searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Kingさんのプロフィール

住所
住吉区
出身
阿倍野区

自由文未設定

ブログタイトル
MOVIE KINGDOM ?
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/king42
ブログ紹介文
映画に関する話題やライブ&イベント、ローカルなグルメ情報など色々話題を広げて行きます
ブログ村参加
2019/01/05
本日のランキング(IN)
フォロー

Kingさんの新着記事

1件〜100件

  • No.03 「クライ・マッチョ」

    クリントイーストウッドの最新主演&監督作を早々見てきましたかつてのロデオスターであるマイクが恩人から別れた女房の元から息子ラフォをメキシコから連れ戻して欲しいと言う依頼を受けてメキシコに渡り、恩人の息子を連れてアメリカに帰ろうとする女房からの追っ手や警察を交わしながら旅を続けるロードムービーロードムービーと言うとイメージとしては淡々とした作品が多いように私は思うのですが、この作品もそんなタイプの映画ですね(苦手なタイプの作品)最初から最後まで淡々と時間が流れていきクライマックスと呼べるような盛り上がりもなく静かに映画が終わる…作品の評価はあまりのようですが、私は全く眠気もなく苦手なタイプのこの作品を見れたのはかなりの高齢になったイーストウッドが現在の自分をこの役に置き換えて描いてるようで興味深く見れたからでしょ...No.03「クライ・マッチョ」

  • No.02 「サンダーバード55/GOGO」

    昨日に続いて夜は時間が出来たので急遽映画見てきました時間的に合ったのがこの作品全くノーマークと言う訳では無かったんですが、ちょっとこう言う急遽見に行くような作品の候補でしたがいきなり発動しましたサンダーバード…私らのような世代では子供の頃TVで見ていた人が多い海外人形特撮ドラマシリーズ秘密組織の国際救助隊が事故や災害、事件などが起こると出動し事態収束に活動するそれも何とファミリーで!しかしなんと言ってもサンダーバード1号、2号、3号、4号、5号といったメカに人気が集中してましたストーリーよりメカの出動シーンに心踊らされましたねとりわけサンダーバード2号はこの作品の象徴のようなメカでプラモデルはよう売れてたんと違いますかねーアオシマから出たプラモデルは私も買いましたサンダーバード2号はコンテナにメカを運ぶ輸送機な...No.02「サンダーバード55/GOGO」

  • No.01 「マークスマン」

    新年最初の映画が”ハズさない男”リーアム・ニーソン主演の作品圧倒的な強さで悪党をやっつけるキャラの多い彼の作品ですが、今回は借金がかさみ亡き妻との思い出の農場も手放さないと行けない状況にある初老の元海兵隊員あのトランプ大統領が作った国境の壁のフェンスの付近に住んでいて、密入国車を見つけては当局に通報する監視員もしてる愛国者しかし密入国して母と少年の親子救った事から麻薬カルテルに付け狙われ、母親は撃たれて死んでしまい、生き残った少年を連れてシカゴを目指す…死際に母親に少年のシカゴ行きを託され見返りに大きなカバンを渡される「これを全部上げるから…」と絶命する母親そのバックの中には今の彼には喉から手が出るほど欲しい札束が…少年を放ったらかしてカバン持って行く事は出来たんだが、良心が働き少年の元に戻り追ってを交わしなが...No.01「マークスマン」

  • 追悼 ストロング小林さん

    昭和を代表するプロレスラーがまた1人天に召されましたストロング小林国際プロレスのエースとして、また新日本プロレスに入団し坂口征二と北米タッグのベルトも腰に巻きましたなんと言っても昭和49年3月19日に蔵前国技館で行われたアントニオ猪木vsストロング小林戦は昭和の巌流島の決闘と言われる名勝負となりました今思えばこの試合がストロング小林さんのレスラー人生で最大のピークだったんではないでしょうかねそれ程インパクトのある名勝負だと思います私は対戦決まってからの猪木のトレーニングやインタビューなどの戦前の対戦煽り映像は見た記憶あるんですが、肝心の本番の試合はリアルタイムでは見てないんですよね大人になって発売されたビデオでやっと見た感じです10年くらい経っていてもやはりいい試合だなと思いましたね新日本プロレスに入ってからは...追悼ストロング小林さん

  • 「アポロ11 完全版」

    今年最初に見たのがこの作品年末にやってた作品を録画していたんですが、これは劇場の大スクリーンで見たかったですねアポロ11号が月面に着陸したミッションを打ち上げ直前から帰還までを当時の未発表映像や音声だけで構成されたドキュメンタリー映画事故やトラブルを扱ったものでなく偉業を扱ったドキュメンタリーなので劇映画のような緊迫感のようなものは無いが、人類史上記念すべき出来事を余計なナレーションを排除してアポロ11号の乗組員と地球のNASAとの交信を目の当たりに出来る作品しかしそれ以上にCG?と思えるクリアで美しい映像に私は目を奪われました打ち上げられて上昇していくアポロ11号の真下から捉えた映像や青い地球を背景に切り離されて行くロケット、月面から見える地球…綺麗に描いたような美麗な映像やどこから撮った?見たいなアングルな...「アポロ11完全版」

  • 2021年ベストテン…改めて今年もベスト3

    あけましておめでとうございます本年もこのブログ宜しくお願いします昨年もコロナの絡みで劇場はあまり行けずベストテン選出は困難なため今年もベスト3でお茶を濁します第一位「キャッシュ・トラック」第二位「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」第三位「アウト・ポスト」1位は昨年見た数少ない作品の中で脚本の面白さはピカイチでした2位はダニエルボンドシリーズの最後を飾る決着の付け方は賛否あるものの、重厚なドラマはダニエルボンドらしい作品でした3位は戦場の臨場感を色んな映像テクニックで見せてくれました今年は何本見れるか?Netflixの新作オリジナル映画の力を借りながら1本でも多くの映画鑑賞を楽しみたいです2021年ベストテン…改めて今年もベスト3

  • 「野獣処刑人 ザ・ブロンソン」

    今年最後の映画レビューになりますかね数年前にシネリーブル梅田で公開されてた作品チラシ見た時に「あれっチャールズブロンソンの未公開作品でもやるんかあー?」と思ったら何とブロンソンのそっくりの役者が主演の新作アクション映画だった…で、csで放送されてたので今回鑑賞したのですが、筋はチャールズブロンソンのデスウィッシュシリーズそのままに、街ではびこる悪人を成敗していく影の殺し屋という「狼よさらば」テイストの作品キーボードの音色の音楽がなんと言っても80年代風懐かしいB級アクション映画を見てる感じで個人的に好きですわかりやすい設定に先の読める展開これぞB級アクションと言うのを見せてくれます抗争に巻き込まれて流れ弾に当たって半身不随の車イス生活になった少女と母親の元に毎月大金が送られてくる当然その足長おじさんは主役のブロ...「野獣処刑人ザ・ブロンソン」

  • 「No.24 浅草キッド」

    Netflixで話題の新作映画「浅草キッド」を見て見ましたビートたけし原作による自叙伝のような作品ですが、テレビ化などの映像化されて居ますが全くの未見で今回やたらCMでやってたのでつられて鑑賞でもたけしの原作も知らないし、映像化作品も見てないから比較出来ないがこれはかなり良かったですねまず柳楽優弥のビートたけし具合が素晴らしいんですたけし独特の間合いと話し方がモノマネとは違う演技と言うもので若きたけしを表現しています余計にたけしを見ながら物語に入って行きやすいですたけしの師匠の深見千三郎を演じる大泉洋も、あまり浅草芸人らしくは無いから多分イメージは違うんだだろうけど、でも味のある芝居で私は良かったですね「笑われるんではなく笑わせろ」を筆頭に金言が散りばめられたセリフはたけしを始め、芸人達に師事されたゆえの魅力の...「No.24浅草キッド」

  • No.23 「マトリックス・レザレクション」

    マトリックスの話題の最新作見てきました折りからの寒波でアポロシネマのレイトショーはガラガラ1番大きいスクリーンでしてるのにねマトリックス…と言っても今やピンと来ななってんですかねで、この作品は過去の3作見てますが映像は頭に残ってますが、内容は記憶の彼方…元々シリーズ重ねるにつれややこしい展開だったように思うので、今作前に見返そう、せめて第3作の「レポリューション」だけでも…と思いながら見れず見切り発車で見に来たけどこの作品は「マトリックス」1作目の続編らしいと言うのは鑑賞後に知りましたグリーンのキラキラが出てきたらマトリックスの世界って感じですね懐かしく思い出しますオープニングから掴みOKのハイテンションアクションが展開されますしかし…前作までのストーリーの事が記憶の彼方に消えて鑑賞してるので途中から話が訳分か...No.23「マトリックス・レザレクション」

  • 思い出名画座vol.17 (特別編) シアタス心斎橋

    いつもは古い劇場を紹介しますが、今回は最新の思い出も何もない劇場(シネコン)を紹介それが今年オープンした心斎橋パルコにオープンしたシネコン「シアタス心斎橋」行って来ましたが清潔感のある綺麗なシネコンて感じでしたねしかし…待ち合いやカウンターがシネコンぼくない余計なものを排除したような感じは映画を見るワクワクがあまり感じないんですよね大型モニターで次回作のPRが流れてますが、良く見たら映画ポスター類やパネルなどが一切無いんですよねしかも映画館時代から劇場鑑賞の楽しみの一つのチラシが置いてない!隅々まで探した訳でないので、チラシもポスターも私が見つけれないだけかも知れず、どこかにあるのかも知れませんが、メインフロアで見当たらないて事は多分無いんでしょうなー私が見た「ナチスバスターズ」はスクリーン1で小さい目のスクリ...思い出名画座vol.17(特別編)シアタス心斎橋

  • No.22 「ナチス・バスターズ」

    初めて今年オープンした心斎橋パルコの12階にあるシネコンであるシアタス心斎橋に行って来ましたま、このシネコンに関してはまた触れるとして本日見たのこの作品ロシアの戦争アクション作品1941年ドイツ兵たちの間で恐れられている百発百中の謎のスナイパー「赤い亡霊」そんな中壊滅した赤軍の生き残り5人が無人の古屋で休息をしていたらドイツ軍の部隊がやってくる仲間を人質に取られた赤軍は自力で奪還を試みるが嫌味は司令官率いるドイツ軍の前に歯が立たず、赤軍壊滅か⁉︎と思われた時、姿なき赤い亡霊の銃弾がドイツ兵達を殲滅していく…ドラマは赤軍の生き残り達が中心として進んで行きます赤い亡霊は冒頭から見事なシューティングでドイツ兵を抹殺して行くんですが、姿無きスナイパーとしてミステリアスな存在かと思いきやいきなり冒頭から顔出しして意外でし...No.22「ナチス・バスターズ」

  • 「化身」

    黒木瞳さんの宝塚退団後の実質スクリーンデビュー作品ですね初めての鑑賞です文芸評論家の中年男が垢抜けない若いホステスを自分好みの女に変えようとする食事に誘い肉体関係を持ちマンションを買い与えた上に店を出す資金も用立てるしかし女は見る見る内に綺麗になりバタ臭さい女からから洗礼された女に変わって行くのだが、同時に自立し中年男からも去っていく…1人の女に金を使いやがて失って行く男を演じた藤竜也が哀愁を感じさせる芝居を見せてくれますなんぼでも金を使うまさにバブル時代の男って感じで、こんな人夜の街には当時ちょいちょい居てたと思います男のエゴで女を自分の元に囲い、輝かしてやがて逃げられてしまうと言うイカレこれな藤竜也を慰める梅宮辰夫の「俺たちは渡し船見たいなもんさ…」と言う言葉になんか無理矢理納得して諦める藤竜也が弱々しく映...「化身」

