searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ジッタさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
車いじりラボ・Garage zitta
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/zitta_h/
ブログ紹介文
夢の車いじり生活を目指し田舎に住宅とガレージを建てる。 ローコストでありながら高性能(高断熱、高気密 ZEH)な住宅と2柱リフトを備えた2×4ガレージを建築し思いっきり車いじりを楽しむぞ!
更新頻度(1年)

157回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2019/03/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ジッタさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ジッタさん
ブログタイトル
車いじりラボ・Garage zitta
更新頻度
157回 / 365日(平均3.0回/週)
読者になる
車いじりラボ・Garage zitta

ジッタさんの新着記事

1件〜30件

  • パーゴラを作る(その14)サンシェードまだ続く

    チョット間が明きましたが作業再開。サンシェードのパッチ強化部分の接着剤も十分に乾き強度もばっちりになったところでハトメ加工をします。ハトメ加工は初めてでしたが思っていたより簡単でした。まず、ポンチで穴を明けます。ハトメのオスにメスをはめカシメ治具にセット

  • デッキづくり(その13) ステップ

    デッキの高さは地面から50㎝弱なので一跨ぎは辛くステップが必要です。ガレージの余りの2x6材で簡単なステップを作ることにします。スライド丸ノコでシェーンと切って、保護塗料をペタペタ塗って、インパクトドライバーでダッダッダッダと打ち込んであっという間にできました

  • サビ対策

    先日完成したばかりのパーゴラの柱受けを見たら、なんとなんと早くもサビが出てるじゃないですか。ここは海が近いので近所の人の話では結構塩害があるとのことなのでその影響かもしれません。予防として溶接部にはサビ止め塗料を塗っておいたのにそこもうっすらサビが出てま

  • パーゴラを作る(その13)サンシェード

    フェンスができたので、次は最後工程サンシェードです。サンシェードはワイヤーに引掛けて天幕のように使う計画ですが、そのためのフックをつけるハトメ加工をします。ハトメ加工をする部分はペラペラなので余っていた防草シートを貼り付けて補強することにしました。防草シ

  • パーゴラを作る(その12)フェンスづくり

    今日は桟を張ります。材料は胴縁といって住宅の外壁の下地に使うためのものですが、サイズがちょうどよかったのと、防腐剤注入材なので耐久性があるだろうとこれにしました。注入材ですが一応塗装します。なんだか、このところしょっちゅ塗装している気がしますが・・・クラ

  • パーゴラを作る(その11)フェンスづくり

    フェンスづくりに入ります。フェンスの間柱を取り付けその上に笠木を載せていきます。フェンスの高さは解放感と目隠し効果の両方を考え1mにしました。間柱の接地部分は小口なので腐る恐れがあるのでコーキングして水が入り込むのを防ぎます。こういった細かい手間を掛けれる

  • 初号機入庫!

    今を遡ること6年前にスタートしたこのガレージ計画、想定外の中国駐在などもあり随分と時間がかかってしまいましたがガレージも家もやっと形になってきました。この1年は大工、電気屋、左官屋、水道屋、外構屋、ペンキ屋、、、と色々やってきてそれはそれでとても楽しい作業

  • パーゴラを作る(その10)腰掛け鎌継ぎ

    欠けたところに接着が乾いたので改めて調整します。ここまで入るようになりましたが、ここからが叩いても入らない。どこがせっているのかわからず余計なところを削って隙間ができてしまいましたがなんとか入りました。でも、よく見るとズレてしまっていて段差があるのが分か

  • パーゴラを作る(その9)

    パーゴラの骨組みはできたのでフェンスづくりに入ります。フェンス高さ1mで南東2面作るつもりでいましたが、先日買った桟に使う杉材に余裕があるので西側含めてなんとか3面作れそうです。但し、問題は3面目の柱の長さが足りないこと。もう一本買い足せばいいのですが、結構高

  • 次の仕事

    パーゴラの骨格は完成したので次はフェンスを作ります。フェンスはスッキリ見える横桟にすることにしたので早速材料を買いに行きました。かなり密に張っていくので計算すると材木は全部で70m以上必要になります。丁度いい材料はないかとホームセンターで探していたら格好のも

  • ぷち工作

    今日は雨模様で外作業はできません。こんな日はTo Do Listの宿題をこなしましょう。まず用意するのはシナベニアの端材。これをカットして補強の角材を接着します。そして箱状に組み立て・・・植物由来の自然塗料、オスモカラーで仕上げて完成。できました、ティッシュホルダ

  • パーゴラを作る(その8)対候性の向上

    水平方向の補強のための筋交いを取り付けていると気が付いたのが柱上端の割れ。写真では見にくいですがビスを打ったところをきっかけに割れが走っています。この部分はもろに直射日光を浴びるので塗料を念入りに塗りましたがやはり心配が残ります。ましてや、すでに割れが発

  • パーゴラを作る(その7)骨組み完成

    ガレージ内で門型に組んでそれをデッキの上の柱受けにセットしそれらをビームでつないでいく作業を続けます。ビームの片方をクランプで固定した端材のに引掛けてもう片方をビス止めしていきます。こうすれば一人でも組み上げられます。柱はレベラーで垂直をチェックし添え木

  • パーゴラを作る(その6)上棟?

