 お地蔵さんに手を合わせてはいけないの? お地蔵さんはなぜよだれかけをしているの? お地蔵さんは英語で何というの? お地蔵さんは正式にはなんていうの? お地蔵さんに手を合わせてはいけないの? お地蔵さんに手を合わせてはいけないという人がいます。しかしこれは迷信で誤った考え方です。 では何故「手を合わせてはいけない」という人がいるのでしょうか?それは道端に立っているお地蔵さんは、不慮の事故などで亡くなった人を供…

  • 2021年管理人を驚かせたお地蔵さん5選

    早いものでもうこの時期が来てしまいました。今年最後の記事は、2021年で管理人が驚いたお地蔵さんを5つあげる年末恒例の企画。 今年は正直言いますと、これまでと比較してインパクトのあるお地蔵さんには出会えませんでした。 それでも何とか5選、ピックアップしてみました。2018~2020年の5選はこちらです。 jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com 【目次】 第五位 とうがらし地蔵 第四位 斬られ地蔵 第三位 ランドセル地蔵 第二位 西荻六地蔵 第一位 並び地蔵 第五位 と…

  • 塩地蔵(慶岸寺)

    【目次】 慶岸寺の基本情報 山門 寺号標 本堂 塩地蔵 慶岸寺で見つけたその他のお地蔵さんなど 六地蔵 子育て水子地蔵尊 慶岸寺へのアクセス 狛江市にある慶岸寺では、塩地蔵に出会うことができました。これまでも数多くの塩地蔵に巡り会ってきました。まだまだ探せば存在するのですね。お寺の基本情報と共に紹介していこうと思います。 慶岸寺の基本情報 慶岸寺は浄土宗のお寺で、山号は榮氷山、院号は道安院。慶長17年(1612年)に創建。本尊は阿弥陀如来像。 山門 寺号標 本堂 塩地蔵 慶岸寺の塩地蔵は、江戸の時代から子育て安産の守り仏として多くの人々から愛されてきました。塩地蔵は、いぼ取り地蔵とも呼ばれてい…

  • ランドセル地蔵(相即寺)

    八王子にある相即寺には、ランドセル地蔵というお地蔵さんがいらっしゃいます。一体どのような由来があるのでしょうか?お寺の基本情報と共に紹介したいと思います。 【目次】 相即寺の基本情報 山門 本堂 ランドセル地蔵 相即寺で見つけたその他のお地蔵さん 百五十体地蔵尊 延命閣地蔵堂 万目供養仏 六地蔵 延命地蔵尊 御朱印 相即寺へのアクセス 相即寺の基本情報 相即寺は浄土宗のお寺で、山号は東原山。天文15年(1546)忍誉貞安により開基。慶安元年(1648年)第3代将軍徳川家光から朱印状を受ける。明和8年(1771年)延命閣地蔵堂建立。天明9年(1789年)加藤甚左衛門により高さ1.9mの銅造地蔵菩…

  • とうがらし地蔵(禅東院)

    八王子の禅東院でとうがらし地蔵と出会うことができました。 都内で見つけたとうがらし地蔵はこれで3体目です。 jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com 全国に視野を広げれば、まだまだ存在しそうですね。今回もお寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 禅東院の基本情報 山門 本堂 とうがらし地蔵 禅東院へのアクセス 禅東院の基本情報 禅東院は禅宗系単立寺院で、山号は神龍山。応永元年(1400)真言宗 海厳上人により開創。江戸時代に曹洞宗に。昭和25年18代英道俊一代に単立寺院となる。 現在は曹洞宗臨済宗の伝統を踏まえ、…

  • 草餅地蔵(善應寺)

    足立区の善應寺(ぜんのうじ)では草餅地蔵という珍しい名前のお地蔵さんに出会うことができました。どうしてそんな名前が付けられたのでしょう?お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 善應寺の基本情報 山門 本堂 草餅地蔵 善應寺へのアクセス 善應寺の基本情報 善應寺は浄土宗のお寺で、山号は宝積山、院号は正憶院。天正11年(1583)創建。昭和4年(1929)浅草橋場の正憶院が移転合併。本尊は阿弥陀三尊、阿弥陀如来立像。 合併された正憶院は、かつて遊女たちを葬る投げ込み寺でした。投げ込み寺といえば、ひまわり地蔵のある浄閑寺を思い出してしまいます。 jizo-bosatsu.hatenab…

  • いぼとり地蔵(観蔵寺)