  • No.21 「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」

    先週に続きマーベルの作品そうテレビでよく宣伝が流れてるヴェノムの最新作です前作は正直あまり印象も無かったんですが、今作はさて?しかしなんかマーベル作品が多すぎません(笑)粗製濫造になってないかな?先週の「エターナルズ」も私は乗れず…ま、マーベルシリーズは好きな人は好きなようですが、取り敢えず当たるだけに作る側も製作しない訳には行かないんででしょうけどねと、言いながら、私もこの作品を見に来てるわけで(笑)先週は「エターナルズ」に堅苦しさに疲れたけど今回はある意味コミックらしい肩の力の抜けたコメディ!ヴェノムに入り込まれた主人公が体内のヴェノムと口ケンカしながらドラマが進んで行くのは時としてうるさいと感じるが、先週の事を思えばなかなかマーベルコミック作品の明るい面が出ていて楽しめました途中からこの2人の関係が「ど根...No.21「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」

  • No.20 「エターナルズ」

    話題のマーベルの最新作私はこの作品「アベンジャーズ」シリーズの大成功で必然的に何か新シリーズを作らないと行けなくなった作品と言うてイメージしかし何年間も渡って各キャラクターの単発作品を前フリとして壮大に作り上げて、一気に満を持してのヒーロー総登場の作品「アベンジャーズ」が生まれたのと違い、こちらはいきなり多数のヒーローが現れ2時間半に渡って新シリーズの出発点的な作品として描かれてますでも同じパターンの「XMEN」に比べると地味な印象ですね結構詰め込み的な内容ながら、くどいシーンも多くて久々に疲れました途中なかなかの長時間の睡魔との戦いになりましたサルマ・ハエック、アンジェリー・ナジョリー、マ・ドンソクなども出でますが、早々この開幕シリーズで姿を消す?キャラが居たりちょっと残念なとこもありました次の作品公開前にき...No.20「エターナルズ」

  • 名曲100選018 「ねぇ」by国安修二

    ねぇ:国安修二この曲は昭和60年にリリースされた曲のようですが、当時は泣かず飛ばずで、平成に入って夜のスナックのカラオケで歌われ人気になった曲です私もその頃にスナックのカラオケで後輩が歌ってたのがこの曲との出会いでした以後私がカラオケで歌う時の定番曲になりました印象的なのは切ない歌詞の中で出てくる「ラジオから流れてたセントラルパークのスカボロフェア」という部分これ伝説のサイモン&ガーファンクルのセントラルパークコンサートの事を指すんですが、5年前の淡い恋愛を歌った作品の中の時代性を感じさせてくれます「ピアノを教える君とドーナツショップのあの頃」などの歌詞は昭和後期...特に80年代頃の若者の様子を感じられ、同年世代の私にグっと来た訳であります「ねぇどうして愛した人と、ねぇどうして結ばれないの」「ねぇ」と言う言葉...名曲100選018「ねぇ」by国安修二

  • No.19 「アイスロード」

    リーアムニーソンの作品はコンスタントに公開されてますが、個人的に久々の鑑賞です毎回ハズレ無しの武闘派アクションはハズレまくりのセガール作品より劇場で見る価値があります(セガールはセガールで良いんですけどね)しかし今回はあまり武闘派アクションは抑え目で鉱山での爆発事故で生き埋めになった作業員たちを救うマシンを大型トレーラーで運搬する運転手を演じますしかも厚さ80センチ氷の道を行く!絶妙なスピード感でバランスよく走らないと氷が割れて湖に沈んでしまう…まさに「恐怖の報酬」を思わすような設定です正直思ってたほどのスリリングさは無かったけど、爆発事故は実は陰謀であったり運搬に同行してる男が怪しい奴で、倒してもまた追ってくるような不死身加減がちょっと楽しかったり、なかなかエンタメ作品として楽しませてくれましたまた兄弟愛も絡...No.19「アイスロード」

  • No.18 「燃えよ剣」

    昔、テレビドラマで「新撰組血風録」と言うのがありましたモノクロの時代だからリアルタイムでは見てなくて、更に「燃えよ剣」この作品のドラマ版ですね同名の映画版ももちろんありましたその全ての作品に土方歳三を演じたのが往年の時代劇スター栗塚旭さんあの彫りの深い顔に低音ボイス何気なく子供心にそれだけ印象に残っています今回は岡田准一が土方歳三なんかマッチョな土方歳三て感じで必要以上に武闘派?な印象そんな土方歳三が過去を振りかえながら新撰組の成り立ちから崩壊までを描かれるまさに新撰組の歴史が土方歳三を通して語られる司馬遼太郎の原作は読んでないから知らないけど、かなり詰め込んだと思われます逆に盛りだくさんな内容になってますが、中盤の池田屋のシーンは迫力のある殺陣がスピーディーな演出で1番の見せどころになってますアクションシーン...No.18「燃えよ剣」

  • 「新世界にハイヌーン」

    たまたま新世界国際前を通ったら新世界国際で「真昼の決闘」してるとは…びっくり令和のコロナ禍にゲーリー・クーパーが新世界降臨とはこれいかにあの館内にハイヌーンが流れるなんて夢のよう見たいねー!しかも併映は「バクラウ地図から消えた村」「パペットキラー」そこに「真昼の決闘」いやー新世界国際やってくれます「新世界にハイヌーン」

  • No.17 「リスペクト」

    この作品野内容は直前まで良くわかってなくて、アレサ・フランクリンのドラマて言うのが見る直前に知りました未来日と言う日本には縁の無かったアーティストですが、私は「ブルースブラザーズ」でのパワフルな歌唱シーンが1番印象的に残るアーティストです持って産まれた天性の実力を発揮する幼少期から歴史的ヒットアルバムを産み出すまでを波瀾万丈の人生をドラマティックに描かれてますアレサ演じるジェニファー・ハドソンの歌唱力の凄さが1番にやはり際立ちます厳しい父親の束縛からと暴力的な夫から逃れる中盤までアレサの辛い時期から大ヒットアルバムをかっ飛ばす教会のライブまでを描かれる中、私はスタジアムミュージシャン達と曲を作り上げて行く過程が良かったですね白人達で構成されたスタジオミュージシャン達に拒否反応するが、肌の色に関係なく人種を超えた...No.17「リスペクト」

  • 「ひとひらの雪」

    この作品はリアルタイムで劇場ではなくレンタルビデオで新作として借りて見ました私が20歳の時に見た印象は正直あまり面白くなかった印象だけ残ってて、あまりジュディオングさんのエロい歌詞の主題歌が流れるエンディングシーン意外は覚えてないんですね今回はその時以来の鑑賞でしかも50代半ばになっての鑑賞は20代では面白くなかった大人の恋愛劇が中年男の未練たらしいあかん部分を目の当たりにして、なかなか面白かった訳であります津川雅彦演じる建築デザイナーの伊織は部下のOLと不倫関係でありながら、10年ぶりに再開した着物美人の人妻とも情事を重ねていく…とうてい着物とはイメージのない秋吉久美子さんが憂いをたたえた人妻を演じて、津川雅彦に乳輪の大きなバストを惜しげもなく揉まれ倒して、喪服をまくられ孔雀のようになって後ろからヤラれて喘ぐ...「ひとひらの雪」

  • No.16 「CUBE 一度入ったら、最後」

    1997年作品のピンチェンゾ・ナタリ監督の「CUBE」の日本リメイクと言う事で見に行って来ましたオリジナルを見たのは24年くらい前になるでしょうか?私がこのblogを始める8年前…いまさら何故リメイク?と思ってしまいます突然立方体の部屋に閉じ込められた者たち壁4面、天地2面に出口のハッチがあり安全に次に進める部屋意外のハッチを選んでしまうと殺人トラップが待ち受けている…一時期オリジナル版のヒットにより似たようなタイトルの作品も粗製濫造気味に作られたりして、「SAW」シリーズと並びせかいてきな影響を与えた作品でした私は確か当時テアトル梅田の満員の客席で見ましたが、絶望感溢れる冷たい雰囲気とトラップに引っかからないよう、次に進む登場人物たちの緊張感が見てるこちらにも伝わる演出など、一発アウトなゲーム感覚のよう世界観...No.16「CUBE一度入ったら、最後」

  • No.16 「キャッシュトラック」

    久々になんばパークスシネマに来ました後で聞けばこの日10月15日は南海ホークスが大阪球場でラストマッチを戦った日だそうですそんな日に大阪球場跡地に立つなんばパークスに映画を見に来た元南海ファンちょっと感慨深いものがありますねさて久々にガイリッチー監督作品を見ます凝った演出にベラベラ話しまくる会話…でも「シャーロックホームズ」のような大作辺りから私は彼の作品見てない?と思うので久々の鑑賞です銀行から出てきた輸送車が強盗に襲われて警備員や一般市民にも犠牲者が出る事件が冒頭で出てきますそしてその時警備員していた現金輸送車専門の警備会社に1人の男が面接を受けにくる適正テストは合格ギリギリで採用されるこれが主人公のジェイソン・ステイサムある日現金輸送車を警護中に武装した強盗に襲われるが見事な拳銃さばきで1人で制圧してまう...No.16「キャッシュトラック」

  • 「異端の鳥」

    前から見たかった作品テレビ画面での鑑賞ナチスによる迫害を避けるために田舎に疎開した少年が悲惨な目に遭う…一言で言えばまさにそのものの何ですが、人間の持つ残酷性が表面に出た、賛否両論も頷ける嫌な映画私は良かったですよとにかく少年が辿る悲惨な出来事は全て人間がなせる事です引き取ってくれたおばあちゃんが亡くなり、少年1人が転々とする中、町の人間にリンチに合い逃げた出し、更に首だけ出して地中に埋められカラスに突かれまくり、泥水の溝に放り込まられたりもする老人を介護してるお姉さんに助けられたら、そのお姉さんはドのつくほど淫乱で性の道具みたいにされ、司祭に助けられて、預けられた先の男は小児性愛者だった…とにかく少年が放浪する先は全て地獄と言う救いの無い映画だが、私はどんどん画面に引き寄せられてしまいましたそれは次に彼がどん...「異端の鳥」

  • No.15「孤狼の血 level 2」

    公開されてだいぶん経ちますがやっとこの作品が見れました今作は原作に関係のないオリジナルストーリーで、前作で役所広司扮する大山刑事の後を継いで松坂桃李扮する日岡刑事が主人公ダーティー刑事として広島暴力団抗争を収めてきた日岡の前に鈴木亮平扮する上林が出所してきたことにより、広島のヤクザ界の秩序が乱れだす…前作は役所広司が熱演した大山刑事がモンスター的な存在だが、今回は後を受けた日岡でなくこの上林が破壊力満点のモンスターとして登場この上林の凶悪なパワーが作品全体を持って行ったと思っても良いでしょうねやたら相手の目玉をくり抜く殺し方は上林自身の生い立ちにも関わってくると言うバックボーンもあり、この男も過去のキズにより人生を曲がった方向に行ってしまっていったと言うキャラで鈴木亮平がキレた芝居を見せてくれます日岡と上林の2...No.15「孤狼の血level2」

  • No.14「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」

    緊急事態宣言が終わり映画館が普通営業に戻ってくれました当然レイトショーも復活!映画サービスデーと相まって早速行ってきましたしかも私の好きな007シリーズ!今度こそ公開されましたダニエルグレイグのジェームズボンドになってからシリアス路線になり、ストーリーに繋がりある展開になりましたしかしダニエルのボンドは今回が最後と言う事でカジノロワイヤルから続くドラマが完結いたしますオープニングも前作から続きで、引退したボンドとマドレーヌとの生活からスタートするが、マドレーヌの過去が語られる冒頭のこのシーンから不穏な雰囲気が出てきて、さて恒例のオープニングアクションはいつ始まるのかな?と期待感が高まりますが、これがなかなか引っ張ります(笑)20分超えた辺りからやっとタイトルバック(ビリー・アイリッシュの主題歌がいい!)でもこの...No.14「007ノー・タイム・トゥ・ダイ」

