searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ポンミさんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ポンミのエンタメ備忘録ブログ
ブログURL
https://ponmiponmi.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
日々観たり読んだりした備忘録
更新頻度(1年)

6回 / 91日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/03/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ポンミさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ポンミさん
ブログタイトル
ポンミのエンタメ備忘録ブログ
更新頻度
6回 / 91日(平均0.5回/週)
読者になる
ポンミのエンタメ備忘録ブログ

ポンミさんの新着記事

1件〜30件

  • 箱入り息子の恋(2013年)

    箱入り息子の恋 あらすじ 鑑賞メモ 彼女いない歴35年の35歳・市役所に勤める天野雫健太郎(星野源)。 極力人付き合いを避け、仕事の日もお昼は家に帰って食事。趣味は貯金。家に帰ってからはゲームをして、家と仕事の往復の日々を過ごしている。 そんな息子を見かねた両親は、代理お見合いパーティーに参加し、そこで出会った夫妻の娘・奈緒子(夏帆)とお見合いをすることになる。 健太郎と奈緒子は偶然にも街で一度会ったことがある間柄だったが、お見合いの席で奈緒子の目が不自由だということを知る。 平凡以上に平凡な健太郎を奈緒子の父親(大杉連)は非難し、こんな欲のない男に娘はやれないとお見合いを中止しようとするが …

  • よみがえる変態

    よみがえる変態 星野源著 読書メモ ミュージシャン・俳優・文筆家の星野源のエッセイ。 2011年からの3年を綴った内容。 感想(ネタバレあり) 心から励まされる本。 星野さんのことは大人計画の舞台を観に行って知ったけれど、正直あまり注目していなくて いつの間にか歌を聴いたり、テレビで見かけるようになり、いつの間にかとってもメジャーな存在になっていたという印象。 出演ドラマや映画はちょこちょこ見ていたけれど、2012年にくも膜下出血になっていたことを知らなかった。 この本の半分以上は通常のエッセイ、後半はくも膜下出血からの出来事が綴られている。 星野源さんという人は、自分の気持ちに素直で、努力家…

  • 翔んで埼玉 (2019年)

    翔んで埼玉 あらすじ 鑑賞メモ 魔夜峰央による同名漫画の映画化作品。 日本アカデミー賞では優秀作品受賞、出演俳優が各賞を受賞し、ブルーリボン賞で作品賞を受賞している。 単純な大まかな理解では「埼玉をディスってる映画」 埼玉は東京からひどい迫害を受けており、通行手形がないと東京に出入りできず 無許可で東京に入った埼玉人は強制送還される。東京都知事の息子:壇ノ浦百美が通う都内の有名校に、アメリカ帰りの1人の男子転校生:麻実麗がやってくる。 実は麗は埼玉の開放を願う埼玉県人。百美は麗に魅かれてしまい、自分の地位を捨て麗についていくことを決意。 2人の逃避行に都知事の執事:阿久津翔(千葉県出身)が立ち…

  • ルビンのツボが割れた

    ルビンのツボが割れた 宿野かほる著 読書メモ いつかのテレビで見た本の紹介で気になっていた本。 本のタイトルをメモしたのは3年前で、先日書店で文庫本になっているのを見かけて 手にとってようやく読むことになった。事前のあらすじ情報は全くなく、ただ斬新で面白いというようなニュアンスで紹介されていたような記憶。 読み始めてみると、男性から女性に宛てたメッセージが始まる。 冒頭にメッセージがあって、それから普通のストーリーが始まる構成はよくあるので そのような形かと思ったら次もまた、次もまた男性からのメッセージが続き、このままずっとメッセージを 読まされるのかと思いきや、女性からもメッセージが届く。 …

  • ファイト・クラブ

    ファイト・クラブ(1999年)あらすじ 鑑賞メモ エドワード・ノートンとブラッドピッドがW主演。 自動車会社に勤める平凡な会社員の「僕」。家はお気に入りの家具や食器を揃え、洋服はブランドもので身を包み 物質的には満たされている状態。だが精神的には落ち着かない状態で不眠症が続き、医師に「世の中にはもっとつらい人々がいる」 と睾丸ガン患者の集いを紹介される。 その集いにニセ患者として「僕」は参加する。患者たちの悲痛な思いを聞くと、感情が高まり涙が溢れ、不眠症が改善した。 これが癖になった「僕」は、様々な集いに参加するようになるが、自分と同じくニセ患者として参加している女性マーラに出会い 泣けなくな…

  • dele3(ディーリー3)

    dele3(ディーリー3) 本多 孝好著 読書メモ ドラマがきっかけで読んだdeleシリーズの第3巻。 故人により託されたデジタルデータを極秘に削除する会社を運営する車いすの圭司と そこで働く妹を亡くした祐太郎の物語。 依頼人が死ぬと通知があり、祐太郎が死亡の裏どりを取った後に、依頼のデータは誰にも見られることがなく 圭司がしっかりと削除するのが基本のルール。前2巻は依頼主とのストーリーがいくつか収録されている他に 祐太郎の妹の死に、実は圭司の父親が関わっていたという事実が明らかになっていくというもの。 一体依頼人はどんな理由でどんなデータを消したかったのか? これに迫るストーリーがミステリー…

カテゴリー一覧
商用