    葛飾区東金町にある観蔵寺には、いぼとり地蔵と呼ばれるお地蔵さんが安置されています。いぼとり地蔵と呼ばれるお地蔵さんの数は非常に多く、いぼとり神様・仏様の全国リストによれば、全国に1,300以上存在するとのことです。今回もお寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 観蔵寺の基本情報 山門 本堂 いぼとり地蔵 いぼとり地蔵へのアクセス 観蔵寺の基本情報 観蔵寺は真言宗豊山派のお寺で、山号は恵日山。創建年代は、おおよそ江戸時代初期と推測されている。本尊は聖観世音菩薩立像。西新井組中川通四箇領八十八箇所32番。 山門 本堂 いぼとり地蔵 この石造地蔵菩薩尊は今は去ること258年前(享保九甲辰…

  • 首切り地蔵(龍善寺)

    松戸にある龍善寺では、首切り地蔵というお地蔵さんと出会うことができました。境内にはなく、近くの国道6号線に面した祠に安置されているお地蔵さん。一体どんな由来があるのでしょう。 龍善寺の基本情報 龍善寺は浄土真宗系単立寺院。山号は本郷山、本尊は阿弥陀如来。創建年代は不明、昭和11年に新潟県から移転。 首切り地蔵 元治元年(1864)に水戸藩土佐藤久太郎が、同藩の攘夷派に斬首された付近に、当時の村人によって祀られたものです。長い間放置されていましたが、昭和9年の龍善寺建立の工事の際に発見されたとのこと。 お地蔵さんの首を付けてもすぐになくなるとのこと。少しミステリアスなお地蔵さんです。 南千住にも…

  • おたすけ地蔵(馬橋)

    JR常磐線馬橋駅のすぐそばに「おたすけ地蔵」と呼ばれるお地蔵さんを見つけました。調べてみましたが、由来など詳しいことは分かりませんでした。 おたすけ地蔵 背の高い方のお地蔵さんは、良く見ると首が取れて、後で木で修復されているように見えます。 おたすけ地蔵へのアクセス 千葉県松戸市馬橋91 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 耳だれ地蔵(流山)

    耳だれ地蔵とは 江戸時代初期建立の延命地蔵。耳だれ(中・外耳炎)治しの地蔵。堂内には参拝者がお礼として、お茶を入れて供えた竹筒や拝みの小絵馬がある。隣の井原家には伝説忠犬小金丸の犬塚がある。 お地蔵さんには、様々なご利益がありますが、耳だれ専門のお地蔵さんは初めて会いました。お供え物がされているということは、確かなご利益のあるお地蔵さんなのでしょう。 流山100か所めぐりの86番目となっているようです。 耳だれ地蔵へのアクセス 千葉県流山市思井514地先 流鉄流山線鰭ヶ崎駅徒歩13分 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • いぬねこ地蔵(大洞院)

    千葉県柏市にある大洞院では、いぬねこ地蔵というお地蔵さんと出会うことができました。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 大洞院の基本情報 戒壇石(左)十九夜塔(右) 寺号標(左)地蔵塔(右) 本堂 弁天堂 大銀杏 無邊洞 毘沙門天 大洞院のお地蔵さん いぬねこぢぞう 六地蔵 大洞院へのアクセス 大洞院の基本情報 大洞院は曹洞宗のお寺で、山号は花井山。創建年代は不明。発掘された遺跡や土器などから、古くからこの地が祭祀を司った場所であり、僧侶が住着いて寺院になっていったものと考えられています。当初は天台宗だった大洞院が曹洞宗となったのは、慶長元年(1596年)とされています。 戒壇…

  • ほうろく地蔵尊(西東京市)

    石幢六角地蔵尊を深大寺道に沿って歩いていくと、ほうろく地蔵尊というお地蔵さんを見つけました。以前大円寺というお寺で出会ったほうろく地蔵尊は、八百屋お七と関連の深いお地蔵さんでしたが、このお地蔵さんはどのような由来があるのでしょうか? jizo-bosatsu.hatenablog.com ほうろく地蔵尊 通称文化通り(江戸時代は「札野道」と呼ばれた吉祥寺方面への道)と深大寺道が交差するところにあります。頭光(頭部にある光背)がほうろくに似ていることから「ほうろく地蔵」という名が付けられました。 西東京市公民館だより 第216号より きちんと手入れがされ、地域住民に愛されているお地蔵さんという印…