  • No.13 「OLD」

    久々に映画館に来た!仕事が直帰になったため時間出来たのでmovix堺へM・ナイト・シャラマン監督の最新作を見に行ってきました毎回いろんなマジックを見せてくれるシャラマン監督ですが、こちらの期待大き過ぎてかして、スカ気味なパターンが多いけど新作公開される度に気になってしまいます今回はさて?バカンスで訪れた島で1組の家族が不可思議な海岸に案内されてから突然老化現象が猛スピードで始まってしまうが、その海岸からは脱出不能となる「トワイライトゾーン」のネタとかになりそうなストーリー4人家族なんですが6歳の息子と11歳の娘が居て一見幸せそうだが、実は夫婦は離婚を決意していると言う家庭崩壊の状態そんな最悪の家族がホテルからのオススメで案内された海岸で恐ろしい目に遭います他にも何人か同じようにここに案内された家族も居てバカンス...No.13「OLD」

  • 名曲100選017「少女」by村下孝蔵

    少女『村下孝蔵さん』歌詞ありフォークソング、想い出の歌村下孝蔵さんは昔から好きなんですよね情緒ある昭和の日本の風景を思わせる懐かしい世界感のある歌詞やメロディが私の憧憬心をくすぐる訳なのです有名な「初恋」を差し置いて今回はこの「少女」を取り上げますこの曲の好きなとこは純和風とも言える歌詞とアップテンポなポップなメロディのアンバランスが主人公の少女の不安を表してるような所です切れた鼻緒、帰り道の少女が一人明かりが恋しくて震えていたかすりの着物おさげ髪には、飾りなどありません青いホタル今も甘い水を探して見つけられず迷い込んだ遠くへ飛ばそうと紙風船叩いたら割れました大人になっても夕立に降られてばかりいます切れた鼻緒、飾りなどありません、割れた、などなどとことなく寂しさを感じさせるワードが出てくる歌詞この歌詞の中に「僕...名曲100選017「少女」by村下孝蔵

  • 私の名曲100選 016 「普通のラブ・ソング」by水谷豊

    あんちゃんエンディング曲水谷豊主演のドラマのエンディング主題歌水谷豊さんと言えば今や「相棒」シリーズでおなじみですが、元々若い頃はやんちゃな役柄が多く、不良っぽいイメージがあったんですねそれをガラリと変えたのがドラマ「熱中時代」の小学校教師北野先生役以後「熱中時代刑事編」「熱中時代シーズン2」と一気に親しみある役柄でちょっと怖い不良からいい人というイメージに変わって行きお茶の間の人気者になりましたまさにそのいい人のイメージそのままがこの1982年放送のドラマ「あんちゃん」の田野中一徹役ですね女子プロレスのマネージャーから家業の温泉町のお寺の住職に転身し、毎回温泉町を舞台にドタバタ騒動が巻き起こるホームドラマでしたエンディングに流れるこの「普通のラブソング」が普通の男の優しさを表現した主題歌でドラマの主人公のイメ...私の名曲100選016「普通のラブ・ソング」by水谷豊

  • 映画音楽100選 076「シンドラーのリストのテーマ」 「シンドラーのリスト」より

    映画「シンドラーのリスト」シンドラーのリストのテーマ聞いただけで涙腺緩みそうな曲ですジョン・ウィリアムス作曲の曲ですが、壮大な「スターウォーズ」の曲や「ジョーズ」のスリリングな曲、「ジュラシックパーク」「レイダース」のような勇壮なスコアなどジョン・ウィリアムス節と言えそうな代表的な楽曲群ですが、この曲はガラッと変わってバイオリンの奏でる悲しい調べ...映画の内容にそった素晴らしい名曲です映画音楽100選076「シンドラーのリストのテーマ」「シンドラーのリスト」より

  • 「妖怪大戦争」

    現在「妖怪大戦争ガーディアンズ」が公開中、平成にも「妖怪大戦争」のタイトルの作品が作られましたいずれも未見ですそれらの原点がこの1968年の大映作品です西洋の吸血妖怪ダイモンが江戸時代の日本にやってきて殿様の姿を借りて悪の限りを尽くそうとする、そこで立ち上がるかっぱ、油すまし、ろくろ首、二面女、から傘小僧、ぬらりひょんなどの日本代表の妖怪アベンジャーズ!妖怪バトルが展開されるこれ子供の頃よくテレビで放送されてましたな劇場でもおぼろげな記憶ながら見たような…生野パークか生野電気館か…「妖怪百物語」と「東海道お化け道中」との間に挟まれた妖怪三部作と言われてますが「東海道お化け道中」は未見ですが、「妖怪百物語」より私はこの作品の方が好きですコメディタッチではあるが、今の時代の子供が見たらちょい怖いかも?関西弁をしゃべ...「妖怪大戦争」

  • 私の名曲100選 015「カ ワ チ ア ン サ マ ー」by大西ゆかりと新世界

    06カワチアンサマー一時期は大阪ではライブのチケットの取れないアーティストとなっていた大西ゆかりと新世界その初期のアルバムに収録されてるのがこの曲夏の終わりに相応しい昭和歌謡調の曲夏の花火大会をイメージした情景の歌詞がどことなくノスタルジックに感じさせてくれるこの町のこの香り楽しくて空しくて...1日だけの玉手箱また来年の夏のその日まで...この曲は一年一度のお楽しみのイベントが終わる寂しさを感じさす歌詞がどことなく私が毎年行っていた夏フェスのサマーソニックを思わせてサマソニの帰りの車から見る舞洲の情景を見るとこの曲が頭に浮かぶんですね余韻で楽しそうにしてる笑顔、寂しく帰路に着く人達、名残惜しそうにしてサマソニ会場付近でウロウロしてる面々...この曲がぴったりハマります聞く人それぞれの夏の思い出に置き換えて浸れ...私の名曲100選015「カワチアンサマー」by大西ゆかりと新世界

  • 私の名曲100選 014「So in Love」By Morton Gould

    SoinLoveMortonGould.mov日曜洋画劇場のエンディング曲映画が終わり淀川長治さんが出てきて締めの解説をした後、来週の作品の予告が流れてもう一度淀川長治さんが出て「はい、それでは次週をご期待くださいさよなら、さよなら、さよなら」のセリフの後、吹き替え声優の名前の紹介画面に切り替わりそのとき流れる曲がこれ!もう我々TV洋画劇場黄金期世代にはたまらない名曲以前にも別カテゴリーの話題で紹介しましたが、この曲聞けば日曜が終わり明日から学校か...という楽しさの後の空しさを感じた当時の日曜の夜の雰囲気が思い起こされるまさに日曜日の締めを飾る曲でありましたきっと我々世代の映画ファンでTV洋画劇場をみてた皆さんは、この曲を聞けばそれぞれ当時の家庭の風景(それも日曜日の23時前)が甦るのではないでしょうかねミュ...私の名曲100選014「SoinLove」ByMortonGould

  • 「年末時代劇スペシャル 忠臣蔵 前編「君、怒りもて 往生を遂ぐ」後編「我、一死もて 大義に生く」」

    1985年(昭和60年)の年末の時代劇スペシャルとして日本テレビで放送された作品これか紅白歌合戦の裏番組としては当時はかなりの高視聴率を叩き出し、後に毎年紅白の裏番組に日本テレビは時代劇を放送するのが数年続きました私は数ある忠臣蔵の映像作品の中でこのドラマが1番好きなんですね忠臣蔵と言えばオールスターキャストと言うのが定番ですが、この作品も大石蔵之介は里見浩太朗、吉良上之介は森繁久彌、浅野内匠頭は風間杜夫…その他にも名優から小粒なアイドルも含めて豪華なメンバーを揃えて大型時代劇の名に恥じない作品二日間で約5時間のドラマだけに各赤穂浪士達のそれぞれの事情や夫婦愛、親子愛など細かいバックボーンも描かれています短いエピソードだが、グッと来るような演出と情感のある三枝成章の音楽がいちいち泣かせますこのドラマで私が特に印...「年末時代劇スペシャル忠臣蔵前編「君、怒りもて往生を遂ぐ」後編「我、一死もて大義に生く」」

  • 千葉真一さんと笑福亭仁鶴さんの訃報

    我々世代を楽しませてくれたスターが立て続けにこの世を去りましたまずは千葉真一さん子供心にキイハンターのキレのあるアクションのカッコ良さに魅了されて、ブルースリーを初めて見た時は千葉真一さんだと思った色んな映画で千葉ちゃんの姿を見せてもらいました「仁義なき戦い」の豪傑なヤクザ、「戦国自衛隊」のノースタントなアクション(アクション監督まで務めてましたね)「魔界転生」の剣豪柳生十兵衛でのゾードアクション、「ゴルゴ13九龍の首」のデューク東郷、そしてこれこそ真骨頂のギャグと必殺技の緩急が堪らない「直撃!地獄拳」シリーズや「殺人拳」シリーズの空手映画つい先日見た「赤穂城断絶」が私の見た最近の千葉真一さんの作品となりましたまたCMでは奥さんの野際陽子さんと共演したハウスジャワカレーや「やったね千葉ちゃん」の車のCMの各シリ...千葉真一さんと笑福亭仁鶴さんの訃報

  • 「ひきしお」

    カトリーヌ・ドヌーヴとマルチェロ・マストロヤンニが共演の作品1972年の作品て聞いただけで昭和の映画館の看板や場内の雰囲気が目に浮かびますこんな時代の映画をCSなどで上映してくれるとついつい見てしまいますこの映画は昔からタイトルなどは知ってましたが、今回が初見なんですが…こんな妙な映画とは思いませんでした(笑)地中海の島で妻子をフランスに残し犬と生活しているマルチェロ・マストロヤンニ扮する男ジョルジュオの前に突然1人の女性リザが漂着してくるもちろん演じるはカトリーヌ・ドヌーヴ漂着と言うよりは男女グループでボートに乗っていたリザが恋人とケンカした挙句怒りまかせに海に飛び込み島に辿り着いたと言う勝手な姉さん2人がいつしか一緒に行動を共にし、愛が芽生え…と言うラブストーリーなんですが、リザがスッポンポンでジョルジュオ...「ひきしお」

  • 「赤穂城断絶」

    私この映画は今回が初見なんですね忠臣蔵を題材にした東映の作品であり、「柳生一族の陰謀」の大ヒットを受け東映が時代劇よ再び!とばかりに製作した大作であります公開当時、近鉄線阿倍野橋駅のコンコースの片隅に小さいモニターがあり、そこでアポロローズやアポログリーンを始め天王寺周辺の映画館の上映作品の予告編が流されてまして、近映大劇場で上映されてたこの作品も流れてるんですが、これがサングラスかけた萬屋錦之介が時代劇への思いれを淡々と語ってるインタビュー映像だけが流れるシュールなもんだったんですね(予告編と違うやん)そんな思い出しかないこの作品を初めて見ましたが、今まで見た忠臣蔵のストーリーを王道的に描きながら軽くサイドストーリー的に討ち入り前に金の為に女房を女郎屋に働かせたり、身を滅ぼし死んでいくものが描かれたりして浪士...「赤穂城断絶」

  • フィールドオブドリームスのロケ地でメジャーリーグ

    ・ケビンコスナー主演の名作「フィールド・オブ・ドリームス」のロケ地のトウモロコシ畑のグランドでメジャーリーグの公式戦が開催されたホワイトソックス対ヤンキース戦が行われ、選手達は新聞の写真のように映画さながらのトウモロコシ畑から出て来ると言う粋な演出にさすがアメリカやなーと朝から感動しましたね主演のケビン・コスナーも登場したり、しかも劇的なサヨナラホームランがトウモロコシ畑に飛び込んで試合が終わると言う映画のような展開!こう言う粋なイベントと公式戦の融合はアメリカらしくていいですね朝からほっこりしましたわフィールドオブドリームスのロケ地でメジャーリーグ