    材料の切断にはいります。今回の2x4材は注入材ですが効果があるのは表面だけで内部は薬剤が含侵されていないので切断面は塗装する必要があります。切断面は塗料の吸い込みが良く何度塗っても吸い込んでまうので、しつこく3回塗りました。パーゴラはサイズが大きいので組み上

  • パーゴラを作る(その5)柱受けの取り付け

    今日は柱受けの取り付け。出来立てのデッキにドリルの刃を立てるのは気持ちの良い仕事ではありません。デッキの上に置いているのはドリルの刃がまっすぐ入るようにする治具です(と言っても2x6材にボール盤で垂直に穴を明けただけの物)水糸で柱受け金具が一直線上になよ

  • パーゴラを作る(その4)柱受け金具

    パーゴラはウッドデッキの柱を伸ばして一体的に造るのが理想的ですが今回はデッキは既成品なのでそうはできず完成したデッキの上に乗せる形で作ります。ただ、柱をデッキ板の上に固定しただけだと強度的に不安があるので大引き(アルミ材の骨)を抱き込む形でがっちり固定す

  • パーゴラを作る(その3)塗装

    塗装は昨年ガレージ外壁1棟分塗ったのでこんなのお茶の子さいさい、、、と思いきやなかなか感が取りもどせず、木材をあっちにこっちにやったりてこずります。今日は気持ちの良い天気で動くとちょっと汗ばむぐらいの陽気でしたが、なんだかんだノロノロやって終わったのは夕方

  • パーゴラを作る(その2)木材調達

    ホームセンターで木材を買ってきました。本当は耐久性を考えればレッドシダー材とかがいいのですが値段も張るので防腐剤 注入木材にしました。昔はかなり危険な薬剤が使用されていたのですが今は人体に影響ない安全なものが使用されているそうです。左が2x4材、右が柱に使

  • パーゴラを作る(その1)

    デッキがやっとできたところですがこれで終わりません。パーゴラの製作に入ります。今度はキットではなくセルフ設計で作ります。完成イメージはこんな感じ。狙いは3つあります。1.日射除け大体において一般家屋の庇は短く夏の強烈な日差しが室内に入るのを遮ることができず

  • 作業手袋

    以前は作業するときは主に軍手を使っていましたが最近はニトリル手袋を使ってます。これまでも人がニトリル手袋を使っているのを見て軍手ならどんどん捨てても惜しくないけどこれじゃそうはいかないしどうなんだろ、と思ってましたが使ってみるとその良さがよくわかりました

  • 庭の雨水対策

    我が家の敷地は両隣含めて傾斜地です。前々から工務店や庭屋さんに上側の隣地からの雨水がすごいですよ、と言われてきましたがこれまではそのことを実感することはありませんでした。しかし、庭に土を入れた後に豪雨がありそのすごさを目のあたりにしました。隣地からの雨水

  • Gas Monkey 掛け時計

    昨日はデッキ完成に向けハードな一日だったので今日はダラダラと過ごします。ガレージで工具の整理をしていてふと時計を見て思い立ちました。ガレージの掛け時計はCASIOのやっすいやつです。一応電波時計なので時刻を知る機能は申し分ないのですがちょっとねという感じ。何か

  • デッキづくり(その11)デッキ板張り続く

    今日は朝からあいにくの雨、庭に撒いた種には恵みの雨ですが作業は出来ません。結局午前中いっぱい雨で午後から作業になりました。昨日から張り始めたデッキ板ですがなんか様子が変です。大引きにはデッキ板を固定する金具を取り付ける4㎜ビス孔があらかじめ明いているので、

  • デッキづくり(その10)デッキ板張り

    デッキづくりもいよいよ佳境のデッキ板張りに入ります。まずは張り始め側の幕板を取り付けるための穴明けをします。キットといえどもこういった穴明け加工が必要でサイズが大きいと穴数も多く大変です。側面の幕板を取り付けここをスタート基準にデッキ板を張っていきます。

  • デッキづくり(その9)防草シート張り

    デッキ板を張る準備が整いましたがその前にもう一つやることがありました。防草シートです。デッキの下は日陰になるんで雑草は生えないとの話もありますが、このあたりの猛烈な生命力の雑草を甘く見てはいけません。家の裏側に敷いた防草シートの余りがあるのでそれを使いま

  • デッキづくり(その8)その他いろいろ作業

    相変わらず基礎の補強を続けます。このデッキは基礎の数が20か所とやたら多く手間がかかりますが、特に東側はレベルが低かったので全部木枠が必要で大変。平行して庭のインターロッキング工事も進めます。インターロッキング施工は正しくは地面を平らに修正して突き固めたう

  • デッキづくり(その7)基礎の補強

    大引きの設置が終わったのでいよいよデッキ板を張りたいところですが、その前にやっておきたいことの一つが基礎の補強です。ここは年中風が強いですが昨年の台風15号の時は尋常でない爆風でした。風にあおられてデッキが吹っ飛ばないように風対策は念には念を入れておく必要

  • 庭造りここまでできました

    デッキづくりと並行して進めている庭造りですが、インターロッキングの小径がだいぶ出来てきましたので、久々に全景を確認してみました。たったこれだけの庭の小径ですが軽トラ5台分のインターロッキングを使いました。地面に撒いたり敷いたりするものは想像以上に消費するも

  • デッキづくり(その6)

    早くもその6ですがまだまだ続きます。(仕事が遅い!)大引きを支える束柱は高さ調整式なので基礎石のレベルは適当でいいとタカをくくっていましたが、なんと外側に進むにつれ調整の範囲を超えてしまうという予想外の事態になってしまいました。しょうがないんで一旦基礎石

カテゴリー一覧
商用