  • きりかぶ地蔵尊(金剛寺)

    きりかぶ地蔵尊?なるお地蔵さんを西東京市で見つけました。金剛寺というお寺のお地蔵さんらしいのですが、実質路傍のお地蔵さんという印象を受けました。 金剛寺の基本情報 金剛寺は徳雲寺の分院で、山号は北斗山。創建は永享2年(1430)石川県七尾市西三階。ご開山は雲沢詔興大和尚。当山には、石動山合戦で焼き討ちの際持ち出された一面六臂如意輪観世音菩薩坐像を所蔵。 きりかぶ地蔵尊 詳細は調べてみましたが不明でした。コロナ対策で赤いよだれかけの代わりに赤いマスクを着用していました。 金剛寺へのアクセス 東京都西東京市南町1-4-6 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブロ…

  • 石幢六角地蔵尊(せきどうろっかくじぞうそん)

    西東京市西原町の六角地蔵通りで、石幢六角地蔵尊(せきどうろっかくじぞうそん)を見つけました。地蔵尊のある通りは所沢街道や鎌倉街道などが交差する五叉路となっており、所沢街道も先に進むと二股に分かれることから、実質6つの分かれ道になっています。石幢六角地蔵尊は各面に一体ずつ地蔵尊が浮彫りされ、脚部にそれぞれの道の方向を示す道標が刻まれています。西東京市指定第1号文化財にもなっています。 石幢六角地蔵尊とは この石幢六角地蔵尊は、江戸時代の安永八年(1779)に田無村地蔵信仰講中43人によって建立されたものです。長年、雨風にさらされていますが、衣のひだなどがはっきりと残っています。また、このようなレ…

  • 薬研堀不動院のお地蔵さん

    薬研堀不動院でお地蔵さんを見つけました。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 薬研堀不動院の基本情報 順天堂発祥之地 遍路大師御尊像 薬研堀不動院のお地蔵さん 薬研堀不動院へのアクセス 薬研堀不動院の基本情報 薬研堀不動院は真言宗智山派のお寺で、川崎大師平間寺の東京分院となっています。天正13年(1585)豊臣秀吉による根来攻めに際して、根来寺の大印僧都が不動尊像を背負って東国へ逃れ、当地に創建しました。本尊は不動明王。目黒、目白と並び江戸三大不動として知られています。また関東三十六不動21番札所、御府内八十八ヶ所霊場23番札所にもなっています。 順天堂発祥之地 江戸薬研堀(現…

  • 塩地蔵(回向院)

    まだまだありました都内の塩地蔵。両国の回向院で見つけた塩地蔵を紹介。色々と見どころのあるお寺でした。 【目次】 回向院の基本情報 山門 参道 力塚 木造塚 聖観世音菩薩立像 鼠小僧の墓 水子塚 猫塚 清長碑 塩地蔵 回向院へのアクセス 回向院の基本情報 回向院は浄土宗のお寺で、山号は諸宗山、寺号は無縁寺。振袖火事と呼ばれる明暦の大火(1657年)の焼死者を供養するために、徳川家綱の命によって念仏堂が建てられたのが起源となっています。以来、水死者や焼死者・刑死者など横死者の無縁仏も埋葬する日本一の無縁寺として尊崇を集め続けてきました。本尊は阿弥陀如来。江戸三十三箇所観音参りの第4番札所にもなって…

  • 塩舐め地蔵(宝塔寺)

    江東区にある宝塔寺では、塩舐め地蔵に出会うことができました。塩に関するお地蔵さんの数は実に多く、都内の塩地蔵は網羅したと思っていたら、まだいらっしゃいました。 jizo-bosatsu.hatenablog.com この塩舐め地蔵はどのようなお地蔵さんなのでしょうか?お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 宝塔寺の基本情報 山門 本堂 塩舐め地蔵 宝塔寺の他のお地蔵さんなど 六地蔵尊 地蔵菩薩坐像 大先達加藤忠治之碑 宝塔寺へのアクセス 宝塔寺の基本情報 宝塔寺は真言宗智山派のお寺で、山号は稲荷山、院号は小名院。慶長15年(1610)法印賢意が創建したとされています。本尊は大日如…

  • 身代わり地蔵尊(吹上観音)