  • 「八甲田山」

    1〜2年前にCSでこの作品をまともに初めて見たんですが、その時は雪と画面の暗さで誰が誰やらサッパリ分からなかったが、今回は4K版として制作された「八甲田山」画質がクリアで実に見やすい「八甲田山」雪に遭難した役者の顔もバッチリで、しかも悲惨な遭難シーンはクリアになった分、発狂した兵士のおぞましい形相や雪にまみれ顔が凍りついた北大路欣也や三国連太郎、加山雄三ら名優達の悲惨な形相もバッチリとおがめます更にる前に新田次郎の原作「八甲田山死の彷徨」を読んでの鑑賞210人の雪中訓練遭難事故を映画化した作品公開当時は日本映画最高興行収入の記録を樹立した話題作でもありました天災、人災と様々な意見が言われておりますが、認識や情報の欠陥と指揮系統の混乱により兵士210人中199人が遭難した山岳事故高倉健扮する徳島大尉の31連隊は困...「八甲田山」

  • 「愛の亡霊」

    「愛のコリーダ」に続く大島渚監督のエロス作品しかし私の今回見たバージョンは「愛のコリーダ」ほど過激な性描写は無く、むしろ吉行和子扮するせきと藤竜也扮する豊次の愛欲から犯した罪に付き纏われ破滅して行く2人の姿が印象的車屋の塚田儀三郎の妻のせきに恋を寄せる豊次ある日関係を持ったせきと不倫の中になり、2人で共謀して夫の儀三郎を殺害し古井戸に沈めるしかし妻のせきの前に儀三郎の亡霊が現れる吉行和子さんの訛りのあるセリフ回しが、古風な日本の田舎のおばさんの雰囲気があっていいキャスティングです(身体つきも(笑))、また豊次と初の情事に営む場面で赤子の鳴き声が気になり、情事を拒むのかと思いきや、耳を塞いで豊次に身を任せる…欲情に駆られそして破滅の始まりとなる場面として印象に残りました亡霊となって出てくる儀三郎は白塗りの昔ながら...「愛の亡霊」

  • 私の名曲100選 No.013 「恋はみずいろ」by ポール・モーリア・グランド・オーケストラ 

    恋はみずいろポール・モーリアL'amourestbleuPaulMauriat我々の世代でポール・モーリアを知ってる人は多いでしょうね10代の頃きっとどっかで耳にしたであろう楽曲群ポール・モーリア知らんかっても、メロディを聞けば「あー聞いた事あるある...」ていう人は多いと思います時にはTVの中で、あるいはラジオから流れてきてたり、または喫茶店の有線で1970年代から80年代にかけて、どこに居ても彼のサウンドを耳にしたもんです私は小学生の頃、例に寄って自宅に兄貴のこのポール・モーリアのLPレコードがあり、時々聞いたりしてたので子供ながら奇麗なメロディに魅了されたもんですそのアルバムにはたしかこの曲は入ってなくて、最初に興味を惹いたのは「エーゲ海の真珠」でした何かで一番有名なのが「恋はみずいろ(L'amourEs...私の名曲100選No.013「恋はみずいろ」byポール・モーリア・グランド・オーケストラ

  • 「さらば映画の友よ インディアンサマー」

    この作品はタイトルだけ知ってましたが、見るのは初めてですAmazonprimeの配信で見つけました主演が川谷拓三でのがいいですね監督はこれがデビュー作となる原田眞人1979年の作品だが、ドラマは1968〜1969年の設定でその頃の世相が描かれたり、流行歌謡が流れる冒頭に川谷たくぼんが必死に走ってるどこにむかってるかと思えば、それは映画館!汗だくになりながら上映に間に合うたくぼん…いつもの席に座りを映画が始まる何とも無い様なオープニングですが冒頭のこのくだりで心掴まれます映画、映画館に思いれあるものには(特に昭和)この雰囲気が実体験としてあるのでグッと来ました昭和の映画館の原風景がそこにありますこの川谷拓三扮するダンさんは映画を年間365本見るのを20年間続けるのを目標にしている映画マニア所々映画の名セリフを日常...「さらば映画の友よインディアンサマー」

  • No.11 「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」

    音を立てたら即死!そんなキャッチコピーそのままのスリリングなホラー映画の続編前作で妊娠した主人公のエミリーブラント扮するイヴリンが産まれた赤ちゃんと生き残った2人の息子と娘で音を立てないサバイバルな旅を続けるうち、かつてご近所だった男性と遭遇した事から新たな恐怖と試練に立たされる今回はエミリーブラントの活躍より耳が不自由な娘リーガンが大活躍しますご近所だった男エメットとリーガン、エヴリンと息子のマーカスこの2組が別の場所で怪物達と対峙するこれを同時進行で上手く見せる演出は面白かったですね相変わらずバイオハザードに出てくるようなクリーチャーの頭が割れたりするグロテスクさはなかなか良い音を出したらアウトなので前作同様今回もセリフは少なく手話などでやり取りするが、表情や仕草で感情表現するだけに役者さん達も中々のハード...No.11「クワイエット・プレイス破られた沈黙」

  • 私の名曲100選 No.012「忍冬」by因幡晃

    因幡晃-忍冬忍冬(すいかずら)というのは花の名前この曲は1985年に昼ドラの主題歌となってた曲ですそのドラマは見てなかったんですが、その当時会社の上司がカラオケスナックに行くとこの曲をよく歌ってたんですね上司の当時付き合ってる彼女の名前がしのぶさんと言うもあったのかどうかはさておいて後にじっくりこの曲を聞くと、その歌詞の切なさに身もだえました不倫・・・いわゆる実らない恋をしてる女性が主人公妻子ある人に恋をしてる女性が叶わないとわかっていてもそばに居たい例え友達としての立場で密かに永遠に愛するだけでも構わない・・・そんな一途に切ない女心を因幡晃さんの美声で聞かせてくれます歌詞に出てくる「しのぶ」は名前ではなくしのぶ恋の意味があるんですね昨今は不倫の上にゲスが付いたりするものがありますが、昭和は不倫と言う行為を[し...私の名曲100選No.012「忍冬」by因幡晃

  • 「愛のコリーダ」

    …現在テアトル梅田で公開中の「愛のコリーダ2K修復版」を見たかったんですが、この日に見に行くつもりがちょうどワクチン接種券が来て2週間後に予約完了しのが昨日住吉区から電車に乗って人の多い梅田に出るのが憚れました対策しっかりやってるので大丈夫なつもりでしたがワクチン打つ前に万が一…と今まで凌いできてここまで来て万が一となると悔やみそうでついに腰引けて見に行くの断念!苦渋の決断でしたしかし愛のコリーダ見たいなーとNetflix見たら配信されてた!これで我慢するか…とモヤモヤしながらの自宅鑑賞公開時に何かとワイセツか芸術か?と論議を呼んだ作品で、実際かなりカットされて劇場公開されたようです当時小学生だった私は見に行けるハズもなく、2000年に「愛のコリーダ2000」として完全ノーカットで再公開…といってもボカシは入る...「愛のコリーダ」

  • 私の名曲100選 No.011「Wild Frontier」byゲイリー・ムーア

    GaryMoore-WildFrontier(1987)ギターヒーローゲイリー・ムーアの1987年発表のアルバム「WildFrontier」からのタイトル曲初めてこの曲をFMラジオから聞いた時は忘れられませんたまたまこの頃はHM/HRの番組を頻繁にエアチェックしていたのを幸いにこの曲に出会えましたイントロの入りのかっこよさ、聞きやすいメロディライン、後半のギターの早弾きなど当時メタル初心者の私をハロウィン、ホワイトスネイクの楽曲共々メタルファンに引き込んだ曲の一つですこのアルバムも「WildFrontier」個人的には捨て曲無しの名盤ですね後にグランキューブ大阪に来日公演に行きましたが、ゲーリーに取って最後の日本公演となりましたその後に訃報が伝えられました当日はブルースのセットだったんですが、それはそれで渋くて...私の名曲100選No.011「WildFrontier」byゲイリー・ムーア

  • No.10「モクソリ」

    続いて2本目は久しぶりに見る韓国ホラー「モクソリ」韓国語で声を意味するタイトルだそうですね友人が亡くなった事で、時折友人の声を聞くようになり気晴らしにクラス仲間とドライブに出掛けるが、廃棄の遊園地を途中で発見し、遊園地の中に入るお化け屋敷が…興味本位で入ったお化け屋敷で未曾有の恐怖を味わう暗いお化け屋敷の中で高校生達が亡霊達に襲われるんだが、お化け屋敷と言うより殆ど洞窟なんですねトンネルのようなとこを右往左往して、私が思ってたお化け屋敷とはちょっと違う正直、洞窟…あっお化け屋敷(笑)に入るまでがちょっと退屈で、やたらネットに生配信したがる男子の不用なまでのハイテンションが目障り(笑)お化け屋敷が本性を現してから高校生たちに恐怖が襲いかかるとこから面白くなってきたんですが、タイトルになってる"声"が私が思ったほど...No.10「モクソリ」

  • No.09「狂猿」

    久々に映画館来れた土曜日のシネマート心斎橋でしかめ久々のハシゴ見る映画がまず「狂猿」デスマッチファイターのプロレスラー葛西純選手にスポットを当てたドキュメンタリー映画ですプロレス団体フリーダムスに所属しているプロレスラーですが、私は何度かこの団体の試合も生で見た事ありますし、また葛西純選手にサインも貰ったり写真も撮ったりしましたその時も血だらけになって試合後に売店で自らグッズを売る葛西純選手はやはり1番人気でしたデスマッチと言えば古くはラッシャー木村の金網デスマッチが有名でしたが、昨今では大仁田厚の電流爆破デスマッチが思い浮かぶ人の方が多いでしょう現在デスマッチと言えばフリーダムス、または大日本プロレスが有名でその形式も昔よりかなり過激で痛みが伝わります昔からある大仁田厚のFMWが定番にしてた有刺鉄線デスマッチ...No.09「狂猿」

  • 「スカーフェイス」

    レンタルビデオで借りて以来の鑑賞VHSでは2本組でリリースされていて白と黒で統一されたトニー・モンタナのスタイリッシュなイラストのパッケージが印象的でしたブライアン・デ・パルマ監督のメジャー大作で、監督独特の凝った映像よりアル・パチーノの熱量のあるギラついた演技が全て持っていく傑作何回F◯◯Kて言うねん?て言うぐらいセリフの端々にこの言葉をまくしたて、ギラギラした目線が凄みを感じさせる何と言っても前半に出てチェーンソーのシーンのインパクトは今見ても強烈ですチェーンソーが腕を切断する場面を直接見せずに音と悲鳴と血飛沫とそれを見てるモンタナの表情だけで表現するのは秀逸またカメラワークも凝っていて、チェーンソー鳴り響く部屋の窓からカメラが出て、表に待たせてる車の中の相棒のマニーをカメラで捉えてまた移動したカメラがチェ...「スカーフェイス」

  • 「野性の証明」

    久々に角川映画「野性の証明」を見ました公開時は南街劇場の2階で友人と見ました冒頭の自衛隊の訓練に驚き、ベンハーのパクリのようなテーマ曲に心躍らせ、訓練中に飢えに苦しんだ自衛隊員がナイフで自分の腕を削ってその肉を食べるシーンにドン引きし、血飛沫上げて悲鳴上げる老婆その向こうにおののく薬師丸ひろ子…このオープニングだけで心掴まれました演習中に村人虐殺現場に遭遇した高倉健が生き残りの娘を引き取り、他の町で静かに暮らすが、ある事件をキッカケに裏組織と政治の癒着による陰謀に巻き込まれていく…43年経った今でも見たらオモロいですね暴走族にやられても黙って立ち上がる相変わらず寡黙な健さんまだ初々しいデビュー作の薬師丸ひろ子それに負けないくらい初々しい舘ひろし(笑)中野良子さんから漂う昭和感裏ヒーロー振りを発揮する夏八木勲成田...「野性の証明」

  • 「守護教師」

    公開当時劇場で見たかった作品マ・ドンソク主演のサスペンス映画この作品はアクション映画と言うよりはサスペンス映画と言う感じの作品女子高生失踪事件を赴任してきた元ボクサーの体育教師マ・ドンソクが追う!学校も警察もあてにならず失踪した女子高生の親友が行方を探すが彼女にも魔の手がしのびよる…マ・ドンソク怒りの鉄拳が悪党どもを蹴散らす!と行きたいとこだが、アクションは控えめで猛牛のように暴れるマ・ドンソクさんを過剰に期待すると肩透かしするかも?出てくる悪党は憎たらしい奴らばかりだし、警察は役に立たないわ、ヒロインは割と可愛らしいし(「アジョシ」のあの子とは後で知りました)わ、となかなか面白かったんですが、終わってみればどこか消化不良感がつきまとう作品でしたサイコ野郎をパンチ一発でのけ反らせて昇天さたのは溜飲下がりました...「守護教師」

  • No.08 「アーミー・オブ・ザ・デッド」

    先月配信開始されたNetflixのオリジナル最新映画2時間半にも及ぶゾンビ大作で、監督は「ドーン・オブ・ザ・デッド」「300」のザック・スナイダー!期待通りのラスベガスが阿鼻叫喚の地獄と化すゾンビアクションホラー映画になってます劇場での公開でなくネット配信のみの最新作品てことで2021年鑑賞映画に無理矢理カウントして加えましょう(笑)劇場ではないが今年は劇場本数少ないので…ゾンビが蔓延した世界で元傭兵がカジノのオーナーの依頼でカジノの金庫に眠る2億ドルを強奪する為に精鋭部隊を結成し、ラスベガスに乗り込むが、封鎖されたラスベガスはゾンビの王国と化していたしかもラスベガスが軍によって空爆される時間までに任務を終えなければならない主人公の元傭兵が仲間達をスカウトして行く過程がなかなか良い感じで、個性的なキャラの男女が...No.08「アーミー・オブ・ザ・デッド」

  • 「スケアクロウ」

    アメリカンニューシネマから続いて見たのが1973年度作品の「スケアクロウ」ジーン・ハックマンとアル・パチーノの共演私はこれ子供の頃見てます子供心に面白かったです特に記憶に残ってたのがジーンハックマンのストリップ(笑)正直そこしか覚えてなくて、それ以来の鑑賞です調べたら私が見たテレ初放送が1976年だから45年振りの鑑賞ですね今回はヒッチハイクがきっかけで知り合った男2人のロードムービー刑務所から出たばかりのマックスと家を飛び出し一度も産まれた子供を見たことが無いライアンが意気投合し、で洗車のビジネスを始める為にピッツバーグへ向かうそこに行くまでまずはマックスの妹の家に行くがそこに居た妹の友人のフレンチーといい仲になるんだが、このフレンチーがセクシービーム全開でエロいモーションをしかけ、ジーンハックマン扮するマッ...「スケアクロウ」

  • 「真夜中のカーボーイ」

    アメリカンニューシネマを2本続けて見ましたまずはこのジョンボイトとダスティンホフマン共演の「真夜中のカーボーイ」未見でしたので初めての鑑賞となりましたテキサスからニューヨークに一肌上げようと長距離バスでやってきたジョーとニューヨークで詐欺師として暮らすリコとの物語田舎もん丸出しのジョー演じるジョンボイトの素朴感がいいですね体力とアレ自慢で富裕層の奥様方に取り入って体を売って金を稼ごうとし、知り合ったジョーの仲介で売春の元締めを紹介されたら、そいつはゲイでジョーを求めてきたりするこの作品はゲイが良く出てくる1960〜70年代のニューヨークって感じが出てます詐欺師のリコ演じるダスティン・ホフマンの弱々しいくせに妙に強がる男…こちらも上手いです無骨なジョーとのコンビの対比が面白いですまた描かれるニューヨークの街並みが...「真夜中のカーボーイ」

  • 回顧 1980.5.27 新日本プロレス 第3回 MSGシリーズ 大阪大会 夢のWWF戦

    たまたまYouTube見てたら懐かしいプロレスの試合に遭遇しましたWWF世界ヘビー級選手権ボブバックランドvsダスティローデスこれ生で見てるんですよ初の生観戦の時でしたこれってソフト化とかされてないハズで、見るのは生観戦の後、当時ワールドプロレスリングで録画放送された試合を見て以来ですくしくもこの動画見たのが5月27日と41年前見た同じ日なのですね何かの縁とのことで当時の様子を振り返って見ました昭和55年5月27日…かねてから見たかった初の生のプロレス観戦が実現しました前の月の4月18日に全日本プロレスのチャンピオンカーニバルが大阪府立体育会館で開催されて、馬場vs鶴田、テリーvsブッチャーと目玉カードが行われたが、何故かそちらは行かなくて初の生観戦となったのが新日本プロレス第3回MSGシリーズの決勝リーグ戦大...回顧1980.5.27新日本プロレス第3回MSGシリーズ大阪大会夢のWWF戦

  • 「SFソードキル」

    昔、レンタルビデオで借りて以来に鑑賞してみました藤岡弘主演のハリウッド映画80年代に「ZOMBIO/死霊のしたたり」「パペット・マスターズ」「フロム・ビヨンド」など多数のB級映画を輩出したエンパイアー・ピクチャーズ製作の作品で、たしかにB級映画感がひしひしと伝わり上映時間も80分くらいしか無く、あっと言う間に終わる(笑)でもなかなか今見ても私は楽しめた1522年の日本、真壁一族の武士多賀義光が卑劣な追手に目の前で妻が殺され、自らも重傷を負い崖から転落し激流に呑まれるそして400年後、ひょんな事から氷漬けになった義光が発見され、アメリカの研究所に送られるそこで目覚めた義光は研究所を抜け出しアメリカの町へ…私、30年以上前に見てるんですが義光がアメリカに現れるのがタイムスリップだと勘違いしてましたどこでどう認識が変...「SFソードキル」

  • 私の名曲100選No.010「 雨音はショパンの調べ」by 小林麻美

    雨音はショパンの調べ-小林麻美1984年...私が社会に出た歳です19の春...当時の私の職場は昔ながらの雰囲気がありまして、パワハラややれコンプライアンスなどと言う現代ではアウトだったかも知れません職人的な仕事もあり、入社当時はまるで丁稚奉公のような感じでありまして、そんな時期の音楽を聞くとあの頃の原風景を思い出すのでありますこの曲も時期的には今時分の頃のヒット曲で下仕事しながらラジオを聞いてるとしょっちゅう流れてきてましたこの曲を聞くとあの頃を懐かしく思うんですねしんどい事ももありましたが、楽しい事もありました...あの頃良かったなぁ〜と思える時代ドク博士のデロリアンでもあれば覗きに行ってみたいな〜と思う訳でありますそんなこの曲は原曲はガゼボの「アイ・ライク・ショパン」(これもよく流れてましたね)この曲に松...私の名曲100選No.010「雨音はショパンの調べ」by小林麻美

  • 「コブラ会 シーズン3」

    以前記事の紹介した「ベスト・キッド」の30年後を描いたドラマ「コブラ会」最新シーズンをやっとこさ見た主人公ダニエルでなく映画の第1作でダニエルに苦杯をなめたジョニーを主人公にしたという意外な設定から始まるこのドラマ鬼コーチのグリースを師範とする空手道場だったコブラ会を真っ当な道場として復活さすべく自らの人生の再生を掛けるそこのかつてのライバルのダニエルと再会し...と言うストーリーでしたが、このドラマはオリジナルファンに取ってはついつい夢中になってしまいます何より主人公のジョニー役のウィリアム・ザブカ、ダニエル役のラルフ・マッチオを始めとするオリジナルメンバーを集結させてくれるんがいいんですシーズン2では悪役の鬼コーチのグリース役のマーティン・コーヴが復活し、ドラマをかき回し、ジョニーとつるんでた不良仲間もいい...「コブラ会シーズン3」

  • 思い出名画座 vol.16 「十三弥生座」

    以前にも記事にも書きましたが、小学生の頃一定期間に地元を離れて淀川区に住んでた時期がありまして、そんな時に一度だけとある日曜日に十三の映画館に連れてって行って貰った事がありますその劇場こそ今回ご紹介の十三弥生座なのであります後にも先にもこの劇場に行ったのはこの一度きりなんです何故この劇場に来たかと言うとハマり出していたブルースリーの作品が上映していた事でありますまだビデオ何か無かった時代、ロードショー公開が終わるとテレビ放送があるまで見たい映画が見たくても見れない時代でしたので、名画座などでブルースリーの映画が公開されると親にねだって連れて行って貰ったのでありますそれまでにも新世界国際で「ドラゴン怒りの鉄拳」&「未来惑星ザルドス」京橋名画座で「ドラゴン危機一発」&「ドラゴン怒りの鉄拳」のドラゴン大会など連れてっ...思い出名画座vol.16「十三弥生座」

  • 「ザ・エージェント」

    久々に見たトム・クルーズのこの作品昔、南街劇場で見たかな?ここ数年はアクションスターばりに派手な活劇作品ばかりですが、こう言ったヒューマンドラマも良いですねエリートのエージェントが会社の方針に疑問を持ちちょっと思い付いた提案書を出すがあっさりに首になり、唯一賛同してくれた女子社員と2人で会社を立ち上げるが…と言った展開なのだが、当然その女子社員であるレネセルヴィガーと恋仲になって行き、黒人フットボール選手をこれまた唯一の顧客としてバックアップするんだが、その辺の色々あるすったもんだが中々面白い挫折した事により今まで見えなかったものが見えてきたり、何も感じなかった事に対して色々考えていく…そんな主人公ジェリーマクガイヤーの人間的な姿に共感結婚してもそれは何の為の結婚なのか?本当の愛情を見つけていくラストシーンとい...「ザ・エージェント」

  • キングの名画座 第5回(特別編) 「特捜刑事 マイアミ・バイス」

    何と14年ぶりにこのカテゴリーの記事書きます自らのオールタイムベストの作品を思いれ一杯に書く自己満足の長文カテゴリーしかし今回の第5回は映画でなく海外のTVドラマでして、なので特別編と付けさせて頂きました活字に疲れた昨今にしては頑張ったつもりの19000字弱…(笑)興味ない方はスルーを先日記事にも書きましたが俳優の隆大介さんが亡くなられました私は俳優としてよりこの「特捜刑事マイアミバイス」の主人公のドン・ジョンソンの吹き替えの印象が強いんですねそんな隆大介さんへの追悼も込めて…「マイアミバイス」は私が80年代に好んで見てた海外TVドラマですそもそも日本で放送される前はCICビクタービデオからビデオリリースされてまして、町のレンタルビデオ屋さんにも並んでおりました第一話に入る前のパイロット版だったんですが、私が通...キングの名画座第5回(特別編)「特捜刑事マイアミ・バイス」

  • 「白と黒のナイフ」

    昔レンタルビデオで見た作品を久々に見た妻を殺害した容疑で逮捕され裁判にかけられた夫を女弁護士が弁護に乗り出すが、やがて2人愛し合う関係になり…妻殺しの容疑をかけられた夫がジェフ・ブリッチス、女弁護士がグレン・クロース、対する検事がピーター・コヨーテ…芸達者の面々が揃えば面白くないわけもなく、昔から好きな映画なんですやはりこう言う映画は法廷劇として見たら、日本映画では真似出来ない面白さがあります丁々発止の弁護士と検事のやとりと見てるだけで堪能出来ます弁護士と容疑者が恋に落ちると言う展開が真犯人をボヤかすような事になっている最後の◯◯◯◯◯◯◯の一つの◯◯が◯◯◯がる瞬間に一気にサスペンスが増すどんでん返し系の秀作ですi「白と黒のナイフ」

  • 私の名曲100選No.009「 Don't Give Up」by フェア・ウォーニング

    FAIRWARNING-Don'tGiveUpロックバラード3連発となる今回はドイツのメロディアスハードロックのバンドで日本で人気のフェア・ウォーニングのDontGiveUpこのバンドは90年代から2000年代にかけて本国や世界的に見ても知名度が低く日本だけ絶大な人気のあるバンド(それでも知らん人は多い)美しいメロディラインがヘヴィメタルでありながら日本人に馴染みやすい聴きごこちで、なかなか良い曲が揃ってるバンドです私も来日公演は何度か行きましたが、ライブ中盤に必ず歌われるのがこのバラード「ドンギーバ〜」とボーカルのトミーハートの高い声質でシャウトされる力強い応援歌のような楽曲で、力強いリズムラインにヘルゲ・エンゲルゲの天空駆けるようなスカイギターが合わさる最強のロックバラードです私の名曲100選No.009「Don'tGiveUp」byフェア・ウォーニング