    吹上観音で有名な東明寺では、身代わり地蔵尊と出会うことができました。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 東明寺の基本情報 東明寺の歴史 総門 鐘楼 本堂(観音堂) 仁王門 仁王像 身代わり地蔵尊 東明寺へのアクセス 東明寺の基本情報 東明寺は臨済宗建長寺派のお寺で、山号は福田山。普明春屋国師が観音堂(吹上観音堂)の別当寺として開山。本尊は釈迦如来像。 東明寺の歴史 天平の時代に行基菩薩が巡行中に観音像を彫刻し、赤池の地に一宇(吹上観音)を建立。1646年 境内に完成した観音堂に吹上観音を移設。1776年 観音堂が焼失。1781年 観音堂が再建。 総門 平成14年建立 鐘楼 本…

  • 復興地蔵尊

    湯島天神に続く石段(天神男坂)のふもとには、復興地蔵尊というお地蔵さんを見つけました。 復興地蔵尊とは 復興地蔵尊 由来 佐久間達夫氏遺稿より 一九ニ三年(大正十二年)九月一日の関東大震災は東都に未曾有の惨禍をもたらした。当時の町会長を中心として有志は罹災者の安寧と早期復興を願い三百年来火伏寺として伝統を持つ心城院の協力を得て災害復興地蔵尊(向って右側)を当地に建立し震災で亡くなった方々の冥福と地元の平和発展を祈ったその後一九四五年(昭和二十年)三月十日の東京大空襲には隣接町会がほとんど焼土と化した中で当町会は一軒の損失もなくその難を免れた これは「お地蔵さん」の御加護によるものと往時の人々の…

  • ほほえみ地蔵(心城院)

    湯島聖天として知られる心城院では、ほほえみ地蔵というお地蔵さんと出会うことができました。お寺の基本情報とともに紹介していきましょう。 【目次】 心城院の基本情報 心城院の歴史 本堂 柳の井 放生池 かめの子はし ほほえみ地蔵 八体地蔵 心城院へのアクセス 心城院の基本情報 心城院は天台宗のお寺です。本尊は大聖歓喜天。江戸三十三観音霊場7番札所にもなっています。 心城院の歴史 元禄7(1694)年、喜見院第三世・宥海大僧都によって開基。道真公とご縁の深い歓喜天(聖天さま)を弁財天堂に奉安しました。 享保のころ、寺門維持のため幕府から「富くじ」が発行され、谷中感応寺(現・天王寺)、目黒瀧泉寺(目黒…

  • 地蔵院(台東区)

    地蔵院の基本情報 地蔵院は、真言宗智山派のお寺です。山号は恵日山、寺号は延命寺。安土桃山時代〜江戸時代初期にかけて創建されました。荒川辺八十八ヶ所霊場84番、御府内二十一ヶ所霊場14番札所にもなっています。 寺号標 本堂 地蔵院のお地蔵さん 六地蔵 地蔵院へのアクセス 台東区元浅草1-15-8 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村

  • 等々力不動尊のお地蔵さん

    東京23区唯一の渓谷「等々力渓谷」閑静な癒しの場所に等々力不動尊は存在します。お寺の基本情報と共に出会えたお地蔵さんを紹介していきましょう。 【目次】 等々力不動尊の基本情報 山門 本堂 稚児大師堂 香炉 神変大菩薩 不動明王 稲荷大明神 等々力不動尊で見つけたお地蔵さん 等々力不動尊へのアクセス 等々力不動尊の基本情報 等々力不動尊は、真言宗智山派のお寺で、山号は滝轟山。院号は明王院。等々力満願寺の別院となっています。本尊は不動明王。平安時代後期、覚鑁(かくばん=興教大師)によって創建されました。玉川八十八ヶ所霊場33番、関東三十六不動霊場17番にもなっています。 山門 現在の山門は、昔の満…

  • 塩地蔵など(西新井大師)

    関東厄除け三大師の一つとして知られる西新井大師。都内有数の厄除け大師として、東京のみならず関東近郊から多くの人が祈願に訪れるパワースポットです。西新井大師では、塩地蔵など何体かのお地蔵さんと出会うことができました。お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 西新井大師の基本情報 表参道 寺号標 山門 金剛力士像 手水舎 加持水 鐘楼 出世稲荷 不動堂 権現堂 弁天堂 如意輪堂(女人堂) 三匝堂(さんきんどう) 本堂 大日如来像 稚児大師像 弘法大師立像 四国八十八箇所お砂踏み霊場 西新井大師のお地蔵さん 福寿地蔵尊 水子地蔵 水洗い地蔵 塩地蔵 西新井大師へのアクセス 西新井大師の基…

  • 西荻六地蔵

    六地蔵といえば、お寺などで6体並んだお地蔵さんのことを思い出されます。しかし江戸六地蔵のように離れた場所に点在する六地蔵も存在するのです。西荻六地蔵もまた西荻窪の各地点に設置された6体のお地蔵さんです。街歩きをしながらそれぞれのお地蔵さんに会ってきました。 【目次】 西荻六地蔵 子育て地蔵 延命地蔵 釘抜き地蔵 夢見地蔵 縁結び地蔵 幸せ地蔵 西荻六地蔵 西荻ぶらりのブログ様の情報によれば、女子大通りの荻窪中学校前の坂に8代将軍吉宗の時代に建てられた有名なお地蔵さんがあったそうです。そのお地蔵さんはマンション建設の際に今川の観泉寺前に移転。しかしこのお地蔵さまのご利益を再び授かる意味で6体のお…

  • 水掛け地蔵(放生寺)

    早稲田駅の近くにある放生寺(ほうしょうじ)には水掛け地蔵というお地蔵さんがいらっしゃいます。いったいどのようなお地蔵さんなのでしょうか?お寺の基本情報と共に紹介していきたいと思います。 【目次】 放生寺の基本情報 寺号標 手水舎 本堂 放生碑・放生池 神変大菩薩 修行大師 水掛け地蔵 穴八幡宮 参道 社殿 光松殿 手水舎 布袋尊 放生寺へのアクセス 放生寺の基本情報 放生寺は真言宗のお寺で、山号は光松山、院号は威盛院。寛永十八年(1641年)権大僧都法印威盛院良昌上人によって高田八幡(穴八幡)の別当寺として開創されました。本尊は聖観世音菩薩(古来より融通・虫封観世音と呼ばれています)徳川家代々…

  • 踏切地蔵(西池袋)

    今回は短い記事を。西武池袋線の踏切脇に建つ「踏切地蔵」 どのような由来で建てられたのかは不明。踏切の近くにあることから、事故にあってしまった人への供養や安全祈願の願いが込められているものと推察されます。 地蔵祠に入れられ、お供え物などがあることから、近隣住民などにより大切に管理されていることが窺い知れます。 「踏切地蔵」といえば、下北沢で見つけた同名の地蔵を思い出します。しかしこちらは再訪した際に、再開発で元の位置には存在しませんでした。 jizo-bosatsu.hatenablog.com 踏切地蔵へのアクセス 豊島区西池袋2-9-19 この記事が面白いと思ったらクリックお願いします。 ↓…

  • ぼたもち地蔵(長延寺)

    杉並区の長延寺で、ぼたもち地蔵というユニークな名前のお地蔵さんを見つけました。お寺の基本情報と共に、ぼたもち地蔵の名前の由来を紹介していきましょう。 【目次】 長延寺の基本情報 山門 本堂 大倉稲荷大明神 和光不動尊 ぼたもち地蔵 長延寺へのアクセス 長延寺の基本情報 長延寺は曹洞宗のお寺で、山号は曹洞宗。文禄3年(1594)市谷(現新宿区市谷長延寺町)に十世喚英長応によって開山。当地に移転してきたのは、明治42年(1909)のことになります。今川義元の曾孫直房が寛文元年(1661)当寺に葬られて以来、今川家の菩提寺にもなっています。本尊は釈迦如来坐像。 山門 本堂 大倉稲荷大明神 和光不動尊…

  • 油面子育地蔵尊(高地蔵)

    油面子育地蔵尊(高地蔵)とは この地蔵尊は、「高地蔵」と呼ばれ油面の人々に親しまれています。もと、目黒通り(昔の二子道)の油面交番近くの小高い角地に立っていましたが、昭和9年に道路拡張のため現在地に移転されました。土手の上に総高2米以上もある高い地蔵が祀られていたので「高地蔵」の名が生まれました。享保の頃、江戸は連年の飢饉や大火で生活困窮のため多くの死者を出しましたが、その人たちの冥福を祈り救済を願って享保18年7月(1733)に祐天寺に於いて供養が営まれ、六十六部供養塔と共に祀られました。また、この地蔵の左側に「南無阿弥陀仏、祐天寺、祐東、文政元年」と刻まれた名号碑が建っています。今も育児の…

  • 見送り地蔵(宝仙寺)