  • 私の名曲100選No.008「 Someday」by ニッケルバック

    Nickelback-Someday私の名曲100選No.008「Someday」byニッケルバック

  • 私の名曲100選No.007「 Is This Love」by ホワイトスネイク

    Whitesnake-IsThisLove-NowinHDFromLOVESONGSホワイトスネイクが1987年に発表した「白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス」からのグッドなバラードまたバンドの代表曲の一つでもあります当時この曲をFMで聞いてカセットに録音してよく聞いてましたこの曲では低いキーで歌い上げるデイヴィッド・カヴァデールのボーカルのどこかセクシャルで色気を持った歌い方がいいですね〜当時22歳のヘビメタに興味を持ち出した私にノリノリのロックナンバーだけでなくバラードにも名曲ありと教えてくれましたホワイトスネイクのライブは後に何度か足を運びましたが、必ず中盤でこの曲が演奏され、オーディエンスが一緒に歌って盛り上がりますこの曲はいつ聞いても当時よく聞いていた頃の思い出が甦ってきます私の名曲100選No.007「IsThisLove」byホワイトスネイク

  • 映画音楽100選 075「 死亡遊戯 メインテーマ」(「 死亡遊戯 」より)

    JohnBarry-BruceLeeGameOfDeath(SoundtrackFilmVer.)死亡遊戯メインテーマブルースリー最後の作品「死亡遊戯」のテーマ曲映画はブルースリーの死後に過去のリーの表情のフィルムをつぎはぎして、新たな取り直したオリジナルストーリーで、ラスト11分だけ撮影済の格闘シーンで本物のリーが見れる今となってはかなり無理して作った感のある編集なんですが、それでもこの作品が成立してるのはラストのブルースリーのアクションとそしてこのテーマ曲と言ってもいいでしょうね〜ジョンバリーの渾身のタクトが目に浮かぶかっこいい名曲です特に「ドラ道」でのチャックノリスとの戦いをカジノに見立てて見せるオープニングのタイトルバックでこの曲が流れるんでしが、もう血湧き肉踊るテンションだだ上がりになりますねいつ聞い...映画音楽100選075「死亡遊戯メインテーマ」(「死亡遊戯」より)

  • 映画音楽100選 074「唇をかみしめて」by吉田拓郎(「刑事物語」より)

    映画「刑事物語」シリーズ主題歌/唇をかみしめて/吉田拓郎この武田鉄矢主演のシリーズは全5作作られましたが、全てのエンディングに流れる主題歌です吉田拓郎の歌うこの「ええかげんな奴じゃけん...」の広島弁の歌い出しで始まるこの曲は最高ですね毎回、失恋などで切なく終わるエンディングにふさしく、このシリーズにぴったりの名曲です特に第1作目の波頭での場面をこの曲を聞くたびに思い出してジーンときます田中邦衛さんの正体が明らかになるエンディングはもう泣いてしまいますわ〜今は亡き田中邦衛さんのこのシーンでの名演も当然ですが。この曲の相乗効果あっての感動です第1作のエンドロールのこの曲の間奏で片山刑事がつぶやく「歌は歌って初めて歌であり、鐘は叩いて初めて鐘であり、愛は...与えて初めて愛である」という台詞がこの曲の一部のように聞...映画音楽100選074「唇をかみしめて」by吉田拓郎(「刑事物語」より)

  • 隆大介さん死去〜ソニークロケット刑事よ永遠に

    俳優の隆大介さんが急死されましたね無名塾出身で「影武者」では織田信長を演じ、悪役や嫌な役所など名脇役としてTVや映画で活躍されてましたしかし私は隆大介さんと言うと思い浮かぶのは80年代の海外ドラマ「マイアミバイス」での主人公ソニー・クロケット刑事の吹き替えでした↑80年代のドン・ジョンソン最初はソニー役のドン・ジョンソンの風貌と生声とのギャップに違和感感じたけど気がつけばドン=隆大介さんになってましたドンの吹き替えは「刑事ナッシュ・ブリッジス」のドン・ジョンソンの声をアテた野沢那智さんより私は隆大介さん派でしたねマイアミバイスが毎週火曜日の21:00にTV大阪で放映されてる時、ドンジョンソン主演の映画が同じくTV大阪で放映されましたが、その時も隆大介さんが声アテてましたマイアミバイスの次回予告の後にテレフォンカ...隆大介さん死去〜ソニークロケット刑事よ永遠に

  • 「デイズ・オブ・サンダー」

    トムクルーズ主演の90年公開のレース映画地上のトップガンと言われる映画だけに、オープニングなどはトップガンの空母の艦上とレース場を置き換えたような似たシーン出て来ましたこれレンタルビデオに出た頃に借りて見たんですが、全然中身覚えてなくて初見と同様ですトム扮する型破りな若手レーサーのコールが鮮烈にデビューを飾り挫折を重ねながら成長していくって殆どプロットはトップガンそれが良い悪いはともかくテンポ良く話が展開していくのはさすがはトニースコット監督で、ここらもトップガン見たいレースシーンもふんだんに出てくるが、やたらクラッシュしまくり(笑)似たような映像がちょっと多い気がするけど素早いカット割などはスピーディーで迫力はありますライバルはマイケルルーカー扮するロウディ2人の絡みで印象的なのは事故で入院した2人が病院内で...「デイズ・オブ・サンダー」

  • 「アリス・スウィート・アリス 」

    この作品は永らく日本未公開で、安DVDメーカーからリリースされてたいわゆるビデオスルーの作品なんですが、最近晴れて劇場公開されたようです1976年製作のスラッシャーホラーで、あのブルックシールズの出演作でもありますと言ってもこれがデビュー作品主人公の変わり者の少女の妹役でまだ子供しかも冒頭でいきなり殺されて退場します少女アリスは美しい妹に嫉妬していたその妹が初聖体式の日に教会で殺害されるそれを皮切りに連続して不可思議な事件が頻発する…アリスがまるで犯人のようにドラマは展開して行きます黄色レインコートにプラスチックの仮面手にはデカい包丁を持った殺人鬼不気味な人形を大事にするアリス、魚を包丁をぶった斬る映像などシュールな描写が印象的な作品で、未公開なのが惜しまれるエグい描写は特に無いけど、どことなく気持ち悪く進行し...「アリス・スウィート・アリス」

  • 私の名曲100選NO,006「君はLOOKIN' HOT」BYバリー・マニロウ

    BarryManilow-You'relookin'hottonight198380年代に日本でも一世を風靡したバリーバ二ロウの曲ですTVのCMに使われていて大ヒットしましたね東京国際音楽祭でもスペシャルゲストとして来日したり、当時はかなりの大物感でしたバリーバ二ロウと言えば「コパカパーナ」が有名ですが、私はこの曲が好きですねノリノリのダンサンブルなポップナンバーですサビの部分がやはりインパクトがありますね一度生でこの曲やコパカパーナを聞きたいもんですねでも来たら来たで高額なチケット代取るんでしょうね...というよりコロナで無理な話ですがねこの動画は明らかな口パクですが(歌い出しが完全に口の動きが遅れてる(笑))80年代の煌びやかな雰囲気は感じられます私の名曲100選NO,006「君はLOOKIN'HOT」BYバリー・マニロウ

  • 「デッド・フォール」

    シルベスタースタローンとカートラッセル共演のバディ物昔、レンタルビデオで見て以来の鑑賞スタローンがスーツを着て一見インテリケーキ、カートラッセルがワイルド系な見たくれですが、相変わらず期待通りのハチャメチャなアクションを見せてくれる作品麻薬組織のボスの罠にはまり刑務所送りになった2人が刑務官の協力で脱獄無実を晴らすために組織壊滅の戦いに挑んでいく自分こそロスのNo1刑事でお前はのNo2とお互い言い張るライバルでいる2人にテリーハッチャーらが絡みなかなか最後まで飽きずに見せてくれます今となっては特に印象に残るような映画でも無いんですが、80年代のマッチョな刑事物としては懐かしさもあって楽しめました組織のボス役ノジャック・バランスがいい味を出してて良かったです「デッド・フォール」

  • No.07「ザ・スイッチ」

    殺人鬼と女子高生の入れ替わるホラー人格入れ替わり系の作品は以前から多々ありますので決して目新しいアイディアではありません今回は殺人鬼に襲われた女子高生がナイフで殺されそうになる寸前で入れ替わってしまうしかし中身は殺人鬼と女子高生でも身体は当然そのままで体力もそのままと言うのがミソよって女子高生になった殺人鬼は非力で簡単にとっ捕まったりするし、女子高生になった殺人鬼は女子とは思えないスーパーパワーでドアなど一撃でぶち破ったりするコメディ的には女子高生に入れ替わった殺人鬼ヴィンス・ヴォーンのおっさん乙女キャラが笑わす厳つくてデカイおっさんがバスタオル巻いてシャワーから出てきたり、憧れのイケメン男子に心ときめくキッスしたりと見たくれとのギャップで笑わせてくれます逆に殺人鬼に入れ替わった女子高生のキャスリン・ニュートン...No.07「ザ・スイッチ」

  • 「プロフェシー/恐怖の予言」

    1979年のホラー映画て言うよりモンスター映画ですね日本公開は1980年らしいですたしかこれ劇場では2本立て?やったかなちょっと自信ありませんポスターやチラシのビジュアルが昔からインパクトありましたこれまで未見でしたが晴れて41年の時を経て鑑賞製紙工場が川に垂れ流したメチル水銀の影響で森の生態系が大きく崩れ、凶暴に変容したモンスターが襲いかかってくる森を伐採しようとする都会の人間とその森を守ろうとす先住民族との対立を描きながら、人権問題、環境問題に公害問題などを散りばめそこにモンスターを絡めて上手くまとめたB級映画でそこそこ楽しめる森の調査に来た一行に立ち塞がる先住民族の代表とチェーンソーとオノのスリリングな対決はさすがジョン・フランケンハイマー監督のお手の物!出てくるモンスターは身体半分が溶けたようなグロテス...「プロフェシー/恐怖の予言」

  • 東洋のアマルフィ旅行記

    今回は映画でも音楽の話題ではなく、先日に嫁さんといった日帰り旅行の話前から行きたかった織田裕二さんの映画「アマルフィ」でお馴染みのイタリアのアマルフィとそっくりの場所があると言われる和歌山の雑賀崎漁港に行ってきた車で2時間かからず着いて、トンネル抜けたら目の前に広がるイタリア?のような風景…和歌山の漁港の山沿いに和風や洋風の家が積み重なるように立ってるこれが東洋のアマルフィ!街並みを散策すると、ひたすら階段と迷路のように入り組んだ路地ここ歩いてもいいん?と思うような狭い道と階段そこに民家がひしめくように立ち並ぶそんな中にブテイックもあり、地元の奥さん方はここで洋服買う?昔ながらのたこ焼き屋に理髪店!昔ながらの石の炊事場にタバコ屋…かと思えばヨーロッパ風の洋館昭和レトロと洋風が混在するちょっと見慣れない光景上空に...東洋のアマルフィ旅行記

  • No.006 「ノマドランド」

    アカデミー賞にノミネートされている作品をいち早く鑑賞リーマンショックの煽りで家を失った主人公ファーンが家財道具を車に突っ込んで、日雇いの仕事を求めて、全米を車で放浪する旅に出るそして同じように車で生活しながら旅をしてるひと達と様々な交流が生まれていく車上生活してる人が多数集まり、キャラバンのように構成された場所があったりと私ら日本人には正直ピンと来ないドラマかも知れないしかも高齢者たちが多い部分は私など西成の釜ヶ崎が頭をよぎったぐらいなんですが、全編寒々としたタッチの画面が一層彼らの生活の厳しさを表してるかのようでした仕事が見つかる時もあれば中々見つからない時もある、そんな時は同じような仲間達が助け合いながら生活していき、またその場を離れてまたどこかで再会してを繰り返す車が故障する場面がありますが、車上生活して...No.006「ノマドランド」