    中野区屈指の広大な寺院である「宝仙寺」著名人の葬儀・告別式も多く執り行われることでも知られています。こちらの寺院では、見送り地蔵や六地蔵などを見ることができました。 【目次】 宝仙寺の基本情報 山門 大師堂 本堂 三重塔 鐘楼 御影堂 中野町役場跡碑 臼塚 宝仙寺の文化財 福井學圃顕彰碑 石川正清顕彰碑 宝仙寺で見つけたお地蔵さん 引導地蔵尊坐像(見送り地蔵) 六地蔵 その他のお地蔵さん 宝仙寺へのアクセス 宝仙寺の基本情報 宝仙寺は真言宗豊山派のお寺で、山号は明王山、院号は聖無動院。平安後期の寛治年間(1087~94)源義家によって阿佐ヶ谷に創建。現在の地に移されたのは、室町時代です。 本尊…

  • 大林寺のお地蔵さん、子育て地蔵(専西寺)

    文京区向丘はお寺の多いエリア(寺町)となっています。浄心寺、正行寺など何週かに渡ってこのエリアのお地蔵さんを紹介してきました。この記事でも大林寺、専西寺のお地蔵さんをお寺の基本情報と共にお届けしていきます。 【目次】 大林寺の基本情報 山門 大林寺のお地蔵さん 大林寺へのアクセス 専西寺の基本情報 専西寺のお地蔵さん 専西寺へのアクセス 大林寺の基本情報 大林寺は曹洞宗のお寺で、山号は福壽山。元秀和尚(延宝2年1674年8月11日遷化)が開基となり元和年間(1615-1624)下谷に創建。喜山春悦和尚(寛文12年1672年正月23日遷化)を二代住職に迎えて開山。正徳2年(1712)に現在の地に…

  • 浄心寺のお地蔵さん

    文京区の本郷通りを歩いていたら、すごく大きな布袋尊像を見つけました。布袋尊のあるお寺は浄心寺。境内にはお地蔵さんと出会うこともできました。 【目次】 浄心寺の基本情報 寺号標 本堂 大布袋尊 浄心寺のお地蔵さん 春日局のお地蔵さん その他浄心寺で見つけたお地蔵さん 浄心寺へのアクセス 浄心寺の基本情報 浄心寺は浄土宗のお寺で、山号は湯嶋山、院号は常光院。元和2年(1612年)還蓮社到誉文喬和尚を開山上人とし、湯島妻恋坂付近に創建。江戸の大火によって焼失したことを機に現在の地に移転されました。本尊は阿弥陀三尊像。江戸三十三観音霊場10番にもなっています。 寺号標 本堂 中には阿弥陀三尊像のほか、…

  • とうがらし地蔵(正行寺)

    文京区向丘の正行寺には、とうがらし地蔵というお地蔵さんがいます。 そういえば同じ文京区の福聚院にも同じ名前のお地蔵さんがいました。 jizo-bosatsu.hatenablog.com 正行寺のとうがらし地蔵には、どのような由来があるのでしょうか?お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 正行寺の基本情報 山門 本堂 とうがらし地蔵 正行寺へのアクセス 正行寺の基本情報 正行寺は浄土宗のお寺で、山号は親縁山、院号は龍池院。1604年(慶長9年)、念誉達道によって湯島に開山。現在の地に移転されたのは、元和3年(1617)となります。 山門 本堂 とうがらし地蔵 この寺の境内にまつら…

  • 化地蔵尊(全得寺)

    台東区下谷にある全得寺には、化地蔵尊と呼ばれるお地蔵さんが安置されています。なぜそのような奇妙な名前が付けられているのでしょうか?お寺の情報と共に紹介してみたいと思います。 【目次】 全得寺の基本情報 化地蔵尊 全得寺へのアクセス 全得寺の基本情報 全得寺は曹洞宗のお寺で、山号は金峯山。寛永11年に高山全得が開山となり創建しました。本尊は釈迦牟尼仏。 化地蔵尊 化地蔵尊という名前が付けられた由来は、昔ここに安置されているお地蔵さんは吉原への道筋にありました。吉原へ通う遊女がいたずら半分にその位置を変えていました。動かないはずのお地蔵さんの位置が変わっているということから、お化け地蔵⇒化け地蔵と…

  • 六地蔵など(證誠院)

    千葉県松戸市に本尊がお地蔵さんのお寺(證誠院)があるので行ってきました。 【目次】 證誠院(しょうじょういん)の基本情報 山門 手水舎 鐘楼 十三重石塔 本堂 大隅新太郎翁像 仁王像 観音像 白龍大権現が鎮座する塚 證誠院のお地蔵さん 六地蔵 證誠院へのアクセス 證誠院(しょうじょういん)の基本情報 證誠院は真言宗智山派のお寺で、山号は慈眼山。元文元年(1736年)創建、昭和13年に大隅新太郎翁により移転再建。本尊は地蔵菩薩像。 山門 手水舎 鐘楼 十三重石塔 本堂 大隅新太郎翁像 仁王像 観音像 白龍大権現が鎮座する塚 證誠院のお地蔵さん 六地蔵 残念ながら、ご本尊の地蔵菩薩像を拝見すること…

  • 斬られ地蔵(本福寺)

    千葉県松戸市の本福寺には、斬られ地蔵という名前のお地蔵さんがいます。いったいどうしてこんな名前が付いているのでしょうか?お寺の基本情報と共に紹介していきたいと思います。 【目次】 本福寺の基本情報 寺号標 本堂 聖観音像 鐘楼 大師堂 一遍上人像 本福寺のお地蔵さん 六地蔵 斬られ地蔵 本福寺へのアクセス 本福寺の基本情報 本福寺は時宗のお寺で、山号は禮拝山、院号は恭敬院。本尊は阿弥陀如来開祖大聖遊行二祖他阿真教上人が嘉元元年(1303)千駄堀に創建(諸説あり)上本郷の豪族澤田五郎兵衛より寺領の寄進を受けて、慶長末期(1596-1615)に現在の地に移転しました。吉田松陰が東方遊学を計画し、出…

  • 子育て地蔵尊(上板橋)

    商店街のマスコットキャラクターとなっているのが、まもりん坊というお地蔵さん。モデルとなったのが東武東上線「上板橋駅」南口にある商店街に安置されている子育て地蔵尊。 今回の記事では、地域に密着しているこのお地蔵さんを紹介したいと思います。 子育て地蔵尊 当地に安置さている地蔵は、通称「子育て地蔵」と呼ばれ、人びとに広く親しまれています。お堂の中にある二体の地蔵は、もともと栗原堰の一本橋(現在の桜川一丁目5番地)付近に建っていたものといわれていますが、それを裏付けるように、石仏の台座や本体には貞享5年(1688)や安永6年(1777)といった造立された年号や、上板橋村栗原を中心とした奉納者の名前が…

  • 六地蔵など(安養院)

    【目次】 安養院の基本情報 山門 本堂 鐘楼 延命大師堂 多宝塔 安養院で見つけたお地蔵さん 六地蔵 その他のお地蔵さんなど 安養院の文化財など 板橋区指定有形文化財 板橋区登録有形文化財 板橋区登録天然記念物 安養院へのアクセス 安養院の基本情報 安養院は真言宗豊山派のお寺で、山号は武王山、寺号は最明寺。鎌倉中期正嘉元年(1257)に北条時頼が創建。本尊は阿弥陀如来。豊島八十八ヶ所霊場発番札所、板橋七福神(弁財天)があることでも知られています。 山門 本堂 鐘楼 享和2年(1802年)の鋳造、国の重要美術品となっています。 延命大師堂 多宝塔 安養院で見つけたお地蔵さん 六地蔵 その他のお地…

  • 九品仏(浄真寺)のお地蔵さん

    青い頭が印象的な阿弥陀如来が9体いることで知られている「九品仏 浄真寺」このお寺でもまたたくさんのお地蔵さんと出会うことができました。 【目次】 九品仏(浄真寺)の基本情報 本堂(龍護殿) 山門(仁王門) 総門 東門 開山堂 閻魔堂 閻魔大王 懸衣翁(けんねおう) 三途の川 観音堂 鐘楼 九品の阿弥陀如来 下品堂の阿弥陀如来 中品堂の阿弥陀如来 上品堂の阿弥陀如来 浄真寺のその他の仏像など 釈迦如来像 五劫思惟(ごこうしゆい)像 賓頭盧(びんずる)尊者 九品仏で見つけたお地蔵さん 六地蔵 子育て地蔵尊 浄真寺の御朱印 九品仏 浄真寺へのアクセス 九品仏(浄真寺)の基本情報 浄真寺は浄土宗のお寺…