  • 「燃えよNINJA 」

    80年代ニンジャブームの先駆けの作品だが当時はビデオスルーこの作品以降やたら海外ニンジャ映画が日本に来ますその殆どがビデオスルーですがねこの作品で一躍時の人になったのがショーコスギ!あのケインコスギのお父さんでありますしかしこの作品では悪役扱いでラスボス的な存在なんですねその割には出番は少ない主演は武道や忍術とはイメージがほど遠いフランコネロ…アクションは殆どスタントマンなんですが、時折り本人が見せるアクションのキレの無さ…(笑)ヌンチャクの朝練の場面では笑ってしまうくらいの緩慢なヌンチャクさばき(笑)それに比べてショーコスギが見せるヌンチャクのスピーディーな事!この作品は妙にスマッシュヒットしたB級アクション映画なんですが、割り切って見ればそこそこ楽しめたりします忍術の免許皆伝を得た主人公フランコネロが戦友と...「燃えよNINJA」

  • 私の名曲100選No.005「春よ、来い」by松任谷由実

    松任谷由実-春よ、来いこの歌はよく昔行ってたパチンコ屋でよく聞いた(笑)あの頃の情景がよみがえってきますそんな意味でも懐かしく感じるんですが、それとは関係なく好きな曲です朝ドラの主題歌だったようですが、そんなん一度も見た事も無くラジオやそしてホールで流れて来たらついつい聞き入ってしまうきれいな純和風の歌詞とピアノの調べから始まる情緒溢れるメロディライン松任谷由実さんの情感のこもった歌声が冬から春に移り行く今頃の季節にぴったりの名曲だと思います最近の映像を見ると松任谷由実さんはキーを落としてこの歌を歌ってるようですが、ちょっとそれが演歌チックに聞こえて...ま、それはそれでまた味わい深いか(笑)私の名曲100選No.005「春よ、来い」by松任谷由実

  • No.05 「アウトポスト」

    ちょっとこれは見たかった作品ですアフガニスタンで実際にあった戦闘を描いた作品です真っ暗な夜のアフガニスタンの空をヘリコプターが飛んでるシーンから始まるこの作品そこにロメシャ2等軍曹ら精鋭部隊が乗り込んでいて、彼らが到着したのは、アフガニスタンのキーティング基地着いた時は夜間の暗闇なので、わからなかったが朝起きて見て初めてその異様な光景を目にするんですね基地の周りにそびえ立つ山…と言うより巨大な斜面と言いますか、基地が360斜面に囲まれた谷底にあり、いつでも攻撃してくれとばかりの無防備状態なんですねいつタリバンが攻めてきてもおかしくない緊張感野中、兵士達は任務にあたるんですが、毎日のように銃撃が突然起こり誰かが命を落とす…映画は我々にそんな基地内の日常の緊張感を味わわせてくれます前半は短いエピソードや会話の最中に...No.05「アウトポスト」

  • 思い出名画座 vol.15 「道頓堀東映パラス」

    道頓堀東映パラス道頓堀東映の下にあった地下の映画館です今回は地下の道頓堀東映パラスだけ紹介します道頓堀東映は邦画の東映で、地下は洋画を中心に上映していたんですが、ここの映画館に足を運んだのは以外と遅く20歳を超えた大人になってからでしたね何が最初かは忘れましたが、印象に残ってる映画はまずは「死霊のえじき」ジョージAロメロ監督のゾンビ3部作の3作目ですが、1986年公開当時はレンタルビデオにハマっていて、劇場には行かずビデオ化まで待っておウチで映画を見ていた頃でしたが、さすがこの作品だけは劇場で見たい!と言う事で前売り券買って見に行ったもんでした鑑賞当日に劇場前に来たら前の回の上映が終わって出てきたカップルの女性が今にも吐きそうな顔して出てきたのが印象で、ますます期待が高まり、そしてオープニングの壁から無数のゾ...思い出名画座vol.15「道頓堀東映パラス」

  • No.04 「花束のような恋をした」

    今回洋画で時間合うのがなく、かといって邦画でも見たそうなのはレイトショー無し…て訳でたまには邦画のラブストーリーでも見るかと言う事で若者で賑わうこの作品を見てきました終電を逃した事により、偶然知り合った2人の男女の5年間の物語この2人が見事なほど趣味や価値観が同じで、同じお笑いライブさえ見に行く予定になってたが事情で行けなかったのも同じ…読む本も同じで見たい映画も同じ…まさに人生最良のパートナーに出会ったが如く2人は打ち解あいやがて愛し合って同棲生活が始まります2人の夢はこの生活の現状維持…しかし社会に出てから徐々に同じ価値観からズレが生じてくるこの作品はリアリティのある内容で、どんだけ趣味や好みが一緒でも所詮は別々の人間が一緒に暮らしてる訳で、必ずしも彼らが目指す現状維持ってそう容易く出来る事ではないと見せて...No.04「花束のような恋をした」

  • 「クレオパトラ」

    「千夜一夜物語」に続いて手塚治虫率いる虫プロ製作の大人のアニメ第二弾として製作された作品がこの作品クレオパトラと言ってもちょっと創作の入ったお色気ギャグアニメって感じでなかなか面白く見れました人類が宇宙進出を果たした21世紀を舞台に、地球に対して「クレオパトラ計画」を企むパサトリネ星の計画の真相を調べるため、3人の地球人の精神だけをクレオパトラが生きていた紀元前50年のエジプトにタイムスリップさせる、というSF映画である設定からしてオリジナルなお話になっていて、そこに史実に語られるドラマを挟み込みながら描かれる何よりクレオパトラは超ブスだがナイスなボディに男を虜にする名器もちと言う設定粘土細工のような整形手術を受けて絶世の美女に変身したクレオパトラがシーザー率いるローマ軍からエジプトを解放するためにシーザーに接...「クレオパトラ」

  • No.03 「野球少女」

    関西は緊急事態宣言が解除された事により、映画館も20時終了の縛りも解け、レイトショーが復活しましたやっと劇場に本格的に私も足を運びやすくなりましたしかし…洋画があまりやってないのが現実ですもちろん邦画も良さそうなのはあるんですが、時間合わなかったり、レイト無かったりで…そんな中アポロシネマで上映が始まった韓国映画を見て参りました野球部に所属する女子高生が本気でプロ野球を目指す物語我々世代はついつい韓国版野球狂の詩や!と小躍りします水島新司さんの人気マンガその中に登場する女子プロ野球選手水原勇気が活躍するドリームボール編はTVアニメ化され、毎週楽しみに見てました因みに実写版も作られて当時の人気アイドル木之内みどりさんが水原勇気を演じてましたで、今回の作品も韓国プロ野球入りを目指す女子高生が偏見にめげずに夢を追う姿...No.03「野球少女」

  • 「青い体験」

    私の子供のころ、よくちょっとエッチな事あったら「青い体験やなー」なんて言うてたもんです当時大ヒットしたこの作品の事を言ってるんですが今回が初鑑賞ですTV洋画劇場の吹き替え版での鑑賞ですこの映画は主演のラウラ・アントネッリに付きますねいかにも昭和の…と言うか70年代の美人て言う感じがいいです家政婦でありながら地味な感じの色気を出しながら、まさにイグナツィオ一家の男達を骨抜きにしてしまうのです妻に先立たれた初老の親父イグナツィオに3人の息子と暮らしているが、そこに若くて美しい家政婦のアンジェラがやってくる父親は元より息子達はアンジェラに興味深々となり…父親は若い家政婦の色気にのぼせ上がり死別したばかりの妻の写真に事あるごとに.「俺はもう大丈夫だから、ゆっくり休めよ」など言い訳がましく語りかける(笑)長男は色目使いな...「青い体験」

  • 私の名曲100選No.004 「アイ・ニード・ユー」byモーリス・ホワイト

    MAURICEWHITEINEEDYOU私が二十歳過ぎの頃、興味が映画と野球とプロレスに絶頂だった頃...同じくちょっと色気付き出した時期でもあり、こんな至極のバラードも心に触れましたGOODバラードですね名曲中の名曲ですアースウィンド&ファイヤーのモーリスホワイトのソロアルバム「sutandbyme」からのシングルカット曲モーリスのムーディな歌声が情感をもり立ててくれて、心の中の切ない想いを駆り立てる一度生歌でこれ聞いてみたかったですねモーリスがこの世に居ないのが残念ですライブ映像と思ってこの動画見たら思いっきり口パクでカックン!(笑)それでも名曲に代わり無し!まさに天国でも聞きたい1曲です私の名曲100選No.004「アイ・ニード・ユー」byモーリス・ホワイト

  • 映画音楽100選073 「キャノンボールのテーマ」 By レイ・スティーブンスRay Stevens

    TheCannonballRunSoundtrackRayStevensバート・レイノルズ、ロジャー・ムーア、ディーン・マーチン、ファラ・フォーセット、サミー・デービスjR、ジャッキー・チェンなどなど早々たるメンツのオールスター映画「キャノンボール」の主題歌オープニングの疾走するカウンタックを空撮で捉えた映像にかぶるかっこいいノリノリの曲当時劇場でこのシーンを見てさっそくサントラ買いましたなんでかパンフレットに乗ってたキャノンボールグッズの通販でポストカードまで買いましたこの映画に結構ハマったんですね〜それもこれもこの曲でグッと心を掴まれたせいだと思います映画音楽100選073「キャノンボールのテーマ」Byレイ・スティーブンスRayStevens

  • 「千夜一夜物語」

    大人のアニメ「千夜一夜物語」を鑑賞貴重な私が4歳の頃に公開された作品のようですが、何となく昔からテレビ?で見たような見てないようなあやふやな記憶なので初見と変わらないですね今回はCSで放送されたのを見ました貧乏な水夫アルディンがバクダットの奴隷市場で美しい娘ミリアムに一目惚れし、嵐に紛れて強奪し2人は愛し合うようになり、子供を儲けるがアルディンは捕らえられ、ミリアムは死んでしまうやがて財宝を積んだ難破船にのりシンドバッドと名乗りバグダッドに帰還し王になるが…アラビアンナイトの話は良く私は知りませんので実際どこがどうなのかはわかりませんが、千夜一夜物語の壮大な物語の一部を繋いだようです後半バベルの塔が出てきたりするのは多分この作品の創作なんでしょね大人のアニメと言われるだけあって、性描写の多い作品と言われてますが...「千夜一夜物語」

  • 名画100選No.072 「プロジェクトAのテーマ」byジャッキーチェン (「プロジェクトA」より)

    プロジェクトAのテーマなんと言えない節回しの広東語と軍隊風のリズムが一度聞いたら耳に残る名曲もちろん歌唱はジャッキーチェンジャッキーチェン10周年記念作品として公開された「プロジェクトA」のエンディングでNGシーンとともに流れる主題歌未だに何かとネタに使われる印象的な曲ですねオープニングの男性コーラスバージョンもいい!名画100選No.072「プロジェクトAのテーマ」byジャッキーチェン(「プロジェクトA」より)

  • 「フットルース」

    この映画は公開当時は劇場ではなくレンタルビデオで借りて見たっきり実に37年ぶりに家にあるVHSビデオを再生しての鑑賞です初見の時同様に粗いビデオの画質(当時は何とも思わなかったが)での鑑賞Hi-FiSTEREOの文字が懐かしいウチにまだ稼働するビデオデッキがあるので、いくつか一部ビデオソフトやらダビングものを残してるんですたまに掘り出し中古ビデオ買う時もありますいやー、やはり80年代の作品はいいですねまさに音楽と映像が融合したMTV感覚の80年代の作品の中でもトップガンと並んで最高の作品です小さな田舎町に引っ越してきた主人公がある事故をキッカケにロックもダンスも禁止となってる事を知り、町議会にダンスパーティー復活を提案するケヴィンベーコン扮する主人公の高校生が様々な困難を乗り越えて目標を実現していく姿をポップな...「フットルース」