  • 縄解地蔵尊

    栃木県壬生市に縄解地蔵尊と呼ばれるお地蔵さんがあります。日本三体地蔵尊のひとつとされています。いったいどのようなお地蔵さんなのでしょうか? 縄解地蔵尊とは お堂に安置されているお地蔵様は、縄解地蔵と呼ばれ日本三体地蔵尊の一つといわれている。言い伝えによれば、正歴年間(990~994年)京都壬生寺を開山した快賢僧都が、霊夢を感じ、一本の木で三体の地蔵尊を仏師定朝に彫刻させた。 ほかのふたつの三体地蔵は、京都市中京区の壬生寺にある延命地蔵尊、三重県の名張市にある縄目地蔵尊となっています。 当初は、三体とも京都壬生寺に安置されていたが、壬生に初めて城を築いた小槻彦五郎胤業(おつきのひこごろうたねなり…

  • 並び地蔵(憾満が淵)

    世界的な観光地「日光東照宮」から歩いてアクセス可能な憾満(かんまん)が淵には、苔にまみれたお地蔵さんが延々と並ぶ、通称「並び地蔵(化け地蔵)」があります。 大谷川の小渓谷のマイナスイオンを浴びながら、静かに探索できる日光の隠れ家的な観光スポットとなっています。 並び地蔵とは 並び地蔵とは、憾満ヶ淵(かんまんがふち)という男体山から噴出した溶岩によってできた奇勝に沿って並んでいる、約70体の地蔵群のことです。 このお地蔵さんは、日光山を再興した慈眼大師天海の門弟たちが彫ったと伝えられています。 当時は約100体ほどありましたが、明治35年に足尾台風による大谷川の氾濫によってかなりの数のお地蔵さん…

  • 【番外編】あの有名な神社にお地蔵さんはいるのか?(日光東照宮)

    今回はあの有名なお寺にお地蔵さんはいるのか?の番外編として、日光東照宮を紹介したいと思います。 最初に結論から申し上げますと、日光東照宮は神社ですので、お地蔵さんはいません。 神社=神道お寺=仏教 お地蔵さんは仏教の概念ですから、お地蔵さんがいるのは基本的にはお寺だということになります。 ではなぜ今回日光東照宮を紹介するのか?それはこれまで紹介したお寺と関係しているからなのです。 共通しているのは、徳川家に関連したお寺だという点です。徳川家の歴代の将軍は4か所に分かれて埋葬されています。 徳川家康のお墓が日光東照宮にあることを知っている人も多いでしょう。実は3代将軍家光もまた日光東照宮(輪王寺…

  • あの有名なお寺にお地蔵さんはいるのか?(佐野厄除け大師編)

    CMなどでおなじみ関東の三大師のひとつ佐野厄除け大師。正月には約100万人の参拝客が訪れるなど、関東在住の人であれば知らない人はいないであろう著名なお寺。 佐野厄除け大師の通称で知られていますが、正式には惣宗官寺(そうしゅうかんじ)といいます。 この有名なお寺にもお地蔵さんはいるのでしょうか?お寺の基本情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 佐野厄除け大師の基本情報 山門 鐘楼 佐野厄除け大師のお地蔵さん 佐野厄除け大師へのアクセス 佐野厄除け大師の基本情報 惣宗寺は天台宗のお寺で、山号は春日岡山、院号は転法輪院。天慶7年(944年)藤原秀郷によって創建。慶長7年(1602年)佐野城築城の…

  • 六地蔵など(観音寺)

    佐野大仏で有名な観音寺で何体かお地蔵さんを見つけることができました。お寺の情報と共に紹介していきましょう。 【目次】 観音寺の基本情報 本堂 観音寺で出会ったお地蔵さん 六地蔵 その他のお地蔵さん 観音寺の著名な建造物 佐野大仏 大黒天 観音寺へのアクセス 観音寺の基本情報 観音寺は真言宗豊山派のお寺で、山号は日輪山、院号は千手院。佐野大仏や佐野七福神のひとつ大黒天が祀られていることでも知られています。 本堂 観音寺で出会ったお地蔵さん 六地蔵 その他のお地蔵さん 観音寺の著名な建造物 佐野大仏 寛文9年(1669年)佐野家復興を願い建立。縁結びの大仏と呼ばれ、恋愛のみならず様々な良縁にご利益…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、お地蔵さん愛好家さんをフォローしませんか?

ハンドル名
お地蔵さん愛好家さん
ブログタイトル
お地蔵さんブログ
フォロー
お地蔵さんブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用