  • 「無双の鉄拳」

    劇場で見逃したいたこの作品をCSで鑑賞夫婦喧嘩の後帰宅したら奥さんが誘拐されてて、身代金要求どころか逆に大金を渡され、これで妻を忘れろと言われる…かつては雄牛と言われた暴れん坊マ・ドンソク扮する主人公が妻を奪回するため怒りの鉄拳を炸裂させる韓国映画に出てくる悪党はとにかく憎たらしく悪い奴が出てくる悪役演じる役者さんの演技が素晴らしいのももちろんだがそれに対峙するヒーローがめちゃくちゃ強いのが爽快感をアップさせますまさにマ・ドンソク映画の真骨頂ですね一時期のセガールの映画見たいめちゃくちゃ面白かったですね彼に協力する相棒2人もなかなか良いキャラなんですよね市場の同僚に胡散くさい探偵と最強ドンソクこのトリオが奥さん救出とその裏に潜む人身売買の組織に戦いを挑むこう言う展開になると警察が全く当てにならないのはお約束です...「無双の鉄拳」

  • 映画音楽100選No.071 「Roll Tide」 (「クリムゾン・タイド」より)

    RollTide(From"CrimsonTide"Soundtrack)私の大好きな潜水艦映画の傑作「クリムゾン・タイド」のラストシーンからエンドロールにかけて流れる曲ですジーン・ハックマンが犬を引いて去って行く後ろ姿をデンゼル・ワシントンが見送るカットからエンドロールになるんですが、このシーンを最大限に盛り上げるのがこの曲まさにハンスジマー節とも言える壮大かつダイナミックなストリングスを聞かせてくれます映画音楽100選No.071「RollTide」(「クリムゾン・タイド」より)

  • 私の名曲100選No.003 「色つきの女でいてくれよ」By ザ・タイガース(1982)

    XAD821色つきの女でいてくれよザ・タイガース(1982)170731vLHDザ・タイガースと言えば私の世代ならジュリーの居たバンドと言うイメージが強く、GS全盛期を懐メロとして見ている世代なんですね少なくとも私は...で、全盛期より1982年に再結成されたザ・タイガースの方が印象的でございまして、特に当時CMにも使われて大ヒットしたこの曲の印象が強いのでありますさよなら僕の美少女よきりきり舞いの美少女よいつまでもいつまでも色つきの女でいてくれよこの歌いだしが好きですね〜ノスタルジックな女性への想いがどことなく感じられ、いつまでも〜と歌うジュリーのサビのパートがとても良いんですライブを見てると黙々とタンバリンだけ叩く岸部シローやベース弾く岸部一徳の岸部兄弟になぜか目が行ってしまうんですが(笑)絶頂期のジュリー...私の名曲100選No.003「色つきの女でいてくれよ」Byザ・タイガース(1982)

  • 映画音楽100選No.70「Surrounded」(「仮面の男」より)

    TheManintheIronMaskSoundtrack01-Surroundedレオナルドディカプリオ主演の「仮面の男」のサントラよりこれは良い曲ですね〜この曲のフレーズは色んなシーンで使われますが。特に鉄砲による集中砲火の後、白煙の向こうに伝説の三銃士とダルタニアンが仁王立ちするシーンで印象的かつ効果的に使われてますこのシーンはめちゃかっこ良くていいんですよね〜音楽を聴くとそのシーンが目に浮かびそうです勇壮なニック・グレニー・スミス作曲のスコアは聞き応えあります映画音楽100選No.70「Surrounded」(「仮面の男」より)

  • 必聴サントラ「セント・エルモス・ファイアー」

    𝐒𝐓.𝐄𝐋𝐌𝐎'𝐬𝐅𝐈𝐑𝐄/𝟏𝟗𝟖𝟓𝐎𝐒𝐓𝐅𝐮𝐥𝐥𝐀𝐥𝐛𝐮𝐦𝐒𝐭𝐞𝐫𝐞𝐨80年代青春映画の傑作「セント・エルモスファイアー」のサントラアルバム久々に先日聴いたらやはりこれは名盤ですねトップガンのサントラように捨て曲無しです特に1曲目のジョンパーの主題歌初め2曲目♪ShakeDown、3曲目の♪YoungandInnocent-Elefante,そして4曲目のYESのジョン・アンダーソンが歌う♪ThisTimeItWasReallyRightそして7曲目の♪IfITurnYouAwayなどは泣きの名曲ですまたデビッドフォスターによる愛のテーマなどのインスト曲も良いですねその愛のテーマにボーカルを付けたラストの曲はこのアルバムの締めくくりに相応しく印象的なナンバーになってます各曲とも映画の中ではサラッと一部分が流れ...必聴サントラ「セント・エルモス・ファイアー」

  • 私の名曲100選 002 「ザ・リドル」byニックカーショウ

    NikKershaw-TheRiddle(OfficialVideo)ニックカーショウの「ザ・リドル」私が就職しだした頃会社のラジオからよく流れてた曲で、有線放送でもいろんなとこでながれてました1984年の曲でこの頃は表の仕事はまださせて貰えず、事務所内に居る事が多かったのでこの頃のラジオから流れてた曲には思入れがあります全編通じて哀愁を帯びた雰囲気が印象的でサビの盛り上がりのメロディ美しくて好きですね後に80年代ヒットコンピレーションCDが多数出たけど、大体入ってる曲って決まってますよねデュランデュラン、アーハー、シンディローパー、リマール、ネーナなどなどしかしこのザ・リドルは入ってるコンピレーションCDってほとんど無いような気がします私は少なくとも1枚どこかのコンピアルバムに収録されてた記憶あるのみです私が...私の名曲100選002「ザ・リドル」byニックカーショウ

  • 私の名曲100選 001 「めざせモスクワ」

    めざせモスクワ【和訳歌詞付き】https://youtube.com/watch?v=Yfh6azHw7Fk新たなカテゴリーで100選シリーズとして今回はわたしの好きな曲100選を追加致しますいわば私があの世に持って行きたい100曲洋楽、邦楽問わずジャンルもポップス、フォーク、ソウル、ジャズ、フュージョン、演歌、民謡、アニソンなどなど多彩な中から選出します単に好きな曲もあれば思いれが強い曲、思い出の曲などなど自分でもどんなライナップになるか楽しみです第一弾がこの「めざせモスクワ」いまだに何かと使われる永遠のスタンダードナンバー「ジンギスカン」を歌う6人組のグループジンギスカンの曲モスクワ五輪のタイミングで出た曲で、発売はオリンピック前年ですがボイコット国が相次いだオリンピックでもあり、今聞くと全体に何かちょっと...私の名曲100選001「めざせモスクワ」

  • 私の名曲100選 001 「めざせモスクワ」

    https://youtube.com/watch?v=Yfh6azHw7Fk新たなカテゴリーで100選シリーズとして今回はわたしの好きな曲100選を追加致しますいわば私があの世に持って行きたい100曲洋楽、邦楽問わずジャンルもポップス、フォーク、ソウル、ジャズ、フュージョン、演歌、民謡、アニソンなどなど多彩な中から選出します単に好きな曲もあれば思いれが強い曲、思い出の曲などなど自分でもどんなライナップになるか楽しみです第一弾がこの「めざせモスクワ」いまだに何かと使われる永遠のスタンダードナンバー「ジンギスカン」を歌う6人組のグループジンギスカンの曲モスクワ五輪のタイミングで出た曲で、発売はオリンピック前年ですがボイコット国が相次いだオリンピックでもあり、今聞くと全体に何かちょっと哀愁を帯びた曲調に感じられるの...私の名曲100選001「めざせモスクワ」

  • 思い出名画座 vol.14 「三番街シネマ1.2.3」

    思い出名画座と言っても三番街シネマには実は思い出が無いんですね多分見に行ったのは片手で数えるほどだと思いますここの映画館始め梅田の映画館は大阪南方面で主に住んでた私にはあまり行かなかったんですね地元阿倍野かミナミの映画館が殆どでした(今でも似たようなもんですが)私が小学生の頃に家の都合で一時期地元阿倍野から離れて他の町で暮らした時期ありまして、転校はせずに暫く電車で越境通学しておりました淀川区の木川でくらしてた時ですが当時は国鉄環状線(現JR)で通ってましたが、天満駅から大阪駅に向かう区間でいよいよ電車が大阪駅のホームに入る手前で開けた梅田の風景が広がりそこに北野劇場、梅田劇場、梅田スカラ座の巨大な看板がデーンと目に飛び込んでくるのが楽しみで仕方ありませんでしたこの時に反対側の窓を見ると立ち並ぶビル群の向こうに...思い出名画座vol.14「三番街シネマ1.2.3」

  • No.02 「ズーム/見えない参加者」

    久々にmovix堺にやってきましたレイトが現在止められてる分昼間に映画屋に行ける時は出来るだけ行きたいですねで、今回はこのmovix堺で見るのが「ズーム見えない参加者」入場料金が1000円てのが魅力ですしかも400席近いスクリーンで客は私1人!(笑)まさに映画にzoomで参加するような心境でちょっと贅沢な環境ですねこの作品はまさにコロナ禍ならではの作品ですまたコロナが無ければ生まれなかった作品ですねzoomでオンライン飲み会や仕事の会議とかがコロナ禍により生活スタイルの一つとして生まれましたこの作品はそのzoomで交霊会を行うと言う事が描かれ、まさに初のオンラインホラーのような作品ロックダウンされたイギリスの町でzoomを使いオンライン交霊会を行うが怪奇現象が各家で起こると言うストーリーアイディアとしてはコロナ...No.02「ズーム/見えない参加者」

  • 「最も危険な遊戯」

    松田優作の遊戯3部作は今まで見た事なく、今回初鑑賞シリーズの第1作がこの作品冒頭に麻雀のシーンから始まるが、松田優作共々卓を囲んでるのが石橋蓮司、柴田恭兵、榎木兵衛、カメオの内田裕也と絶対絡みたくない厳つい素敵な面々(笑)ここでは松田優作扮する鳴海は借金を作り風体の上がらない奴だが、裏の顔は凄腕野殺し屋こういう設定に松田優作はピッタリ!大手企業の会長(内田朝雄、因みに秘書は草野大吾)から依頼を受け連続誘拐事件から発する防衛省絡みの事件に巻き込まれていく鳴海途中出会った標的の部下の愛人から情報を聞き出し標的に迫って行くが…この途中で出会った田坂圭子扮する杏子が何度か迫ってくるんだが、相手にしないクールな一面を見せる鳴海後半は警官にも追われ壮絶な銃撃戦のなか脱出!そしてここから松田優作のハードアクションがラストまで...「最も危険な遊戯」

  • 「犬神の悪霊」

    この作品は私が「犬神家の一族」を見て横溝正史さんにハマった頃に公開された作品私は同じ犬神と言うつくタイトルに一時興味を持ちましたが、ミステリーではなさそうなのであまり見たいとまでは思いませんでした大人になり、こんな映画も過去にあったと思い出した時に日本初?のオカルト映画とか言われていて改めて長年興味を持ってましたが、いよいよ待望の鑑賞(新世界東映とかでやってたのかな?やってたら絶対行ってましたな)地方の山村にウラン鉱の調査に来た大和田伸也率いる調査員は車で走行中に小さな祠を破壊してしまう村で知り合った泉じゅん扮する村長の娘と結婚する大和田伸也だが、それを境に不可解な事件が2人の周りに起こり、やがて新婦の山内恵美子扮する親友も実は大和田伸也に想いを寄せていた事を知り、精神を病みやがて祠を破壊した事がキッカケに一連...「犬神の悪霊」

ブログリーダー」を活用して、Kingさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Kingさん
ブログタイトル
MOVIE KINGDOM ?
フォロー
MOVIE KINGDOM ?
カテゴリー一覧
商用